派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。

答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。

でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。

これはよくあるケースです(涙)

今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。

さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。

派遣の登録完了までの流れ

Web登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。

来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。

職務経歴やプロフィールの登録

Web登録をはじめると、職務経歴やプロフィールを入力しなければなりません。

これは、派遣でのお仕事紹介の基準になるので、いままでの経験を漏れなく登録してください。

アルバイトの場合も、必ず記入しましょう。

そして、そのアルバイトで例えば後輩のアルバイトに仕事内容を教えたとか、シフトを組むのは自分が担当していたなど、細かなことも思い出して記載してください。

Webで職務経歴やプロフィールを詳細に登録すると、来社登録する際、この登録作業をショートカットすることができます。

一般常識テスト

このテストの評価基準は派遣会社によってまちまちです。

私が在籍していた会社では、あくまで目安という位置づけでした。

他社さんの傾向をみても、そんなに難しい問題は出ませんので、特に対策する必要はないと思います。

平常心で受験してください。

スキルチェック

スキルを活かして仕事をしたいと考えているなら、このスキルチェックは重要です。

タッチタイピングなら、スピードと正確さが必要です。

経理事務、貿易事務などの事務系等もそれなりの問題が出題されます。

実務と差がある場合もありますので、簿記や貿易の勉強は復習しておく必要があります。

また、語学の場合は持っている資格(例えばTOEICなど)が重視されますので、一般的に行われている資格のレベルをアップすることをおすすめします。

面接

派遣会社はこの面接を最も重視しています。

この面接での評価がお仕事紹介全般に係わってきます。

今まで経験してきた仕事内容の確認と人物評価との両方をこの面接で行います。

仕事内容は経験を積めば追加修正できますが、最初の人物評価が悪ければ、その悪い評価を変えることはなかなか難しいということです。

なので、良い印象を持ってもらえるよう具体的な対策をお教えします。

よく聞かれる質問の意味と対策

ではよく聞かれる質問について、派遣会社の面接担当者の立場から解説、具体的な対策を紹介します。

職務経歴を教えてください

これは必ず聞かれます。

絶対と言ってもいいほどです。

私も必ず聞きました。

派遣先で仕事をしてもらうために、派遣会社にとって必要な情報です。

この質問への対策は、時系列で説明できるようにしておくことです。

例えば、「高校卒業後、●●会社に正社員で採用され、5年間総務事務をしていました。その後、〇〇会社に2年、派遣契約で受付事務をしていました。」という感じで、おおまかな仕事内容と期間がわかるよう、1・2分程度にまとめておきましょう。

面接担当者は、会社の規模と雇用形態を聞くと、だいたいどんな仕事をしていたか分かりますので、詳細な仕事内容は省略して良いと思います。

くれぐれも申告忘れの無いようにしてください。

志望動機を教えてください

これもよくある質問です。

この場合の志望動機は派遣という雇用形態を選んだ理由になります。

給与が良い・勤務時間の融通がきく・大企業で働くことができるなど、ご自身の志望動機を答えてよいのですが、できれば、それだけでなく、前向きな姿勢をアピールしてください。

例えば、お給料が良いが一番の魅力ですが、そのお給料に見合ったスキルを発揮できるのではないかと思い志望しました。という感じです。

個別の仕事の案件をみて、その仕事を希望するためその派遣会社に登録する場合は、雇用形態ではなくその案件を選んだ理由を答えていいのですが、その案件以外でも自分にあった仕事があるならチャレンジしたい的な話を盛り込んでください。

ただ、仕事をしたいからといってガツガツしないほうが、好印象でした。

あくまで私見ですが・・・

長所と短所を教えてください

日本人は奥ゆかしいので、自分の長所を人前ではなすことを良しとしない傾向があります。

でも、面接の場面で、長所と短所を言えない人は、自分自身を把握していない人というレッテルを貼られます。

長所、短所を話して、その長所・短所に対して自分自身がどのように対応しているかまで話してください。

例えば、「コツコツ真面目に取り組むことが長所です。ただ、真面目になり過ぎて、回りが見えなくなることが無いよう、常に状況把握をしています。」とか、「思いこんだら突き進むのが、長所であり短所でもあると思っているので、報告・連絡・相談を心がけています。」という感じです。

退職された理由は?

この質問があったら、必ず本当の理由を言ってください。

ただし、辞めた会社や元上司・同僚の悪口は言わないこと。

たとえ会社の方針が理不尽で辞めたとしても、社風があわなかったぐらいにしておきましょう。

さらにつっこんで質問があれば、上司の指示が的確ではないと感じただとか、サービス残業してあたりまえの雰囲気が合わなかったぐらいにしておきましょう。

ブランクの期間には何をされていましたか?

これも正直に答えてください。

ただ、ブランク期間、たとえ仕事をしていなくても、例えば、自宅でパソコンを使用してスケジュール管理していたとか、なにかしら仕事につながることをアピールするのも良いかもしれません。

あと、事務系志望でも事務以外のお仕事をしていたおなら、付け加えてアピールしておきましょう。

どこまで条件を変更できますか?

あまりたくさん条件をつけないほうがお仕事の紹介件数が増えるはもうご存知だと思います。

でも、自分の希望条件(契約期間・勤務場所・勤務時間・時給など)は、きっちり自分のなかで、まとめておきましょう。

そのうえで、条件をきいてから考える的な姿勢で良いと思いますが、それをストレートに言うスタッフを嫌う面接担当者や営業担当者もいるので、注意が必要です。

「自分にできるなら、何にでもチャレンジしたい」って言うのは好印象です。

いつから働く事ができますか?

面接担当者として、正直に言うと、「即日」と答えてもらうのがベストです。

だからと言って、予定があって仕事が出来ないのに「即日」と答えるのは止めてください。

旅行などの予定があって、即日仕事がスタートできない場合は、予定終了後に登録することをおすすめします。

自己PRをお願いします

いつも、「最後に自己PRをお願いします」とお願いしていました。

今までの経験、働くことに対する自分の姿勢や意欲をPRしてください。

もし、派遣ではじめて仕事をするなら、意気込みを話てもいいと思います。

これは自己認識している自分のアウトプットだと思います。

あせらず、じっくり自分をPRしてください。

事前に考えていくべき事・確認しておくべき事

よく聞かれる質問への回答はこれまでの説明を参考に用意するとして、それ以外に注意しておくべきとことをピックします。

スケジュールの確認

当日のスケジュールは必ず確認してください。

また、受付は5分前にはすませましょう。

ただし、15分以上早く着いた場合は受付時間まで、どこかで待機してください。

早すぎる到着もあまり好印象ではありません。

また、当日以降のスケジュールもきちんと面接時に伝えることができるようにしておきましょう。

質問事項をまとめておく

もし不安に思うことや、疑問に思うことがあれば、質問できるようにメモしておくのも良いかもしれません。

服装や持ち物

登録に行く日の服装や持ち物についても少し触れておきます。

服装

職種によっても異なりますが、堅い仕事内容の場合はスーツが無難です。

暑い夏や、スーツは大袈裟と感じるなら、オフィスカジュアルにしてください。

ただし、あまりカジュアルすぎると、派遣先企業に派遣した時のことを想定して、お仕事の紹介が少なくなる場合もありますので、気をつけてください。

靴やバックも悩むところですが、オフィスカジュアルが基本です。

身だしなみ

仕事をするにあたっての最低限の身だしなみを心がけてください。

メイクやネイルは大人しくするのが無難です。

ただし、華やかな職種の場合、例えばデモンストレーションや販売といった職種の場合はあまり地味にならないようにしてください。

このへんの匙加減は難しいのですが、常識の範囲内で対応してください。

あと、香りは好き嫌いがあるので、極力控えてください。

持ち物

登録にあたって派遣会社から指定があるので、それは必須ですが、それ以外に、メモやクリアファイル、筆記用具は持参するほうがやる気を感じてもらえるかもしれません。

そして荷物はコンパクトにまとめて、バックひとつにしましょう。

派遣会社が知りたいこと・求めていることは?

最後に、派遣会社の面接担当者や営業担当者が面接で知りたいことや求めていることをこっそりと紹介します。

一般常識・ビジネスマナーがある人かどうか

一般常識テストはテストとしてありますが、それだけではなく、社会人としてのビジネスマナーがあるかどうかもチェックしています。

  • 集合時間に遅刻しない
  • 受付前にコートなどの上着類は脱ぐ
  • 受付で、名前・用件など必要事項を伝えることができる
  • 待ち時間、正しい姿勢で待つことが出来る
  • 落ち着きがあるorない
  • 指示に的確に従うことができる
  • 休憩時間のすごし方
  • 退室したあと

この退室したあとというのは、忘れ物が無いか、椅子はきちんと収めているかなどです。

プロフィールや職務経歴に間違いや嘘が無いかどうか

これは必ず行うチェックです。

対策として、職務経歴は年代も含めて時系列で暗記してください。

面接担当者によっては、面接時に登録希望者が話す内容と履歴書をチェックしています。

また、職務内容について、「していました。出来ます。」と登録者の言葉を基本的には信じるのですが、具体的な内容を確認する場合がありますので、嘘はやめておきましょう。

雇用条件や資格・スキルなどの面で紹介できる仕事があるかどうか

派遣先企業から派遣業務のオーダーがあり、そのオーダー(仕事)をすることができる登録スタッフにお仕事を紹介するというながれになります。

したがって、仕事の内容はその時その時で多種多様ですし、オーダーが有る無しのタイミングもあります。

そのことを理解したうえで、登録担当者目線の実情をきいてください。

雇用条件

一番重要な雇用条件は契約期間です。

契約途中で終了ということのないように、慎重に確認します。

資格・スキル

資格に関しては、履歴書をみればわかるので、特に確認することはしません。

ただ、スキルに関しては、派遣先企業と契約している業務を遂行してもらうことができるかどうか、確認します。

例えば、貿易事務なら、職務経歴を話してもらったうえで、専門用語を交えて理解しているかどうかを確認します。

一般的・教科書的な答えを心がけてください。

実務は会社ごとに違う場合もあります。

自分のやり方=一般的な方法でないこともありますので、自分の方法は一旦横に置いておきましょう。

ただ、「前社の場合はこうでした」という答えが返ってくると、柔軟に対応してもらえそうと思えるので、それも良いかもしれません。

人物・人柄評価

面接担当者にとってとても難しいのが、登録面接で人物・人柄評価です。

「少しうつむき加減で、元気がない」となるとちょっとマイナスな感じですが、「少しうつむき加減だが、意欲は持っている感じ」だとマイナスな感じにはなりません。

同じ態度でも、面接担当者がうけた印象・主観により変わるものなのです。

これは面接時に出るオーラーのようなものと、自己PRや長所・短所を話してもらった内容によるものの2種類が作用するからだと思っています。

「はきはき応えて、話やすい雰囲気」が必ずしも良いというわけではありませんが、面接担当者に好印象を持ってもらえるような立ち居振る舞いを心がけてください。

まとめ

もうこれで完璧です。

派遣登録して、自分が希望する条件やスキルにあった仕事をするという、「プチ働き方改革」をしてみませんか?

ご成功を祈ります。


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているならまず派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や、正社員との違い、また、実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い、自社で製品を作りません。自社で製品を作らず、既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れてそれに自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったり、サービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に思いつくのは営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、6個の人気職種をご紹介します。

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり

派遣を辞める理由は何が多い?11個の理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

派遣社員として仕事をしていても「もう、辞めたい!」となることがありますよね。派遣社員は正社員に比べると背負う責任は大きくなく、登録している派遣会社に他の仕事がたくさんあるので心配せずに辞められると思っていませんか。正社員ではないとは言え契約期間があるため辞めたいからと言って簡単に辞めてしまうわけにはいきません。すぐに次の仕事があるかどうかも分からない状況で辞めてしまうのはとてもリスクがあります。今派遣されている会社を辞めたいと考えているならきちんと準備をし、契約更新の切れ目で終了させることが大切です。準備をして退職を選べば派遣会社側の心象も悪くはなりませんし、次の仕事の心配もいりません。派遣社