働き方が多様化している今、正社員ばかりにこだわる必要がないという意見がよく見られます。

求人にしても、一見すると給与面など正社員と派遣では変わりがないことも多いですよね。

どちらを選ぶべきなのか迷っている方も多いと思います。

両方の働き方をしてみた私から、それぞれのメリットをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

正社員と派遣社員の違いは?

まず、正社員と派遣社員ではどのようなところに違いが出るのでしょうか。

気になる部分について取り上げたので確認してみましょう。

給料

まず、派遣社員は時給で正社員は月給制という風に分かれているところが多いです。

ただ、両方の年収を計算してみるとあまり変わりないというところも増えています。

同時入社であれば正社員はボーナスがあるけれど月給では派遣社員の方が高い、なんてところもあるほどです。

ただ、長く勤めると正社員は段階的に月給またはボーナスが上がるけど派遣社員はそのままなので差が開く、というところが多いのは事実です。

仕事内容

管理職が正社員であとは全部派遣社員、という形でない限りあまり差がないと思った方がいいでしょう。

給与が変わらないならなおさらです。

同じ部署に配属なら正社員と差をつけた働き方をさせるのは難しいです。

最初は簡単なお仕事でもだんだんと正社員に近づいていくということが多く見られます。

福利厚生

給与の支払い元が派遣元からになるので、派遣先の正社員とは異なった福利厚生になります。

派遣会社は一般的な雇用保険や社会保険に加入のところが多いですが、広い意味での福利厚生であるいわゆる手当はつきにくい傾向にあります。

例えば住宅手当とか、家族手当とかですね。

正社員はそういったところで数万円貰っていたりするので、特に派遣先が福利厚生の手厚い大きな会社だと差を感じることも多いでしょう。

責任

これは一般的に正社員が高いです。

会社が直接雇用しているため厳しく指導しやすいのも正社員です。

派遣社員は派遣会社が間に入るので相談しやすい体制が整っていますし、会社も直接個人に強い責任を与えにくいのでしょう。

また、派遣社員は直接雇用にならない限り昇進しないのでどうしてもいずれ上へ行く可能性のある正社員の責任が重くなります。

営業職などだと、目標は同じでも達成できなかったときに正社員の方が強く叱責されやすいという側面があります。

残業

派遣社員でも正社員と同じように求められることもありますが、正社員よりは断りやすいという意見が多くなっています。

派遣会社が間に入ってくれるので残業の軽減なども求めやすいです。

特に残業が常態化している会社だと正社員は帰れないけれど派遣社員は帰らせてもらえることもあります。

また、これは責任という面にも関連しますが例えば繁忙期などどうしても残らなければ仕事が終わらないという時にも派遣社員の帰宅が優遇される会社は多いようです。

正社員のメリットは?

もしも金銭面で変わらなかったり、派遣社員でいい待遇のものがある場合に正社員を選ぶメリットはあるのでしょうか。

こちらは以下のようなことが挙げられます。

様々な面での安定

正社員のメリットはなんと言っても安定していることです。

派遣社員には同じ会社や大きい会社であれば同じ部署に三年以上いてはならないという法律がありますから、ずっと同じところで働くことはできません。

また、人員を削る必要が出た場合先に通知さえ出せばスムーズに辞めさせることができます。

一度にたくさん人を辞めさせると会社の評判が下がることがあるのですが派遣社員は基本的に含まれず辞めさせやすいのです。

その点正社員の解雇は最後になることが多いですし、給与が段階的に上がるなど長く居てもらうための努力もしてもらえます。

安定しているため将来の予定が組みやすくなるのもメリットです。

ローンが組みやすい

収入が安定していることから、銀行などでのローンが組みやすくなるのも大きなポイントです。

将来家など高額な買い物を予定している人には特に重要になります。

毎月おおよそ安定した収入が、特別な設定をしていなければ同じ銀行に入っているということで特にその銀行からの信用が高くなりますし、そもそも正社員はやはり派遣社員よりも信用されやすいのです。

高額なローンになると正社員でないと組めないということも起こります。

手当が受けられる

一部前にも書いていますが、派遣社員は手当や賞与が受けられないことがほとんどです。

その点正社員には様々な手当や賞与が付くことが多くなっています。

もちろん会社にも寄りますが、長く勤めるのであれば特にこの差は大きくなるでしょう。

また、昇進できるのも正社員です。

昇進できれば役職手当もプラスされるでしょう。

派遣社員のメリットは?

正社員のメリットを確認しましたが、派遣社員にもメリットはあるのでしょうか。

以下のようなことが考えられますので参考にしてみてください。

合わないと思った時に辞めやすい

辞めやすい、というのは派遣社員が人気になるポイントでもあります。

この会社はよくない、合わない、条件に見合っていないと感じた時に手続きがスムーズで引き止められにくいです。

辞めるときは派遣会社を通しますから揉めにくいですし、忙しい時期などで辞表を受け取って貰えないなどということもあまり起こりません。

入社しやすい

辞めやすい上に入社しやすいのもポイントです。

例えば大きな企業でほとんど新卒しか採用していないけれど派遣社員は雇っている、というところもよくあります。

また、派遣として働いた後に正社員として採用されるパターンも多いです。

能力はあるはずなのに正社員での中途採用がなかなか決まらない、という人もチャレンジしやすい方法です。

紹介予定派遣というそもそも希望があれば正社員になれるということを前提とした募集もあります。

期待値が低い

正社員にありがちな新人にもどんどん責任を取らせる、ということが派遣社員相手だと少ないです。

責任ある仕事をこなして早くキャリアを積みたいという人ばかりではないと思います。

できればあまり責任のない仕事をしたい、という人も多いでしょう。

派遣社員は流動的なものなので、責任のある仕事は任されにくいですし、周りからの期待も押し付けられにくいです。

ただ、その分やりがいがないと感じる人もいるので自分に合った派遣先を選ぶ必要があります。

こんな人には正社員がおすすめ

正社員に向いている人、派遣社員に向いている人というのもあるでしょう。

一般的に以下のような人は正社員でのお勤めがおすすめです。

生涯同じ会社で勤めたい

一度入社したらなるべく転職したくない、ずっと同じ会社で勤めるつもりだ、という人は派遣社員よりも正社員を目指す方がいいでしょう。

派遣社員よりも解雇されにくいですし、長く勤めることを前提にした仕事が振られますのでやりがいを見つけやすいです。

もちろん会社からの評価を受けたり役職がつくなどのやりがいも見つけられます。

ただし生涯同じ地域で働きたい、となると転勤の可能性を考慮する必要があるので注意が必要です。

昇進したり仕事で成功したい

昇進するなど会社での仕事にやりがいを強く持ちたい、仕事で成功したいという人は正社員がいいでしょう。

派遣社員はどうしても短期的な目で見られやすく長期的なプロジェクトに深く関わったり、昇進したりは難しいです。

また、成功しても給与を支払うのは派遣元の会社ですから派遣先の会社判断でのボーナスなどが基本的になくやりがいにもつながりにくくなります。

その点正社員ならば長期的に仕事の目標を見つけやすくなります。

家計の中心になりたい

家族を持って家計の中心になりたい人は、やはり何かとローンが組みやすい方がいいので正社員の方がいいという人が多いです。

派遣社員でも給与がある程度高いところはたくさんあるので問題があるわけではありませんが、特に将来に渡っての金銭的な計画を立てる上では正社員の方が予定を組みやすいのは確かです。

選ぶ会社にも寄りますが長期的に見ると正社員の方が稼ぎがいいことも多いですし、また家族手当や住宅手当などが付くこともあります。

高年収を目指している

一定以上の年収を目指している人は、どうしても派遣社員では到達できない可能性が高いです。

何故なら時給の上がり幅はあまり期待できず、またボーナスなどもないことがほとんどだからです。

ま将来的に会社から高収入を貰って暮らすことを目指しているのであれば正社員を狙う必要があるでしょう。

また、成績をよくしたり役職を得たり、資格手当を狙うなどのプラスアルファが必要になるかもしれません。

正社員になりたい人は、こちらの記事を参考に!

こんな人には派遣社員がおすすめ

次に、派遣社員をおすすめしたいのは以下のような人です。

自分に合う仕事を探している

どんな仕事が合うか自分にも分からず、何度か転職をしてもいいからぴったりの会社を選びたいという人は派遣社員がおすすめです。

会社に合うか合わないかはどうしても入社してみないと分からないところがあります。

合わなければ辞めやすいですし、自分に合う会社を見つけたら正社員転向を目指してもいいのです。

数年間働いた派遣社員は、ある程度の実績があれば正社員にしてくれることがよくあります。

転職などに際して他の業界を一度経験してみたい、という人にもいいでしょう。

働きたい期間が決まっている

働く期間が決まっている人も派遣社員はおすすめです。

期限通りに辞めるということがしやすいですし、正社員よりも責任を感じなくて済む傾向にあります。

ただ、短期間と決まっている場合は長期的な派遣社員を求めているところよりも短期派遣にしたほうがいいでしょう。

数年程度などある程度長期を見据えて教育してくれるところも多いです。

また、具体的な期間は決まっていないけれど将来的に辞める可能性がある、という場合にも派遣社員はおすすめです。

趣味など仕事外に力を注ぎたい

仕事だけでなく他のことをしたい、しなければならないという人にも派遣社員は人気があります。

正社員だと有給が取りにくかったり残業をほぼ強制されるところでも、派遣社員は融通が利くということが多いからです。

また、派遣社員にも強制するようなところは辞職もしやすいです。

お仕事をしながら他のこともするとなると、正社員では他の社員さんとのすり合わせだったり、責任の重い仕事があったりと拘束されてしまい難しいことが多々あります。

いずれは正社員希望だけどとりあえず就職したい

今仕事がないから早めに就職したいという人にも実は派遣社員はひとつの手段です。

最初から正社員を目指すと、採用期間が決まっていて次は数か月先だということもよくあります。

だからと言ってすぐに入れる企業は小さくて正社員になるのも不安ということも多いですし、急いで決めると失敗してしまうこともあります。

派遣社員をしてみて、派遣先で正社員を目指すというのもいいですし、融通が利くのでいい正社員募集があれば転職活動もしやすいです。

両方で働いてみた経験から見て

正社員・派遣社員両方を経験した感想としては、入って数年間はいっそ派遣社員の方がいいなというものでした。

勤めた会社が正社員と派遣社員で時給換算での給与がほぼ均一だったからでしょう。

責任は少なく、同じ給与を貰えるということで楽だという感想が先立ちました。

ただ、年月を重ねるとやはり正社員の方が賞与額なども上がっていきますし役職がついたりとやりがいを得始めますから損のように感じられます。

どれだけ頑張っても派遣社員では先に何もないと知ったのです。

短期的に働いたり、仕事にやりがいや一定以上の給与を求めず平坦でいいのなら派遣はいい働き方だと思います。

しかし、やりがいや将来的な見返りを求めるのなら正社員を目指すのもいいと感じます。

以前は歳を取ってから職を失うと怖い、ということで正社員が奨励されることが多かったように思いますが、今は50代を越えても派遣社員の募集があります。

仕事に対するスタンスで正社員か派遣社員を選んでもいいのでは、と思っています。

まとめ

正社員と派遣社員の違いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

正社員にも派遣社員にも、それぞれのメリットと同時にデメリットがあります。

ぜひこの記事を参考にして自分に合った働き方を見つけてくださいね。


関連キーワード

派遣求人

派遣求人についてもっと深堀りした情報を見る

紹介予定派遣求人で募集されやすい職種・業種とよくある募集内容。元派遣コーディネーターが解説!

みなさんは紹介予定派遣という制度を知っていますか?紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、働く人と企業双方合意のもとで直接雇用関係を結ぶ働き方です。派遣社員として働いている間に「仕事内容」「職場の雰囲気」「一緒に働くメンバー」を見ることができるので、正社員・契約社員への転職手段の1つとしても注目されている制度です。私は大手人材派遣会社で派遣コーディネーターとして約5年間勤務した経験があります。派遣コーディネーターとして、1000人以上の求職者の方と面談し、お一人お一人の希望や経験に合ったお仕事紹介に努めて参りました。私は派遣コーディネーターの仕事に就いて初めて紹介予定派遣の制度を知っ

40代の派遣にオススメな職種とその理由。始める時の注意点やおすすめ派遣会社も現役の私が解説!

人生で最後の転職を考えるのが、40代なのかもしれません。体力勝負の仕事は年齢的に厳しくなってくるため、職種は何でもいいというわけにはいかなくなってきます。そんな中で派遣で働くという選択肢を選ぶ人も多いでしょう。40代派遣のおすすめの職種や働く上での注意点をまとめてみました。40代の派遣にオススメな職種とその理由40代になると好きな仕事をすることは難しく、仕事への門はかなり狭くなっているといえます。私は45歳にして、今まで勤めていた職種ではなく、全くの異職種に正社員で転職を考えていました。しかしそれはかなり無謀な挑戦で、求職活動をすることが嫌になるほど上手くいきません。でも食べていかなければなら

派遣仕事のおすすめ職種8選。女性が働きやすいおすすめを元コーディネーターの私が解説

この記事では、「派遣仕事のおすすめ職種」を紹介します。私は女性のオフィスワークのお仕事紹介を多く取り扱っている大手人材派遣会社で、コーディネーターとして約5年間勤務していました。コーディネーターとは、お仕事を探している方お一人お一人と直接面談してこれまでの経歴や今後の希望を伺い、その方の経験や希望に合ったお仕事を紹介する、という業務を担当する派遣会社の社員のことです。約5年の間に1000人以上のお仕事を探している方々と面談し、「この仕事、条件が良いから私も応募したいな。転職しようかな?」と思うようなお仕事もいくつも見てきました。今日は元派遣コーディネーターの私の経験を元に、女性におすすめの派遣

日払い派遣求人でよくある8個の仕事や日払いがオススメな5個の理由。気になる疑問について解説します

短期間で目標額をガッツリ稼ぎたい、金欠を乗り越えたいと思うなら、日払い派遣のアルバイトがおすすめです。時給が高いことが多く、最短だと働いたその日に現金を受け取ることができます。そんな日払い派遣について、実際にはどんな仕事が任されるのか、すぐに現金を受け取れる以外にどんなメリットがあるのか、見て行きましょう。日払い派遣ってどんなもの?時給または日給で計算したお金を受け取る形式です。特定の企業に所属して同じ作業を続けるのではなく、派遣会社に登録して、毎回別のところに派遣されることがほとんどです。月曜はケーキを作って火曜は洋服の検品をするなど、ジャンルもさまざまに変えられます。最短だと、その日の内に

パソナの派遣がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱う職種・就業までの流れまで元・中の人が丁寧に解説!

派遣業界ではリーディングカンパニー的存在のパソナは、派遣スタッフにも圧倒的に人気のある派遣会社ですよね。そんなパソナの派遣がおすすめの理由は何なのか?元・中の人がパソナの派遣がおすすめな6個理由や、パソナの派遣に向いている人、扱っている職種の詳細、さらに登録してからお仕事に就くまでのながれを丁寧に解説します。派遣に興味があるけど派遣システムを詳しく知らない方、またたくさんの派遣会社があってどこに登録するのが良いか迷っている方、パソナに登録したいけれど不安に思っている方々の疑問にもお答えします。知っておいてもらいたい役にたつ情報が満載です!パソナのことお教えします。はじめに、パソナの会社ことを勉

アデコの派遣がおすすめな7個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

日本国内においての人材派遣会社数は、何と、アメリカの5倍あるそうです。人口は約3分の1なのに異常とも言われています。何故これほどまでに増えたのか?もちろん、需要が高いこともありますが、特定労働者派遣事業の改正により、事業の開設が楽になったことも要因の一つです。その8万2千もの会社から、優良な派遣会社を選ぶのは至難の業です。ここに、外資系の派遣会社ではトップクラスの、アデコ㈱を紹介したいと思います。派遣登録者数も約34,000人、売上高1,611億円(2017年度)の優良企業を、元SV(スーパーバイザー)が解説します。アデコの派遣ってどんなもの?外資系の派遣会社では、No.1と言っても過言ではあ

単発派遣求人のおすすめ職種11選。タイプ別のおすすめからよくある募集内容まで!

派遣社員として働く「働き方」にも様々な形が存在します。派遣社員とは、登録している派遣会社から仕事を紹介してもらい、登録している派遣社員として依頼された仕事先に派遣されて業務を行うことが主流となります。募集要項の中には、派遣社員として登録した上で登録した会社のみで働く派遣社員として働く形もあれば、各地に派遣されて様々な現場を経験する働き方など様々です。また、派遣社員でも契約期間にばらつきがあります。数年単位での契約をする「派遣社員」もいれば、数か月という短期間で契約をする「短期派遣」もあります。その中でも最も短い契約期間が「単発派遣」をする派遣社員になります。では、単発派遣とはどのような働き方な

商社派遣求人の募集内容にはどんなものがある?正社員との違いや、派遣社員から正社員にステップアップする方法もお教えします

商社で活躍してみたいと思っているならまず派遣で働くことを考えてみませんか?商社の派遣求人の職種や、正社員との違い、また、実際に派遣社員から正社員にステップアップした方の事例をご紹介します。商社の派遣とはどんな業種?商社はメーカーとは違い、自社で製品を作りません。自社で製品を作らず、既にあるモノを購入してそれを販売するというスタイルです。仕入れてそれに自社の利益をプラスして売ります。仕入れるモノは製品だったり、サービスだったり様々です。商社の派遣求人でよくある職種6選商社の派遣でまず思いつくのは貿易事務、次に思いつくのは営業事務でしょうか。それ以外の職種もあるので、6個の人気職種をご紹介します。

単発派遣の仕事を選ぶ時の3個の注意点を体験談から解説!失敗したことややって良かったと思うことまで

皆さんは短期の派遣の仕事の経験はありますか?単発派遣の仕事をするきっかけは、アルバイトの掛け持ちであったり、空いた時間に稼ぎたかったりと、単発で仕事ができる場所を求め始めて経験することがほとんどだと思います。そんな単発仕事ができるのが単発での派遣業務になります。派遣社員として登録をしてから短期の仕事(1日~数か月)を商会してもらうという形になります。では、単発派遣をするにあたり、どのようなところで注意しなければならないのでしょうか。ここではそんな単発派遣の注意点を経験談をもとにご紹介できればと思います。ぜひ参考にしてみてください。単発派遣の仕事の働き方そもそも単発派遣とはどのようなものなのでし

単発派遣とはどんな仕事?「短期派遣」やいわゆる「派遣」との違いやよくある募集職種

皆さんは「派遣業務」の働き方に違いがあるのはご存知ですか?派遣業務には様々な業種があるのは知っている方も多い中、派遣業務としての「働き方」にも様々な形があるのは実際に働いた人にしかわからない情報でもあります。ここでは、そんな派遣業務の働き方の違いがよくわかる「短期派遣」などの「派遣業務」としての働き方についてをご紹介できればと思います。そもそも「短期」で働く派遣業務とはどのようなものなのか。「単発派遣」とはどのようなものなのか。実際に働いてみないとわからない派遣のシステムについてもご紹介していきます。また、ご紹介に伴って派遣求人によく見られる募集職種についてもご紹介できればとも思います。ぜひ、


派遣求人に関するコラム

派遣の登録面接の攻略方法。登録の流れ・聞かれること・事前に考えること・服装など元面接担当者が落ちないための対策を解説します

派遣会社の登録って、落ちることあるの?と、よく質問されます。答えは「イエス」、ただし、登録で落ちるのは超レアケースです。でも、たとえ登録できても、実は面接で失敗していたために、その派遣会社からお仕事紹介が無いというケースがあります。これはよくあるケースです(涙)今回は、元面接担当者が、派遣の面接で落ちないための対策を解説します。さらにそれだけではなく、お仕事紹介に繋がる面接攻略方法を具体的に教えます。派遣の登録完了までの流れWeb登録→来社登録→お仕事紹介というながれになっています。来社登録は、派遣システムの説明、一般常識テストやスキルチェック、面接があります。職務経歴やプロフィールの登録We

派遣会社を比較!自分に合ったおすすめの派遣会社選びとは?

派遣の求人を探していて、派遣会社の数ってものすごく多いなと思ったことはありませんか?実際に派遣業界で働いていても把握しきれないぐらい派遣会社はあります。今回ご紹介する内容は、私の経験をもとに書いていますのでやや偏りがあるかもしれません。業界経験者のひとつの意見として比較の参考にしていただければと思います。派遣会社にはどんな種類があるの?大手派遣会社「派遣会社」と聞いて多くの人がイメージする派遣会社です。全国にオフィスがあり、幅広い職種・業界のお仕事を紹介してくれます。福利厚生や研修制度が充実しているのもポイントです。資本系派遣会社大手メーカーや老舗百貨店、生損保会社が出資している派遣会社です。

派遣から正社員になるために私がやった転職術4個のポイント

今は派遣社員だけどいつかは正社員になりたいと思っている方は多いですよね。最初から正社員を目指しているという人もいるでしょうし、派遣社員をしていて正社員との違いを感じ、このままではいやだと奮起した人もいると思います。そんな方に、派遣社員と正社員の違いのおさらいと、派遣社員から正社員になる方法をお伝えします。派遣社員と正社員の違いを知ろうまずは、派遣社員と正社員の違いは具体的にどんなところにあるのか、確認してみましょう。例えば以下のようなところで差がでてきます。雇い主の違い派遣社員は派遣会社が雇い主になります。働く場所である、派遣先の会社に雇用されているわけではありません。そのため派遣先の会社が派

派遣会社の面接でチェックしているポイントとは?面接対策や採用されやすい人の特徴とは

派遣会社へ登録に行くと必ず面接があります。面接ではなくて面談と呼ぶ派遣会社もありますね。堅苦しい雰囲気ではなくて和気あいあいと行われる面接ですが、実はこの段階で仕事を紹介してもらえるかどうかが決まるとご存知でしたか?誰もが知っている大手派遣会社で勤務していた私が、派遣会社の面接のポイントや対策について解説いたします。派遣登録手続き派遣会社から仕事を紹介してもらうためには派遣登録が必須です。ここでは簡単に登録手続きについて説明します。人材派遣の説明最初に、人材派遣の仕組みについての説明があります。コーディネーターが説明する会社もあれば、ビデオで視聴する会社もあります。人材派遣の仕組みだけではなく

大手の派遣会社はどこ?派遣会社や派遣先の選び方のポイントを経験者が解説!

派遣として働きたいけれどどこの派遣会社に登録すればいいのか、大手の派遣会社がいいのか、わからない方は多いのではないでしょうか。派遣会社の失敗しない選び方のポイント、派遣会社に関する疑問などを解説します!派遣社員として働くメリットとデメリット派遣という働き方を選ぶ人は多くいます。派遣として働くことを選ぶ理由はなんでしょうか。派遣で総合商社に勤めた経験から、派遣で働くメリット・デメリットを検証します。メリット勤務時間や勤務地を選べる正社員であれば、配属部署や職種は自分で決定することはできません。勤務時間や勤務場所についても、会社の指示に従うことになります。本社採用など勤務地が決まっていることもあり