正社員を目指す人は多いですが、その分門が狭かったり、正社員ならではのデメリットも存在します。

正社員になるためには、また正社員を続けるにはどのようなことを乗り越えなければならないのでしょうか。

色々な視点からまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

正社員と派遣社員・アルバイトとの違い

まず、正社員と派遣社員やアルバイトはどういった違いがあるのでしょうか。

気になる部分を纏めてみたので確認してみましょう。

仕事内容

まずは仕事内容ですが、会社にも寄りますが役職付きでなければ派遣社員とはあまり変わらないことも多いです。

派遣社員に指示出しをしたり、リーダーシップを取るのは正社員、という会社もありますがあまり区別せず経験に寄るところもありあmす。

アルバイトだと簡単な仕事までを任せて、責任が大きかったり直接お客さんや取引先と関わる仕事は正社員や派遣社員で行う会社が多いようです。

給料

正社員とアルバイトは勤めている企業から直接給与が出ます。

正社員は月給制であるところが多く、アルバイトは時給制であることが多いです。

派遣社員は派遣元からの給与支払いになるところが大きな違いとして挙げられます。

同じだけ働いて年収に換算した金額としては正社員と派遣社員では入ったばかりの時点ではあまり差がないか正社員が少し高めな傾向にあり、アルバイトは低めであるのが特徴です。

ボーナスや賞与は正社員だけにつくという会社もよく見られますが、その分月収は派遣社員がいい場合もあります。

福利厚生

正社員だけが受けられる福利厚生があるところは多いです。

アルバイトへの待遇は少なめになる傾向にありますし、派遣社員は派遣元の会社が福利厚生を行うので差が生じます。

よく見受けられる差としては、正社員にだけ住宅手当や家族手当などの手当がつくことが挙げられます。

社会保険や雇用保険などでは差がないこともあります。

正社員だけが社員寮を使えるところも見られますね。

有給休暇

有給休暇自体は正社員が一番多く貰える傾向にありますが、派遣社員の方が消化しやすいという意見も聞かれます。

特に派遣社員は有給休暇のアナウンスもきちんとしていて、取りやすい制度が整っているところが多いようです。

正社員は会社の雰囲気や仕事の擦り合わせによっては休みにくいということが起こりがちです。

もちろん有給休暇の消化をきちんと推奨している会社もありますので、その場合は単純に有給休暇が多い正社員のメリットが大きくなります。

正社員になりたいなら何をすべき?

正社員を目指すのならまず何をすべきなのでしょうか。

いくつかありますのでクリアして臨みましょう。

自身の得意分野を把握する

新卒採用の場合も転職など中途採用の場合も、まずは自分の得意分野を把握することが大切です。

自分ができること、いままでの経験で得意だと感じていることをまず挙げて、そこから仕事に絡めていきます。

目標とする会社があるのであれば、その会社において自分の長所がどう活かせるのかあるいは活かしたいのかをまとめます。

得意なことはそれぞれ違います。

大切なのはそれを仕事にどう活かすかを考える力です。

書類選考でアピールする

得意分野がまとまったら書類選考でアピールできるようにしましょう。

この時大切なのは、まずは何を求められているのかをしっかり把握することです。

一番単純なところで言えば、応募要項を守ることが重要になります。

当たり前のこと、と思うかもしれませんが応募要項を満たせずに落とされる人はたくさんいるのです。

また、書類についてのマナーも今一度確認しましょう。

出された条件を守れない人や、マナーを破ってしまう人は読解力や理解力のなさ、そして情報収集能力のなさを会社に見せてしまいます。

また、会社の募集要項に求める人材が記載されていることが多いので、そこに絡めたアピールをするとより効果的になります。

面接を乗り越える

正社員募集の場合は書類審査が通ったら面接、という形を取っている会社が多いです。

人気のある会社ならなおさらですね。

書類審査が通っていることにまず自信を持って、アピールポイントをよりしっかりと練り直しましょう。

自己PRではこれまでに何をしてきたか、自分に何ができるのか、そしてこれから何をしたいか、の過去現在未来の3つを話すのがいいとされています。

特に過去と現在は中々差がつきにくいので、未来のビジョンをしっかり話せるようにしておくといいでしょう。

面接にも個人で行われるのかグループ面接なのかや、よく聞かれる内容など会社によって傾向があるので対策を考えることも大切です。

正社員入社以外の道を知る

新卒なら大学在学中に就職活動ができますが、転職で大きな会社や人気の高い会社を狙うと入社までに数か月時間がかかることも少なくありません。

また、新卒採用は厳しくなっており大企業は内定が出ないという人も多いでしょう。

もちろん中小企業など入りやすいところを選ぶという手段もありますが、初めから正社員での採用ということにこだわらなければ選択肢が広がることも覚えておきましょう。

例えば紹介予定派遣や、アルバイトからの採用など正社員になる道は複数用意されています。

視野を狭めず広い視点を持ちましょう。

待ち構える壁と乗り越えるための3個のステップ

正社員になったからすべて安心という訳ではありません。

もちろんどんな働き方でも苦労することや辛いことは置きますが、正社員になると以下のような壁がよくあります。

せっかく掴む正社員の道ですから乗り越える方法も把握しておきましょう。

仕事に対する責任が重い

他の契約方法よりも、正社員として働くと仕事に対する責任はどうしても重くなりがちです。

例えば同じ仕事をしていても、正社員はいずれ役職に就く可能性がある、リーダーシップを取る人になって欲しい、という会社や上司からの圧力を受けがちです。

正社員は会社が直接雇用している人材で、多くの会社の考え方では長く会社のために働いてくれる人という認識です。

そのため短期的に見られがちな他の雇用形態よりも長い目で見られ、責任も重くなります。

また、責任の大きな仕事ほど正社員に振られることが多いです。

乗り越える方法

責任を与えられると人は委縮しやすいですし疲労も多くなります。

しかし、責任を与えられるということは会社から信頼されているということでもあります。

会社の信頼に応えればその分認めてもらうことができますし、給与面での優遇も期待できます。

派遣社員だと責任を負っても昇進や給与アップがほとんどありません。

正社員ならば報われる可能性があるので、それをやりがいとしてとらえるといいでしょう。

また、一人で責任を負う必要はありません。

周囲と協力したり上司に相談する選択肢を頭の中に残しておきましょう。

残業や休日出勤が発生する可能性がある

残業や休日出勤はもちろんどんな雇用形態でも発生する可能性がありますが、やはり一番断りにくいのは正社員、という会社が多いです。

会社からの直接雇用なので逆らいにくいですし、非正規社員と違って上司や周囲の圧力も強くなりがちです。

また、長期的に働くことを前提にしていると特に今後のために断りにくいと感じる人が多いようです。

そもそも正社員にのみ休日出勤をお願いするという会社も見られますし、一定時間以上の残業は正社員だけというところも聞かれます。

正社員のみ何かあったときの休日呼び出しがある会社もあります。

乗り越える方法

残業や休日出勤が常態化しているところだと、乗り越える方法は二種類です。

我慢するか、出世や人間関係を気にしないようにするかです。

日本は特に同調圧力といってみんなが残るなら残るべき、という考え方がはびこっています。

そのため仕事が早い人にも、追加の仕事をさせてでも残業や休日出勤をさせる会社もあります。

長く会社にいるほうが頑張っているとする会社も多いです。

仕事が終わるのであれば周囲の目を気にせず帰る心の強さを持つのもいいですし、周囲に同化して残業や休日出勤を当たり前と思い込むのも手段です。

どちらも難しいのであれば異動を申し出ることもできることは覚えておきましょう。

人間関係のトラブル

人間関係のトラブルもすべての働く人に起こりがちです。

ただ、正社員は成績などによるいやがらせや、長く会社にいることによってのしがらみなどでトラブルがより起こりやすいようです。

また、リーダーなどの役割をこなすことも多いですし、教育を請け負ったりと難しい関係性をこなす必要も出てきやすいです。

乗り越える方法

挨拶をしたり人の悪口を避けるようにしたり、と人間関係を円滑にする方法はネットなどでもよく見られます。

ただ、どうしても起こってしまうトラブルや自分が一切悪くない逆恨みなどがあるのも事実です。

そういう時精神的に追い詰められて会社を辞めてしまう人もいますが、ストレスが爆発する前に異動や上司への相談という手段があることも忘れないようにしたいものです。

人間関係の問題は精神的なところから来る病にも繋がりやすいと言われますので、心や体を壊す前に対策を取りましょう。

正社員で働くメリットとは?

大変なことも多い正社員ですが、正社員で働くメリットももちろんあります。

次のような点では特に他の雇用形態よりも有利だと言えます。

安定感がある

正社員を説明する時によく使われる言葉です。

会社から直接雇用されており、例えば業績の悪化などがあった時にも解雇されにくい雇用形態です。

派遣社員のように契約期間がないですし、アルバイトよりも長期間勤めてもらえるような制度が整っています。

給与も月給制のところが多く安定していて、基本的には下がらずに上がっていきやすいので生活の見通しや将来の計画が立てられる傾向にあります。

社会的信用度が高い

安定しているということにも関わりますが、社会的信用も高いです。

社会的信用というと何に役立つのかと思われがちですが、例えばローンを組む時に有利になります。

今後マンションや家を買おうと思っている方などは有利な条件でローンが組みやすいですし、その他資金を銀行から借りる場合に高額の融資を受けやすくなります。

正社員でないと一定以上の融資は受けにくいという場合は多いので、特に家庭を持ったり不動産を所有しようと考えている人には重要です。

出世の可能性が上がる

アルバイトやパート、派遣社員だと出世ができないというところは多いです。

特にある程度以上、例えば係長以上などは正社員が基本になります。

正社員はもともと上に立つ人物になるように教育してくれるところが多いですし、長く勤めるほど出世の可能性が高まるという会社もよく見られます。

いずれは出世したい、出世や昇給で会社から認められたいという人には正社員はいいでしょう。

他の形での雇用の場合だと、正社員と同じだけの成果を上げても会社から見返りがないということもよくあります。

転職の時に有利

正社員の経験が長いと、他の雇用形態で働いていたと言うよりも転職の時には有利になりやすいです。

正社員として働いていた、ということはイコールある程度の責任をおっていたり相応の働きをしていたと見られますし、ノウハウも持っていると考えてもらえます。

ステップアップで転職するという選択肢も選びやすいのです。

近年ではスカウトサイトなどもありますし、そういったところでも正社員経験が見られています。

手当等が受けやすい

前にも記載しましたが他の雇用形態に比べて福利厚生が充実していたり、手当等の恩恵が受けやすいのも正社員で働くメリットです。

例えば会社によっては手当だけで正社員であれば他の社員と数万円差がつくなんていうことはよくあります。

派遣社員と給与は同じでも手当で差がつくのです。

また、ボーナスや賞与があったり、給与の上がり幅も他の雇用形態よりも高くなる傾向にありますから、特に長く勤める場合には金銭面で有利な傾向にあります。

まとめ

正社員で働くために重要なことやメリットなどについて記載しましたがいかがでしたでしょうか。

正社員は大変なことも多いですが、その分メリットも大きくまたやりがいも持ちやすい働き方です。

正社員とひとことに言っても会社によって待遇は様々ですので、自分の働き方に合った会社に巡り会えるように祈っています。