栄養士として働いて、数十年。

私の栄養士としての”ぜったいやりたいこと”は、献立作成でした。

献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。

幸い希望通りの仕事が、新卒当時から出来ているので自分は恵まれているのかなぁ・・・と思います。

それでも、辞めたいと思ったことは数えきれないほどあります。

現に今も少しだけ、辞めたいと思っています。

本当に辞めるかどうかは別として、1年で何回辞めたいと思うのかは、数えきれないでしょうね。

理由はさまざまありますが、本当に辞めたのは一度だけです。

辞めた時も一年前から、話してありましたし、職場と相談した結果退職をしたため円満退社でした。

辞めた理由は、キャリアアップだったので引き留めようもありませんでした。

他の原因は、その日の人間関係だったり、失敗だったりといろいろあります。

給料が少ない、とか休みが取れないなんてことも辞めようと思う原因ですよね。

給料は、そう思っていても1年に1度昇給や年2回のボーナスで、何となく辞めずに済みますよね。

休みが取れない理由も、仲間に相談したり上司に相談すると意外に取れるようになるので、実際に辞める原因になりませんでしたね。

よく考えると解決策のあることなので辞めるまでには至らないということですね。

栄養士を辞めたいと感じた10個の理由と乗り越え方とは?

栄養士は、仕事の待遇や内容も多彩であり体力的にもハードな仕事です。

精神的にも体力的にも、万全な状態であっても”辞めたい”と思ってしまうことも多いです。

”辞めたい”と思ってから、2週間は考える時間を作りましょう。

じっくり考えて、人にも相談してどうしても辞めることがベストな選択だと思ったら思いきって転職しましょう。

仲間に迷惑がかからないよう、円満に退職できるように進めていきましょう。

人間関係が難しい。

給食関係の仕事は、栄養士一人だけ若く周りはお母さんやおばあちゃんと同じ世代。

なんてことも珍しくない環境です。

意外に可愛がられるということもありますが、やはり周りと話しが合わない・・・とか、自分だけ浮いてしまう・・・というような疎外感も大きく感じます。

一番辛いのが、人生の先輩達に指示を出すことがあるという状況です。

上手く伝えられればいいのですが、聞いてくれなかったり、言いくるめられてしまうなど挫折してしまいます。

仕事と割り切って付き合いをするようになった。

そもそも、年齢差はどうにもならないことなんですね。

話しも共通する部分だけ、聞いていればいいんです。

意見なんて言う必要もないし、先輩側も意外に気を使っていることもあるんですね。

仕事の話はキチンと出来る環境さえ整っていれば、プライベートの話しはお互い触れないようにすればいいということがだんだん分かってきました。

仕事の環境がハードで身体が続かない。

夏はマスクや帽子など着用で、火を使っている時は40度くらいになってしまい体力を消耗します。

また、冬は水を使う仕込み作業などは、凍るような寒さを感じます。

大鍋をかき回すことや1升のご飯を持ち運んだり、力もかなり必要です。

男性がいれば、まだいいのですが大体が女性の職場なので自分だけやらない訳にもいかず、でも疲れてしまいます。

休憩時間はしっかり休み、水分補給や冷房などを施設側に協力してもらう。

大鍋のかき回し方などは、力を使わない方法があるので先輩に聞いてみましょう。

また、何年か続けているうちにコツをつかむと思います。

環境の悪さは、施設の事務長などに話して改善してもらうことが一番です。

改善してもらえない場合は、なるべく火を使う時間を短くするよう作業計画を立てる。

献立に長く火を使うような料理を入れないようにするなどの対策もあります。

仕事が定時に終わらない。

現場仕事が長引いてしまい、事務仕事の時間が取れない。

人手不足でそもそもの人数が不足しているため、事務仕事が出来ない。

など理由はいろいろあると思います。

その状態が長く続けば、精神的にも追い込まれてしまい身体を壊してしまうでしょう。

仕事の内容を洗い出し、スケジュール管理をしてみる。

現場仕事が長引いている場合は、時間管理や他の人が手が空いている時間がないかを確認してみましょう。

自分だけに、仕事の重量が多く回っていないか確認し、他の人の協力を求めてみましょう。

自分の仕事の時間管理も一緒に行い、無駄な時間がないかを見直してみましょう。

忙しさに感けて、ずるずると不満ばかり言っていても改善はしないので行動を起こしましょう。

人手不足の場合は、委託会社なら事務仕事は本社の人間で出来るものもあるはずです。

現場でなければ出来ない仕事以外は、本社の人間に振ってしまいましょう。

また、直営の場合は省けるような事務仕事はないか見直しましょう。

休みが取りにくい、休みが人と合わない。

休みが取れない、取りにくいという環境では長く働くことは難しいでしょう。

休みが取りにくい環境なのは自分だけではないのでしょうから、みんなも同じことを考えていると思います。

また、土曜日曜が休みでない場合、友人と出かけたり、旅行に行くことも難しくなります。

その結果、友人が離れていってしまうなんてこともあります。

これは辛くなる原因ですよね。

みんなで協力して休みは確保するよう話し合いをする。

休みの不満はみんなも同じだと思うので、協力して休みが取れるように改善する。

みんなが休むことが出来れば、休みの申請も言い出しやすくなってきます。

お互い様・・・という感覚になり、働きやすくなってきます。

早番、遅番、残業が多すぎて辛い。

早番、遅番など時間が不規則で身体が持たない。

残業も多くなり、1日の就業時間が長時間になってしまって追い込まれてしまう。

仕事の見直しをしてみる。

シフトを立てる時に、同じ時間が続く方がいいのかをみんなに聞いてよい方向に改善する。

シフトを別の人に立ててもらうと、自分の負担が減る場合もあります。

また、シフトを立ててもらうと無理をしている人がいることに周りの人が気が付いてくれることもあります。

早番、遅番の場合、定時に帰る習慣をつけるようにする。

そもそも栄養士に向いてないんじゃないかと思ってしまう。

今の仕事が、自分に向いてないような気がしてしまう。

やりがいが無いと思ってしまう。

何のためにやっているかがわからなくなってしまう。

栄養士としてのやりたかったことを思い出してみる。

学生の頃や新卒の頃に何がやりたくて、栄養士になったのかを見直してみましょう。

今の仕事と照らし合わせて、実現できているのか分析してみましょう。

それでも、栄養士に魅力を感じられない場合は辞めても良いと思います。

やりたい仕事。希望している仕事が回ってこない。

現場仕事ばかりで、事務仕事がやりたくてもやらせてもらえない。

洗い場や簡単な仕事しか回ってこない。

キャリアアップが出来ないので不満である。

自分の仕事を早く終わらせてアピールしてみる。

簡単な仕事は、ちゃっちゃと終わらせてしまい事務仕事の手伝いが出来るアピールをしていく。

初めは、簡単なことしか回ってこないかもしれませんがそれもきちんとこなせればだんだんと任せてくれるようになるでしょう。

頼りになることを、アピールしていきましょう。

出会いがない。異性との接点がなくなる。

栄養士の職場は、女性が多くしかも年上の人がたくさんいるのが特徴です。

同じ年齢の女性もあまりいなので、男性なんて全くいないことも普通です。

しかも、帽子にマスクをつけているため、厨房に人は若いのか年上なのか、他の職種からは全く見分けがつかないなんてこともあるんですね。

職場には出会いは求めない。

仕事をサッサと終わらせて、職場以外の活動に参加しましょう。

いろんな出会いがあるので、その中で異性との出会いもあるでしょう。

または、おばさんが多いので世話好きな人がいる場合もあります。

募集中ということを、みんなに知らせておき間口を広げておきましょう。

栄養士は、婚活の場では意外にモテるということですよ。

給料が安いと思う。

本来は、入社時に給料やボーナスについてはしっかり確認を取っておくべきですね。

聞いていた給料より安いのであればこれは確認するべきです。

改善があるかどうかによっては、退職もやむを得ないですよね。

キャリアアップを目指してみる。

交渉しても、改善が無ければ管理栄養士の取得を考えてみるにも一つの手でしょう。

また、管理栄養士以外でもフードコーディネーターや調理師などにも挑戦してみましょう。

即お金が必要であれば、アルバイトをして給料の補填をしてみましょう。

孤独な環境が辛い。

一人仕事のため、相談する相手や一緒に喜んだり、愚痴をこぼす相手がいない。

一人で決断しなければならないことが多く、責任が重い。

孤独と思わず、自分勝手に出来ると考え方を変える。

一人で仕事をやるというのは、大変だけれども相手に合わせるとか、相手の都合を考えるとかをしなくていいのです。

自分の都合で進めることが出来ると考えるようにしましょう。

発想を転換して、イヤだと思う環境も乗り切っていきましょう。

仕事をしていくと、どこかの時点で責任は必ず回ってきます。

それが、早いか遅いかの違いだけです。

早いうちに経験しておくことで、社会からも信用を得られやすいですよね。

いろいろ試したけれど、やっぱり辞めたい!辞める前にやっておきたいこととは?

仕事を辞めた後には、税金の納付や国民健康保険への切り替えや国民年金の切り替えなど意外にやることがあるんですね。

健康保険や国民年金の切り替えの準備

会社から離職票、源泉徴収票、雇用保険者証、年金手帳、健康保険被保険者資格喪失確認通知書などが送られてくるので必ず必要になるので保管しておいてください。

健康保険関係と年金以外、失業保険の受給にも必要になるしハローワークの求職申込にも必要になってきます。

次の仕事がすぐに決まってなかったら、早めに申し込みや切り替えを行っておきましょう。

計画的に有休を消化しておく。

有休が取れない!という人も多いでしょう。

辞める前にキッチリ休ませてもらいましょう。

有休は労働者の権利ですから、堂々と取得させてもらいましょう。

クレジットカードを作っておく。住居を確保しておく。

無職になると、審査が通らない場合があるのでどちらも早めに確保しておきましょう。

住居は寮に入っている人や、会社から借り上げてもらっているなどの人は引っ越し先が制限されてしまうことがあるので早めに退去し、見つけておきましょう。

歯医者や病院にはかかっておく。

健康保険証がなくなるため、医者にかかりにくいです。

退職前にかかっておけば、同じ病気に対しては退職後でも続けて健康保険が使えます。

貯金をしておきましょう。

最低3か月を目安に、お金を貯めておきましょう。

毎月引き落とされるものがいくらあって、1か月いくら必要かもしっかり確認しておきましょう。

まとめ

栄養士の仕事を選んだ理由は、みなさんさまざまでしょう。

料理が好きだったから、献立を立てたいからなどいろいろありますよね。

料理が好きな人はレシピ作成が出来、新しいメニューの開発が出来たり楽しいやりがいのある仕事です。

そうは言っても、やっぱり辞めたくなることも絶対にみんなが思うことだと思いますね。

辞めたいと思っても、感情的にならずに2週間は良く考えましょう。

辞めようと決めても、貯金をしっかり貯めて3か月くらいは過ごせるよう計画的に退職を考えましょう。

また、実際辞める時は仲間に迷惑にならないよう、キチンと引き継ぎが出来るようにしておきましょう。

自分がしてきた仕事をマニュアル化しておいておくと、後任の人も助かるでしょう。

やはり、円満に退職できることがベストですのでやれることはやっておきましょう。

有休も何日あるのかを把握し、計画的に取得するようにしておくとよいでしょう。

寮や会社の借り上げ住宅などに住んでいる人は、新しく住む場所を確保するので有休で探してみてもいいでしょうね。

そして、いざ転職の際には転職サイトなどに登録をしておき情報を仕入れておきましょう。

また、転職エージェントは現在の情報を知っているので、自分の希望を伝え自分に合った職場を探してくれるので利用することをお勧めします。


関連キーワード

栄養士求人

栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病院栄養士求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

栄養士の働く施設の中で、福祉施設と病院は1日3食の食事提供であるため、利用者や患者の健康を担う重要な役割をしています。中でも、病院の食事においては、外科的治療で入院されている方などを対象にした”一般食”と内科的な治療(糖尿や脂質制限、塩分制限など)の方を対象にした治療食があります。治療食の分野は、病気の種類により数々の制限があるため献立作成が難しくなってきます。病態に関わり知識を広げていくことは、自分にとっては大きな飛躍になることと思います。治療食の業務に関わることで、管理栄養士国家試験の内容を仕事で経験していることも多くなっています。病院栄養士を経て、管理栄養士を取得することは受験にも有利に

栄養士の転職はどういう会社がおすすめ?成功させるために注意すべき3個のことと、上手な転職方法を解説します  

皆さんは、今どのような職場で働いていますか?現在の仕事に満足していますか?それとも不満がありますか?栄養士は続けたいけれど、今の状況を変えたい!そんな方必見です!今回は、栄養士の転職について詳しく説明したいと思います。そもそも栄養士ってどんな仕事をするの?栄養士の仕事は、かなり幅が広いです。業種や職場によって大きく違います。(食品開発から営業、献立作成、調理など)栄養士の業務を以下、詳しく説明します。献立作成・食材発注・事務作業等栄養士の仕事内容と言われると1番に思いつくのが献立作成であると思います。食単価を適正に保ちながら、自分の作成した献立を元に食材発注を行います。厨房での調理・管理上記で


栄養士求人に関するコラム

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いこととその解決法についてご紹介したいと思います!栄養士の悩みで多い5個のことでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると と思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容に無かったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため栄養士は料理が上手くて当然だという認識から、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあり

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では、色々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや、仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切に出来るような工夫がなされている企業も増えています。そんな中、栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は、栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、それでも楽しさや、やりがいを感じられることに注目して見て行きたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は、現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成や、調理業務、簡単な栄養指導です。そんな中で、

栄養士のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

仕事をしていると、どんな仕事でも良い面と悪い面がありますよね。皆さん、栄養士と聞くとどんなイメージを持っていますか?今回は栄養士として働くデメリットから、やりがいや嬉しいことまでを詳しくご紹介しようと思います!栄養士の大まかな仕事内容とはまずは栄養士の仕事内容を説明していきます。献立作成栄養士の仕事と言えば献立作成が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?献立内容は作成する栄養士によって全く異なります。献立に栄養士の想いを乗せて各人が創意工夫を施し自分なりに対象者に合った献立を作成します。栄養士の技量が問われる作業です。食材の発注・検品献立をもとに食材の発注を行います。場合によっては、納品され

栄養士におすすめの転職サイト8選。おすすめの理由も紹介します

栄養士として、どのような経歴で働いていらっしゃいますか?栄養士の仕事を続けて行く上では、何度か壁にぶつかりその度に、続けて行こうか・・・?、辞めようか・・・?と迷うことがあります。その理由には、結婚、出産などの生活の上での変化もあります。そうではない、仕事に対する不満や待遇面での不満、また理想とする仕事とのギャップに悩む場合はなかなか踏み切れないことも多いと思います。栄養士として、仕事をしていると必ず転職を考える時があります。単に辞めたいなぁ・・・と思うことも度々あります。辞めたい原因は何か?解決できないことなのか?キャリアアップがしたいのか?誰かに相談できるといいですね。そんな時に、転職サイ