栄養士として、どのような経歴で働いていらっしゃいますか?

栄養士の仕事を続けて行く上では、何度か壁にぶつかりその度に、続けて行こうか・・・?、辞めようか・・・?と迷うことがあります。

その理由には、結婚、出産などの生活の上での変化もあります。

そうではない、仕事に対する不満や待遇面での不満、また理想とする仕事とのギャップに悩む場合はなかなか踏み切れないことも多いと思います。

栄養士として、仕事をしていると必ず転職を考える時があります。

単に辞めたいなぁ・・・と思うことも度々あります。

辞めたい原因は何か?

解決できないことなのか?

キャリアアップがしたいのか?

誰かに相談できるといいですね。

そんな時に、転職サイトが便利ですよ。

豊富な情報を持ったエージェントが最適の情報を教えてくれます。

相談にも乗ってくれるので、悩んでいるのならまずは登録してみましょう。

栄養士以外の転職サイトを知りたいなら

栄養士以外の職種を扱う総合的な「転職サイト」のおすすめを知りたい人はこちらを参考にしてみて下さい。

栄養士の仕事・種類についておさらいしておこう

栄養士の仕事内容

  • ①「病院」の献立作成、調理の医療系の仕事
  • ②「老人福祉施設、介護施設」でのおいしい料理を作る介護系の仕事
  • ③「保育園、学校」など子供の栄養の管理をする仕事
  • ④「社員食堂、学生寮」など成人の栄養管理をする仕事

など食のスペシャリストとして活躍できる場所はたくさんあります。

最近は、スポーツジムやドラッグストアなどの栄養相談やダイエットの献立作成やメニュー開発なども需要があります。

健康ブームやダイエットブームなどもあり、栄養士の正しい情報はみんなも知りたいことだと思います。

栄養士の転職事情

栄養士の離職率は高い方だと言われています。

思った以上に、体力的にも精神的にも厳しい仕事なのです。

学生時代に実習先で、まずは現実を知ることになり栄養士の仕事に就かない人もいると聞きます。

それでも、栄養士として仕事に関わろうと思ったのですから栄養士の仕事を続けて行けるように考えてほしいです。

現状は、辛かったり、辞めたかったりする時があるものです。

我慢することも、時には大事なことかもしれませんが今は求人がたくさんあります。

自分の希望に合った、栄養士の仕事があると思います。

自分のなりたい栄養士は何なのかを、分析しておきましょう。

転職サイトを利用し、しっかり条件を提示しておくことがは大切です。

辞める前に、是非転職サイトを利用して登録してみましょう。

登録だけなら、5~6社しておくことをお勧めします。

栄養士におすすめの転職サイト8選

転職サイトもさまざまありますが、栄養士の仕事は医療系や福祉系に強いサイトがお勧めです。

意外な職場などもあるので大手のサイトでの登録とそれそれの特徴の違いのあるサイトに登録しておきましょう。

転職エージェントがサポートをしてくれるサイトは抑えておきましょう。

エージェントなどのサポートを受けるにあたっては、信頼関係が大事なのでメールなどのやり取りで相性を確認しましょう。

同一の求人が違うサイトで掲載がありますので情報の比較などもしてみるといいでしょう。

まずは、行動を起こしてみることが第一歩に繋がります。

転職サイトで相談してみることで、現在の職場の良いところも悪いところもエージェントの意見が聞けます。

自分のキャリアや年収の相場なども分かるので、現状が満足のいくものかどうかの判断にもなることになります。

フードキャリア 

https://www.fd-career.com/

栄養士、管理栄養士に特化している転職サイトです。

フード業界に精通したプロが担当してくれるので安心です。

おすすめの理由

マンツーマンでの、相談やサポートを受けられます。

栄養士、管理栄養士に特化しているので悩みも理解してくれます。

現在の仕事が忙しい状況も、同時にさぽーともしてくれるのでスムーズな転職が可能です。

栄養士のお仕事 

https://eiyoushi-shigoto.com/

栄養士の転職サイトでは求人サービスがNO1なので安心です。

栄養士、管理栄養士の転職に特化しているので探しやすいです。

おすすめの理由

自分で地域や雇用形態や施設により、検索ができるので試しに転職先を見ることが出来ます。

栄養士、管理栄養士に特化しているので、栄養士の立場を理解してくれたうえで、相談に乗ってもらえるので安心です。

すぐに転職を考えていない場合でも、親身に相談に乗ってくれるので迷っていたらまずは登録してみましょう。

エイチエ 

https://eichie.jp/member/

栄養士、管理栄養士のコミュニティーサイトです。

転職サイトという訳ではありませんが、転職情報が掲載されています。

おすすめの理由

転職について、現在栄養士として働いている仲間に相談することができます。

転職以外の相談も出来るので、栄養士の仲間とのコミュニケーションが出来ます。

登録しておくと、条件に合った転職先が配信されてくるのですぐに転職を考えていない場合でも気軽に登録が可能です。

ジョブメドレー 

https://job-medley.com/

医師、看護師、薬剤師、など医療系、介護士、ケアマネージャー、栄養士、管理栄養士などの福祉系、歯科医師、歯科助手などの歯科系、保育士、指導員などの保育系などに特化しています。

おすすめの理由

医療、介護、保育などに実際の経験者が運営しているので、現場を知りつくし悩みを分かってくれ相談に乗ってくれます。

応募内容が直接事業所に届くので、転職がスムーズに進みやすく早く結果に繋がります。

求人数が業界NO1なので、幅広く転職先が探せます。

栄養士人材バンク 

https://eiyo.jinzaibank.com/

栄養士、管理栄養士に精通したキャリアパートナーが担当してくれるので安心です。

メルマガなどの配信で、情報が早く得られるので良い職場を見つけやすいです。

おすすめの理由

求人検索をキャリアパートナーが行い、希望条件などをきめ細かにマッチングしてくれるので探す手間が省けます。

栄養士、管理栄養士の仕事を理解したキャリアパートナーが、親身に相談に乗ってくれるので安心です。

新規の情報がいち早く配信されるので、常に新しい情報が更新されているので良い職場を見つけやすいです。

DODA(デューダ)

https://doda.jp/

大手のため情報量が豊富なのでいろいろな職場を比較することができます。

エージェントサービスとスカウトサービスの選択をすることができます。

おすすめの理由

キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当のダブルのサポートで、相談から採用までプロフェッショナルな対応が期待できます。

手続きの代行や面倒なことを引き受けてくれるサービスがあります。

求人数が多いので、いろいろ比較し検討ができます。

スカウトサービスの登録をしておくと、企業からのスカウトが届くので幅広く職場が探せます。

探す手間が省けるし、自分の思っていないような職場からも声がかかるので良い職場が見つけやすいです。

spring転職エージェント 

https://www.springjapan.com/

転職エージェントが書類作成などのアドバイスをしてくれます。

転職におけるいろいろなことをトータル的に、コンサルタントをしてくれます。

おすすめの理由

キャリアセミナーや転職相談会が随時行われるので直に話が聞け、アドバイスを受けることが出来ます。

円満退職のコツなど、退職のこともアドバイスしてくれるので安心です。

退職から転職までのトータルサポートが期待できて信頼ができます。

マイナビエージェント 

https://www.mynavi.jp/

大手なので、求人数が多く利用者数も多いので幅広く探しやすいのが魅力です。

大手なので、エージェントも経験豊富で安心です。

エージェントが多数いるので、相性が合わない場合も変更が出来るのがポイントです。

おすすめの理由

医療や女性、男性など絞り方の変化があるので探しやすいです。

多数の人が利用しているので、経験がありコツも教えてくれます。

エージェントも経験が多数あるので、幅広く相談に乗ることができます。

栄養士で転職する際に知っておきたいこと

栄養士に限らず、転職する際に気を付けておきたいことを書いておきます。

転職というのは、何度もしたくないものなので慎重に進めましょう。

転職の際、エージェントとのかかわり方のpointを見てみましょう。

給料アップだけに拘らない

今の給料より多い職場を希望することは悪い事ではありません。

ただし、給料だけに拘らずに仕事の内容などもきちんと把握しておきましょう。

給料の良さだけで決めてしまうと、仕事内容が自分の思うことと違うなどギャップに悩むことになります。

せっかく、エージェントに相談する訳ですからその点のアドバイスはしっかり聞きくことをお勧めします。

また、給料の内容も良く把握しておきましょう。

給料の総額より、基本給の違いが大事です。

基本給はボーナスや退職金などすべてに関わってきますので、結局は年収が少ない結果になってしまいます。

その辺りもエージェントのアドバイスがあると思うので、しっかりきいておくようにしましょう。

また、聞きにくいボーナスの有無や昇給、福利厚生もよく聞いてもらい給料の交渉をしてもらうよう進めていくようにします。

社会人としての挨拶、マナーを心がける

栄養士は会社で働くサラリーマンとは違って、社員教育を受けることがありません。

また、名刺のやり取りなどをする職業ではないことや、メールのやり取りもビジネスメールを打てないこともあります。

社会人としての常識が少しずれてしまっている面もあるため、この機会に社会人として一人前になりましょう。

ビジネスの挨拶の仕方や、時間を守ることなど当たり前のことを行うようにしましょう。

エージェントも、印象の良い人の方が推薦もされやすいです。

就職後も好印象の方が働きやすくなります。

担当者が書く推薦文は確認しておく

担当エージェントは、企業に推薦文を書いてアピールしてくれます。

しかし、5~6名も担当していると中には手抜きになってしまい大したアピールもないままの推薦文が送られている場合もあるということです。

しっかりアピールがある推薦文と、コピーでもしたような推薦文では採用の有無が違います。

「面接時に内容に相違が無いように確認したいので、推薦文を送ってください。」などと理由を付けて、推薦文の確認は行っておきましょう。

エージェントに任せっきりにせず、自分のやる気をみせることによりエージェントの気持ちの入れ方も変わってきます。

エージェントは1対1とは限らないので、アピールすることにより印象付けることも必要です。

良い関係を築けると、転職もスムーズに進むようになります。

まとめ

エージェントを利用する際は、まずは多めに5~6社に登録をしましょう。

初めてであれば、多めに登録をしてみるとそれぞれの対応の違いなどが明確に分かるので選ぶ基準になるでしょう。

また、栄養士の業界に精通している人物とそうでない人もいますので、初めにその点の確認もしておきましょう。

もし、経験不足のようなことがあれば、早めに違う人に変えてもらうか、会社を変えるなどの行動を起こしてください。

また、登録時の情報にウソなどは書かないでください。

どのような時にも、信頼関係は大切になってくるので経歴や経験にウソがあった場合印象が悪くなります。

必ず面接などでばれてしまいますからエージェントにも迷惑が掛かってしまいます。

次の転職で、生涯勤めることの出来る希望の職場が見つけられるようにしっかり勉強しましょう。

そのためには、転職サイトに登録をすることで、転職エージェントに相談をしより良い職場を見つけましょうね。


関連キーワード

栄養士求人

栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病院栄養士求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

栄養士の働く施設の中で、福祉施設と病院は1日3食の食事提供であるため、利用者や患者の健康を担う重要な役割をしています。中でも、病院の食事においては、外科的治療で入院されている方などを対象にした”一般食”と内科的な治療(糖尿や脂質制限、塩分制限など)の方を対象にした治療食があります。治療食の分野は、病気の種類により数々の制限があるため献立作成が難しくなってきます。病態に関わり知識を広げていくことは、自分にとっては大きな飛躍になることと思います。治療食の業務に関わることで、管理栄養士国家試験の内容を仕事で経験していることも多くなっています。病院栄養士を経て、管理栄養士を取得することは受験にも有利に

栄養士の転職はどういう会社がおすすめ?成功させるために注意すべき3個のことと、上手な転職方法を解説します  

皆さんは、今どのような職場で働いていますか?現在の仕事に満足していますか?それとも不満がありますか?栄養士は続けたいけれど、今の状況を変えたい!そんな方必見です!今回は、栄養士の転職について詳しく説明したいと思います。そもそも栄養士ってどんな仕事をするの?栄養士の仕事は、かなり幅が広いです。業種や職場によって大きく違います。(食品開発から営業、献立作成、調理など)栄養士の業務を以下、詳しく説明します。献立作成・食材発注・事務作業等栄養士の仕事内容と言われると1番に思いつくのが献立作成であると思います。食単価を適正に保ちながら、自分の作成した献立を元に食材発注を行います。厨房での調理・管理上記で


栄養士求人に関するコラム

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いこととその解決法についてご紹介したいと思います!栄養士の悩みで多い5個のことでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると と思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容に無かったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため栄養士は料理が上手くて当然だという認識から、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあり

栄養士の仕事がブラックな仕事だな…と感じた4つの瞬間とそれでもやりがいを感じる3つのこと。

最近では、色々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや、仕事内容の見直しなどを行っています。仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切に出来るような工夫がなされている企業も増えています。そんな中、栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。今回は、栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、それでも楽しさや、やりがいを感じられることに注目して見て行きたいと思います。経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?栄養士の仕事内容や待遇は、現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成や、調理業務、簡単な栄養指導です。そんな中で、

栄養士のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

仕事をしていると、どんな仕事でも良い面と悪い面がありますよね。皆さん、栄養士と聞くとどんなイメージを持っていますか?今回は栄養士として働くデメリットから、やりがいや嬉しいことまでを詳しくご紹介しようと思います!栄養士の大まかな仕事内容とはまずは栄養士の仕事内容を説明していきます。献立作成栄養士の仕事と言えば献立作成が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?献立内容は作成する栄養士によって全く異なります。献立に栄養士の想いを乗せて各人が創意工夫を施し自分なりに対象者に合った献立を作成します。栄養士の技量が問われる作業です。食材の発注・検品献立をもとに食材の発注を行います。場合によっては、納品され

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて、数十年。私の栄養士としての”ぜったいやりたいこと”は、献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が、新卒当時から出来ているので自分は恵まれているのかなぁ・・・と思います。それでも、辞めたいと思ったことは数えきれないほどあります。現に今も少しだけ、辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、1年で何回辞めたいと思うのかは、数えきれないでしょうね。理由はさまざまありますが、本当に辞めたのは一度だけです。辞めた時も一年前から、話してありましたし、職場と相談した結果退職をしたため円満退社でした。辞めた理由は、