今の職場に満足していますか?

「子育てに専念したいと思っているけど自分にあった転職先があるのか不安」「もっとスキルアップしたい」などと感じている人も多いと思います。

看護師の転職を考えた時に、ポイントをおさえて転職活動することで自分に合った職場を見つけることができます。

そこで、転職経験のある筆者が納得のいく転職先を見つける方法をお伝えします。

看護師に多い転職理由

看護師は日勤、夜勤の交代制勤務に加え、残業が多く大変な仕事です。

独身の時は自由に使える時間があり、今の病院でも頑張って仕事ができていたのではないかと思います。

しかし、結婚や妊娠、出産などさまざまなライフイベントを重ねていく中で、独身と同じような働き方は負担となってしまいます。

また忙しさのあまり、人間関係がギクシャクしてしまったり、休みがなかなか取れなかったりと初めは小さな悩みでも、だんだんと積み重なり大きくなっていきます。

すると、心機一転新しい職場で気持ちよく仕事をしたいと思うようになります。

そこで、看護師に多い転職の理由を挙げていきます。

ライフスタイルの変化

男性看護師が増えてきてものの、圧倒的に女性が多い職場となっています。

女性は、結婚や妊娠、出産を理由に転職をする人が多いです。

子育てをしていると、夜勤を週1回勤務するだけでもかなりの負担になります。

また、子どもの送り迎えをしなくてはならず、残業もなかなかできません。

しかし、病棟勤務であれば、夜勤や残業を全くしないというのは難しく、家族に頼りきりになってしまいます。

子どものためにも、そこまでしたくないと考え、転職をする人が多いです。

また、子育て世代だけでなく、親の介護をしなくてはならない世代にとっても、介護と仕事の両立が難しく、転職を考えるようです。

人間関係に困っている

日々の忙しさのあまり、気持ちに余裕がなくなってしまうことがあります。

患者さんから怒られ、先輩から怒られる日があれば、心が折れそうになってしまうこともありますよね。

患者さんの対応でただでさえ忙しい中、人間関係がギクシャクするようであれば、心身ともに疲弊してしまいます。

看護師はチームで動いているため、性格の合わない人がいたとしても気にしないで働くというのはなかなか難しいです。

また、長く勤めたいと思うほど、人間関係が良い職場を求めます。

選ばなければ転職先に困らない看護師にとって「今よりは良い職場があるのではないか」と思うのは自然なことです。

そして、気持ちに余裕を持って働ける職場への転職を考えるようです。

給与が割に合わない

看護師は初任給が高いものの、昇給は緩やかで、昇給しにくいと言われています。

そのため、今のスキルがあればその他の職場の方が給料がよい場合があります。

また、長く勤めば勤めるほど委員会や指導者、プリセプターなどさまざまな役割を任されることになります。

業務が多くなるにもかかわらず、給料に反映しないこともしばしばあります。

休みが取りにくい

人手不足や、新卒が多い、子育て世代が多い病棟ですと、なかなか休みが取れません。

忙しくてストレスがたまってしまえば、誰でもリフレッシュする時間が欲しいですよね。

希望通りの休みにならないことや、連休を取ることが難しいことがあります。

ワークライフバランスの推奨など働き方改革がおこなわれている中、具体的な解決策が見いだせていないのが現状です。

夜勤や残業の負担が大きい

病棟勤務では、夜勤と残業の負担が大きいとされています。

ほとんどの病院で2交代制を採用するところが増え、夜勤の負担を少なくするよう変化してきました。

しかし、それでも1週間に1度は夜勤をしなくてはなりません。

子どもを誰かに預けなくてはいけない子育て世代にとっては、子どもに寂しい思いをさせるだけでなく、自分も大変になります。

また、急な入院の多い病棟や人手不足の慢性期病棟に至っては、残業が多くなります。

私も定時で帰れるだけでとても嬉しい気持ちになります。

独身の時にはさほど気にならなかった残業は、ライフスタイルに合わせて、負担となってくるようです。

私が使った転職サイトと良かった3個の理由

私は転職を経験し、現在では子育てと仕事を両立することができています。

それまでは、両立に悩むことがたくさんありました。

そこで転職サイトを利用することで失敗なく、自分の希望通りの求人に出会うことができます。

実際に利用した転職サイトとよかった理由について紹介していきます。

ナース人材バンク

ナース人材バンクでは、簡単に登録をすることができます。

全体を通してスピーディで真摯な対応が印象に残っています。

そこで、詳しく良かった理由について紹介していきます。

対応がスピーディ

私は登録をした後、すぐに電話をくれました。

そして、簡単に転職を考えている時期と今の職場の不満を細かく丁寧にきいてくれました。

私は転職前の職場の人間関係に悩んでいたため、どんな新しい求人よりも今の不満を聞いてくれたことで信頼ができる存在となりました。

スキルアップについて提案してくれる

子育てと仕事の両立で困っていた時に、自分では訪問看護や施設での勤務しか考えられていませんでした。

訪問看護は、夜勤がなく、土日祝日休みの職場が多いためです。

しかし、私の臨床経験などを踏まえた上で、訪問看護や施設では対応しきれず、辛い思いをするのではないかということをはっきりと伝えてくれました。

そして、キャリアアップのためにも日勤常勤の精神科病院への転職を勧めてくれました。

本人の希望だけでなく、総合的に判断した上で提案をしてくれるので、自分では気づかなかったことを、時にははっきりと伝えてくれます。

転職して失敗をしないためには、アドバイザーの提案をよく聞くことをおすすめします。

数ある求人から自分に合ったものを選択してくれる

日勤常勤という求人を探していたのですが、なかなか自分に合う求人がある見つかりませんでした。

しかし、自分では見つけることができなかった求人を何種類か選択して提示してくれました。

アドバイザーが用意してくれた多くの求人の中から、1番自分に合う求人をさらに選ぶことができたため、納得のいく転職ができました。

自分にあった転職先選びの注意点

いくらアドバイザーが良い求人を紹介してくれたとしても、実際働き始めたら思っていたものと違っていたということがありますよね。

そこで、自分に合った求人を選ぶ時に失敗のないよう、注意することがいくつかあります。

何を大切にして何を妥協してよいかを明確にする

ワークライフバランスの推進が一般的になってきており、プライベートも充実するようさまざまな病院で工夫されています。

しかし、人手不足はなかなか解消されていません。

看護師として働く以上、少し妥協しなくてはならない場合もあります。

そこで、これだけは譲れない条件を書き出してみてください。

私の場合は、「夜勤はしない」「残業はあまりできない」「子育て世代が多い」「産休、育休は取れるのかどうか」ということでした。

そして少し妥協してもよい条件として「研修をうけなければならない」「公休が多くはない」「託児所がない」ということでした。

このように、自分のライフワークバランスを明確にすることで、転職後も後悔しないよう対策を立てることができるのです。

休みの表記の仕方に注意

私の体験談になりますが「週休2日制」を勘違いしたまま、転職して後から気づいたことがあります。

週休2日制とは、2日休みがある週が1回でもあれば、週休2日と表記してよいそうです。

私は完全週休2日制と勘違いをしていたため、1日しか休みがない週もあれば、3日も休みがある週があることに、シフトが出てから気づきました。

同様に4週8休にも注意が必要です。

4週の間に休みが8日あればよいので、週休2日制と同様に、週によって休みの回数にばらつきが出てしまうことがあります。

そして合わせて確認しておきたいことが、公休の取り扱い方です。

夏休みやお正月休みが公休とは別に存在するのかどうかということです。

公休とは別の扱いになるようであれば、「夏季休暇」「年末年始休暇」となっているでしょう。

一方で、夏季休暇や年末年始休暇が公休に含まれる場合があります。

これは実質的に夏季休暇や年末年始休暇がないことになりますので注意が必要です。

言葉の表現「ほとんど」に惑わされないように

「ほとんど残業なし」「育休スタッフが多くいます」といった求人の表し方をしている場合は、注意が必要です。

ほとんどや多くいるという曖昧な表現は、病院によって程度が異なります。

自分が思っている「ほとんど」と病院側が思っている「ほとんど」は、経験によって違いが生じるためです。

曖昧な表現を提示している場合には、具体的な数字を提示してもらうなどして確かめてみましょう。

看護師として転職して良かった点

私は転職をして、楽しく仕事ができるようになりました。

今の職場に不満を感じ悩んでいるようであれば、転職をすることをおすすめします。

実際に自分にプラスになることがたくさんあります。

そこで転職をして良かった点を紹介します。

プライベートが充実するようになった

転職する前までは、残業が多く、休みも希望通りに取れないことがよくありました。

子育てをしているため、子どもが熱を出したとしても、誰かに預けて仕事をしなくてはなりませんでした。

さらに子どもの行事に参加できないときもありました。

子どもに負担をかけてしまい、家事もないがしろになってしまうことに嫌悪感を抱いていました。

しかし、夜勤がなく、残業がほとんどない精神科への転職に成功しました。

夜勤もない日勤常勤を選択したため、夜勤がなく、残業もほとんどないため、家族に費やす時間をつくることができています。

子どもに寂しい思いをさせることが減り、家事にも時間も費やせるようになったので、家族も喜んでいます。

プライベートが充実していると仕事もうまくいくようになり、はかどるようになりました。

患者さんに対しても丁寧な看護を提供することができています。

今の職場であれば、長く勤務したいと思うようになり、年を取ってから親の介護をする時間も、確保できるのではないかという安心感があります。

人間関係に悩むことがなくなった

精神科では、心の病を持つ患者さんを対象としているため、言葉遣いや対応が優しい看護師が多いです。

患者さんだけでなく、看護師同士でも、対応が柔らかく、人間関係がギクシャクしないことが多いです。

また、残業が少なく時間内に終わることが多いため、時間のゆとりがあります。

時間のゆとりがあると心のゆとりにつながります。

私もそうですが、プライベートが充実しているだけでなく、心に余裕を持って仕事ができるため、小さなことでもイライラすることがなくなりました。

忙しい病棟では、時間と心に余裕がなく、小さなことでも頭にきてしまい、人間関係が悪化する悪循環となります。

しかし、精神科で勤務すると、悪循環を断ち切ることができます。

人間関係が良いと業務外でも仲が良く、さまざまなイベントが開催されるなど楽しみが増えました。

新しいスキルを身につけることができた

精神科では、患者さんの生育歴や家族との関係性、生きがいなどその人の人生をみていきます。

つまり、生まれてからどんな環境で育ち、どんなライフイベントがあったのかを情報収集します。

そして、様々な理論を用い分析をしていきます。

分析から得られた情報をヒントにして介入方法を考えていきます。

一般科では、なかなか患者さんの人生すべてをアセスメントして介入することができず、はがゆい思いをしましたが、精神科で勤務してからはアセスメント能力を鍛えることができただけでなく、じっくりと関わることができるようになりました。

さらに、心の健康についてストレスを管理することの重要性を知り、効果的なストレス発散方法や、アンガーマネジメントなど子育てや日常生活でも役立つスキルを身につけることができました。

まとめ

看護師の業務はとても大変です。

だからこそ、人間関係が悪かったり、残業が多かったり、業務以外で余計な悩みを抱えたくないですよね。

自分のライフワークバランスを明確にした上で、転職をすることで、負担を軽減することができます。

看護師として働きながら自分らしく生きていくために、妥協しない職場選びをしましょう。

看護師の転職をする時は、こちらの記事も参考に!


関連キーワード

看護師転職