この項目をお読みになっていられるあなたは、少なからず転職を考えている、ということでしょう。

結論から申しますと、転職自体は簡単です。

しかし、その転職が自分にとってプラスとなるかマイナスとなるかは全てあなた次第なのです。

ここでは、転職するにあたり注意すべきことをご紹介していきたいと思います。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職をする前の心構え

働くということは生活していく上でとても重要なことですので、転職を考えるなら慎重に行わなければなりません。

では転職をする前の心構えについてお話ししましょう。

本当にその転職は必要ですか?

まず第一に、その転職は本当に必要なのかどうか、冷静になって考えることが大切です。

例えば、「今の職場には嫌いな人がいるから」転職を考えているのだとしましょう。

それは、どこの職場に転職しても同じです。

どんな職場にもたくさんの人が働いていますし、その全員が自分と合う人とは限りません。

もし転職を考えている理由がそれであるなら、転職はしないほうがよいでしょう。

転職後に後悔することのないよう、じっくりと考えましょう。

転職する目的は明確ですか?

先に述べたように、転職をする理由、目的を明確にしましょう。

「なんとなく今の職場が合わないような気がするから」という理由は、理由にはなりません。

転職先で●●についてがんばりたい、転職することによって勤務時間を変えたい、など、しっかりとした理由が必要です。

もちろん面接でも、前職を辞めた理由、当院を選んだ理由は必ず質問されると思っていてください。

私の経験上、「選んだ理由」よりも「辞めた理由」のほうが重視されているような気がします。

病院側も、すぐ辞めてしまう可能性がある人よりも、長く勤めてくれる人を望んでいるからです。

3年は今の職場で頑張ることのメリット

「まずは3年、今の職場で頑張りましょう」と言われたことはないですか?残念なことではありますが、今の時代、せっかく就職しても、たった1日や数日で辞めてしまう新人さんが増えてきているとのことです。

最初の段階で「ムリ!」と思うようなこともあるかもしれませんが、そんな短い時間では、そこでの仕事全てを把握することなどできません。

働いているうちに、業務改善が図られるかもしれませんし、その職場でのやりがいを見つけられるかもしれません。

また、辛い仕事であっても、「自分はその辛い仕事をこれまで頑張ってこれた」ということは、次の仕事での自信につながります。

逆に、すぐに辞めてしまう人の場合、次の職場でも同じように思う可能性が高いでしょう。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

転職で注意したほうが良い6個のこと

では実際に転職をするにあたり、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

同僚の口コミは信じすぎないようにしよう

同僚からのお話は、その同僚がその職場に抱いているイメージが大きく影響します。

どうしてもその人の主観が入ってしまうものです。

あくまでひとつの情報として参考にする程度なら良いのですが、それを全て鵜呑みにするようなことはやめましょう。

安易に「科」を変えるのは辞めよう

「科」を変えるのも、看護師にとってはとても重要なことを意味します。

一言で看護師の仕事、と言っても、「科」が変わると業務内容は一変します。

患者層も違いますし、診療・検査内容、ケア内容や、観察しなければいけない症状も変わります。

つまり、またゼロからの勉強になるわけです。

逆に別の「科」を勉強したいという強い思いがあるのならいいのですが、安易な気持ちで変えてしまうと、あとあと大変な思いをすることになります。

転職先の看護師の平均年齢は事前に把握しておこう

意外とスタッフの年齢層も重要です。

例えば、子育て世代が多く働いているような職場ですと、お子さんの体調不良などにより急に休みになってしまい忙しくなることや、学校などの行事が重なって休み希望が取りにくい、などといったことが考えられます。

しかし、みんなが「お互い様」という気持ちで働いているので、そういった面では協力してやっていけると思います。

また年齢層が高い場合は、経験豊富なベテラン看護師が多く頼りになる、自分が若い頃は・・・と言いながら苦い顔をされ休みにくいなど、その職場のスタッフの平均年齢によってかなり雰囲気が変わってきます。

4週8休の職場を見つけよう

「4週8休」という言葉をご存知でしょうか。

これは「変則労働時間制」のひとつで、看護師のような不規則な仕事をする場合ですと、よく聞く言葉かと思います。

要するに、4週間で8日の休みがある、ということなのですが、求人情報に「4週8休」制と記載があっても、その職場によって年間休日に差が出てくるので注意が必要です。

その理由のひとつに、祝日の扱いの違いがあります。

祝日をその中に含めるかどうか、ということです。

生命を扱う、とても集中力のいる仕事ができるのは、質の高い休息があってこそだと思います。

ここは必ず確認しておきましょう。

残業の有無や残業代の支給はあるかは要チェック

ここ最近、残業代の未払いが問題になっていますが、残業代の支払いは義務であるにも関わらず、なかなか残業時間分の100%をもらえるところまでいくのは難しいのが現状です。

残業しただけの対価がもらえるのであれば良いのですが、そうではないとなると、なるべく残業はしたくないですよね。

私がこれまで勤めてきた職場でも、大幅な残業は少ないが職員が遠慮してあまり申請しないところ、30分単位ではあったけれど昼休憩が取れなかった場合も含めて必ず申請を促してくれたところ、残業や休憩が取れないのは当たり前でさらに申請すらなかなかできなかったところ、と様々でした。

ちなみに今現在は、某ドラマの女医のように時計の針が5時ジャストになるのを待って帰宅する、という日々を送っています。

就職してから泣くことになりかねませんので、残業の有無、残業代の支払いについては要チェックです。

勤務地を選ぶポイント

まずは自分がどのくらいの距離までなら通勤可能なのかどうかを考えてみましょう。

その際、単純に自宅からの距離だけで考えるのではなく、同じ距離であっても立地によって所要時間が違ってくることを忘れてはいけません。

また交通手段が自家用車なのか公共機関なのかによっても通いやすさは変わってきますし、お子さんの保育園や学校が通勤途中にあるかどうかを重視する人もいるかと思います。

私はいくらでも職場は近い方がいいと思う人間なので、新人の頃、一番初めに就職したときは、職場から徒歩5分のところにアパートを借りました。

雪国在住なので、自家用車通勤の同僚は冬になると大渋滞に苦労していましたが、私はそんな苦労をすることもなく、夜勤の日も他の人よりギリギリまで寝ていられました。

現在の職場も、自宅から自家用車で5分以内、さらにその途中に子どもの保育園があるという好条件です。

しかし私の主人は、逆に職場が近すぎるのが嫌な人です。

通勤途中のわずかな時間が重要なようで、ある程度の通勤時間は確保したいそうです。

このように勤務地を選ぶ考え方は人それぞれですので、希望する勤務先と自分の求める条件をしっかり照らし合わせてみましょう。

転職で注意したほうが良いこと 年代編

年代によって転職に違いはあるのでしょうか。

新卒看護師の場合

社会に出るのが初めての新卒さんは、これまでの実習での経験と実際の臨床での違いに戸惑うことも多いかとは思いますが、先述したように、一度勤めたのならば少なくとも3年はその職場で頑張ってみましょう。

まだ技術も知識も未習得な段階です。

新卒の1年間はカリキュラムが決められて様々な研修が用意されているところがほとんどかと思いますので、それを途中で離脱し、また新たな職場で・・・となると、逆に大変な思いをすることになります。

20代の若手看護師の場合

だんだんと業務を覚え、後輩の指導もして・・・と、仕事にやりがいを感じる時期であり、精力的に仕事に打ち込める時期でもあるかと思います。

そして、結婚や出産など、ライフスタイルが大幅に変わることもある時期でもあります。

私は新卒で勤めた職場を丸3年で辞めました。

自分としては看護師として自信を持ってきたところではあったのですが、病院も違えば科も違っていたため、いろいろとカルチャーショックを受けることが多く、とても大変な思いをしました。

初めての転職で、一つの科しか経験がない場合は、また全てをゼロから覚えなくてはならないので、新人に戻るような感覚です。

それなりに覚悟が必要です。

30代の中堅看護師の場合

看護師として10年以上が経ち、ある程度の経験を積んできた30代は、ほとんどの職場で即戦力として働けるでしょう。

つまり、就職してすぐに責任ある役割や仕事を振られる可能性もあることを覚悟しておきましょう。

40代のベテラン看護師の場合

経験年数20年以上ともなるともうベテランですね。

ただ、一言で経験20年と言っても、例えばそれまでずっと施設看護をやってきた人が総合病院への転職を考える、となると話は別です。

畑違いの仕事が求められるので、また勉強しなくてはならないことも多いですが、どんな転職にしろそれまでの経験が無駄になることはありません。

お子さんもだんだんと手が離れてくる時期でもあると思いますし、思い切って転職を考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。

転職に有利なのは20代?

転職は若ければ若いほどいい。

年齢が上がるほど難しくなる。

そう考えていた私は、20代最後の年、「これが最後の転職だ」と決意して焦って転職を決めました。

しかし、実際は決してそんなことはありませんでした。

看護師不足は深刻です。

たとえ定年後であっても看護師免許を持っているならば是非!というようなところもあります。

よほどのことがない限り、看護師は年齢によって転職できない、ということはすくないですので、焦らず、じっくりと考えていきましょう。

転職で注意したほうが良いこと 施設編

施設が違えば、勤務条件や勤務内容などが大きく異なってきます。

それぞれの場合についてお話していきましょう。

大規模病院や大学病院希望の場合

大規模病院や大学病院の場合は、経験年数に応じて各種研修のスケジュールが組まれていたり、チーム活動や委員会活動、看護研究など、臨床以外での仕事、役割がたくさんあることを覚えておいてください。

座学としていろいろな分野のことを学べる機会がある一方で、そういうものが苦手な人にはかなり苦痛かもしれません。

日々の業務が終わってから取り掛からなくてはならず、場合によっては帰宅がかなり遅くなってしまうこともあり得ます。

ただ、そういった学習面のサポートがしっかりされているので、じっくり知識を深めたい人にはうってつけの職場ではないでしょうか。

個人クリニック希望の場合

まず第一に、大規模病院と違って圧倒的にスタッフ数が少ないので、休みがとりにくい、ということがあります。

入院施設があるかないか(夜勤があるかないか)によっても左右されるのですが、特に外来だけのクリニックの場合は休診日以外はほとんど休めない、ということもありますので注意しましょう。

そして大規模病院に比べて外来診療時間も長いことが多いです。

6時7時まで、もしくはそれ以降も診療を行っているところもあります。

その分昼休みが長くはなるのですが、どうしても拘束時間が長くなってしますので注意しましょう。

休みや勤務時間の問題のほかにも、人間関係についても覚悟が必要です。

大規模病院では、日々出勤のメンバーが違っていたり、定期的にスタッフの異動がありますが、クリニックでは基本的に同じスタッフとずっと一緒に働いていかなければなりませんので、合わない人がいた場合は大変かもしれません。

大規模病院ではあくまで医師は他職種、上司は看護師ですが、個人クリニックでは院長が上司になります。

何事も院長の方針が全てになります。

そのクリニックの院長がどんな人物なのかを把握しておくことも大切です。

介護施設希望の場合

介護施設の場合は、仕事内容がだいぶ違ってきます。

内服の管理や受診の付き添いなどがメインの仕事になるかとは思いますが、看護師といえどもかなり介護の仕事をしなくてはなりません。

利用者さんの体調管理を任される立場ですので、状況判断能力も問われます。

病院では相談する先輩看護師がいたり、医師にすぐ報告ができる環境にありますが、施設では自分一人でどうすればよいかを判断しなくてはならないのです。

夜勤があるところもありますし、夜勤がなくても、”夜間待機”という日があり、その日は施設からいつ連絡がくるかわかりません。

スタッフからの報告を聞いて、自分が出勤するべきか、すぐに救急車を呼ぶべきか、朝まで様子をみるべきか、などを判断し、指示します。

おそらく夜間待機手当や、実働時間での給料は発生するはずですが、とても責任のある仕事です。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

訪問看護希望の場合

訪問看護もまた特殊な仕事になります。

自分で運転して利用者のお宅まで行かなくてはならないことがほとんどですので、運転が必須となります。

一人で1日に数名のお宅を訪問するわけですから、もちろん急なお休みは周りへ大変な影響を及ぼすことになります。

また介護施設同様、24時間電話がかかってくる可能性もあります。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どのように働きたいか明確にしてから転職先を決めよう

それぞれマイナス面を中心に挙げてしまいましたが、どの職場にもメリット・デメリットはあります。

自分がどのような勤務形態・勤務内容のところで働きたいのか明確にして転職先を選ぶことにしましょう。

看護師が働く場所は、こちらの記事を参考に!

転職で注意したほうが良いこと 条件編

勤務条件もとても重要ですね。

実際にどのようなことに注意すればよいのでしょう。

「基本給」と「賞与」の両方を確認しよう

毎月の基本給は大事なところですが、賞与についてもきちんと確認しましょう。

そもそも賞与の支給はあるのかないのか、年に何回なのか、何か月分なのか、それによって年収は大きく変わってきます。

特に個人クリニックや施設などの場合はその時の状況によって賞与の支給にかなり差があるところもありますので、注意が必要です。

転職後いつから賞与の支給があるのかも合わせて確認しておきましょう。

休日の書き方は要チェック!

気を付けていただきたいのが、”完全週休2日制”と”週休2日制”では意味が異なる、ということです。

看護師はシフト制のことが多いですので、一般の会社員の方たちとはそもそも勤務体系が違うことが多いのですが、休日の記載には注意しましょう。

ちなみに”完全週休2日制”というのは毎週必ず2日の休日があることで、”完全週休2日制”というのは月に1回以上週に2日の休日がある週がある、ということです。

そのほか、年間休日日数を記載しているところもあります。

これはいろいろ見比べてみると、かなり日数に差が出ていることに気が付くと思います。

個人クリニックの場合、午後休診は半日扱いとなることが多いですので、そのあたりについてもよく確認しておきましょう。

ちなみに一つの目安として、週に2日の休日を年間で52週間と計算した場合、104日ということになります。

病棟や施設などの場合は土日祝日も勤務があるので、平日休みも可能ですが、個人クリニックは病院の休診日がイコール自分の休日になってしまうので、そのほかの休みがなかなかとれない、ということも出てきますので、有給の日数や取得状況も合わせて確認しておきましょう。

看護師の休みについては、こちらの記事を参考に!

産休・育休の取得実績があるか確認しよう

大規模病院では特別問題ないとは思いますが、クリニックや施設など、スタッフ数が少ないところは要注意です。

もちろん産休・育休は当然与えられるべきものなのですが、”取得が可能かどうか”ではなく”取得したときの職場の風当たりはどうか”というのも重要です。

私の知り合いでは、スタッフがいないからという理由で育休を取らず、産休のみで復帰した看護師が二人ほどいます。

また転職後1年未満だったために育休が取得できず、退職しなければならなかった看護師もいます。

少なからず出産の予定がある人は、転職先の産休・育休の取得実績について確認しておきましょう。

転職の成功率を上げるために

できることなら転職で後悔はしたくないですよね。

新しい転職先でがんばろう!と決意していざ転職してみても、「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔してしまう。

そんなことは絶対に避けたい。

そう思って転職をして、私は毎回後悔してきました。

なぜなら、どんなにいろいろ調べて考えて転職したところで、やはり実際に働いてみなければわからないことはたくさんあるからです。

それでも、転職を経験した先輩や、興味のある転職先に勤めている人に話を聞いたり、転職サイトなどで情報を得ることはとても大事です。

先ほど、私は転職で毎回後悔した、と書きましたが、現在働いているところも、初日に「これはマズイ」と思いました。

結論から申しますと、そこでまた転職をしたのではなく、お休みをいただき、その後部署を替えてもらうことで今はそれなりに働いています。

要するにその部署が自分には合わなかったのです。

私はもともとあまり自分の意見を口に出せない性格ですので、具体的な部署の希望を伝えられないまま勤務開始日となってしまいました。

部署を告げられた時に「合わないかもしれない」「やっていけないかもしれない」という不安があったのですが、それを口に出せないままになってしまい、こういう結果になってしまいました。

初めからもう少し自分の意見を伝えていれば・・・と今では思います。

ですので、必ず自分の希望する条件について提示し、疑問に思ったことはどんなに些細なことでも解決をしてから、転職先を決めてください。

転職の成功率を上げるためには、「転職の目的をしっかりと持ち、自分の意思を相手にきっちりと伝える」ことが重要であると思います。

今は情報化社会ですので、すぐにいろいろな情報は手に入る時代です。

あとは自分がどうするか。

楽しくやりがいを持って仕事をしていくために、是非転職活動は成功させたいですね!

【看護師求人を探す時は、こちらの記事も参考にしてみてください】

看護師求人の選び方を8つのポイントで教えます

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

転職 看護師求人

看護師転職についてもっと深堀りした情報を見る

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、何度か転職を考えたり、実際に転職をする事も何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多い為、自分が出来るのか、難しいのではないかと思う人ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探す事は大変な事です。話しだけではなかなか分からない事もあるでしょう。実際に体験する事が1番ですが、ここでは内科の看護師の転職について体験談も含めてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて「手術がありません」傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。その為比較的簡単なのではないかと

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職にはたくさんの病院の情報があります。都道府県の中で都心の病院や地域の病院などで少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治すという所で変わりはありませんが、どんな病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になる所でしょう。もちろん同じ所で働く事が出来れば良いでしょうが、家族の転勤や引っ越し等があると、今まで行った事のない所で働かなくてはならなくなる事もあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時は誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良い?自分がどういう病院

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

ここでは東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境について、おすすめの働きやすく年収が高い病院を紹介します!これらは病院の中の病棟においても様々です。ただ「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく両方取れるところをこの記事で見つけましょう!東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。さらに最近になってこれ〝苦しい〟が加わり4Kと言われるようになりました。このような事情からやはり看護師自体を辞めてしまう人も多く、転職を考える人は東京だけでもかなり多いです。また転職する世代は、業務が増


看護師転職に関するコラム

看護師の転職時期はいつがおすすめ?ベストなタイミングを、就業年数・月などの切り口で解説!

「転職したい……」常にそう感じている看護師の方は多いと思います。実際に私が看護師専門の転職エージェントに勤務していた時も1年を問わず多くの看護師の方がご登録をされていました。しかし、看護師にとってベストな転職時期というのはいつなのでしょうか?一般的な会社では4月と10月が大きな人事異動や人の入れ替わりがあるため転職のタイミングとしてはおすすめと言われています。しかし、看護師も同じなのでしょうか?そこで今回は看護師の転職時期についておすすめ、かつベストなタイミングをご紹介します。就業年数や就業月数などの切り口でも解説していきますのでご自身のご経験と照らし合わせてチェックしてみてくださいね!看護師

看護師として転職した時に、使った転職サイトと良かった3個の理由

今の職場に満足していますか?「子育てに専念したいと思っているけど自分にあった転職先があるのか不安」「もっとスキルアップしたい」などと感じている人も多いと思います。看護師の転職を考えた時に、ポイントをおさえて転職活動することで自分に合った職場を見つけることができます。そこで、転職経験のある筆者が納得のいく転職先を見つける方法をお伝えします。看護師に多い転職理由看護師は日勤、夜勤の交代制勤務に加え、残業が多く大変な仕事です。独身の時は自由に使える時間があり、今の病院でも頑張って仕事ができていたのではないかと思います。しかし、結婚や妊娠、出産などさまざまなライフイベントを重ねていく中で、独身と同じよ

看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師の方が転職をしようと思ったときに方法として最も多いのは、転職サイトに登録し転職エージェントの担当者から紹介してもらった転職先を検討することが多いのではないでしょうか。最近では看護師に特化した専門の転職エージェントの数も増えてきており、どの転職エージェントを選べば良いか迷ってしまうと思います。そこで今回は看護師が転職エージェントを選ぶ時の注意点と看護師が転職を成功させるためにやっておきたいことについて元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点とは?看護師向け転職エージェントの数はどんどん増えており、インターネットで「看護師 転職」と入力す

看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこと。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場のため、数多くの求人を紹介されたり、募集していることもあり、自分にとって良い転職先を選ぶ方法が分からず迷ってしまうかもしれません。看護師が転職先の医療機関を選ぶ時や、入職先を決定する際に注意すべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。また、注意しなければならない危険な看護師求人を見分けるポイントはあるのでしょうか?元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこととは?看護師の求人数は年々増え続けており、看護師専門転職エージェントのサイトで軽く検索をしてみるとその検索結果の多さに驚きます。しかし、その中で自分が転職して良かったと思

看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場のため、転職活動にあまり苦労しないイメージが一般的にはあります。しかし、数々の看護師の方の転職活動のサポートをしていく中で、看護師の転職の悩みには共通のものがいくつかあるということがわかりました。これから転職を考えている看護師の方には、ぜひ事前にこの悩みを見ておいていただき、ご自身の転職の際に参考にして頂きたいと思います。そこで今回は看護師の転職の悩みで多い事とその解決法、さらに看護師の転職に失敗しないよう気を付けるべきポイントについて、元看護師向け転職エージェントの筆者が解説していきます!看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法とは?これまで何人もの看護師の方の転職を