看護師として働く方が全員キャリアアップや専門科目に特化したいなどの希望を持っているわけではありません。

看護師として楽に働きたいと考えている方や、プライベートを優先しながら働きたいと考えている方も多いことでしょう。

そこで今回は、元看護師向け転職エージェントの私が教える看護師にとって狙い目な転職先をいくつかご紹介いたします。

「とにかく楽なところがいい」「ワークライフバランスが叶うところがいい」「プライベートを最優先したい」という方は必見です。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大変そうに見える看護師の仕事。楽に働ける職場ってどんな環境?

看護師の仕事は人の健康の管理や、時には命に関わる仕事のこともあり、一般的にはかなり大変な仕事であるといえます。

そんな中でも、看護師として比較的楽な仕事とはどのようなものなのでしょうか?

職場の環境で見ていきましょう。

急な残業がない職場

看護師の大変さの中でも、ダントツでみなさんが不満を口にするのは「残業」についてです。

急性病院などではどうしても急患が運び込まれるなどやむを得ず残業が発生することがあります。

しかし、急な残業があると友だちとの約束がしづらかったり、そもそも残業が多いことを負担に感じる看護師は多くいます。

さらに、お子さんが小さい看護師の方は保育園のお迎えの時間に間に合わないなどのストレスを抱え込むことにもなります。

たとえば予約制のクリニックや、巡回する場所が決まっている訪問介護ステーションなどであれば、ほとんど残業は発生しません。

そういった環境の職場を選ぶだけでも「残業」問題は解決することができます。

命に関わる処置など精神的に緊張し疲弊しがちな業務をを任されることのない職場

看護師は人の命に関わる仕事のため、どうしても仕事中は常に緊張し気持ちが張り詰めています。

辛い現場に立ち会わなければならないことも多くありますし、命を失った方のご家族と話をしなければならないこともあります。

そういった命に関わる処置が任される現場や、一時も気が抜けないような緊張感のある職場では、精神的に緊張し疲弊しがちです。

また、こういった職場では人間関係もギスギスしたり、八つ当たりやストレス発散のためのいじめなども発生します。

それでも、急性医療をやっていきたい、オペナースとしてスキルを高めたい・極めたいと考えているのであれば耐えられるかもしれませんが、そうではない場合にはただただ疲弊するだけの職場です。

クリニックなどの中でも特に命に関わらないものや、自分自身の責任の大きさがそこまで大きくない環境を選ぶだけでもだいぶ精神的な緊張感を軽減することができます。

人間関係が良い職場

どんなにしんどい職場であったとしても人間関係が良く、協力し合える体制が整っていればそこまで辛いと感じずに頑張っていけます。

しかし、逆にどんなに業務内容が簡単で楽な職場であったとしても、人間関係が悪いと仕事に行くこと自体が苦痛になってしまいます。

そこで、人間関係の状態についても注目してみましょう。

なかなか転職前に確認するのは難しいかもしれませんが、病院などであれば病院内をこっそり見学してみたり、実際に働いている人の意見を聞いてみることで少しでも何かが分かるかもしれません。

看護師として楽に働きたい場合の、狙い目の転職先とは?

それでは、具体的に前述の楽に働ける職場の環境が叶う転職先にはどのような場所があるのでしょうか。

いくつかの職場を見ていきましょう。

あなたの希望する楽さのイメージと照らし合わせながら見ていってくださいね。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、医療措置やリハビリを受けるために比較的元気な高齢者の方が入居する施設です。

そのため、特別養護老人ホームと比べ「看取り」もほとんどなく、また、看護師の数が1~2名で交代でシフトに入るため、複雑な人間関係や看護師同士のイジメもほとんどありません。

高齢者の介護なども業務範囲に含まれる場合もありますが、高齢者と接することに対して抵抗がなければとても働きやすい環境であるといえます。

基本的には介護業務は介護士の方が行い、看護師は医療措置を担当するため、そこまで忙しくないというのもポイントです。

残業も急な対応がなければほとんど発生しません。

訪問介護ステーション

各高齢者のご自宅に、介護士や理学療法士などと共に訪問し、介護や医療措置を行ないます。

基本的には曜日ごとに巡回するご自宅ややるべき措置内容が決まっているため、急な残業や想定外の業務をしなければならないということはほとんどありません。

移動も車で行いますので、体力的にも負担が少ないのもメリットです。

また、毎回決まったチームで巡回するので、互いに仲良くなることができ、協力して業務を行う達成感が得られるのも魅力です。

訪問看護ステーションの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

皮膚科・眼科・美容系クリニック

土日祝休みを希望する方に人気のクリニック系であれば、皮膚科・眼科・美容系がおすすめです。

皮膚科であれば、塗り薬の塗り方の指導などがメインとなりますので、注射などの手技に自信がなかったり、あまり好きではない場合でもやらなくていいのはメリットでしょう。

眼科も同じく、治療を行うということはほとんどなく、目薬の処方や視力検査などがメインとなります。

そして、近年人気のある美容系クリニックは、脱毛やプラセンタ注射などを行う場合で、美容に興味のある看護師にとっては楽しみながら働ける職場です。

患者さんが若い女性が多いというのもストレスが少ない要因のひとつだと話している看護師もいました。

産業看護師

医療機関の雰囲気にうんざりしてきたという方は、半分会社員の「産業看護師」がおすすめです。

土日祝休みで、残業がほとんどなく、会社員のような勤務体系が魅力です。

基本的には企業の「医務室」などで座った状態での勤務ができるのも、立ち仕事の多い看護師には珍しい働き方かもしれません。

主な仕事は社員の健康管理や、健康指導、そして健康に関する相談を受け付けたり、残業時間が一定時間を超えた社員への指導などがあります。

また、けがをしてしまった社員がいる場合には応急措置をすることもあります。

座ったまま仕事ができるという点に加え、多くの看護師から人気なのは、基本は「1人で医務室に待機している」ということです。

人間関係に嫌気がさしてしまった看護師の方や、チームでの仕事ではなく単独行動や一人でいることが好きと言うタイプの方には魅力的な職場であるといえます。

産業看護師を設置するのは大企業が多く、大抵は1名のみの募集となるため、非常に競争率も高く、タイミングによっては募集がないこともありますが、運が良ければ応募してみましょう。

健康診断系施設

健康診断の施設もおすすめです。

1年を通してニーズがあるので、繁忙時期などもなく、時間が決まっているため残業もありません。

健康診断系施設にもよりますが、採決や超音波検査など健康診断を淡々とこなしていくため、決まったことをルーティーンで行うのが好きと言う方には向いています。

また、施設全体でみればチームワークが必要とされるものの、基本的には持ち場には1名体制です。

あまり、大勢の看護師と一緒に集団行動では仕事をしたくないという方にも向いているかもしれません。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師が楽に働ける転職先はどうやって見つければよい?

ここまでみてきたような、看護師が楽に働ける転職先はどうやって見つければよいのでしょうか。

自分で見つけるのには限界がありますし、本当にその職場が看護師が楽に働ける転職先かどうかわからない場合もあります。

まずは自分にとっての「楽」の定義を考える

どんな環境が自分にとって「楽」かどうかを改めて考えてみましょう。

前述のように「看護師にとって楽な職場」はもちろんありますが、たとえば「忙しくない職場」といっても、どのくらいがその人にとって「忙しくない」かは異なります。

逆にあまりにも暇すぎると人はストレスを感じます。

適度に業務があって、だけど時間に追われたり慌ただしかったり、休憩が取れなかったり残業するほどではない職場、というのがどの程度なのかを見極めるためにも、自分の過去の経験から「ベストな状態」「最悪な状態」をイメージしておくと良いでしょう。

さらに、「楽」になった分年収も少しは下がっても良いのか、あるいは年収は今のまま維持したいのかによっても選ぶべき職場は変わってきます。

もちろん、「楽だけど年収が高い」職場は競争率が激しいものですが、いくつか存在することは事実です。

根気強く探すとともに、その医療機関に採用されるためのスキルを身につけておくことができれば理想ですね。

看護師の転職に特化した転職エージェントに相談する

一番早いのは、看護師の転職に特化した転職エージェントに相談することです。

「看護師の転職に特化した」と強調した理由は、やはり多くの医療機関とのつながりやこれまでの転職実績がないと、内情やリアルなことが分からないからです。

また、担当者にも看護師の専門用語が伝わらない場合、大きなストレスとなります。

看護師の転職に特化した転職エージェントはインターネットで検索すると、数多くありますが、やはり大手が求人数も多く、実績もあるのでおすすめです。

その会社が上場しているかどうかで見ても良いかもしれません。

求人数が多ければ多いほど、当然あなたにとって楽な職場が見るかる可能性も高くなります。

また、できる限り自分の希望する条件や、「楽なところが良いんです」ではなく、「具体的にどのような職場が自分にとっては楽であり魅力的なのか」を言語化することが大切です。

優秀な担当者であれば会話から汲み取ってくれる場合もありますが、そうではない担当者の場合もあります。

できるだけ言語化するようにしましょう。

その職場に実際に勤めている知人の紹介で入職する

一番良いのは、その職場に実際に勤めている知人の紹介で入職することです。

実際に勤めている人がいれば、リアルな内情を聞くこともできますし、働きやすいかどうか、本当に楽なのかを聞くことができます。

また、知人の紹介であれば、採用する側も「●●さんの紹介なら安心だ」と採用してくれる可能性が高いため、内定も出やすいのが嬉しいポイントです。

さらに、知人も自信をもって紹介するほどに働きやすい場所、ということで太鼓判をされた楽な職場であると判断できます。

口コミサイトなどを確認する

ここの職場は楽そうだ、自分に合っていそうだ、条件面でぴったりだ、と思っても念のため疑う姿勢は必要です。

前述のようにその職場に勤めている知人がいれば聞くことができますが、いない場合には口コミサイトなどで情報収集をするのも大切です。

しかし、インターネットの情報はすべてが正しいとは限らないので、話半分くらいの印象で構えることは必要です。

あまりにも過激なものや、真偽が疑われるものは鵜呑みにしないようにしましょう。

しかし、どの口コミにもあまり良くないことが書いてある場合や、「風通しの良い職場!」と求人票には書いてあるのに、口コミでやたら人間関係にまつわるものが目立つ場合などは「もしかして……」と全体をみて判断することもできるかもしれません。

もしどうしても確認したい場合には、患者のふりをしてその医療機関を訪れてみることで、そこで働く看護師の動きをチェックすることができます。

実際に自分の目で確かめることでより信憑性の真偽のほどを確かめることもできるでしょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

楽に働ける職場環境についてや、看護師として楽に働きたい場合の、狙い目の転職先、さらに看護師が楽に働ける転職先はどうやって見つけ方まで、今回は、元看護師向け転職エージェントの私が教える看護師にとって狙い目な転職先をいくつかご紹介いたしました。

「楽に働きたい」と口に出して言うとなんだか「不真面目なの?」と怪訝な顔をされそうですが、どのような働き方をしたいかどうかは人によって異なりますし、そのことを誰かにとやかく言われる筋合いはありません。

しかし、ただ「楽」なのではなく、「どのように楽なのか」については明確にしておいた方が、自分にとって「楽に働ける職場環境」が見つけやすくなります。

ぜひご紹介した内容をもとに、どんな職場が自分にとって楽に働ける職場環境なのかを考えてみてくださいね。


関連キーワード

看護師転職