看護師の転職にはたくさんの病院の情報があります。

都道府県の中で都心の病院や地域の病院などで少しですが違いがあります。

病院自体は患者さんを治すという所で変わりはありませんが、どんな病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になる所でしょう。

もちろん同じ所で働く事が出来れば良いでしょうが、家族の転勤や引っ越し等があると、今まで行った事のない所で働かなくてはならなくなる事もあります。

自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時は誰しもが不安になってしまうでしょう。

ここでは熊本県の看護師の転職についてご紹介します。

熊本で転職を成功させるためには何をすれば良い?

自分がどういう病院で働きたいか考えて病院を探す

熊本県ではたくさんの病院の形態があります。

救急病院や大規模病院がたくさんあります。

しかし少し田舎に入ると地域の高齢者を支える地域性が高い病院もあります。

自分がどのような看護師になりたいのかを考えて転職を考える必要があります。

大規模病院はもちろん熊本市内に多くあります。

国立病院やドクターヘリのある病院もあります。

田舎の中規模病院や小規模の病院になると、訪問看護も多くあります。

また近年は高齢者施設も多くなっています。

そこでも看護師の仕事はありますので高齢者施設に転職する事も考えてみても良いでしょう。

中規模病院では地域性を考慮した取り組みもあり、高齢者施設を経営している病院もあります。

高齢者施設では看護師が要介護者の体調を管理しながら、内服の管理を行ったり、病院の受診の介助をする事もあります。

また、クリニックや無床の診療所もあり、たくさんの診療科があります。

自分がどのような看護がしたいのか、また自分のライフスタイルに応じた病院で働く事が出来るように、たくさんの病院を調べ自分の目で見て決める事も大切になってくるでしょう。

通勤の仕方を考える

熊本市内に勤める場合は、バスも電車もたくさんあり、通勤にも困る事は無いでしょう。

しかし少し地方に入ると、電車もバスもやや少なくなります。

その場合は夜勤や早出や遅出の勤務が難しくなります。

ほとんどの地方の看護師は車の通勤を行っています。

自分の勤務する病院の近くに住んでいれば問題はありませんが、自分が勤める病院が車の通勤が出来るのか、1人の場合は寮があるかを確認する事も大切でしょう。

また、高齢者施設の看護師ではオンコール制度の高齢者施設もあります。

その際車がない時にタクシーで病院に行ったり、自分の勤める高齢者施設に向かう事があるでしょう。

その際に自分の勤める高齢者施設からタクシー代が出るのかも確認しておいた方が良いでしょう。

細かい話しになってしまいますが、なかなかオンコールの回数が増えると実費で払う事も馬鹿にならないでしょう。

もちろん会社が負担する場合の方が多いですが、個人経営の老人ホームなどでは、看護師自身に負担する事を要求される所もあります。

熊本で転職するに当たっての必要な心構え

必要物品を準備しておく

都心の病院に勤務するのと違って熊本県にはナース専用の専門店がありません。

聴診器やナースシューズを通販で買う事が一般的です。

その為注文してから自宅に到着するまで時間がかかる商品があります。

自分が勤務する病院に必要な物品を時間に余裕を持って準備する必要があります。

時間が無い時に緊急で準備する為には、隣の福岡県まで行かなければなりません。

自分が勤務する病院が決まったら通販で物品をしっかり準備しておきましょう。

最初の制服は病院から出る事がほとんどですが、最初の2枚程でナース服の支給が無くなる所もあります。

その時は自分でナース服を注文しなければならなくなります。

また勤務する病院の診療科でも必要物品は少し変わってきます。

小児科や産婦人科に勤務する事になれば聴診器も2ウェイタイプのものが良いですし、精神科に勤務するのであればナースシューズの他に運動用の靴が必要になる所もあります。

自分が勤務する病院に応じて必要な物品をしっかり準備しておきましょう。

熊本の方言を少しだけ学んでおきましょう。

熊本の方言は聞きなれた人ならばすぐに理解できますが、違う地方からの転勤で、熊本県で転職するとなると、病院の中で方言で自分の症状を訴える患者さんも多数いらっしゃいます。

その為、熊本県の方言を少し勉強しておきましょう。

例えば物をしまう事を物を直すと表現しますし、怖いという事をエジーやオジーと表現します。

違う地方からの転職で熊本に来ると、なかなか方言が分からず苦労する事もあるでしょう。

その場合は先輩看護師に聞いたりして分からない事を分からないままにしておかないようにしましょう。

自分が分からない事が重要な症状を表現している可能性もあります。

自分が分からない事はしっかりメモし、看護以外でもきちんと聞く事が大切です。

熊本の看護師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

看護師としての資格をしっかり取得する

看護師としての転職では自分の年収を上げる為にしっかりとした資格を取得する事は必須となるでしょう。

准看護師の免許よりももちろん正看護師の資格の方が基本給も高くなります。

正看護師の資格は国家資格となります。

准看護師は地方で受ける事が出来ますが、国家資格となると、福岡県まで出て行かなければなりません。

しかし、国家資格を持っている事は転職の強みになるでしょう。

福利厚生がしっかりしている病院を選ぶ

これは女性に多いですが、結婚や妊娠で一時期病院で働けなくなる事はあります。

その際に福利厚生がしっかりしている病院であれば、今までの基本給をそのままに復帰後に仕事に戻る事が出来ます。

しかし、福利厚生があまり良くない所は一旦退職し、復帰後は新人職員と同じ基本給で一から働糊塗も求められる病院もあります。

中規模の病院や大規模の病院では少ないですが、小さい診療所やクリニックではよくあることです。

その為昇給や賞与にも関係してくる問題ですので、しっかり福利厚生を見て病院を決めましょう。

出来るだけ長く同じ病院に勤務しましょう

同じ病院に勤務するという事は「昇給や賞与」が違ってきます。

もちろん同じ病院に勤めておけば昇給や賞与が上がりますが、ここでも最初の病院選びが肝心となってきます。

中規模の病院や大規模の病院ではしっかりの昇給や賞与の額が上がりますが、クリニックや診療所などは昇給も無ければ、賞与も求人の記載と違う所もあります。

求人に記載されている事と違うという事は入社してからしか分からない事もありますので、面接時にしっかり聞いておくことが大切になってくるでしょう。

もちろん小さい診療所やクリニックが悪い事ばかりではありません。

小さい子供がいる家庭では、時間に余裕のあるクリニックや残業の少ない診療所が勤務しやすいという利点もあります。

おすすめな求人の3個の特徴

熊本県のおススメの求人はたくさんありますが、もちろん自分に合うがどうかが一番気になる所でしょう。

ここではどのような病院があるのか、どのような看護師が求められているのかをご紹介します。

しっかり稼ぎたい看護師=大規模病院や国立病院

自分でしっかり稼ぐ事を目標にしている看護師ならば、大規模の病院や国立病院が良いでしょう。

熊本県にもたくさんの大規模病院があります。

救急指定の病院やドクターヘリを持っている病院もあります。

自分がどのような看護師になりたいのかをしっかり考えて勤めましょう。

大規模病院ではもちろん残業も多いです。

しかし、残業の代金を支払う病院も多いです。

自分の能力をしっかり活かせて稼ぐ事が出来るのは大規模病院が1番良いでしょう。

稼ぎながら自分の時間が欲しい看護師=中規模病院や高齢者施設の看護師

中規模病院や高齢者施設では常勤でしっかり稼ぎながら自分の時間も比較的持つことが出来ます。

しかし中規模病院では難しい手術等を行わない病院もあります。

自分の看護師の能力は大規模病院と比較してスキルアップは緩やかですが、自分の時間がしっかり持てるという事は利点と言えるでしょう。

高齢者施設でも看護師の良い所は、夜勤が無い所があるという事です。

昼だけの常勤では病院の夜勤程たくさん稼ぐ事はできませんが、夜に自分に時間を持つことが出来ます。

短時間の看護師=クリニックや小規模病院

小さい子供がある看護師もたくさんいらっしゃることでしょう。

しかし小さい子供を抱えて大規模病院で勤める事は難しいでしょう。

もちろん家族も協力も必要となるでしょうが、家庭がある看護師は緊急の休みが取りやすいように、クリニックや小規模病院の方が良いでしょう。

熊本で看護師の転職で上手に転職するための2個の注意点

自分が勤務出来そうな範囲で就職を決める

自分が車を持っているならば勤務の範囲は広くなってきますが、車が無い看護師はバスで行ける所やバスの時間も考えながら勤務地を決める事が大切です。

自分が行きにくい病院ではなかなか長く勤務する事は難しいでしょう。

自分の出来る範囲をしっかり見定めて病院を決めましょう。

無理をして勤務する事のないようにしましょう。

自分がどんな看護師になりたいのかを決めておきましょう

自分が大規模病院に勤務し、看護師のスキルアップを望むのか、地方の高齢者を対象に1人1人としっかり時間をかけて向き合う看護師になりたいのかは、自分で決めて病院を選びましょう。

自分が目指すものと、自分が勤務する病院が違ってしまっては、看護師として望む事と違ってしまい、看護師としての勤務が辛くなってしまう事があります。

自宅と近いから・ここしかないからと妥協する部分と妥協出来ない部分をしっかり決めておきましょう。

転職前に自分の強みやスキル、弱みなどを振り返ってみましょう

転職をするという事は、自分が今いる診療科から「転科する」と言う事も考えなくてはならない事もあるでしょう。

もちろん転科しなくても良い看護師もいらっしゃるでしょう。

内科の看護師は比較的どこにでもありますし、数も他の診療科と比べても多いです。

しかし整形外科から脳外科に転科したり、内科から泌尿器科に転科したりと病院の立地条件や、自分の引っ越しの場所でも変わってくる事もあるでしょう。

そのような場合に自分がどんな診療科なら良いのかも考える必要があります。

自分がどの分野の看護が強くてどの分野の看護は不得意なのかを理解する事で、働きやすい病院を探す基本となります。

例えば私の先輩看護師は皮膚が弱い為どんなにお給料がよく、自宅から近くても皮膚科にだけは就職が出来ないと話していました。

私も精神科と産婦人科には、自分の知識量が足りない事を自覚している為、これから先も行く事は無いでしょう。

自分が不得意な分野に行く事は頑張れば自分の看護師としてのスキルアップにはありますが、辛い事も多くなってしまうでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

熊本県でも看護師の転職の注意点や病院についてご紹介してきましたが、熊本県ではたくさんの病院があります。

たくさんの病院があるという事は、看護師の求人もたくさんあるという事です。

しかし、やはり熊本県だけではなく別の地方からの転職者も多くいらっしゃいます。

方言の問題や高齢者との会話が難しい事もたくさんあります。

私が勤務する老人ホームでは宮崎県から単身赴任についてきた看護師が高齢者が言う事が理解できずに、症状が分からない事がたくさんあると相談をよく受けます。

地方の看護師は車の問題や自分が就職に必要な物品が都内の病院と比べ入手しづらいという欠点がありますが、地方には地方の良い所もたくさんあります。

例えば、高齢者施設では、自分の知り合いの看護師さんに介助をお願い出来たりする事で、確かな信頼関係が生まれ、要介護者にとっても頼みやすくなりますし、看護師から見ても、自分の働きで誰かの役に立つ事が出来るやりがいを実感する事が出来るでしょう。

もちろん都内の看護師の転職でもたくさんの良い所はありますが、熊本県での転職は地域性が高い事も良い所でしょう。

たくさんの病院で連携して看護を行っている為、看護師として自分が何を行いたいのか、自分はどんな看護師になりたいのかをよく考えて自分の為によりよい看護師の転職が行えるようにしましょう。

熊本で転職する時は、こちらの記事も参考に!

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~


関連キーワード

看護師転職

看護師転職についてもっと深堀りした情報を見る

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、何度か転職を考えたり、実際に転職をする事も何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多い為、自分が出来るのか、難しいのではないかと思う人ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探す事は大変な事です。話しだけではなかなか分からない事もあるでしょう。実際に体験する事が1番ですが、ここでは内科の看護師の転職について体験談も含めてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて「手術がありません」傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。その為比較的簡単なのではないかと

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

ここでは東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境について、おすすめの働きやすく年収が高い病院を紹介します!これらは病院の中の病棟においても様々です。ただ「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく両方取れるところをこの記事で見つけましょう!東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。さらに最近になってこれ〝苦しい〟が加わり4Kと言われるようになりました。このような事情からやはり看護師自体を辞めてしまう人も多く、転職を考える人は東京だけでもかなり多いです。また転職する世代は、業務が増