今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!

好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。

看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。

皮膚科看護師のおおまかな仕事内容

皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。

手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。

そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。

皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です。

業務の内容

外来での処置や診察内容を中心に説明を行っていきたいと思います。

皮膚科看護師の業務は、問診や医師の診療介助、処置(軟膏処置・創傷処置・レーザーなどの機械介助)、点滴・採血があります。

内科などに比べると点滴や採血などは比較的少なく、軟膏処置や創傷処置が主となってきます。

しかし、外科や整形外科ほど清潔操作に対して厳しくもありません。

緊急を要する手術や処置も少ないことから働きやすい診療科であるとも言えます。

救急外来や急性期などの看護技術を学びたい看護師にとっては物足りないと感じる場合もあります。

皮膚疾患やスキンケア、小児から高齢者との関りに興味を持っている看護師の方にとってはおすすめの診療科でもあります。

美容皮膚科での業務

最近では美容皮膚科など形成と美容面での治療を行える病院も増えています。

美容に関心や悩みがある患者さんが受診されます。

美容皮膚科は二重形成術やシミ・しわ、脂肪吸引など美容に関する形成術の他、にきび痕などの治療、脱毛など幅広い治療を行っています。

病院での看護というよりもエステに近い関わりを必要とされる診療科ですが、美容に興味のある看護師は美容皮膚科で働くことも可能です。

形成外科や手術室での経験がある看護師は優遇されやすいです。

美容皮膚科以外に皮膚科専門病院でも最近ではスキンケアやシミ・しわの治療を取り入れている病院も増えています。

このように皮膚科でも幅広く仕事を行うことができます。

皮膚科看護師はどういう役割を求められる?

皮膚科では全身の皮膚を専門に診療を行っています。

どのような患者さんが受診されるか簡単にご紹介します。

  • 虫刺され
  • 蕁麻疹などのアレルギー疾患
  • 火傷・怪我などの皮膚への損傷
  • 乾癬、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患
  • イボ、ヘルペスなどのウイルス性疾患
  • 麻疹・風疹・リンゴ病・水痘などの感染症
  • 帯状疱疹
  • 皮膚の悪性腫瘍
  • 脱毛、白斑
  • シミ・ほくろなどの美容目的

上記のような症状で患者さんは受診されます。

小児(乳児~幼児)から高齢者の患者さんが受診されることから幅広い年代へのコミュニケーション能力を必要とされます。

また小児疾患から皮膚科疾患と皮膚疾患ではさまざまな症状を学ぶことができます。

皮膚疾患も含め、アレルギー疾患にも対応しているため小児への採血なども行いますので採血などの看護技術も必要とされる場合もあります。

また、皮膚科の疾患は緊急性や命に関わる患者さんと関わることは少ないです。

しかし、脱毛や白斑など皮膚に悩みやコンプレックスを抱えて受診される患者さんも少なくありません。

患者さんは神経質になっていたり、医療従事者が感じている以上に悩み・気にされている場合も多いです。

そのような患者さんに対して精神的な関りも時には必要となってくることもあります。

皮膚科看護師の求人でよくある募集内容とは?

求人内容や募集内容など給与、休暇、残業福利厚生などについて分け、詳しく説明していきます。

給与相場

給与の相場は他の診療科と比較して対して差はないようです。

良くも悪くも平均的と言えます。

地方や都心でも給与には差はありますが、都心の方が月収や年収は高くなっている傾向にあります。

外来での月収の給与は20万~30万円前後です。

総合病院など病棟勤務の場合は28万~35万円前後です。

これに役職などのがプラスされるともう少し給与は上がります。

総合病院の病棟では夜勤や時間外手当などがあり外来に比べると月収10万円前後差が出るようです。

美容皮膚科での月収は30万~40万円となります。

月収の給与は高額ではありますが、時間外などの勤務時間が多いことや休日が繁忙期であるため休暇が取りにくい、ノルマの有無、ボーナスが低いなどのデメリットもあるようです。

勤務時間や休日、残業

皮膚科外来での休日は他の診療科と変わりはありません。

外来の場合は多くの場合は週休2日制プラス祝日休みとなります。

平日に1日休みが設けられている場合(水曜日や木曜日が比較的休みの場合が多い)や、午後半休(木曜日午後と土曜日午後が休みとなり)の場合が多いです。

残業は病院の繁忙状況によります。

患者さんがとても多く、人気の病院は残業時間も多くなります。

逆に患者さんも平均的または少ない病院では残業も少ないと思います。

皮膚科での処置は難しい場合は少ないため、診察時間もあまり時間はかかりません。

診療内容からも残業時間は他の診療科に比べて少ないとも言えます。

美容皮膚科ではほとんどが予約制なので残業は少ないかもしれませんが、勤務時間は長い場合が多いです。

勤務する病院の繁忙状態により残業は変わってくることが多いです。

採用条件にかならず残業時間や休暇について記載がありますのでその部分を参考にすると良いと思います。

記載がない場合は直接確認しておくことをおすすめします。

福利厚生

福利厚生や手当などは総合病院などではしっかりとしている印象があります。

通勤費や家賃の負担、手当などをきちんと行っている病院が多い印象です。

個人病院やクリニックでは病院により差があります。

経営的に余裕のある病院では福利厚生が良い条件の場合もあります。

しかし、クリニックや個人病院では交通費の上限や、家賃負担の有無、産休・育休の有無、看護師免許等への手当の有無などに差があります。

勤務場所

皮膚科の看護師の勤務場所は病棟やクリニックが主です。

病棟

病棟では皮膚科と他の診療科の混合病棟となる場合が多いです。

皮膚疾患の看護だけでなく、他の疾患も含め看護ケアや疾患について学ぶ必要があります。

外来・クリニック

外来やクリニックは皮膚科専門であることが多いので皮膚科の疾患についてしっかり学ぶことが可能です。

病院によってはアレルギー科や泌尿器科、内科、耳鼻科などと混合の場合もあります。

皮膚科ではアレルギー疾患は皮膚との関連が高いので皮膚科・アレルギー科と記載してない場合も診療する場合がほとんどです。

美容皮膚科

美容皮膚科でも看護師として働くことができます。

仕事内容は看護ケアというよりもエステなどに近いサービスという内容も含まれてきます。

美容外科では自費で行う治療も多いことから患者さんというよりもお客様という対応・接し方を行うこととなります。

形成術などの手術介助の他、レーザー治療、脱毛、その他処置などがあり、今までの看護師として働くイメージとは違ってきます。

美容面に興味がある場合やサロンやエステで興味があったり、働いてみたいという方は看護師としても働くことができます。

エステで働くよりも給料も高い場合も多いので興味のある人にはおすすめです。

その他

皮膚科の看護師の直接的な業務ではないかもしれませんが、在宅でも皮膚疾患を共にケアしていく仕事もあります。

訪問看護師として勤務する場合は、総合的な看護ケアを必要とされますので、フットケアや皮膚疾患についてもケアを行うことができます。

また、看護師の仕事ではありませんが、皮膚科での経験を活かしフットケアなどのセラピストやサロンなどでも働くこともあります。

求められる人物像

皮膚科看護師に求められる人物像について分かりやすくお伝えしていこうと思います。

コミュニケーション能力の高い人、患者さんとの関りが好きな人

皮膚科では小児から高齢の患者さんへ関わります。

それぞれの年代に対してコミュニケーションの取り方は違ってきます。

処置を嫌がる小さな子どもさんへの説明や言葉かけ、子どもさんだけでなく両親や家族の方とも関わります。

人と関わることが好きな人や幅広い年代の方と関わることを得意な方は有意だと思います。

皮膚科ではネットなどでの知識から間違った知識を持って受診される患者さんも多く、治療に対して不安に感じている人も少なくありません。

正しい知識を分かりやすく丁寧に伝えることができる人柄を必要としています。

手先が器用な人

皮膚科の看護師は処置が多いです。

爪切りや胼胝(足の裏のタコ)や魚の目、イボなどの処置を日常的に行います。

手先が器用で、多くの処置を容量よくこなせる人を求められます。

処置を行っている時間や痛みのある処置でも患者さんが苦痛なく過ごせるように関われる看護師は皮膚科でも活躍できます。

病院の理念に沿った人柄

病院やクリニックにも理念はあります。

ホームページを見ると載っているので参考にしてみてください。

病院の理念にそえる人物像やそれに近い人物像を求める傾向にあります。

病院の患者さんへの対応はその理念に沿っている場合があるので働く中でも求められる内容です。

病院やクリニックのスタッフと仲良く出来る人

退職の理由に人間関係が上手くいかず退職する場合は多いです。

病院やクリニック側も長期的に働いてくれる人材を探しています。

面接時の人柄から現在在職しているスタッフと上手く仕事が行えるかという部分も見ています。

明るく、協調性がある人柄は有意だと思います。

皮膚科では緊急性を求める患者さんが受診されることは少ないです。

そのため、看護師さんの人柄も優しく、明るい方が多いです。

必要なスキルや資格、経験

皮膚科での特別必要なスキルはありません。

ある程度一定の看護技術やスキルを身にけていれば誰でも働くことができる診療科です。

初めて経験する処置内容だとしても難しいことはないので、経験することですぐに出来るようになります。

高度な医療技術や経験をしたい看護師さんにとっては物足りないと感じると思います。

さまざまな診療科がある中では皮膚科は働きやすい診療科のひとつであると思います。

皮膚科看護師のおすすめ求人のポイント

おすすめの求人のポイントをデメリットも含めながらお伝えしていきます。

条件が良すぎる求人は避ける

病院の求人内容は給与、休暇、福利厚生など病院によってさまざまです。

平均的な条件の場合は問題のない病院であることは多いのですが、他のクリニックと比べ給与が良すぎる、休暇が多すぎるなどの条件が良すぎる場合は注意が必要です。

残業が多すぎていたり、サービス残業ばかりで給与に反映されない、働いているスタッフに問題がありスタッフが継続しないなどの問題がある病院も少なくありません。

クリニックでも患者さんが多く、人気の病院は残業も多く、給与も良い場合もあります。

病院の口コミや評判も参考にすると判断しやすいと思います。

自分のライフスタイルに合っている求人

自分が何を求めてその病院・クリニックに就職するかを大切にしましょう。

自分が希望する条件と合わない場所で働くと苦痛に感じ、すぐに退職してしまいやすいです。

給与や休暇や看護師としての技術や求める条件など自分のライフスタイルや目的に合っている病院を選択しましょう。

福利厚生がしっかりしている病院

手当てや交通費、産休・育児休暇、ボーナスの支給の時期などきちんとしている病院を選びましょう。

福利厚生は働いていく内では大切な部分です。

きちんとしている病院は働きやすい環境が整っている病院やクリニックが多いです。

また、私の経験から福利厚生が整っている病院は経営的にも安定している病院が多いと感じています。

皮膚科看護師の雇用形態による違い

皮膚科の看護師の雇用形態による違いはほとんどありません。

他の診療科とほとんど変わりはないと思います。

正看護師と准看護師の仕事内容も同様で、日々の業務を協力して行っていきます。

パートの看護師の方も仕事や業務内容には変化はありません。

ただし、正社員の場合は薬剤の在庫管理や他の雑務などの管理を行うことが多いです。

パートタイムの方は決められた時間内での勤務や条件があり働いている場合があります。

そのため、残業や休暇の取り方などは正社員とパートの方には違いがあります。

皮膚科看護師の求人についてよくある疑問

実際に面接や入職する前に疑問や不安に思っていたことや、実際に面接で聞かれた内容について紹介していきます。

看護師人材会社での就職は有利?

看護師の人材会社で登録して就職活動を行う人も多いと思います。

決して悪いことはないのですが、私が実際に経験したデメリットを少しご紹介しておきます。

人材会社の中には良い紹介場所を提供してくれる場合もありますが、ブラックな病院を紹介する会社もあるので注意が必要です。

病院の情報をあまり提示してくれず、すすめて実際入職したときにはブラックな病院だったという場合もあります。

好条件ばかりを伝えてきたり、こちらが条件に合わず断ろうとすると半ば強引に引き留めようとする場合は注意が必要です。

人材会社の方も条件に合う病院を探してくださっているのですが、自分の条件と違うと感じた場合はきちんと意見を伝えましょう。

自分の意見を伝えることで希望の病院やクリニックへ就職できる可能性も高いです。

皮膚科ではどんな技術が必要なの?

皮膚科での経験がないとどのような看護技術が必要なのか分からず、不安ですよね。

皮膚科ではある程度の看護技術を経験していれば働くことができます。

採血や点滴や基本的な患者対応などがあれば働くことができます。

その他は入職し、経験を積むことで技術は身につけることができます!

大切なのはその病院で働きたいという気持ちややる気です。

働いているいる人の人柄はどんな人?

医師やスタッフの人柄は実際に受診してみるか、見学、面接にいかないと分かりません。

面接の際に医師や看護師、医療事務の方と話す機会があるのでその時に雰囲気などをしっかり見ておくと良いです。

面接で関わることで少し人柄や雰囲気の情報も得ることができます。

面接時には情報収集の場だとも思って行くと良いです。

面接で聞かれやすいこと

ここでは実際に面接時に聞かれたことについてお話をしていきます。

なかなかユニークで内容もありましたので紹介したいと思います。

自己紹介・自己PR

自分の自己紹介や自己PRの時間を設けられます。

自分のことを自由に表現することができるチャンスです。

しかし、質問に答えることよりも自分のことを自由に話すのはなかなか緊張します。

何を伝えたいのかアピールしたいのかを事前にまとめておき、自分なりの言葉で伝えると好感度も高いと思います。

面接時には言葉だけでなく、表情や話し方で人間性についても見られていると思います。

明るく、親しみやすい雰囲気で答えると好感度を抱きやすいです。

前の職場を辞めた理由

退職理由は必ず聞かれる部分でもあります。

嘘をつかずに素直に伝えることが大切です。

しかし、正直に伝えすぎるのは良くないので少し言葉を選んで伝えるようにしましょう。

辞めた理由の中にプラスな意見も加えると悪い印象はないと思います。

スキルアップをしたいや実際に経験をすることで知識を深めたいなどやる気に繋がる理由も付け加えるとプラスに受け取りやすいです。

休日の過ごし方やストレス発散方法

休日の過ごし方やストレス発散方法、趣味なども聞かれることがあります。

その人柄を知りたい場合や休日の過ごし方で仕事とプライベートのオンオフを行える人柄かどうかを判断されることもあるようです。

人柄を知ることで一緒に働きやすい人材かどうかを判断される情報のひとつとされているのだと思います。

希望の給与

「希望の給与はどれくらいですか?」と聞かれたことがあります。

この質問にはどう答えれば良いか少し困った経験があります。

希望の金額を伝えることでそれに沿った金額を提示してくれるというわけではありません。

希望金額と大きく差があれば雇用者側も相手の条件と差がうまれると感じるかもしれません。

しかし、この質問だけで判断はされないと思うのであくまで希望という形で答えられたら良いと思います。

まとめ

今回は皮膚科の看護師の求人や就職について視点をおいてお話しをすすめてみました。

皮膚科で求められるものは高い技術やスキルではなく、明るくて優しい人柄であると感じます。

皮膚科の仕事に興味があり、やる気があれば誰でも働くことができる診療科でもあります。

それぞれの病院やクリニックでの雰囲気や業務の流れなどは差があると思います。

実際に面接や見学に行った際に、好感を持てる場所であれば積極的に動いてみてはどうでしょうか。

皮膚科の看護師や仕事内容について参考になれば嬉しいです。

自分の希望する条件と場所で働くことができるよう応援しています。


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現

看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回の記事は、看護師の年収や相場、給料をアップするには転職術についての記事をご紹介していきます。看護師は比較的給与の高い職種ですが、できることなら今までよりも給料アップできたらいいなと思うのが本音ですよね。転職する際に、確認しない人はいないくらい大切な条件である給料。具体的な看護師の給料の相場感などご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入職した場合病院や地方によって異なりますが、都心部のケースで紹介すると、手当込で年収350~400万円という所が妥当のようです。大学病院や総合病院などの急性期病院が一番年収が高い傾向があります。もらえる所にな