診療科の中で最も多い内科。

内科は私たちの生活の身近な診療科ですよね。

看護師として働いていく中でも内科疾患の知識は必要不可欠で、他の診療科で働いていても関わりが多いですよね。

今回はそんな内科に転職を考えている人、内科で上手く働くコツなどについてお話していきたいと思います。

看護師の内科で転職する人は多い?

多くの診療数の中で内科医師の数が最も多く、次いで外科の医師が多いです。

また全国的の病院、クリニックなども内科の病院が最も多いとされています。

総合病院への転職となれば配属先は自分で選べないことが多いので自動的に内科へ移動や配属が決まったということもあるでしょう。

個人病院の場合は、診療科が提示されているので自分が選び志望することができます。

内科は私たちの生活の中で身近な存在な診療科でありますが、実は看護師の転職率は低いようです。

必ずしも内科へ転職する看護師が少ないという訳ではないのですが、外科向きの看護師さんに対しては内科での仕事は物足りなさを感じやすいようです。

しかし、逆を考えれば外科的な看護が苦手な看護師さんは内科向きという考え方もあるのです。

よくある転職理由とは?

看護師としてあげられるさまざまな転職理由について詳しく説明していきたいと思います。

色々な視点からの転職理由について説明してみます。

内科での基礎知識をつけたいという思いからの転職

整形外科や脳外科などで働き、内科経験をしたことがない看護師さんは内科で経験を積み知識を深めたいと考え転職を決意するようです。

混合病棟などがあれば内科についての知識を深めることができますが、専門の病院ではなかなか内科の患者さんに触れる機会がありません。

看護師として働く中で知識を深めたい、基礎的な部分を学びたいという思いから内科への看護を希望することが多いようです。

外科や救急外来に不向きと感じる場合

看護師といっても総合的になんでもこなせる人もいれば、そうではないこともあります。

看護師として実際に働いて感じることも多いのですが、自分はこの診療科には不向きだと感じることがあります。

これは実際に働いてみないと実感できない体験だと思います。

外科や急性期での看護業務は患者の症状の展開が早く、日々の業務は目まぐるしく変わります。

救急外来では看護師としての判断が求められたり、テキパキとした動きを求められます。

看護師みんながこのように働けるわけではありません。

それに比べ内科での看護は日々大きな変化はなく、バイタルサインや点滴・採血、看護ケアを行う業務が多いです。

看護師としてやりがいや業務ペースなどそれぞれに合った働き方があります。

外科や急性期などで自分には合っていないのかもと不安に感じた時には内科などの比較的落ち着いた科に転職を希望する看護師さんも多いようです。

スキルアップを求めて

小規模病院での内科で働いていて、仕事内容に満足ができなくなり大規模病院への転職を考えることもあります。

小規模病院での治療は限界があるため、病気の経過や症状によっては大学病院などの高度な医療を行える病院へ転院することもあります。

そのような病院で働いている内に自分の知識を深めたいという思いやスキルを磨きたいと考え、高度な医療現場への転職を決意する場合も少なくないようです。

総合病院から個人病院の内科への転職

総合病院での内科病棟を経験し、患者さんひとりひとりへ細かい看護を行っていきたいと感じるようになった看護師さんは地域密着型の病院へ転職希望することもあるようです。

地域密着型とは個人病院や外来クリニック、往診、訪問看護など地域に密着型の病院施設のことをいいます。

総合病院での内科を経験し、患者さんひとりひとりに丁寧に関わった看護を行いたいと感じた看護師さんはこのように転職を検討することもあるようです。

病棟での内科の経験もあるので、個人病院や外来などでも内科の経験を活かすことができるのでやりがいも感じやすいようです。

家庭環境の変化により転職を検討

病棟業務では夜勤勤務があるので結婚や出産などの家庭環境の変化により転職を検討することもあります。

自分が働きやすい環境で身近な診療科でもある内科を選択し働くことも多いようです。

個人病院では融通がききやすいことや内科クリニックでは日勤のみの業務も可能なので環境の変化でも転職を検討する場合もあります。

看護師の内科で狙い目な病院の4個の特徴とは?

転職をするにあたりその病院や会社の情報収集は必要ですよね。

私が転職や就職活動を経験したことを踏まえて狙い目な病院についてご紹介していきたいと思います。

普段求人掲載が出ていない病院

転職を検討している人は普段から看護師求人サイトやハローワークなどをチェックしておくことをおすすめします。

なぜかというと、普段から常に求人掲載している病院は人数が不足しているということです。

つまり、退職者が多かったり、スタッフが定着しない病院ということです。

働く環境が良い病院はスタッフが定着しやすいですが、何かしらの問題がありすぐに辞めてしまうので常に募集が掲載していることが多いです。

給料が平均より少し上の病院

転職をするにあたり給料は大切ですよね。

内科の給与は診療科全体でみても平均的です。

給料やボーナスが他の病院と比べて異常に高いときは注意が必要です。

病院の人間関係や働く環境に何かしら問題があった場合、スタッフが定着しないので給与やボーナスを高額にして求人募集が来やすいようにしています。

このような病院は私も経験上、何かしら問題があることが多いです。

平均より給与が良い病院は患者さんも他の病因に比べて多く、忙しい病院であることが多いです。

残業時間なども参考にするとその病院の業務の多忙なども分かりますよ。

口コミが良い病院

最近では病院の口コミ掲載が閲覧できます。

医師や看護師の対応や病院の雰囲気も口コミを見ることで参考になります。

私も転職先の病院の口コミには目を通すようにしています。

事前にチェックすることができるので良い情報収集になります。

休憩時間や研修などきちんと情報を提示してくれる病院

病院によっては業務時間外で研修や勉強会を行う病院があります。

研修や勉強会の頻度もさまざまです。

私が以前働いていた病院では、時間外の研修や勉強会がほとんどで休日の時間もほとんど消えてしまう病院がありました。

週休二日制と記載があるも週休二日もない場合があります。

残業代もほとんどつかずサービス残業です。

このように事前に詳しい説明もなく時間外が多い病院もあるので、面接時などに研修などの頻度についても確認しておくと入社してからの不安もないと思います。

総合病院では時間外であっても比較的時間を決めて研修などを行う場合が多いです。

個人病院などの就職の際には確認しておくと安心だと思います。

看護師の内科の転職で注意したほうが良い2つのこと

内科は基本的なことだからと油断しないこと

診療科の中で内科は基本的な分野なので簡単なのではと思いがちです。

バイタルサインや点滴・採血がメインの仕事と簡単に考えてはいけません。

内科の患者さんは外科と比べて目でみてはっきりとした症状があるわけではありません。

細かい症状の中でもその症状を見落とさないように注意がひつようです。

そして、多くの病気に対しての知識が必要となってくるので総合的な視野で状態を観察していく必要があります。

内科的な症状だけでなく精神的なケアも必要

内科の患者さんは内科疾患の部分だけをみるのではなく精神的なケアも求められます。

看護業務のみを行えばいいというわけではありません。

日々の生活の中で病気と向き合い治療していかなければならない患者さんもいます。

時には不安に感じたり、病気を理解できない、受け入れられないなどの精神的に関わることも内科看護師には求められます。

内科の看護師にはこのような業務も含まれてくるということを理解しておくことも大切です。

看護師の内科で転職を成功させるためには何をすれば良い?

まずは内科疾患の知識を深める!

転職先が決まったらある程度の疾患の知識を自己学習し学んでおきましょう。

病気の症状や病態が分からないと患者さんと関わる時や医師の診察・処置の介助の際も何もわからず業務が進んでしまいます。

業務に早く慣れるためにも、自分が就職する診療科の基本的な知識を学んでおくことが必要です。

看護技術や業務の流れは事前に学ぶことはできませんが、病気について勉強することは就職前に唯一出来る部分でもあります!

中途採用の場合、新卒の看護師さんより経験があるため、ある程度の看護や知識があると思われがちです。

準備できることをしておくと自分の心にも余裕がうまれ安心して働くことができます。

なるべく早く環境になれる

就職先で成功するためにはより早く環境に慣れることが大切です。

今まで看護師として働いてきても環境が変われば今まで出来ていた実力の半分程度しか発揮できません。

自分が持っている看護能力を発揮するためには環境にいち早く慣れることが大切です。

就職して3か月はなかなか覚えることも多く、慣れない環境で大変な日々を送るかもしれません。

慣れるまでは失敗もたくさんすると思いますが、失敗は自分が成長できるきっかけでもあるので頑張りましょう。

人間関係を良好に

環境に慣れることも大切ですが、看護師としての仕事はひとりではできません。

チームが協力して仕事を行います。

そのためにも人間関係はとても大切です。

いくら看護師としてのスキルを高めることができる環境、給料や手当が良い病院でも人間関係が良好でなければ続きません。

環境に慣れるという部分でもその病院のスタッフの人との打ち解けられるように努力すると働きやすいと思います。

ちなみに好感をもたれる姿勢をいくつかご紹介してみます。

あいさつをきちんとできる人

社会ではあいさつは基本中の基本です。

「おはようございます。」「お疲れ様でした。」「ありがとうございます。」などきちんと丁寧に行えるだけでもとても印象は良いと思います。

いくら良いところがたくさんあっても挨拶やお礼・謝罪ができない人は評価されません。

業務を積極的に行える人

仕事を積極的に、自発的に行える人は好感を持たれやすいです。

人に言われないとできない人と自ら積極的に動ける人は印象は違いますよね。

積極的に一生懸命頑張っていると応援したくなったり、一緒に頑張ろうと思って貰いやすいです。

環境に慣れるためには積極的に業務を取り掛かるようにしていきましょう。

転職するにあたっての必要な心構え

内科疾患の幅広い知識の学習

内科疾患は消火器系・循環器系・腎臓系など幅広い分野で知識が必要となってきます。

あらゆる症状より疾患を予測し対応する必要があります。

また、内科疾患は小さな症状や変化なども見落とさないように観察が必要となってきます。

内科へ就職する際には基本的な疾患の病態・症状については勉強しておくことが大切です。

内科でも循環器内科など専門性のある病院だと勉強しやすいですよね。

転職先を決める前の場合は自分がどの分野の内科に就職したいのかが決まっていると病院を定めやすいです。

検査や処置などの介助も業務内

総合病院では検査技師さんがいるので検査をする必要はありません。

しかし、個人病院やクリニックの場合は看護師も検査介助を行うこともあります。

看護師なのでレントゲン撮影は必要ないと思わず、自分が検査を行うこともあると心得ておくと必要以上に不安に思うことはないと思います。

レントゲンの場合、内科では胸部レントゲンか腹部レントゲン撮影が基本的になります。

初めは覚えることも多いと思いますが、難しい操作ではないので何度か経験すれば誰でも身につけられると思います。

その他、エコー検査介助や心電図測定なども看護師の業務内となります。

整形外科や外科に比べると処置の回数は少ないものの内科でも処置を行うこともあります。

内科で働くことで基本的な看護技術やケアを経験できるようになると思います。

看護技術以外での精神的ケアの必要性

バイタルサインや採血・点滴などの看護業務以外にも患者さんの精神的ケアも内科では求められます。

病気に対する不安などの軽減、病気に対する知識や意識への関わりなども看護師の仕事に含まれてきます。

内科疾患は自覚症状が少なく、病気に関心のない患者さんも少なくありません。

そんな患者さんへの指導も看護師の仕事のひとつです。

看護師の内科での転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

大学病院など総合病院は給料が高い

大学病院などは比較的給与が高いため年収も他の中小病院に比べると高い傾向にあります。

ただ高度な医療行為など業務内容は高い技術を求められる環境である場合もあります。

手当や夜勤手当が充実している病院を選ぶ

看護師の給与は夜勤手当が主になってきます。

夜勤がある病院と日勤のみの病院の給与を比較すると10万以上も違ってきます。

それほど夜勤手当で金額に差がでてくるのです。

看護師専門資格を習得する

最近、認定看護師・専門看護師の資格が話題ですよね。

病院内でも資格習得している看護師に対しては評価している病院も多くみられます。

資格を取り病院で活躍することで管理職などへの昇進も期待できます。

訪問看護

最近では在宅での看護ケアも注目されています。

内科病棟などで知識を深め経験がある看護師さんにはおすすめの求人です。

訪問看護はクリニックなどの給与と比較して高い傾向にあります。

在宅での看護ケアも必要な患者さんも多いのが現状です。

基本給も高めでオンコール手当などもあるため最近注目されている業務のひとつです。

反対に患者さんの生活範囲に訪問して看護ケアを行うというデメリットもあるようです。

まとめ

今回は内科に視点をおいて、看護師として働くときのポイントについてご紹介してみました。

実際に私も内科への転職を行った経験もあります。

働きなれた環境からの転職は勇気やエネルギーが必要ですよね。

せっかく看護師として転職し、スキルアップや成長につなげようと思った気持ちを大切にしてほしいと思います。

そのために良い病院を選び転職を成功させるコツや転職先の注意ポイントについてご紹介してみました。

私の経験がみなさんの参考になればいいなと思います。


関連キーワード

内科看護師転職