看護師として整形外科で働きたい方は、この記事は必見です。

今回は、整形外科の看護師求人でよくある募集内容や気になる疑問について紹介していきます。

病院で働くと言っても様々な科があるので、どの科も待遇が一律という所は少ないのではないでしょうか。

整形外科での給料や年収、残業や福利厚生などの待遇面も気になるところだと思いますので、そのあたりもお話していきたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

整形外科の看護師求人でよくある募集内容とは?

まずはじめに、一般的な求人の募集内容についてです。

給与相場

地域の給与相場に準ずると思いますが、整形外科だからと言って他の診療科より給料が多かったり少なかったりということはありません。

個人で経営しているクリニックや診療所よりは、手術を行っている総合病院の方が給与相場は高いと思います。

勤務時間や休日、残業

単科のクリニックや診療所だとあまり残業はないと思いますが、救急のある病院などでは怪我をして駆け込みで来る患者さんもいるため、診療時間内に終わらないこともあります。

予約制か救急患者を受け入れているかがポイントですね。

クリニックや診療所では日曜日や祝日は休みの所もあります。

総合病院にある整形外科では残業はそれなりにあると思いますが、小さな診療所などでは重篤な患者さんや急変する患者さんも少ないので、他の診療科と比べると残業は少ないかと思います。

福利厚生

小さな病院やクリニックになると福利厚生が充実している所は少ないと思いますが、総合病院にある整形外科ですと福利厚生も充実していますし、子供がいるママさん看護師でも託児所に子どもを預けることもできます。

整形外科に向いている人

整形外科にはどのような方が向いているのでしょうか?

その点について少し紹介していきます。

患者さんとのコミュニケーションを楽しめる

整形外科の患者さんの年齢層は他の科と比べて若く、また女性が多いです。

認知障害などもなく会話できる人が多いので、当然コミュニケーションを取ることも多くあります。

患者さんからしてみると、雑談などお話ができる看護師の方が色々と頼みやすかったり悩みを打ち明けやすかったりしますよね。

患者さんとは必要な時だけコミュニケーションを取りたいという方よりは、コミュニケーションも楽しみたいと考えている方が求められる傾向にあります。

テキパキと動き回るのが好き

整形外科は看護記録や病態のアセスメントのような間接的なケアよりは入浴介助や移動介助、処置などの直接的なケアの方が比重が高く、動き回って一日の勤務が終了するといったことが多いです。

頭で考えたり座っている時間が長い仕事より動いていた方が良いという方にはおすすめです。

患者さんの不満を受け止められる人

骨折などで動けないが体は元気という方が多い整形外科なので、自分で動けないことにストレスを感じている患者さんが多くいます。

そのため、思うような援助が得られないと不満が爆発してクレームに繋がることも多々あります。

トイレに行きたいと言っている患者さんに対して不満そうな顔をしたり「またトイレですか。さっき行ったじゃないですか」などと口にしてしまうと、看護師の待遇のことで患者さんから不満が出てしまいます。

何度も頼まれると辛いですが、何度も頼む方はもっと辛いと感じているはずです。

このようなトラブルは整形外科でも多く、患者さんの訴えや不満を温かい目で受け止められる方が求められます。

必要なスキルや資格、経験

看護師の国家資格さえ持っていれば未経験でも採用してくれる所が多いです。

日本看護協会の認定看護師や専門看護師等は整形外科領域には存在しません。

しかし、老人看護専門看護師や在宅看護専門看護師・家族看護専門看護師等の資格を持っていれば、整形外科領域でも専門性を発揮できると思います。

整形外科の看護師求人について気になる疑問

整形外科の求人内容の疑問点についてお答えします。

応募方法は

直接病院に問い合わせをする。

ホームページから採用ページを通じて応募する。

看護協会やハローワーク等を利用する。

などです。

面接でよく訊かれることは?

面接で訊かれる一番のポイントは志望動機です。

例えば「元気になっていく患者さんのお世話をしたい」「友達が整形外科で働いていて、いきいきと仕事をしているので自分も経験してみたい」など、整形外科でどうして働きたいのか、どうして整形外科でなければいけないのかを明確に示した方が良いと思います。

「周術期の看護がしたい」など整形外科で働きたいという意思があまり明確ではないと、整形外科ではなく他の外科でも良いのでは?と思われてしまいます。

未経験でも応募できる?

もちろん未経験でも働くことは可能です。

整形外科を専門にしている一部の病院は、経験者を希望する所もあります。

総合病院にある整形外科の方が経験は問われないことが多いですし、入院から手術、リハビリ、自宅へ帰るまでの総合的な流れが掴めるので、経験を積みたい方には総合病院をおすすめしたいです。

病院の雰囲気は?

一般的には病院で働いている看護師はアクティブな女性が比較的多いと思います。

チームで連携して業務を行うので活気がある病棟が多いとは思いますが、こればかりは病院にもよると思うので、実際足を運んで職場の見学をしてみるのも良いかもしれませんね。

正職員、派遣、アルバイトの募集はあるの?

もちろんあります。

自分の生活スタイルに合った働き方で働いてください。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正職員の場合は月給制、アルバイトの場合は時給制が多いです。

正職員の場合は夜勤手当なども付きますから収入を沢山得たい方は正職員で、家庭を持っているなど時間の制限がある方はアルバイト・パートで勤務すれば良いと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まとめ

整形外科病棟は看護の技術や知識も必要ですが、それよりも明るく元気に患者さんと接し回復過程をサポートしてあげるのが良いと思います。

自分自身の行動が確実に患者さんのためになっていると実感できます。

リハビリに関する知識なども得られるので、今後介護施設やディサービスで働きたいと考えている方にもきっと役に立つと思います。

整形外科で働きたい、自分は整形外科に向いていそうと思った方は、是非一度働いてみてはいかがでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

看護師求人

整形外科看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

整形外科看護師のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

病院にはあらゆる診療科があります。その中でも比較的元気な患者さんが通院、受診される診療科が整形外科です。腰や膝の痛みがあるも、精神的には元気な患者さんが多くコミュニケーションも取りやすいのが特徴です。整形外科の看護師も明るく、てきぱきと仕事をこなし、明るい職場が多い印象です。患者さんとコミュニケーションをとることが多い整形外科のでのやりがいについて今回はご紹介していきます。患者さんとの関わりから得られるやりがい、スタッフ間でのやりがいなどをお話していきたいと思います。整形外科看護師の大まかな仕事内容について理解しておこう整形外科外来では、腰痛や膝痛などの慢性的な疾患、靭帯や捻挫・骨折などの急性

整形外科の仕事内容をご紹介!経験者だからわかる業務内容を詳しくご説明します!

整形外科の看護師の仕事って「ぱっ」とイメージしてどんな内容かイメージつきにくいですよね。私も初めは「腰が痛い症状の患者さんが行く病院」「骨折などの怪我をした患者さんがくる病院」という簡単なイメージでした。実際に整形外科外来で働いた経験を基に仕事内容や役割り、患者さんへの関わり方、やりがいについてお伝えしていきたいと思います。整形外科に配属になったり、転職で整形外科を検討している方に分かりやすくイメージしやすいようにご説明していきますね。整形外科の基礎知識整形外科の主な疾患整形外科へ受診される患者さんの疾患は、骨や筋肉についての病気です。外傷性疾患(打撲・捻挫・骨折・脱臼・断裂・擦り傷など)慢性

整形外科の看護師への転職で失敗しないために知っておくべきことや人気の病院を教えます!

転職を成功させるには、自分に合う職場や条件をしっかり見極めなければいけません。実際に転職したとして、その職場が自分に合わなかったという可能性もあります。今回の記事は、「整形外科に転職したいけど…」と考えている方に、整形外科の看護師への転職で失敗しないための心構えや知っておくべきことを詳しくご紹介したいと思います。整形外科看護師へ転職をお考えの方は、是非最後まで読んでみてください!整形外科の看護師への転職で失敗しないために知っておくべきこと譲れない条件を考えてみよう整形外科で働きたいと思い仕事探しをしようと考えた後に、譲れない条件を明らかにしておくことをおすすめします。例えば「残業が少ない」「勤