整形外科の看護師の仕事って「ぱっ」とイメージしてどんな内容かイメージつきにくいですよね。

私も初めは「腰が痛い症状の患者さんが行く病院」「骨折などの怪我をした患者さんがくる病院」という簡単なイメージでした。

実際に整形外科外来で働いた経験を基に仕事内容や役割り、患者さんへの関わり方、やりがいについてお伝えしていきたいと思います。

整形外科に配属になったり、転職で整形外科を検討している方に分かりやすくイメージしやすいようにご説明していきますね。

整形外科の基礎知識

整形外科の主な疾患

整形外科へ受診される患者さんの疾患は、骨や筋肉についての病気です。

  • 外傷性疾患(打撲・捻挫・骨折・脱臼・断裂・擦り傷など)
  • 慢性変形性関節・脊椎疾患(変形性腰痛症、変形性膝関節症、ヘルニア、狭窄症など)
  • 骨粗鬆症の治療

これらの疾患の完治や改善、運動機能の回復を目的に診断・治療を行っていきます。

年齢

整形外科は小さなお子さんから高齢者の方まで幅広く受診します。

小さい子では1歳未満の言葉がしゃべれない子供、高齢者の方は耳が遠かったり、認知機能が低下している方など様々です。

医師や看護師はそれぞれの年齢に沿った関りを求められます。

整形外科の仕事は大きく3個の役割に分けられる

整形外科の大きな役割は大きく分けて3つに分けられます。

医師の診療介助・看護業務・患者への関わりや指導が看護師の主な仕事です。

この3つの役割りについて説明していきますね。

医師の診察介助

整形外科は処置の行為が多くあります。

関節注射や腰椎へのブロック注射、怪我で受診した方への処置行為、骨折・断裂・脱臼時のシーネ固定やギプス固定など多くの処置を介助していく必要があります。

その時、医師の指示や看護師の判断で動いて業務を行う必要があります。

点滴や採血などの看護業務

整形外科では点滴や採血の業務も行う必要があります。

外来の患者さんも同様です。

医師の指示により抗菌剤の投与や脊柱管狭窄症治療、骨粗鬆症治療などで点滴や採血、注射を行います。

患者との関わり、指導

最近では骨粗鬆症の治療も積極的に行っているため在宅での自己注射についての指導や評価なども看護師の業務として行っています。

患者さんが病気や治療への理解、在宅での治療方法や評価、家族の協力性なども行います。

指導を行う上では日々進化していく治療についての勉強が必要となってきます。

医師と患者の橋渡しの存在も看護師の役割りです。

診察前の3個の業務

医師の診察前に看護師が行う業務があります。

患者さんが病院にどのような疾患で受診されたかを把握し、診察をコーディネートするのも看護師の業務内容です。

患者さんへの問診

それぞれの病院でのやり方はありますが、基本問診を記入している病院が多いと思います。

問診表を元にレントゲン撮影必要部位を確認し、医師からレントゲン指示を受ける仕事も看護師の仕事に含まれることがあります。

例えば、患者さんが「右足が痛い」と受診された場合、右足を捻挫して受診し、右足関節のレントゲン取る必要があるのか。

または、右下肢の痛みがあり、腰からの神経症状だった場合は腰椎のレントゲンが必要となります。

このように患者さんの疾患や患部の症状を看護師で把握し、医師に伝えることも必要となってくるのです。

また、怪我や事故などで搬送された患者への緊急性の判断や対応も看護師の業務のひとつです。

レントゲン介助(必要時)

整形外科では診察前や診察後にレントゲンを撮影しています。

他の科に比べてレントゲンを撮る量はとても多いです。

レントゲンを撮影するのはレントゲン技師や医師が撮影します。

しかし、撮影部位や取り方、または乳幼児・高齢者の撮影時に介助が必要な時には看護師も一緒に協力し撮影を行うこともあります。

診察コーディネート

外来での業務は患者さんの診察・カルテのコーディネートも必要となります。

どのような流れで診察を行うか、また処置を行うかをリーダー看護師を中心に診察をコーディネートします。

医師よりレントゲンの指示を受け、レントゲン技師に依頼することや他部署との連携を行いながら診察をまわしていきます。

看護師は医師と連携し中心的な存在で業務を行っていく必要があるのです。

診察中の5個の業務

診察時、医師の介助は看護師の看護業務のひとつです。

特に外来での業務は医師の診察を元に業務を行っていくので、医師との協力が必要となってきます。

診察介助

整形外科へ受診される患者さんは体のどこかしらの部位に痛み・異変を感じ受診されます。

医師はその症状を判断するために問診・触診・検査などを行います。

医師が診察・診断を行う上で必要な検査をする際に患者さんを誘導したり、声掛けを行い不安や緊張の緩和を行います。

医師がスムーズに診察を行えるようフォローしていくことも大切な役割りです。

また、患者さんは体に痛み・異変を感じておりひとつひとつの動きが苦痛・困難な場合も多いです。

その時に痛みが少なくて済むように介助を行うことも看護師の役割りです。

処置介助

整形外科で行われる処置は、傷の縫合や消毒などで医師の介助・指示を受けて実施していきます。

縫合などの処置は医師が行うのでそのフォローを看護師が行います。

処置後のガーゼ固定や包帯を巻くことは看護師に任されることがあるのでその方法や知識を身につけておくことが必要です。

また、処置の介助につくことも多いため滅菌物の取り扱い、処置・縫合で使用する機材の名前・必要物の把握が必要となってきます。

このように傷などの処置を行う時にはきちんと清潔操作を行わないと、感染などのリスクにもつながります!

患者さんや自分自身が感染の危険に繋がらないようにきちんと不潔・清潔操作をマスターしておきましょう。

ギプス固定

骨折、脱臼、捻挫、断裂など様々な症状で患者さんは受診されます。

医師がレントゲンやMRIなどの画像的診断や触診を元に固定が必要と判断した場合はギプス固定を行います。

ギプス固定をするため、物品の準備~固定の介助、そして患者さんに固定を行う上での注意点なども説明します。

ギプスは固定をただ行うのではなく、良肢位での固定方法、固定を行うことで起こってくる合併症などについても理解しておく必要があります。

例えば、骨折は骨を損傷しているので出血も多く、受傷直後は腫脹・疼痛の症状も強いです。

この症状を増強するようなことを行うと様々な合併症も起こってきます。

ギプス固定の状態で腫脹が強くなると患部を圧迫し、神経障害や循環障害が起こります。

患者さんにもこの合併症についての理解をきちんと説明できるよう看護師はきちんとした知識が必要となってきます。

ただ固定を行うだけでなく患者さんへの説明や次回の診察の日程・必要性、治療の経過についても分かりやすく説明することも看護師の役割りです。

点滴・採血・注射

内科ほど採血を行う機会は少ないですが、整形外科でも採血・点滴は行うことがあります。

特に感じるのは最近日本の整形外科では骨粗鬆症の治療に力を入れています。

高齢者の健康寿命を伸ばし、寝たきりを予防しようという傾向にありますよね。

骨粗鬆症の治療薬も色々な種類があります。

今までは内服治療が主流でしたが、現在は点滴、静注、皮下注射、在宅での自己注射など多くの種類があります。

そのため、整形外科でも点滴や定期的な採血、皮下・筋肉注射を行うことも増えてきています。

もちろん骨粗鬆症以外にも抗生剤の投与や狭窄症などの治療で点滴を行うこともあります。

患者指導

整形外科外来で患者さんに関わる時はひとつの治療に対して患者指導を行います。

指導と言葉にすると難しくとらえてしまいますが、今後どのような治療を行っていくのか、治療を行う上で気を付けて貰いたいことや注意事項などの説明を分かりやすく行います。

医療従事者では当たり前のことも患者さんの立場では分からないことばかりです。

患者さんの立場に立ち接すること、患者さんが不安や疑問を聞きやすい雰囲気作りや接し方を行うことも求められてきます。

診察以外での2個の業務

看護業務以外の雑用も看護師の業務です。

看護師業務が多忙でなかなか看護業務以外の仕事に手がまわらないという時には、看護助手さんに看護師の仕事のフォローを行って貰っている病院も多いですよね。

滅菌物の管理

総合病院などでは滅菌物の管理を行うことは少ないです。

管理と言っても医療器具の期限切れなどの点検はもちろん看護師や助手さんも行います。

個人の病院やクリニックでは滅菌物を看護師が管理します。

滅菌パックやケッテル、攝子を滅菌機にかけ自分達で管理を行っています。

整形外科では関節注射や創傷処置などの業務が多いため、ガーゼや消毒に使われる綿球、攝子など機材はたくさん使います。

そのため1日に数回滅菌をかけないと診療がまわらないということもあります。

外来で働くときには滅菌具の操作を行うこともあるのです。

物品管理や薬品の発注

医療物品や薬剤の管理も看護師の仕事です。

日々使用する薬剤や物品の在庫を管理し、在庫がなく治療ができないという状況・環境を作らないようします。

この業務は整形外科だけでのなく他の診療科でも当てはまりますね。

在庫管理は重要で治療薬・物品が足りないということで患者さんを治療できないという状況になります。

病院に受診して治療できないというのは大問題ですよね!

信用問題にも繋がってきます。

このような状況が起こらないように管理をすることも看護師の役割りのひとつに含まれています。

整形外科の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

整形外科で働き、初めは覚えることがたくさんあり大変と感じることもありますが、日々業務を行う内に自然と知識を深めることができます。

その中でも整形外科ならではのやりがいに繋がるポイントについてご紹介していきます。

処置が得意になる!

整形外科では手術後の処置や怪我で受診された患者さんの創傷処置や縫合の介助を行います。

毎日の業務の一環なので消毒やガーゼ交換、包帯の巻き方などが自然と身に付き、得意になります。

包帯を巻く行為はなかなか巻きなれていないと実践できません。

圧迫固定や包帯の巻き方ひとつひとつにも意味があり、疾患や症状によっても包帯やテーピングの固定方法は違います。

その知識を持っているいうのも看護師として強い部分です。

応急処置の方法を習得できる

最近は災害や地震など自然災害が起こることも多いですよね。

そのため、災害研修なども良く取り上げられていたり、看護学校の授業でも行っています。

整形外科では処置の方法も身につけることができる他、応急処置の方法も自然と身につけることができます。

骨折などを起こした時のギプス固定や良肢位の固定方法なども習得できます。

このような知識も習得できるので応急処置にも対応できやすいという面でもやりがいを感じるひとつです。

患者さんの回復が目に見えて実感できる

整形外科の患者さんは目で見て疾患を把握することができます。

例えば骨折していた骨がレントゲンで経過見る毎に治癒していく様子や下肢の筋力低下で歩けない方がリハビリを行うことで歩けるようになったなど患者さんが良くなっていく経過を実感できるのも整形外科のやりがいのひとつです。

患者さんが元気になっていく姿をみていくこと、その度笑顔になっていく姿をみると看護師としてもやりがいを感じます。

コミュニケーション能力の向上

小さな子どもから高齢の方との関わる中で色んな年代の人との関わり方を身につけることができます。

年齢層、性別によって関わり方、説明の方法は変わってきます。

はじめは人と関わることが得意ではない人、人見知りの人も業務を通して関わることで自然とコミュニケーション能力をあげることができます。

自分の能力向上ができることもやりがいのひとつですね。

また、患者さんに感謝されたり何度も関わる内に親しみをもたれ信頼関係を実感できると看護師としてのやりがいも感じます。

整形外科にかぎらず看護師の仕事を行い患者さんに「私が関わることで安心し、元気を貰えた」と言って貰えたときは本当に嬉しくやりがいを感じる瞬間です。

アクシデント対策を身につけることができる

これは仕事環境にもよりますが、整形外科では転倒・転落のリスクが高い診療科です。

院内でインシデント・アクシデント対策などが行われている病院も多いと思います。

整形外科では積極的に行っている場合が多いので院内リスクに対しての知識も自然と養うことができます。

リスク管理や危険予知を把握して仕事を行うことは大切なことなので勉強になると思います。

面白いポイント

整形外科ならではの面白いポイントをご紹介していきます。

他の科では体験できないようなあるあるネタをお伝えしていきます。

骨や筋肉、関節の解剖に詳しくなる!

私が実際に働き始めて感じたことは他の科の看護師と比べて整形外科の看護師は骨格、筋肉、関節名にとても詳しいです!

手の骨、指の骨や関節ひとつひとつに部位名があり、実際に日常の業務で使うので名前をひとつひとつ覚える必要があるのです。

整形外科に勤め始めた頃には覚えるのにとても苦労しました。

しかし、覚えてしまえば面白いです!

他の科の看護師と会話していると「自分って骨や筋肉にマニアックだな」と感じることもあります。

でも、正しく体の部位を答えられるという所ではとても良い知識が身についたと感じます。

そういう面では整形外科は少し異色なのかもしれません。

清潔・不潔の操作に強い!

手術室、外科、整形外科での処置行為は特に清潔操作に厳しい科でもあります。

他の診療科に比べるととても厳しいと感じます。

日々の業務でも処置行為が多いので、滅菌操作や清潔操作の知識は自然と身に着くことができます。

これは看護師として医療従事者で働く上ではとても大切な知識です。

整形外科で働くと清潔操作、滅菌操作に強くなります!

子どもに夢を与える仕事

子どもの頃看護師さんに憧れるイメージは包帯を巻いたり注射したりというイメージを持っていましたよね。

受診してくる患者さんで小さな子どもさんや学生の方で看護師に憧れている子も多いです。

病院に来た時に優しく対応をしたり、出来るだけ痛みや苦痛、恐怖がないように配慮をしながら関わります。

そんな私たち看護師の姿を見て、子ども達が将来看護師を目指そうと思ってくれていることや夢を与えることができる部分にもやりがいを感じます。

まとめ

今回は整形外科外来の仕事内容についてご紹介していきました。

「整形外科外来の仕事ってこんな仕事なんだ!」とイメージができたら嬉しいなと思います。

私が実際に働いて感じたことは体に痛みはありますが、元気な方が多い印象なので患者さんとの関わりが多い職場です。

お話をすることが得意な方や明るい方は整形外科の看護師さんに向いていると思います。

そして、働いている看護師さんも元気でさっぱりしている性格の人も多いです。

ただ処置や点滴・採血などの業務内容も多いので忙しくバタバタとしていることも多いです。

アットホームな職場も多いので明るく元気に働きたい人にはぴったりだと思います。

どこの診療科に行っても学べることはたくさんあります。

整形外科では骨や筋肉などの解剖学も学べ、清潔操作や処置方法などの知識にも強くなります!

興味があればぜひ、看護師として整形外科の分野を深めてみてください。

とても勉強になる診療科だと思います。


関連キーワード

整形外科看護師求人