多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。

もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。

ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

精神科看護師のおおまかな仕事内容

患者さんの状態を把握する

患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。

もちろん精神科も例外ではありません。

バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。

精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現できない場合もあります。

また精神症状ではなく、身体症状を訴える手段として、例えば「誰かがお腹の中にいる」などと幻覚や妄想のような表現をすることもあります。

そのため、患者さんの訴えていることは精神症状なのか、それとも身体症状なのかといった鑑別も必要になってきます。

精神的サポートとケア

精神疾患の治療では、医師の治療や投薬はもちろん重要なのですが、周りの人々のサポートやケアが治癒や寛解にむけて最も重要になってきます。

入院している患者さんでは、看護師が関わる事が一番多く、看護師の対応一つで、患者さんの治療が進んだり滞ったりするとも言われます。

サポートをするためには、患者さんと信頼関係を築くことが重要です。

ADL(日常生活動作)の介助

精神疾患の患者さんはADLが自力で充足できない場合があります。

精神症状によって、例えば「やる気がでない」「やり方が思い出せない」「なぜしなきゃいけないか分からない」といったこともあれば、「特定のスタッフがいないとやりたくない」といったこともあります。

さらに拘束を行っている患者さんでは、危険防止のため、自分で動くことを抑制されていますので、やはりADLは自力充足困難となります。

患者さんがADLを充足できるように環境調整を行ったり、介助したりすることも仕事になります。

暴力・暴言の対応

精神科ではどうしても暴力や暴言は外せない問題となります。

精神状態が不安定な患者さんは、自分に対して害をなすと感じると拒否的行動として暴力や暴言に訴える場合があります。

そういった場合は患者さんを守りつつ、自分達の身も守らなければなりません。

複数のスタッフで患者さんを抑えたり、医師に対して診察を依頼し、法律に基づいて隔離や拘束を行うことがあります。

決して一人きりで対応することはないため、不安に思う必要はありませんよ。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

精神科看護師求人でよくある募集内容とは?

精神科看護師を目指す場合、最も手っ取り早いのは精神科単科の病院に就職することです。

いわゆる総合病院にも精神科はありますが、そういった病院では精神科単独の求人というのはありません。

そのため、ここでは精神科単科の病院の求人について紹介します。

給与相場

精神科と言えど、看護師ですので、一般科の病院と給与相場は大きく違いません。

正職員で新卒の正看護師の場合で、諸手当込み年収300万〜500万円と言った所です。

看護師は基本給以外に夜勤手当や時間外手当がありますので、夜勤回数や時間外勤務の時間によって、収入は大きく変わってきます。

精神科独自のものとして、一部の病院に設定されている危険手当が挙げられます。

精神疾患の患者さんから暴力を受けるリスクを考慮し設定されているようです。

勤務時間や休日、残業

病棟勤務では二交替もしくは三交替です。

これは一般科の病院と変わりありません。

休日についても、シフトで決まってきます。

残業ですが、精神科では比較的少ないと言われています。

福利厚生

精神科は、患者さんとの関わり方が重要とされるため、スタッフも精神的なストレスにさらされます。

そのため、一般的な病院と同等またはそれ以上の福利厚生が整えられている場合がほとんどです。

求められる人物像・性格特性

看護師資格を持っていれば誰でも精神科看護師になることができますが、やはり向き不向きがあるのも事実です。

精神科看護師になるために求められている人物像を紹介します。

優しい人・性格

看護師に対する一般的なイメージとして「優しそう」と言うものがあるかと思いますが、優しい人は精神科に特に向いています。

相手の立場に立って物事を考え、思いやりを持って優しく接することができる人は、精神科の看護師に向いています。

しかし、ただ優しいだけではだめです。

次に挙げる人物像・性格もまた必要になります。

冷静に物事を考えられる

精神科、特に閉鎖病棟に入院している患者さんはスタッフの事をよく観察しています。

閉鎖病棟では患者さんと関わる人は、自分以外の患者と病棟の看護師や補助者、医師など限定的な状態になっています。

そのため、患者さんの中には病院や病棟の規則に反していても自分のやりたいことを実現するために、スタッフを取り込んでしまおうとする人も少なからず存在します。

そういった場合に、優しいけれども冷静になれない看護師やスタッフはターゲットになってしまいます。

病院や病棟の規則は治療のために設けられているものであり、例え患者さんのお願いでも守らなければならないラインは守らなければなりません。

そのため、時にはできないことはできないとキッパリと伝えたり、距離を置いたりすることができる冷静さが必要になります。

人の話をじっくりと聞くことができる

精神科では患者さんの心のケアが必要です。

そのため、患者さんとのコミュニケーションが非常に重要となります。

他人と話をするのが苦にならない性格であると同時に、人の話をじっくりと聞くことができないと、患者さんと良好なコミュニケーションを取ることができません。

心のケアのためには、看護師が一方的に話をするのではなく、患者さんの話をじっくりと聞く傾聴が求められます。

相手のペースに合わせて行動できる

精神科では、一般科よりも長期間にわたって入院している患者さんが少なくありません。

1年2年はもちろんのこと、長い場合だと50年以上になっている方もいます。

長期間にわたって入院している患者さんに対する看護は、やはりゆっくりと時間をかけて看護していくことになります。

そのため、患者さんのペースに合わせることができる性格の方が精神科看護師には向いていると思います。

完璧を求めない

骨折や外傷の治療とは違って、精神科の治療では治療計画や看護計画通りに行かないことの方が多いです。

症状が落ち着いていると思ったら、次の日にはかなり悪い状態になっていることは良くあります。

看護計画を立てたとしても、その通りに行くことはむしろ少ないかもしれません。

完璧に計画をこなそうとしない、完璧を求めない性格の方がむいているかもしれませんね。

体力がある

暴れたり興奮したりしている患者さんを抑えるときはもちろん、夜中にひたすら起き続けている患者さんと関わる際には、どうしても体力が必要になってきます。

個人的にジムに通って鍛えたり、ランニングやサイクリングをしたりしている看護師も多くいます。

精神科の看護師が向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

必要なスキルや資格、経験

看護師または准看護師の資格があれば精神科看護師になることができます。

新卒やブランクがあっても問題ありません。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

精神科看護師おすすめ求人のポイント

精神科看護師の求人で、一般科と比較して特におすすめできるポイントを紹介します。

残業が比較的少ない

一般科の病院では、業務に追われてなかなかカルテ記載ができなかったり、夕方に緊急入院が入ったりして、何時間も残業せざるを得ない…などと行ったことがあるようです。

精神科では、急性期病棟を除いて入退院が少なく、また業務も比較的少ないことから何時間も残業せざるを得ないような事は少ないです。

急性期病棟についても、入退院が多いとは言え、何時間もかかるような事は無いようです。

なお、朝食や夕食の介助のために、残業や早出がシフトに組み込まれている場合はあります。

この場合も、するべき事が終われば帰ることが可能です。

そのほかに、突発的な急変や救急対応がないわけではないですが、精神科では急変はあまり多くなく、救急車で搬送されてくる患者さんもさほど多くありません。

実際の残業時間は求人情報では分からない部分もありますが、精神科ではこういった傾向です。

ワークライフバランスが充実させやすい

残業が少ないことと関連しますが、仕事が終わったあとの予定が入れやすいため、プライベートの充実に繋げることができます。

またシフト勤務のため、曜日にかかわらず希望した休みを取りやすいことから、子どもの学校行事や、夏休みの家族旅行なども比較的計画しやすいです。

病院として、リフレッシュ休暇や院内のスポーツサークルなどで、気分転換や趣味活動をサポートする制度が充実している場合もあります。

こういった部分はしっかりと確認する必要があると思います。

充実したスキルアップ制度

新卒ではプリセプター制度、中途採用ではクリニカルラダー制度を用いて、院内外の研修に参加し、精神科看護師としてのスキルアップを病院として支えています。

院外の研修では、日本看護協会や日本看護連盟の研修はもちろん、精神科看護師の団体である日本精神科看護協会(日精看)の研修もあります。

スキルアップ制度が充実しているかどうかは、看護師としてステップアップするために欠かせない項目です。

二交替か三交替か

精神科に限りませんが、二交替か三交替かは求人を見ていく上で注意すべきポイントになります。

自分がどちらで働く方が楽かはよく見極めておく必要があります。

筆者の働く病院では両方ともあって、比較的忙しい病棟は三交替、そうでもない病棟は二交替だと言われていますが、病院によって全ての病棟が二交替or三交替の場合もあります。

このため、求人を見る際はどのような交替勤務体制をとっているかについても確認しておいた方が良いかと思います。

精神科看護師についてよくある疑問

精神科看護師として働きたいと思っている人が抱く疑問をピックアップしてお答えしていきます。

面接ではどんなことを聞かれますか?

なぜ精神科で働きたいのかを聞かれることが多いです。

また病院によっては、どのような病棟で働きたいかを聞かれることもあるようです。

精神科の急性期病棟や慢性期病棟などいくつかに分けている場合は特に聞かれます。

夜勤ができるかどうかも問われるかもしれませんが、夜勤ができなくても日勤のみの勤務ができる場合もありますので、事情を説明し、働きたいという熱意をアピールすると良いでしょう。

精神科未経験ですが、大丈夫ですか?

全く問題ありません。

精神科看護師の中には、一般科から精神科に変わって来た看護師も数多くいます。

また新卒でも精神科を選択し、看護師としてキャリアを積んでいる人もいます。

精神科では一般科とやや異なった対応が求められる部分はありますが、院内外の研修や先輩達からのOJTにより学び、成長することができます。

職場の雰囲気はどうですか?

病院や病棟により異なる面はありますが、一般科と比べれば落ち着いた雰囲気です。

精神科の看護師は、例えば救急の看護師よりも優しく落ち着いた雰囲気で、ある意味のんびりしているところもあります。

また、男性看護師が多く活躍しており、病院によっては男性の師長もいますので、女性だけの職場とは違った雰囲気ではないでしょうか。

患者さんは怖くないですか?

怖くないです。

もちろん、精神疾患の患者さんは、突然大声を上げたり暴れたりすることはあります。

しかしそれらは病気がそうさせている面がありますので、落ち着いた時は本当に穏やかに話ができたりします。

それに、自分達だって不快な時には怒ったり叫んだりすることありますよね?

それと同じ事だと思えば、怖いとは思わないです。

医療行為が少なそうです

確かに、精神科では医療行為、例えば注射や外科的処置などは少ないのが事実です。

そのため、そういった行為をバリバリ行いたい人には向いていないかもしれません。

しかし、看護師は医療行為だけでなく、患者さんとのコミュニケーションもまた大切な事だと思います。

精神科ではコミュニケーション能力を鍛えることができますので、もし将来一般科へ転職しても役立つことと思います。

大変な事はありますか?

どうしても患者さんが暴れたりしていると、力尽くで抑えなければならなくなる場面がありますので、そういったときは大変と感じることがあります。

ですが、暴れた患者さんが落ち着かれたあと、笑顔で会話出来たりしたときにはやりがいを感じるのも事実です。

まとめ

精神科看護師の特徴や求人について紹介してきました。

精神科は一般科と比較するとコミュニケーションに重きが置かれており、自分の対人能力を試すことができます。

また落ち着いた雰囲気で仕事ができるため、自分が行いたい看護をしっかりと実践していくことも可能です。

ぜひ皆さんも精神科で看護師をしてみませんか?

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

精神科看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、


精神科看護師求人に関するコラム

看護師精神科で働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

人が精神科を受診すると聞いてあなたはどう思いますか?自分ではないので興味が湧かないでしょうか?それとも気の毒にと同情するでしょうか?長い人生の合間には、家族との別れや大事なものの喪失・思わぬ大病・金銭的な不幸・災害など予想外のトラブルがあるものです。そのような大きなストレスに見舞われると、精神的なダメージを負うことは知られています。が、同じ規模のストレスに会っても精神的ダメージを負う人とそうではない人がいるのも、また事実です。あるいはそのようなストレスとは何ら因果関係を認めず、発症してしまう精神疾患もあります。人間の不思議ですね。精神科とは一体どんな場所で、そこで働く看護師とは一体どんな存在な

精神科看護師の給料はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

大変そうなイメージを持たれやすい精神科の看護師ですが、どんな仕事をしていて、どれくらいの給料をもらっているか気になりませんか?ここではそんな精神科看護師の給料について紹介します。精神科看護師の仕事内容は?そもそも精神科看護師はどのような仕事をしているかを紹介します。患者さんの症状や精神状態、身体症状の把握バイタルサインはもちろんですが、精神科ではそれ以上に精神状態の把握が重要です。精神疾患の患者さんは、自分の状態を把握したり他人にうまく伝えたりすることができないことも少なくありません。また興奮や暴言・暴力と言った手段で自分の気持ちを表現することもあります。患者さんの行動や言動などから精神状態を

精神科看護師の仕事内容21個の業務。経験者が教えます!

怖そうだとか、大変そうと言ったイメージを持たれやすい精神科ですが、そこで働く看護師がどんな仕事をしているか気になったことはありませんか?ここでは、精神科看護師が現場で実際にやっている仕事の内容について紹介していきます。精神科看護師の4個の大まかな仕事内容精神科病棟看護師他の一般科の病院と同様、病棟での看護師が一番多く、また仕事としても多くあります。入院患者さんの看護を行うため、日勤だけでなく夜勤もあります。なお精神科では、精神保健福祉法に基づき、患者さんの入院形態が分かれています。大きく分けると、患者さんの同意で入院する「任意入院」、精神保健指定医1名の診察と家族等の同意で入院する「医療保護入