外来看護師がどのような仕事をしているかイメージがつきますか? 

病棟勤務の経験がない看護師の場合「外来看護師ってどんな仕事をしているの?」「お給料は同じ?」など疑問に思う方が多いです。

そこで今回は『外来看護師の求人でよくある募集内容や給料相場、他の科との仕事の違いや気になる疑問』についてご紹介します。

「外来看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

外来看護師のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

外来看護師の基本的な仕事の流れは『問診→医師の診察介助→処置・検査→患者指導』です。

処置検査は医師の指示に基づいて、注射や点滴、処置や検査があります。

患者指導は患者様が自宅に帰ってから、どのようなことに注意したらよいかなどの指導を行います。

外来看護師は病院でどういう役割を求められる?

外来は一般的な風邪や病気の治療のために受診する沢山の患者様を毎日受け入れる部署です。

外来でのイメージが病院のイメージとなりやすいため、患者対応や言動に特に注意が必要です。

外来看護師でよくある募集内容とは?

外来勤務は病棟勤務とは業務内容が違うため、「外来の勤務経験はあるか」を問う募集が多いです。

また契約社員やパートでの雇用募集が多いのも特徴です。

給与相場

外来看護師の平均年収は約400万円です。

夜勤や残業が少ないことで、病棟勤務の看護師と比べると年収は低い傾向にあるといえます。

勤務時間や休日、残業

基本的に日曜・祝日が休日となります。

クリニックなどでは土曜日半日勤務があり、その場合は平日のどこかで半日休みとなる場合が多いです。

外来の診療時間は決まっていますので、残業は少ないです。

しかし救急を要する場合や、診療時間内に患者様の診察や処置が終わらない場合は残業となります。

福利厚生

外来は契約社員やパートでの雇用が多いため、正社員に比べ、福利厚生が整っていない場合があります。

就職の際には福利厚生の確認をしましょう。

勤務場所

外来看護師の勤務場所は基本的に外来です。

デイケアを併設している病院では応援機能で配属されることがあります。

人数は病院によりますが病棟より少ないです。

求められる人物像

外来で特に求められる人物像についてご紹介します。

対応力のある人

外来は待ち時間などに急変する患者様もいらっしゃいます。

病院によっては待合室に一人看護師を在中させるケースもあるほどです。

急変時に即座に行動できる判断力と対応力が求められます。

また患者数が多いため、優先度を決めて対応する力が求められます。

スピード感を持って仕事が出来る人

とにかく業務量が多いため、ゆったり構えて仕事はできません。

同僚の動きを見て、自分が何をすべきか判断し、次々仕事をこなしていく必要があります。

必要なスキルや資格、経験

必要な資格は看護師・准看護師・助産師・保健師であれば勤務可能です。

また外来での勤務経験は優遇されます。

近年外来においても認定看護師や専門看護師の需要が高まっているため、専門資格をもっている場合も優遇されます。

「外来看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

外来看護師の雇用形態による違い

看護師の雇用形態には「正社員」「契約社員」「派遣」「アルバイト」があります。

正社員であれば安定的な給与と保証がありますが、病棟看護師と同様の責任が求められます。

自分にあった外来看護師の求人の選び方や注意点

数ある求人の中から自分に合うものを選択するのは時間と労力がかかります。

そこで条件を絞って検索する方法をご紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

前述の外来看護師の雇用形態による違いをご参照ください。

【選び方②】職種から探す

求人で「看護師」と検索すると広い枠組となり、病棟も外来も含まれ、時間がかかります。

求人検索の際は「外来看護師」にターゲットを絞りましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社の業態は主に「法人事業(医療法人)」と「個人事業(個人経営)」があります。

法人事業の場合、保証面の安心が得られますが、残業が多く、忙しいです。

個人事業は勤続年数が長い看護師が多いです。

離職率も低い傾向にありますが法人事業に比べ、事務作業など看護業務以外の仕事をしなくてはならないケースがあります。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

高収入・好条件は魅力的ですが「残業が多い。」「診療科目が多くて、忙しい。」などといったデメリットもあります。

一日の外来受診人数や診療科目、外来医師の出勤人数などを事前に確認しましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

自分の住んでいるエリア(市や区)から離れている場所に勤務するとほぼ毎日の通勤に苦痛を感じて続かない場合があります。

苦痛を感じない程度に勤務地のエリアを絞って検索しましょう。

注意点

条件を絞って検索するということは、自分にとって何を優先したいのかを考えるということです。

しかしそこにはデメリットも存在します。

一例を挙げると「高収入を優先するとその反面忙しい。」「勤務地を近くに設定すると給料が現在より安くなる場合がある。」となります。

バランスを考えた求人検索が必要でしょう。

「外来看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

外来看護師についてよくある疑問

病棟勤務しか経験の無い方にとっては外来勤務のイメージがつかず数多くの疑問が生まれることと思います。

ここではよくある疑問についてご紹介します。

応募方法は?

  • 直接病院へ問い合わせる
  • 転職サイトを利用する
  • 転職サイトを介さず、求人の応募フォームから直接応募する
  • 知り合いに紹介してもらう

などがあります。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

外来勤務の経験があるか、正社員雇用の場合、病棟への勤務移動は可能かなどが問われます。

合格の秘訣は、外来勤務に必要な「対応力がある」「仕事が早い」など、自分が外来勤務に向いていると思う特性を熱意をもって伝えましょう。

未経験でも応募できる?

応募は可能です。

職場の雰囲気は?

仕事中は人の動きも多く、救急対応もあるため穏やかではありませんが、人数が少ないため比較的アットホームな雰囲気があります。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

病院にもよりますが全てあります。

派遣社員は募集していない場合が多いです。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員は安定した給与がもらえます。

派遣の場合ボーナスはないですが時給が高く設定されており、効率的に高収入を得ることができます。

アルバイトは時給制のため働く時間によって毎月の給与は変わるでしょう。

残業って多いの?

前述にもありますが、外来の診療時間は決まっていますので、残業は少ないです。

シフトの自由度ってどうなの?

アルバイトの場合、基本的に1ヶ月に1回希望をとり、シフト通りに勤務するため自由ではありません。

資格って必要なの?

看護師・准看護師・助産師・保健師のいずれかを要します。

まとめ

外来勤務と病棟勤務では仕事内容や求められるもの、給与に違いがあることがわかりました。

「やりがい」を感じるポイントも違うため、人によっては「外来の方が面白い!」という方もいます。

あなたもこれを機に外来看護師を経験してみてはいかがでしょうか?

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト


関連キーワード

看護師求人

看護師外来求人についてもっと深堀りした情報を見る

外来看護師の転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法を解説します

外来は病院やクリニックにおける顔といっても過言ではありません。病院を受診する患者様の中には、一般的な風邪症状の方から生命の危機状態にある方までさまざまです。そのため外来看護師には多くの知識と観察力、判断力、スキルが求められます。精神的な負担や体力面の負担を考慮して転職を決意する看護師も多いです。そこで今回は外来看護師の転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法についてご紹介します。看護師外来の転職で注意したほうが良い2個のこと平均の残業時間外来は病棟に比べ残業が少ないのが特徴です。残業があっても、1時間以内のところが多いでしょう。理由としては、24時間365日稼働の病棟とは違い、診療

外来看護師とはどんな仕事?その仕事内容や病院においての役割、なり方など詳しく解説します!

病棟勤務の経験しかない看護師にとって、外来での仕事は想像できないという方も多いです。では、外来看護師の仕事内容や役割とは何なのでしょうか?ここでは、外来ならではの仕事内容から給料事情、やりがいまで詳しくお話ししたいと思います。看護師として働いている方も、これから看護師を目指している方も、 様々な働き方が看護師にもあるということを知って、今後の転職や就職に活かしてください。外来看護師とはどんな仕事?外来看護師は、病棟看護師とどのような違いがあるのでしょうか?知っているようで知らない外来看護師の仕事内容についてご紹介しましょう。外来看護師の役割とは?医師がスムーズに業務が行えるよう補助外来看護師の