病院にはあらゆる診療科があります。

その中でも比較的元気な患者さんが通院、受診される診療科が整形外科です。

腰や膝の痛みがあるも、精神的には元気な患者さんが多くコミュニケーションも取りやすいのが特徴です。

整形外科の看護師も明るく、てきぱきと仕事をこなし、明るい職場が多い印象です。

患者さんとコミュニケーションをとることが多い整形外科のでのやりがいについて今回はご紹介していきます。

患者さんとの関わりから得られるやりがい、スタッフ間でのやりがいなどをお話していきたいと思います。

整形外科看護師の大まかな仕事内容について理解しておこう

整形外科外来では、腰痛や膝痛などの慢性的な疾患、靭帯や捻挫・骨折などの急性的な疾患、擦り傷や縫合などが必要な外科的な怪我の患者さんなどさまざま受診されます。

これらの患者さんは筋肉や骨に関する痛みや怪我などを訴えられます。

受診された患者さんを医師が診察し、診断します。

看護師はその診察の介助や処置の介助を行います。

整形外科の主な処置は創傷処置(擦過傷や縫合などの処置)やシーネやギプス固定などが主です。

点滴や採血なども行います。

最近では、骨粗鬆症の治療を積極的に行っている病院も多いです。

病棟では、外傷、狭窄症やヘルニア、変形性疾患などの慢性疾患、靭帯やアキレス腱などの断裂、腫瘍などの手術目的で入院される患者さんが多いです。

これらの患者さんの看護ケアを行います。

整形外科では病棟、外来ともに診察と一緒にリハビリを行うため、リハビリスッタフとの協力が必要となります。

整形外科看護師の仕事のやりがいってどんなもの?

整形外科では慢性疾患から急性期の患者さん、安静が必要な患者さん、終末期の患者さんがいます。

この中でも手術や保存療法で回復していく患者さんが比較的多いです。

混合疾患を持っている患者さんも中にはいますが、整形外科の患者さんは筋肉や骨が原因なため元気である人が多いのです。

そして、治療することで病気や症状が改善していくため患者さんが元気になっていく姿をみるとやりがいを感じます。

経験者の私が整形外科看護師の仕事でやりがいを感じた瞬間

私は整形外科外来で勤務していました。

実際に働いた経験の中でやりがいを感じたことをご紹介していきたいと思います。

患者さんの回復をともに共有できる

外で散歩中に転倒し、右足首に痛みがあると訴えられ受診された70代の女性の患者さん。

病院に受診された時には、右足首がひどく腫れて歩けない様子でした。

レントゲンを撮影し、右足関節の骨折と診断され、転位がないため保存療法でギプス固定となりました。

患者さんは1か月後に旅行に行くのに骨折してしまいショックを受けていました。

骨折と診断された患者さんは週毎に受診し、経過を診ていきます。

レントゲンを撮る度に徐々に骨も形成され、良くなっているのが目に見えて分かります。

そんな姿を患者さんとともに確認することで回復しているなという過程を実感することができます。

患者さんも骨折したばかりの時には落ち込んでいますが、骨が治っていく姿をみると徐々に元気になっていきました。

最終的にギプスも外れて自分の足で歩けるようになる姿をみると安心します。

そして、楽しみな旅行にも行けることになったと嬉しそうに話をされていました。

怪我をした時から治るまでの経過を一緒に過ごすことで患者さんとの関係も確立されます。

そんな患者さんの怪我が治る姿をみると看護師として関わることができて良かったと感じます。

定期的に通院する患者さんとの信頼関係

整形外科は腰痛や膝の痛みがあり通院される患者さんが多くいます。

関節注射やリハビリなどの治療で通院されています。

これらの患者さんは2週間に1回は通院されるため、患者さんとの関係は確立しやすいです。

患者さんも通院の度に声をかけてくれたり、たわいのない話から病気についての話まで多くのことを話します。

定期的に患者さんと関わることで患者さんも看護師に対して親しみや信頼をもって接してくれます。

高齢者の患者さんは通院の際に看護師と話をすることを楽しみにされている方も多いようです。

私も患者さんと関わる中で、

「今日も看護師さんと話ができて楽しかった。また来週ね!」

「1人で家にいるとテレビとしか会話しないから、病院にくると元気が貰える。」

と、患者さんから伝えられました。

リハビリで通院されている患者さんなどはスタッフとの会話も生きがいになっているようです。

話を聞いたり、たわいのない会話でも人を元気つけられたりできる役割ができるとやりがいを感じます。

人と話をすることが好きな看護師は整形外科に向いていると感じます。

看護師さんにだから話せること

患者さんの中には病気や治療に対しての疑問や不安を持っている人も多いです。

しかし、医師には直接聞きにくいこともあるようです。

「先生は忙しそうだから、こんなこと聞いてはいけない気がするんだけど・・・」と悩まれている人もいます。

私は「そんなことないですよ。何か気になることがあるなら何でも聞いてもいいですよ。聞きにくいなら私たち看護師に話してくだされば先生に確認してみますよ。」と伝えるようにしています。

すると患者さんは自分の不安や治療に対する疑問などを話してくれるようになります。

外来で実際に関わっていると、患者さんが自分の悩みは小さいことだから先生に話しても良いのかな?と感じている人も多いです。

「実は来週旅行に行こうと思うんだけど、行っても良いかな?長時間バスに乗るから不安で痛み止めの薬を出して貰いたいんだ。」

「先生に聞くほどのことではないけど、気になっている。看護師さんになら話ができる。」

この『看護師さんになら話しやすい』と感じてもらえる関りができていると感じた時は嬉しいなと素直に感じます。

もちろん医師に直接悩みや疑問を聞くことができるのがベストなのかもしれません。

患者さんにとって医師(先生)は、主治医という面でなかなか遠慮をしてしまいがちになります。

患者さんが安心して治療ができるために看護師という立場で医師と患者さんの橋渡しなポジションが確立できた時はやりがいを感じます。

看護師になら話せる、話しやすいという雰囲気作りを大切にしています。

応急処置の知識が身につく

整形外科で働いていると、怪我や骨折、脱臼などの外傷で受診される患者さんを対応します。

傷ひとつでも擦り傷から縫合が必要な患者さんまで幅広く対応します。

捻挫や骨折、脱臼の時の固定方法、整復の介助方法など業務を行うことで自然に知識をつけることができます。

外傷の患者さんをみるとアイシングや止血、安静肢位の固定など自然に処置の方法を行うことができます。

私もプライベートでレジャー施設に旅行に行った際に、人が倒れている場面に遭遇したことがあります。

その方はうつぶせに倒れ、顔をぶつけて出血している状態でした。

倒れている人の付き添いの方に「どうされました?大丈夫ですか?」と声をかけ、状態を確認しました。

倒れている人を仰向けにし、声をかけると意識がありました。

持っていたタオルで傷の部分を止血し、レジャー施設のスタッフの人を呼ぶように指示を行いました。

すぐにスッタフがかけつけ、救急搬送の手配をしてくれ、私はその場をスッタフさんにお任せしました。

緊急時なので応急処置や救護を呼ぶことしかできませんでしたが、日頃外傷患者さんの対応をしているとこういう場面に遭遇した時にも対応できます。

緊急時に看護師として対応できると看護師として働いていて良かったと思うことはあります。

近年、自然災害や地震など起きています。

整形外科の知識は、このような場面に遭遇した時にその知識を活かすことができる診療科のひとつであると感じます。

看護師として役立つ存在になることでやりがいを感じ、自分のスキルに自信を持つことができます。

小さな子どもの憧れ

整形外科には小さな子どもから高齢の方まで幅広く受診されます。

怪我や骨折で小さな子どもが受診した時には、恐怖心や不安の軽減も必要です。

大人への対応と小さなこどもへの対応は違います。

レントゲンを撮る時も怖い思いをすることもあります。

診察時に優しく、分かりやすくかかわることが大切です。

そんな中、子どもと関わっていると、「大きくなったら看護師さんみたいになりたい。」と言われたことがあります。

「優しくて、かっこいい」と子どもながらに素直に伝えてくれました。

子どもだちの将来の夢や憧れを与えられる存在になれることは素直に嬉しいです。

そう思って貰える関りができたことにもやりがいを感じます。

整形外科看護師の仕事でやりがいを感じるために私がやったこと

私が看護師として働く中で大切にしていることをご紹介していきます。

話しやすい雰囲気作り

患者さんが不安なく治療を行うためには看護師に話がしやすい雰囲気作りを大切にしています。

病気を治すには患者さん自身がきちんと病気に対しての理解や受け入れが必要です。

患者さんの中に疑問や不安があると、治療に対しても消極的で間違った解釈をしている場合も少なくありません。

看護師がきちんと病気や治療に対するフォローを行うことも大切です。

患者さん自身の悩みや疑問を引き出す関わりも大切だと感じています。

医師にも直接聞きにくい、看護師は忙しそうで話しかけづらいという状態では治療はうまく進みません。

患者さんも「早く良くなろう」と思う気持ちや「本当に良くなるのかな・・・」と不安を持ったままだと病気も良くなりにくいと感じます。

何か不安に思ったときにすぐに話をしやすい関係作りは大切です。

「看護師さんに話をして良かった。これから頑張って治療ができそう。」と前向きな声をきくと看護師自身のやりがいにも繋がります。

看護師の患者さんとのコミュニケーション能力のスキルアップにも繋がると感じます。

患者さんに分かりやすく、伝わりやすい説明

医師は良く説明するときに、つい医療用語で説明してしまいがちです。

患者さんはその時は「はい」とうなずいていますが、後から確認すると理解していないことが多いです。

「実は良く分からなかったけど、はいといってしまった。」という話はよくあります。

私たち看護師にも同じことが当てはまります。

普段から医療用語や医療についての知識がある私たちは病気や治療の説明をきいてもすんなり入ってくると思います。

しかし、患者さんは別です!

患者さんにとっては病気の名前や薬名、病気の内容を聞いても疑問だらけです。

「大腿部」と説明をしても体のどの部分を示しているのか分かりにくいですよね?

患者さんに分かりやすく伝えるには「足の太ももの部分」というように誰が聞いてもわかりやすく説明する必要があるのです。

患者さんの表情や帰って来る言葉に注目してきちんと理解できているのかを観察しながらコミュニケーションをとるようにしています。

分かりやすい説明をするとこの看護師さんの説明は分かりやすい、分からないことを聞いても大丈夫だという安心感に繋がります。

そして、きちんと病気や治療について理解して貰えると治療もしやすく、効果も期待されやすいのです。

疑問点はその日の内に解決

看護師をしていると日々分からないことや勉強しなくてはいけないことが出てきます。

医療は日々進化しているため、新しい情報もどんどん入ってきます。

仕事で分からないことがあるが、忙しいとつい後回しにしてしまいがちですよね。

後回しにしてしまい、きちんと後々勉強して理解することができればいいのですが、忙しいとそれもできないままの状態も多いです。

そして、疑問に感じたことを忘れてしまい、業務で同じ場面に遭遇した時にまた失敗をしてしまうということがあります。

私は疑問に思ったときはその日の内に解決するように心がけています。

自分で疑問点を調べ、分からないことは先輩に確認しておき、次に同じ場面にあったときは理解して業務を行うようにしています。

そうすることで疾患や治療、看護技術を自分のものにできるようになるからです。

日々の業務で知識を身につける

復讐をしたり、再学習をすることは看護師として大切です。

実際に看護師の仕事は忙しいのでなかなか自己学習の時間を取ることも難しいこともあります。

効率よく仕事をするためには業務中に知識を身につけるということも大切です。

実践したり、見学するときにただ見学や実践するのではなくそのやり方や方法、なぜそのように行う必要があるのかなどを考えながら行います。

ただ日々の業務を行っていくより、仕事をしながら技術や知識を高めようとすることで効率よく仕事を行える技術も身につけることができます。

仕事ができるようになることで自分の自信にもなりますし、スキルアップすることでやりがいに繋がります。

その結果でれば周りからも評価して貰うこともできます。

まとめ

整形外科のやりがいについて今回はご紹介してみました。

整形外科の患者さんは精神面では比較的元気で、回復をしていく方は多いです。

そのため、患者さんとコミュニケーションをとる機会が多いのが特徴です。

やりがいも患者さんと関わる中で得られることが多いのではないかなと感じます。

看護師として信頼し、頼られることはやりがいに繋がります。

何か人のために役に立ちたい、患者さんに元気を与えられる看護師になりたいと思える人には整形外科でやりがいを感じ仕事を行えることができると思います。

今回のやりがいを読み、共感できることがあれば今後整形外科で働くことを検討してみてはどうでしょうか。

また、整形外科以外でも同じような体験ができるやりがいもあると思います。

看護師としてやりがいを感じ、それを活力にできるきっかけ作りになれたらいいなと思います。


関連キーワード

整形外科看護師求人

整形外科看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

整形外科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや活かせる経験について解説します

看護師とはいっても、それぞれの診療科での特性がありますが、その中でも特徴的な整形外科看護師の仕事について、今回はご紹介したいと思います。整形外科はいったいどんな仕事内容なの?どんな経験を活かせるの?などの疑問にも答えます。整形外科看護師はどんな仕事?整形外科とは、骨折や捻挫、打撲、断裂などの外傷的疾患、関節の慢性変性疾患、脊髄疾患、脊椎疾患、ヘルニア、骨粗しょう症などの症状の完治や改善を目的に治療をします。けがや疾病を抱えた患者さんが回復していくことをサポートすることが看護師の仕事内容となってきます。整形外科看護師の大まかな仕事内容基本的な看護技術であるバイタルサイン測定や点滴、採血、注射など

整形外科の看護師への転職で失敗しないために知っておくべきことや人気の病院を教えます!

今回の記事は「整形外科に転職したいんだけど・・」と考えている方に整形外科の看護師への転職で失敗しないための心構えや知っておくべきことを紹介したいと思います。整形外科の看護師への転職で失敗しないために知っておくべきことゆずれない条件を考えてみよう整形外科で働きたいと思い、仕事探しをしようと考えた後にゆずれない条件を明らかにしておくことをおすすめします。例えば、「残業が少ない」「勤務地の利便性がいい」「福利厚生制度がしっかりしている」「給与が今のところよりもいい」などの条件を組み合わせていきます。その中でも、もっとも優先したい条件のうち最優先する希望の条件をピックアップして、その条件を満たす病院を