看護師は需要が多く、売り手市場であるとはいえ、それでも転職活動や入職・退職は決して楽なものではないため、できれば転職は失敗したくないですよね。

しかし、看護師で転職に失敗する人にはいくつかの特徴があります。

何度も転職を繰り返してしまうという方や、どうしても転職に失敗したくないという方は、ぜひ目を通して置いてほしい内容です。

看護師の転職で失敗する人の5個の特徴とは?

看護師の転職で失敗する人の特徴には何があるのでしょうか。

共通して言えるのは、主体性がないことや、計画性がないことです。

転職をするということは、自分自身と向き合うことでもあります。

また、自分がなにを大切にして何については妥協できるのかが分かっていない人は転職を繰り返しがちです。

具体的に見ていきましょう。

自分がなんのために転職したいのかを明確にしていない

まず、転職をしたいと思い、転職活動を始める理由はどうしてですか?

実は、転職エージェントに登録してくる看護師さんの中でも意外と多くの看護師さんが「自分がなんのために転職したいのか」があやふやなまま登録していることがあります。

給与が不満だから?

人間関係にうんざりしたから?

激務に耐えられないから?

あるいはスキルアップのため?

また、これらの理由が複雑に絡み合っている場合もあります。

とはいえ、一番の理由はなんなのか、また絶対に転職先について譲れないことはなんなのかをまずはきちんと整理しましょう。

自分がなんのために転職したいのかが明確になっていない状態で転職活動をしても、軸がぶれてしまいますし、何を基準に転職先を選べばいいのかわかりません。

その結果、実は給与が不満で転職したいと思ったにも関わらず、転職後の方が家から職場までが近くなったものの給与が下がっているなんてこともあります。

これでは本末転倒です。

そしてこういう看護師はまたしばらくすると「給与が低いのが不満」と転職活動をすることがあります。

転職先を決めるときも「転職エージェントの担当者がここが良いって言ったから」など自分で決めたという意識がない

人は自分が決めたことに対してはやり遂ようと考えたり、責任感をもって取り組むものです。

しかし、転職先のうちいくつかの医療機関の中から内定をもらったにも関わらず、自分では決めることができず、転職エージェントの方が「ここが一番あなたの希望に合っていますね」と言われ、「じゃあそこに入職します。」という決め方をした場合、とても危険です。

転職してからしばらくたって、なにか嫌なことや仕事で辛いことがあったときに「あの時あの転職エージェントの担当者に決められたこの医療機関はまちがっていた」と責任転嫁してしまう可能性があるからです。

いくつか候補があり、その中でも悩んで自分なりに比較をしたり調べたり内部の人からも話を聞いた上で、自分で決めていたのであれば、そのようには思わないはずです。

どうしても「人が決めた」というのは、その瞬間はお任せできて楽かもしれませんが、最終的にはその人のせいにしてしまうことがあります。

転職エージェントは情報を提供してくれたり、転職活動にまつわる調整ごとや、あなたの話を聞いてこれまでの経験をもとに、最適な職場をおすすめはしてくれますが、あなたの人生すべてにおいて責任を取ってくれるわけではありません。

あくまで提供された情報をもとに決めるのは自分であることは忘れないようにしましょう。

転職先に求める優先順位や、逆にここは諦めても良いというポイントが整理されていない

自分自身で提供された情報をもとに決めるためには、まず転職先に求める優先順位や、逆にここは諦めても良いというポイントが整理されていなければいけません。

なんのために転職するかを明確にしたうえで、「年収は今よりも●%あげたい」「残業は絶対にしたくない」など3~5つ程度の譲れないポイントをあげておきましょう。

逆に、「家からは少しくらいは遠くても平気」「夜勤があっても平気」など、妥協できるポイントも同じく整理をしておきましょう。

共に明確になっていないと、いざいくつかの内定先で迷った時や、あるいは1つしか内定がもらえなかったときにそこに転職すべきか、現職に残るべきかの判断ができなくなってしまいます。

漠然と考えようとしても難しいと思いますので、具体的にいくつかの求人を見ながらやっていくとやりやすいです。

たとえば、ある病院の求人票を見て、「残業月30時間程度」という情報を見た際、「うわっ、多い」と思うか「そのくらいなら普通だな」と思うかどうかは人により異なります。

また、その医療機関の最寄駅を見て、実際に自分が毎日通うことを想定して「ってことは朝7時電車に乗って……」など具体的に想像することで、「ちょっと遠すぎるな」「できれば通勤は40分以内がいいな」など具体的な数字が出てきます。

そうすることで、漠然と「1時間以内」と答えるよりも、入職後のギャップが減ると同時に、転職先を探しやすく絞り込みやすくなるというメリットもあります。

正直すぎて、面接で全てを話してしまう

続いては、転職活動をしても内定が出ない理由です。

面接では嘘をつくことはもちろんしてはいけませんが、正直すぎるのも良くありません。

たとえば、「うちの病院を志望した理由はなんですか」と聞かれ、「前の病院の院長とケンカして勢いで辞めてやったからです」などと回答するのは良くありません。

この場合は、嘘ではないけれど本当でもない志望理由を話すことが大人の対応となります。

たとえば呼吸器科の有名な病院であれば、「これまでは脳神経科にいましたが、呼吸器についても学びたいと考え、呼吸器科に力を入れている御院を志望しました」というように、退職の理由には触れずに志望理由を話すこともできます。

また、自分の能力などについても、誇張することは良くないですが、やる気をみせることはとても大切です。

「その治療については経験がありません」で終わるのではなく、「その治療については経験がありませんが、これから勉強していきたいと思っています」と回答するだけでも印象は大きく変わります。

転職先について調べることをせず、見学などもしない

転職活動について、転職エージェントにまかせっきりで主体性を持たずに転職先について調べることをせず、見学などもしない看護師もいます。

そういった看護師は下調べ不足が原因で面接でボロが出たり、とんちんかんなことを言ってしまい、内定がでないこともあります。

また、仮に内定が出たとしても、下調べや見学をしていないがために、入職後に「こんなの知らなかった!」「こんなはずではなかった!」と後悔することが多くあります。

看護師の転職で失敗しないためにすべきこと

それでは、看護師の転職で失敗しないためにすべきことにはどんなことがあるのでしょうか。

絶対に失敗したくないと考えている方は、以下でご紹介していることを3つ必ず全て行うことをおすすめします。

自分の得意不得意、好き嫌いを把握する

「転職先に求める優先順位や、逆にここは諦めても良いというポイントを明確にする」と前述しましたが、そのためにはまず自分の得意不得意、好き嫌いを把握する必要があります。

たとえば、どんなに「スキルアップのために転職したいので、残業が多くても頑張る」と思っていたとしても、ハードワークに耐えられないタイプであれば長続きできません。

また、「特別養護老人ホームが楽そうだし給与も良いので転職したい」と思ったとしても、高齢者の方と接するのが嫌いなのであれば毎日の仕事が苦痛なものになってしまいます。

このように、自分の得意不得意、好き嫌いを把握するためには、転職エージェントに細かく自分の仕事について考えていることを話すことが大切です。

自分でも気が付いていなかった自分の得意不得意、好き嫌いを知ることができることもあります。

転職エージェントを使わない場合であっても、友だち同士で質問をしあったり、あるいは自分のことをノートに書いてみるなどして確認することができます。

たとえば日記をつけている人であれば、「今日はこんな嫌なことがあった」と書いてある日に何があったのかをみて「そうか、私はオペのある日はなんだかブルーな気持ちになっているな」とわかれば、オペナースは向いていないのかもしれないと考えたり、「自分のペースを乱されるのが嫌だ」と自覚しているのであれば、職場から離れているタイミングなのに「オンコールを持たされるのは自分のペースを乱されるので嫌なのではないか」と経験したことがなくても予測することができるようになります。

このように、自分自身の傾向と対策がつかめていれば、実際に働いたことのない職場であってもあらかじめ予想し、向いているのか向いていないのか、あるいはやっていけそうなのかどうかを見極めることができます。

逆に自分自身の傾向と対策がつかめていない場合には、面接時などには「なんとなくできそうな気がする!頑張る!」と思っていても、実は全く不得意で向いていなかったりして、あとから「やっぱり私はこの病院に向いていないことがわかったので辞めます」となってしまいます。

そうすると、採用した医療機関側も「向いていないかどうかは事前にわからなかったのか!?」とがっかりし怒りを覚えることもあります。

少しでも気になることは必ず面接時や見学時にすべて確認する

転職活動の面接や試験というと、どうしても自分だけが判断される側にいるような気持になってしまいますが、実は立場は対等で、あなたも転職先の医療機関を「面接している」ということは忘れないようにしましょう。

そのため、面接中や転職活動の途中で気になることがあれば、必ずどんなに小さなことでも質問することをおすすめします。

入職後に後から気が付いたことが、どうしても自分の条件とは合わないものや、譲れないポイントであるということもあります。

気になることがあれば、どんどん質問して不安や疑問を解消しましょう。

可能であれば、見学時や面接時にその医療機関の担当者に確認することが大切です。

給与交渉のように、聞きづらいことや確認するのに少しでも抵抗があることについては、もちろん転職エージェントを経由して質問することもできますが、差支えない範囲であれば自分で直接質問したほうが、間違ったニュアンスや意図で伝わる心配もありません。

また、「質問はありますか」と聞かれて「何もありません」と答えるよりも、いくつか質問をしたほうがやる気があることや、主体的に動いていることをアピールすることもできます。

完璧に理想通りの職場はないことを認識する

最後に、「完璧に理想通りの職場はない」ということを肝に銘じておきましょう。

結婚も家さがしも転職も同じなどと言われることはありますが、自分の理想とすることがすべて叶う職場はありません。

どんなに素晴らしい職場でもひとつくらいは自分の理想とは違うなと思う箇所があるものです。

そのため、「転職先に求める優先順位や、逆にここは諦めても良いというポイントを整理する」ことが重要となります。

「2つ嫌なところがあるけれど、理想が4つも叶っている」という職場があれば、そこは充分あなたにとって「働きやすい職場」です。

しかし、「完璧に理想通りの職場はない」ということを認識できていない看護師は、何度転職しても「ここが気に入らない」「ここが自分とは合わない」といって永遠に転職をくり返し、どんどん年収が下がってしまったり、自分のやりたいことができなくなってしまったりします。

転職先は「総合評価」で決めましょう。

各項目が合格かどうかでみていくと、ひとつでも不合格のものがあったときに我慢できなくなってしまいます。

まとめ

今回は看護師で転職に失敗する人の特徴や、看護師の転職で失敗しないためにすべきことについて解説しました。

何度かやり直しができるものであるとはいえ、あまり転職先を増やすのは自分にとっても人間関係をイチから作り直したり、新しい職場のルールを覚えたりと大変なもの。

できれば最小限の回数に押さえ、働きやすい環境で長い間勤めることができるためには、看護師の転職で失敗しないためにすべきことをしっかりと行ったうえで転職活動に臨みましょう!

転職する時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

看護師転職