ここでは東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境について、おすすめの働きやすく年収が高い病院を紹介します!

これらは病院の中の病棟においても様々です。

ただ「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。

働きやすさを取るか、年収を取るかではなく両方取れるところをこの記事で見つけましょう!

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

東京の看護師の転職事情とは?

そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。

さらに最近になってこれ〝苦しい〟が加わり4Kと言われるようになりました。

このような事情からやはり看護師自体を辞めてしまう人も多く、転職を考える人は東京だけでもかなり多いです。

また転職する世代は、業務が増えてくる幹部クラスの人たちが多いのが現状です。

理由は「業務量に対して給料が割に合わないから」が多くを占めているでしょう。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?

年収は〝現状より上〟が必須条件

よっぽど今働いている職場環境が嫌で嫌で仕方ない限りを除き、月にもらえる給与や年収、ボーナスは現状より上がいいのはもはや暗黙の了解に近いでしょう。

ただそのような条件を提示できるのは、前職でそれなりに実績を残してきた人が言えることで、実務経験が少ない2年目、3年目の看護師は現状維持がベストと言えるでしょう。

目指したい仕事環境①:人間関係が良い職場

看護師が転職しようと考える原因の1つとして挙げられるのは職場の人間関係がひどいということです。

職場でいじめられている人がいたり、看護師同士の派閥や、お局看護師がナースステーションの実権を握っているところなど職場によってさまざまですが、はっきり言って関係ない人や興味ない人からするとただの迷惑にすぎないのです。

看護師の世界はまだ女性が多い世界なので仕方がないと思うでしょうが、男性同士の職場関係が悪い所も実在してきています。

誰だって職場の人間関係が悪い所で働きたいとは思いませんよね…。

目指したい仕事環境②:医療器具がしっかりそろっているところ

病院の設備や医療器具が足りない…物資は少ない…というトラブルは看護師にとっては「事故現場じゃないんだから!物資がないってどういうこと!?」という気持ちになりますし、それが逆にストレスに変わります。

実際に物資が生理食塩水などの物資が足りないときに私もイライラしました。

東京では滅多にないことなのですが、できれば最新医療器具や物資があるところで働きたいものです。

目指したい仕事環境③:休日がしっかりと確保できる職場

労働基準法により看護師の勤務終わりから次の勤務までの時間は規定以上を確実に与えることになっているのですが、それを無視してしまっている部署もちらほらあります…。

夜勤明けで帰ってきたのに数時間後に準夜勤で出勤しないといけないことがあったり、ひどいところでは3日連続夜勤というところもあります。

そのようなところでは体を壊しかねませんよね。

看護師は休日がしっかりとれるところを探しています。

目指したい仕事環境④:人員が足りている職場

看護師の人数が足りていないところでは出勤回数が増え、前述した労働基準に反した状態になります。

また勤務時の人数が多ければしっかりと自分の受け持ちに目を向けられるので絶対に人員が足りているところを選びたいと思うはずです。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

働きやすく、また年収入が高い病院なんてあるのでしょうか?

実はあるんです!

聖路加国際病院

聖路加国際病院は看護師の間ではダントツで転職候補に挙がるくらい人気の病院です。

休日も〝完全週休2日制〟なので休日もしっかり確保でき、かつ都内トップクラスの給料の高さを誇ります!

ただ、やはり人気があるだけに転職しようと思っても難しいのが現状です…。

順天堂大学医学部附属 順天堂医院

順天堂大学医学部附属 順天堂医院は都内トップクラスの大学病院です。

これから紹介する大学病院も含めて言えるメリットは、やはり給料の高さです。

働きやすさを重視する看護師もいれば少し過酷でもいいから給料が高いところがいいと考える看護師もいます。

給料の高さを重視し、また最先端の医療や看護に触れて学びたいと考えているのであれば都内ではここがおすすめです。

慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院も大学病院なので給料は高いです!

また働きやすさにも力を入れていて、有給休暇には特に定評があります。

また慶応義塾大学というブランドもあり、病床数も1000を超える大きい病院なので、働きやすさというより看護師としてのスキルをもっと上げたい人におすすめの病院です。

東京慈恵会医科大学附属病院

東京慈恵会医科大学附属病院は福利厚生が充実しており、看護師に優しい病院です。

病床数も1000を超えており、都内では知らない看護師はいないくらい有名な病院となっています。

給料も他の3病院と比べると少し下がりますが、経験年数や実績で考慮されるので転職後の悩みにはさほどならないでしょう。

看護師の転職で気を付けるべきこと

辞めてから転職活動をしないこと

辞めてから転職活動をするとなぜいけないのでしょうか?

理由は3つほどあります。

理由①:収入源がなくなる

転職活動は1発で決まれば問題ないのですが、決まらない時間が続けば続くほどお金がかかります。

ある程度蓄えがあるから大丈夫だと思っていても、転職先が見つかってから辞めるに越したことはありません。

なににいくらかかるかわからないのですから!

理由②:業務経歴に空白ができる

これも転職活動がすぐ終われば問題ないのですが、もしすぐ決まらなかった場合、前の職場を辞めてしまっているあなたはただのフリーターになってしまいます。

転職活動が続けば続くほど空白の時間も増え「この時期は一体何をしていたんですか?」と聞かれてしまいます。

なるべくなら空白を作らないことが良いでしょう。

転職できなかった場合戻れない

転職できないなんてあるの?と思うかもしれませんが、実際それで泣く泣く看護師を続けることをあきらめてしまった人もいます。

正直言うと、もう昔のように看護師は引く手数多という時代は終わりを迎えています。

近い将来看護師のリストラが始まるといわれるくらい看護師の数は増えてきています。

そんな中でもし転職できなかった場合、稼ぐことができなくなってしまうのって怖くないですか?

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

以上が東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境についてと、おすすめの働きやすく年収が高い病院の紹介でした!

看護師の転職はそんなに簡単にできるものではありません。

正直厳しいことがたくさん起こるでしょう。

ただもしあなたが体を壊すほど悩み、最悪死まで考えてしまうのであればすぐその職場からは離れましょう。

厳しいことを述べておいて矛盾しているように聞こえますが、そのように悩んでいる人を救ってくれる職場は必ずあります。

諦めずに看護師を続けてほしいという願いを込めて。

看護師転職サイトを利用するときは、こちらの記事を参考に!

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師転職

看護師転職についてもっと深堀りした情報を見る

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、何度か転職を考えたり、実際に転職をする事も何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多い為、自分が出来るのか、難しいのではないかと思う人ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探す事は大変な事です。話しだけではなかなか分からない事もあるでしょう。実際に体験する事が1番ですが、ここでは内科の看護師の転職について体験談も含めてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて「手術がありません」傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。その為比較的簡単なのではないかと

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職にはたくさんの病院の情報があります。都道府県の中で都心の病院や地域の病院などで少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治すという所で変わりはありませんが、どんな病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になる所でしょう。もちろん同じ所で働く事が出来れば良いでしょうが、家族の転勤や引っ越し等があると、今まで行った事のない所で働かなくてはならなくなる事もあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時は誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良い?自分がどういう病院