看護師の転職を目指す皆さんは、どのようにして新たな仕事を見つけているのでしょうか?

今回は、東京の看護師転職サイトのおすすめ5選を紹介します!

また、看護師が見て良かったサイトを厳選し、それぞれのサイトのポイントも紹介していきます。

看護師の転職は他職種の企業とは違うところがあります。

経験している科によって優遇度も違うので、それだけ転職サイトは看護師にとってかなり重要視されています。

これからの看護師としての生活を失敗しないため人もこの記事を参考にしていただければ幸いです。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師のオススメの転職サイトと転職エージェント5選

筆者が活用したオススメの転職サイトや転職エージェントをご紹介します。

どれもオススメではございますが、実際は見比べて頂きながら、ご自身に合うものを見つけて頂ければと思います。

マイナビ看護師 

https://kango.mynavi.jp/

マイナビ看護師は看護師の求人・転職サイトの中で2年連続で1位を獲得している転職支援サイトです。

認知度が高いということで、数多くの看護師が転職に関して、マイナビ看護師を利用しているということになります。

認知度や人気が高い転職支援サイトは、必ず登録しておいた方が良いので、ぜひ登録しておきましょう。

看護roo!

https://www.kango-roo.com/career/

看護roo!

は転職だけでなく、看護学生に向けた参考書の販売や、国家試験対策の過去問なども出版しており、支援も行き届いている会社なので看護学校時代にお世話になった人も多いでしょう。

そのため、看護師の転職に関しても東証1部上場会社なので転職を専門としているプロのエージェントとの仲介が可能です。

また、看護師の転職満足度も96.2%とかなり高い数値をたたきだしているので、登録をしておいて損はないでしょう。

一般公開されていない求人に関しても看護roo!の特徴としてあげられているので、自分で探すよりも就職先が早く見つかりますよ。

看護のお仕事

https://kango-oshigoto.jp/

看護のお仕事も、他の転職サイトと比べても遜色ない転職支援サイトです。

ここのサイトの特徴としては、アドバイザーの対応満足度がどのサイトよりも優れているという点です。

転職をする時は必ずエージェント、もしくは担当スタッフとお話をすることがあり、ます。

電話越しであってもその人との会話の中でだいたいの印象はわかりますし、少しでも嫌なスタッフだなと思ったら転職サイトを違うところに変える人はたくさんいます。

しかし、このサイトは対応満足度が1位なので、あなたにあった就職先を最後まで丁寧に探してくれるでしょう。

ナースではたらこ

https://iryo-de-hatarako.net/

ナースではたらこも懇切丁寧な対応が特徴の転職支援サイトです。

担当スタッフとの面接もあるので、面接に不安がある人でも安心のサポートを受けることができるのがうれしいところです。

また、ナースではたらこでは特徴あるサービスとして、【逆指名】というサービスがあります。

これは、働いてみたい職場や医療機関がある場合にこちらから指名して応募するという制度となっています。

転職サイトの担当スタッフが、利用者の代わりに希望する医療機関に求人募集の有無、また、面接の条件などを確認して、面接までセッティングしてくれるという、至れり尽くせりのサービスとなっています。

例え求人が出ていない医療機関でも、あなたの担当スタッフが代わりに求人があるかどうか確認してくれるので、自分で直接交渉するよりもスムーズに進めることができます。

さらにこの逆指名制度は、看護師以外の保健師や助産師にも対応しているというのがとても優れた点でしょう。

リクルートナースフル

https://nurseful.jp/

リクルートナースフルは、業界の中でも最大の求人数を誇る大手の看護師転職支援サイトです。

最大求人数なので、いろいろな求人を見ることができますし、毎日違う求人が送られてくるので追いつかないくらいでした。

実際に私はここを主に利用していたのですが、かなり手厚いサポートをしてもらいました。

求人数の多さと非公開求人の多さには定評がある企業なので、色々な企業を見てみたいと考えている人にはオススメです!

看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと

口コミだけで判断しない

看護師の転職サイトとは別に各病院の看護師が書き込みをしている口コミサイトがあります。

会員登録するとそこで働いている人のリアルな現状を知ることができます。(正直あまり信じてほしくないです…結構なデマや誇張された情報もあるので。)

どこの職場もいい面と悪い面の両方を持ち合わせています。

その中でも、自分の求める条件が良い面に入っていれば、自分にとっては良い職場なのではないでしょうか?

すべてが良い条件で悪い所がない職場のほうが怖いと感じられるようになってくださいね。

転職エージェントの言葉だけを鵜呑みにしない

転職をする際にエージェントを仲介すれば、自分からアポを取る必要もなければ、給与交渉や日程調整などもする必要はありません。

ただ、転職エージェントも内定率(契約数)を上げたいという気持ちがあるので、エージェントによっては良い部分のみ紹介してすぐ面接、内定の方向にもっていこうとする人もいます。

私を仲介してくれていた当時のエージェントはかなり良いエージェントで、焦らせることもなくじっくり考えてくださいと常に言ってくれました。

また話せる範囲の悪い面も教えてくれました。

私の前の職場での境遇を知っていたからかもしれませんが、かなり好条件の職場を紹介してくれてとても感謝しています。

エージェントによって対応は様々ですが、転職する人はあなたであってエージェントではありません。

最後はあなたが決めることなので、なんでもかんでも鵜呑みにせず、しっかり見定めましょうね!

退職する前に転職先を決めておいた方が良い

これも他の職業でもいえることなのですが、転職活動は意外とお金がかかります。

また、退職後に転職活動を始めると、それだけ働いていない空白の時間ができます。

その空白の時間は、長くなればなるほど採用する側としては危機感がないと判断するでしょう。

結果としてあまり転職に真剣ではないのかもと捉えてしまうことも。

そうならないように転職活動は在職中に行うのが良いでしょう。

ただ、働きながら転職活動はかなりきついので、転職エージェントを活用しましょう。

そうすればあなたの希望を伝えるだけで、あとはエージェントが採用先と調整をしてくれます。

他にも転職での注意点は、こちらの記事を参考に!

看護師の転職を成功させるためには何をすれば良い?

前の職場の情報を細かに履歴書に記載する

転職を成功させるためには最も重要視されるのが履歴書の内容でしょう。

あなたがどこの病院のどこの科でどれくらい働いていて、どのような経験や学びをしてきたかを、採用する側としては知りたい情報です。

よく募集先とは全く関係ない分野だから内定もらえない…なんて声も聞きますが、一概にそんなことはありません。

例えば一見糖尿病と小児科は関係ないように思えますが、小児にも先天的に糖尿病を患っている人もいます。

小児科で1度でも糖尿病の患者を受け持っていれば、そこでの経験や学びを履歴書に書いて構わないんです。

むしろ1度でも経験したことを書かないのはかなり損でしょう。

自分の所属していた科ではない患者を受け持った経験を持つ人はそのことも書きましょう。

採用する側としてはその裏を見ることが多く、「この人は前の職場でイレギュラーな対応ができる人材だったんだ」と捉えます。

嘘は絶対にNGですが、経験したことは絶対に書きましょう。

それが転職を成功させるための大きなカギになります。

募集先の情報も必ず把握する

これは大学生の就職活動にもいえることなので、当然と言えば当然なのですが、募集先の情報は必ず事前に頭にインプットしておきましょう。

少なくとも面接前には、その募集先の公式ホームページくらいは目を通しておくことが基本です。

だいたいどうして私たちのところを選んだのですか?と聞かれます。

採用担当としては一緒に働きたい人材を選んでいるわけですから、少しでも自分たちのところに興味を持ってくれている人が欲しいと思うのは至極当然です。

「家から近いから」や「給料が前より良いから」などの理由は絶対に理由にしてはいけません。

退職理由はありのままを答えよう

転職活動をしていれば、必ず聞かれることの1つとして「どうして前の職場を退職したのか?」が挙げられます。

実際に私も転職をしたときは聞かれました。

私の場合は家に帰れないほどの激務と人間関係のいざこざ、いやがらせが原因で体調を崩してしまったことが退職の理由だったのですが、その理由を偽る必要はありません。

ただ1つ注意する点としては言葉の使い方に気をつけましょう。

なにも考えずに「あの病院のこの病棟は人間関係が最悪で嫌になってやめました」なんて面接で言われても聞いてる側はかなり不愉快です。

嘘はつかなくても良いですが、ある程度オブラートに包んで話すことが社会人としては大事です。

私の場合、かなりオブラートに包んだ結果、当時面接をしてもらった上司に「本当につらい経験をしたのね…話し方で悪く言いたくない気持ちと優しさが伝わりました。今すぐ採用してあげたい」という奇跡に近い言葉をいただきました!

転職するにあたっての必要な心構え

環境が変わることはかなり大変だということは覚悟しておこう

他の企業への転職も同じなのですが、転職=今までの環境から離れるということです。

職場の人間も違ければ今まで接していた患者も全く違います。

そのため、スタッフも患者も新しく人間関係を構築していく必要があります。

実は転職後のストレスは、だいたいこの人間関係の構築に多くを占めているといっても過言ではありません。

転職したばかりだから腹を割って話すこともできなければ、嫌と断ることも難しいです…。

ただ、誰もが通る道なのであまり気負いする必要はありません。

あなたがどんな人なのか相手も様子をうかがっているので、自分から積極的にコミュニケーションを取りにいきましょう。

受け身でなくなることで自己達成感という成功体験が積まれて、ストレスも少しは軽減されるでしょう!

前の職場と技術の方法が違う

転職後のつまずく点として、前の職場と看護技術の方法が違い、慣れないという点があります。

院内異動などを経験している看護師の方にはあるあるなのですが、同じ病院でも部署でやり方が違う技術や教えている方法が違うことがあります。

全く違うということはないのですが、ちょっとした違いが意外とつまずく原因になります。

ただ1か月もすれば体が覚えて気にならなくなるので、軽く心構えをしておくくらいでよいでしょう。

私もいくつか違う方法で行なっていたら「前の病院ではそのやり方だったの?」と聞かれることがありました。

その時心がけていたのは「ここではどんな方法で行なっているんですか?」と聞きましょう。

あなたにとって新しい発見にもなりますし、もしかしたら新しいやり方のほうがあなたに合っているかもしれません!

自分と合わない人間は必ずいる

どんなに条件の良い職場に転職しても必ず1人は自分と合わない人間はいます。

これはもう避けられないことなので、諦めが必要です。

私の場合、転職後の直後に「うわ、苦手かもしれない」と思った先輩がいて、しばらく敬遠しながら様子を見てたのですが、今では何でも言い合える仲になりました。

最初は最悪の印象だったとしても、思い切ってぶつかってみたり、なにかアクションを起こすことでその人の特徴が見えてくることもあるので、合わないと思ってもすぐ違うところの転職や退職は考えないようにしましょうね。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

看護師の転職は経験を積んでいればそれほど難しいことではありません。

むしろ転職後の方が悩むことは多いです。

転職は全く悪いことではありませんが、それなりの覚悟と決意をもって行ってくださいね。

これから転職を考えるあなたが、より良い環境で看護師として働けることを心から願っております。

東京で看護師に人気の病院は、こちらの記事を参考に!

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい