ドクターが転職する際、どういった転職サイトを使えばいいのか知りたい人向けに、「医師向けの転職サイトのおすすめランキング」を紹介します。

私は実際に医療機関で医師の採用に関わり、様々な転職エージェントを利用してきました。

医療機関にとってドクターの確保は重要であり、経営に直結する場合が多いのが実情です。

医療機関は良いドクターを確保したい、ドクターはより良い条件を求めている。

ここに記載した記事は、私の経験をもとにランキング化していますので、医療機関側・ドクター側の双方にとって有益な内容になっていると思います。

医師の転職サイトは、「求人サイト」と「転職エージェント」の主に2種類の選択肢がある

ドクターが転職を考えた際、「求人サイト」と呼ばれるものと「転職エージェント」という選択肢の中から一般的には転職活動を行っていきます。

「求人サイト」とは、自分自身でインターネットを利用し、自分に合った求人を探していく形になります。

一方、「転職エージェント」とは、求人を探していく上で信頼できる人材紹介会社に依頼し、転職活動を一緒に進めていく形になります。

「求人サイト」でも「転職エージェント」でも、今の世の中にはたくさんの業者さんがあり、これまでに利用した事のある先生であれば信頼出来る業者さんや担当の方がいらっしゃるかもしれませんが、初めて利用してみようと思われている先生はどれを利用していいのか分からないというのが本音ではないかと思います。

医師の転職サイトを選んだ基準

先生方が転職をされる際には、やはり人それぞれに「条件」が異なります。

「給与面」が1番という先生もいらっしゃるでしょうし、「仕事のやりがい」、「勤務時間」、「ポスト(役職)」等々、人それぞれにいろいろな働き方があります。

私が転職サイトを選ぶ基準として、いま記載したような条件に合った求人を探すには何が最も重要か。

それは、「確保している求人数の多さ」にあります。

「求人数が多い=自分に合う求人に出会う可能性も高い」ということに当然なります。

次に考えなければならないのが「企業(担当)への信頼性」だと私は考えます。

単に求人数だけが多くても、「まったく親身に聞き入れてもらえず腹が立った」、「現在の病院へ内緒で行動していたのがバレた」、「ぜんぜん求人内容と違う」などといった話は私もいろいろな先生方から日常茶飯事のように聞きます。

やはり、単に求人だけを持っているだけでなく、企業=担当者との信頼関係がどれくらい構築できるかが鍵になってくると思います。

担当者といっても、目先で自分の成績しか考えていない人もいます。

しかし中には本当に親身になり話をきいてくれ、自分のために一生懸命に動いていてくれる担当者もいます。

私自身も病院の管理職時代にはエージェントを利用した経験があります。

そういった経験や、これまでいろんな先生方に聞いた話、病院の管理職として医師を採用する側として利用していたことなどをトータル的に評価しおススメなサイトの選定をしてみました。

医師向け転職サイトのおすすめランキング3選

1.m3.comCAREER

m3.comCAREERは、業界大手のエムスリーグループ運営の医師「求人サイト」兼「転職支援エージェント」です。

m3キャリアの特徴とおすすめ理由

m3キャリアも基本的にはまずは医療機関から求人を頂き、それをもとに転職を検討している先生方へ紹介しています。

やはり転職される先生方の条件等で求人と相違が出てきた場合は医療機関側と交渉していき着地点を見つけていく。

これは、おそらくどの転職サイトの企業さんでも行っていることでしょう。

m3キャリアと他の企業との違いは、まず担当者全員に「医療経営士」の資格取得が義務付けられていることです。

そのため医療と経営の知識に長けているので、医師側の話を最もよく理解してくれた上で転職支援をしてくれます。

そして次に「チーム体制」を取り入れており、転職活動を迅速に対応・支援してくれることです。

また、エージェントとして最も重要である「交渉力」は、私が見る限りダントツのトップではないかと思います。

これは、担当者個々の話ではなく、企業全体の平均的なもので考えると、数ある転職サイトの企業さんの中ではさすがだと感じます。

しかし、ただ交渉するだけでは意味がありませんよね、やはり応募した側からすれば「結果」がすべてであり、担当を信じている訳ですから。

またその部分を裏切らないのがm3キャリアのプラスな部分です。

すべての求人とはもちろん言えませんが、ほぼ全ての求人に対して応募者の要望と同等か、もしくは更に好条件で取ってくるのが交渉力の凄さですね。

サポートエリア

全国の転職情報を扱っています。

取扱いの領域

m3キャリアでは、以下のように雇用形態もポジションも幅広く扱っています。

  • 雇用形態:正社員・非常勤
  • 業種:医療業中心
  • 職種:医師中心、他(事務系管理職等)
  • 年代:制限なし
  • 年収:平均1,500万~2,000万円(常勤の場合)
  • ポジション:一般職~部長、院長職等

m3キャリアの求人数

やはり大手だけあって求人数は多く、2018年11月14日時点で約25,000兼の求人が掲載されています。

高額年収や豊富な経験や専門性の高いスキルを持った先生方専用のハイクラス求人もあるため、年収アップを狙う医師にもオススメです。

また、非公開求人も多く、転職した医師のほとんどが非公開求人での転職だそうです。

かなりの年収ベースで転職出来る可能性は大。

m3キャリアを利用した転職の流れと、転職者のサポート具合

まずは、ネットから登録を行うと、担当のエージェントが決定します。

そこから希望や条件等を細かに聞き取りを行い、その条件に沿ってエージェントが動いていく形になります。

サポートとしては、利用した9割以上の先生方が満足な転職が出来たと答えているのも確かであり、先述にも記載したように年収UPなどは普通にあります。

応募する先生方も、逆に募集している医療機関サイドも周囲に知られることなく進めていきたいという状況は必ずあります。

ここの部分においては、各担当者の守秘義務の徹底がなされているので、安心して任せられるのではないでしょうか。

m3キャリアの評判

利用した9割以上の先生方が満足といった回答をしていることで悪い評判を聞くことはなくなってきました。

「ころころ担当が変わる」「横柄な態度」も極々たまに聞きますが、大手で担当者もかなり多いため一部そういう担当者がいるという程度でしょう。

転職者の実績

業界大手だけあり、m3キャリアを通じて転職されたドクターは数は計り知れません。

転職医師のほとんどがご自分の希望よりも好条件での転職が出来たとの声が非常に多いです。

2000万円以上の求人やハイポスト求人での転職者数も多く、転職する医師の信頼だけでなく求人をだす医療機関側からの信頼も厚いです。

m3キャリアを利用した転職体験談

私も以前、m3キャリアを利用して転職した経験があります。

私は医師ではなく事務方の管理職でしたが、ちょっと無謀な条件かなと思うぐらいの条件を担当の方にお伝えしました。

やり取り等については省略させて頂きますが、結果はポスト(役職)+給与面に関しては私が提示していたものよりも好条件で転職したことがあります。

このようにやはりm3キャリアは大手だからと胡坐をかいているだけでなく、本当に担当者一人一人が応募してきた先生方の話を親身に聞き、よい転職活動になるようにサポートしている企業ということで選ばさせて頂きました。

2.医師転職ドットコム(株式会社メディウェル)

医師転職ドットコムは、東証一部上場企業の株式会社メディウェルが運営しています。

医師転職ドットコムの特徴とおすすめ理由

医師転職ドットコムの特徴はその求人数の多さにあります。

詳しい数字は下の項目にて記載していますが、業界最大の求人数といっても過言ではありません。

やはり求人数が多い=自分に合った就職先に出会う可能性が高い。

また、医師転職ドットコムでは様々なケースに合わせた求人を持っています。

一概に転職といっても、「年収を上げたい」、「自分のスキルを活かしたい」、「ハイポスト職として働きたい」などなど理由は人により様々です。

そんな希望に沿った形で求人は紹介してくれますし、対医療機関との交渉力も高く、また担当エージェントの情報力や能力の高さなどにも定評があります。

サポートエリア

全国の転職情報を扱っています。

取扱の領域

医師転職ドットコムでも、以下のように雇用形態もポジションも幅広く扱っています。

  • 雇用形態:正社員・非常勤
  • 業種:医療業中心
  • 職種:医師中心
  • 年代:制限なし
  • 年収:平均1,200万~2,000万円(常勤)
  • ポジション:一般職~部長、院長職等

医師転職ドットコムの求人数

求人数については業界最大数と言われており、2018年11月14日時点で約4万件です。

非公開求人やハイクラス求人も多く存在していると言われており、独占・非公開求人が1万件あります。

医師転職ドットコムを利用した転職の流れと、転職者のサポート具合

ネット上よりまずは登録を行い、そこで担当エージェントが決定します。

そこからより詳細に希望や条件等の聞き取りがあり、その条件をもとに求人を探していく形になります。

医師転職ドットコムでは、単に医療機関とのマッチングだけでなく、まずは「現職場を退職するところから」きちんとサポートしてくれます。

なかなか辞めにくいなどの理由がありますが、その部分からサポートしてくれ、極力円満退職出来るようにアドバイスしてくれるというのも信頼されている理由の一つになっています。

医師転職ドットコムの評判

医師転職ドットコムでは、業界大手だけにこれまでにマッチングさせた数も多いだけに、いろいろな声が聞こえてきます。

すべての先生方を満足いく転職にと動いているはずですが、やはり個々の知識や経験の不足等により不満の声があるのはどの会社さんも同じです。

いろいろな声はありますが、大体数は「満足」といった声であり、やはり業界最大の求人数を持っているだけに利用する先生方は担当エージェントが自分に合っているかを見極めて、うまく利用すればプラスな転職が出来るのではないでしょうか。

~満足という声~

  • 「自分に足りないものは責任感や人を統括する力だと思っていたとこ、担当エージェントの方から勧められてクリニックの院長職として転職しました。今では、自分にも自信がつき感謝しています。」
  • 「やはり転職と言えば現在よりも一つ上のランクでと考えていましたが、それ以上の提示にビックリで大満足でした。」

~それ以外の声~

  • 「担当が自分の気持ちを理解してくれない。」
  • 「担当エージェントの知識が不足している。」

転職者の実績

これまでのマッチング数は約11,000件以上。

これまで転職した医師のほとんどが好条件で転職しているはずです。

利用したドクターで私が知っている医師も民間病院の医師(役職なし)から民間病院の院長職へとなっている方もいらっしゃいます。

一見すると、普通の医師から院長?と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、これまで役職がなかったのが不思議なぐらい患者さんからの信頼も厚く、人望もある方でしたので、院長職でも何ら違和感はありません。

それより、それを見抜いた担当エージェントが凄いと私は感心しました。

絶対とは言い切れませんが、普通の人事なら考えにくいものですので、やはり紹介する側も仕事とは言えそのポスト(院長職)を紹介するのもリスクがあります。

ですが、その病院は患者数も徐々にではありますが患者数も右肩上がりで売り上げも伸びているとの事です。

3.リクルートドクターズキャリア

人材業界では最大手のリクルートグループが運営している医師転職サイトです。

医師専門の転職に特化して37年の老舗。

ドクターの支持率も高く、求人量が多いです。

また、自社にてドクター向けの情報誌も発行しており、会社名を聞いたことある医師は比較的多いのではないでしょうか。

私も情報誌を見たことがありますが、訪問医療から最先端医療までの記事や開業するドクター向けの記事などなど興味深いものがたくさんあり、転職を考えるドクターとしては名前も聞いたことのない転職サイトに登録するより安心ではないかと思います。

サポートエリア

全国を扱っています。

扱う領域

リクルートドクターズキャリアでも、以下のように雇用形態もポジションも幅広く扱っています。

  • 雇用形態:正社員・非常勤等
  • 業種:医療業中心
  • 職種:医師専門
  • 年代:制限なし
  • 年収:平均1,000万~2,000万円(常勤)
  • ポジション:一般職~部長、院長職等

リクルートドクターズキャリアの求人数

求人数は2018年11月14日時点で約1万7000件です。

確かに有名企業のグループであるだけに求人数は多いです。

非公開求人やハイクラス求人数となると上の二つの企業に比べると数は少なめなエリアもあるため、併用して利用するのが良いでしょう。

リクルートドクターズキャリアを使った転職の流れと、転職者のサポート具合

上記二つの企業と同じく登録をすることにより担当エージェントが決定し、細かな打ち合わせを経て進めていく形になります。

自分自身でネットを使いある程度の求人検索は出来ますが、具体的な病院名が載っていないため担当に連絡し紹介してもらうことも出来ます。

しかし、やはり担当エージェントに希望等を伝えて、ある程度の絞り込みを行ってもらう形をとるのがベストだと思います。

リクルートドクターズキャリアの評判

リクルートドクターズキャリアでも転職された先生方の大半が満足のいく転職だったという声が多いのは事実です。

リクルートドクターズキャリアさんは、「優秀なエージェントが多い」という声をよく聞きますが、やはりどの企業さんでも担当エージェントがどのような人なのかが重要ではないでしょうか。

中には「レスポンスが遅い」といった声もあります。

通常であれば、「現在確認中です」など何らかの中間報告を入れるなどするところですが、何の連絡もないまま一週間以上待ったというケースもあるようです。

転職者の実績

転職した先生方は、条件面で満足いくような移動を行った実績が多い。

リクルートドクターズキャリアさんの場合、特に耳にするのが「年収」が上がったとの声は聞きます。

年収面に関しては、同年代、地域等を含めた平均額の統計をとっているようで、転職する先生方にとっては目安となるもので、こういったサービスも実績に繋がっているのではないでしょうか。

最後に

今回は、数ある企業の中から大手ばかりになりましたが、私がこれまで先生方に聞いた話であったり、自分が採用する側として利用していた経験を踏まえて3社さんを触れさせて頂きました。

ドクターの転職とは、「今の医療機関に不満がある」、「今の給与に満足していない」、「キャリアアップしたい」などなど理由は様々です。

どんな理由にせよ転職をうまく成功させるためには「求人数」に「担当エージェントの優秀さ」がカギになるのが分かって頂けたと思います。

どの企業さんでも不満の声は担当エージェントの知識不足、密な連絡が取れるか等です。

いくら良い求人がたくさんあったとしても担当エージェントの技量により、もしかしたら今紹介されている医療機関よりも、もっと良いところがあるかもしれません。

ようは転職される先生方がその担当を信頼出来るかどうかです。

人間同士ですのでフィーリングなどもあります。

少しでも疑問を感じた場合は遠慮せずに担当を変えてもらう、もしくは会社ごと変えるぐらいの気持ちでないと良い転職には出来ないのではないでしょうか。

また、転職するということは残される患者さんがいると言う事を先生方はくれぐれも忘れないで頂きたいと思います。

残された職員がいるのも事実ですが、やはり1番は患者さんです。

先生方を成長させてくれたのは患者さんであり、その患者さんのことを第一に考え後任へ引き継ぎ、次なるステージへ行ってほしいと思っています。