管理栄養士って、なかなか求人が見つからないイメージがありませんか?

転職したくても良い求人が掲載されているサイトが分からない。

様々なサイトの求人を比較して就職先を決めたい。

今回はそんな管理栄養士の方に向けておすすめの転職サイトを集めてみました!

管理栄養士の働く場所・仕事内容についておさらいしておこう

管理栄養士は働く場所によって仕事内容が全然違います。

求人を探す前に、管理栄養士の働く場所や仕事内容についておさらいしておきましょう!

保育園・幼稚園

主に園児の食物アレルギー対応や献立作成、調理などを行います。

また厨房の衛生管理や調理職員への衛生指導なども仕事です。

園児への食育に力を入れているところも多く、発達段階に応じた食育活動へ携わることもあるようです。

養護施設

こちらも主に食物アレルギー対応や献立作成、調理などを行います。

安全に食事が提供できるよう厨房の衛生管理や調理職員への衛生指導などもします。

また、発達段階や対象者の状態に合った食育活動などに携わることもあります。

老人ホーム

対象者の禁忌食品対応や献立作成、場合によっては調理なども行います。

厨房の衛生管理や場合によっては調理職員への衛生指導なども行います。

また、厨房業務とは別に栄養ケアマネジメントへ携わったり、栄養相談や栄養指導へ携わったりもします。

主に高齢者の食事についての知識や疾病に対する知識、嚥下障害に対する知識が必要になってくるかと思います。

病院

患者の禁忌食品や食物アレルギー対応、療養食への対応などを行います。

それに加えて、こちらも厨房の衛生管理や調理職員への衛生指導などを行います。

また職場によってはNSTに携わることもあります。

栄養相談や栄養指導業務も老人ホームに比べて多い印象です。

そのため、疾病に対してのより幅広い知識が必要になってくるかと思います。

社員・学生食堂

献立作成や調理、厨房の衛生管理が主な仕事です。

対象者の年齢層がによって栄養価やメニュー内容に配慮し業務を行います。

レストラン等飲食店

メニューの企画立案や厨房の衛生管理に携わります。

何度も試作を行いながら、メニューを作り上げていきます。

クリエイティブな発想をお持ちの方に向いているかと思います。

食品メーカー

食品の企画開発に携わります。

サプリメントや栄養補助食品、トロミ剤など就職する食品メーカーによって携わる食品内容も変わってくるかと思います。

大手食品メーカーでは多種類の食品の企画開発に携わることもあるかもしれません。

部署によっては、自社製品の営業に回ったりもします。

ドラックストア

お客様からの栄養相談を受け付けたり、対象者の話を聞いて食品選びのお手伝いをします。

栄養補助食品や嚥下食への知識が必要となってくるかと思います。

定期的に集団を対象に栄養指導を行うこともあるようです。

スポーツジム

対象者の要望に合わせて栄養指導を行ったり、献立作成を行ったりと栄養マネジメントをします。

スポーツ栄養分野の知識が必要となります。

歯科医院等

普段は歯科助手として働きながら、栄養相談や栄養指導にも携わります。

最近では歯科医院等からの求人も多くなってきています。

管理栄養士の転職事情

管理栄養士は、就業場所に少数配置であることが多いです。

場合によっては管理栄養士1人体制のこともあります。

管理栄養士の資格を持っている人に対して管理栄養士の必要とされる人数が少ないため正直、1つの求人に数十人応募が殺到することもあります。

その中で何を基準に採用されるのか。

それは経験です。

最低限オールマイティーに仕事をこなせるスキルを身に着けてから転職することをお勧めします。

また管理栄養士は定年まで勤める等、一つの職場で比較的長い間働く方が多い為、環境が良い求人は頻繁に掲載されることは少ないです。

良い求人を見つけるためにも、求人票は、こまめにチェックすることをお勧めします。

管理栄養士におすすめの転職サイト7選

管理栄養士の求人はどのサイトで探せばよいのでしょうか?

私自身も転職の際、使ったことのあるサイトの中から特におすすめである管理栄養士のための転職サイトを選びました。

詳しく見ていきましょう!

エイチエ

https://eichie.jp/

おすすめの理由

筆者は管理栄養士として働いている今も頻繁にこのサイトにはお世話になっています。

え?転職するつもりなの?と思った方もいらっしゃるかと思いますが、違います。(笑)

実は、最近までこのサイトに求人が掲載されていることを知りませんでした。

このサイトに登録すると、サイト内で管理栄養士と交流できるんです!

管理栄養士の仕事をしながら、疑問に思ったことや問題点をサイト内Q&Aで質問することができます。

すると先輩管理栄養士から、自分はこうしているとか、こうした方がいいのでは?などと教えてもらえたりアドバイスをもらえたりするのです!

なかなか恥ずかしくて聞きづらい基本的なことでも質問すると教えてもらえるので、一人体制の管理栄養士で人脈が少ない筆者にとってはとてもありがたいです。

また、献立レポというものもあり、日々の献立の参考にさせてもらっています。

話がずれましたが、求人内容も充実しており非常に見やすいです。

都道府県を選択すると、サイトのおすすめ順に結構な数の求人を見ることができます。

よくサイトに登録すると、求人情報の電話がジャンジャン鳴ったりメールがバンバン届いたりなんてことを聞きますが、このサイトは全くありません。

転職の際に登録しておくと、その後管理栄養士として働き出しても役に立つためとてもおすすめです!

管理栄養士求人グッピー

https://www.guppy.jp/nrd/

おすすめの理由

こちらのサイトは、都道府県、業種、雇用形態を選択すると求人を絞って提示してくれます!

エイチエよりも、より詳しく条件を絞ることが出来るため便利です。

なんと、就職先によっては就職お祝い金がもらえることもあります。

エイチエよりもより求人を探すことに特化したサイトであると言えます。

栄養士のお仕事

https://eiyoushi-shigoto.com/

おすすめの理由

こちらのサイトがは、登録すると非公開求人を見ることが出来ます。(もちろん登録無料です。)

都道府県や市町村、雇用形態、給料下限上限など、細かく条件を指定して求人検索をすることができます。

また、社会保険完備やブランあり歓迎求人など特集が組まれていて、業種が明確に決まっていないなかの就活でも目的に沿った求人検索が出来るかと思います。

筆者は業種や勤務時間など条件が多い転職をしたため、このサイトでの求人検索は条件を自分の理想に合わせて細かく指定できとても使いやすかったです。

栄養士転職ナビ

https://eiyoushi-tensyoku.com/

おすすめの理由

こちらのサイトも、登録すると非公開求人を見ることが出来ます。

もちろん自分で条件を指定して求人検索もできますが、このサイトでは転職を徹底的にサポートしてくれます。

具体的に言うと、業界専門のコンサルタントが一人ひとりにピッタリ合った求人を紹介してくれて、さらに給料やボーナス、残業や休日などの言いにくい交渉もお任せして良いとのこと!

筆者も、転職の際の給料やボーナスが安いと思っていても言いだせなかった経験があります。

お金のことって重要だけど面と向かって聞くには勇気がいりますもの。

小心者の筆者には、給料が安いです!

もう少しあげてもらえませんか?なんてこと言えませんでした。

そんなお悩みも、このサイトではなさそうです!

ノンストレスで求人を探すところから転職までできそうです!

管理栄養士栄養士のプロ

https://管理栄養士国家試験.com/kyujin/

おすすめの理由

なんとこのサイトは、月間5万人以上が見る、管理栄養士・栄養士の求人専門サイトなのだそうです!

サイトには今注目の求人特集が組まれている他、通常の求人検索もできます。

その求人検索の条件の細かさがすごいんです!

雇用形態や給与の下限上限などの条件指定はもちろんのこと施設、業種、職種、特徴まで事細かに条件を指定できます。

ここまで細かく求人検索できるサイトは少ないのではないかと思います。

ジョブメドレー

https://job-medley.com/nrd/

おすすめ理由

まず、サイトを開くと都道府県ごとにどのくらいの求人があるのかが一目で分かるようになっています。

求人数も多いです。

会員登録をすると「自宅周辺の求人を探す」というボタンをワンクリックするだけで、自宅周辺の求人情報を検索することもできます。

条件指定に手間取らず、ワンクリックで検索出来てとても便利です!

もちろん、条件や特徴などを細かく指定して求人検索することもできます。

また、履歴書の書き方や応募の仕方、初出勤の準備などのコラムもあり求人を探す以外にも、とても頼りになるサイトであると感じます!

リクナビネクスト

https://next.rikunabi.com/skl/cg07/lst_jbexp7039/

おすすめの理由

リクナビネクストは基本的な条件指定検索はもちろん網羅しています!

それに加えて新着のみという検索方法があることがポイントです。

この求人いいな!と思ってよく見てみると何か月も前の求人票でもう採用者が決まっていた…なんてこともありますよね。

筆者が転職の際、求人票を見ている時でも結構な確率で採用者が決まった求人が掲載されたままというサイトが多かったです…

良い求人を見つけた!と思ったのに古い求人票ばかりって結構へこみます。

この「新着のみ」を選択することによって新しい求人のみが掲示されるため、より求人票が見やすいというところがリクナビネクストの最大の魅力です。

管理栄養士で転職する際に知っておきたいこと

転職って勇気がいりますよね。

そして転職するからには絶対に失敗したくないと思います。

そこで筆者が実際、管理栄養士で転職する際に知っていて良かったことや知っておけば良かったと思うことを以下にまとめてみました!

給与の相場

施設によって、または就業場所によって給与は様々です。

業務内容は同じでも就業場所が違うだけで給与が違ったり、手当が違ったりすることもあります。

そのため、こまめに求人票をチェックし業種や職種による給与額の違いや、同じ職種間での給与の違いなどを把握しておきましょう。

せっかく転職するのだから、やはり少しでも条件の良いところに就職したいですよね。

転職の際に提示された給与額は適切であるか、きちんと自分で判断できるように調べておきましょう。

業務内容

先ほどは給与の話をしましたが、業務内容に関しても同じことが言えます。

施設によって、就業場所によって業務内容は全然違います。

一見、給与は高いように見えても一人じゃ抱えきれないほどの仕事量を任され、毎日残業の日々…である場合もあります。(20時間分の残業代が給与に含まれている会社もあるため。)

また、求人票には細かい業務内容まで乗っていないことも多いです。

こんなはずじゃなかった!とならないためにも、事前にきちんと業務内容を確認しておきましょう。

今後の見通し

例えば、調理業務は委託しているので調理業務に携わることはありませんと説明されていたのに、就職すると半年後には厨房が直営となり自分自身も調理に携わるため早出遅出のある勤務形態に変わった。

こんなことなら転職しなければ良かったのに。などという話を良く聞きます。

他にも、1施設の管理栄養士のつもりで入職したが、隣接地に新設する2施設を兼任する管理栄養士をしなければならないことが入職してから分かった。等も耳にします。

伝えなかった雇い主にも全く非がないないとは言い切れませんが、きちんと聞かなかったこちらに非がないとも言い切れません。

今後、施設を展開していく予定があるのかや転勤の有無、業務内容変更がありうるのか等、きちんと聞いておいた方がいいと思います。

まとめ

管理栄養士におすすめの転職サイト7選とおすすめの理由についてでした!

いかがでしたか?

筆者も転職を経験しましたが、どれもおすすめの転職サイトばかりです。

皆様がより良い転職が出来るよう祈っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


関連キーワード

管理栄養士転職