現在色んな転職サイトはあるものの、どこが一番いいかなんて言われたらわからないですよね。

今回は薬剤師おすすめの転職サイト、そしてその理由についてもお伝えさせていただきましょう。

おすすめサイトは色々あるのですが、自分に合ったおすすめサイトとは何か?ということもチェックしていく必要があります。

薬剤師の仕事・種類についておさらいしておこう

まずは薬剤師の仕事についてお伝えしていきましょう。

薬剤師の仕事は病院で渡された処方箋を元に薬を調合を行う調剤業務、薬の飲み方や使い方について説明を行う服薬指導があります。

多くの人が今まで病院にかかった際、薬局で経験されていると思うのでこのあたりに関してはイメージしやすいのではないでしょうか?

薬剤師の種類というのは、職場の場所になります。

薬剤師の働く場所というのは調剤薬局、ドラッグストア、病院、診療所が多いですね。

レアなケースとしては在宅、学校で働く薬剤師がいますよ。

在宅というのは在宅看護と同じようなものであると思ってください。

寝たきりの方のために直接調合した薬を患者の家に渡しに行く、そして家族に服薬指導を行うというものです。

学校の薬剤師はかなりレアなケースであるため、ほとんど知らない人が多いのですが、現在大学以外の全ての学校に学校薬剤師なるものが1名置かれることが義務付けされています。

薬剤師の転職事情

転職理由は薬剤師に関係なく、医療業界においては同じかもしれません。

一番の転職理由というのは人間関係です。

どこの職場でも気に入らない人間というのは1人くらいいるものですよね。

協調性がある人間ももちろんいるのですが、薬剤師は自分にプライドを持っている職業です。

それゆえにプライドを優先させてしまうため、気に入らないことがあると対立してしまう人もいます。

基本的に薬剤師というのは女性率が高いです。

男性もいるのはいるのですが、どちらかというと女性率が圧倒的に高いと言っても過言ではありません。

女性が高い職場というのは、大半いじめがあったり何かしらあるものなんですよ。

こればかりは慣れるかどうするのか仕方がない所でしょう。

薬剤師におすすめの転職サイト4選

薬剤師におすすめの転職サイトを4つご紹介いたしましょう。

薬キャリ、マイナビ薬剤師、ファルマスタッフ、リクナビ薬剤師、この4つを何故おすすめするのか?

その理由も一緒にお答え致します。

薬キャリ

https://agent.m3career.com/

薬剤師登録者数NO1と言われる求人情報サイトです。

こちらは派遣サービスのある求人サイトですが、何故薬キャリがNO1サイトなのか?

正直どれも同じのように思えますが、ニーズによって大きく変わります。

おすすめの理由

薬キャリはm3.comのエムスリーグループ運営だと言われています。

ちなみにエムスリーグループというのは、ソニーの関連会社です。

多くの病院や薬局の求人を出しており、必要なニーズが揃っているのですね。

また薬キャリは土日休みや家庭重視のママさん薬剤師向けのサイトでもあるのです。

その点を考えると一番現在のニーズに沿った状況を作ってくれていると言っても過言ではないでしょう。

一般人はエムスリーグループと言ってもわからない人が多いのですが、医療従事者だとご存知の方はたくさんいます。

土日休みはともかく現在は働く女性が多いため、考慮してくれる職場があるとありがたいものです。

薬剤師のほとんどは女性であるため基本的には子供がいる人への配慮はしてくれるでしょう。

色んな口コミでも評判になっているほどなので、男女問わずニーズが高いようですね。

マイナビ薬剤師

https://mynavi-agent.jp/pharma/

マイナビ自体色んなリクルートを取り扱っており、テレビのCMでもよく見る求人サイトの1つと言えます。

薬剤師転職支援サービスの中でも利用者の満足度がNO1です。

こちらも大手企業を取り扱っているのですが、昨今人気のドラッグストアが多いことも大きな特徴ですね。

どういう違いがあるのか詳しくお伝えしていきましょう。

おすすめの理由

マイナビ薬剤師の特徴は毎日新聞社が母体であるため、大手企業と太いパイプを持っているという点が大きいでしょうか。

求人の数も豊富なので色んな所があるのがメリットですね。

ドラッグストアや大手製薬会社などの企業が主となります。

ちなみに大手製薬会社とはどんなところなのかと言いますと、アステラス製薬や大正製薬などが求人広告に乗っていますよ。

他にも企業診療所の求人もあり、三菱やソニーなどの誰でも聞いたことがある企業もあります。

筆者個人的にはマイナビ薬剤師の内容は見やすい気がしました。

内容的には同じなのですが、簡潔にわかりやすく記載されているので、利用者にも知りたい情報が詳しく細かく載っているのが良かったです。

薬キャリの所にママさん薬剤師について記載させていただきましたが、マイナビ薬剤師もママさん薬剤師は取扱ありますね。

ファルマスタッフ

https://www.38-8931.com/

ファルマスタッフという求人は聞いたことがないかと思いますが、こちらはキャリアアップ向けの方におすすめの転職サイトですね。

こちらのサイトの謳い文句は『職業紹介有料事業者認定企業』と言われています。

実は厚生労働省が認定したという強みを持つサイトなのです。

厚生労働省が認定したから何?という人もいるでしょうが、これがどういう意味を持つのか?そして他のサイトとどのような差があるのかもチェックしていきましょう。

おすすめの理由

ファルマスタッフが他のサイトと異なる部分は、募集が終わった求人を掲載するようなことをしていません。

いわゆる釣り求人というものなのですが、他の場所では結構している所があるそうですね。

また企業自体の信頼性も高い上に、高収入や高時給の薬剤師の求人が常にあります。

これはサイトを常に見ている人でないと判断がつかないのですが、どうやらファルマスタッフのみでしか紹介していない限定の求人も時々見かけるそうです。

その他には大きなメリットとして、教育サービスも充実ですよ。

eラーニング教材のJPラーニングを提供しています。

JPラーニングとは保険調剤に必要な薬品などの薬学知識や、保険制度の知識を学習するというシステムです。

ただこのJPラーニングは内容だけ聞くと、すでに薬剤師の資格を持っているのに必要なのか?

と思ってしまう人もいるようですね。

医療は常に変化していきます。

新しい治療薬や病気も年々増加傾向にあるため、学校で教わった時の状態でいるととても危険ですし、使い物にならないと判断されてしまうでしょう。

薬剤師として仕事をしていると中々JPラーニングを出来る暇がないため、積極的にファルマスタッフを希望する人も結構いるんですよ。

リクナビ薬剤師

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ自体はマイナビ同様よくテレビで目にする転職系のサイトですよね。

名前が似ているので混合しそうになりますが、内容自体は異なると思ってください。

こちらのメリットはエージェントの提案力が凄いという点でしょう。

そして早く次の場所で働きたいという方向けのサイトでもありますよ。

おすすめの理由

場所や人にもよるとは思いますが、最短で3日後に転職が出来てしまうというものです。

普通って最低でも1週間前後かかりますよね。

調べてみると何名か1週間以内で次の職場が決まったという口コミをされている人がいました。

何故こんなに早いのかというと、エージェントが企業との面倒くさいやり取りを全て代行してくれるからです。

もちろん履歴書や職務経歴書などの作成は自身でしなければいけませんが、面接日との調整など細かいやりとりまでしてくれるという大きなメリットがあります。

すぐにでも転職したいけど時間がないから細かいやりとりまでは出来ないという方は、リクナビ薬剤師を利用されていますよ。

ただそれに伴って、登録した際メールや電話が来てヒヤリングなどを頻繁に行うので、電話の時間帯には注意したほうが良いかもしれません。

薬剤師で転職する際に知っておきたいこと

薬剤師の転職もそうですが、どの業界でも同じかもしれません。

改めて考えるとおすすめの転職サイトというのは、あくまでも自分にあったものというので一概に他の人が良いと言っていても参考にならない場合があります。

ただ事前に転職する前に知っておいてもらいたいことは、自分を待っている職場なんてものはないと思ってください。

転職希望時期は1~3ヶ月に設定する

基本的に退職できる時期は3ヶ月くらい前からとなります。

その間転職を探す人が多いのですが、なるべく早めの方がいいかもしれません。

筆者の経験的には1ヶ月くらいから転職探しをスタートさせた方が良いです。

その理由としては入職までに時間がかかるような人材は、企業としても好ましくないからですね。

二次面接や三次面接とか行う必要がある場所ならともかく、大体は面接で終わるような所が多いでしょう。

以前筆者は医療系の職場で働いていました。

面接希望の方が何人かおり、上司に面接希望の方についてお伝えしたのですが、何人かはお断りしてしまったのです。

条件はとても良い方だったのですが、転職出来る時期が3ヶ月という長い期間であったため、とても待っていられないという理由でした。

特に急募の所だと取ってもらえないことが多いですね。

せいぜい待てるのが1ヶ月程度だと考えておいてください。

たまに半年以上待ってもらえますか?というめちゃくちゃな人もいるのですが、さすがに半年も待つのは無理ですよ。

本当のことを言うと企業が3ヶ月以上待ってくれないのは、信用がないからです。

それだけ長い間だと気が変わって別の所に行きたくなってしまうかもしれないと考えているというのが理由だったりします。

どのサイトが良いかは自分次第

今回ニーズに合わせたサイトをいくつかアップはさせていただきました。

口コミなど評判に基づいたものもあるのですが、自分自身の働きによって職場を決めるというのは当たり前のことではありますよね。

ただ高収入が良い、あれもこれもという要望を入れていくと本末転倒になってしまう可能性がとても高いので、これだけは絶対に外せないというものは忘れないようにしましょう。

正直に言うと紹介させて頂いたサイトを軽くでも良いので、全て目を通していただける方が良いかもしれません。

人間は先入観を持ってしまうとその先入観から抜け出せなくなってしまうのです。

もちろん前情報を持っているのは損ではないのですが、他の人はこう言っていたとかこういう評判だったということだけに惑わされず、一度フラットな目で確かめて見るのが一番良いですよ。

男性はともかく女性は妊娠や育児などで働き方が大きく変化してくるものですからね。

最低条件を3つまで決めておく

最低条件は3つまでにしておいた方が良いかもしれません。

何故3つという具体的な数字かというと、人は無制限に要望を考えていくとどんどん強欲になってしまうからです。

そのせいで本来の要望とかけ離れてしまい、せっかく良い求人があったとしても余計な条件を入れてしまっているせいで見えなくなってしまうことも多いんですよ。

どうしても譲れないという条件は3つまでに絞っておくと、軸がブレずに自分の要望通りの職場に就くことが出来ます。

条件は人によって異なるので一概には言えませんが例として筆者の条件でいくと、家から30分~1時間以内、日曜祝日は休みで平日1日はシフト制、給料はそこそこ高いという感じでしょうか。

譲れない条件は人それぞれによって異なるのですが、女性の場合は大体こんな感じですね。

小さい子供がいる人であれば、相対可能かどうかもチェックしておく必要があります。

男性は理論的に物事を考えられるのですが、女性の場合は感情的に物事を決めてしまう人が多いため、自分の欲望のままの条件で決めてしまうような人が結構いますよ。

最低条件をしっかり持っている人であればよいのですが、自分の感情の赴くままに考えると転職は失敗してしまいます。

家庭を持つ母親向けのもあり

薬キャリなどがそうでしたが、家庭を持つ母親向けのものなのかどうかもチェックしておいて損はないでしょう。

転職している方はどちらかと言えば男性よりも女性が多いです。

家庭を持った後復職したいと考えている人も多く、できれば数年後子供の手が離れたらまた正社員として復帰したいと思っているひともいますからね。

男性はどの求人でもあてはまりますが、女性の求人は限られているものがたくさんあります。

現在共働きの夫婦が多いためあるある程度認知されてはいますが、中にはまだまだ家庭の事情を理解出来ない人もいるんですよ。

それで辞めてしまったり自分が嫌な思いをしてしまう人もいるので、それを考慮していくと最初から自分に合わせた場所に転職するのが一番です。

現在はどの薬剤師の種類が人気なのかも知っておく

薬剤師と言えば薬局や病院勤務というイメージが多いですが、最近ではどこの職場が薬剤師に人気の職場はご存知でしょうか?

最近はドラッグストアが人気なんですよ。

当たり前のようにあるドラッグストアなのですが、近年花粉症の薬や鎮痛剤など色んな薬を取り扱うことが多いため、薬剤師を在中させるのが当たり前となっています。

何故薬剤師がドラッグストアにいるのか?ということですが、簡易薬ならともかくお客さんの状態によって体に合う合わないの薬があるのです。

花粉症の薬と言っても効き目や副作用によっては全然違いますし、また女性の場合は授乳中や妊娠中だと処方出来ない薬もありますからね。

ドラッグストアは給与が高いため人気があります。

そして何よりの理由はシフトの融通度が他の場所よりも高いことです。

ドラッグストアは土日祝日関係なく開いているのですが、別に土日が忙しいということはないですよ。

時間帯としては夕方が忙しいかもしれませんが、もっとお金がほしい、年末年始や長期休暇などギリギリまで働きたいという方にはおすすめの職場となります。

自分を待っている職場なんてない

当たり前のことを言うかもしれませんが、自分を待っている職場なんてものはありません。

どこでも喧嘩があるのは当然ですし、自分を待っている職場なんてあったら怖いものですよ。

医療系に関してはプライドが高い人間が多いです。

いじめなんてものは今時ないのが等しいですが、自分とは相容れない人間だっています。

転職する理由の大半は人間関係が嫌で辞めている方ばかりでしょう。

人間関係が嫌で辞めてしまうような人間は、この先どこに行っても継続出来ないのは事実ですね。

ブラック企業を見抜くことは可能?

ブラック企業はどこにでもあるものですが、転職後に実はブラックな企業でしたということは本当によくある話です。

誰だってブラックな企業に入りたいとは思えませんよね。

一番良いのはその職場の情報をインターネットや知り合いの薬剤師に評判を聞くのもいいですね。

実際同じ地域であれば、その病院や薬局の良い噂や悪い噂も耳にすることは多いです。

薬キャリやその他の転職サイトをおすすめした理由としては、エージェントに依頼することが可能だからですよ。

普通の転職探しでは大体求人広告を見ておしまいという人が多いのですが、マイナビ等ではエージェントが職場に関してどういうところなのか詳しく教えてくれます。

私の友達で実際に使用した人がいたのですが、普通に探すよりもずっと良いと教えてくれましたよ。

釣り求人には注意

釣り求人とは現在募集している求人枠がなく、以前の求人情報のまま掲載しているものです。

派遣系のサイトに多く見られます。

釣り求人を何故するのか?ということですが、派遣登録者数を稼ぎたいということにあるのです。

現在どこも人材が少ないことは事実ではあるので、汚い手を使って利用者を登録させようとする悪どい登録サイトも多いですね。

ただし本当に求人が決まってしまった可能性もあるので、厚生労働省が認定しているファルマスタッフ以外のサイトが悪いというわけでもないんですよ。

釣り求人のデメリットとしては、応募者数が少ない不人気の求人をなんとかしたいと考えているため、ブラックな企業に派遣させられてしまうことがあります。

時々「祝い金をプレゼント」という求人広告みたことがありませんか?

そのような特典を出しているのは明らかに不自然です。

祝い金で釣られるような人は少ないのですが、実は祝い金を出すという所ほどブラック企業だったり、その求人が人気がないという意味でもあるので気をつけてくださいね。

おすすめサイト以外を利用する場合

今回おすすめした転職サイト以外にももっと良いものがあるはずだと考えている方はいるかと思います。

そもそもおすすめ転職サイト自体、釣り求人を行っていないという条件に含まれているからです。

これを見抜けなければ結構騙されてしまっている可能性は高いですよ。

転職サイトに登録するのはまだセーフですが、利用した際しつこく勧められるようであれば危険でしょう。

派遣会社を見極めるコツとしては、福利厚生が細かく触れられているか、大手企業を取り扱っているかというのが大きい点ですね。

もし転職サイトを利用した際、派遣コーディネーターの対応が悪い上に、言っていることが全然違うと感じたらその場で打ち切るのもありですよ。

ランキングは信用しない

転職サイトをチェックするとランキング形式で出てきます。

これは転職サイトだけの話ではないのですが、こういうランキングはあまり信用しない方が良いですね。

商品の売れ筋というのであればまた別なのですが、ランキング自体はろくに調べもしない人間が作っているものなのでとても根拠のあるものではありません。

口コミなどを調べたり、そのサイトのメリットを記載するのは良いことではあるのですが、そもそもニーズが異なるためあんまり当てにならないと思ってください。

ランキングで物事を見てしまう人がいるのが危ないんですよ。

こういうランキング自体薬剤師自身が体験したものではないため、変に基準がずれたりするので的外れも良い所かもしれません。

まとめ

薬剤師におすすめの転職サイトはいくつか紹介させていただきました。

他のネットでも求人情報サイトはいくらでもあるのですが、せっかく探すのであれば薬剤師専門の求人サイトを見ることをおすすめします。

たかが求人サイトと思う方は多いでしょうが、されど求人サイトです。

転職は時間がかかります。

しかし新しい職場探しに時間をかけるのは無駄だと思いませんか?

こういう時ほど効率よく時間を使わないと、他の人に良い求人を取られてしまうことはよくある話ですよ。


関連キーワード

薬剤師求人

薬剤師求人についてもっと深堀りした情報を見る

薬剤師の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

給料が少ない、上司が傲慢で職場環境が悪いなど仕事について悩みを持っていませんか?薬剤師は誰もが羨ましがる仕事の一つです。しかし、薬剤師がみんないい条件で働いているなんてことありません。薬剤師だって不満が溜まります。その不満が爆発すれば、自ずと転職の文字が頭をよぎるでしょう。国家資格である薬剤師の転職はそれほど難しくありません。今回は、現役で転職を経験した私が薬剤師の転職を成功させるためにその特徴と注意点をご紹介しましょう。薬剤師で転職する人は多い?一般的に転職は就職してから3年までに多いと言われています。もちろん、薬剤師もこれに該当します。働き出して1年も経過すると職場環境が良く見えてきます。

薬剤師の年収・給料はどのくらい?経験者の私が相場や年収の決まり方を紹介します

薬剤師と聞くと給料が高いとイメージする人が多いでしょう。ではどれくらい高いか知っていますか?インターネットではいろいろと紹介されていますが、実は薬剤師でないとわからない要因がたくさんあります。今回は、薬剤師の年収・給料を内部から見ていきましょう。薬剤師の年収の相場はどのくらい? 薬剤師の年収は、雇用形態と職域で大きく異なります。雇用形態を正社員、パート・アルバイトの2つ、職域を薬局、病院、ドラッグストアの3つに分けて紹介します。正社員で新卒入社した場合薬局平均年収:550万円薬剤師と言えば薬局を想像する人が一番多いでしょう。薬局はコンビニよりも数が多いとされており、薬剤師が働いている職域として

薬剤師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

薬剤師になりたい!そんな気持ちを抱いている人は多いのではないでしょうか。給料が良いとされている薬剤師はとても人気があります。産後の復帰がしやすいなど女性ならではの生涯設計にも向いています。しかし、理想と現実は違ったなど薬剤師になってから後悔したくはないですよね。今回は、どんな人が薬剤師に向いているかという視点から薬剤師の仕事をご紹介したいと思います。薬剤師の仕事の種類と大まかな仕事内容薬剤師は就職先で仕事内容が変わる職業です。今回は、薬剤師として働く上で最も多くの割合を占める薬局と病院に勤務する薬剤師の仕事をご紹介します。飲み薬の調剤(薬局・病院)薬剤師という漢字の中には薬という文字が入ってい

薬剤師正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

『薬剤師』って聞いたことありますか?職業に『薬』という文字が入っている仕事は薬剤師くらいです。薬剤師の活躍の場は病院や薬局などの医療現場に限定されています。そのため、健康な人では薬剤師という職業があることでさえ知らない人もいるでしょう。現在の医療では、薬剤師は縁の下の力持ちのような役割を担っているため、その認知度はあまり高くありません。そのため、今回は薬剤師正社員についてご紹介していきたいと思います。薬剤師ってどんな仕事?薬を飲んだことがありますか?食事は人間に必要不可欠のため、必ず食べますね。薬は必要なければ飲むことはありません。そのため、一般の人が持っている薬の知識は人により大きな偏りがあ


薬剤師求人に関するコラム

薬剤師の派遣が向いている人の7つの特徴や必要なスキル・適正とは?

就職して失敗したと思うことありませんか?職場環境が最悪だった。給料はもらえるけど休みがない。など働き出すと思っていたのとは違ったなんてことは日常茶飯事です。いざ転職しようと思っても、一度転職してしまったら仕事を転々としてしまいそうで怖いなどの声も良く聞きます。でも1つの職場にとらわれたくない。もっと自由に働きたいと思う人は意外と多いんですよ。薬剤師も例外ではありません。そんな時は派遣で働くことを考えてみましょう。派遣は働きにくいんじゃないの・・・とイメージばかり先行してしまって動き出せなくなっていませんか。今回は、そんなあなたに薬剤師の派遣の特徴と必要なスキルを紹介します。薬剤師の派遣社員の仕

薬剤師の面接で聞かれる6つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

面接というのは誰でも緊張してしまうものです。得意な人ってそうそういませんよね。面接は色々なことを聞かれると思っている方も多いようですが、実際面接で聞かれることはそこまで多い訳ではありません。事前に対策をしっかりしておけば問題ないので、どのようなことに気をつけるべきかを見ていってください。では、今回は薬剤師の面接のポイントなどをご紹介いたします。薬剤師の仕事内容薬剤師の仕事内容を大まかに説明させていただきましょう。薬剤師の仕事というのは、薬の調合や患者に薬を渡す際何に注意しなければいけないかということを指導するという役目があります。最近ではドラッグストアで働く薬剤師も増え、接客やレジ応対なども含

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師は安定している仕事で、誰もが憧れる仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、新人薬剤師が感じる悩みをご紹介していきます。薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みは患者を待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないという方が多いです。一番困っている悩みは実はコミュニケーションだったりします。薬剤師って単純に薬を処方しれいれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者と接しないといけないんですよね。患者を待たせてしまう患者を待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です。患者側の立場から

薬剤師って安定しているの?安定性について詳しくご紹介!

薬剤師は誰もが羨ましいと思える職業の一つでしょう。ただ、薬剤師という職業を知ると薬剤師を不安視する発言を目にすることがあります。疎ましいと思って嘆いているとも取れますし、本当に薬剤師の立場が危うくなっているともとることが出来ます。これを本当に理解しているのは薬剤師だけでしょう。これから薬剤師になろうと思っているあなたに送ります。今回は、薬剤師の安定性について紹介しましょう。薬剤師の仕事って安定しているの?薬剤師は安定しているのかの問いにズバリ答えるのであれば答えは・・・『安定している』が間違いのない答えです。薬剤師の安定性や将来性についてインターネットやSNSではどのように言われているのか実際

薬剤師の仕事は楽しいばかりじゃない。薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります