薬剤師と検索したことはありますか?

検索すると、年収、求人、転職とお金や離職関係のキーワードが上位に挙がります。

薬剤師は高給取りというイメージの反面、転職が多いといった実態を持った職業です。

そのスキルは、薬剤師が全国的にまんべんなく行き渡っていない今だからこそ需要と供給のバランスで常に求められているのが現状です。

では、今の薬剤師にはいったい何が求められているのでしょうか?

今回は、薬剤師の求人に求められている内容から職種まで幅広く網羅しながらあなたの疑問に答えていきましょう。

薬剤師のおおまかな仕事内容

薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとすると薬剤師法にて明確に規定されています。

でもこのままだといったいどんな仕事をしているのかわかりませんね。

薬剤師の求人について知る前にまず、薬剤師の仕事内容について理解しましょう。

おおまかな仕事内容

薬剤師の最大の仕事は調剤

薬剤師の本質的な仕事は、医師が処方した処方箋に基づいて調剤や服薬指導を行うことです。

医療について絶対的な医師も処方のミスをしてしまいます。

ある研究報告では、195530 枚のうち 117 枚(0.060%)に入力ミスが認められたとされています(薬学雑誌 (0031-6903)122巻10号 Page841-847(2002.10))。

たった1%にも満たないと思う人もいるかもしれませんが、この確率で人が一人死んでしまうことを思ってみてください。

この確率は、あなたが交通事故にあう確率よりずっと高い数字です。

薬剤師は、薬の専門家として医師の提供する医療にミスが無いようチェックすることが最大の役割となります。

薬剤師の仕事は薬を用意するだけにはとどまらない

医師がきちんと処方をして薬剤師が正しい薬を取りそろえて用意すれば医療は完成でしょうか?

答えはノーです。

いくら正しい薬が目の前にあってもこの薬を正しく服用することが出来なければ意味がありません。

通常は、1日1回朝食後や1日3回毎食後などの用法を目にすることが多いと思います。

しかし、薬には、朝起きてすぐ服用しなければならない『起床時』といった用法や食事を摂取した2時間後に服用する『食間』など異色な用法が存在します。

『どうせ飲めば一緒でしょ』とよく患者さんに言われることが多いですが、用法をきちんと守らないと期待する治療効果の10分の1しか効果を発揮しない薬もあることが化学的に証明されています。

そのため、薬を正しく服用するということはとても大切です。

薬剤師は、薬を正しく服用するために必要な服薬指導をすることで患者さんに限りなく最大限に近い医療を提供するよう心掛けているのです。

薬剤師はどういう役割を求められる?

近年の薬剤師には、チーム医療の一員としての役割が求められています。

それは、医師からの処方箋通りに仕事をする一連の仕事から逸脱した役割です。

チーム医療は主に病院で聞くことの多い言葉ですが、薬局やドラッグストアでも耳にすることが増えてきました。

医師と薬剤師の対面関係でなく、看護師やMSW、理学療法士、臨床検査技師、栄養士など医療には多種多様な医療職種が密接に関わってきます。

医療に薬は欠かせません。

この薬が、それぞれの分野でどのように関わりあっているかを実はあまりわかっていないのが現状です。

ある薬を飲んでしまうとふらついてしまう。

これは、転倒してしまうといった問題点ですが、一番患者さんに近い看護師だけの問題ではありません。

リハビリをする時にはその進捗状況に大きく関わります。

食事を摂取するときに影響するかもしれません。

このように薬剤師は、薬を起点として、効果を患者さんに説明するだけでなく、それぞれの職種の橋渡し的な役割を担うようになってきました。

そのため、年々薬剤師の需要は増大しています。

薬剤師求人にはどんな種類があるの?

薬剤師の求人は主に調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社の4つの職域に分かれます。

調剤薬局は、主に病院で処方された処方箋(院外処方箋)に基づいて薬について服薬指導を行います。

最近では、患者さんの自宅に訪問して服薬指導を行う在宅医療の一端を担うことが求められています。

病院では、入院している患者さんに対して薬の提供や服薬指導を行います。

医師や看護師などの医療スタッフと連携してチーム医療を展開します。

薬の専門家としての役割は大きく、薬の知識に対しては大きな期待を寄せられています。

ドラッグストアでは、調剤併設であれば調剤薬局と同様な役割を求められます。

ただ、一般用医薬品(OTC)と呼ばれる処方箋が無くても手に入れることが出来る薬について携わることが多くなります。

自分で体調管理が出来るようにセルフメディケーションに対して使用する医薬品やサプリメントなどの多くの知識が求められます。

製薬会社は主にMRとして薬局や病院を訪問して医薬品の有効性や安全性の情報提供を担います。

営業と考えると理解しやすいかもしれません。

この4つの職域に対して様々な内容の求人が出ています。

薬剤師求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

薬剤師の求人募集でよくある職域は、調剤薬局・病院・ドラッグストアの3つになります。

製薬会社は狭き門とされ、求人こそあるもののおいそれと転職を考えるのは難しいでしょう。

ここでは、調剤薬局・病院・ドラッグストアに絞って求人の例を紹介します。

田舎の調剤薬局・病院・ドラッグストア

高年収・高時給の求人で一番多いのが田舎、つまり地方の求人です。

これは、調剤薬局・病院・ドラッグストアどれも該当し、地方であればあるほどお金は上がっていく傾向にあります。

離島の求人も同様で数年勤務するだけでも金額は相当額になります。

貯金をしたい、お金を貯めたい、奨学金の返済に回したいなど短期的に働くことはとても需要があります。

しかし、薬剤師不足のため、一人薬剤師や二人薬剤師など少人数で勤務することも少なくありません。

インシデント対策やマンネリしてしまった職場環境のため、長期間務める薬剤師は思ったより少ないのが現状でしょう。

病棟薬剤業務実施加算のための増員

病院では、病棟専任の薬剤師が病棟薬剤業務を1病棟1週間につき20時間相当以上実施している場合に病棟薬剤業務実施加算1が算定できます。

各病棟に薬剤師を半日であれば週5日も派遣しなければなりません。

調剤や注射、抗がん剤や高カロリー輸液のミキシングなどのセントラル業務も同時並行に行わなければならなりません。

そのため、加算を算定しようとすると必然的に薬剤師の増員が必要になります。

病院の求人で一番多いのが、このように業務展開を目指している病院でしょう。

在宅業務に力を入れている調剤薬局

薬局の活躍の場は、薬局だけにとどまりません。

在宅診療が求められており、医師に同行する薬剤師が必要とされています。

家で服用しやすいような剤型選択やお薬カレンダーなどを用いた管理方法の提案は薬剤師の職能を最大限に生かします。

とはいっても、店舗を放っておくわけにはいきません。

在宅診療に力を入れるためにも回せる人員確保は必須となっています。

深夜営業を行っているドラッグストア

ドラッグストアは店舗によりますが、深夜営業を行っているところも少なくありません。

主に仕事終わりの人をターゲットにしていますが、その効果や需要は抜群です。

しかし、朝9時の開店から22時までずっとドラッグストアを空けておくにはそれに伴う人員が必要です。

特に、ドラッグストアには処方箋を持たずにやってくる人も多く見受けられます。

患者さんの症状を聞いて適したOTCを提案するには時間が必要です。

また、服薬指導だけではなく、品出しや陳列、レジ打ちなど店舗の一スタッフとしての働きも求められます。

このような多くの仕事を抱えているドラッグストアは求人が多い傾向にあります。

シフト制であることや拘束時間も長いためか給料は薬局や病院と比較すると多いです。

薬剤師求人でよくある募集内容とは?

薬剤師の求人は、多くの転職サイトやハローワークなどに募集がかかっています。

たくさんの種類に埋もれてしまいそうですが、実はよく見ると共通点に気付くことが出来ます。

給与相場

薬局・病院・ドラッグストアで差はありますが、だいたい年収にすると500~600万円前後でしょう。

ここに資格手当・地域手当・管理薬剤師手当など各種手当がつくことで年収は増加していきます。

1000万円の大台に乗ることは稀ですが、これまでの業務経験なども年収の交渉材料となります。

勤務時間や休日、残業

求人の段階では、あまり変な条件を提示しても応募がないため目立った条件はありません。

月曜日から金曜日まで勤務(土日休み)で残業なしというのが鉄板の条件です。

ただ、働き出してから聞いてた条件と違うなど問題になることは多いです。

門前病院・クリニックの開院時間をチェックしたり、近隣医療機関の状況を網羅することを忘れないようにしましょう。

福利厚生

近年は、ワークライフバランスの必要性が言われているので、有給休暇取得のしやすさをアピールしているところが多い傾向にあります。

独自の福利厚生を提供しているところは少なく、企業や会社が会員制のサービスに加入し、宿泊・レジャー・ショッピングなどの各種施設を会員価格で利用できるように対応しています。

そのほか、金利が優遇されている財形貯蓄などもあり、薬剤師のモチベーションアップへ精力的に取り組んでいます。

勤務場所

求人によく出ている募集は、薬剤師が不足しているところへ配置されることがほとんどです。

そのため、多くの場合は、研修ややり方を学んだあとに地方や一人薬剤師の店舗へ派遣されることが多いのが現状です。

最初は働きやすかったのにと訴える薬剤師も多く、勤務した環境によっては更なる転職を考慮する要因にもなります。

求められる人物像

薬剤師は服薬指導や患者対応などコミュニケーション能力が必要不可欠です。

初めての人でも笑顔で接することが出来たり、患者さんが訴えたいことを上手に引き出す話術が大切になります。

調剤など作業も多く、ミスが患者さんの副作用あや不利益に直結してしまうため、責任感ある人材が求められます。

必要なスキルや資格、経験

大手チェーンやグループ企業に属さない限りは薬剤師の働く環境は狭くなってしまいます。

転職する薬剤師には前職場の経験が求められます。

薬局で管理薬剤師として勤めた経験があれば店舗を任される立場になります。

病院で緩和医療に携わった経験は在宅医療でも存分に発揮されます。

地域で貢献するのであれば、スポーツファーマシストの資格はドーピングへの意識向上に寄与することが出来ます。

これまでの経験は特に異なるカテゴリーで必要とされやすい傾向にあるため、違う職種に転職する際は、これまでの経験を素直に申し出るようにしましょう。

薬剤師求人についてよくある疑問

転職を考える人には、職場環境が合わなかった、給与面で不満があった、スキルアップできないなど様々な問題点を改善することを目標とします。

言い方を変えれば、満足している職場にいると転職を考えることはありません。

そのため、転職を多く経験している薬剤師は稀でしょう。

就職活動の経験があっても転職の経験はないため、転職をネガティブに捉えてしまいがちになります。

そんな不安を拭い去るには、疑問点を1つ1つ解決していくことが必要です。

薬局⇒病院、病院⇒ドラッグストアなどこれまでと違った職域でちゃんと働いていけるか?

薬局・病院・ドラッグストアで薬剤師として働いているとはいえ、それぞれの職域で求めらえる能力は異なります。

違った環境に身を投じることをとても不安がる人も多いでしょうが、その心配は無用です。

薬剤師の根本は調剤と服薬指導です。

使う知識が異なっていたとしても全く違うことをするわけではないのでこれまでの経験で応用がききます。

また、転職などで薬剤師を求めているため、マニュアルや研修体制がしっかりとしているところが多いため、学ぶ姿勢さえあれば十分に対応可能です。

病院ではスキルアップできるのか?

病院薬剤師は、日本病院薬剤師会や日本医療薬学会などはじめとして多くの学会から認定・専門資格が取得可能です。

取得したい資格を満たす施設要件をクリアしていれば職場の経験年数がたてば資格取得に大きく近づきます。

資格を取得することがすべてではありませんが、資格は持っている技能や経験を一定水準以上で認めてくれる証のようなものです。

取得によって仕事の幅が広がることも多いため、目指す資格があれば頑張って取得しましょう。

OTCの知識がないけどドラッグストアで対面業務が出来るか?

OTCには医療用医薬品に含まれていない成分が多く存在します。

そのため、ピリン系アレルギーに注意したり、過量・重複を防ぐために飲み合わせに注意する必要があります。

一つずつ学んでいく必要がありますが、多くの場合、薬効ごとに陳列してあるため、慣れてしまえば楽に対応できます。

最近では、スイッチOTCも増えており、医療現場でよく見る成分を目にすることも少なくありません。

今後は医療費削減の傾向からOTC化も増えてくるため、セルフメディケーションに貢献していく必要があります。

転職理由って聞かれるの?

就職活動であっても転職活動であってもその理由を問われないことはありません。

ましてや転職であれば、前職を辞めた理由はとても気になります。

『入職してもすぐ辞めるんではないか』などの目で一度は見られてしまうことを覚悟しておきましょう。

すべて素直にしゃべる必要はありませんが、新しい環境で自分を試したいことなどポジティブな内容を力強く説明できれば不安も払拭できます。

まとめ

薬剤師の求人は職域ごとに薬局・病院・ドラッグストアに分かれます。

給与面だけ見ればドラッグストアが抜きんでていますが、待遇はそれほど変わりません。

むしろ、地方勤務の薬剤師の待遇の良さの方が目立つようになります。

薬剤師は、急性期医療から慢性期医療まで医療に幅広く貢献できる職業です。

必要とされている職業であるため、求人も目立って悪条件な案件も少なく、働きやすい環境が整っています。

自分の将来を見越して新しい環境にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。


薬剤師求人についてもっと深堀りした情報を見る

薬剤師の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

給料が少ない、上司が傲慢で職場環境が悪いなど仕事について悩みを持っていませんか?薬剤師は誰もが羨ましがる仕事の一つです。しかし、薬剤師がみんないい条件で働いているなんてことありません。薬剤師だって不満が溜まります。その不満が爆発すれば、自ずと転職の文字が頭をよぎるでしょう。国家資格である薬剤師の転職はそれほど難しくありません。今回は、現役で転職を経験した私が薬剤師の転職を成功させるためにその特徴と注意点をご紹介しましょう。薬剤師で転職する人は多い?一般的に転職は就職してから3年までに多いと言われています。もちろん、薬剤師もこれに該当します。働き出して1年も経過すると職場環境が良く見えてきます。

薬剤師の年収・給料はどのくらい?経験者の私が相場や年収の決まり方を紹介します

薬剤師と聞くと給料が高いとイメージする人が多いでしょう。ではどれくらい高いか知っていますか?インターネットではいろいろと紹介されていますが、実は薬剤師でないとわからない要因がたくさんあります。今回は、薬剤師の年収・給料を内部から見ていきましょう。薬剤師の年収の相場はどのくらい? 薬剤師の年収は、雇用形態と職域で大きく異なります。雇用形態を正社員、パート・アルバイトの2つ、職域を薬局、病院、ドラッグストアの3つに分けて紹介します。正社員で新卒入社した場合薬局平均年収:550万円薬剤師と言えば薬局を想像する人が一番多いでしょう。薬局はコンビニよりも数が多いとされており、薬剤師が働いている職域として

薬剤師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

薬剤師になりたい!そんな気持ちを抱いている人は多いのではないでしょうか。給料が良いとされている薬剤師はとても人気があります。産後の復帰がしやすいなど女性ならではの生涯設計にも向いています。しかし、理想と現実は違ったなど薬剤師になってから後悔したくはないですよね。今回は、どんな人が薬剤師に向いているかという視点から薬剤師の仕事をご紹介したいと思います。薬剤師の仕事の種類と大まかな仕事内容薬剤師は就職先で仕事内容が変わる職業です。今回は、薬剤師として働く上で最も多くの割合を占める薬局と病院に勤務する薬剤師の仕事をご紹介します。飲み薬の調剤(薬局・病院)薬剤師という漢字の中には薬という文字が入ってい

薬剤師正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

『薬剤師』って聞いたことありますか?職業に『薬』という文字が入っている仕事は薬剤師くらいです。薬剤師の活躍の場は病院や薬局などの医療現場に限定されています。そのため、健康な人では薬剤師という職業があることでさえ知らない人もいるでしょう。現在の医療では、薬剤師は縁の下の力持ちのような役割を担っているため、その認知度はあまり高くありません。そのため、今回は薬剤師正社員についてご紹介していきたいと思います。薬剤師ってどんな仕事?薬を飲んだことがありますか?食事は人間に必要不可欠のため、必ず食べますね。薬は必要なければ飲むことはありません。そのため、一般の人が持っている薬の知識は人により大きな偏りがあ


薬剤師求人に関するコラム

薬剤師の派遣が向いている人の7つの特徴や必要なスキル・適正とは?

就職して失敗したと思うことありませんか?職場環境が最悪だった。給料はもらえるけど休みがない。など働き出すと思っていたのとは違ったなんてことは日常茶飯事です。いざ転職しようと思っても、一度転職してしまったら仕事を転々としてしまいそうで怖いなどの声も良く聞きます。でも1つの職場にとらわれたくない。もっと自由に働きたいと思う人は意外と多いんですよ。薬剤師も例外ではありません。そんな時は派遣で働くことを考えてみましょう。派遣は働きにくいんじゃないの・・・とイメージばかり先行してしまって動き出せなくなっていませんか。今回は、そんなあなたに薬剤師の派遣の特徴と必要なスキルを紹介します。薬剤師の派遣社員の仕

薬剤師の面接で聞かれる6つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

面接というのは誰でも緊張してしまうものです。得意な人ってそうそういませんよね。面接は色々なことを聞かれると思っている方も多いようですが、実際面接で聞かれることはそこまで多い訳ではありません。事前に対策をしっかりしておけば問題ないので、どのようなことに気をつけるべきかを見ていってください。では、今回は薬剤師の面接のポイントなどをご紹介いたします。薬剤師の仕事内容薬剤師の仕事内容を大まかに説明させていただきましょう。薬剤師の仕事というのは、薬の調合や患者に薬を渡す際何に注意しなければいけないかということを指導するという役目があります。最近ではドラッグストアで働く薬剤師も増え、接客やレジ応対なども含

薬剤師におすすめの転職サイト4選。おすすめの理由も紹介します

現在色んな転職サイトはあるものの、どこが一番いいかなんて言われたらわからないですよね。今回は薬剤師おすすめの転職サイト、そしてその理由についてもお伝えさせていただきましょう。おすすめサイトは色々あるのですが、自分に合ったおすすめサイトとは何か?ということもチェックしていく必要があります。薬剤師の仕事・種類についておさらいしておこうまずは薬剤師の仕事についてお伝えしていきましょう。薬剤師の仕事は病院で渡された処方箋を元に薬を調合を行う調剤業務、薬の飲み方や使い方について説明を行う服薬指導があります。多くの人が今まで病院にかかった際、薬局で経験されていると思うのでこのあたりに関してはイメージしやす

薬剤師の悩みで多い3つのこととその解決法。

薬剤師は安定している仕事で、誰もが憧れる仕事であると言われています。しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?どういう悩みを抱えているのか、新人薬剤師が感じる悩みをご紹介していきます。薬剤師の悩みで多い3つのこと薬剤師の悩みは患者を待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないという方が多いです。一番困っている悩みは実はコミュニケーションだったりします。薬剤師って単純に薬を処方しれいれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者と接しないといけないんですよね。患者を待たせてしまう患者を待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です。患者側の立場から

薬剤師って安定しているの?安定性について詳しくご紹介!

薬剤師は誰もが羨ましいと思える職業の一つでしょう。ただ、薬剤師という職業を知ると薬剤師を不安視する発言を目にすることがあります。疎ましいと思って嘆いているとも取れますし、本当に薬剤師の立場が危うくなっているともとることが出来ます。これを本当に理解しているのは薬剤師だけでしょう。これから薬剤師になろうと思っているあなたに送ります。今回は、薬剤師の安定性について紹介しましょう。薬剤師の仕事って安定しているの?薬剤師は安定しているのかの問いにズバリ答えるのであれば答えは・・・『安定している』が間違いのない答えです。薬剤師の安定性や将来性についてインターネットやSNSではどのように言われているのか実際