薬剤師で悩みを抱えている方は必見です。

薬剤師は安定している仕事で、憧れる人が多い仕事であると言われています。

しかし、そんな薬剤師にも悩みがあることはご存知でしょうか?

どういう悩みを抱えているのか、特に薬剤師の新人の悩みについてご紹介していきます。

医療系のお仕事は責任重大な場面が多い職業なので、悩みを解決させてストレスなく職場で活躍できるようにこの記事で解決策を知ってみてはいかがでしょうか?

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「薬剤師」の仕事例をチェック

薬剤師の悩みで多い3つのこと

薬剤師の悩みで多いのは患者さんを待たせてしまうことや、給料をアップさせたい、コミュニケーションが上手く取れないということです。

その中でも一番の悩みは、実は「コミュニケーション」だったりします。

薬剤師って単に薬を調剤すれば良いだけの仕事ではなく、スタッフや患者さんと接しなければなりません。

患者さんを待たせてしまう

患者さんを待たせてしまうというのは新人の時はよくある話です。

患者さん側の立場から言えば、どのような流れで薬を調剤しているのか分からないため、ただ待つしかありません。

まだ仕事に慣れていない場合は薬局内が混雑してしまうこともあるので、時間がかかってしまうことも多いです。

ただ、患者数が多いとこんなものなのかなと認識してしまう程度なので、そこまで待たされているという感覚がなかったりします。

給料をアップさせたい

薬剤師は比較的給料が高い仕事です。

新人の内でも給料は高いのですが、もっと給料が欲しいと思う方もいます。

給料をアップさせるとは言え、何をどうすれば良いのか分からないため悩んでいる人が意外と多いです。

コミュニケーションが上手く取れない

薬剤師はコミュニケーションが不可欠となります。

薬局事務、患者さん、また病院などでは医師や看護師とも連携をとらなければいけません。

第三者目線ですと黙々と仕事をしているイメージがあるのですが、意外とコミュニケーションを取らなければいけないため、苦手な人は苦痛に感じるようです。

患者さんに対して薬剤の使用方法や副作用などについても説明をします。

薬の説明や連携などを取れるように、人と上手く接しなければなりません。

病院勤務では接する人の業種も様々なので一番大変かもしれません。

悩みを解決する3個の方法

上記の悩みに関して解決する方法はいくつかあります。

何を基準にするかが重要ですが、まずは自分の性格を理解しておくことです。

あまり何でもかんでもやろうとすると、本末転倒になってしまいます。

できることからコツコツと始めるのが良いのですが、固定概念で固まって見えなくなってしまっている部分もあるので、この部分はこのままで良いという考え方も必要ですね。

仕事は正確に

仕事は正確に行うことが重要です。

それは当然のことですが、人は焦ってしまうと正確な判断ができなくなってしまうため、速さを優先させてしまうこともあります。

薬に関する間違いは一番やってはいけないことです。

薬剤師の医療事故は患者さんの体調に影響を及ぼしてしまう可能性がとても高いので、気をつけなければいけません。

筆者は医療事務をやっていたのですが、以前提携している薬局がミスをしてしまい、院長から薬剤師に対して注意するように言われていました。

実際にあったミスなのですが、薬の種類を間違えてしまったのです。

降圧剤でアダラートという薬があるのですが、アダラート・アダラートCR・アダラートL・アダラートカプセルなど種類がいくつかあります。

初見だと違いには気づきやすいのですが、これが連続して続いてしまうと頭が混乱してしまうため、違う種類を選んでしまうこともあります。

同じ種類だし良いのでは?と思うかもしれませんが、患者さんが透析患者の場合飲める薬が限られているため、同じ名前でも効果が大幅に変わってきてしまいます。

急いでしてしまう仕事は絶対に良くないため、遅くても正確にしてもらえる方がありがたいです。

慣れてきたらスピードはアップできるため、最初はコツコツやっていくことに専念しましょう。

キャリアアップ

薬剤師のキャリアアップは想像しにくいかもしれません。

コミュニケーションも大切ですが、それ以外で必要となるのはマネジメントスキルやリーダー格となる人物でしょう。

マネジメントというのは薬局長、ドラッグストアの店長です。

意外な話と思いますが、ドラッグストアの店長は薬剤師であることもあります。

人を管理したり面接したりする能力がある人物は高評価を得ます。

薬剤師はすぐに辞めてしまう人もおり、せっかく採用したとしてもすぐに辞められてしまったら経営者側からすれば困ります。

求人を出すのにもお金はかかりますし、1回ならともかく、それを何度も継続してされるようでは何のために面接をしたのか分かりません。

人を見極めるなどのキャリアを積んでいくと給料はアップできます。

マネジメントスキル以外には、もし喧嘩が起こった時、仲裁したり人間関係を良くすることができるのも評価されます。

仕事の質もそうですが、人柄も見られています。

聞き役に回る

コミュニケーションが上手く取れない人は、聞き役に回りましょう。

自分から面白い話題を提供するのではなく、相手が言ったことを理解することが大切です。

特に医療系の仕事は聞き役になることが大切です。

薬剤師の場合は患者さんに対して薬の説明を行わなければいけませんので、簡単且つ適切に伝える必要があります。

薬剤師は患者さんとはもちろん、他のスタッフとも連携をとるためにしっかりとコミュニケーションを取る必要があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まとめ

薬剤師の悩みは他の企業の仕事でも当てはまります。

コミュニケーションに関してはとても重要であるため、しっかりと考える必要があります。

医療系の仕事は自分1人で行っているわけではないため、その辺を理解して仕事に挑む必要があります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




薬剤師求人についてもっと深堀りした情報を見る

薬剤師の派遣が向いている人の7つの特徴や必要なスキル・適正とは?

就職して失敗したと思うことありませんか?職場環境が最悪だった。給料はもらえるけど休みがない。など働き出すと思っていたのとは違ったなんてことは日常茶飯事です。いざ転職しようと思っても、一度転職してしまったら仕事を転々としてしまいそうで怖いなどの声も良く聞きます。でも1つの職場にとらわれたくない。もっと自由に働きたいと思う人は意外と多いんですよ。薬剤師も例外ではありません。そんな時は派遣で働くことを考えてみましょう。派遣は働きにくいんじゃないの・・・とイメージばかり先行してしまって動き出せなくなっていませんか。今回は、そんなあなたに薬剤師の派遣の特徴と必要なスキルを紹介します。薬剤師の派遣社員の仕

薬剤師の面接で聞かれる6つのことと受け答えのコツ、服装などの注意点とは!?

面接というのは誰でも緊張してしまうものです。得意な人ってそうそういませんよね。面接は色々なことを聞かれると思っている方も多いようですが、実際面接で聞かれることはそこまで多い訳ではありません。事前に対策をしっかりしておけば問題ないので、どのようなことに気をつけるべきかを見ていってください。では、今回は薬剤師の面接のポイントなどをご紹介いたします。薬剤師の仕事内容薬剤師の仕事内容を大まかに説明させていただきましょう。薬剤師の仕事というのは、薬の調合や患者に薬を渡す際何に注意しなければいけないかということを指導するという役目があります。最近ではドラッグストアで働く薬剤師も増え、接客やレジ応対なども含

薬剤師におすすめの転職サイト4選。おすすめの理由も紹介します

現在様々な転職サイトはあるものの、どこが一番良いのか分からないものですよね。今回は薬剤師おすすめの転職サイト、そしてその理由についてもお伝えさせていただきましょう。おすすめサイトは数多くあるのですが、自分に合ったおすすめサイトとは何か?ということもチェックしていく必要があります。薬剤師の仕事・種類についておさらいしておこうまずは薬剤師の仕事についてお伝えしていきましょう。薬剤師の仕事は病院で渡された処方箋を元に薬を調合を行う調剤業務、薬の飲み方や使い方について説明を行う服薬指導があります。多くの人は、今まで病院にかかった際に薬局で薬を貰うことを経験されていると思うので、このあたりに関してはイメ

薬剤師って安定しているの?安定性について詳しくご紹介!

薬剤師は誰もが羨ましいと思える職業の一つでしょう。しかし、薬剤師を不安視する発言を目にすることもあります。疎ましいと思って嘆いているともとれますし、本当に薬剤師の立場が危うくなっているともとることができます。この発言の本意を本当に理解しているのは薬剤師だけでしょう。今回は、その点も含めて薬剤師の安定性について紹介します。薬剤師の仕事って安定しているの?薬剤師は安定しているのかの問いに答えるのであればズバリ・・・『安定している』が答えです。薬剤師の安定性や将来性について、インターネットやSNSではどのように言われているのか実際に調べてみました。そうすると次のような意見が挙がります。薬剤師は将来飽

薬剤師を辞めたいと思う4個の理由とその乗り越え方とは?

『薬剤師っていいよね』とよく言われます。確かにハローワークなどに掲載されている給料や時給は高い方だと思います。だからといってお金がもらえることが良いことばかりとは限りません。多くの人が憧れる薬剤師にも仕事上の悩みだってあるんです。薬剤師は楽しくていい仕事なんだ。そんな一面ばかりでない薬剤師を辞めたいと思う理由を紹介していこうと思います。薬剤師を辞めたいと感じた4個の理由と乗り越え方とは?薬剤師として働き出して順風満帆だったかと言われるととても答えにくいというのが正直な意見でしょうか。大学を出て働き出すときは、夢と希望に溢れていましたが、いざ現実を突きつけられてしまうと辛いなと思うときがあります

薬剤師の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

給料が少ない、上司が傲慢で職場環境が悪い、など仕事について悩みを持っていませんか?薬剤師は比較的給与も高く、安定性のある職業の一つと言われています。しかし、薬剤師がみんな良い条件で働いているわけではありません。薬剤師だって不満が溜まります。その不満が爆発すれば、自ずと転職の文字が頭をよぎるでしょう。国家資格である薬剤師の転職はそれほど難しくありません。今回は、現役で転職を経験した私が、薬剤師の転職を成功させるためにその特徴と注意点をご紹介しましょう。薬剤師で転職する人は多い?一般的に転職は就職してから3年までに多いと言われています。もちろん、薬剤師もこれに該当します。働き出して1年も経過すると

薬剤師の年収・給料はどのくらい?経験者の私が相場や年収の決まり方を紹介します

薬剤師の年収について今回はお話しさせていただきます。薬剤師と聞くと給料が高いとイメージする人も少なくないでしょう。では、どれくらい薬剤師基本給が高いか知っていますか?インターネットでは色々と紹介されていますが、実際は薬剤師でないと分からない部分が多々ありますよね。今回は、薬剤師の給料を内部から見ていきましょう。薬剤師の年収の相場はどのくらい? 薬剤師の年収は、雇用形態と職域で大きく異なります。雇用形態を正社員、パート・アルバイトの2つ、職域を薬局、病院、ドラッグストアの3つに分けて紹介します。正社員で新卒入社した場合の薬剤師の年収相場薬局平均年収:550万円薬剤師と言えば薬局を想像する人が一番

薬剤師の仕事内容と向いてる人の特徴をご紹介!やりがいを感じる点についても教えます!

薬剤師になりたい!そんな気持ちを抱いている人は多いのではないでしょうか。給料が良いとされている薬剤師はとても人気があります。産後の復帰がしやすいなど女性ならではの生涯設計にも向いています。しかし、理想と現実は違ったなど薬剤師になってから後悔したくはないですよね。今回は、どんな人が薬剤師に向いているか、薬剤師の仕事内容、やりがいなどをご紹介したいと思います。薬剤師の仕事の種類と大まかな仕事内容薬剤師は就職先で仕事内容が変わる職業です。今回は、薬剤師として働く上で最も多くの割合を占める薬局と病院に勤務する薬剤師の仕事をご紹介します。飲み薬の調剤(薬局・病院)薬剤師という漢字の中には薬という文字が入

薬剤師正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

『薬剤師』という職業を聞いたことはありますか?職業に『薬』という文字が入っている仕事の一つが薬剤師です。薬剤師の活躍の場は病院や薬局が主です。そのため、健康な人では薬剤師という職業があることを知らない人もいるかもしれません。現在の医療では、薬剤師は縁の下の力持ちのような役割を担っているため、その認知度はあまり高くありません。そのため、今回は薬剤師正社員についてご紹介していきたいと思います。薬剤師ってどんな仕事?薬を飲んだことがありますか?食事は人間に必要不可欠のため、必ず食べますね。薬は必要がなければ飲むことはありません。そのため、一般の人が持っている薬の知識は、人により大きな偏りがあります。