薬剤師になりたい!

そんな気持ちを抱いている人は多いのではないでしょうか。

給料が良いとされている薬剤師はとても人気があります。

産後の復帰がしやすいなど女性ならではの生涯設計にも向いています。

しかし、理想と現実は違ったなど薬剤師になってから後悔したくはないですよね。

今回は、どんな人が薬剤師に向いているかという視点から薬剤師の仕事をご紹介したいと思います。

薬剤師の仕事の種類と大まかな仕事内容

薬剤師は就職先で仕事内容が変わる職業です。

今回は、薬剤師として働く上で最も多くの割合を占める薬局と病院に勤務する薬剤師の仕事をご紹介します。

飲み薬の調剤(薬局・病院)

薬剤師という漢字の中には薬という文字が入っています。

そのため、薬剤師の仕事は薬が中心となります。

皆さんが薬と聞いて一番最初に考えるのは飲み薬だと思います。

飲み薬を提供するのが薬剤師としての基本的な業務の一つです。

その仕事内容は?

調剤とは、医師が処方した処方箋をもとに薬を準備する過程を言います。

  • ①処方箋に不備がないかを確認
  • ②処方内容が患者さんにとって適切であるかを確認
  • ③処方内容に疑問や変更したほうが良い点があれば医師に問い合わせ(疑義照会)
  • ④処方箋をもとに薬の取り揃え(狭義の調剤)
  • ⑤患者さんに必要な情報を伝える(服薬指導)

この飲み薬の調剤は、薬局・病院どちらに勤務していても基本的な業務となります。

調剤なくして薬剤師は務まりません。

一般用医薬品の販売(主に薬局)

セルフメディケーションという言葉を知っていますか?

薬局やドラッグストアで販売されている医薬品(一般用医薬品)を用いて体をケアすることです。

主に風邪や軽い怪我などが該当します。

一般用医薬品は医師の処方箋が必要な医療用医薬品とは区別されています。

そのため、病院に受診して医師の診察を受けなくとも薬を手に入れることができるのがメリットです。

その仕事内容は?

多くの人は薬や病気に対して専門的な知識を持っていません。

セルフメディケーションを行うにも独学では間違った薬を選択してしまう可能性があります。

薬剤師は、薬の専門家として、患者さんの状態に適した一般用医薬品を提案します。

すでに飲んでいるお薬との飲み合わせや患者さんのアレルギー・副作用歴を考慮して必要な説明を行います。

一般に売られている医薬品が飲む人にとって全て安全というわけではありません。

一部の患者さんについては飲むだけで死に繋がってしまう事態に陥ることも十分考えられるのです。

薬剤師は、お薬について気軽に相談できる存在であり、必要な情報を教えてもらえる歩く医療辞典のような存在です。

注射薬の調剤(主に病院)

薬は飲み薬だけではありません。

体の中に直接投与することが可能な注射薬というものがあります。

注射薬は薬局で取り扱うところもありますが、主に病院で取り扱われるものです。

そのため、この注射薬は病院に勤務する薬剤師が扱うことが多いです。

 最近では、在宅医療といって患者さんが病院に入院していなくても自宅である程度同様の医療を受けることが可能になりました。

在宅医療では、種類は限られますが一部の注射薬を取り扱うことがあります。

患者さんが自宅での治療を望まれることは多くあります。

薬剤師は患者さんの自宅でも貢献することが出来ます。

その仕事内容は?

注射薬は体の中に直接入りかつその作用には即効性があります。

注射薬を取り扱うときにも、飲み薬と同様に注意して処方内容を見る必要があります。

注射薬は液体の状態で体に入ります。

何種類か注射薬を投与する予定がある場合、それぞれが混ざり合うことで薬の効果が弱まったり、濁って使えなくなってしまうことが多々あります。

これらの変化を配合変化といいます。

薬剤師は、持っている薬学的な知識を生かしてこの配合変化を回避する投与方法や注射薬の変更を医師に提案します。

学校薬剤師(主に薬局)

薬剤師に会うことのできる機会は薬局や病院だけではありません。

皆さんが通っていた小学校や中学校などにも赴いて仕事をしています。

薬剤師は生徒が勉強するために適した学校環境を維持するためにも貢献しています。

その仕事内容は?

薬剤師は薬の専門家です。

そのため、学校でも薬に関連した仕事をしています。

プールの消毒液の濃度確認や理科室の医薬品管理、教室の空気や明るさの確認を行っています。

共通することは、確認するために様々な医薬品を用いていることです。

ここで使う医薬品は医療用ではなく、環境を確認するための試薬として用いられるものを指します。

薬剤師は体に用いることがない薬も扱うことができます。

麻薬啓発運動

薬剤師は薬に関することを仕事としています。

正しい薬の使い方だけに留まりません。

決して使ってはいけない薬(麻薬や覚せい剤、大麻など)の啓発運動も行っています。

その仕事内容は?

学校での講義や警察や地域の方と街頭活動での啓発など地道に活動をしています。

麻薬や覚せい剤、大麻などを使ってしまうと一生を棒に振ってしまいます。

ただ一度の興味本位だったでは済まされないのが現状です。

絶対に使ってはいけないと強く訴えることができるのも薬の専門家である薬剤師の特権です。

薬剤師の仕事はどんな人に向いている?

医療に必要な薬に一番関わっている職業は薬剤師です。

薬剤師には大きな責任が伴います。

下手をすれば患者さんの命を奪ってしまう可能性もあるからです。

安易な気持ちで薬剤師になってはいけません。

では、薬剤師に向いている人とはどのような人なのでしょうか。

人と関わることが好きな人

コミュニケーションなくして薬剤師は務まりません。

  • 薬の説明を行う時
  • 医師に処方内容について確認をする時
  • 他職種で情報共有をする時
  • 薬の情報を発信(プレゼン)する時

など、薬剤師をする上で人との関わりは避けて通れません。

調剤だけしていればいいという薬剤師もいますが、だた薬を集めているだけ、用意しているだけの薬剤師はいずれ居場所を失うでしょう。

アメリカにはテクニシャンという制度(職業)があります。

患者さんへの説明は行わず、ひたすら薬の取りそろえをする職業です。

テクニシャンがいることで薬剤師は患者さんへ関わる時間を十分に取ることが出来ます。

このテクニシャンと薬剤師が行っている仕事はとても近いです。

しかし、社会的地位は薬剤師が圧倒的に高くなっています。

一部では、テクニシャンが行っている調剤は機械にとって代わってしまうとも言われています。

日本はアメリカの医療体制を見習っている風習があります。

そう遠くない未来、これまで薬剤師が行っている業務の一部をテクニシャンが代わりに行っていくようになるかもしれません。

そうなると調剤だけしている薬剤師は不要になります。

人ととの関わりを大切にする薬剤師が必要となってくるでしょう。

向上心がある人

医療に使われている医薬品は日々進歩しています。

製薬メーカーが膨大な研究費を用いて新薬を開発しているからです。

このおかげで私たちが受けている医療が日々進歩して昔では考えられないような恩恵を受けることが出来ています。

薬剤師は、次々と世に出てくる新薬に対応する能力が必要です。

これまでの状況に甘んじて勉強や研鑽を怠ると患者さんへ不利益を生むことしかありません。

薬剤師として生きていくためには、新しい薬に順応に対応する向上心が必要不可欠です。

薬に興味がある人

薬剤師は薬を主体として仕事をします。

言うまでもなく薬に興味がなければ務まりません。

  • 家族が飲んでる薬に興味を持った
  • 小さい頃に入院して薬に助けられた
  • 薬剤師に真摯に対応してもらえてなりたいと思った

など、なんでも構わないので薬に関連することに興味を持つことが出来れば、それは薬剤師になるための第一歩として十分な意味を果たしてくれます。

逆に薬剤師の仕事に向いていない人とは?

人には向き不向きが存在します。

それは、薬剤師についても同様です。

経験者が語る薬剤師に向ていない人を紹介したいと思います

コミュニケーション能力が乏しい人

薬剤師という資格を魅力的に感じる人は多くいます。

医師になれなくてもせめて薬剤師にはと目指す人もいます。

安定している職業としての認知はされてきていますが、その仕事にはコミュニケーションが必要です。

  • 説明がとてもへたくそ
  • 同じことを何度も聞いてくる
  • 質問したことに答えてくれない

など、とんでもない薬剤師に当たった経験がある人もいるでしょう。

たとえ無くとも、そんな薬剤師にまた会いたいと思いますか?

薬剤師も立派な接客業でありサービス業です。

薬剤師免許を持っているだけで問題ない時代は終わりました。

これからの薬剤師にはコミュニケーション能力が大切なのです。

勉強が嫌いな人

勉強が嫌いではそもそも薬剤師になることが出来ません。

薬剤師は医師や歯科医師と同様に6年制教育となりました。

勉強嫌いでは、薬学部に入ることが出来ないでしょう。

運よく入ることができても、進級や国家試験合格など勉強を重ねなければ薬剤師になることは決してできません。

万が一薬剤師になれたとしても、6年制教育だけでは薬剤師として働くことは不可能です。

新しいことに興味を持ち取り組む姿勢は薬剤師に一生必要です。

薬剤師として働くやりがいとは?

薬剤師の仕事はルーティンワークのようにこなすだけではありません。

患者さん一人一人に合わせて医療を提供できた時に言葉には言い表せない達成感を得ることができます。

この達成感がやりがいという言葉に置き換えることができるのです。

患者さんの治療に貢献できたとき

薬剤師に会う患者さんは少なからず一つは病気を抱えています。

その病気を治そうと思い病院を受診して薬を貰います。

薬剤師は薬という治療に必須なものに専門家として携わることが出来ます。

薬はただ飲めばいい、使えばいいわけではありません。

正しく使うことによって初めて効果が発揮されます。

医師は薬をきちんと使っているものとして治療を行いますが、実際にはきちんと使えていない患者さんもいます。

これが治療の質に大きく影響することもあります。

薬剤師は患者さんに正しく薬を使ってもらうための情報提供をすることによって、薬を通して最大限の貢献をすることができます。

自己満足なことかもしれませんが、薬剤師が仕事をして患者さんに貢献できることは最大のやりがいとなります。

患者さんからお礼を言われたとき

治療は医師が治癒したと思うだけでは成立しません。

  • 患者さんの苦痛を取り除くこと
  • 患者さんの要望をかなえること

色々な形がありますが、患者さんのニーズに応えることが治療のゴールだと思います。

このゴールにたどり着き、患者さんが満足したときに貰うことのできるお礼は、普通に仕事をしていてはもらうことのできないやりがいと感じさせてくれます。

他職種から必要とされたとき

医療は薬剤師だけでは提供することができません。

医師や看護師にも同じことが言えます。

チーム医療という言葉をご存知でしょうか?

それぞれの職業が単独で職能を発揮するだけではサービスを提供することができても医療を提供することは難しいです。

患者さんを中心として他職種同士が密接に連携し、お互いの長所を生かし、短所を補い合うことで初めて質の高い医療を提供することができます。

薬剤師として他職種から求められたり、必要とされることは、患者さんからもらうことのできるものとはまた違ったやりがいを得ることができます。

薬剤師として働いた経験をどんな仕事に活かせる?

薬剤師を生かせるのは薬剤師です。

薬剤師の経験があればこそ生かせる仕事があります。

薬剤師として働ける環境

薬剤師としての経験があれば、薬剤師が働ける環境で活躍することは容易でしょう。

病院薬剤師として働いていた場合、薬局薬剤師があまり持ち合わせていない注射薬の知識を生かすことができます。

在宅医療で注射薬が必要になった時、薬局薬剤師が持っている知識だけでは足りないこともあるので、病院薬剤師として注射薬を知っているといった経験は必ず活きてきます。

研究

薬剤師ほど薬に詳しい職業は他にありません。

独学でいくら薬に詳しくなっても臨床経験を兼ね備えることは難しいでしょう。

薬の専門家として臨床にいたという経験が生かせる場は研究です。

研究は試験管を振るだけではありません。

新薬の研究や臨床研究は医療の発展に必要不可欠です。

薬剤師としての経験はこの研究に大いに貢献してくれるでしょう。

発表やプレゼンテーション

薬剤師にはコミュニケーション能力が必須です。

普段の業務に必要なため、日々コミュニケーション能力は培われます。

これにより発表やプレゼンテーション能力が向上します。

服薬指導では患者さんを納得させることが必要です。

この納得させることに長けているということに気付いていない薬剤師は多く存在します。

まとめ

薬剤師は薬を通して医療に密接に関わっています。

一つ間違えば患者さんの命を奪いかねない非常に責任が伴う仕事です。

言い換えれば、薬の専門家として患者さんに携わることは他では味わうことのできない達成感や充実感を得ることができます。

コミュニケーションが好きな人、向上心がある人、そして何より薬に興味がある人、ぜひ薬剤師を目指してみませんか。


関連キーワード

薬剤師求人

薬剤師求人についてもっと深堀りした情報を見る

薬剤師の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための3つの注意点

給料が少ない、上司が傲慢で職場環境が悪いなど仕事について悩みを持っていませんか?薬剤師は誰もが羨ましがる仕事の一つです。しかし、薬剤師がみんないい条件で働いているなんてことありません。薬剤師だって不満が溜まります。その不満が爆発すれば、自ずと転職の文字が頭をよぎるでしょう。国家資格である薬剤師の転職はそれほど難しくありません。今回は、現役で転職を経験した私が薬剤師の転職を成功させるためにその特徴と注意点をご紹介しましょう。薬剤師で転職する人は多い?一般的に転職は就職してから3年までに多いと言われています。もちろん、薬剤師もこれに該当します。働き出して1年も経過すると職場環境が良く見えてきます。

薬剤師の年収・給料はどのくらい?経験者の私が相場や年収の決まり方を紹介します

薬剤師と聞くと給料が高いとイメージする人が多いでしょう。ではどれくらい高いか知っていますか?インターネットではいろいろと紹介されていますが、実は薬剤師でないとわからない要因がたくさんあります。今回は、薬剤師の年収・給料を内部から見ていきましょう。薬剤師の年収の相場はどのくらい? 薬剤師の年収は、雇用形態と職域で大きく異なります。雇用形態を正社員、パート・アルバイトの2つ、職域を薬局、病院、ドラッグストアの3つに分けて紹介します。正社員で新卒入社した場合薬局平均年収:550万円薬剤師と言えば薬局を想像する人が一番多いでしょう。薬局はコンビニよりも数が多いとされており、薬剤師が働いている職域として

薬剤師正社員求人の年収やよくある募集内容は?正社員として求められることを解説!

『薬剤師』って聞いたことありますか?職業に『薬』という文字が入っている仕事は薬剤師くらいです。薬剤師の活躍の場は病院や薬局などの医療現場に限定されています。そのため、健康な人では薬剤師という職業があることでさえ知らない人もいるでしょう。現在の医療では、薬剤師は縁の下の力持ちのような役割を担っているため、その認知度はあまり高くありません。そのため、今回は薬剤師正社員についてご紹介していきたいと思います。薬剤師ってどんな仕事?薬を飲んだことがありますか?食事は人間に必要不可欠のため、必ず食べますね。薬は必要なければ飲むことはありません。そのため、一般の人が持っている薬の知識は人により大きな偏りがあ