保育園で働いていると、毎年行われる今後の進退で転職について悩むことも多いかと思います。

他の企業に比べると昇給が少なく、昇格することもほとんどない保育士という仕事。

転職をして給料のアップにつなげたり、休日日数が増えたりと良い事が待っているかもしれません。

今回はおすすめの転職サイトを中心に、保育士の転職についてお話ししたいと思います。

転職するに当たっての必要な心構え

どうして辞めるのかをはっきりさせる

保育士をしていると毎日のように「辞めたい」と思う事があります。

上司や同僚との人間関係もそうですし、子どもと信頼関係がうまく築けず保育が思うように回せない。

保護者対応につかれる。

給料が安い……。

理由はたくさんありますが、その中でなぜ転職したいのかを明確にしておきましょう。

人間関係で支障があったり、保育の考え方が延長や主任たちとあわないのであれば、ほかの保育園に転職するという事も一つの方法です。

しかし、子どもの事が嫌いになってきた、保護者対応につかれる……といった保育に関する内容で辞めたいと思うのであれば、そもそも同じ保育士として働くべきなのかもう一度考えた方が良いでしょう。

戻れない事を前提に考えておく

今の保育園から転職しても「あわなかったら帰っておいで」と優しく言われるかもしれません。

円満退社ならなおさらですが、「帰れるから転職してみよう」と軽い気持ちで行うのはやめましょう。

実際転職した後に、「前の職場の方がよかったな」と思う事が出てくると思います。

しかし、だからといってすぐに戻るような人を再雇用するかというと、そういうわけにはいかないと思います。

たとえ円満退社だったとしても、「あの先生辞めたのにまた戻ってきてる……」という保護者や保育士の目は避けられません。

今この保育園を辞めたら、戻ってこられないという強い意志を持って転職活動することが大切です。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

転職してからのビジョンをはっきりさせておく

結婚や引っ越しといった物理的にどうしようもなく転職する場合は、どういう生活をこれから描いていくのか考えて転職先を決めておきましょう。

結婚したのであれば、この先子育てと両立していくことになります。

産休育休制度がきちんと整っているのか。

整っていたとして復帰している人はどのくらいいるのかを聞いておくことは大切ですし、残業が少なく時間短縮で正社員として働けるのかも確認しておくと安心ですね。

実際、筆者の働いていた保育園では、時間短縮勤務をしている人もシフトに入るよう言われ、早番や遅番を命じられている人がいました。

保育園で働いているので、預けてから早番をするとなるとなかなか難しいものがあります。

また、休日日数が少なくて転職するのであれば、給料が安くなってでも休日をとるのか、といったメリットとデメリットになる部分をしっかり把握しておきましょう。

たくさん旅行に行きたいから休日日数の多い職場に転職したとしても、給料が安くなって旅行に行く資金がなくなったという事になれば本末転倒です。

どうして自分は転職したいのか、転職してからどんな過ごし方をしたいのか、よく考えておきましょう。

人間関係が不安な場合は、見学や情報収集を

同じ地域内で転職をする場合には、同業者から情報を聞くことができます。

一番聞きやすいのは研修先です。

市内や同じ地域内で転職を考えているのであれば、研修先で同じグループを組んだり、近くに座った人と仲良くなっておくと良いですね。

そうすれば「○○で働いているけど、賞与なんて1ヶ月ももらってないよ」「△△はすごい良いって友だちが言ってた」などと知ることができます。

ほとんどの保育士は保育士の資格を取得するための学校を卒業しているので、友人も同業の人が多く、情報収集もしやすいかと思います。

また、見学にいくと、園の雰囲気はもちろん働いている人の容姿も見ることができます。

保育園の中には茶髪が禁止であったり、保育士の服装にまで規定を設けている園もあります。

おしゃれをしたい!と思っているのであれば、働いている人の髪色などをチェックするのも良いですね。

働く場所を考える

今働いている保育園のある最寄駅から近い保育園に転職する場合には、知り合いがいたり、働いていた保育園にいる子どもが転園してくる可能性もあります。

また、自治体の定例会などで、園長が集まる機会もあるかと思います。

その時に、「前にそちらで働いていた○○さんが、今うちの職場にいるわよ」なんて話されることがあると嫌ですよね。

同じ区内や最寄駅が同じ保育園は、よく交流会などを開催するため、先生同士で集まる機会も多いです。

少なくとも、同じ業種である保育園で働こうと考えているのであれば、最低でも駅ひとつ分は離れたところで探しましょう。

保育士の転職サイトのおすすめ5選

保育士として転職を考えているのであれば、ハローワークなどの職業紹介所を利用することもいいですが、専門の転職サイトを利用することもできます。

実際に筆者も登録したことがありますが、コンサルタントが紹介してくれたり、面接の日程を組んでくれたりするので、働きながらでも安心して転職活動をすることができますよ。

今回はおすすめの転職サイトを紹介していきたいと思います。

保育士バンク!

https://www.hoikushibank.com/

実際に筆者も登録した転職サイト。

とにかく情報量が多く、転職のコンサルタントからの連絡もマメで早かったです。

福利厚生の部分も、産休育休制度ありという選択肢はもちろん、保育士として働くうえで何かとありがたい『給食の有無』や『時間短縮正社員制度の有無』を一緒に調べることができるので、とても便利でした。

インターネット上だけではなく、イベントも定期的に開催しているので、足を運んでみるのもいいですね。

スマイルsupport保育

https://www.h-career-support.com/hoiku/

筆者が実際に登録した転職サイト。

派遣社員としても登録できるようになっているので、気になった保育園に派遣社員として入社し、1ヶ月以上働いた後で、正社員として就職するか、もしくは他の保育園を探すか決めることができました。

もちろんそのまま派遣社員として保育園に勤めることもできます。

同じ系列企業で保育園を経営しているため、最終的にはそちらの保育園をすすめられる事もあるようですが、それ以外にもたくさんの求人情報があるので、目的にあった保育所を探してくれます。

どちらかというと給料や賞与が高い求人を持ってきてくれることが多いです。

保育メトロ

https://www.succeed-jinzai.jp/lp/hoiku/20150724/

地方出身者が関東圏で仕事を探したいときにもってこいの転職サイトです。

地方出身者のために、上京してきた保育士のリアルな声を聞くことができたり、借り上げ社宅や引っ越し代を援助してくれる保育園の求人を多く取り揃えています。

転職先が決まった後も、住居に関する相談にのってくれたり、遠方だからこそ行いにくい面接日程の調整なども、転職サイト側がしてくれます。

ジョブデポ保育士

https://j-depo.com/hoiku

転職する側にとっては嬉しい、就職が決まった時にお祝い金として最大10万円が支給される事が魅力の求人サイトです。

求人数も多く、給料の交渉まで転職サイト側が行ってくれるのも魅力的ですね。

全国の保育園を検索することもできるので、結婚等で転居を伴う転職にも強いですし、割と古くからある転職サイトなので、エージェントも保育業界の事を理解している人が多く、安心して転職活動をすることができます。

保育FINE!

https://hoiku.fine.me/

保育士の現状を考えて作られたという転職サイト。

保育士の低い給料や激務という現状から、該当の求人に採用が決まり、入職すると、一定期間お給料とは別にお祝い金として月々1万円~5万円が転職サイトから支払われるという仕組みが整っています。

保育士は給料が低いと言われているので、この制度は就職先を探す側として非常にうれしい制度だと思います。

サイト自体も見やすく、検索もしやすいので便利ですし、実際に保育園に赴いてインタビューをされたり、コラムを定期的に掲載されているので、保育士として就職が決まった後でも非常に使いやすいサイトだと思います。

転職理由の違いによる求人を選ぶときのポイントは?

保育士の転職理由は様々です。

転職理由の違いによって、新しく転職する就職先を決める時にも、やり方や考え方が変わってきます。

前述したとおり、どうして自分は転職したいのか理由をまずはよく考えて、より良い就職先を見つけられるようにしていきましょう。

人間関係が理由

保育士が転職したい理由で最も多いのが人間関係です。

人間関係に関しては、女性の職場である保育の業界である以上、ある程度避けることができないものになっています。

万が一、人間関係で辞めたいと考えている場合、人間関係で困っている相手が1名程度であれば、そのまま転職せずに残り、その相手が転職なり退職なりすることを待つという手もあります。

人間関係以外の給与や休日日数が充実している場合は、転職するよりも数年間我慢するという選択肢もあるからです。

特に女の職場である以上、保育園で働く人の入れ替わりは想像しているより多く、ほとんどの人が5年未満で辞めていきます。

それでも人間関係で転職したいと考えるのであれば、新設園を探すというのもひとつのポイントです。

実際に筆者も新設の保育園に就職したことがありますが、全員が同じスタートラインのため上下関係が少なく、比較的人間関係に悩まないかと思います。

他にも、派遣やパートとしてその保育園に就職し、人間関係の様子を見てから正職員に登用してもらう方法もあります。

人間関係は求人情報だけでは見抜くことはできません。

なので、転職サイトをうまく活用し、派遣スタートで就職するというのが一番確実な方法かと思います。

給与が理由

給与が安いという理由で転職する場合には、求人情報だけでなく自治体でどのような手当を行っているのか調べてみるのも一つの手です。

例えば千葉県松戸市では『松戸手当』という制度が新たに制定されており、保育士として松戸市の保育所で働くと、お給料とは別に市からの手当が月45000円~72000円振り込まれるようになりました。

保育士の給料はほとんどが補助金で賄われているため、職場だけでは改善しきれない部分があります。

各自治体で保育士の処遇改善のために手当を出しているところも多いので、転職サイトと一緒に自治体のホームページをチェックし、どのような制度が行われているのかチェックしてみましょう。

仕事量の多さが理由

保育園の仕事量が多いという理由であれば、残業ゼロと掲げている求人を中心に探してみましょう。

また、意外に育休を取得して復帰している職員が多い職場かというのもチェックするポイントです。

子育てをしながら保育士の仕事をするのはとにかく大変で、持ち帰りの仕事があるのであれば復帰はしませんし、自分の子どものお迎え時間にもかかわってくるので、残業が常習化している保育園では、育休から復帰しようと考える職員はほとんどいないといっても過言ではありません。

上記の理由から、育休からの復帰者が多い職場は残業が少なく持ち帰る仕事も少ないと言えるので、育休復帰者の人数をぜひチェックしてみてくださいね。

女性であれば「仕事量はどのくらいか」「残業は多いのか」と直接聞くよりも、面接で聞きやすい事なので、おすすめです。

やりたかった保育ができないことが理由

やりたかった保育ができなかったのであれば、まず自分はどのような保育をしたいのか具体的に考えてみましょう。

海外のような自然保育をしたいと考えているのであれば、郊外の保育園の方がやっているところは多いですし、そもそも近くに大きな公園や自然がないと実行することが難しいので、希望の保育園の立地条件を調べてみる事も大切です。

英語が得意だから英語を教えたい、音楽が得意だから鼓笛隊をやりたいというような内容であれば、設備も保育園によって違うので、「○○はできるのか」とはっきり聞く方が早いです。

その際は「○○だから△△のような保育をしたい」と理由も合わせて伝えてみましょう。

まとめ

保育士として働きながら転職活動をするのはなかなか大変です。

転職サイトやホームページの情報をチェックしながら、時間を有意義に使える転職活動をしていきましょう。

よりよい就職先が見つかることを願っています。


関連キーワード

保育士転職