看護師から何かの職種に転職する事は珍しくありません。

私の場合は看護職から介護職へ転職しました。

はたから見れば逆の場合が多いのではないかと感じる人もいらっしゃるでしょう。

ここでは私が看護職から介護職への転職で、良かった点や悪かった点をご紹介しましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師から他の仕事に転職するのはアリ?

一般的に看護職は「高給料」というイメージが強いでしょう。

もちろん大規模の病院に勤務すれば一般企業よりも高いお給料を頂く事が出来ます。

しかし小規模のクリニックや個人経営の診療所では高給料というわけではありません。

もちろん看護師から他の職業に就く事は、自分の為や家族の為に転職する事ももちろんアリです。

看護から介護へ転職する4個の理由

では、ここで看護師から介護職に転職した理由について、私の体験や周りの人の体験からご紹介していきましょう。

自分の気持ちに余裕を持ちたい

看護職は日々緊張が伴います。

自分が行ってきた看護がきちんと行えているか、自分の観察はきちんと出来ているかと、勤務が終わってから自宅に帰宅しても考えてしまう事があります。

もちろん他の看護師もいらっしゃるので自分のせいで患者さんがどうにかなる事はありませんが、自分の考えと自問自答してしまう看護師も少なくありません。

自分の時間を大切にしたい

介護の仕事も残業はもちろんありますが、看護師の病院と比較すると残業は少なくなります。

看護師の残業量は上司以外にも多く、新人に看護師の方が先輩看護師よりも残業は多くなりますが、介護職は上司の方が残業は比較的多くなります。

人の死を見たくない

看護師では看取りの看護もたくさん経験しなければなりません。

人が死ぬ所は出来れば見たくない物です。

それはもちろん看護師でも同じ事です。

その為人が死ぬ所を目の当たりにした看護師が、看護師の仕事を辞める事は少なくありません。

しかし、人のお世話をする事のやりがいを得たいと思った時に看護師から介護士に転職すると考える人も多いでしょう。

医療の専門性について行けないと感じた時

看護師の仕事は医療行為が全面的にあります。

点滴や注射はもちろん胃カメラや大腸検査等の専門的検査の補助もあります。

その専門的技術は、勉強するだけでは得る事が難しくなります。

たくさんの経験と先輩看護師からの直接的なアドバイスも必要となってくるでしょう。

しかし自分がどれだけ勉強しても、先輩看護師から指導を受けても出来ない看護師もたくさんいらっしゃいます。

これは、自分の経験不足と言うよりも、自分のキャパをオーバーしてしまう人がいる為です。

自分には、検査が出来ない。

人よりも点滴の失敗が多く、看護師の業務がうまく進まないと感じた時に、医療業務が無く、人の役に立つ仕事として介護の業務を行う人もいらっしゃいます。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護から介護へ転職した時に感じた5個の良かったこと

ここまで看護師を辞め、介護しとして働く事の理由を簡単にご紹介してきましたが、では実際に看護師から介護士に転職してどのような事が良かったのか、自分の体験や先輩介護士の体験をもとにご紹介しましょう。

要介護者とのコミュニケーションの時間が多くなった

看護師として働いていた時はやはり自分の仕事量が多く、自分の受け持ちの患者さんとたくさんのコミュニケーションを取る事がなかなか出来ませんでした。

しかし介護士は、コミュニケーションを取る事が仕事内容に含まれる所があります。

たくさんのコミュニケーションを行い、信頼関係を築く事が重要視される為です。

その為要介護者の思いや叶えられる願いが分かるようになり、病院よりも比較的、要介護者が望む事を叶えて上げる事もできました。

病院で、人生の最後を迎える人が多いですが、最後に自分のしたい事やできなかった事を叶える事が出来るという事は、とてもやりがいがある一面でした。

残業が少なくなった

看護師をしている時は、自分の仕事が終わらず、残業は毎日のようにありましたが、介護士の仕事はほとんどが毎日同じことが繰り返されます。

要介護者のトイレ誘導やオムツ交換・食事の介助はほぼ毎日同じ時間に行います。

もちろん特殊な行事があれば話しは違ってきますが、急変や転倒等がないかぎりでは、定時で帰宅する事が出来たり、残業も30分程度で済む事があります。

看護師と違ってカルテの整理も無い為、書類に追われる事もほとんどなく、毎日を過ごす事が出来ます。

職員とのコミュニケーションが密に行う事が出来る

看護師の場合でも看護師間での密な情報交換は重要な事ですが、看護以外の事を話す事はあまりありませんでした。

それも自分の仕事量が多く、雑談をする時間も無かったからです。

介護では、雑談の時間があるのかと思う人もいらっしゃいますが、介護自体に雑談をするほど簡単という事ではありません。

日常生活の事について要介護者と話す事で、要介護者とのコミュニケーションが取れる事があります。

何人かで食卓を囲み、自分の知りたい事や雑談をする事で、信頼関係が出来、職員間でも信頼関係が出来やすくなります。

勤務交代がしやすい

看護師の場合は看護師のレベルに応じてその日のタイムテーブルが組まれる事があります。

例えば、新人看護師は手術に入る事が出来ませんが、手術が無い日は、新人看護師が多くなっても問題はありませんが、手術が入っていると新人看護師よりも、ベテラン看護師を多くその日の勤務に入れておかなければなりません。

その際に、自分の子供や、家族の具合が悪くても簡単に勤務交代が出来ない日もあるのです。

しかし介護は資格が無くても一般的な介護は出来る為、勤務交代が比較的簡単に行う事が出来ます。

看護師と比べて責任ある仕事が減った

看護師で勤務している時は、自分が診ている患者さんに見落としがないかと考えながら、しっかり診る事が基本でしたが、介護では「何かおかしいかな」と感じたらすぐに介護の職員に相談し、看護師に報告したり、上司に報告する事が基本になります。

その為自分の判断や感覚のみ動くのではなく、勤務している職員全員で考える事が出来ます。

看護から介護へ転職した時に感じた2個の悪かったこと

お給料が減った

やはり看護師から介護士に転職して1番違う所は「お給料」です。

しかし責任ある業務よりも、要介護者の日常生活のお世話が仕事内容の基本となる為、お給料は必然的に減ってしまいます。

しかし、他にも介護の仕事は良い所がたくさんある為、自分に必要な金額を支給されていれば、特に問題は無いと感じるでしょう。

私の場合は看護師の時に20万弱あったお給料が介護士になって17万(夜勤手当含み)程になりましたが、結婚し家庭環境が変化した為、これで良かったと感じる事のほうが多くありました。

夜勤の回数が増えた

私の場合でご紹介しますが、看護師の場合は月に4回夜勤があれば多い方でしたが、介護士になってからは月に多くて9回は夜勤がありました。

この夜勤は看護師の時も介護士の時も2交代制で、夕方5時から翌朝の9時までが勤務時間でした。

看護師の時は仮眠がありましたが、介護士の時は仮眠はありませんでした。

しかし看護師の時と違うのは、やはり夜勤の「内容」です。

看護師の場合は点滴の管理や、ターミナルの患者さんのモニターを管理したり、5分毎にバイタルサインを測る事もありました。

しかし、介護士の夜勤は「見守り」が1番の業務です。

細かくすれば他にも業務はありますが、要介護者が眠れない時に相手をしたり、トイレの介助をする事が主な業務になります。

その為仮眠が無くても時に辛いと感じる事はありませんでした。

看護師が探す介護職求人の選び方や注意点

看護師が介護の求人も見つける時に、注意する事がいくつかあります。

ここでは私が介護士の求人を探した時に注意しながら探した事をご紹介しましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

介護士も雇用形態がたくさんあります。

まず私が探したのは「正社員」の介護職員でした。

もちろんこの時は特に子供がおらず、自分の時間以外の時間を全て仕事にあてる事が出来る状況でした。

その為、最初の介護士の求人は正社員で探しましたが、子供を授かり、自分の地元に帰る事になった時は、正社員ではなくパートタイムの介護職員の求人を探しました。

介護の求人はもちろん正社員のほうが多くありました。

これは勤務時間にばらつきが多い事が理由にあります。

夜勤や早出や遅出の勤務にオールマイティーに入る事が出来る正社員はやはり求人自体も多くなります。

パートタイムの求人が極端に少ないという事ではありませんが、子供が大きくなって手がかからなくなった時に正社員として入る事が出来るのかも聞いておくと良いでしょう。

【選び方②】職種から探す

介護職の職種はたくさんあります。

実際に介護を行う介護士の求人がもちろん1番多くなってきますが、他にも介護事務や管理責任者の求人もあります。

その他にも「相談員」や「ケアマネージャー」の求人もあるでしょう。

このように介護の施設では介護士の他にもたくさんの職種があります。

もちろんその中には看護師の職員も必要不可欠になります。

病院の看護師ではなく、介護施設の看護師になる事も、病院の「治療をする看護師」から施設で継続看護をしながら「介護を行う看護師」へのシフトチェンジを行う事も1つの手でしょう。

たくさんの職種がある中で、たくさんの情報を共有しながら介護を行う事が要介護者にとって生活しやすい場所を作る事に繋がります。

【選び方③】施設形態から考える

介護の施設形態はたくさんの種類が存在します。

高度な介護を目指す人は「特別養護老人ホーム」の勤務をおススメします。

特別養護老人ホームでは介護度が高い人や介護度が低くても90歳以上の高リスクの人が入所する事が多い為です。

その為、オムツ交換も体が固まってしまっていて困難な要介護者や、褥瘡が出来ている要介護者もたくさんいらっしゃいます。

その為必然的に日常的に高度な介護が必要となってくるのです。

高度な介護よりも、要介護者とゆっくりとした時間を過ごしながら、最後の時までを有意義に過ごしたいと考える人は「介護付き高齢者住宅」や「グループホーム」がおススメです。

特別養護老人ホームと比べて比較的介護度も低い人が入所していますし、要介護者とコミュニケーションを行う事を重視している施設が多い為です。

その為ゆっくりとした時間を過ごし、比較的残業も少なく勤務する事が出来るでしょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

お給料はやはり「特別養護老人ホーム」が高くなっています。

この理由は上記でもご紹介しましたが、介護にかかる負担が大きい事が理由になります。

たくさんの人のオムツ交換や食事の介助・入浴の介助も行うのが特別養護老人ホームです。

グループホームや介護付き高齢者住宅でも入浴介助や食事の介助は行いますが、入居している要介護者の人数が段違いになります。

人数が多いという事はやはり介護士1人1人にかかる負担も大きくなります。

夜間の徘徊ももちろん毎夜の事でしょうし、仮眠時間も取れない事もあるでしょう。

その為特別養護老人ホームではお給料が比較的高くなっているのです。

しかし、介護量が多いからといって福利厚生もきちんとしているかと言えばそうではありません。

福利厚生の方はどちらも変わり無く行っていますが、経営者の考え次第では、売り上げが無い時は賞与が無かったり減額される所もあります。

その為福利厚生の所は「施設の形態」ではなく「経営者」を見て決める事をおススメします。

【選び方⑤】エリアから考える

ここで、自分だったらと考えて欲しいのですが、近い勤務先でお給料が少ない所と遠い勤務先でお給料が高い所とどちらが自分に負担が少ないでしょうか。

私は近い勤務先を選びましたが、勤務するという事は自分の車で移動するのか公共機関を利用するのかでも変わってきますが、負担になるものですよね。

その為、いくらお給料が高くても遠すぎる勤務先では、勤務する事自体が苦痛になってしまいます。

自分の体の負担を考えながら勤務出来る範囲を決めてから求人を選びましょう。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか、看護師から介護に転職した私の経験をもとに紹介させていただきましたが、介護の仕事も看護師の仕事も「人」を預かっています。

自分の親族を預ける時にこのような事はして欲しくない。

このような言葉を言ってほしくないと思った事は今、自分が相手にしている要介護者や患者さんにもしてはならない事です。

看護師でも介護士でも人患者さんや要介護者を笑顔にし、楽しく過ごして頂く「援助」をする事にかわりはありません。

たくさんの人を笑顔に出来るような介護士になる為にたくさんの経験をしていきましょう。


関連キーワード

看護師転職