今の仕事に満足していても、「転職 」を考える人は多いのではないでしょうか。

転職の理由は沢山あると思いますし、人それぞれです。

今、医療現場で働いている人も全く違う仕事をしている人も「看護師」の仕事に憧れる人は多々いらっしゃるでしょう。

救急病院の看護師、ゆっくりと仕事ができる看護師と、看護師の仕事でも様々な現場があります。

ここでは、看護師が転職したいと思う理由や転職する際の注意点などご紹介します。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

目次

閉じる
  1. 看護師として転職したい!と思うよくある理由
  2. 看護師として転職したい!と思うよくある理由1:今の仕事がマンネリ化してきたので別の科で働きたい
  3. 看護師として転職したい!と思うよくある理由2:仕事がハードすぎて体力的に限界
  4. 看護師として転職したい!と思うよくある理由3:今の職場の人間関係に疲れた
  5. 転職で失敗する人によくある考え方
  6. 転職で失敗する人によくある考え方1:自分のスキルや知識を過信しすぎている
  7. 転職で失敗する人によくある考え方2:職場を変えたら人間関係の悩みがなくなると思っている
  8. 転職したほうが良い3パターンの人
  9. 転職したほうが良いパターンの人1:しっかりと先を見据えたキャリアプランが組めている人
  10. 転職したほうが良いパターンの人2:結婚や出産、介護などライフスタイルに変化がある人
  11. 転職したほうが良いパターンの人3:一瞬の思いつきではなく客観的に状況を判断できている人
  12. 転職しないほうが良い5パターンの人
  13. 転職しないほうが良いパターンの人1:辛いのは自分だけと思ってる人
  14. 転職しないほうが良いパターンの人2:職場に何でも話せる同僚や上司がいる人
  15. 転職しないほうが良いパターンの人3:なんとなくな気持ちで転職を考えている人
  16. 転職しないほうが良いパターンの人4:楽しいのが仕事と思っている人
  17. 転職しないほうが良いパターンの人5:失敗を引きずっている人
  18. 転職を成功させる人の行動パターン
  19. 転職を成功させる人の行動パターン1:自分のスキルが活かせるかを考えて職場選びをしている
  20. 転職を成功させる人の行動パターン2:転職する上での明確な優先順位を洗い出している
  21. 転職を成功させる人の行動パターン3:事前準備を怠らない
  22. パターン別!おすすめ転職先のあれこれ
  23. もう夜勤はごめんだ!と思っている方には
  24. 殺伐とした感じではなくアットホームな空間で働きたい方には
  25. 休日はカレンダー通りに休みたい方には
  26. 激務でも最先端の医療現場で働いてみたい方には
  27. 家庭優先で働きたい方には
  28. 看護師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?
  29. 母体の大きな病院を探す
  30. 専門のスキルを取得する
  31. まとめ

看護師として転職したい!と思うよくある理由

看護師以外の仕事でも今現在看護師として働いている人でも、転職を考える人は多いでしょう。

しかし実際に行動を起こすには、転職したいと思う強い意志が必要です。

看護師として転職を考えてしまう理由には様々ありますが、ここでは私の体験や知人の転職理由を基にご紹介します。

看護師として転職したい!と思うよくある理由1:今の仕事がマンネリ化してきたので別の科で働きたい

看護師の仕事は緊急の措置や急変など変化の多い救急病院から、高齢者の療養や介護を兼ねた継続的な看護もあります。

救急看護師では毎日忙しく臨機応変な対応が必要な看護ができますが、高齢者施設や小規模のクリニックでは毎日同じことの繰り返しの業務が多くなります。

もちろんそのような毎日同じルーチンを繰り返すことが多い継続看護を必要とする患者さんは沢山いらっしゃいます。

しかし、新しい知識や最新の医療に触れながら自分の看護師としてのスキルを上げたい看護師には、ルーチン的な業務を物足りないと感じてしまうこともあるでしょう。

その場合は、大規模の病院では「転科」という形で叶えられることもあるでしょう。

しかし中規模の病院やクリニックで働いている看護師は転科ができる環境にない為、「転職」という形を取ることしかないでしょう。

その場合は、自分のなりたい看護師像を基に転職する所を考える必要があります。

ここで妥協しすぎてしまうと、転職を考えること自体が無駄になってしまう可能性もあるからです。

自分がどこで働きたいのか、どういう所で働きたいのかを明確にした後に転職する場所を決めることが、これからの自分の理想の看護師像に近づく一歩となるでしょう。

看護師として転職したい!と思うよくある理由2:仕事がハードすぎて体力的に限界

ここでは、仕事がハードすぎることで体力に限界を感じる人の転職についてご紹介します。

救急病院での看護師は夜勤も日勤もハードで、何が起こるか分からずにずっと気を張っていなければなりません。

もちろんその働き方は大きなやりがいを得ることができますし、自分の看護能力もスキルアップしやすい環境でしょう。

しかし体力に自信がなかったり精神的に追い詰められたりと、自分の方が体を壊してしまっては元も子もありません。

その為、もっとマイペースに働きたいと転科や転職を考える人もいるでしょう。

また体力はあっても、自分の人生設計で条件が大きく変わってくることもあります。

女性は特に結婚や出産などで勤務時間や雇用形態の見直しが必要になってくるケースも考えられますね。

ゆっくりと自分や家族の為に時間を使いたくなる場合もあるでしょう。

休みが取りやすい所や祝日がお休みのクリニック等、体力や拘束時間との兼ね合いで転職を選ぶこともあると思います。

同じ看護師でも時間や仕事の内容は違ってきますが、命を助けることは同じです。

忙しくないことが悪いことではありません。

高齢者社会の現代では、継続看護こそ沢山の命を助ける看護とも言えるかもしれません。

看護師として転職したい!と思うよくある理由3:今の職場の人間関係に疲れた

どこの職場でもそうですが、看護師として働いていると人間関係について悩むこともあると思います。

命を扱う職場で働く看護師は、仕事がハードなだけにスタッフ間のギスギスした関係が問題になりやすい現場なのです。

個々の考え方と自分の看護観が皆同じなはずもありません。

その違いやコミュニケーション不足などで看護師の間で現場の雰囲気が悪くなることはもちろんあるでしょう。

また自分ができることが他の看護師もできると思い込むことで、人間関係がギクシャクすることがあります。

これは「私はすぐにできるのに、どれだけ時間かかっているんだろう」と思ってしまう看護師もいるからです。

自分はこのくらいで終わるのに、この人は時間がかかるからフォローばかりしなければならないと負担や不満に感じてしまう為です。

誰でも自分ばかりがフォローしていると感じるのが常なら「嫌な職場」が出来上がってしまうでしょう。

~自分の職場は変わってる?~

転職で失敗する人によくある考え方

転職をする際に様々なことを考えながら次の職場を決めると思いますが、転職に失敗する人はどのようなことを考えてしまうのか。

深く考えずに転職を決めてしまう人の失敗談を交えながらご紹介します。

転職で失敗する人によくある考え方1:自分のスキルや知識を過信しすぎている

「自分は看護経験が長いから何でも分かる」「看護師として働いていたから介護の施設ならどこでも大丈夫」と自分の力を過信してしまうと、患者さんにとっても自分の看護師人生でも大変危険です。

介護施設では介護と看護に違いがあり、考え方も違ってきます。

治療を基本とする看護と終の住処として高齢者施設を選んでいる人の看護は全く違うものになります。

そうなると、介護と看護に歪みができてしまい仕事場が「気まずい雰囲気」となってしまうでしょう。

また、何でも経験してきたから何でもできるわけはありません。

看護は日々勉強していかなければならない職業です。

過去の経験はもちろん自分の糧になりますが、全てが正しく、患者さんにぴったり合うわけではありません。

自分の力を過信し高い所から物事を見てしまっては看護師としても人としても立ち止まってしまうことになるでしょう。

転職で失敗する人によくある考え方2:職場を変えたら人間関係の悩みがなくなると思っている

今の職場が全てではありませんが、職場を変えれば人間関係に苦労しなくなるということではありません。

世の中には様々な職場がありますが、そこには沢山の人が働いています。

人が多いということは、様々な性格の人がいるということです。

自分の考えや看護観と同じ人もいますが、当然違う人もいるわけです。

そのことを忘れてはいけません。

もちろん職場を変えることで働きやすくなる場合もあります。

しかし、違う職場でも自分の考えや看護観と違う人は「必ずいます」

その点も忘れずに転職を考える必要があります。

~悩みは早めに相談・解決して、ストレスフリーになりましょう~

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

転職したほうが良い3パターンの人

転職したほうが良いパターンの人1:しっかりと先を見据えたキャリアプランが組めている人

自分のなりたい看護師になる為に看護師としてのキャリアプランが自分の中にしっかりとある人は、今の職場では自分の理想の看護師になれないと感じているのなら転職を考える時があるでしょう。

これは男性や未婚の女性看護師に多いのですが、自分の人生設計を通して退職金やお給料を計算して、今の職場では満足できなかったりする人が高給与を求めて転職する看護師は実際いました。

やはり看護師も人間なわけですから、何の為に仕事をしているのかと言われればお給料の為だと答える人もいるでしょう。

また、自分のなりたい看護師像があって認定看護師など必要な免許を取りたいと目指すものがある人は、転職場所も決めやすいと思います。

認定看護師の免許を取れる病院はなかなかありませんので、自分のキャリアプランに応じてしっかり転職先を考えましょう。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

転職したほうが良いパターンの人2:結婚や出産、介護などライフスタイルに変化がある人

結婚や出産を経験した看護師は、キャリアプランよりも自分の家族や家庭の為に自分のキャリアプランを変更する場合もあるでしょう。

私も出産の為に病院を退職し、今はパートタイムで看護師の仕事をしています。

結婚までは自分のキャリアの為に仕事ができますが、出産してしまうとやはり自分のことよりも子供のことが大切になってきます。

そういう変更も私は間違っていないと思っています。

子供を授かるのは簡単なことではないからです。

私は結婚するまでは痛み緩和の認定看護師になりたいと思っていましたが、出産で病院を辞めてからは認定看護師になることは諦めました。

その上で「他のなりたい看護師を見つける」ことにしました。

これは今の自分にできる範囲内への転換です。

その結果、私は高齢者の継続看護師になりました。

今は高齢者施設で終の住処として看護が必要な人にできるだけのことをしたいと思いながら仕事をしています。

キャリアアップも大切ですが、看護師としての人生と人としての人生がありますから、自分の決断とできる範囲内での看護を目指していくことも一つの手ではないでしょうか。

転職したほうが良いパターンの人3:一瞬の思いつきではなく客観的に状況を判断できている人

嫌なことがあると「もう辞める」「自分に合っていない」と感じることもあるでしょう。

もちろんそれは「誰にでもあること」です。

毎日そう思う人も時々そう感じる人もいるでしょう。

しかしここでは、一度の嫌なことですぐに転職を決めてしまう人は「要注意」ということをご紹介します。

以前の職場で、先輩看護師に注意されたことで次の日から病院に来なくなってしまった人がいました。

典型的な「もう仕事に行きたくない」と感じてしまった人です。

しかし、すぐに仕事が嫌だと感じてしまう人が転職しても、上手くいくことはなかなかありません。

それは逃げることに慣れてしまう為です。

その突然辞めてしまった看護師も結局、病院に戻ることも看護師の仕事に戻ることもありませんでした。

一瞬の思い込みで辞めてしまう=逃げることが当たり前になってしまう人です。

看護師の仕事は逃げたくなることが多々あります。

沢山の命の終わりに携わったり、自分の力の無さに脱力することもあるでしょう。

しかし、逃げることで得ることは何もありません。

思いつきではなく自分としっかり向き合って考えた後に、自分の成長の為の転職をしていきましょう。

転職しないほうが良い5パターンの人

ここまで転職した方が良いパターンをご紹介してきましたが、今転職を考えていても実は今の職場が良い職場かもしれません。

次にご紹介するのは、現在転職を考えている人に「しない方が良い」と思える条件についてご紹介します。

転職しないほうが良いパターンの人1:辛いのは自分だけと思ってる人

「なんで私だけこんな思いをしなければならないのだろう」と感じていませんか?

これは新卒の看護師に多く見られる考え方です。

新卒の看護師は学ぶことが多く、辛いことが次々に襲ってくるように感じてしまうかもしれません。

しかし、これは沢山の先輩看護師が通ってきた道です。

自分だけが辛い思いをしているわけでは「決してありません」し、先達の看護師は皆辛いことを乗り越え自分のものにして成長しているのです。

看護師が成長する為には教科書で学んだ知識も大切ですが、「人」を相手にすることで現場で学ぶことも沢山あります。

見たことのない症状を患者さんから学び、カルテを見ながら症状の見方とカルテの書き方を学んでいく積み重ねの日々です。

今辛いと感じている人は「自分が成長している」時です。

辛いことを乗り越えることができるか、自分の限界を決めて別の道を考えるのかはもちろん自分次第でしょう。

諦めることがダメなことでもありません。

ただし今辛いからもう辞めてしまおうという安易な考えであれば転職も上手くいかないので、もう一度しっかり考えることをおすすめします。

転職しないほうが良いパターンの人2:職場に何でも話せる同僚や上司がいる人

職場というのは、家庭とは全く違います。

しかし、家庭に仕事を持ちこむことはあまりできませんよね。

医療現場で知り得た情報は、個人情報の規定から誰かに相談したりすることはできません。

ここで大切なのは、自分の仕事上の相談ができる人は少ないということです。

今の職場に仕事上の相談ができる人や家庭の悩み等を話せる人がいるのであれば、少し留まってみることをおすすめします。

職場は沢山ありますが、なんでも話せる人はそうそういるものではありません。

また、相談できるということは休日の相談や調整も比較的容易になりやすいです。

頼りっぱなしではいけませんが、自分のことを分かってくれている同僚や上司は大切な相談を蹴ることはないでしょう。

自分もその相手の相談を聞くことを欠かしてはいけません。

信頼関係はそうやって作っていくものです。

そして、その信頼関係は次の職場でもできるとは限らないのです。

今の職場で何でも話せる人がいることがどれだけ自分の支えになっているのか、一度考えてみましょう。

転職しないほうが良いパターンの人3:なんとなくな気持ちで転職を考えている人

なんとなく今の職場に飽きたなと感じている人や、ちょっと職場を変えてみようかなと考えている人の転職はなかなか成功しないようです。

これは、なんとなくの転職は次の職場でもまた「なんとなく」の考えが出てくる人が多い為です。

確かに今の職場にやりがいがなかったり、暇な時間が多く、自分の看護観と違うようであれば転職を考えても良いかもしれませんが、何の目的もなくただ単に「飽きた」と感じているようであれば、まずは一度立ち止まって今の状況を考えてみましょう。

なんとなく転職をすることで他の看護師に迷惑がかかることもありますし、自分が知らないところで上司が自分を評価してくれていたり、患者さんも自分を信頼してくれている人がいるかもしれません。

特に目的もなくただただ転職を考えている人は、今の職場に自分の居場所があることを自覚しましょう。

看護師としての自分を必要としてくれている患者さんや期待してくれている先輩看護師や上司もいるならば、働きやすい現場と言えるでしょう。

転職しないほうが良いパターンの人4:楽しいのが仕事と思っている人

楽しく仕事ができれば確かに良いことでしょう。

自分のなりたい看護師になったのだから楽しくないと面白くないという人もいらっしゃいますが、実際そんなに甘いものではありません。

看護は人を相手にしています。

人を助け、人を治療し、人が死ぬ場面を目の当たりにします。

自分が強くないとできない職業です。

「楽しい仕事」「面白い仕事」とは子供が思う夢の仕事です。

そんな甘いことは絶対にありません。

仕事とは、やりがいと自分の成長の為にするものです。

もちろんどんな仕事も楽しいだけではありません。

楽しい仕事を探して転職を考えているのであれば、やめておいた方が良いでしょう。

楽しさを追い求めて転職する人は、いつまでたっても自分の理想とする職場には辿りつけないでしょう。

厳しい言い方をすれば、今の職場で現実を見て自分ができることをしてから転職を考えましょう。

転職しないほうが良いパターンの人5:失敗を引きずっている人

看護師の職場では失敗は多々あります。

食事の配膳を間違ったりカルテの書き方を間違ったりなどの簡単な失敗から、人命に関わる大きな失敗もあるでしょう。

私が体験した一番の失敗は、亡くなった患者さんの麻薬入りの点滴をそのまま捨ててしまったことです。

もちろん上司にはかなり怒られました。

しかしいつまでも自分が起こしてしまった失敗を引きずってしまっていては自分も成長しませんし、考えすぎてしまうことで自分がうつ状態になってしまいます。

看護師も人間です。

失敗は誰にでもあります。

自分の失敗でもし患者さんが亡くなってしまうことがあれば、立ち直るのに時間はかかってしまうでしょう。

私の知っている看護師で、患者さんが亡くなってしまった時に、医療ミスがあったわけでもなく、家族が看取りに間に合わなかっただけで患者さんの家族に殴られそうになったケースがありました。

もちろん看護師に落ち度はありませんでしたが、興奮している患者さんの家族には説明しても何も聞こえないこともあるのです。

精神的に辛いこともありますが、失敗や辛い経験が自分を強く成長させてくれます。

もう一度言いますが「失敗は誰にでもあります」

自分だけが失敗しているわけではないことを踏まえた上で、同じ失敗をしない為の工夫をしていきましょう。

~看護師を辞めるべきか、答えを知りたい人は~

転職を成功させる人の行動パターン

転職を成功させる人の行動パターン1:自分のスキルが活かせるかを考えて職場選びをしている

今まで自分が行ってきた看護業務をそのまま活かすことができるような転職先を選べる人は、転職先でも即戦力になることができ、転職先の職場に慣れる時間が短くて済むでしょう。

また、全く違う転職先を選んでしまうと、1から学ぶことが沢山あり、職場に慣れるのも時間がかかります。

しかしここで例外なのは「自分の強い意志で違う職場を選んだ場合」です。

自分のスキルアップの為に全く違う職場を選んだ場合は、自分の強い意志があるので、1から学ぶことも職場に慣れる事が遅くなっても耐えられるでしょう。

転職を成功させる人の行動パターン2:転職する上での明確な優先順位を洗い出している

転職を考える人は、今何が自分の中で合っていないのか、自分は今からどんな看護師になりたいのかを明確にしておくことが大切です。

そして、転職するとで自分の考える優先順位をきちんと決めておきましょう。

例えば「残業を少しはしても良いから、お給料が今よりも高い所に行きたい」「子供の行事で休みたいから、お給料が多少低くても自分の希望の休みが取りやすい所に行きたい」など自分の中できちんと優先順位を決めることで、転職も上手く行く確率が高くなります。

自分の理想通りの職場はなかなかありませんが、妥協しすぎても転職する意味がなくなってしまう為、注意しましょう。

転職を成功させる人の行動パターン3:事前準備を怠らない

ここでの事前準備とは、情報収集を指します。

転職先を早々と決める前に、自分が考える次の職場がどんな所なのか、しっかりとした下調べは必須です。

例えば高齢者施設などでは沢山の種類があります。

有料老人ホームでも、どこまでが看護師の仕事なのか、医師が近くにいるのか、提携の病院があるのかなどの情報が必要になります。

ここで、事前に情報があるのとないのでは、転職先を決める際の大きな判断材料となるでしょう。

病院に転職する際にも情報は自分にとって優位なものになります。

病院の情報は高齢者施設の求人情報と比較しても、求人情報に書いてあることが実際に行っている業務であることが多いですが、残業や夜勤の時間等は違ってくる場合があります。

その為、自分の情報網を使って情報を得ることもできますし、面接の際に詳しく聞くことで情報を得ることもできます。

実際には面接で訊きにくいこともあるでしょうが、転職に失敗する方が辛いことです。

後悔しないように、自分が訊きたいことはしっかり訊くようにしましょう。

パターン別!おすすめ転職先のあれこれ

今まで病院に勤めていた人が全てまた同じように病院に就職することはありません。

特に結婚や出産で転職を考えている人は、病院よりもクリニックや高齢者施設に転職する人が多いようです。

ここでは、転職先に選ぶべきところがどんな所なのか、参考までにご紹介します。

もう夜勤はごめんだ!と思っている方には

病院に勤めていると避けられないのは「夜勤帯の勤務」です。

夜勤は体力がないとできませんし、1人で夜勤をする病院などでは精神的苦痛も多くなるでしょう。

もう夜勤をしたくないという理由で転職を考える人は多いようです。

私も出産してから夜勤がない所に就職しました。

夜勤をしたくない看護師の転職先は、高齢者施設やクリニックでしょう。

診療所は2種類あり、有床の診療所は入院施設がある為夜勤か当直がありますが、無床の診療所は入院施設がないので夜勤はありません。

夜勤をしたくない看護師の転職先は「高齢者施設」「クリニック」「無床の診療所」がおすすめです。

殺伐とした感じではなくアットホームな空間で働きたい方には

大規模の病院では毎日の業務を殺伐とこなすことが多くなっているのが現状でしょう。

しかしアットホーム的な職場でゆっくり看護業務がしたい人もいらっしゃるでしょう。

看護師として長く働いてきた定年後の看護師に多くある傾向です。

そんな看護師さんの転職には「グループホーム」や「介護付き高齢者住宅」への転職をおすすめします。

この二つの施設は継続看護が主な仕事になる為、大変な看護業務はほとんどありません。

時間の流れも病院よりもゆっくりしていて治療よりも楽しい日常生活の援助になりますので、ゆったりとした空間で仕事をすることができるでしょう。

休日はカレンダー通りに休みたい方には

子供がいたり自分の時間を大切にしたい人や祝日や日曜日に休みたい看護師の転職は「クリニック」をおすすめです。

クリニックは入院施設がない為、基本的に祝日や日曜日はお休みになります。

半年に一度の頻度で当番医の場合は祝日の出勤もありますが、何ヶ月も前に決まっていることが多く、自分の予定も組みやすいでしょう。

またカレンダーの休日以外でも交代で休日を決められるクリニックである為、看護師で話し合いながら自分の休みたい日を決めることができます。

やはり入院施設がないということだけで、夜勤もなく、日曜日と祝日が休みになるので、子育て中のお母さん看護師さんにはクリニックの転職は人気です。

激務でも最先端の医療現場で働いてみたい方には

看護師として働くことは沢山の人の命を助けることができるということです。

最先端の医療現場で働くことはやはりかっこいいと感じるでしょう。

そんな最先端医療を体験したい看護師の転職先はもちろん「大規模の病院」や「国立病院」です。

ドクターヘリや難しい専門的な手術も体験できるでしょう。

それができるようになれば、自分の看護師としてのスキルアップもできますし、やりがいも多く見つけられるでしょう。

しかしここでは入院や緊急の患者さんが多い為、残業も他の中規模病院よりも多くなってきます。

また、治療だけではなく亡くなる患者さんも多くなってきますので、しっかりと自分の意志を持ち、強い心で業務を行う心構えをしておきましょう。

家庭優先で働きたい方には

家庭を優先して看護師として働きたい人は「クリニック」や「小規模病院のパートタイム」をおすすめします。

クリニックではやはり病院に比べお給料が下がってしまいます。

しかし、家庭のことをしながら、看護師として働くことで安定したお給料を貰えるのは、やはり看護師の強みとも言えるでしょう。

看護師の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

母体の大きな病院を探す

母体が大きい病院はお給料が安定して支払われます。

もちろん経営が悪化していることを理由に従業員のお給料が減る所なんてありませんが、母体が大きければ保障も大きくなりますので、昇給や賞与も安定しています。

その為、自分の年収を上げる為の転職であれば、母体が大きく規模も大きい病院になってくるでしょう。

もちろん規模が大きければ看護師の業務内容にも変化はありますが、年収を上げながら自分の看護師としてのスキルアップをしていくことも叶います。

しかし年収と自分の看護師のスキルをアップする為には、自分の時間を使うことになるでしょう。

専門のスキルを取得する

専門看護師は近年増加傾向にあります。

痛みに対する看護師や排泄に対する専門看護師もいます。

准看護師から正看護師の免許を取得したり認定看護師の免許を取ることで、お給料に資格手当が付きます。

もちろん自分の専門性を活かす職場に行けば資格手当も高くなってくるでしょう。

例えば排泄の専門看護師の資格を取った後に高齢者施設に就職しても、専門的な知識を使おうが資格手当はほとんど付く事は無いでしょう。

しかし、肛門専門の病院ではしっかり資格手当が付くことが多いようです。

痛みに関する専門知識を取得し専門認定看護師になっても、ペインクリニックやホスピスなどに就職していないと、資格手当が付くことはほとんどないでしょう。

このように自分の専門性を上げて適した就職先に転職することで、お給料を上げて働くことも可能になるでしょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

看護師が転職を考えた時に、何を重視して転職するのか、また本当に転職が正しいのかを考える必要があることをご理解いただけたでしょうか。

ここで一つ私の転職の失敗談をご紹介します。

病院で働いていた私が上司の考えについていけず辞めたいと思った時に、友達からの誘いで高齢者介護施設に転職しましたが、その高齢者施設は退職者が多くて人がいつも足りない施設でした。

そこは有料老人ホームでしたが、お給料も悪く残業も沢山ありました。

ここでの私の失敗は「事前の情報収集が甘かったこと」です。

友達がいるから、と安易に考えてしまったせいです。

人は失うまで大切なものに気づかないなんて言いますが、私の場合は自分がいた病院が上司の考えについていうけないこと以外悪い所がなかったことに気づいたのです。

気づいたのは退職した後と遅いものでした。

転職は「自分の為にするもの」です。

簡単に転職を決めてしまったり、自分以外の人に勧められたからと言って安易に考えてはいけません。

これから看護師の仕事をしていく上で様々な嫌なことや理解できないこと、理不尽なことももちろんあるでしょう。

しかし、その経験が看護師としての自分や人としての自分を強くしてくれることでしょう。

嫌なことから逃げてばかりでは成長しませんが、嫌なことばかり起こる所で我慢しすぎても自分がうつ状態になってしまうこともあります。

自分の体調や理想とする看護師像に近づけないようであれば、多少妥協しながらでも転職を前向きに考えていきましょう。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト



看護師転職についてもっと深堀りした情報を見る

看護師が内科への転職を成功させるために!狙い目な職場の4個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師内科の転職事情をここでお話しさせていただきます。診療科の中で最も多い内科は私たちの生活の身近な診療科ですよね。看護師として働いていく中でも内科疾患の知識は必要不可欠で、他の診療科で働いていても関わりが多いですよね。今回はそんな内科への転職を考えている人に向けて、内科で上手く働くコツや心構えについて解説します。内科に転職して今より年収をアップしたいなんて人もぜひ参考にしていただけたらと思います。看護師の内科で転職する人は多い?多くの診療数の中で内科医師の数が最も多く、次いで外科の医師が多いです。また全国的の病院、クリニックなども内科の病院が最も多いとされています。総合病院への転職となれば配

看護師の転職時期はいつがおすすめ?ベストなタイミングを、就業年数・月などの切り口で解説!

「転職したい…」常にそう感じている看護師の方は多いと思います。実際に私が看護師専門の転職エージェントに勤務していた時も、季節を問わず多くの看護師の方がご登録をされていました。しかし、看護師にとってベストな転職時期というのはいつなのでしょうか?一般的な会社では4月と10月が大きな人事異動や人の入れ替わりがあるため転職のタイミングとしてはおすすめと言われています。しかし、看護師も同じなのでしょうか?そこで今回は看護師の転職時期についておすすめ且つベストなタイミングをご紹介します。就業年数や就業月数などの切り口でも解説していきますのでご自身のご経験と照らし合わせてチェックしてみてくださいね!看護師の

看護師として転職した時に使った転職サイトと、良かった3個の理由

看護師の転職事情をここで詳しくお話しさせていただきます。皆さんは今の職場に満足していますか?「子育てに専念したいと思っているけど自分に合った転職先があるのか不安」「もっとスキルアップしたい」などと感じている人も多いと思います。看護師の転職を考えた時に、ポイントをおさえて転職活動することで自分に合った職場を見つけることができます。そこで、転職経験のある筆者が納得のいく転職先を見つける方法をお伝えします。看護師に多い転職理由看護師は日勤と夜勤の交代制勤務に加え残業が多く大変な仕事です。独身の時は頑張って働けていた職場でも、結婚や妊娠、出産など様々なライフイベントを重ねていく中で負担を感じるようにな

看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師が転職をしようと思った時の方法として最も多いのは、転職サイトに登録し転職エージェントの担当者から紹介してもらった転職先を検討することではないでしょうか。最近では看護師に特化した専門の転職エージェントの数も増えてきており、どの転職エージェントを選べば良いか迷ってしまうかと思います。そこで今回は、看護師が転職エージェントを選ぶ時の注意点と看護師が転職を成功させるためにやっておきたいことについて、元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点とは?看護師向け転職エージェントの数はどんどん増えており、インターネットで「看護師 転職」と入力すると出て

看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこと。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場のため、数多くの求人を紹介されたり募集していることもあり、自分にとって良い転職先を選ぶ方法が分からず迷ってしまうかもしれません。看護師が転職先の医療機関を選ぶ時や入職先を決定する際に注意すべきことは何でしょうか。また、注意しなければならない危険な看護師求人を見分けるポイントはあるのでしょうか?この記事では、元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこととは?看護師の求人数は年々増え続けており、看護師専門転職エージェントのサイトで軽く検索をしてみるとその検索結果の多さに驚きます。しかし、その中で自分が転職して良かったと思える転職先は

看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場なので転職活動にあまり苦労しないイメージがあります。しかし看護師の転職活動をサポートしていく中で、転職時に共通する悩みが幾つかあるということが分かりました。これから転職を考えている看護師の方には是非事前にこの記事を読み、参考にして頂きたいと思います。今回は、看護師の転職の悩みで多いこととその解決法、転職に失敗しないよう気を付けるべきポイントについて、元看護師向け転職エージェントの筆者が解説していきます!看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法とは?これまで何人もの看護師の転職をサポートしてきて、転職を考えている時に共通した悩みがあることに気が付きました。最も多かった悩み

看護師として楽に働きたいなら!元看護師向け転職エージェントが教える、狙い目な転職先

看護師として働く全員がキャリアアップや専門科目に特化したいなどの希望を持っているわけではありません。看護師として楽に働きたいと考えている方や、プライベートを優先しながら働きたいと考えている方も多いことでしょう。そこで今回は、元看護師向け転職エージェントの私が、看護師にとって狙い目な転職先をいくつかご紹介します。「とにかく楽なところが良い」「ワークライフバランスが叶うところが良い」「プライベートを最優先したい」という方は必見です。大変そうに見える看護師の仕事。楽に働ける職場ってどんな環境?看護師の仕事は人の健康の管理や時には命に関わる仕事のこともあり、一般的にはかなり大変な仕事であると言えます。

看護師の転職で失敗する人の5個の特徴

看護師で転職に失敗したくないという方は必見です。看護師は需要が多く、売り手市場であるとはいえ、それでも転職活動や入職・退職は決して楽なものではありません。ここでは、看護師で転職に失敗する人の特徴をいくつかご紹介させていただきますので、何度も転職を繰り返す看護師の現役の方や、初めての転職を失敗したくないという方は、ぜひ目を通してほしい内容です。看護師の転職で失敗する人の5個の特徴とは?看護師の転職で失敗する人の特徴には何があるのでしょうか。共通して言えるのは、主体性や計画性がないことです。転職をするということは、自分自身と向き合うことでもあります。また、自分が何を大切にしていて何を妥協できるのか

看護師から他の仕事に転職して失敗する5個のケースとは?

看護師の仕事をしていて夜勤が辛かったり、人間関係に悩まされていたり、自分には看護師が向いていないのでは?と悩んだりしたときに、ふと「看護師から他の仕事に転職してみるのはどうだろう」と考えたことはありませんか?せっかく専門学校に通って取った資格だけどやっぱり看護師の仕事は辞めて他の仕事に転職したい、と考えた看護師の中には、看護師から他の仕事に転職して失敗する方がいます。そして、やっぱり看護師に…と戻ってくる方も多くいます。その反面、看護師から他の仕事に転職して成功する人もいます。その差には何があるのでしょうか。いくつかのケースを基に見ていきましょう。看護師から他の仕事に転職して失敗する5つのケー

看護師の転職でおすすめな病院以外の職場8選

看護師で働く人の中には「病院で働きたい」と思う方がいるでしょう。しかし病院で看護師として働いてみて、自分には病院での勤務は合わないと感じる人や病院で働くことのデメリットを感じている人は、病院以外の場所で働きたいと思っているのではないでしょうか。実際に転職の相談に来る看護師の中には、「病院以外で」とおっしゃる方も一定数いらっしゃいます。そこで今回は、看護師の転職でおすすめな「病院以外」の職場を8箇所ご紹介いたします。一般的に「看護師の職場」としてイメージされている医療機関以外にも、実は看護師が活躍できる場所はいくつかあります。ご自分の働き方や看護スタイルなどに合わせて選んでみてくださいね。更に、

看護師から他の仕事に転職するのはアリ?看護から介護へ転職した時に感じた5個の良かったこと・悪かったこと

看護師が転職することは、今どきは珍しくありません。私の場合は看護職から介護職へ転職しました。はたから見れば逆の場合が多いのではないかと感じる人もいらっしゃるでしょう。しかし、看護師が転職で介護職を選ぶ理由も実は様々なものがあります。ここではそんな経験を持つ私が看護師からの転職で感じた良かった点や悪かった点をご紹介します。看護師で転職を別の仕事で検討中の方は必見です。看護師から他の仕事に転職するのはアリ?一般的に看護職は「高給料」というイメージが強いでしょう。もちろん大規模の病院に勤務すれば一般企業よりも高いお給料を頂く事が出来ます。しかし小規模のクリニックや個人経営の診療所では高給料というわけ

看護師転職サイトおすすめ2選。看護師が薦める実際に良かったものをコメント付きで解説!

看護師の転職の方法は色々とあります。転職サイトを使用する場合や、友人や先輩のコネを使う場合、転職サイトと同時に看護師専門の転職エージェントに依頼することも良いでしょう。本記事では看護師転職サイトおすすめを紹介するのと同時に、看護師が薦める実際に良かったものをコメント付きで解説していきます。看護師の転職サイトはいまやかなりあってどれが良いのかわかりませんよね?特に初めて転職活動をする人にとっては、やり方次第で苦労の度合いが変わります!初めての転職で苦労したくない人や、1回目の転職活動でやり方を間違えてしまった人などにはぜひ読んでもらいたい記事になっております!ぜひご覧ください!看護師のオススメの

看護師転職サイトを徹底比較!おすすめの6個のサイトを紹介します

看護師の転職に関する転職サイトはかなりの数が存在します。「看護師 転職」と検索すると、驚くほどたくさん出てきて、どの転職サイトが良いのか迷ってしまった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、看護師転職サイトのチェックするポイントや、看護師の転職を成功させるためにはすべきこと、さらに看護師転職サイトを徹底比較しおすすめの6個の看護師の転職サイトを紹介したいと思います!看護師転職サイトのチェックするポイントとは?まず、数多くある看護師転職サイトの中から、自分に合ったサイトを見つけるためのチェックすべきポイントには何があるのでしょうか。いくつか見ていきましょう。初めての転職なら大手が安心!看護師

熊本での看護師転職ストーリー。正職員からパート、夜勤あり・なしまで幅広く経験した私の転職履歴

看護師として自分が今の病院に合っているのか、もっと他に自分に合っている所があるのではないかと感じる事は多々あるでしょう。しかし看護師として転職する事は容易な事ではありません。今の病院で頂いている役職やお給料をまた1から考えて行かなければならない為です。看護師が転職する場所も病院だけではありません。クリニックや診療所もあれば高齢者施設も看護師は必要となってきます。自分の働ける時間を考慮しながら、人生設計も考える事も大切です。いくら自分が看護の仕事が好きでも自分の時間を全て看護師の仕事に費やす事は出来ません。自分の事も考えながら転職を考えなければなりません。ここでは私の経験から、熊本の看護師として

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、転職を考えたり実際に転職をすることも何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多いため、自分ができるのか、難しいのではないかと思う方ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探すのは大変なことです。話を聞くだけではなかなか分からないこともあるでしょう。実際に体験するのが1番ですが、この記事では体験談も含めた内科の看護師の転職についてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて手術、傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。そのため、比較的簡単なのではないかと考

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職には数多くの病院の情報があります。都道府県によっても都心の病院と地域の病院とでは少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治す所という認識で変わりはありませんが、どの病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になるところでしょう。もちろんずっと同じ所で働くことができれば良いですが、家族の転勤や引っ越し等の関係で今まで縁もゆかりもなかった場所で働かなければならなくなることもあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時、誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは、熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良

看護師が転職する時の具体的な流れ。看護師専門の転職サイトを使う場合

看護師の転職事情をここでは具体的にご紹介させていただきます。もしあなたが今、看護師を辞めて転職したいと考えている場合、どのようにして転職活動をすればいいのか、初めての場合だと悩んでしまいますよね。そこで今回は、看護師が転職する時に知っておくべき情報をまとめてみました。看護師の転職サイトの流れや、手順、ポイントについてご紹介いたします!ぜひ最後までご覧ください。看護師が転職をするときの具体的な流れとは?転職したい!と思った場合に、まずはどうすればよいのでしょうか。看護師が転職をするときの具体的な流れについて見ていきましょう。1.なぜ転職したいのか、何が不満で何を変えたくて転職したいのか整理するい

看護師で3回転職をした私の年収アップ・成長ストーリー。キャリアに悩む看護師の参考に!

私は、看護師になって今年で9年目になります。その中で、転職を3回しています。それぞれに想いがあり転職しましたが、良かった転職、悪かった転職様々でした。転職というのはとても勇気のいることですし、そう何度もするものでもありません。そこで、今回の記事テーマを「私の年収アップ、成長ストーリー」にしました。これからどういう道に進んだら良いのか迷っている方、転職したいと考えているけどまず何からやっていけば良いものか、なかなか上司が辞めさせてくれない、など様々あると思います。そんな方たちのために、自分の転職の経験が少しでも参考になればと思い記事にしてみました。看護師として就職(31歳)看護師として就職大学病

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

東京看護師の転職事情について気になっている方はぜひご覧ください。ここでは東京の看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境についてを具体的にお話しさせていただきます。「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく、両方取れるおすすめな病院や気を付けるべき点など、興味のある方は最後までご一読いただければと思います。この記事を参考にして、看護師の転職を東京で成功させましょう。東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。更に最近になって「苦しい」が加わり、4Kと言われるようになりました。このような事

30代看護師の転職・キャリアップストーリー。北海道で看護師をしている私は、この流れで年収がアップしました

あなたは今の職場でどのくらいの給料を貰っていますか?そしてその金額に満足していますか?もしかしたら「もっと給料が欲しい!」という理由で、転職しようか迷っているという方もいるかもしれませんね。給料面だけ考えると、一般的な看護師の平均年収は約480万円です。経験年数や勤務地にもよりますが、これを下回らないような年収を提示している病院を選ぶことがポイントです。そこで今回は実際の私の経験を基に、看護師の転職事情と具体的な年収や待遇についてご紹介します。今転職について悩んでいるという方にとっては参考になるポイントがあるかもしれませんので、是非最後までお付き合いください!看護師として就職(22歳~31歳)

看護師の間で人気な転職サイト4選。2回転職した私が解説します

『転職』は人生において一大イベントです。経験年数の長い看護師であれば、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。私もこれまでの看護師人生において、2度の転職を経験してきました。理由はどちらも夫の転勤でしたが、転職をする際は大変!看護師は慢性的な人手不足です。そのため求人数も膨大!私も転職のため、最初は自力で求人探しをしましたが、その数の多さに、何をポイントに探してよいのか途方に暮れたことを覚えています。そこで利用したのが、『転職サイト』です。転職サイトのお陰で、途方に暮れていた時間が嘘のように、スムーズに求人探しが出来るようになりました!そこで今回は、『転職サイト』に焦点を当て、おす

看護師転職サイトのおすすめ5選。周りの看護師が使っているものを紹介します!

看護師が転職する際にはまず最寄りのハローワークに通うことが考えられますが、ハローワークも自宅の近くにあるとは限りませんよね。自宅からハローワークまでが遠かったりすると、通うだけでも電車代やバス代を使ってしまいます。しかし、転職を決めた以上はできるだけ早く転職に向けて行動したいと思う人が多いのではないでしょうか。そこで、活用したいのが「看護師専門の転職サイト」です。最近は転職にも沢山の種類があり迷いますよね。ここではそんな看護師転職サイトのおすすめをご紹介します。転職はエージェントを活用するのがおすすめ「エージェント」とは仲立ちや仲人を意味します。転職する際に何が1番必要かというと「転職する先の

看護師として転職して失敗したな…と思った6個のこと。体験談を語ります

「看護師として転職したけど失敗してしまった」そんな経験のある方も少なくはないでしょう。誰しもが何かしらの理由があって転職をするわけですから、後悔するようなことはできれば避けたいですよね。ここでは、実際に看護師の転職を失敗した経験をもとに、だからこそ分かる注意点をいくつかご紹介したいと思います。看護師として転職を成功させるためのコツや転職に失敗しないために、この記事が参考になれば幸いです。看護師に転職が多い理由一般職に比べると、看護師は転職を繰り返す人多い傾向にあります。実際、私も転職を経験しています。ではなぜ転職が多いのでしょうか。個人的には、①やはり看護師は業務内容が大変であること②女性が多