看護師になって、今年で9年目となります。

その中で、転職は3回しています。

それぞれに思いがあり転職しましたが、よかった転職、悪かった転職様々でした。

転職というのはとても勇気のいることですし、そう何度も何度もするものでもありません。

今回の記事テーマは「私の年収アップ、成長ストーリー」です。

これからどういう道に進んでいいのか迷っている方、転職したいと考えているけど、まず何からやっていけばいいものか、なかなか上司が辞めさせてくれないなど色々あると思います。

そんな方たちに、自分の転職の経験を紹介して、少しでも参考になればと思い、記事にしてみました。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師として就職(31歳)

看護師として就職

大学病院付属の看護専門学校に社会人枠として29歳の時に入学をしました。

学校自体卒業して、10年近くたっていたので、学生という身分にともどいながら、女性が大半を占める教室になんとなく居心地が悪い、実習がとても大変だったなどを経験しながら、卒業後は、大学病院系列の病院に就職しました。

実は、学生時代も入職してからも「この科で働きたい」という明確なビジョンはまったくありませんでした。

同期のまわりの人たちは「救急救命ってかっこいいよね」とか「子どもが好きだから小児科に行きたい」などみんなきちんと考えていた様子でしたが、自分は何も考えていませんでした。

とにかく看護師になって給料をもらいたい。

それしか考えてなかったような気が今から振り返ると思っていたような気がします。

なので、病院から希望の科を用紙に書いてくださいと言われましたが、自分は希望の科は白紙で出したような気がします。

結果、整形外科に配属されました。

思えば、患者さんが亡くなることも少なかったですし、手術が多い病棟だったので、術前、術後管理など看護師の基礎となることを学ぶことができたような気がします。

しかしながら、外科病棟だけあって忙しく、ずっと動き回っていましたので、1日が終わるのがものすごく早かった記憶があります。

この時の年収などの待遇

月収は30万円くらいで、ボーナスは年に3回支給されていました。

自分が働いていた病棟は、男性看護師も自分の他に2人いましたし、女性看護師もくせがある人は1人~2人と数えるほどしかいなかったので、人間関係も恵まれていて、とても働きやすかった病棟でした。

今考えても人間関係が一番いいと感じていて、1年目にこういう病棟で働けたことは自分にとってとてもプラスになったと思います。

何より、同期で入った看護師も7人いたので、不安や悩みなども相談できたのでとても心強かったですしね。

残業も他の病棟は、2~3時間当たり前にあったようですが、私が所属した整形外科病棟は長くても1時間ほどで残業も終わっていたので他の病棟に比べると格段に少なかったことは今でも覚えています。

1回目の転職(34歳)

どうして転職しようと思ったか?

看護師を3年間やってきて、ある程度看護の基礎知識が身についてきたので、両親のいる実家から通える近くの病院に勤めたいと考えたことがきっかけだったと思います。

同じ看護学校を卒業した同期がいいたり、中学校の後輩なども働いていたため、「きっと楽しく働けるだろうな」なんていう思いもありました。

後は残業が他よりは少ないと言いながらも、やっぱりもっと残業の少ない所に行きたいという希望もありましたし、実家の近くに住めば、給料も同じで、家賃などの物価も安く、経済的に楽になると思ったところもあります。

転職する時、どういうことをやったか?

まず大学病院では、異動の希望を夏ぐらいまでに希望を出します。

すぐにという訳にはいかないんです。

それから看護師長と2~3回ほど面接をしました。

そこでは「もう後2~3年でいいから働いてくれないか」などとなかなか異動までこぎつけなかったのを覚えています。

そこは強い意志を持って、来年異動したいということを言い続けて、やっとのことから異動にこぎつけました。

異動が決まった後は、向こう側の病院に1度だけ面接に行き、希望の診療科などを聞かれたかと思います。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

1回目の転職先に入社して働く(34歳~)

循環器内科に配属

2年目の時に他科研修として、循環器内科にお世話になりました。

これまで、心電図が全くわかりませんでしたが、2週間の研修である程度わかるようになり、もっと心臓の事や心電図のことを勉強したいと思っていたため、循環器内科配属の希望を出して無事配属されました。

この時の年収などの待遇

月収やボーナスは、前の病院と変わりませんでしたが、いままで寮を借りていて、3万5千円だったのが、1万円となり、部屋も相当広い(ファミリーが住むタイプのようなところ)を借りることができました。

2回目の転職(34歳)

どうして転職しようと思ったか?

大学病院の系列、しかも田舎だし、患者さんの数も少ないだろうなどと想像していましたが、現実はまったく違いました。

他の科の患者さんが夜中でも入院してくる、当直の先生は病院があまり大きくないため、病院全体で1人しかいなく、夜間何かあった時の対応にも困りましたし、何より残業も前の病院に比べると2.5倍くらい増えてしまいました。

自分の仕事が終わって帰れる雰囲気ではなく、みんなが終わったら帰るなんて独特な雰囲気があるんですね。

そのため、自分の時間があまり使えなくなってしまったことによる憂鬱感で、循環器を学びたいという気持ちも薄れてしまいました。

前の病院に戻りたいとさえ思ってしまいました。

また、田舎に戻ったことで、都心部に対する逆ホームシックにかかってしまい、生活すること自体もしんどくなってしまい、このままではいけないと思い、以前住んでいた所に戻りたいと考えて、その結果転職に踏み切りました。

看護師をしていて、一番しんどい時期でもありましたが、振り返ってみるとあの時に、奮起して転職に踏み切ったこと自体が、生きてきた中で一番の転機だったのではないかと思う位です。

「よくやった」と当時の自分をほめてあげたいくらいです(笑)

今振り返ってみると、転職・異動をするのにに何も情報収集していなかったことがこんなことになってしまった原因でもあります。

少なくとも働いている仲間がいるのだったら、「人間関係はどうか」「残業はどのくらいあるのか」「どのくらい大変なのか」など情報収集をしておけばよかったのです。

この時に思ったのは「転職・異動するときは、知り合いがいようがいまいが、自分の働くべき職場の情報収集はきっちりと行わなければだめだ」ということでした。

転職する時、どういうことをやったか?

時間がない中で、都心部に数多くある病院を自分で調べたりすることが困難であることに加え、たった半年で転職に踏み切ってしまったので、今度は絶対に転職に失敗できないというプレッシャーも相当ありました。

人生の中で、まともな転職活動をしたことがなかったので、かなりとまどいましたが、ここで看護師の転職サイトに出会って、何件が登録をしてみると、すぐにレスポンスが返ってきました。

早く転職したいという強い思いから、休憩時間をつぶして転職活動をしたり、休みの日になれば、都心部まで出向いて、病院見学や面接試験を受けたりなどを行っていました。

確かに休みをつぶしてまで転職活動をすることは、体力的にとても大変でしたが、精神的には早く転職したいという気持ちからかとても癒されていました。

使った転職サイト

最終的にお世話になったサイトは「マイナビ看護師」でしたが、その他にも、「ナース人材バンク」や「ナースフル」など計5社くらいのサイトを利用しました。

自分の希望としては、まず年収が上がらなくても下がらない、残業があまりないところ、寮に入居できるところを希望として挙げました。

どこのサイトも紹介してくれた病院は同じ所に偏っていたような気がします。

その中でも「マイナビ看護師」が一番レスポンスが早く、対応もいい感じだったので、活用させて頂きました。

2回目の転職先に入社して働く(34~39歳)

循環器内科に配属

とにかく、どんな科で働きたいというよりは、職場環境と生活環境を変えたいという思いが強く、とにかく残業が少ない科で働きたいことを提示しました。

前回の病院で循環器は「残業が多い、細々としたことが面倒くさい」と思ったため、今回は外科系を希望しましたが、面接時にいた看護師長が男だったこともあったり、男性が数多く働いているということも聞いたため、循環器内科に所属となりました。

この時の年収などの待遇

基本給、夜勤の回数も以前の大学病院に比べて多くなったためか、収入は上がりました。

その後も4年ほど勤めていたため、年間に1万円ほど昇給もしました。

しかしながら、とても忙しい病院だったことや役割をたくさん与えられてしまったことから体調が思わしくなくなり、退職に至りました。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

そして現在

現在は、病院を離れ訪問看護師として働いています。

訪問看護師になった理由としては2つです。

1つは夜勤や準夜勤など交代制のシフトが年齢的に厳しくなってきたこと、訪問看護ならばオンコール当番は除いて、毎日日勤で仕事ができると思ったからです。

これは実際働いて生活の質もものすごく変わりました。

朝起きる、夜寝るという習慣がついたことから、体調も壊さなくなりましたし、何より終わる時間がだいたい読めるので、仕事終わってからでもどこか出かけられるというのは、ものすごく大きかったです。

2つめは、学生の時から訪問看護に興味を持っていたことです。

やはり病棟ですと、毎日ナースコールに追われたり、日々のルーチン業務に追われたりで患者さんともあまり関わりを持てなかったことから、看護師としてあまりやりがいを感じなかったことにありました。

訪問看護では30分ないし1時間はその1人の利用者のための時間で、その後時間が空いていればゆっくりと話も聞いてあげられるのです。

病棟では話したいことがある患者さんや親身になって話してくれる患者さんの腰を折るのがいつも申し訳なく思っていました。

病棟のように治療がメインではないので、命に携わる緊張感みたいなものは味わえませんが、病棟勤務では味わえなかった利用者の人生に共感するということが経験できたのはとても大きかったように思えます。

看護師としてのキャリアを迷っている人へ

まず、「こういう看護師になりたい」と思っている方は、その方向に進めばいいでしょう。

例えば「循環器の勉強をしたい」とか「救急救命の世界にいきたい」など明確な目的を持っている方は、今の職場を離れて異動なり転職なりを考えた方がいいかと思います。

看護師という職業は、転職はあたりまえで、1回と限らず、2回3回はざらにあります。

もちろん職場を離れるということは不安もありますし、新しい職場になじめるか、やり始めたのはいいけど、やっぱりつらかったらどうしょうなどと考えるのは当たり前です。

もしダメならば、そこで無理をしないでまた違う道を探せばいいだけです。

やろうと思った時がやる時期だと自分は思っています。

次に、目的を探したい、やりたいことがないという方は、無理に転職する必要はないと私は思います。

自分のまわりにもたくさんいましたが、「みんなが辞めるから自分も辞める」といった人は、結局新しい所に行っても嫌になってしまって、出戻りしてくるだけでした。

やりたいことがないということは、今の職場に満足しているのでしょう。

最後に「給料を上げたい」「残業がない所で働きたい」など処遇に対して不満がある方は、転職をおススメしたいです。

そこで、転職する際に覚えておいた方がいいこととしては、必ず「譲れない条件2~3つ」「譲ってもいい条件2~3つ」を考えておくことです。

これを決めておかないと、たくさん候補が見つかったとしても迷いが生じてしまいます。

例えば自分の場合は、転職サイトを使用した時に譲れなかった条件としては「残業があっても1時間程度で帰れる」「給料は現り下がらない」「寮に入ることができる」この3つを譲れない条件として掲げました。

面接でもこの3点については必ず聞きましたし、病院見学した際にもこの条件を重点的にみてきた結果、就職に漕ぎ付くことができました。

皆さんもぜひこの方法で就職先を探してみてください。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師転職

看護師転職についてもっと深堀りした情報を見る

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、何度か転職を考えたり、実際に転職をする事も何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多い為、自分が出来るのか、難しいのではないかと思う人ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探す事は大変な事です。話しだけではなかなか分からない事もあるでしょう。実際に体験する事が1番ですが、ここでは内科の看護師の転職について体験談も含めてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて「手術がありません」傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。その為比較的簡単なのではないかと

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職にはたくさんの病院の情報があります。都道府県の中で都心の病院や地域の病院などで少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治すという所で変わりはありませんが、どんな病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になる所でしょう。もちろん同じ所で働く事が出来れば良いでしょうが、家族の転勤や引っ越し等があると、今まで行った事のない所で働かなくてはならなくなる事もあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時は誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良い?自分がどういう病院

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

ここでは東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境について、おすすめの働きやすく年収が高い病院を紹介します!これらは病院の中の病棟においても様々です。ただ「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく両方取れるところをこの記事で見つけましょう!東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。さらに最近になってこれ〝苦しい〟が加わり4Kと言われるようになりました。このような事情からやはり看護師自体を辞めてしまう人も多く、転職を考える人は東京だけでもかなり多いです。また転職する世代は、業務が増


看護師転職に関するコラム

看護師の転職時期はいつがおすすめ?ベストなタイミングを、就業年数・月などの切り口で解説!

「転職したい……」常にそう感じている看護師の方は多いと思います。実際に私が看護師専門の転職エージェントに勤務していた時も1年を問わず多くの看護師の方がご登録をされていました。しかし、看護師にとってベストな転職時期というのはいつなのでしょうか?一般的な会社では4月と10月が大きな人事異動や人の入れ替わりがあるため転職のタイミングとしてはおすすめと言われています。しかし、看護師も同じなのでしょうか?そこで今回は看護師の転職時期についておすすめ、かつベストなタイミングをご紹介します。就業年数や就業月数などの切り口でも解説していきますのでご自身のご経験と照らし合わせてチェックしてみてくださいね!看護師

看護師として転職した時に、使った転職サイトと良かった3個の理由

今の職場に満足していますか?「子育てに専念したいと思っているけど自分にあった転職先があるのか不安」「もっとスキルアップしたい」などと感じている人も多いと思います。看護師の転職を考えた時に、ポイントをおさえて転職活動することで自分に合った職場を見つけることができます。そこで、転職経験のある筆者が納得のいく転職先を見つける方法をお伝えします。看護師に多い転職理由看護師は日勤、夜勤の交代制勤務に加え、残業が多く大変な仕事です。独身の時は自由に使える時間があり、今の病院でも頑張って仕事ができていたのではないかと思います。しかし、結婚や妊娠、出産などさまざまなライフイベントを重ねていく中で、独身と同じよ

看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師の方が転職をしようと思ったときに方法として最も多いのは、転職サイトに登録し転職エージェントの担当者から紹介してもらった転職先を検討することが多いのではないでしょうか。最近では看護師に特化した専門の転職エージェントの数も増えてきており、どの転職エージェントを選べば良いか迷ってしまうと思います。そこで今回は看護師が転職エージェントを選ぶ時の注意点と看護師が転職を成功させるためにやっておきたいことについて元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職エージェントを選ぶ時の5個の注意点とは?看護師向け転職エージェントの数はどんどん増えており、インターネットで「看護師 転職」と入力す

看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこと。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場のため、数多くの求人を紹介されたり、募集していることもあり、自分にとって良い転職先を選ぶ方法が分からず迷ってしまうかもしれません。看護師が転職先の医療機関を選ぶ時や、入職先を決定する際に注意すべきことにはどのようなものがあるのでしょうか。また、注意しなければならない危険な看護師求人を見分けるポイントはあるのでしょうか?元看護師向け転職エージェントが解説していきます!看護師が転職先を選ぶ時に注意すべき4個のこととは?看護師の求人数は年々増え続けており、看護師専門転職エージェントのサイトで軽く検索をしてみるとその検索結果の多さに驚きます。しかし、その中で自分が転職して良かったと思

看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法。元看護師向け転職エージェントが解説!

看護師は売り手市場のため、転職活動にあまり苦労しないイメージが一般的にはあります。しかし、数々の看護師の方の転職活動のサポートをしていく中で、看護師の転職の悩みには共通のものがいくつかあるということがわかりました。これから転職を考えている看護師の方には、ぜひ事前にこの悩みを見ておいていただき、ご自身の転職の際に参考にして頂きたいと思います。そこで今回は看護師の転職の悩みで多い事とその解決法、さらに看護師の転職に失敗しないよう気を付けるべきポイントについて、元看護師向け転職エージェントの筆者が解説していきます!看護師の転職の悩みで多い4つのこととその解決法とは?これまで何人もの看護師の方の転職を