病院の診療時間外・休日に体調が悪くなった時や救急搬送された場合、普段とは違い、病院の「救急外来」というところで受付・処置をします。

テレビドラマ等でご存知の方もいるのではないでしょうか?

今回はそんな救急外来の看護師の仕事内容についてまとめてみました。

救急外来看護師の仕事は、大きく3個の役割に分けられます。

リーダー看護師

救急車で来院する患者様の状態を把握し、メインで患者様を担当する看護師を決めたり、他のスタッフに業務を割り振ったりする看護師です。

救急現場の救急隊からかかってくる電話(「救急要請」「ホットライン」と呼んでいる職場が多い)を受けた時点から、救急外来の仕事は始まります。

救急要請の内容から患者様の状態を予測し、どんな準備をしておいたら良いか、環境を整えたり物品を用意したり、必要があれば他部署のスタッフにも応援依頼をかけます。

また、来院された患者様が入院になる場合は病棟とも連絡を取り、受け入れ調整を行うのもリーダー看護師の役割です。

受け持ち看護師

救急車で来院された患者様をメインで担当するのが、受け持ち看護師です。

病院に到着した救急車を入り口までお迎えに行き、救急車から降りてきたところから患者様の観察が始まります。

患者様の全身をぱっと見で観察し、目は開けているか、声は出るか、呼吸はできているか、循環動態は安定していそうか、などの大まかな観察を、救急車を降りてから救急外来のベッドに移動するまでの間に行います。

観察した結果を記録に残すのも、受け持ち看護師の役割です。

救急外来では、分単位・秒単位で患者様に変化が起きたり薬剤を使うこともあり、短い時間でたくさんの処置を行います。

これらの処置を正確に記録に残すのも、受け持ち看護師の大切な役割となります。

外回り看護師

外回り看護師の役割は、受け持ち看護師のフォローです。

主に採血、点滴、画像検査などです。

また物品の準備や処置介助なども行います。

基本的には受け持ち看護師とともに患者様の診察、治療がスムーズに進むようよう調整します。

患者様が1人ではなく他の患者様もいる場合、そちらの業務も行うことになるので、どの患者様がどの程度治療が進んでいるか、何に注意しながら動かなければいけないのか、受け持ち看護師やリーダー看護師とコミュニケーションを取りながら動くことになります。

状況を把握しながら、それぞれの患者様に適切な看護が提供できるよう業務を行います。

救急外来看護師の一日の流れ

日勤帯

8:30 申し送り

救急外来でも、病棟と同様に朝は申し送りから始まります。

夜勤帯での救急件数や内容、日勤への引き継ぎ患者様がいる場合はその内容も申し送ります。

また、日中の他科への受診予定のある患者様がいる場合は、救急外来スタッフだけでなく、その部署のスタッフにも申し送りを行います。

8:45 環境整備

これも病棟と同様、環境整備を行います。

ベッド周りの清掃、物品補充、モニター類の清掃などを行います。

モニターや除細動器、呼吸器など機械類の点検は臨床工学技士さんが来て行ったり、薬剤の定数チェックや補充に関しては薬剤師さんが来て行うなど、救急外来だけでなく他の部署のスタッフもともに、患者様がいつ搬入されても良いように事前準備を行い、環境を整えています。

また救急外来では、患者様の入れ替わりごとにベッドの清掃や物品補充を行い、その都度環境整備をしているので、環境整備の回数が頻回になることも。

これは病棟とは異なった点かもしれません。

12:00 昼休み

救急外来では常に患者様がいるわけではないので、落ち着いていれば時間で休憩をとることができます。

しかし患者様が立て続けに搬入されているときや、重症の方、人手が必要な処置を行うことになった場合などは、お昼時間がずれ込んでしまうこともあります。

しかし、そんな時はたいていスタッフは皆、目の前の患者様に集中しており、気付いたら時間が過ぎていた、あっという間だったということが多いので、お昼なのに行けない…なんて考える暇もないくらいです。

患者様がいないお昼休憩では、みんなで楽しくおしゃべり。

次の救急受け入れに備えて、心も体もリフレッシュします。

17:00 申し送り

朝と同様、次の勤務者(夜勤者)へ日勤帯での救急台数、日勤帯であった出来事や連絡事項を申し送ります。

夜勤帯へ引き継ぎ患者様がいる場合も申し送りをします。

17:30 終業

患者様の引き継ぎ、申し送りを終えたら、日勤帯で使った物品の確認や片付けをして、業務は終了となります。

よほど手が離せない忙しい状況でない限り、定時で勤務終了となるので、早く家に帰るのもよし、お買い物をするのもよし、習い事をするのもよし。

プライベートを充実させることができます。

夜勤帯

17:00 申し送り

日勤帯からの申し送りを受けて、引き継ぐ患者様がいる場合は業務に取り掛かります。

17:30 夜間外来スタート

夜勤帯では、救急車で来院される患者様の他に、電話での問い合わせをされる患者様、直接来院される患者様がいます。

電話での相談業務に加え、患者様の症状を聞いて家でもできる対処法を案内したり、受診を勧めたりします。

時には専門治療ができる医療施設への紹介を行うこともあり、夜勤帯の仕事は日勤帯よりも多岐にわたります。

20:00 休憩

常に患者様がいる病棟とは異なり、救急外来では、患者様のいないタイミングで休憩を取ります。

そのため日によってバラバラですが、休憩を取ることによって少しでもリフレッシュし、緊迫した雰囲気の救急外来での業務をこなせるよう、エネルギーをチャージします。

2:00 仮眠

こちらも休憩と同様、落ち着いたタイミングで仮眠をとります。

熱中症の多い夏場や、脳梗塞や心筋梗塞など血管系の疾患が多くなる冬場は忙しく、なかなか休憩が取れないこともありますが、休憩できるときに休憩します。

4:00 起床

休憩や仮眠と同様、明確な時間は決まっていませんが、患者様が来院すれば業務開始です。

8:00 環境整備

夜勤帯で使用した物品の見直し、補充、清掃などを行い、日勤帯への引き継ぎに備えます。

8:30 申し送り

日勤者へ夜間帯の申し送りを行います。

また、引き継ぐ患者様がいる場合は引き継ぎを行います。

夜勤帯で来院された患者様が日中の一般外来を受診する場合や、検査の予約などが入っている場合は、一般外来の看護師や関係部署への連絡、申し送りも行います。

9:00 業務終了

申し送り、引き継ぎがすべて終われば、勤務終了です。

一晩働いて体は疲れていても、寝ているのがもったいない…と、友人とのランチやエステなどに出かけていく看護師は多いです。

せっかくのお休みを一日寝て過ごすのではなく満喫するのも、過酷な救急外来看護師を続けていく秘訣かもしれません。

一般外来の看護師との仕事内容の違い

一般外来の護師との仕事内容の違いは、やはり一番はスピード感、緊迫感ではないかと思います。

軽い風邪症状の患者様から、一分一秒を争うような重症の患者様まで、救急外来には様々な患者様が来院されます。

軽症に見えて実は大きな病気が隠れていることもあります。

救急外来では、常にアンテナを張って患者様の異変にいち早く気付いたり、対処することが求められます。

混雑しているときは、どの患者様を優先して診察、処置すべきか、トリアージも行います。(トリアージとは、患者様の重症度に基づいて、治療の優先度を判断することです。)

一般外来では基本的には順番に患者様を診察していくので、トリアージによって診察順位が変動するところも、一般外来との大きな違いになります。

救急外来看護師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

救急外来看護師の仕事をしていてやりがいを感じることをいくつか挙げてみます。

時間が過ぎるのがあっという間

救急外来では基本的には、のんびりと患者様を呼び、診察介助につき、検査に案内して…ということはありません。

常に緊迫した雰囲気で、患者様の変化を見逃さないように観察しながら処置、看護を行います。

忙しい時は本当に時間が過ぎるのがあっという間です。

その分、患者様の状態が安定して帰宅したり、入院病棟に移ったときには達成感があります。

スタッフ一丸となって動く

スタッフみんなが一丸となって一つの目標(例えば患者様の状態の安定)に向かって協力し、動き、目標が達成されたときには、とてもやりがいを感じます。

トリアージ

先ほどトリアージについて軽く触れましたが、トリアージは軽症(歩いて来院できている)の患者様へのファーストタッチは、看護師であることがほとんどです。

しかし、歩いてきたからといって軽症であるとは限りません。

看護師が患者様と接して、観察し、その情報を的確に医師へ伝え、治療の優先度が決まるといっても過言ではありません。

このような重要な仕事を任されるためには、知識と経験の積み重ね、学習が欠かせません。

患者様が受けるべき順番で受けるべき治療を受けられた時は、自分の判断は間違ってなかったのだと安堵する瞬間でもあり、やりがいを感じる瞬間でもあります。

命に関わる仕事

救急外来には、突然の怪我や病気で訪れる患者様がたくさんいらっしゃいます。

重症であれば重症であるほど、緊迫感は高まりますが、その場にいるスタッフみんなが全意識をそこに集中させ、一丸となって処置や看護に取り組みます。

診察が終わるまではとても体力、神経を使う仕事ではありますが、その患者様が無事に処置を終えたり、病棟や検査など次のステップへ進めたときには、何ともいえない達成感があります。

いろいろな疾患が学べる

救急外来の良いところは、一つの疾患にとらわれないところです。

例えば、めまいを訴えて来院された患者様。

めまいが起こる疾患としては頭に原因がある場合、耳に原因がある場合、ストレスなど精神的な影響がある場合、疲れている場合など、たくさんの原因が考えられます。

一つの疾患にとらわれず、いろいろな角度から患者様を診て、どんな疾患からくる症状なのか、考えながら仕事をすることによって、看護師としてのスキルも確実にアップしていきます。

また、救急外来では基本的には常に医師が近くにいるので、わからないことを医師に聞いたり、医師同士での話を聞く機会もたくさんあります。

救急専門の医師もいれば、各分野の専門的な知識を持った医師も出入りするところなので、疾患について学ぶにはとても良い環境だと思います。

メリハリがある

常に患者様がいる病棟とは違い、患者様がいるときといないときのオンオフがはっきりしています。

いない時に自分なりに勉強をしたり、スタッフ同士でコミュニケーションをとり、こんな症例があった、こんなことがあった、と会話をすることで、今後の看護や処置に役立てることができます。

そして、患者様が来院されたオンの時間には、一丸となって一つの目標に向かって動き出します。

このようにオンとオフのメリハリがはっきりしていることが、救急外来看護師の良いところなのではないでしょうか。

面白いポイント

救急外来では、当たり前かもしれませんが、毎回違う患者様が来院されます。

病棟のように毎日のように同じ顔ぶれで、信頼関係を築いていくことはもちろん良いことですが、たくさんの患者様と関わることができるのが救急外来の良いところです。

中には救急外来なのに常連さんもいらっしゃいます。

夜になると不安になって電話をかけてくる、お腹が痛かったけど病院に来て先生や看護師の顔を見たらよくなった、など、本当に様々な患者様が来院されます。

「日中受診してほしかったなー」と思うこともたまにはありますが、看護師の顔を見るだけで症状が良くなってくれるのであれば、それはそれでうれしいことです。

そんな風に、色んな患者様と関わることができるところは、救急外来ならではの面白いところだなと思います。

まとめ

救急外来では秒、分単位でたくさんの処置を行います。

役割分担がきちんとしていなければ、業務がスムーズに回らず、結果として患者様の不利益につながってしまいます。

そうならないためには、それぞれが自分の役割をきちんと果たし、情報共有することがとても大切になります。

ゆっくり考えている時間はないほど緊迫した雰囲気の中でも、ミスを防ぎ、より良い看護を提供するためにも、スタッフ同士での確認作業や声かけ、情報共有などのコミュニケーションがとても重要です。

また、突然大切な家族が怪我や病気で救急車で運ばれ、不安に襲われているご家族の方もたくさんいらっしゃいます。

患者様だけでなくご家族へのケアも、救急外来看護師の大切な仕事です。

このように、救急外来看護師は目の前のことだけでなく、色々なところに目を向け、視野を広く持ち、動く必要があります。

慌ただしい中でも冷静に判断、行動し、自分の役割を果たし、コミュニケーションを取れる方が救急外来看護師に向いていると言えます。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~


関連キーワード

救急外来看護師求人