看護師として病院で働いて行く為に絶対に通らなくてはならない事が「患者さんの看取り業務」です。

看取りとは患者さんが「死」を迎える時に傍で看護するという事です。

文字通り息を引き取る瞬間も、そのあとの御遺体の処置も看護師の仕事です。

また、死を迎えた患者さんの家族の気持ちを受け止める事も看護業務に入る事があります。

ここでは実際にどういう事を行うのか、理想とする看取り業務とはどういうものかを私の経験からご紹介します。

看取りとはどんな仕事?

「看取り」とは、患者さんが息を引き取る瞬間を看護するという事です。

テレビ等でみた事がある人もいらっしゃるでしょうが、人が「死ぬ瞬間」は医師が判断します。

○時○分、お亡くなりです。というセリフのシーンです。この時に看護師は医師の傍で御遺体の処置をしなければなりません。

また、家族への配慮もしなければなりません。

この家族の対応が1番大変な仕事と言っても過言ではありません。

しかし、家族の事を考慮しながら、迅速に行動しなければなりません。

例えば人が亡くなった時に娘に会わせたいからこのまま4時間待って下さい。と思っていても出来ないという事です。

なぜなら人が死んだあとは「死後硬直」が始まる為です。

その死後硬直はだいたい2~3時間で発生し、再度硬直は緩やかになりますが、体液が流出する為、体液がでそうな場所をふさぐ事が死後の処置となります。

しかし、この死後の処置は汚いと感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかしこの処置をしなければ看取りの看護など出来るはずもありません。

看取りとはその患者さんに自分が出来る最後の看護です。

看取りの役割とは?

病院・患者さんにとっての役割

病院でターミナルになってしまうと「死」を意識しなくてはなりません。

看取りは患者さんにとって家族に最後に出来る仕事です。

もちろん家族にとって辛い事でもあります。

自分の家族の死を目の前で見なくてはならないので、精神的にも心に残る事でもあります。

その為、家族の看取りが出来ない人もたくさんいらっしゃいます。

しかし家族の最後を受け入れる事が出来るように看護する事も大切です。

その為にも自分の担当のターミナルの患者さんと信頼関係を築いている事も肝心でしょう。

看取りの具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

モニターの管理

まず看取りをする前に大切な事はモニターの管理をする事です。

病棟で看取りをする事がほとんどですが、医師が常時病棟にいるわけではありません。

ターミナルの患者さんがどのような状態にあるのかをずっと患者さんの傍で見ている事も、もちろん出来ません。

その為、モニターを見ながら患者さんの呼吸や血圧や酸素濃度を常時確認する事が大切になります。

このモニターが異常値な時に医師に報告したり、分単位で状態が変化する為いつどのような状態になっているか、モニターや患者さんを見ながら記録する事も大切な業務です。

5分毎にバイタルサインを測る

看取りに入る前はいつどのように息を引き取るのか分かりません。

家庭では「見た時には息をしていませんでした」と言う状態が多いですが、病院ではそういく分けにはいきません。

看護師も予測が出来ない突然死以外は看護師や医師、家族の傍で息を引き取る事が良い事でしょう。

その時に直ぐに対応できるように、バイタルサインの頻回の測定は必須でしょう。

このバイトルサインの測定を怠ると、医師への報告が遅れる事だけではなく、もしもの時に家族が間に合わなくなってしまうかもしれないのです。

そうなってしまったら家族の最後に会えないという状況を作ってしまう事になります。

患者さんの御遺体の処置

これは大規模の病院等は無くなってきている項目ですが、死後の御遺体の処置は、御遺体をしっかりと清拭し、女性ならば、お化粧を施します。

ここで御家族に最後に来てほしい服があるか確認し、御遺体に服を着せ、鼻・口・肛門・耳を綿花やグリセリンで塞ぎます。

そして、御家族に葬式場に連絡して頂き、引き取って頂きます。

この御家族への確認も看護師の仕事となります。

仕事の流れ

医師に死の確認を行う

医師が患者さんが亡くなったという事を確認した事を看護師が確認します。

医師の指示が無い状態で、いくら心臓が止まっていても処置をする事は出来ません。

医師がまず御家族に患者さんの「死」を伝えた事を確認します。

医師と共に患者さんの傍で確認する事も良いですし、ナースステーションで再確認する事も良いでしょう。

医師へも確認が終わったら患者さんのもとに行き点滴や傷の処置に取りかかりましょう。

御家族への斎場の確認と衣服の確認

医師への確認が終わったら、次に御家族への確認があります。

まずは斎場は何処にするのか、斎場の連絡も御家族にお願いします。

その後、御家族の宗教的な問題がありますので、どのように死後の処置をしてほしいのかを確認します。

日本に1番多い浄土宗や浄土信州では、死後の世界に行くときに喉が乾かないように、口に湿したガーゼを付ける事もあります。

その後、最後に御家族に着てほしい服が無いか確認し、御遺体を清拭し服を着せます。

ここで重要な事は、着せられない服はご遠慮して頂くように伝える事です。

私が体験した出来事では、金婚式用に準備していた着物を着て欲しいといわれた事がありましたが、拘縮も進んでおりどう考えても着物を着せる事は出来ませんでした。

着物を上から着せる事は出来ましたが、御家族にはきちんと着てほしかったといわれました。

御家族の希望に沿う事は大切ですが、出来る限りの状態を伝えましょう。

患者さんと御家族のお見送り

御家族が御自宅、又は斎場に御遺体と移動する際にお見送りをする事業務に入ります。

ここでは、御家族も御遺体にも敬意を払う意味で、駐車場から御家族の車が出て行くまで、頭を下げる事が大切です。

もう御家族に引き渡してしまえば、頭はそこまで差でなくても良いのではないかと思う人もいらっしゃるでしょう。

しかし、自分が逆の立場になった時に、自分の家族の御遺体がまだ出発していないのに、医師や看護師がその場からいなくなってしまっては、嫌な気分にならないでしょうか。

私は敬意を感じる事は出来ません。

自分がされたくない事は患者さんや患者さんの御家族にしたくはありませんので、駐車場を出て行くまで、お見送りする事を心掛けています。

看取りはどういう人と仕事で関わるの?

看取りの業務は看護師と御家族との間で行う事ではありません。

それこそたくさんの人に協力をしてもらわなければなりません。

ではどのような人と関わりながら行うのかを簡単にご紹介いたします。

医者

看取りをする上で絶対の関わらなくてはならないのが「医師」です。

これはもちろん患者さんが死んだという事は医師にしか判断する事が許されていない為です。

看護師が医師より先に患者さん御家族に「死」を伝える事は絶対に出来ません。

それが明らかに亡くなっていたとしてもです。

その為看取り看護をする事は医師と協力する事は必須です。

患者さんのご家族

ここで、もっとも大変で、神経を使う所といっても過言ではありません。

亡くなった患者さんの御家族へのアプローチです。

家族が亡くなるという事は大変なストレス共に、受け入れたくない事実でもあります。

自分の家族が亡くなった事を受け止めて頂き、斎場の連絡や服の準備等、具体的に動いて頂かなくてはなりません。

そこでほとんどの御家族が泣いている中、看護師から伝えなければなりません。

悲観的になっている患者さんや、大切な人が亡くなってしまった事実を受け入れられない人は、この時点で看護師に怒りを示す人もいらっしゃいます。

また悲観的になりすぎて斎場への連絡や他の御家族への連絡も出来ない人も多々いらっしゃいます。

しかし、どんなに患者さん家族が悲観的になっていても、怒りを示していてもして頂く事はして頂かなくてはなりません。

きちんと伝える事をしっかりと伝える事が出来る事が大切です。

斎場の関係者の方

御遺体の処置や御家族の指示も終了した後は御遺体を斎場の方に引き取っていただかなくてはなりません。

そこで斎場の方に引き継ぎを行い、御遺体を移動して頂く事までが「看取りの看護」となります。

給料事情は?

看取りを行ったという事でお給料が変わる事はありません。

看取りは看護師が行う業務の1つだからです。

夜勤手当等のように何か手当があるわけではありません。

ここで言える事は「看取りは特別な業務というわけではない」と言う事です。

看護師の一般的な業務です。

その為看取りが嫌で絶対にしたくないと思う看護師ももちろんいらっしゃいますが、その考えがある看護師は、無床の診療所やクリニックの勤務をされる看護師が多いです。

看取りの仕事で大変なこと

看取りの業務の流れ等をご紹介してきましたが、次に看取りの仕事について大変な事を私の経験や私の看護師の先輩の経験からご紹介いたします。

どんなに長く看護した患者さんでも泣く事は出来ない

私が経験した事ですが、何度も何度も入退院を繰り返していた高齢者の患者さんがいらっしゃいましたが、ほとんど私が担当になる事が多かった為、情が移ったという事ではありませんが、とても仲良くさせていただきました。

そんな時に肺炎で入院してきた患者さんに、また退院するのだろうと本当に思っていました。

しかし、いつもと同じ治療を行っても、肺炎が完治することはなく、日に日に体力が無くなり、排泄もオムツの状態になってしまいました。

亡くなってしまう時も私が出勤してきて直ぐに状態が変化しました。

先輩看護師は「あなたを待っていたのかもしれないね」と言ってくれました。

私も看取りをしだしてあまり時間が経ってなかった事もあり、人が死ぬ現場に慣れていませんでした。

そこで、自分の長く担当した患者さんが亡くなってしまって、御家族の前で泣いてしまいました。

御家族は「泣いてくれてありがとう」と言ってくれましたが、その後看護師長に呼ばれお叱りをうけました。

何故お叱りを受けたのかその時は分かりませんでしたが、看護師長の「家族でもなく、親類でもないあなたが御家族の悲しみを助長させるような行為をしてはいけない」と言われた時にハッとしました。

看護師が泣く事で悲しみの中にいた御家族をもっと悲しませてしまったのです。

それ以来私はどんなに自分が担当していた患者さんが亡くなっても泣く事はなくなりました。

御家族のお怒りもしっかり受け止める

私の看護師の先輩が体験した事ですが、精神科に勤務中に夜間自分の担当の患者さんが自殺をしていました。

もちろん精神科という特殊な病棟で自殺する事は簡単なことではありませんが、その人は順視が終わった後に自分のシーツで首を吊っていたのです。

ナースステーションから離れた場所で、比較的症状も落ち着いていた人でした。

死後の処置を行っている先輩看護師の所に御家族がやって来て「お前が殺した」と先輩看護師に暴言を吐かれました。

もちろん先輩看護師のせいではありませんし。

看護師が責任を取る事でもありません。

しかし身うちの「死」を受け入れられない家族は怒りをぶつける相手を探すのです。

もちろん先輩看護師は今も看護師を続けていますが、この御家族の暴言は忘れる事が出来ないと言っていました。

斎場に送られる時には怒りは収まっており「先ほどは失礼な事を本当に申し訳ありませんでした」と謝られたそうですが、1度言われた事はなかなか忘れる事は出来ませんよね。

しかしこの御家族の感情も看護師は受け止めなくてはならないのです。

看取りに携わる御家族が必ず良い人ではない

病棟で治療のかいなく亡くなってしまう人も多いですが、自ら死を選ぶ人の死後の処置も看取り看護の1つではないでしょうか。

御家族への連絡や、御遺体の移動等の業務は変わりなく行わなくてはなりません。

御家族の中には「死んでくれてよかった」とはっきり言われる人もいらっしゃいます。

もちろんその発言に対して何か言う事はできません。

自分が家族を亡くしたら絶対に言わない事や絶対に思わない感情を御家族がされても、悲観的にならず業務をこなす事が大切です。

看取りができるようになるためにはどうしたらいい?

看取りに関しての経験を含めてご紹介してきましたが、では看取りが出来るようになる為に何を心掛けた方が良いのか、実際に看取りを行うようになった年数などの細かい部分をご紹介していきましょう。

看護師の経験年数はどれくらい?

もちろん新人看護師で看取りに1人で入る事はありません。

看取りは神経を使いますし、精神的にもこたえるものです。

私が1人で看取りの看護に入ったのは、看護師の経験が3年が経った頃でした。

老人ホームで1年半の経験をした後で中規模の病院で2年程勤務した後、夜勤の勤務を任せてもらえた頃から、1人で看取りの看護に入るようになりました。

看取りの看護と、夜勤の勤務は切っても切れない関係にあります。

この中規模病院では病棟ごとに夜勤看護師が1人で外来看護師1人・2階病棟看護師1人・3階病棟看護師1人・看護助手1人の勤務体制でした。

その為、もし夜間に看取りを行う事になった場合に、自分しか対応する事が出来ない状況になるのです。

自分が看取りの看護がしっかりできるようになる事が夜勤をする為の条件のようなものだったので、若干速いと思いますが、3年程度の看護師経験で看取りをマスターする事になるでしょう。

必要なスキルや資格、経験は?

特別なスキルや資格は特にありません。

看取りは誰にでも起こる看護です。

もちろん看護師の資格は必要ですが、その他の資格は要りませんし、経験も人の死をまじかで体験する事以外、学ぶ事はできません。

もちろん教科書などの書物で学ぶ事は出来ますが、自分で体験する事が自分の成長に繋がります。

また人が死ぬという事は、書物で学ぶ事が出来るものではありません。

たくさんの体験の中で、たくさんの家族と接し、たくさんの御遺体の処置をする事で、看取りの看護が上達するのです。

たくさんの患者さんを見送るという事は自分の中の看護観が揺らぐ事もあります。

自分がどうして看護師になったのか分からなくなる事もありますが、人を看護する為には通らなければならない道なのです。

経験者が看取りの仕事について語ります!

看取りの仕事をするようになった経緯は?

私が看取りをするようになったのは、勤務していた病院が看取りを行っていた為です。

しかし看取りを行わない病院の方がもちろん少ないでしょう。

病院に勤めているという事は嫌網にも看取りの看護はしなければなりませんでした。

もちろん看取りの看護を専門に行っている所もあります。

それが「ホスピス」と言う病院です。

ここではほとんどが癌の患者さんが多く、痛みの緩和を中心に看護し、痛みが少ないまま死を迎える事が出来ます。

最初の仕事の時抵抗はあった?

私が最初に看取りをしたのは、私の曾祖母でした。

私が病院の勤務しだした事で、かかりつけの病院を変えて、私の勤める病院で治療していました。

そこで脳梗塞で入院し、そのまま死を迎えました。

私の身内と言う事で看護師長が看取りの看護をさせてくれました。

曾祖母を看取るという事で、家族がどんな気持ちで看取りを迎えるのか、自分で体験する事ができました。

もちろん、抵抗はありました。

自分の曾祖母だからというよりは、死を迎えたばかりの御遺体をまじかで見て、接するという事は抵抗があるというよりも「怖い」と言う感情が出てきました。

しかしこれも、回数をこなすと感情が慣れてきてしまいます。

これが、良い事なのかは人の考え方次第だと思いますが、看護師を続ける為には、人の死に慣れる事が絶対条件になると私は感じます。

看取りの理想と現実のギャップはある?

看取りの理想は、家族が傍について、息を引き取る瞬間にしっかりついておく事だと思います。

しかし誰しもが理想通りに行く事はもちろんありません。

あまりにも極端な急変では家族が間に合わない事も多々あります。

また看護師が考える理想の看取りと家族が思う理想の看取りが全く違う事もあります。

家族が会いたくないと思っている事もあります。

家族の理想に出来るだけ近づけるような看取りを行う事も看護師の大切な業務になります。

理想の看取りの姿とは?

理想の看取りのすがたとは、家族・患者さんが思う、理想を叶える事です。

看護師が思う理想の看取りを家族に押し付ける事ではありません。

家族や患者さんがどうやって送り出したいのか、どうやって送り出されたいのかを事前に聞いておく事が出来れば、たくさんの理想を叶える事が可能でしょう。

しかし、事前に聞く事なんて誰にもできません。

その為、死後の処置時に確認する事が1番でしょう。

なかなか理想の看取りが出来る状態を作る事は難しいでしょう。

看護師の言葉や、治療中に作る信頼関係が看取りの状態を左右する事もあります。

家族が理想とする看取りが出来るように、入院中から信頼関係を築いておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

看取りの世界はとても奥が深いです。

人が一人亡くなる事でたくさんの人が悲しい思いをします。

その悲しい思いを出来るだけ助長しないように努力し、看護していく事で良い看取りが出来るようになるでしょう。

また、看取りとは人の死に直面する看護です。

病院はそもそも人の病気を治療する場所です。

しかし治療の甲斐なく死を迎える場所でもあるのです。

看護師になって働く事は、人の死をまじかで見なければならないという事もしっかり頭に入れておきましょう。

人の死をまじかに見るという事は自分の精神状態にも影響します。

自分が出来る事を頑張って一緒に治療してきた患者さんが亡くなってしまうと、自分の看護がいけなかったのではないか。

自分があの時違う事をしていれば死ななかったのではないかと感じる事もたくさんあります。

しかし、看護師は「医師の治療を手伝う事」です。

自分の判断や治療方法を決定する事はありません。

もちろん医師の判断が間違っている事でもありません。

人はいつか必ず死を迎えます。

その人の死に直面から向き合う事が出来る職業でもあります。

人が死を迎えるその瞬間に自分の力が人の助けになる事もあります。

自分の看護力で人が死ぬ時にも人を救う事が出来ると考えると、看取りの看護を有意義にする事が出来るでしょう。

看護師として治療も看取りもたくさんの経験をし、たくさんの人を救える看護師になりましょう。



関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容を経験者が役割に分けてご紹介!他診療科との違いは?

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

沖縄の看護師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なエリアや施設を解説します

看護師として働くことを控えている学生さんや実際に看護師として働いているけど、今後の働き方を変えたいと思っている方にご紹介したいのが「バイト」として働くという手があるということです。看護師のアルバイト?とお思いになるかと思いますが、もちろん看護師免許を持っていることが大前提です。では、実際どういった特徴があるのでしょうか?この記事では、沖縄の看護師バイトについてご紹介したいと思います。沖縄の看護師バイトの時給は?看護師としてフルタイムで働いた場合、月給の相場は大体25万円前後になるかと思います。これがバイトとして働いた場合は、月給としてではなく時給換算になり、働いた時間×時給×日数という形になり

整形外科看護師のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

病院にはあらゆる診療科があります。その中でも比較的元気な患者さんが通院、受診される診療科が整形外科です。腰や膝の痛みがあるも、精神的には元気な患者さんが多くコミュニケーションも取りやすいのが特徴です。整形外科の看護師も明るく、てきぱきと仕事をこなし、明るい職場が多い印象です。患者さんとコミュニケーションをとることが多い整形外科のでのやりがいについて今回はご紹介していきます。患者さんとの関わりから得られるやりがい、スタッフ間でのやりがいなどをお話していきたいと思います。整形外科看護師の大まかな仕事内容について理解しておこう整形外科外来では、腰痛や膝痛などの慢性的な疾患、靭帯や捻挫・骨折などの急性

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

看護師の仕事で苦労することは何?経験者が乗り越え方も一緒に教えます!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

消化器内科看護師求人でよくある募集内容やおすすめの職場のポイント、気になる疑問について解説します

医療機関の中で「消化器科看護ってどんな看護をするの?」と思っている方もいるかと思います。消化器科といっても結構幅広く、外科や内科に分かれていますが、ここでは特に「消化器科内科看護」という仕事や求人について書いていきます。消化器内科看護師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容消化器科というのは書いて字のごとく、胃腸を中心とした消化器官の治療を目的とした科目です。その中でも内科的つまり手術を目的としない、薬物や放射線を中心とした治療を受ける患者さんの看護にあたります。消化器内科看護師はどういう役割を求められる?消化器内科というのは、胃腸や膵臓肝臓なども含めた内臓を治療していく場所です。手術をしない

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

50代での転職をためらっていませんか?実は、50代でも看護師の転職先はいくらでもあります。現在、看護師という職業は本当に人手不足で、年代を問わず優遇されることが多いのです。資格があった方が転職には有利と言われますが、そういう意味で看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は、50代の看護師が転職する際に注意して頂きたいことをお伝えしていきます。私は元医療事務経験者ですが、現場で気が付いたことを全てお話します。看護師が50代で転職する人は多い?50代で転職する看護師というのは、そこそこ多いかもしれませんね。転職を考える前は、病院勤めをされているかクリニックで働いてきたかのどちらかだと思います。3

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻咽喉科の看護師の役割とは何か、また他科と何がどう違うのかと気になる方もいらっしゃるようです。多くの診療科目がある中で、最も季節によって左右されると言われている耳鼻咽喉科。実は他の科以上に人気があると言われています。今回は耳鼻咽喉科看護師の仕事内容についてお伝えしていきましょう!耳鼻咽喉科看護師の仕事は大きく2つの役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。私は3年間程耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、看護師の仕事は注射や手当をする程度なのか、いざという時に頼りになるということだけなのでしょうか。私の経験を基に、耳鼻咽喉科看護師の仕

泌尿器科看護師の仕事内容10個の業務。どんな役割があるの?病棟と外来の違いも説明します!

今回は泌尿器科の仕事についてお話をしていきたいと思います。病棟・外来の仕事内容の違いや役割り、泌尿器科の看護師の経験からやりがいや泌尿器ならではの貴重な経験などお伝えできたらと思います。泌尿器科に興味がある人や今後働いてみたいなと感じている人の参考になればと思います。泌尿器科看護師の仕事は大きく3個の役割に分けられる看護師の業務は報告・連絡・相談は絶対です。情報を共有を行いながらチームワークを大切にして業務を行っていく必要があります。患者さんやスタッフも多いので、いかに円滑に協力して行っていけるかが大切です。そのために、いくつかの役割りについても説明していきます。リーダー役職等に関係なくその日

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

外科看護師の仕事内容を経験者がご紹介!内科看護師との違いについてもご説明します!

外科といえば、脳神経外科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科というような診療科をイメージすると思います。また、手術・処置が多いことは想像できるのではないでしょうか。そんな外科で働く看護師といえば、急変対応ができたり、テキパキした人しか向いていないのではないかと思われがちが、それくらい展開が早いのが特徴でもあります。この記事では、外科看護師の役割や仕事内容を、筆者の経験をもとに述べていきますので、外科看護師とはどんなことをしているのか、参考にしていただければ幸いです。外科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる外科看護師と聞けば、病棟看護師をイメージすることが多いと思いますが、外来にも外科担当の

訪問看護を辞めたい…と感じた3個の理由と乗り越え方

どんな方でも仕事をやめたいと思ったことがあるのではないでしょうか。医療業界や看護師の仕事は辛いことも多く、辞めたいと思うこともあります。でもその分、嬉しいことややりがいがあるのも確かです。ここでは訪問看護の仕事を辞めたいと感じた瞬間と、乗り越えられた理由をまとめてみました。正直辛いな、辞めたいなと思っているあなたに、是非読んでもらいたいです。訪問看護の仕事内容患者さんのお宅にお邪魔して看護を行うのが、訪問看護のお仕事です。訪問看護は、医師の指示書に基づいて看護を行いますので、仕事の内容も多岐にわたります。健康チェックバイタルサインを測定したり、視診・聴診を行い、患者さんの健康状態をチェックしま

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

看護師が内科への転職を成功させるために!狙い目な職場の4個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

診療科の中で最も多い内科。内科は私たちの生活の身近な診療科ですよね。看護師として働いていく中でも内科疾患の知識は必要不可欠で、他の診療科で働いていても関わりが多いですよね。今回はそんな内科に転職を考えている人、内科で上手く働くコツなどについてお話していきたいと思います。看護師の内科で転職する人は多い?多くの診療数の中で内科医師の数が最も多く、次いで外科の医師が多いです。また全国的の病院、クリニックなども内科の病院が最も多いとされています。総合病院への転職となれば配属先は自分で選べないことが多いので自動的に内科へ移動や配属が決まったということもあるでしょう。個人病院の場合は、診療科が提示されてい

病棟看護師の仕事内容13個の業務。経験者が教えます!

看護師の業務は、患者さんのベッドサイドで行う看護だけではなく、多岐に渡ります。特に病棟看護師は、夜勤帯では少人数で全ての患者さんの安全を守らなければなりません。そのために、様々な業務を協力して行いますが、看護師それぞれに、総合的な視野、判断力が求められます。今回は、病棟看護師の仕事内容についてお伝えしたいと思います。病棟看護師の大まかな仕事内容は?病棟看護師の仕事は、患者さんの命と安全を守ることです。そして、医師やその他の専門部署と協力をして治療を進めて行きます。治療には、手術、抗がん剤などを含む薬物療法、放射線治療、精神ケアなど数え上げればきりがありません。科によっても大きく変わりますが、こ

眼科看護師求人でよくある募集内容は?向き不向きの特徴もご紹介!就職・転職の参考に!

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師にとってホワイトな職場の6個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

看護師にとって、病院選びはとても難しいものです。募集内容と実際の勤務内容が一致している病院には、なかなか出会えません。一度働き始めてしまうと患者さんの事が気になってしまい、自分が辛くても、すぐには辞められない看護師もとても多いので、ホワイトな職場を選ぶことが大切です。そのために、どんなことに注意すればいいでしょうか。看護師の大まかな仕事内容看護師は専門職ではありますが、総合的な視野が必要で、患者さんに関わること意外に、常に細部まで観察しなければなりません。看護師の役割と仕事について大きくまとめてみました。ベッドサイドでの看護ベッドサイドでの看護は、もちろん看護師のメインの仕事です。患者さんの体

内科看護師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

多くの診療科がある中で内科は体の中で起こる病気に関わり、幅広い分野を学ぶことができます。内科の患者さんは外科と比べ病気の経過も長く、日々大きな変化はないため小さな変化や症状から疾患の経過を観察していく必要があります。今回は実際に内科で経験を積み、患者さんと関わり、業務を行う中で感じたやりがいについてお話していきたいと思います。内科の専門分野の種類以前は体の中(臓器)の病気を診る診療科のことを内科といっていました。しかし、ここ数十年で内科にも専門分野ができました。呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、神経内科、糖尿病内科など多くの専門医や病院があります。「内科に受診するときは、どんな時だ

クリニック看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

夜勤や残業の多い病院勤務は、心身共に負担が大きく疲れてしまう看護師さんも多いと思います。その為「クリニックでゆっくり楽に働きたいなぁ…」と思うのはよくある話ですよね。クリニックは夜勤のない日勤勤務で残業も少なく、業務に慣れればルーティーン化できるなど病院勤務より負担が少なく働くことができます。その反面、クリニックならではのデメリットが存在するのもまた事実です。今回は実際にクリニックでの看護師業務を私の経験を基に、クリニック看護師の仕事内容、やりがい、メリット・デメリットなどをご紹介したいと思います!クリニックは地域密着型で、地域の皆様にとっても身近な欠かせない存在です。そんなクリニックでの看護

看護師の勤務時間って不規則なの?看護師の仕事内容、生活リズムなどをご紹介します

医療現場や介護現場は基本的に、24時間365日営業しています。それはわかりやすく説明すると、お客さんとなる患者さんや利用者様が常に目の前にいて、店員さんとなる医師や看護師は、お客さんである患者さんや利用者様のために働いているということです。人間はこの世にいる限り、常に心臓は動き生きています。健康な人は自分の力で生きていくことが出来ますが、病気を患っている患者さんや、病気によって後遺症や障害を抱えている利用者様は、私達医療者の手助けが常に隣り合わせです。そんな医療者はいつでも手助けが出来るように、24時間365日スタンバイをして手助けをしていかなければなりません。しかし、24時間365日営業では

整形外科の仕事内容10個の業務。経験者が教えます!

整形外科の看護師の仕事って「ぱっ」とイメージしてどんな内容かイメージつきにくいですよね。私も初めは「腰が痛い症状の患者さんが行く病院」「骨折などの怪我をした患者さんがくる病院」という簡単なイメージでした。実際に整形外科外来で働いた経験を基に仕事内容や役割り、患者さんへの関わり方、やりがいについてお伝えしていきたいと思います。整形外科に配属になったり、転職で整形外科を検討している方に分かりやすくイメージしやすいようにご説明していきますね。整形外科の基礎知識整形外科の主な疾患整形外科へ受診される患者さんの疾患は、骨や筋肉についての病気です。外傷性疾患(打撲・捻挫・骨折・脱臼・断裂・擦り傷など)慢性

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すれば良いかなど、様々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験してきたので、その時の経験を基に厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社などがあります。様々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

皮膚科看護師の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

病棟・クリニック・訪問看護など、看護師の働く場所は様々です。多くの現場で看護師さんは活躍していることはご存知だと思います。その中でもクリニック外来は、私たちの日常生活において最も身近な医療施設の一つと言えるでしょう。何かあった時に、すぐに受診できる診療所です。今回は、クリニック外来の看護師の業務に焦点をあててご紹介しますが、診療科の数だけクリニックも存在します。例えば、「虫に刺されてて腫れて痛い!」「体にぶつぶつができて痒みが止まらない!」など、皮膚に異常が現れた時にかかる皮膚科。そんな皮膚科看護師の仕事内容や役割についてお話していきたいと思います。皮膚科看護師の仕事内容皮膚科を受診する患者さ

看護師精神科で働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

人が精神科を受診すると聞いてあなたはどう思いますか?自分ではないので興味が湧かないでしょうか?それとも気の毒にと同情するでしょうか?長い人生の合間には、家族との別れや大事なものの喪失・思わぬ大病・金銭的な不幸・災害など予想外のトラブルがあるものです。そのような大きなストレスに見舞われると、精神的なダメージを負うことは知られています。が、同じ規模のストレスに会っても精神的ダメージを負う人とそうではない人がいるのも、また事実です。あるいはそのようなストレスとは何ら因果関係を認めず、発症してしまう精神疾患もあります。人間の不思議ですね。精神科とは一体どんな場所で、そこで働く看護師とは一体どんな存在な

救急外来看護師の仕事内容を役割に分けてご紹介!一日の流れに沿ってお話しします!

病院の診療時間外・休日に体調が悪くなった時や救急搬送された場合、普段とは違い、病院の「救急外来」というところで受付・処置をします。テレビドラマ等でご存知の方もいるのではないでしょうか?今回はそんな救急外来の看護師の仕事内容についてまとめてみました。救急外来看護師の仕事は、大きく3個の役割に分けられます。リーダー看護師救急車で来院する患者様の状態を把握し、メインで患者様を担当する看護師を決めたり、他のスタッフに業務を割り振ったりする看護師です。救急現場の救急隊からかかってくる電話(「救急要請」「ホットライン」と呼んでいる職場が多い)を受けた時点から、救急外来の仕事は始まります。救急要請の内容から

看護師として働くなら何科で働きたい?オススメの科をご紹介いたします

看護師を志望する人は多いと思いますが、いざ、看護師になった時に「何かで働きたいか」明確に目標を定めて進んでいる人は少ないのではないかと思います。学生の間は勉強に実習に追われて、とにかく試験に合格することが最優先だからです。看護師が働く診療科目にはどんなものがあるのか、それぞれの特徴を説明していきます。看護師はどんな仕事?看護師の仕事内容は非情に多岐に渡ります。看護師の主な仕事内容を簡単に言うと、医師の診療の介助を行いながら、患者の療養生活を手助けする仕事です。看護師の配属される科の種類内科総合病院であればたくさんの診療科目があり、その診療科目に特化したマニュアルもあります。そこでしか経験できな

看護師の仕事の魅力とは?様々な職場での仕事内容からやりがいまで詳しく紹介します

看護師は、白衣の天使と評され、ドラマの設定などにも多く使われる人気の職業の一つです。第一生命が実施する小学生向けの「大人になったらなりたいものアンケート」において、2016年は4位と毎年根強い人気を誇る憧れの存在でもありますね。そんな看護師として私は5年働いていますが、看護師となった動機は人それぞれです。病気の時に優しくしてくれた看護師さんに憧れてなった人。手に職をつけるためにと安定的な給与を求めて看護師を志した人。動機も様々ですが、実は看護師の仕事も多様で、その魅力、苦労も数多くあります。今日は、看護師の仕事内容と、看護師の魅力、大変なことをまとめて解説します。看護師の大まかな仕事内容とは?

介護看護師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?経験者が解説します

看護師とは一概に医師の医療のサポートだけではありません。病院にいるような治療のサポートをしているのが看護師だと思われている方が多いと思いますが、違う面での看護師としての役割である、介護施設での看護師の役割を書いていきたいと思います。介護施設の看護師とはどんな仕事?健康管理はもちろん、病気のことだけでなく、日常生活動作や精神面等、生活していくための管理も必要になります。病気において機能障害が残ってしまった方も多く、それによって日常生活動作も一人一人違います。その一人一人違う日常生活動作を把握し、この日常生活動作を落とさぬようにしつつ、健康管理を利用者自身と行っていかなければなりません。病院の看護

医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み。内緒で付き合っている人も多いの?

皆さんは医者と看護師の関係性はどんなものだと思いますか?看護師の役割として「医者の指示のもとに診療の補助を行う」というものがありますので、医者=指示を出す人、看護師=指示を受ける人、という解釈が多いかもしれません。しかし、医者も看護師もあくまで職種。自動車のディーラーに、整備をする係と販売をする係がいるように、医者と看護師も本来であれば同等の立場であり、同じ職場の同僚なのです。まぁ実際はそんな理想的な関係を築けるのはごくまれだと感じます。ここではほんの少し看護師の立場からの本音を暴露したいと思います。医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み今は話しかけてもいいかな?これはどう伝えたらいいかな

看護師を辞めて違う仕事に転職するなら!おすすめの仕事7選と選ぶ時の注意点

看護師は不規則な勤務に加え命を預かるプレッシャーを感じることも多い大変な職業の一つです。その分、やりがいがあったり他の職業に比べ給料が良かったりと魅力も多い職業でもあります。看護師として働いていく内に向き不向きを感じたり、また他の職業への好奇心などにより看護師を辞めたいと思うこともあるかもしれません。しかし看護師一筋で仕事をしてきた場合、一体どのような仕事に転職できるのか、転職する際の注意点にはどのようなものがあるのか見当がつきにくい現状もあるかと思います。そこで看護師を辞めて違う仕事に転職する際のおすすめの仕事5選と選ぶ時の注意点について紹介していきます。看護師を辞めて違う仕事に転職したくな

看取り看護師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

病院で働く看護師にとって避けては通れない看護業務の中に「看取り看護」があります。もちろん全ての看護師が看取りが出来るものではありません。看取りを経験し、看護師の仕事が出来なくなってしまった看護師もたくさんいらっしゃいます。たくさんの看取り看護をする事で、看護師として成長する事も確かです。ここでは、看取り看護はどんな看護師が向いているのか。また看取りの看護に向かない人はどんな看護師なのかをご紹介します。看取り看護師とはどんな仕事?看取りの看護師はその名の通り、患者さんの最期を看取る看護師です。もちろん1人で看取る事はありません。医師や家族と共に死を迎える患者さんの病室で、人生の最期を看取る事が業

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現

病院看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ここでは病院看護師の求人でよくある募集内容やおすすめの求人ポイントを紹介します。病院看護師の求人といっても数多くある募集のなかから、自分に合った求人や希望を見つけるのは大変ですし、ましてやどんな求人がおすすめなのかわからないと選ぶことすら難しいですよね。今回はそんな悩みを持つ方に向けて、病院の看護師の募集内容の傾向を詳しく紹介していきますので、ぜひご覧ください。病院看護師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容病院看護師の主な仕事内容は別名「診療の補助」とよばれています。外来勤務と病棟勤務で大きく違うのは、医師の診察の補助があるかどうかです。また病棟にも処置室などがある場合は処置の補助にもつきま

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、何度か転職を考えたり、実際に転職をする事も何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多い為、自分が出来るのか、難しいのではないかと思う人ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探す事は大変な事です。話しだけではなかなか分からない事もあるでしょう。実際に体験する事が1番ですが、ここでは内科の看護師の転職について体験談も含めてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて「手術がありません」傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。その為比較的簡単なのではないかと

介護施設看護師求人でよくある募集内容や介護施設の種類・おすすめ求人のポイント、病院の看護業務との違いなど気になる疑問について解説します

看護師の求人は、何も病院だけではありません。高齢者施設の看護師もたくさんの求人があります。介護施設の求人は病院の求人と違って求められる人材が変わってきます。ここでは介護施設の看護師の求人の募集内容と、どのような人材が求められるのかをご紹介しましょう。介護施設看護師求人でよくある募集内容とは?ここでは、高齢者施設の看護師の求人の内容をご紹介します。病院の看護師と違って高齢者施設の看護師は、介護の体験をした事のある人が受かりやすくなっています。しかし病院と比較した時、高齢者施設のお給料や福利厚生は若干変わってきます。給与相場高齢者施設のお給料は、看護師の夜勤があるかないかで変わってきます。高齢者施

救急外来看護師求人でよくある募集内容や仕事内容・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

よくドラマで取り上げられることの多い「救急外来」。「カッコイイけど、大変そう!」など、救急外来について、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。ここでは、救急外来看護師の仕事内容や、求人のポイントなどについてご紹介していきたいと思います。救急外来看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容救急外来では、救急車の受け入れから、救急蘇生処置、外傷の処置、一般外来の時間外対応などを行います。つまり、すべての診療科、あらゆる年齢層の患者さんが対象となります。救急外来看護師は職場でどういう役割を求められる?救急外来は、一刻を争うような重篤の場合や、救急蘇生処置が必要な場合もあり、より高度な知識

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職にはたくさんの病院の情報があります。都道府県の中で都心の病院や地域の病院などで少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治すという所で変わりはありませんが、どんな病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になる所でしょう。もちろん同じ所で働く事が出来れば良いでしょうが、家族の転勤や引っ越し等があると、今まで行った事のない所で働かなくてはならなくなる事もあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時は誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良い?自分がどういう病院

岡山看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な病院・エリア・年収相場を解説します

岡山県は医療先進県です。臓器移植や遺伝子治療などの先進医療はもちろん、地域医療体制でも他県を上回る体制が敷かれています。他県に先駆けて導入されたドクターヘリ事業も見逃せません。また、岡山県は人口10万人当たりの病院数が中国地方で最も多いことからも、看護師の求人が多く、働く場を見つけやすいです。そんな岡山県で看護師をしてみませんか?ここでは岡山県の看護師求人を紹介していきます。そもそも看護師はどんな仕事?看護師の仕事内容は、働く場所や診療科によって多少異なりますが、主に次のような業務になります。体温や血圧と言ったバイタルサインの測定注射や点滴、採血入院患者の食事や入浴、排泄介助入院患者の身の回り

大学病院看護師の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

大学病院は看護師にとって人気の職場です。大学病院に将来勤めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ですが、大学病院は大変な職場でもあり、すべての人が大学病院の勤務に向いているとは思いません。それでは、どんな方が大学病院で働くのに向いているのでしょうか。大学病院で働いた経験を生かして解説していきます。大学病院看護師はどんな仕事?大学病院は地方病院とは異なり、医療機関でもありますが、研究機関だったり、教育機関でもあります。そのためか、研究活動が頻繁に行われていたり、新しい薬を使用してみたり、看護師も看護研究を行ったり、頻繁に勉強会や研修会などが多くなります。そして、教育機関でもあるため、医学

札幌の看護師求人の特徴や、人気な病院・診療科目・年収相場・求人の選び方のコツを紹介します

北海道は、札幌市と旭川市に大きな病院や医療機関が集中しており、中でも札幌市は道内で最も医療設備が整っている地域になります。全国と比較すると、年収は低い傾向にありますが、札幌市は生活環境なども含めて考えると、平均に近い年収となります。ここでは、数多くの医療機関が集中する札幌市の看護師求人についてご説明致します。札幌の看護師求人の特徴は?札幌は、北海道内で大都会の都市部であり、医療機関も集中しています。道内のあらゆる地域から先端医療を求めて、患者様が受診されています。先端医療を始め、慢性期やリハビリ期を対象としている医療機関、終末期や介護を中心としている医療機関など様々な医療機関があり、看護師の求

訪問看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

最近需要が増えてきている訪問看護ですが、病院勤務と給料を比べてどちらの方が給与が良いのでしょうか?地域差も多少ありますが、自分の実際の給料も参考にしながら訪問看護師の年収について紹介していきたいと思います。訪問看護師の給料の相場はどのくらい?訪問看護の給料相場は比較的高いと言われています。しかしながら病院系列やフランチャイズはもとより、最近では個人や介護事業から訪問看護展開している所も多く、一概に述べるのは難しいです。あくまでも参考程度ですが、以下で説明していきましょう。正社員の場合の訪問看護師の給料相場訪問看護の月収相場は手取りで20万円~28万円と言われていますが、事業所によっては月収30

横須賀の看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な病院の条件・年収相場を解説します

皆さん看護師の仕事についてどのようなイメージを持っていますか。「一生仕事に困らなさそう」「夜勤が大変そう」「子育てと仕事の両立が難しそう」など、さまざまなイメージを持たれていると思います。今回は、これから看護師を目指そうとしている方、また現在の職場で子育てと仕事の両立について悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。看護師はどんな仕事? 看護師とははじめに、少し難しい話となりますが、看護師とは、「保健師助産師看護師法」に基づき、科学的な知識や技術を用いて、人々の健康を守り、豊かな生活が送れるよう支援をする専門職となります。他の医療職と異なり、24時間365日患者さんのそばで寄り添い、日々患者さんと

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

ここでは東京で看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境について、おすすめの働きやすく年収が高い病院を紹介します!これらは病院の中の病棟においても様々です。ただ「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく両方取れるところをこの記事で見つけましょう!東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。さらに最近になってこれ〝苦しい〟が加わり4Kと言われるようになりました。このような事情からやはり看護師自体を辞めてしまう人も多く、転職を考える人は東京だけでもかなり多いです。また転職する世代は、業務が増

東京の看護師求人で人気な病院や給与相場、求人の選び方のコツを紹介します

ここでは、東京の看護師求人で人気の病院や給与相場、求人の選び方のコツをご紹介します!看護師にとって、働く場所となる病院は今後の看護師人生を左右します。そのため、看護師は看護学生の頃から様々な情報を集めて、自分に合った病院に就職しようとします。これは、一般企業にも同じようなことが言えますね。特に看護師は転職が多い職業で、未だ離職率も高い状態と言えます。理由として多いのは、“給与と仕事量が割に合わない”という点です。他にも、福利厚生の充実面、自分のレベルを上げるための転職など色々とあります。今回は様々な理由から転職をする看護師にとって、人気の求人のご紹介と選び方のコツを解説していきます!東京の看護

東京の看護師の年収はどれくらい?現役看護師の相場感や給料を上げるためのコツ、給料が多い人の特徴を解説します

東京の看護師の年収はどれくらいなのか、また現役看護師の相場感や給料を上げるためのコツ、給料が多い人の特徴を紹介していきます!看護師は激務なのになんで働き続けることができるんだろう?と疑問に思いますよね。それはこの記事を見ていただければわかります。簡単にやめられない理由がそこにはあるのです!東京の看護師の仕事ってどんな仕事?東京の看護師と、地方の看護師と仕事の内容としてはさほど変わりがありません。看護師の仕事は大きく分けて、「医師の診療の補助」「患者の退院までのサポート」「清潔ケア」「看護記録の記載」となっています。外来の看護師であれば、退院までのサポートなどはありませんが外来患者の対応という仕

看護師の夜勤なし求人がよく出ている募集内容・狙い目の求人の見つけ方。一通り看護師経験がある私が解説します

様々な理由で、夜勤なしの求人を探している看護師はたくさんいますよね?例えば…まだまだ子供が小さくて夜勤ができないシフト制の勤務は体力的にキツイ夜勤の責任とプレッシャーが重くて、精神的に辛い親の介護で夜勤ができないまさに人それぞれの理由があるでしょう。しかしいざ日勤のみの仕事をしたいと考えると、色々な不安や心配で踏み出せずにいるという方はいませんか?夜勤なしの仕事にはデメリットもあればメリットもあります。両方の特徴やポイントを知り、自分に合った働き方を選択することが大切ですよね?そこで今回は、夜勤なしの募集内容や狙い目の求人、デメリットやメリットなど、具体的な『夜勤なし』の勤務事情についてご紹介

看護師の人材紹介って?よくある募集内容や仕事内容の違い、給料などを紹介します

看護師が不足していると言われている現在、時期に関係なく年中多くの求人を見る機会があります。募集内容は、総合病院から小さなクリニックまで様々です。また、施設が直接求人を出している場合もありますが、人材紹介会社を通して求人を募集しているところも少なくはありません。人材紹介を介して求人を出している場合は、どういった求人が多いのでしょうか。また、仕事内容や給料の相場についても、どういった条件が多いのかをご紹介していきたいと思います。看護師の人材紹介って多いの?業種を問わず求人を紹介しているサイトから、看護師のみの求人を扱っているサイトまで様々です。看護師のみの求人サイトは大手のもので20社ほどあり、多

総合病院の看護師求人がおすすめな2つの理由。よくある募集内容や仕事内容、有名な総合病院も紹介!

看護師の働く場所は、病院だけだと思っていませんか。総合病院、入院設備のある診療所、外来だけのクリニック、訪問看護ステーション、デイサービスやショートステイ、老健などの施設、保育所、歯科、市役所や県庁所属など、看護師の働く場所は実に様々です。その中で、今回は総合病院の看護師求人募集内容や仕事内容などを中心にご紹介します。総合病院の看護師求人でよくある募集内容とは?一例として、秋田県内の総合病院の募集内容についてご紹介します。給与相場新卒の初任給では、学歴によって少々違いが出ますが、だいたい18~21万円ほどが相場のようです。これに各種手当が加わります。勤務時間や休日、残業勤務時間はどの病院もほと

HCUの看護師とはどういう仕事?良い面・悪い面やHCU経験により得られる力なども経験者が紹介します

HCUという病棟の名前は聞いたことがあるでしょうか?急性期病院ならば、ICUと並んで、必ずと言ってもいいほどに存在する病棟だと思います。HCUという病棟を聞いたことがないという看護師の方もいると思いますので、今回はHCUとはどんな病棟なのか?HCUの看護師とはどんな仕事なのか?良い面や悪い面は何なのかなど、紹介していきたいと思います。HCUとは何か?HCUとは(High Care Unit)の頭文字を取った名前で、日本語でいうと高度治療室という名前になります。おもに重症で看護度の高い患者さんがいる病棟です。ICUで管理しなくても大丈夫なほど回復はしているが、一般病棟でお世話していくには、まだ不

大学病院の看護師求人の募集内容は?雇用形態によって給料は違う?疑問にもお答えします!

看護師として働くといっても色々な働き方がありますよね!今回は大学病院の看護師求人について詳しくお話していきたいと思います。大学病院と聞くと医療の最先端で大きな病院というイメージでしょうか。大学病院の看護師って、給料は良くても残業が多いのかもと思うかもしれませんが、雇用形態やどこの科に所属するかでも違ってきます。大学病院の看護師の求人について募集内容や気になる点もまとめましたので参考にしてみてください。大学病院の看護師求人でよくある募集内容とは?まず最初に、大学病院の求人内容について紹介していきます。給与相場大学病院だと「給料が多そう」というイメージを持つ人がいると思いますが、実際は看護師の平均