一瞬にして「人生観」を変えるような衝撃的な出来事には、なかなかお目にかかれるものではありません。

しかし、看護師をしていると「雨垂れ石を穿つ」のことわざのごとく、ゆっくり、じんわりと、でも確実に「人生観」を変える出来事に遭遇することがあります。

私が看護師として働いている中で「人生観」がどう変わったのか、5個の出来事の詳細と共にお話ししましょう。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やっぱり「お金」は大事!

そんな下世話な話と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、看護師を続ければ続けるほど、この思いは強くなります。

例えば、交通事故で全身に何か所もの骨折をした患者さん。

相手側の落ち度が100%であったにもかかわらず、加害者からの保証は一切なく、障害が残ってしまったため仕事を解雇され、収入もまったく無くなりました。

しかも奥様は妊娠中であり、この先どうしたらよいのかと、途方に暮れる毎日。

このような理不尽な目にあう患者さん、意外に少なくありません。

他にも、入院費が支払えずに病院を脱走した患者さん、治療費の支払いでもめて大喧嘩する家族、経済的な理由から本当に受けたい治療を受けられず、泣く泣くあきらめる人たちなどを何人もみてきました。

経済的余裕がなければ、精神的に追い詰められて、もめごとを起こしやすくなり、治療に専念できなくなるだけでなく、治療の選択肢そのものも狭まります。

医療保険に加入していないのであれば、せめて貯金はきちんとするなどの対策を講じておくべきです。

病気に立ち向かうには「ほどほど」が一番!

病気を指摘された時「頑張って治そう!」と、前向きに立ち向かう決意をすることは、むしろ好ましいことです。

けれども、その思いが強すぎて、中には暴走してしまう人も。

ある40代女性は、自分の病気について熱心に勉強し、多くの知識を身に着けていました。

しかし、それが逆に彼女を疑心暗鬼にさせてしまったようです。

医師から何度説明を受けても納得できず、毎回、診察後に看護師を呼び止め、1時間以上、再度の説明を求めるようになりました。

それでも納得できず、セカンドオピニオンを求めて病院を転々と渡り歩いた挙句、ついには民間療法に頼るように。

数年後、再び当院を訪れた際には、手の施しようがない状態にまで悪化していました。

逆の場合も…

逆に「無関心」「無責任」な方向へ暴走してしまうケースも問題です。

糖尿病の男性患者さんの口癖は「もう治ったから大丈夫」。

通院の約束は守らないし、お酒は毎日飲むけど、薬を飲み忘れることはしょっちゅうです。

あまりの不摂生に入院をすすめても、一向に応じません。

最終的には、網膜症が悪化して失明し、片足を切断する事態にまで悪化させてしまいました。

頑張りすぎても、頑張らなさ過ぎてもダメ。

病気を理解し、立ち向かおうとする意志は持ちながらもやれることをやったら、あとは病院にお任せするという寛容さも大事だと私は思います。

何事も「ほどほど」が一番なのではないでしょうか。

「家族」を当てにしすぎてはいけない!

「家族」は病気になった時、精神的にも肉体的にも自分を支えてくれるありがたい存在です。

しかし、中にはそれを拒否する「家族」もいらっしゃいます。

豪華な個室に滞在されていた会社経営者の年配女性。

会社関係者は頻繁に来院されますが、家族の方がお見舞いに来られることは、まったくと言っていいほどありませんでした。

一度、容体が悪化した際に連絡したのですが、「病院にお任せします」と、けんもほろろの対応。

それどころか、いよいよ死期が近いとなると一斉に現れて、相続に関する書類に印鑑を押すよう迫った挙句、用事がすむと逃げるように帰ってしましました。

ここまで極端な例でなくても、半身不随になった70代の母親の面倒を誰が見るかで、もめにもめている家族や年末年始に老人ホームの入所者さんを誰も迎えに来ない現状など「家族だからといってすべて受け入れられるわけではない」という現実を幾度も突き付けられてきました。

せめて、自分自身は家族を当てにしすぎないよう「自身の健康を維持する努力」「家族との関係を良好に保つ努力」「家族に負担をかけない努力」を怠るまいと感じさせられましたね。

人に愛される人が、やっぱり得をする!

患者さんにもいろんなタイプの方がいらっしゃいます。

例えば、いつも文句を言う方、大声で騒ぎ立てて自分の意見を通す方などは、一見、自分の主張を押し通すことで、得をしているように見えますが、彼らが自分の希望がかなったことを喜んでいるのを見たことがありません。

それどころか、別の新たな不満を見つけて、一日中不機嫌な顔をしています。

逆に、文句を言わない方、他の人に感謝のできる方、他の人を思いやれる方は一見、我慢ばかりして損しているように見えますが、なんだかいつも幸せそうで、楽しそうに見えます。

治療や看護に関わる医療従事者も、やはり人間ですので、こんな人のためになら頑張ろうと思いますし、実際、頑張ってしまうもの。

結果的に得られるものは、文句の多い方よりもずっと多いのではないでしょうか。

やっぱり、人に愛される人が、結局は得をするんですよね。

ある医師が亡くなる前に残してくださった思い

私が以前いた病院で一緒に働かせていただいた、とても素晴らしい医師についてのお話です。

いつも、患者さんのことを第一に考えていらっしゃいましたね。

優しくて穏やかでしたけれども、仕事には厳しくて特に患者さんにご迷惑をかけるようなことは、絶対に許さないような方でした。

朝早くから出勤して、患者さんのベッドサイドで、直接患者さんと対話されるのが日課となっており大勢の患者さんから、まるで神様のように崇拝され、慕われていました。

廊下で先生の手を握って「ありがとう、ありがとう」と何度も言いながら涙を流している患者さんを見たこともあります。

先生の姿を見るたびに「私も頑張らなければ」と身の引き締まる思いがしましたし先生に褒めていただけると、とてつもなく嬉しかったのを覚えています。

そんな先生が、ある日体調を崩されました。

病名は「肺癌」。

手術を受けて、職場に復帰され、何事もなかったかのように診察を続けておられましたが、そのわずか数か月後、多くの人たちの願いもむなしく、帰らぬ人となりました。

お葬式には、会場に入り切れないほどの人が集まり、あちこちですすり泣く声が聞こえ、普段はけっして感情を表に出さない師長さんが、人目もはばからず号泣していたことが印象に残っています。

あれから数年の月日が経ちました。

ある看護師さんは、つらい時や負けそうな時には、先生の顔を思い出し、頑張ろうと思うのだと語っていました。

また別の看護師さんは、迷った時は「先生ならどうするだろう」と考えるのだそうです。

忙しすぎて、みんなの心が折れそうになった時「先生が見てらっしゃるよ!」と全員に声をかけた主任さんもいらっしゃいました。

亡くなられてもなお、先生の思いは私たちの中に生き続けている、そんな気がします。

その思いに恥じぬよう、これからも先生に認められる看護師を目指して頑張っていきたいと思います。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

最後に

いかがでしょうか。

看護師は、いろんな人の人生の深い部分を垣間見ることができるお仕事でもあります。

そんな中から、私なりに学んできた「人生観」が、みなさんの心に響くものになれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい

今がチャンス!非公開求人あります
マイナビ看護師で確認 >