看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。

患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。

なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?

医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。

看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。

このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。

今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。

看護師の仕事ってどれくらいチームワークって大事なの?

看護師にとってチームワークはどれほど大切なのか説明していきます。

チームワークが良いことで業務や人間関係にどのような影響を与えやすいかということを元に説明していきたいと思います。

情報の共有や共通のルール

医療の中ではチーム間での情報共有は大切です。

看護師は患者さんの情報や医師からの治療・検査の指示などたくさんの情報の中で業務を行っています。

治療目標や看護ケアの情報などそれらを元にスタッフが共通のやり方で行うことで業務がスムーズに行われます。

情報の共有ができていないと色々な部分でミスが起こったり、業務が回らなくなったりしてしまうのです。

また、患者さん自身にも迷惑をかけてしまうこともあるので、看護師間でのチームワークには情報共有は大切なのです。

情報共有をきちんと行うことでチームワークも向上していきます。

目標の統一

看護師が働く中ではチームワークは大切です。

その部署それぞれに目標があります。

その目標に向かってチームで協力して仕事を行っていきます。

目標について理解していなければチームの輪が乱れてしまいます。

看護師は1人で仕事を行っていくことはできません。

他のスタッフと協力しながら行う必要があるため、チームワークは大切です。

それぞれが目標や目的意識をはっきりして業務を行うことでチーム全体に統一感が生まれます。

他職種との連携

医療では看護師だけで働いているわけではありません。

医師、薬剤師、栄養士、理学療法士や言語療法士、検査技師、看護助手、クラークや事務スタッフなど多くの職種の人と協力して業務を行っています。

これらの多くの職種の人と関わる必要があるので、看護師間だけでなく他種職の人とのチームワークが必要となります。

患者さんの情報を共有することはもちろん、他の職種の人と関わる中で看護師の価値観だけでなく広い視野で仕事を行う必要があります。

他の職種の人との連携もチームワーク医療を行う大切な役割でもあります。

質の高い医療

チームワークが高いと質の高い医療や看護を行うことができます。

チームのスタッフとさまざまな情報交換を行うことで自分が知らない、見えていなかった情報や知識を知ることができます。

看護師として視野を広げることは大切です。

また、知識だけでなくチーム全体の協力や役割がしっかりしていると効率も良くなります。

役割りもしっかりしている新人の教育などもきちんとでき、フォロー体制も充実することができます。

チーム全体がまとまることで患者さんにも質の高い看護が提供できるのです。

また、他種職の人との連携や情報共有を行うことで様々な角度から看護できるため医療の質も上がります。

看護師間だけでなく他の職種とのチームワークも大切なのです。

視野を広げる

看護師をしていると感じますが、看護師や医療スタッフはそれぞれ違う視野を持っています。

看護師を長く続けていれば、どんどん医療の現場は新しくなっていきます。

自分1人での考え方に固執してしまうと情報についていけなくなってしまったり、視野が狭くなっていきます。

多くの人と関わることで自分にはない視野や感覚を養うことができます。

チームワークを高めるためには、チーム間で様々な情報を交換し意見を述べます。

そのため、自分には無いことに気付けたり、相手がこのように考えていることに気付くことができます。

チームワークを高めることで自分の視野を広げるきっかけや成長するきっかけになるのです。

業務の効率化

チームワークが高いとコミュニケーションの取り方も上手くなっていきます。

「こういう時は確認をするようにしよう。」

「報告・連絡・相談は徹底すること。」

「迷ったら先輩に相談する。」

チーム内できちんと決めることでまとまります。

また、新人ナースも先輩に指導して貰いやすい環境であるとも言えます。

チームワークを高めることで業務の効率は格段に上がります。

迷いながら業務を行うより、分からないときや迷う時は先輩に相談し、協力して行うと新人も育ち、業務もスムーズですよね。

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

チームワークを強化するためにやるべきことについて私なりにまとめてみました。

実際に看護師として働く中で大切だと感じる部分をあげていきたいと思います。

コミュニケーション

チーム間でのコミュニケーションをしっかりとることは重要です。

プライベートでも仲良くしましょうと言うわけではなく、仕事を行う中で相談しやすい関係作りが大切です。

新人から「あの先輩は怖いし、すぐ起こるから話しかけづらい。」と思われたり、先輩は「あの新人は全然報告しないし、仕事できない。礼儀もないから関わりたくない。」などという雰囲気があればチームワークが良くなることはありませんよね。

何か思うことはあると思いますが、相手と話もしないで決めつけるのは良くありません。

看護師である以上、業務中には報告・連絡・相談は大切なことです。

先輩看護師は自分の仕事もありますが、後輩のフォローや指導をきちんと行うことでチームの雰囲気も良くなります。

後輩の看護師は先輩からのフォローや指導に感謝し向上心を持って仕事をすることは大切です。

挨拶や礼儀もきちんと行うこともコミュニケーションの一部です。

お互いが気持ちよく仕事をできるように意識するということもチームワークには必要なことなのです。

情報共有

情報をきちんと共有することはチーム間では大切です。

チーム間で共通の情報がされていないと患者さんへの看護や治療にミスが起こる可能性もあります。

仕事をする前にはきちんと全員で確認し、伝達を行います。

業務中に変更等あれば優先順位をきちんと考え報告を行う必要があります。

また、チームの情報の共有の仕方も大切です。

きちんとみんなが共有できるようにまとめることが大切です。

情報共有がされていないと業務の効率も落ちますし、チームワークも悪くなってしまいます。

「自分は報告を受けていない。知らない。」という状況ができると不満に思う人もでてきます。

このように情報共有の仕方ひとつで人間関係にも影響が出てしまう可能性もあるのです。

業務のルール管理

業務を行う上ではある一定のルールも必要です。

ルールがあることでチームワークも向上し、共通の仕方で業務を行うことができます。

こういう時はこのやり方でいこうというチームのやり方があると統一した看護を行うことができます。

看護師はチームワークが必要な仕事なので、自分1人の独断で仕事を行うとチームワークを乱してしまします。

チーム間でのミーティング

看護師として働いているとミーティングを行う機会が多いです。

なぜミーティングをする必要があるのでしょうか?

それは、患者さんの情報を共有することももちろんですが、何か問題が起こった時にしっかり解決するためです。

チーム内で問題が起こった時にはみんなで話し合うようにしています。

自分達で問題視することでチームの結束力も向上しますし、統一化もできます。

看護師でミーティングが多いのはタイムリーに問題を解決し、業務に反映させるためとチームワークの向上を図る為でもあるのです。

チームワークが不十分だとこんなことも・・・

ここではチームワーク不足が原因で起きやすい出来事についてご紹介していきたいと思います。

医療の現場ではチームワークが不十分だと自分達だけでなく患者さんや他の職種にも迷惑をかけてしまうことがあります。

チームワークの重要性をつなぎ合わせてみてみてください。

アクシデント・インシデント

医療現場では日々、インシデントやアクシデントが起こっています。

さまざまな職種が関わることや患者さん自身の行動によってこれらは引き起こされます。

例えば、本日手術予定の患者さんがいました。

医師より絶食の指示がでいるにも関わらず、看護師は配膳の管理をし忘れていました。

手術当日、手術があるということは伝達していましたが配膳については特に看護師間、配膳を配る看護助手に伝達を行っていませんでした。

普段通り、配膳し、患者さんは朝食を摂取。

看護師が手術の準備で部屋を訪れた際に、患者さんは食事をしていることに気付きました。

患者さんは「手術があるのは知っていた。食事も食べないようにと言われていた気がしたが出されたので食べていいと思って食べたよ。」と言いました。

このことで手術は中止、後日に延期となってしまいました。

このようにきちんと伝達や報告を行わないことでアクシデントは発生してしまいます。

元々のミスは担当の看護師が配膳を止めておかなかったことが原因です。

しかし、手術予定でこの患者さんは朝食はストップという確認や情報共有を行っていれば防げたアクシデントかもしれません。

このことにより患者さんだけでなく、医師や手術室のスタッフにも迷惑をかけてしまう結果となります。

看護師の日々の業務ではチーム間での情報共有や確認を徹底しているのはアクシデントやインシデントを防ぐためでもあるのです。

また、チームワーク強化のためにアクシデント・インシデントへから視野の広くもつことや危険予知トレーニングなども行っているのです。

情報共有ミス

医療現場では、情報共有はとても重要です。

看護師の業務は患者さんの看護ケア、検査、治療など多くの情報を元に業務を行っています。

同じチームの中できちんと情報共有を行わないとミスは必ず起こります。

例えば、リハビリスタッフから患者さんのリハビリ時間の変更の連絡がありました。

現場は慌ただしかったことや予定の時間までまだ余裕があったため、担当の看護師には後で伝えようと思いました。

業務が多忙のため、連絡を受けた看護師は担当看護師に伝えることを忘れていました。

担当看護師は報告を受けていないため、変更前の時間に患者さんをリハビリ室へ移送を行いました。

すると、リハビリスタッフより「先ほどリハビリ時間を変更の電話をかけたのですが・・・」と言われました。

このように情報共有をきちんと行わないことによりミスが起こってしまいます。

医療現場では看護師単独で仕事をしているわけではありません。

色んな人が協力しながら行い、業務の中でも色んな出来事が変更したりすることもあります。

その都度、情報共有を大切にしていく必要があるのです。

また、一定のルールも医療現場では存在しているのでそのルールを守ることも大切です。

業務の効率が下がる

チームワークがきちんとされていない現場では、効率は下がります。

自分勝手に動くことで周りのスタッフにも迷惑がかかってしまうのです。

自分が良かれと思ってしてしまったことでも時にはそれが業務の妨げになってしまうので注意が必要です。

例えば、清拭用のバケツが廊下に出ていた。

まわりを見ると誰も使っていないようだったので特に確認せずに片付けた。

すると、患者さんのお手洗いの付き添いから出てきた看護師が清拭用のバケツが片付けられていることに気付いた。

今から清拭をしようとする準備中だったようでまた初めから準備をしなければならなくなってしまいました。

自分にとって良かれと思ってしたことも、実は業務の妨げになってしまうことは小さなことでも多くあります。

きちんと声掛けや確認を行い、業務を行う必要があります。

また、連絡の行き違いや報告し忘れによっても業務の効率は下がりやすいので注意が必要です。

コミュニケーション不足によるミス

コミュニケーション不足によってもチームワークは下がります。

「このことは伝えなくても分かるよね。」と思ったことでも相手には伝わっていないことは多々あります。

また、話しかけづらい人や雰囲気だから伝えるのをやめることで業務のミスに繋がります。

例えば、患者さんから「この時間は着替えをしているからカーテンを開けるときには声をかけて入ってほしい。」という要望がありました。

担当看護師は「みんな声をかけるようにしているから特に言わなくても分かるよね。」という気持ちや「先輩看護師が話しかけづらいからわざわざこういうことは報告しなくていいよね。」という気持ちから伝達をしませんでした。

すると、後日別の看護師が患者さんに関わる時に「この前も言ったけど」と患者さんは怒られました。

自分の中では「言わなくてもみんな分かっている」と判断することや「言いづらい先輩だから報告しない」ということは医療の現場ではあってはならないことです。

自分1人で判断するのではなく、相談や報告をすることは大切なのです。

普段からコミュニケーションを取らないと報告・連絡・相談はしづらいのです。

苦手という理由からしなくても良いという理由にはなりません。

対人関係

コミュニケーションやチームワークが悪いと対人関係にも問題が起こります。

仕事をしている時にミスが増えたり、きちんと報告ができないと個人やそのチームの評価も悪くなってしまいます。

ここのチームは言ってもきちんと業務ができない、協力して行えないと周りからの評価も下がります。

医療はチームワークを行いながら仕事をしています。

他の職種や他のチームと上手くいかないと信頼関係も悪化し、チーム力も下がります。

個人の評価だけでなく、チームにも影響を起こしてしまうこともあるのです。

チーム力を上げるためには対人関係の確立も重要な役割なのです。

まとめ

看護師のチームワークの大切さについてお話をしてみました。

看護師で働いているとチームワークというのは当たり前に感じてしまいがちです。

しかし、チームワークを高めようとしているかというとそうではないこともあります。

チーム医療は当たり前と思いがちだからこそチームワークについて考えることは大切です。

今回は、チームワークが大切な意味やチームワークを良くするための方法などについてお話しました。

看護師として働く中でチームワークの必要さについて理解し、活かすことができるきっかけになればと思います。


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外