看護師の転職なんていくらでもあります。

現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。

資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。

今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。

私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。

看護師が50代で転職する人は多い?

看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。

病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。

30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。

確かに看護師という職業は年代問わず優遇される職業ではあると言われていますが、状況によっては難しいかもしれません。

そもそも50代という年齢はかなり中堅として扱われます。

クリニックの場合でしたら閉鎖という事も考えられるため普通ですが、それ以外はどんな理由があるというのでしょうね?

よくある転職理由

50代で転職される場合、ある種珍しいケースとも言えるかもしれません。

年代的に取ってもらえるかどうか、そこも重要ですからね。

どういう理由で転職をされるか、色んな例をお伝えしていきましょう。

特殊ケース

病院の閉鎖、もしくは旦那の転勤です。

これは一番よくある話だと思って下さい。

クリニックが閉鎖するというのはあるんですよ。

病院と異なり、クリニックというのは医師が1人でやっている状態になります。

それ故院長が継続出来るような状態でないと判断されてした場合、従業員が働けるなど関係なく職を失ってしまうのです。

基本的に医師は結婚している方が多いのですが、跡継ぎがいるかいないかにもよります。

跡継ぎがいるのであれば病院を継続する事も可能なのですが、跡継ぎがまだ医大を卒業していない、跡継ぎが自分の娘婿だったがその前に離婚をしてしまったというケースがありますよ。

大体クリニックの場合は血族が継ぎますからね。

残念ながら自分の意志ではなく、強制的に辞めなければいけなかったということです。

転勤に関してはよほど遠い県でなければ良いかもしれませんが、旦那さんの転勤となるとさすがに1人で行かせるのもどうなんだという話ですからね。

実話で中堅の看護師が旦那の転勤によって辞めてしまったという例はいくつかあります。

給料問題

看護師ならではの話ですが、もっと給料が欲しいと考える人もいます。

求人広告では待遇などに関して、良い条件をもらえる所もありますしね。

どんなに人間関係が良かったとしても、辞めてしまったという方も多いです。

ただこれは実際にあった話ですが、転職先の給料が良かったものの人間関係がめちゃくちゃ悪くて後悔したという方もいます。

こういうケースはどうしようもなくあまり良い辞め方ではないため、元にいた場所に戻る事は出来ません。

給料で考えてしまう方は、目先の欲にとらわれてしまうという見方をされてしまうでしょう。

30代、40代ならともかく、50代でそういう理由となると、相手側も良い顔をしないですよ。

体力的な問題

看護師というのは体力勝負の仕事でもあります。

それ故しんどいという方も結構いるんですよ。

年齢的な問題も大きいのですが、正直50代以上の看護師ってそんなにいない気がする。

正確に言うと病院で看護師という事ですね。

私自身何回か入院病棟などに足を運ぶことがあったのですが、比較的若い看護師が多かったです。

大体20代~40代くらいかもしれません。

偶然かもしれませんがいつくかの病院を見てきたので、市長やトップの人間でないと診ない可能性が高いです。

病院勤務の場合夜勤をしなければいけないので、さすがに体力がキツイと考えたのでしょうか。

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと

本当に転職しても良いか、50代の場合は簡単にしない方が良いですよ。

病院が閉鎖してしまい、また夫の転勤によってついていかなければならなくなってしまったという場合でなければ辞める事はできません。

どうしてもの場合は仕方がないとしても、転職する際のデメリットに関しては大体共通する部分がいつかあります。

状況によっては何故転職をしたのか意味が分からないと嘆く可能性も考えられますよ。

収入が下がる

転職のデメリットは収入が下がってしまうことでしょうか。

元々他の所で引き抜きをされていた場合であれば、収入が下がるような事はありません。

看護師長など何かの役職に就いていた経歴がある方も優遇される可能性が高いです。

役職というのはとても重要ですよ!

50代で職を転々としていた方の場合は、残念ながら相手先から信用される事はなく、採用してもらうのは難しくなるでしょう。

旦那の転勤などはともかく看護師は離婚率がとても高いため、結構転々されている方もいます。

人間関係

転職した際一からやり直し状態になってしまうため、自分が上の立場としてふるまう事は出来ません。

年齢的にはかも知れませんが、新しい部署に入った場合自分が下の立場になります。

年下ばかりだからと言って、上から目線になってしまうと嫌な顔をされるのは必然的です。

性格的な問題もあるのですが、協調性のある方ですとみんなと打ち解けるのも早いでしょう。

現在人間関係が上手く出来ていないと感じている方は、おすすめしにくいですね。

そういう方はどこにいっても同じですよ。

人間関係というのは自分で何とかしなければいけません。

確かに仕事が出来ないなどの問題になってくると仕方がない事でもあるのですが、自分が何とかすればうまくいくものですよ。

体力面

入院病棟のある病院は当然ですが、クリニックに関して体力的にキツイ場所はありますよ。

耳鼻咽喉科、透析内科は精神と体力を酷使します。

看護師というのは体力的な仕事も多いので、若い頃は夜勤が出来ていたとしても、今は体が大分応えてしまう事でしょう。

そういう面を考えていくと長く勤められる場所というのは特定され、クリニックに集中する事が多くなります。

個人経営のクリニックであれば診療時間は限られているので、そこまでしんどくはないでしょうしね。

皮膚科、内科などであれば50代で働いている方も多いのですが、本当に場所によって病院並みに働かないといけませんので注意して下さい。

体力面に関しては結構苦痛に感じる方もたくさんおられますので、転職される際は仕事内容に関して聞いてみましょう。

何せ体力面に関してはあくまでも個人の感想でしかありませんので、やってみなければわからないものなんですよね。

家庭も両立できる方が良いかも考える

現在結婚されていない方も多いのですが、家庭を持たれている方は両立が出来るのかどうか考えましょう。

別にそこまで問題視されるような事かと言われると、正直微妙なんですよね。

何故なら50代だからです。

50代と考えるとある程度子供も自立しており、旦那も特に気にしない方がいます。

毎日でしたら問題ですが、別に気にしないという方もいるんですよ。

最近では自分で料理されたり、たまには外食したいという旦那や子供もいますので、食事に関してはそこまでかもしれませんよ。

さすがに毎食になってしまうとかなり問題はあります。

子供が自立している年齢であるため、ある程度好きにさせる事は可能です。

仕事ばかりしているような方ですと、家庭がぐちゃぐちゃになってしまう事もあるので、ある程度は働き方を考えて下さい。

自分が何の為に働くかも考えておく

これは転職者全てに言えることでもあるのですが、何のために働くかは頭に叩き込んでおいて下さい。

どういう事かと申しますと、転職される場合結構趣旨がブレブレになってしまう方もいるんですよ。

趣旨がブレブレになるとはどういうことかと申しますと、最初は体力的に楽な所を探していたのに給料が安いから別の高い所を探すという方本当に多いです!

そのせいで良い所に就職したと言っても通勤が遠すぎてしまったり、残業をしなければいけないような所になってしまったりなど、よくあります。

男性はそうでもないのですが、女性の場合は感情を重視されている事が多いので、冷静に考えられない方もいますね。

最初の目的から変更する事はあるので、事前に目的だけはしっかり決めておいて下さい!

冷静な方はともかく傲慢な性格の方ですと、後から痛い目を見る事も少なくはありません。

転職するにあたっての必要な心構え

正直な話を申しますが、50代で転職をすると言うのは相当デメリットがあることになります。

そのため転職先も50代と聞くと、嫌がる所も少なくありません。

今の自分には昔ほどの価値はないと思って下さい。

よほど人手不足でないととってもらうことはないでしょう。

年齢で判断されるケースもある

厳しい話ですが、50代の看護師を採用するというのは結構リスクがあることなのです。

そのため私が昔働いていたクリニックでは50代の方を採用する事はありませんでした。

理由としては体力的な問題、辞めた経緯などによって判断されてしまうという事ですね。

私はキャリアもあると思うかもしれませんが、前職と同じ科であれば問題はないでしょう。

新しい物を覚えるというのは誰でも大変な事です。

そして年齢的に50代というのは、新しい事を覚えられるかどうか微妙な年齢でもあります。

自分なら出来ると思っている方もいるかもしれませんが、病院が求めているのは即戦力ですかね。

落ちる可能性は高いと思っておこう

厳しい話ですが、年齢で落とされることはあるとお話はさせて頂きました。

単純に年齢だけでしたら落とされる可能性は高いです。

しかし、年齢だけの問題ではなくキャリアもあると思って下さい。

別の場所で看護師長や副看護師長にまで上り詰めた方であれば優遇されるケースは高いです。

実力がある人間なので、ある程度年齢が行っていても指導者として資格があるということですからね。

ただ何もない人間というのは、転職後はかなり厳しい現実であると考えて下さい。

50代まで行くと、もうその場所でキャリアを積んだ方が正解とも言えます。

自分は現在の立場は下であると認識をしておく

下という言い方はわるいかもしれませんが、新人であるという自覚を持ちましょう。

どんなにキャリアがある人間とは言え、入ってきてそうそう偉そうな顔をされたら誰でもいやですよね?

全部相手に従えとは言いません。

やり方が違うのも理解は出来ますが科によって異なりますので、自分が全て正しいとは思わないようにしましょう。

先輩方に自分のやり方を意見するのは、ある程度慣れてからの方がよいですね。

覚えなければいけない事が多い

当然ですが覚えなければいけない事が多いとは思っておきましょう。

看護師だからとは言え、全ての病気に関して精通している訳でもないですよね?

初めての事もあるでしょうし、覚えなければいけない事が多いです。

私が昔勤めていたクリニックで、休憩中勉強されていた方がいました。

その方はクリニックに勤めるのは初めてではないが、今まで違う分野でやってきていたため、勉強しないと追いつかないと話していましたね。

看護師が別の分野のことを勉強をしなければいけないほどだと、考えさせられた場面と言っても良いかもしれません。

給料に関しては別の所も見る

給料って基本給だけの話ではないでしょう?

ボーナスなども一緒になったものだと考えなければなりません。

よく基本給だけしか見ておらず、後で損した!という方も多いんですよ。

福利厚生の面で言うと、特に問題はありません。

病院は福利厚生がしっかりしている所が多いので、ボーナスがないような所ですと問題視されるケースも考えられます。

基本給だけにとらわれず、ボーナスに関して必ず確認しておいて下さい。

結構ボーナス面で考えたら損してしまったという方もいるんですよ!

まとめ

転職というのは何かしらデメリットはつきものです。

若い年齢ですとリカバリーはしやすいのですが、ある程度の年齢に達してしまうと悪化していくだけですね。

看護師だけに限ったことではないのですが、どんなに経験があっても年齢によって無理と断られてしまうことが多いんですよ。

現在転職を考えておられる方は、よほどな理由がない限りしないことをおすすめ致します。

体力的に特に問題がない場合はそのままの場所で続けておられる方が良いでしょう。


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か