看護師になるにはどのようなことをすれば良いのか、この記事で詳しく知っておきましょう!

看護師の需要がますます増している日本では近年、看護師免許を取得する人が増加傾向にあります。

この記事では、そんな看護職を目指す人に向けて「看護師の資格はどうやって取得するのか?」「どれくらい時間がかかるのか?」などの気になる疑問にお答えしていきます。

上手な病院選びについても解説していくので、看護師免許を活かして転職したい方も必見ですよ。

看護師になるには?

看護師になるためには、正看護師であれば3年、准看護師であれば2年は勉強に費やす必要があります。

まず座学で人体についての基礎知識を身につけて演習で基本的な看護技術を学び、看護師に最も必要なアセスメント能力の基礎をつけてからいよいよ実習に臨むことになります。

実習では成人・老年・小児・母性・精神といった分野ごとにそれぞれ病棟や施設で実践的に看護実践を行います。

この期間を長いと思うか短いと思うかは人それぞれですが、人の命を預かる職業に就くにはそれなりの時間が必要となります。

この期間を乗り越えるには、自身がどのような看護師になりたいか、どういう病院に勤務したいかを考えて目標を持つことが大切です。

理想とする看護師像がなかったり勤務したい病院が決まっていない人でも、「看護師になる」という気持ちを持ち続けましょう。

看護師免許を取得するための実習や勉強は予想以上に大変です。

人の命を預かる職業なので、大変なのは当たり前です。

自身の目標が、これから看護師免許を取得するまでの厳しい道のりの支えになるでしょう。

人気の資格、看護師とは?

看護師の多くは病院で働いていますが、他にもクリニックや施設など様々な場所で活躍することができます。

業務内容は主に診察の補助と、対象者の日常生活の援助です。

馴染みのある検温などの体調管理から採血、点滴の管理、日常生活で必要な介助など多岐にわたり、働く場所によっても業務内容が変わってくることがあります。

しかしどこで働いていても変わらないのが、「個人や家族の最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活を送れるよう援助すること」が看護師の本質だということです。

看護師は元々女性のなりたい職業して人気でしたが、近年では男性看護師も増えてきています。

精神科や整形外科等の患者さんを抱える機会が多い病院では男性看護師の方が多いこともあります。

看護師の受験資格

看護師になるためには、まず看護師免許の受験資格を取得する必要があります。

看護師は、国家資格の看護師免許を持つ「正看護師」と、都道府県知事が発行する免許を持つ「准看護師」の二つに分かれます。

正看護師になるためには「高校過程卒業後に看護師の総合カリキュラムを3年間(大学では4年間)学ぶこと」で看護師免許の受験資格を得て、年に1回行われる看護師国家試験に合格すれば免許を取得できます。

一方で准看護師は、「中学校卒業後に養成学校で2年間学ぶこと」で受験資格が得られる免許です。

准看護師試験は各都道府県ごとに行われており、それぞれに受験日が異なるため複数回の受験も可能です。

正看護師の資格取得ルート

看護師の免許取得には複数のルートがあります。

正看護師になるには、高等学校を卒業し3年制の専門学校か4年生の大学に入り看護師の教育課程を履修しなければなりません。

中卒で正看護師を目指す方は、後述の准看護師を取得後に看護師養成所に入ったり、看護に関する学科のある高等学校で5年間学ぶ方法があります。

資格取得ルート1:高等学校卒業後に大学、専門学校に入る場合

正看護師を目指す時に最も一般的な方法は、高校卒業後に4年生の大学に入るか、3年制の専門学校に入ることです。

どちらも国公立と私立とでは最終的にかかる費用は倍ほど違うこともありますが、4年制である分大学のほうがお金がかかります。

専門学校は大学よりも短期間で資格取得を目指せる分、3年間で全ての教育を受ける必要があるのでやや多忙です。

大学では看護師以外にも選択で保健師や助産師の免許を取得できることもあり、将来の選択肢を増やせるという利点があります。

資格取得ルート2:中学校卒業後に看護学科のある高等学校に入る場合

前述の大学や専門学校に入るには、最終学歴が高卒でなくてはいけません。

しかし中卒の方でも正看護師になれる方法があります。

幾つかやり方がありますが、中でも看護に関する学科のある高等学校に入学し5年間学ぶのが最も早く正看護師になる方法です。

「将来は絶対に看護師になりたい!」「早く現場に出て沢山の経験を積みたい!」と考える場合におすすめの取得ルートです。

資格取得ルート3:准看護師免許を取得後に正看護師免許を取る場合

既に准看護師資格を持っている方がステップアップとして正看護師になりたい場合は、看護師養成所で2年間学ぶことで看護師国家試験の受験資格が得られます。

そこで合格すると、正看護師として働くことができます。

この養成所も准看護師養成所と同じく全日制や半日制など様々なスタイルの学校があるので、働きながら学ぶことも可能です。

もし現在医療機関などで准看護師として働いている場合は、職場で資格取得のためのサポートをしてもらえることもあります。

これから正看護師へのステップアップを考えている方は、一度職場に相談してみることをおすすめします。

准看護師の資格取得ルート

准看護師になるには、准看護師養成学校か高等学校の衛生科に入り教育課程を履修する必要があります。

資格取得ルート1:准看護師養成学校に入る場合

准看護師の免許取得には准看護師養成学校を受験する必要があり、中学校を卒業していることが要件です。

受験の問題は中学校卒業程度の内容となります。

准看護師養成学校で2年間学ぶことで、准看護師の資格試験を受けることができます。

正看護師と比べて資格取得までの期間も短く、費用も抑えられることが特徴です。

既に別の職業で働いていて看護師を目指す方も多くいますが、養成所によっては昼間だけでなく夜間や午後に授業を行うところもあるので、働きながら資格取得を目指すことができます。

資格取得ルート2:高等学校衛生科に入る場合

中学校卒業後に准看護師養成課程を持つ衛生科のある高等学校を受験するという方法もあります。

こちらも同じく必要な教育課程を経た後に各都道府県ごとの試験を受け、合格すれば准看護師の資格を得ることができます。

准看護師養成学校よりも機関が1年長くなるため、じっくりと学びたいという方に向いているルートです。

看護師の合格率はどれくらい?

看護師国家試験の合格率は思ったよりも高いです。

2017年の看護師国家試験の合格率は88.5%です。

今までの国家試験で最も合格率が高かったのは2013年の第100回看護師国家試験の91.6%です。

学校でしっかり勉強して実習もきちんとこなせれば、ほぼ確実に看護師の免許を取得することができます。

ただし単純に自分の得意分野だけ点数を取れれば良いのではありません。

看護師の国家試験では「必修問題」「一般問題」「状況設定問題」があり、この内「必修問題」の80%を正解しなければ、他でどれだけ点数を取れていても不合格になります。

そのため、得意分野だけではなく一通りのことをある程度勉強する必要があります。

看護師の就職先や募集状況は?

看護師の免許を取って次に考えることは就職先ですよね。

やはり看護師の就職先として一番に思い浮かぶのは「病院」ではないでしょうか。

病院の看護師求人は確かに一番多いですが、他にも看護師が働く場所には様々な種類があります。

高齢者施設や保育園でも看護師は働いていますし、訪問看護や障害者施設など沢山の就職先があります。

どのような就職先があり、それぞれにどのような特徴があるのかご紹介します。

看護師の主な就職先

看護師の主な就職先は第一に病院です。

病院と一言で言っても様々な病院があります。

大規模病院から小さいクリニックまで規模や病院の機能、病床数、診療科目など様々です。

看護師の免許を取得したからと言って誰しもが大規模病院で働くことを目標にしているわけではないでしょう。

自分の生活習慣に合わせた時間で働きたい人や看護師と他の仕事とを両立したい人、がっつりと働いて稼ぎたい人もいるでしょう。

数多くある就職先の中でどのようなところにどのような就職ポイントがあるのかご紹介します。

正職員としてバリバリ働いて経験を積みたい人向け

正社員でしっかり働きながら自分のスキルを上げたい人は「大規模から中規模病院」がおすすめです。

大規模から中規模病院は看護師を育てる環境が整っています。

先輩看護師が一人一人に付いて指導するプリセプター制度や、医療に関する様々な勉強会があります。

患者さんの重症度としては重いものが多いので他では得られない経験ができ、看護師として成長することができます。

専門看護師や認定看護師の教育制度もあるので、臨床経験を重ねた後に専門性を高めるサポートをしてくれます。

例えば癌患者さんや疼痛コントロールをつけている患者さんの終末期ケアに関わりたいと思う人は、緩和ケアや癌性疼痛看護といった認定資格があります。

他にも褥瘡やストーマのケアを専門に行う皮膚・排泄ケア、糖尿病・腎臓病専門の資格認定制度もあります。

ほぼ毎日手術が行われており、手術室看護師という役割もあります。

手術専門の看護師は術前の患者さんへの説明や術中の器材出しなどが主な仕事なので、病棟や外来看護師と比べると少し特殊です。

看護師と聞いて多くの人がイメージする日常的な患者さんのお世話をすることはなく、接する機会は手術に関わる時だけとなります。

そのため、カルテや医師からの情報収集を密に行うことが大切です。

どの手術にどの器具を使用するのか、どのような手順で手術を行うのかも一通り頭に入れておく必要があります。

更に手術中は何が起こるか分からないので、緊急時の対応をしっかり把握しておきましょう。

とても難しい部署なので、プリセプター制度がしっかりしている病院を選ぶと良いでしょう。

子育てや介護などある程度プライベート優先で働きたい人向け

子育てや介護をしている時は勤務中や勤務当日の朝にいきなり欠勤せざるを得ない状況になることも多いですよね。

そんな時は「クリニック」「デイサービス・高齢者施設」での仕事がおすすめです。

クリニックでは病院と違い患者さんの数で仕事量が異なり、場所によっては終業時間になっても診療が終わらず残業…ということもあります。

 しかしクリニックは日曜日や祝日、平日のどこか一日が休診日という所が多いので休みが取りやすく、職場環境によっては突然のお休みもお互い様という風潮があります。

高齢者施設は働き方を選べば日勤のみでの勤務も可能ですし、デイサービスは日中のみの仕事なので夜間は帰宅して育児や介護に専念することができます。

大抵複数の看護師が勤務しているので、その点では勤務を交代したりお休みが取れる環境です。

行事ごとや緊急時に休める環境にあるということは、子育てや介護をしながら看護師として働く人にとっては大きなメリットではないでしょうか。

夜間のみ働きながらしっかり収入を得たい人向け

夜間仕事をしながら昼間は自分の自由に過ごしたいと思う人も少なからずいるでしょう。

病院での夜間専従勤務はなかなかありません。

理由としては、病院では患者さんの状態が日々大幅に変わるため、夜間のみ看る看護師よりも1日を通して関われる看護師が求められるからです。

2交代の病院が増える中、昼間から継続して夜間の状態も観察できるように夜間専従勤務の求人は少ないのです。

では夜間専従の求人はどんな所に多いのかというと、「高齢者施設」です。

高齢者施設の利用者は主に状態の落ち着いている方です。

もちろん絶対に状態が変化しないということはありませんが急変することは多くはありませんし、医師の指示の下で病院への搬送が可能です。

また高齢者施設は増加傾向にあるため夜間専従の求人も最も多く、給料も比較的高くなります。

業務は日勤帯と違いトイレへの付き添いやオムツ交換などの作業が主です。

新卒看護師に人気の就職先はどのような所?

4月になると、他の企業と同様に看護師の求人も大幅に増加します。

新卒看護師が多く入社することで、長い目で見て力になってくれる看護師の育成をすることができるからです。

そんな数多くある求人から、新卒看護師におすすめな病院と、それぞれの特徴についてご紹介します。

多様な経験が積める大規模病院

まずおすすめなのは「大規模病院」です。

大規模病院のおすすめできるポイントは、豊富な臨床経験を得ることで看護師としてのスキルアップが充分にできるという点です。

「免許を取得した以上は看護師として一流になりたい」「どんな症例の患者さんでも看られるようになりたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

大規模病院の症例数は言うまでもなく豊富で、その分多くのことが経験でき様々な患者さんへの対応も学べるので、後々自分の看護への自信にも繋がります。

前述の通り教育制度も充実しているので、基礎からしっかりと身につけることができるところも新卒看護師には重要なポイントです。

どんな現場でも対応でき難しい症例でも症状を正確に観察できる看護師なんて、とても格好良いですよね。

研修制度が充実している病院

看護師は免許を取ればそれで終わりではありません。

これから医療が発展すると多くの研究成果が上がり、新しい疾患やその治療法が発見されるかもしれません。

看護師の仕事というのは「日々勉強」が必要なのです。

もちろん新卒看護師は学ぶことが人一倍あります。

研修制度が充実している病院は、そのほとんどが新卒看護師一人につき先輩看護師一人が指導するプリセプター制度が導入されています。

先輩看護師は日勤だけでなく早出や遅出・夜勤等の業務をしているので、ずっと新卒看護師がついていてくれるわけではありません。

しかし初めての職場で慣れない仕事をする中で、自分のことを一番理解してくれる先輩がいるということはとても心強いですよね。

また、研修制度の充実している病院は定期的に勉強会が開催されます。

その内容も、病態や新しく導入する治療薬、他の専門分野のリハビリや検査についてのことであったりと様々な勉強会があります。

何故他の分野のことも勉強するのかというと、患者さんの状態を観察し健康な状態に戻す業務を行うのは看護師だけではないからです。

医師や理学療法士、作業療法士、ケアマネージャー、栄養士と沢山の専門職の人が連携して、一人の患者さんに対してアプローチを行います。

その中で最も密に患者さんと触れ合う機会が多いのが「看護師」です。

日々の様子から患者さんが今一番何に困っているのか、何を一番してほしいのか情報を得ることができます。

看護師である自身に知識がないと、患者さんにどうアプローチすれば良いか、どのようにすれば快復に向かうのか「判断し多職種と連携を図る」ことができませんよね。

そこで、各職種の知識がある程度必要になってくるのです。

ゆっくりと地域医療に関わる

看護師になった人全員がバリバリ働くことを望んでいるわけではないはずです。

高校卒業後看護師になった人も、他の職種から看護師を目指して准看護師学校から看護師になった人も年齢は違えど「新卒看護師」です。

年齢が若ければ夜勤のある大規模病院での業務も苦ではないでしょう。

しかし、心身の状態や家庭の事情などからそれは難しいということもありますよね。

そんな方にはゆっくりと地域医療に関わりながら自分のペースで学んでいけるリニックや小規模病院がおすすめです。

その診療科でよくある疾患をまず覚えてしまえば日常の業務はこなせますし、大規模病院と違い診療科がある程度絞られているので的を絞って勉強もできます。

勉強をするなら大規模病院が良いと先に述べましたが、クリニックや小規模病院にいるからと言って全く勉強する機会がないわけではありません。

講習会や自分が外部の勉強会に参加することも多々あります。

大規模病院と違うところは勉強会の頻度です。

クリニックや小規模病院は1ヶ月~2ヶ月に1回~2回程度ですが、大規模病院は週単位で勉強会があります。

時間外に開催されることも多い勉強会は、あまり頻回だと負担ですよね。

他にも残業や夜勤が少ないという利点もあります。

これは家庭を持っている看護師にとってはメリットになると言えるでしょう。

看護師の働き口はどの程度あるの?

看護師の働き先は多種多様にあります。

病院だけではなくクリニック・健診センター・献血センター・保育園・学校・企業専門看護師など看護師の資格はどのような所でも使用できます。

看護師の資格を取ったから病院で働くことが当たり前ではありません。

自分の理想とする看護師になるために最も条件の良い求人を見つけることも大切です。

もちろん他の職種と同じように「看護師アルバイト」もあります。

求人も見るだけでは分からないことがあるので、企業によっては一日体験やアルバイトをしてみて自分で体験した後に就職を決定することも視野に入れて考えましょう。

看護師の転職事情

看護師として就職した場所が自分の考えているような所じゃなかった。

こんなに残業があるなんて思わなかった。

先輩看護師や上司と考えが合わない。

このようなことは多々あります。

いくらお給料が良くても不満を感じる職場では長くは働けませんよね。

看護師は患者さんの命を預かる仕事ですので、一般企業と比較しても少なからずストレスは大きくなります。

 

新卒看護師に多く見られる転職理由は「人の死に自分の心がついていかない」ことです。

病院や高齢者施設にはこの理由で転職する看護師が多くいます。

病院とは本来「病気を治す場所」ですが「人が命を落とすこともある場所」でもあります。

つまり患者さんに入れ込みすぎることは厳禁なのです。

他にも保健師や助産師、ケアマネージャーなどの医療・福祉職だけではなく、全く別の職種に転職する看護師も少なからずいます。

看護師の平均給与はどれくらい?

看護師の平均給与は各都道府県によって違います。

東京や名古屋、福岡のような主要首都では正社員の平均給与は月25万円を超えます。

パートタイムでも主要首都では時給1,500円以上と高くなっています。

郊外や他の都道府県では正社員の看護師給与は月20万円~27万円程度で、パートタイムも時給1,000円~1,300円となります。

看護師の給与で最も時給が高いのは「派遣看護師」です。

派遣社員の看護師の時給は郊外でも1,300円~1,600円と高い傾向にあります。

主要首都ではそれ以上になるでしょう。

病院での派遣社員の求人は多くありませんが、高齢者施設やクリニックでは多くの求人があります。

また訪問看護師も派遣会社を通した求人があります。

元々訪問看護師の給与は高めなので派遣会社を通すと更に高給を望めますが、ここで一つ注意点があります。

派遣会社の全てが社会保険の対象ではないということです。

社会保険でない場合は給与から国民健康保険の支払いをしなければならなくなります。

「派遣会社の方が高いから」一律に良いとは言えませんので、注意しましょう。

経験者が語る!できる看護師はこんな人

一般的に仕事に向き不向きがあるように、看護師にも向き不向きがあります。

「看護師は将来困らないから」「収入が安定しているから」という理由だけで看護師の仕事に就くと、辛い体験をしてそれがトラウマになる人もいます。

どのような人が「看護師」に向いているのか、看護師として必要なことは何かをご紹介します。

患者さんの心に寄り添うことができる人

病院に入院したり体が辛い時に対応してほしいのは「優しい看護師さん」ですよね。

優しい看護師さんとは、自分だったらどうなるか、こうなったら辛いだろうな…と相手の立場に立って考えられる人です。

もちろん加齢からくる症状や自分が体験したことのない病気は患者さんの気持ちを100%理解することはできませんし、痛みや苦しい感情は人それぞれ違ってきます。

 

それでも、想像して共感することはできますよね。

どうやったら痛みを和らげることができるだろうか、自分の時はこうしたら楽になったから試してみてはどうだろうか…と考えられる人が看護師に向いているでしょう。

観察力のある人

学校でいくら知識を得ても、実際に適切に観察できるとは限りません。

患者さんを見るポイントは訴えだけではありません。

レントゲンやCT等の画像や血液検査等の検査結果の分析も大切です。

言葉が話せなかったり認知症で自分の症状が分からない患者さんは、その表情や様子、食事状態、言葉数等の細かい気付きも大切になってきます。

自分一人で患者さんを看ているわけではないので、他の看護師の気付きをカルテの中から得る「観察力」も必要です。

自分で考えて行動できる人

新卒の看護師やブランクのある看護師に多いのは「自分の考えや観察したことは間違っているかもしれない」と思うことです。

医師や先輩看護師と新卒の看護師の視点とでは違うことが往々にしてあります。

観察したことが間違っていることもありますが、それが不要かどうかの判断がつけられない場合は医師や先輩看護師にまず報告する「行動力」が大切です。

看護師になったばかりだからできない、新人だから分からないといった考えは患者さんには関係ありません。

極端な例えになりますが、病院勤務初日に心肺停止の患者さんに出くわすこともあるのです。

学校や実習で学んだことを実際に行動に移せる人は、看護師に向いているでしょう。

ある程度の度胸を持ち合わせている人

現場での仕事は「人」を相手にしているので、想像以上に過酷です。

初めて受け持つ患者さん。

初めての採血・注射などの手技。

初めて診る疾患。

初めての手術。

など沢山の「初めて」の経験があります。

採血の結果を見たりレントゲンを見たりすることは難なくできても、いざ患者さんの目の前に立つともちろん緊張します。

採血をされる時に「ちょっと待ってください」などと言われたら、患者さんはどう思うでしょうか。

緊張しながらも仕事をするためには、ある程度の度胸が必要です。

また、病院は治療する場所ですが、同時に死に直面することもあります。

人の死を目の当たりにするというのはあまり経験できることではありません。

人が死ぬのは想像以上に辛く、それに対応できる度胸が必要になります。

自身が受け持ち一生懸命看護した患者さんの死を受け入れられない看護師も多くいます。

しかしどんなに仲良くなった患者さんでも「亡くなった患者さんの家族の前で泣くこと」は看護師には許されません。

なぜなら、「家族の悲しみを煽る行為」だからです。

ただでさえ家族を亡くし悲しんでいる家族に、それ以上悲しい思いをさせてはならないのです。

この「人の死を受け入れる覚悟」は経験しないと身につかないかもしれません。

経験したことで折れてしまうのではなく、乗り越えて前に進むことが大切です。

看護師の仕事に興味がある方へ(まとめ)

いかがでしたでしょうか。

これから看護師の免許を取得しようと考えているあなたにとって良い情報はありましたでしょうか。

看護師という仕事は一般的には「収入も安定していて魅力的な職業」なのでしょう。

もちろんそれは嘘ではありません。

収入も安定していますし、病院やクリニックは全国どこにでもあるので家族の転勤や急な引っ越しにも対応できる職種です。

働く女性が増えている現代において、特に女性にとって非常に魅力的な職業でしょう。

沢山の人と出会い、自分の知識と経験から人の手助けをすることができます。

しかし、良い面が沢山あるように嫌な面も多々あります。

体が動かない患者さんの下の世話や、認知症の患者さんから暴力や暴言もあるでしょう。

先輩看護師と意見が食い違ったり、患者さんの死に向き合い考え込むこともあるでしょう。

ただ「看護師」という仕事は人の命と向き合い支える仕事です。

一般の職種では他人の人生に深く関わることはなかなかできません。

そんな他にはない魅力を感じる看護師に、この記事で興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 



関連キーワード


看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院しているわけではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんも沢山います。そんな地域にいる患者さんのもとに出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なる方法まで丸ごとご紹介します。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは、地域で生活している「看護が必要な人」のところに出向いて看護をするお仕事です。ここで言う地域とは、自宅やグループホームなど病院などの施設以外を指します。現在、国の方針で病

小児科看護師の仕事内容を経験者が役割に分けてご紹介!他診療科との違いは?

小児科は0歳~15歳の子ども達が受診する診療科です。受診する患者さんは産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達です。子ども好きな人にとっては憧れる診療科の一つでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも、看護師として様々な経験ができる診療科でもあるのです。今回は小児科外来の看護師として働いた経験を基に、仕事内容ややりがいについてお話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割にはどんなことがあるのでしょうか。様々な役割がありますが、今回は四つの項目を取り

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話していきたいと思います。看護師の仕事ってどれく

沖縄の看護師バイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なエリアや施設を解説します

看護学生や今の働き方を変えたいと思っている看護師の方にご紹介したいのが、「看護師バイト」として働くという手があるということです。看護師のアルバイトって何?と疑問に感じるかと思いますが、バイトとは言えもちろん看護師免許を持っていることが大前提です。実際に、看護師バイトにはどのような特徴があるのでしょうか?観光地としての人気も高く魅力溢れる沖縄県にも、沢山の看護師バイト求人があります!この記事では、沖縄の看護師バイトについてご紹介したいと思います。沖縄の看護師バイトの時給は?看護師としてフルタイムで働いた場合の月給の相場は、大体25万円前後になるかと思います。バイトとして働いた場合は月給としてでは

整形外科看護師のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

病院にはあらゆる診療科があります。その中でも比較的元気な患者さんが通院、受診される診療科が整形外科です。腰や膝の痛みがあっても精神的には元気な患者さんが多く、コミュニケーションも取りやすいのが特徴です。整形外科の看護師も、明るくてきぱきと仕事をこなしており、明るい雰囲気の職場が多い印象です。患者さんとコミュニケーションを取ることが多い整形外科でのやりがいについて、今回はご紹介していきます。患者さんとの関わりから得られるやりがい、スタッフ間でのやりがいなどをお話していきたいと思います。整形外科看護師の大まかな仕事内容について理解しておこう整形外科外来では、腰痛や膝痛などの慢性的な疾患、靭帯や捻挫

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることはありませんか?国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しい割に給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうしたら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてご紹介していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

皮膚科看護師求人の募集内容をご紹介!勤務場所の種類は?求人探しの参考にご覧下さい!

今回は、皮膚科での看護師の業務内容や求人について視点を置いてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてのお話や、看護師としての必要なスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきます。あなたに合う職業かどうか、是非この記事で見極めてみてくださいね!皮膚科看護師の大まかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても、内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。

看護師の仕事で苦労することは何?経験者が乗り越え方も一緒に教えます!

看護師をイメージすると、様々なイメージがありますよね。優しい、やりがいがある、人の為になる仕事など好感を持つイメージも多いものです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスなイメージもあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」と9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも、看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は、看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一口に大変な仕事と言っても、どんな苦労があるかは験してみないとなかなか実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について、私なりに分

看護師採用はどんな会社が行っている?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは?

看護師と言えば病院やクリニックで働いているイメージですよね。実際に、約9割の看護師が医療や介護の現場で働いています。しかし看護師は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。それでは残りの1割の看護師は、どのような職場で働いているのでしょうか?今回は、医療現場以外で看護師採用をしている会社に焦点を当てて説明していきたいと思います。多くの看護師が働く病院や企業などの現場の特徴についてもご紹介します。どのような会社が看護師採用をしているの?看護師として働ける場所は幅広く、医療や介護以外で活躍している人は意外にも多く存在しています。では、実際にどのような所で働いているのでしょうか?医療や介護

消化器内科看護師求人の募集内容は?勤務時間や場所、おすすめ求人のポイントも教えます!

消化器内科の看護師求人をお探しの方は、この記事をぜひご覧ください。医療機関の中でも「消化器科看護」ってどんな看護をするのだろうと思っている方もいるかと思います。消化器科と一口に言っても幅は広く外科や内科に分かれていますが、ここでは特に「消化器科内科看護」について、詳しい業務や求人の募集内容をご紹介していきます。また求人のおすすめポイントやよくある疑問についてもお話させていただきますので、看護職に興味のある皆さんはぜひ読んでみて下さい。消化器内科看護師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容消化器科というのは書いて字の如く「胃腸を中心とした消化器官の治療を目的とした科目」です。その中でも内科的…つ

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSが浸透し、その中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも今注目を集めているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどんなことをするの?と疑問に思う方も多いと思います。ここでは、看護師におすすめの在宅ワークを紹介します。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?看護師と言えば給料が高いと想像する方も多く、看護師に在宅ワークが必要なの?と思う方もいるでしょう。私は現在、看護師として働く傍ら在宅ワークもしています。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間を割くことができなかったのですが、妊娠をして切迫早産になり安静を余儀なくされた時に、時間ができたことがきっかけで

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師が50代で転職をする際の注意点をまとめてみました。看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代看護師の転職事情をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?50代で転職する看護師というのは、そこそこ多いかもしれませんね。転職を考える前は、病院勤めをされているかクリニックで働いてきたかのどちらかだと思います。30代、40代で転職する人はいますが、50代となると場合に

耳鼻科看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

耳鼻科看護師の仕事内容とは?他の科と何がどう違うのか?と気になる方は必見です。多くの科がある中で、もっとも季節によって左右されると言われている耳鼻科。忙しそうなイメージもありますが、実は他の科以上に人気があるとされるのが耳鼻科看護師の仕事なんです。今回は耳鼻科看護師の仕事内容や、やりがいについて詳しくお伝えしていきましょう!他の看護師業務との違いやここならではのメリットもぜひご覧いただけたらと思います。耳鼻咽喉科看護師の仕事は大きく2つの役割に分けられる耳鼻咽喉科の仕事というのは、実際看護助手と仕事内容は変わりません。私は3年間程耳鼻咽喉科の看護助手として看護師と共に働いていましたが、看護師の

泌尿器科看護師の仕事内容10個の業務。どんな役割があるの?病棟と外来の違いも説明します!

泌尿器科看護師の仕事内容をここでは詳しくご紹介していきたいと思います。泌尿器科看護師のあるあるやここでしか感じられないやりがい、病棟・外来の業務内容の違いや役割など、泌尿器科ならではの貴重な経験などをお伝えできたらと思います。看護職に就きたい方、泌尿器科に興味がある人やそうでない方も詳しく知るいい機会になればと思います。ぜひ今後働いてみたいと感じている方の参考になればと思います。泌尿器科看護師の仕事は大きく3個の役割に分けられる看護師の業務は報告・連絡・相談は絶対です。情報を共有を行いながらチームワークを大切にして業務を行っていく必要があります。また、患者さんやスタッフも多いので、いかに円滑に

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っていると思います。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科ではなく急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、小さなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について述べてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意した方が良い3個のことこんなはずじゃなかった!が

外科看護師の仕事内容を経験者がご紹介!内科看護師との違いについてもご説明します!

外科と言えば、脳神経外科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科というような診療科をイメージすると思います。また、手術・処置が多いことは想像できるのではないでしょうか。そんな外科で働く看護師と言えば、急変対応ができたりテキパキした人しか向いていないのではないかと思われがちですが、それくらい展開が早いのが特徴でもあります。この記事では、外科看護師の役割や仕事内容を、筆者の経験を基に述べていきますので、外科看護師とはどんなことをしているのか参考にして頂ければ幸いです。外科看護師の仕事は大きく2個の役割に分けられる外科看護師と聞くと病棟看護師をイメージすることが多いと思いますが、外来にも外科担当の看護師が

訪問看護を辞めたい…と感じた3個の理由と乗り越え方

訪問看護を辞めたいと思っている方は必見です。どんな方でも仕事をやめたいと思ったことがあるのではないでしょうか。医療業界や看護師という職業はとくに辛いことも多く、辞めたいと思うことがあって当然に思ってしまいます。でもその分、嬉しいことややりがいがあるのも確かです。ここでは訪問看護を辞めたい理由と乗り越え方をまとめてみました。正直辛いな、辞めたいなと思っているあなたに、是非読んでもらいたいです。訪問看護の仕事内容患者さんのお宅にお邪魔して看護を行うのが、訪問看護のお仕事です。訪問看護は、医師の指示書に基づいて看護を行いますので、仕事の内容も多岐にわたります。健康チェックバイタルサインを測定したり、

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容は?どんな求人がいいの?おすすめポイント教えます

泌尿器科看護師という職業を皆さんは耳にしたことはありますでしょうか。具体的な仕事内容については意外と分からない方が多いと思います。今回は、そんな看護師の中でも泌尿器科の仕事内容について解説していきたいと思います。興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師求人の情報についてもまとめてみましたので、ぜひご一読ください。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」と様々な疾患の方がいるので

手術室看護師求人の募集内容は?仕事内容や給与相場などをご紹介!就職・転職の参考に!

手術室看護師求人が気になっているそこのあなた!必見なのでぜひご覧ください。皆さんは「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人の大まかな仕事内容大まかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片

看護師が内科への転職を成功させるために!狙い目な職場の4個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師内科の転職事情をここでお話しさせていただきます。診療科の中で最も多い内科は私たちの生活の身近な診療科ですよね。看護師として働いていく中でも内科疾患の知識は必要不可欠で、他の診療科で働いていても関わりが多いですよね。今回はそんな内科への転職を考えている人に向けて、内科で上手く働くコツや心構えについて解説します。内科に転職して今より年収をアップしたいなんて人もぜひ参考にしていただけたらと思います。看護師の内科で転職する人は多い?多くの診療数の中で内科医師の数が最も多く、次いで外科の医師が多いです。また全国的の病院、クリニックなども内科の病院が最も多いとされています。総合病院への転職となれば配

病棟看護師の仕事内容をご紹介!大変な点や難しい点は?向いてる人の特徴も教えます!

病棟看護師の仕事内容を詳しくお教えしたいと思います。看護師の業務内容は大変で主に患者さんのベッドサイドで行う看護というイメージが多いかと思いますが、それ以外にも看護師の業務は多岐にわたります。特に病棟看護師は、夜勤帯は少人数で全ての患者さんの安全を守らなければなりません。そのため様々な業務を行いますが、看護師それぞれに総合的な視野や判断力が求められます。今回は、そんな病棟看護師の仕事は難しいことばかりなのかどうかを具体的に解説します。病棟看護師の大まかな仕事内容は?病棟看護師の仕事は患者さんの命と安全を守ることです。そして、医師やその他の専門部署と協力をして治療を進めていきます。治療には手術、

眼科看護師求人でよくある募集内容は?向き不向きの特徴もご紹介!就職・転職の参考に!

眼科看護師は皆さんどのような仕事をしているのかご存知でしょうか?「看護師」にも様々な種類がありますが、今回は「眼科」での業務について注目していきたいと思います。眼科看護師の求人のおすすめポイントや雇用形態での違い、向いてる人・向いてない人の特徴についてもお話しさせていただきますので、ご自身と照らし合わせて是非ご一読いただけたらと思います。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱うことが眼科分野を担当します。大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼

看護師にとってホワイトな職場の6つの特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

看護師のホワイトな職場について詳しく知りたい方は必見です。看護師にとって、病院選びはとても難しいものです。募集内容と実際の勤務内容が一致している病院には、なかなか出会えません。一度働き始めてしまうと患者さんの事が気になってしまい、自分が辛くても、すぐには辞められない看護師もとても多いので、求人探しでは、ホワイトな病院を選ぶことが大切です。看護師がホワイトな病院で働くには、どんなことに注意すればいいでしょうか。ここで、良い職場の見分け方を身に付けましょう。看護師の大まかな仕事内容看護師は専門職ではありますが、総合的な視野が必要で、患者さんに関わること以外にも様々な業務があります。看護師の役割と仕

内科看護師のやりがいとは?経験者の私が感じる6個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

内科看護師のやりがいを経験者が詳しくお話しさせていただきます。多くの診療科がある中で内科は体の中で起こる病気に関わり、幅広い分野を学ぶことができます。内科の患者さんは外科と比べ病気の経過も長く、日々大きな変化はないため小さな変化や症状から疾患の経過を観察していく必要があります。今回は実際に内科の看護師として経験を積み、患者さんと関わり、業務を行う中で感じたことを解説していきます。皆さんが看護師の内科での仕事内容を詳しく知る機会となれば幸いです。内科の専門分野の種類以前は体の中(臓器)の病気を診る診療科を内科と言っていましたが、ここ数十年で内科にも専門分野ができました。呼吸器内科や循環器内科、消

クリニック看護師の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

夜勤や残業の多い病院勤務は、心身共に負担が大きく疲れてしまう看護師さんも多いと思います。その為「クリニックでゆっくり楽に働きたいなぁ…」と思うのはよくある話ですよね。クリニックは夜勤のない日勤勤務で残業も少なく、業務に慣れればルーティーン化できるなど病院勤務より負担が少なく働くことができます。その反面、クリニックならではのデメリットが存在するのもまた事実です。今回は実際にクリニックでの看護師業務を私の経験を基に、クリニック看護師の仕事内容、やりがい、メリット・デメリットなどをご紹介したいと思います!クリニックは地域密着型で、地域の皆様にとっても身近な欠かせない存在です。そんなクリニックでの看護

看護師の勤務時間って不規則なの?看護師の仕事内容、生活リズムなどをご紹介します

医療現場や介護現場は基本的に、24時間365日営業しています。分かりやすく説明すると、お客さんとなる患者さんや利用者さんが常に目の前にいて、店員さんとなる医師や看護師はお客さんである患者さんや利用者さんのために働いているということです。人間はこの世にいる限り、常に心臓は動き生きています。健康な人は自分の力で生きていくことができますが、病気を患っている患者さんや病気によって後遺症や障害を抱えている利用者さんは、私達医療者の手助けが常に隣り合わせです。そんな医療者は、いつでも手助けができるように24時間365日スタンバイをして手助けをしていかなければなりません。しかし、24時間365日営業ではない

整形外科の仕事内容をご紹介!経験者だからわかる業務内容を詳しくご説明します!

整形外科での看護師の仕事というと、どんな内容なのかすぐにはイメージが湧きにくいですよね。私も初めは「腰が痛い症状の患者さんが行く病院」「骨折などの怪我をした患者さんが来る病院」という簡単なイメージでした。この記事では、実際に整形外科外来で働いた経験を基に仕事内容や役割、患者さんへの関わり方、やりがいについてお伝えしたいと思います。整形外科に配属になった方や転職で整形外科を検討している方がイメージしやすいようにご説明していきますね。整形外科の基礎知識整形外科の主な疾患整形外科を受診される患者さんの疾患は、骨・関節・筋肉・神経系に関するものが主です。外傷性疾患(打撲・捻挫・骨折・脱臼・断裂・擦り傷

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師の派遣会社の選び方や、どこをポイントにどのように選択すれば良いかなど、様々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験してきたので、その時の経験を基に厳選しました。看護師派遣の注意点も必見です!なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社などがあります。様々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろ

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在、高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に、小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では保育園・幼稚園が決まらないという理由で復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり消費税まで上がる昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えるとなかなか仕事は見つかりづらくなり、気持ちばかりが焦ります。その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの家庭に皺寄せがいき、結果として長くお勤めできない状態が続く…こうなると自分

皮膚科看護師の仕事内容9個の業務。経験者が教えます!

病棟・クリニック・訪問看護など、看護師の働く場所は様々です。多くの現場で看護師さんは活躍していることはご存知だと思います。その中でもクリニック外来は、私たちの日常生活において最も身近な医療施設の一つと言えるでしょう。何かあった時に、すぐに受診できる診療所です。今回は、クリニック外来の看護師の業務に焦点をあててご紹介しますが、診療科の数だけクリニックも存在します。例えば、「虫に刺されてて腫れて痛い!」「体にぶつぶつができて痒みが止まらない!」など、皮膚に異常が現れた時にかかる皮膚科。そんな皮膚科看護師の仕事内容や役割についてお話していきたいと思います。皮膚科看護師の仕事内容皮膚科を受診する患者さ

精神科看護師として働くメリット6選。私が感じた良いところをまとめました

精神科を受診すると聞いたら、あなたはどう思いますか?自分のことではないので興味が湧かないでしょうか?それとも気の毒にと同情するでしょうか?長い人生の間には家族との別れや大事なものの喪失、思わぬ大病、金銭的な不幸、災害など予想外のトラブルがあるものです。そのような大きなストレスに見舞われると、非常に重い精神的ダメージを負ってしまいます。しかし、同じ規模のストレスであっても、多大な精神的ダメージを負う人とそうではない人がいるのもまた事実です。あるいはそのようなストレスとは関係なく発症してしまう精神疾患もあります。人体の不思議ですね。今は関係ないと思っていても、もしかしたら自身や身近な人でも罹る可能

救急外来看護師の仕事内容を役割に分けてご紹介!一日の流れに沿ってお話しします!

救急外来看護師の仕事内容をここでは詳しく解説していきたいと思います。病院の診療時間外・休日に体調が悪くなった時や救急搬送された場合、普段とは違い、病院の「救急外来」というところで受付・処置をします。テレビドラマ等でご存知の方もいるのではないでしょうか?今回はそんな救急外来看護師のコツや業務についてを一日の流れを見ながら説明させていただきます。この職業の良いところをぜひ知っていただけたらと思います。救急外来看護師の仕事は、大きく3つの役割に分けられます。リーダー看護師救急車で来院する患者さんの状態を把握し、患者さんを担当する受け持ち看護師を決めたり、他のスタッフに業務を割り振ったりする看護師です

看護師として働くなら何科で働きたい?おすすめの科をご紹介いたします

看護師で何科で働きたいかを悩んでいる方は必見です!看護師を志望する人は多いと思いますが、何科で働きたいかを看護師になるまでに明確に決まっている方は少ないのではないでしょうか?勉強や実習に追われて、とにかく試験に合格することが最優先なので、実際に看護師になった時のことまで頭が回らないのでなかなか決めれないものですよね。そこで、今回は看護師は何科があるのか、それぞれの特徴を説明していきます。何科で働きたいか悩んでいる方の参考になれば幸いです。看護師はどんな仕事?看護師の仕事内容は、患者さんの命に関わる仕事のため非常に多岐にわたります。その主な仕事内容を簡単に述べると、医師の診療の介助を行いながら患

看護師の仕事の魅力とは?様々な職場での仕事内容からやりがいまで詳しく紹介します

看護師は白衣の天使と評されることもあり、ドラマなどの設定にも多く使われる人気の職業の一つです。第一生命が実施する小学生向けの「大人になったらなりたいものアンケート」において2016年は4位と、毎年根強い人気を誇る憧れの存在でもあります。病気の時に優しくしてくれた看護師さんに憧れてなった人や安定的な給与を求めて手に職をつけるために看護師を志した人など動機も様々ですが、実は看護師の仕事も多様で、その魅力や苦労も数多くあります。この記事では、看護師の仕事内容と看護師の魅力、大変なことをまとめて解説します。看護師の大まかな仕事内容とは?看護師は保健師助産師看護師法(以下、保助看法)という法律で定められ

介護看護師の仕事はどんな人に向いてる?向いてる人・向いてない人の特徴をご紹介します!

介護看護師とは具体的にどのような業務を行う職業なのか皆さんはご存知でしょうか?看護師とは医師の医療サポートだけではありません。病院で治療のサポートをしているのが看護師だと思われている方が多いと思いますが、ここではそれだけではない役割を持つ介護施設での看護師の業務について説明していきたいと思います。この職業は向き不向きがあります。興味のある方はぜひご自身に合う職業なのかをご参照ください。介護施設の看護師とはどんな仕事?健康管理はもちろん、病気のことだけでなく日常生活動作や精神面等、生活していくための管理も必要になります。病気に罹患し機能障害が残ってしまった方も多く、その状態によって日常生活動作も

医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み。内緒で付き合っている人も多いの?

皆さんは、医者と看護師の関係性はどんなものだと思いますか?看護師の役割として「医者の指示のもと診療の補助を行う」というものがありますので、医者=指示を出す人、看護師=指示を受ける人、という解釈が多いかもしれません。しかし、医者も看護師もあくまで職種。自動車のディーラーに整備をする係と販売をする係がいるように、医者と看護師も本来であれば同等の立場であり、同じ職場の同僚なのです。とは言え、実際はそんな理想的な関係を築けるのはごく稀だと感じます。ここでは、ほんの少し看護師の立場からの本音を暴露したいと思います。医者と看護師の人間関係でよくある4個の悩み今、話しかけてもいいかな?これはどう伝えたらいい

看護師を辞めて違う仕事に転職するなら!おすすめの仕事7選と選ぶ時の注意点

看護師は不規則な勤務に加え命を預かるプレッシャーを感じることも多い大変な職業の一つです。その分、やりがいがあったり他の職業に比べ給料が良かったりと魅力も多い職業でもあります。看護師として働いていく内に向き不向きを感じたり、また他の職業への好奇心などにより看護師を辞めたいと思うこともあるかもしれません。しかし看護師一筋で仕事をしてきた場合、一体どのような仕事に転職できるのか、転職する際の注意点にはどのようなものがあるのか見当がつきにくい現状もあるかと思います。そこで看護師を辞めて違う仕事に転職する際のおすすめの仕事5選と選ぶ時の注意点について紹介していきます。看護師を辞めて違う仕事に転職したくな

看取り看護師が向いている人の5個の特徴や必要なスキル・適正とは?

病院で働く看護師にとって避けては通れない看護業務の中に「看取り看護」があります。もちろん全ての看護師が看取りを経験できるものではありません。看取りを経験したことで看護師の仕事ができなくなってしまった看護師も沢山いらっしゃいます。多くの看取り看護をすることで、看護師として成長することも確かです。ここでは、看取り看護はどんな看護師が向いているのか、また看取りの看護に向かない人はどんな看護師なのかをご紹介します。看取り看護師とはどんな仕事?看取りの看護師はその名の通り、患者さんの最期を看取る看護師です。もちろん一人で看取ることはありません。医師や家族と共に死を迎える患者さんの病室で、人生の最期を看取

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方の中には、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり数多くの会社が出てきますよね。しかし、全ての看護師専門の転職エージェントが、同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の一社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。更に、マイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容をご紹介!求人探しの前に今すぐチェック!

精神科看護師求人が気になっている方は参考までにご覧ください。精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分もありますが、それ故に精神科の職場では看護師が仕事を続けやすいように様々な方策がとられています。ここでは、精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験がない方が気になると思われる疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握することは、看護師であれば必要な仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもとより精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さ

病院看護師求人でよくある募集内容をご紹介!求人選びに悩んでいたら今すぐチェック!

病院看護師求人に興味のある方は必見です。よくある募集内容やおすすめの求人ポイントを紹介します。病院看護師の求人といっても数多くある募集の中から、自分に合った求人を見つけるのは大変ですし、ましてや、どんな求人がおすすめなのかわからないと選ぶことすら難しいですよね?今回はそんな悩みを持つ方に向けて、病院の看護師の募集内容の傾向を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考までにご覧ください。病院看護師のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容病院看護師の主な仕事内容は別名「診療の補助」と呼ばれています。外来勤務と病棟勤務で大きく違うのは、医師の診察の補助があるかどうかです。病棟にも処置室などがある場合は処置の

内科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の2個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

看護師の仕事をしていると、転職を考えたり実際に転職をすることも何度かあるでしょう。看護師の転職は病院の診療科が多いため、自分ができるのか、難しいのではないかと思う方ももちろんいらっしゃるでしょう。自分に合った診療科を探すのは大変なことです。話を聞くだけではなかなか分からないこともあるでしょう。実際に体験するのが1番ですが、この記事では体験談も含めた内科の看護師の転職についてご紹介します。内科看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと他の診療科と比較して「簡単」だという思いは捨てましょう内科は、外科等と比べて手術、傷の処置や手術後の管理等の看護がありません。そのため、比較的簡単なのではないかと考

介護施設看護師求人の募集内容は?介護施設の種類などもご紹介!求人選びの参考に!

看護師の求人は病院だけではありません。介護施設の看護師も沢山の求人があります。介護施設の看護師求人は病院の求人とは求められる人材が違ってきます。ここでは、介護施設の看護師の求人の募集内容と、どのような人材が求められるのかをご紹介しましょう。介護施設看護師求人でよくある募集内容とは?ここでは、高齢者施設の看護師の求人の内容をご紹介します。病院の看護師と違って介護施設の看護師は、介護の現場を経験したことのある人が採用されやすい傾向にあります。病院と介護施設では、給与面や福利厚生等に若干の違いがあるようです。給与相場介護施設の給与は夜勤の有無でも変わってきます。介護施設で働く看護師は、夜勤業務ではな

救急外来看護師求人でよくある募集内容をご紹介!就職・転職を考えているならご覧下さい!

救急外来看護師の求人について、ここで詳しくお話させていただきます。よくドラマで取り上げられることの多い「救急外来」。「カッコイイけど、大変そう!」「高度なスキルが必要」など、看護師の救急外来について、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。ここでは、そんな救急外来看護師の募集内容や求人のポイントなどについてご紹介していきたいと思います。よくある疑問にもお答えしていきますので、救急外来看護師になりたい方はこの記事を参考に、あなたに合う求人を探してみてくださいね。救急外来看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容救急外来では、救急車の受け入れから救急蘇生処置、外傷の処置、一般外来の時間

熊本で看護師の転職を成功させるために!おすすめな求人の3個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

看護師の転職には数多くの病院の情報があります。都道府県によっても都心の病院と地域の病院とでは少しですが違いがあります。病院自体は患者さんを治す所という認識で変わりはありませんが、どの病院が良いのか、どういう地域性があるのか、看護師の転職として気になるところでしょう。もちろんずっと同じ所で働くことができれば良いですが、家族の転勤や引っ越し等の関係で今まで縁もゆかりもなかった場所で働かなければならなくなることもあります。自分の知らない土地で働かなくてはならなくなった時、誰しもが不安になってしまうでしょう。ここでは、熊本県の看護師の転職についてご紹介します。熊本で転職を成功させるためには何をすれば良

岡山看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な病院・エリア・年収相場を解説します

数ある都道府県の中でも、岡山県は医療先進県になります。臓器移植や遺伝子治療などの先進医療はもちろん、地域医療体制でも他県を上回る体制が敷かれています。他県に先駆けて導入されたドクターヘリ事業も見逃せません。また、岡山県は人口10万人あたりの病院数が中国地方で最も多いことからも、看護師の求人が多く、働く場を見つけやすい傾向です。そんな岡山県で看護師として働いてみませんか?ここでは岡山県の看護師求人をご紹介していきます。そもそも看護師はどんな仕事?看護師の仕事内容は働く場所や診療科によって多少異なりますが、主に次のような業務になります。体温や血圧などバイタルサインの測定注射や点滴、採血入院患者の食

大学病院看護師の仕事に向いてる人の特徴をご紹介!働くメリットについてもお話します!

大学病院看護師の仕事について具体的にお話ししていきたいと思います。看護師に大学病院はとても人気の職場です。大学病院に将来勤めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ですが、大学病院は大変な職場でもあり、すべての人が大学病院の勤務に向いているとは限りません。そこで、今回は大学病院看護師の仕事内容を詳しくお話しさせていただきますので、向いているのかどうかをご参照いただければと思います。私の経験をもとに大学病院看護師のメリットなども解説していきます。大学病院看護師はどんな仕事?大学病院は地方病院とは異なり医療機関でもありますが、研究機関だったり教育機関でもあります。そのためか研究活動が頻繁に行

札幌の看護師求人の特徴や、人気な病院・診療科目・年収相場・求人の選び方のコツを紹介します

札幌で看護師求人をお探し中の方は必見です。札幌市と旭川市には医療機関が集中しており、医療設備が整っている地域なので、北海道の病院の看護師は人気な職業なんです。全国と比較すると、北海道は年収が低い傾向にありますが、そんな中でも札幌の看護師の給料は高いと言われています。ここでは、看護師が働きやすい病院を札幌に絞ってご紹介していきたいと思います。札幌の看護師に就職したい方はぜひ参考にしていただければと思います。札幌の看護師求人の特徴は?札幌は北海道内で大都会の都市部であり、医療機関も集中しています。道内のあらゆる地域から先端医療を求めて、患者様が受診されています。先端医療を始め、慢性期やリハビリ期を

訪問看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

訪問看護師の年収について気になっている方は必見です。最近需要も増えてきている訪問看護ですが、病院勤務の給料と比べてどちらの方が給料が良いのでしょうか?地域差もかなりありますが、経験者の自分の給料も参考にしながら、訪問看護師の時給相場や年収について紹介していきたいと思います。また、給料を上げるためにやるべきことや上手な求人の探し方もお教えしますので、介護業界で働いている方、これから働きたい方はぜひ参考にしていただければと思います。訪問看護師の給料の相場はどのくらい?訪問看護の給料相場は比較的高いと言われています。しかしながら、病院系列やフランチャイズはもとより最近では個人や介護事業から訪問看護展

横須賀の看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な病院の条件・年収相場を解説します

横須賀で看護師の求人をお探し中の方はぜひ参考までにご覧いただけたらと思います。看護師と言えば「一生仕事に困らなさそう」「夜勤が大変そう」「子育てと仕事の両立が難しそう」など、さまざまなイメージを持たれていると思います。今回は、横須賀でこれから看護師を目指そうとしている方、また現在の職場で子育てと仕事の両立について悩んでいる方に向けて、おすすめな求人の特徴・病院の条件についてご紹介します。皆さんのお役に立てれば幸いです。看護師はどんな仕事? 看護師とははじめに、少し難しい話となりますが、看護師とは、「保健師助産師看護師法」に基づき、科学的な知識や技術を用いて、人々の健康を守り、豊かな生活が送れる

東京で看護師が転職するなら目指したい年収や仕事環境とは?おすすめの働きやすい、年収が高い病院はどこ?

東京看護師の転職事情について気になっている方はぜひご覧ください。ここでは東京の看護師が転職するときに目指したい年収や仕事環境についてを具体的にお話しさせていただきます。「転職するなら失敗したくない…」とすべての人が考えるはずです。働きやすさを取るか、年収を取るかではなく、両方取れるおすすめな病院や気を付けるべき点など、興味のある方は最後までご一読いただければと思います。この記事を参考にして、看護師の転職を東京で成功させましょう。東京の看護師の転職事情とは?そもそも看護師は3K(きつい、汚い、危険)と言われています。更に最近になって「苦しい」が加わり、4Kと言われるようになりました。このような事

東京の看護師求人で人気な病院や給与相場、求人の選び方のコツを紹介します

ここでは、東京の看護師求人で人気の病院や給与相場、求人の選び方のコツをご紹介します!看護師にとって、働く場所となる病院は今後の看護師人生を左右します。そのため、看護師は看護学生の頃から様々な情報を集めて、自分に合った病院に就職しようとします。これは、一般企業にも同じようなことが言えますね。特に看護師は転職が多い職業で、未だ離職率も高い状態と言えます。理由として多いのは、“給与と仕事量が割に合わない”という点です。他にも、福利厚生の充実面、自分のレベルを上げるための転職など色々とあります。今回は様々な理由から転職をする看護師にとって、人気の求人のご紹介と選び方のコツを解説していきます!東京の看護

看取りとはどんな仕事?その仕事内容や病院・患者さんにとっての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師として病院で働いて行く為に絶対に通らなくてはならない事が「患者さんの看取り業務」です。看取りとは患者さんが「死」を迎える時に傍で看護するという事です。文字通り息を引き取る瞬間も、そのあとの御遺体の処置も看護師の仕事です。また、死を迎えた患者さんの家族の気持ちを受け止める事も看護業務に入る事があります。ここでは実際にどういう事を行うのか、理想とする看取り業務とはどういうものかを私の経験からご紹介します。看取りとはどんな仕事?「看取り」とは、患者さんが息を引き取る瞬間を看護するという事です。テレビ等でみた事がある人もいらっしゃるでしょうが、人が「死ぬ瞬間」は医師が判断します。○時○分、お亡く

東京の看護師の年収はどれくらい?現役看護師の相場感や給料を上げるためのコツ、給料が多い人の特徴を解説します

東京看護師の年収事情をここで詳しくお話していきます。地方の看護職に就いている方や、これから看護師に就職・転職をお考えの方は、東京看護師の給料相場はどれくらいなのか気になりますよね?また現役の東京看護師は年収を上げるためのコツや、給料が多い人の特徴なんて、すごく知りたい情報のはずです。今回はそんな東京都の看護師の給料について具体的に解説していきます。この職業を簡単にやめられない理由がそこにはあるのです!東京の看護師の仕事ってどんな仕事?東京の看護師と地方の看護師とで、仕事の内容としてはさほど変わりがありません。看護師の仕事は大きく分けて、「医師の診療の補助」「患者の退院までのサポート」「清潔ケア

看護師の夜勤なし求人がよく出ている募集内容・狙い目の求人の見つけ方。一通り看護師経験がある私が解説します

様々な理由で、夜勤なしの求人を探している看護師は沢山いると思います。例えば…まだまだ子供が小さくて夜勤ができないシフト制の勤務は体力的にキツい夜勤の責任とプレッシャーが重くて、精神的に辛い親の介護で夜勤ができないなど、それぞれの理由があるでしょう。しかしいざ日勤のみの仕事をしたいと考えると、様々な不安や心配で踏み出せずにいるという方はいませんか?夜勤なしの仕事にはメリットもあればデメリットもあります。両方の特徴やポイントを知り、自分に合った働き方を選択することが大切ですね。そこで今回は、夜勤なしの募集内容や狙い目の求人、デメリットやメリットなど具体的な『夜勤なし』の勤務事情についてご紹介します

看護師の人材紹介って?よくある募集内容や仕事内容の違い、給料などを紹介します

看護師が不足していると言われている現在、時期に関係なく年中多くの求人を見る機会があります。募集内容は、総合病院から小さなクリニックまで様々です。また、施設が直接求人を出している場合もありますが、人材紹介会社を通して求人を募集しているところも少なくはありません。人材紹介を介して求人を出している場合は、どういった求人が多いのでしょうか。また、仕事内容や給料の相場についても、どういった条件が多いのかをご紹介していきたいと思います。看護師の人材紹介って多いの?業種を問わず求人を紹介しているサイトから、看護師のみの求人を扱っているサイトまで様々です。看護師のみの求人サイトは大手のもので20社ほどあり、多

総合病院の看護師求人がおすすめな2つの理由。よくある募集内容や仕事内容、有名な総合病院も紹介!

総合病院看護師になりたい方は必見です。そもそも看護師の働く場所は、病院だけだと思っていませんか。総合病院はもちろん、その他に入院設備のある診療所、外来だけのクリニック、訪問看護ステーション、デイサービスやショートステイ、老健などの施設、保育所、歯科、市役所や県庁所属など、看護師の働く場所は実に様々なんです。その中で、今回は総合病院の看護師求人募集内容や業務内容などを中心にご紹介します。総合病院の看護師求人でよくある募集内容とは?一例として、秋田県内の総合病院の募集内容についてご紹介します。給与相場学歴によって多少違いがありますが、新卒の初任給で月に約18万円~21万円程が相場のようです。これに

HCUの看護師とはどういう仕事?読めば丸わかり!仕事内容や良い面・悪い面をご紹介!

HCU看護師とはどんなことをするのか皆さんはご存知でしょうか?急性期病院ならば、ICUと並んで、必ずと言ってもいいほどに存在する病棟だと思いますが、HCUという病棟を聞いたことがないという方もいると思いますので、今回はHCUとはどんな病棟なのかをご紹介させていただきます。また、HCU看護師の給料事情や業務内容、メリット等もお話しさせていただきます。HCUとは何か?HCUとはHigh Care Unitの頭文字を取った略語で、日本語では高度治療室(準集中治療室)と訳されます。主に重症で看護度の高い患者さんがいる病棟です。ICUで管理しなくても大丈夫なほど回復はしているものの、一般病棟ではまだ不安

大学病院の看護師求人の募集内容は?雇用形態によって給料は違う?疑問にもお答えします!

看護師として働くと言っても様々な働き方がありますよね!今回は、大学病院の看護師求人について詳しくお話していきたいと思います。大学病院と聞くと医療の最先端で大きな病院というイメージでしょうか。大学病院の看護師は給料は良くても残業が多いかもと思うかもしれませんが、実際は雇用形態やどこの科に所属するかで違ってきます。大学病院の看護師の求人について募集内容や気になる点をまとめましたので、参考にしてみてください。大学病院の看護師求人でよくある募集内容とは?まず最初に、大学病院の求人内容について紹介していきます。給与相場大学病院だと「給料が多そう」というイメージを持つ人がいると思いますが、実際は看護師の平