病棟・クリニック・訪問看護など、看護師さんの仕事はさまざまです。

多くの現場で看護師さんは活躍していますよね。

その中でもクリニック外来は私たちの日常生活で身近な存在の一つです。

何かあった時にすぐに受診できる病院です。

今回はクリニックの外来の看護師の業務に視点を当ててご紹介していきたいと思います。

例えば、「虫に刺されてて腫れて痛い!」「体にぶつぶつができてかゆみが止まらない!」などと日常生活で体に異変が起こることってありますよね。

皮膚に異常が出た時にかかる皮膚科。

そんな皮膚科看護師の仕事内容や役割りについてお話していきたいと思います。

「皮膚科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

皮膚科看護師の仕事内容

皮膚科にやってくる患者さんはどんな患者さんが受診されると思いますか?

想像しやすいと思いますが、皮膚に何らかの異常や症状が起きた患者さんが病院に受診されています。

皮膚症状といってもさまざまで、蕁麻疹やアレルギー性のもの、火傷や虫刺されなど幅広い症状を起こし受診されます。

病院に受診された患者さんの対応・問診や医師の診療介助、処置などが主な仕事となってきます。

その役割について詳しくご紹介していきます。

皮膚科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる

皮膚科外来の看護師の仕事は大きく分けて4つあります。

診察前、診察中、診察後に看護師が患者さんと関わり業務を行っていきます。

診察前の問診

まず、患者さんが受診された時に一番最初に行うのが、問診です。

問診とは、患者さんがどのような症状で受診されたかを聞き、内容を把握することを言います。

この問診を元に、症状と疾患を結び付けて診察に必要な準備をおこなっていきます。

医師の診察介助

医師が問診を元に診察を行います。

看護師は医師がスムーズに診察を行えるよう介助することも仕事内容に含まれます。

その際、患者さんに負担がかからないよう介助したり、羞恥心などにも配慮しフォローを行います。

処置や検査があれば患者さんへ説明し、不安を軽減するなども看護師の業務です。

また、処置や注射、レーザー治療の医師の介助も看護師の仕事です。

医師と患者さんの橋渡しのような存在です。

医師の指示の基に処置を行う

処置は医師がすべて行うわけではありません。

医師の指示の基、看護師のみで患者さんに処置を行うことも多くあります。

薬を塗ること、傷の消毒や固定、光線療法など色々な治療を看護師が中心となって行っていきます。

診察後の患者さんへのケアやフォロー

医師の診察の後には患者さんに薬の塗り方、薬の飲み方の方法を説明します。

自宅に帰ってひとりでもきちんとできるように指導していきます。

ご高齢の患者さん、学生の患者さん、社会人の患者さんなどその人に合わせた説明や指導が必要になってきます。

外来の看護師さんに共通して求められるのは患者さんとのコミュニケーション能力です。

人の立場に立ちどのような説明をしたらわかりやすいのか、帰宅しても困らず治療を継続していけるのかなど考えながら接することが必要です。

「皮膚科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

診察前の問診 3個の業務

問診を行う時は5w1H形式を意識して行う

通常の5W1HはWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)というのが基本です。

看護での問診もこれを元に行うと状況や症状を把握しやすくなります。

「だれが」「いつから」「どこが」「何をして(原因)」「どのくらい(程度)」「どのような症状」など症状を聞くようにしています。

例えば、蕁麻疹がでる患者さんが受診された場合の問診についてです。

患者さんは「2日前から体に痒みがでるんです。蕁麻疹ではないかと思うのですが・・・」というような症状を話されます。

患者さんは自分が感じたままを話されることが多いので、曖昧な情報を話されます。

このままだと状況が把握できませんよね。

看護師は必要な情報をできるだけ簡潔的に情報収集する能力を求めらえます。

患者さんは体に異常を持ち受診されます。

健康な状態ではないので話すことや問診を記入することが辛い場合もあります。

そのことを意識し、配慮しながらも必要な情報収集を行っていくことが求められます。

医師が診察する前に足りない部分を補足して、問診を行うのも看護師の仕事なのです。

先ほどの患者さんの場合は蕁麻疹かどうかの判断も必要なので、「体のどの部分ですか?」「痒みがあるだけですか?ぶつぶつなどの湿疹はありますか?」「湿疹は消えますか?残ったままですか?」などの質問を行い、必要な内容を深めていきます。

そうすると、「2日前から上半身に皮疹が出る。朝方に痒みや皮疹が出たあと3時間くらいで治まる。原因は自分では思い当たらない。症状は昨日が一番強く、今は少し落ち着いてきた。」というような具体的に症状について知ることができます。

この情報から、蕁麻疹であると推測や予測ができるようになります。

電子カルテへの入力

最近のクリニックや病棟などあらゆる機関や施設で電子カルテの導入が増えてきています。

そのため、看護師も問診の内容や記録、コストなどを入力する作業があります。

問診を電子カルテに入力することも看護師の業務のひとつです。

病院や施設によって入力方法は違いますが、その病院のやり方で内容を入力し、みんなで情報を共有していく必要があります。

パソコンの操作が得意な人は優良ですよね。

患者さんがどのような意図や意思を持って受診されたかを引き出し、伝える役割。

問診で大切なのは、患者さんがどのような意図をもって受診しているかを引き出すことも看護師の役割りです。

症状を治してほしいというシンプルな思いを持ってきている患者さんばかりではありません。

受診内容は患者さんひとりひとりによって違います。

出来物(ほくろ)ひとつでも、「ほくろを取ってほしい」という人もいれば「ほくろが悪い物か良いのもなのか判断してほしい」という思いをもって受診されます。

ほくろを取ってほしいという思いがある患者さんに、医療従事者側が「このほくろは悪い物ではないのでそのままにしていても問題ありませんよ。経過をみましょう。」と説明すると患者さんは不満を持ってしまうことになります。

病院に来た理由は「ほくろを取ること」なのに「悪い物ではないとそのままにしておきましょうと言われた。自分はそんなつもりではなかったのに・・・病院にきた意味がない。」と、診察終了後に患者さんから伝えられることもあります。

クリニックという身近な存在の病院は、このようなことは多くあります。

患者さんがどのような思いで受診し、満足して帰宅されるかということもクリニック外来では求められる業務なのです。

医師の診察介助 3個の業務

医師がスムーズに診察を行うための診察介助

医師は1日に何人もの患者さんを診察します。

診察をいかにスムーズに行うよう配慮するかも看護師に求められてきます。

医師によっての診察方法が違うので、流れや必要な物品をを把握し準備します。

検査に必要なものを事前に準備しておくことや説明に必要なパンフレット・本の準備などをしておくことも重要です。

医師が診察するときに患部を見やすく介助することや患者さんへの声かけや誘導を行うことで患者さんにも負担なく診察を行うことができるように関わります。

また、患者さんが伝えたいことを医師に伝えることや医師が患者さんに説明したことを分かりやすく伝えるなども看護師の役割りです。

医師と患者さんの橋渡しのような役割です。

患者さんの羞恥心への配慮

皮膚の症状は全身のあらゆる部分に異常が現れます。

医師はその部分を確認し、病気を判断していきます。

症状が出ている部分によっては患者さんは恥ずかしいと感じたり、あまり見せたくないと感じる方も少なくありません。

そんな時は看護師がフォローを行い、なるべく診察を苦痛なく受けて頂く配慮を行います。

処置や治療を行う時の配慮

処置や治療には時に痛みを伴うことも多いです。

私達医療従事者にとっては日常茶飯事の業務でも、患者さんにとっては初めてで不安なことも多いのです。

処置を行う前は説明をきちんと行い、不安を軽減するよう関わること。

処置を行っているときに声をかけ不安や痛みの軽減ができるように関わることも看護師の大切な役割です。

患者さんの立場に立って考えるという気持ちが大切です。

処置(医師の指示の元)3個の業務

軟膏処置

皮膚科の看護師の主な処置内容は薬を塗ることです。

この処置業務を軟膏処置と呼びます。

医師が患部に診察時に薬を塗ることが必要と判断した場合に薬を塗ります。

薬はステロイド外用薬、非ステロイド外用薬、抗生剤、皮膚保護剤(保湿剤)などの薬品を扱います。

患者さんに必要な量や薬の効果、薬を塗るタイミングについて細かく説明しながら治療をしていきます。

創傷処置

傷がある部分に対して消毒や薬の塗布、ガーゼ等での保護・固定を行う治療のことを創傷処置といいます。

医師から傷に対してどのような治療をしていくか指示を受け、処置を行います。

処置を行う時は自宅に帰って気を付けること、次回はいつ受診する必要があるかなどを患者さんに伝えながら行います。

光線療法などの機械作業

皮膚科では機械を使って治療することも多くあります。

脱毛症や水虫、白斑症などは機械による治療が必要となってきます。

医師に支持された内容を看護師が実際に行っていくこともあります。

機械を扱う際にはどのような効果があるのか、副作用等も把握しながら実施を行います。

患者さんへのケアやフォローの業務

患者さんは病院へ受診するだけでも緊張しています。

何か症状が出ていると体が辛いことや心配になり、精神的にも普段より不安定ですよね。

そして、診察になり医師と話しているとさらに緊張していることも多いようです。

診察で医師から病気の説明や薬の使い方について説明していてもなかなか頭に入ってこず理解できていないことが多くあります。

医師から医療用語で説明を受けるとさらに普段聞きなれない言葉で理解できないこともあります。

診察の時は「分かりました。」や「はい。」と言ってうなずいていても、診察が終わったあとに「先生の言っていたことってどういうことですか?」など聞かれることも多いです。

看護師は診察後に病気についての特徴や薬の飲み方、塗り方についてもう一度説明を行います。

患者さんの反応をみて必要な所を補うことも看護師の大切な役割です。

そして、一番のポイントは分かりやすく話すことです。

長々と説明しても患者さんはなかなか理解できないことも多いので、分かりやすく簡潔的に説明することを私は心がけます。

たくさん色々教えてあげたいと思うのですが、なかなか初めは難しいのが実際のところです。

患者さんが通院し、徐々に病気に理解を持てるようになって説明内容を増やすなどの工夫も必要となってくるのです。

皮膚科看護師の仕事の良いところ

皮膚科というと命に直接的に繋がる疾患は少ないです。

しかし、日常的に異常が起こりやすい部分でもあります。

たかが皮膚と感じやすい部分ではあるようですが、そのケアの大切さについても患者さんと一緒に考えるきっかけになります。

そんな関わりでやりがいを感じることや皮膚科の興味ポイントについて私なりに感じたことをお話していきます。

やりがいを感じるポイント

皮膚科は患者さんの症状が目に見えて良くなってくるのが分かります。

治療を行うことで皮膚症状が徐々に改善していくのでわかりやすいのが特徴です。

皮膚が綺麗になるだけではなく、患者さんの表情も明るくなります。

痒みや皮膚症状というのは心理的ストレスも多く、受診されてこられるときは辛そうな表情の方も少なくありません。

症状が改善することで患者さんの精神面も余裕が生まれ、笑顔が増える姿をみると看護師としての関わりに喜びを感じます。

その人の生活や日常というと大げさですが、その関わりをもち手助けをできたと思うと嬉しい気持ちになります。

また、スキンケアのアドバイスを行って行く中で、患者さんとの信頼関係もうまれます。

皮膚症状は人によっては長く付き合いながらケアを行う方も少なくありません。

症状ひとつひとつの悩みに向き合い、不安の軽減やアドバイスを行い人間関係を築くことができるという仕事にはやりがいを感じます。

興味を持てるポイント

内科疾患など目に見えない疾患は良くなっているのか判断がつかず、分かりづらいこともあります。

皮膚科疾患は基本的に単純な疾患が多いです。

目に見えて症状が悪化したり、改善したりと分かりやすいです。

目で見て判断することが得意な人は皮膚科の仕事に向いていると思います!

命に直接的な症状も少ないので、緊急的な治療が苦手な方にもおすすめです。

また、さまざまな疾患があるので勉強になり、向上心や興味を持って業務を行うことができます。

皮膚疾患、アレルギー性疾患、美容的疾患など多くの症例があります。

幅広く業務を行えることも、ポイントのひとつです。

私は皮膚科で働く前までは、皮膚についてあまり関心を持っていませんでした。

しかし、皮膚の特徴や役割を知って行く中で皮膚の大切さを感じます。

皮膚は実は奥が深いのです。

人の体を守る一番最初のバリアです。

この皮膚をケアしていくことで多くの外的刺激やアレルギー物質から体を守ることができるのです。

人にとって皮膚はとても大切な細胞のひとつなんです。

そのことを知るきっかけにもなりますよ。

「皮膚科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は外来クリニック 皮膚科の看護業務についてご紹介していきました。

皮膚は体を守る大切な細胞のひとつです。

皮膚科についてやクリニック外来という業務について少しでも興味を持つきっかけに慣れたら嬉しいです。


関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい