看護師の休みは多いの?有休や休みの取り方で気を付けることについての写真

どんな仕事でも休みは大切ですよね?

プライベートが充実していると、「よし!明日からの仕事も頑張ろう!」という気持ちになります。

では『看護師の休み』と聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

「有給休暇なんて取れないんでしょ?」

「研修とか委員会の資料作りで、休みも仕事のうちでしょ?」

「夜勤が絡んだ休みなんて、休みのうちに入らないんじゃない?」

こんな印象、もしくは実際現場で働く看護師にとっては現実的な悩みになっているかもしれませんね。

そこで今回は、『看護師の休み事情』に焦点を当て、私の経験談も織り交ぜながらご紹介したいと思います。

有給休暇や希望休みの取り方で気をつけることについても触れていますので、『看護師の休み』について悩んでいる方にとっては、参考になるかもしれません。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師の休みは多いの?

労働基準法によると・・・

  • 1日8時間以上働かせてはいけない
  • 週に40時間以上働かせてはいけない
  • 週に1日以上、月に4日以上の休みを与える
  • 年間に10日以上の有給休暇を与える

という規定があります。

しかし看護師の求人を見てもわかるとおり、病院やクリニック、施設によって年間休日はバラバラ…。

ギリギリのラインで規定が守られていなかったり、「有給休暇を年間10日以上取得できている。」なんて聞くと、「羨ましい~!」となるような現状がありますよね?

先ほど紹介した規定は、正社員雇用に該当するものです。

「ただでさえよくわからないのに、アルバイトの私はどうなっちゃうの・・・。」と不安になりますよね?

ここでは雇用形態別に見る、『看護師の休み』事情についてご紹介しましょう!

正社員

看護師の正社員の場合、求人などで唱われている年間休日数は110~120日、4週8休というところが比較的多いです。

しかしこれはあくまで目安です。

病院によっては年間80日と極端に少なかったり、クリニックなどでは年間130日なんていう嬉しい職場もあります。

私の経験談!

私が以前働いていた病院は、4週6休で年間休日が少ない職場でした。

その代わり、有給休暇は完全消化!

というのが売りです。

しかし就職して半年は有給休暇がつかず、半年後につく有休数も10日。

完全消化とは唱っているものの、年間休日は少ない…。

もちろん大変な一年になったことはご想像できるでしょう。

10日の有給休暇をどう過ごすかは、年間を見越した計画が必要です。

まず私が考えたのが『突発的な休みの可能性』でした。

人間ですから、風邪を引くこともあるでしょう。

もしかしたら怪我をするかも…親戚の不幸があるかも…なんて考えると、自分のために使える有給休暇の余裕はなし!

取りあえず、突発的なことがない限り、『半年間は有休を使わないようにしよう作戦』を取ることに!

それはそれは辛い半年間でした。

残りの半年で、連休をちょこちょこ付け、小旅行に行くことはありましたが、大好きな海外旅行はお預けです。

旅行は我慢できるとして、一番辛かったのが、日々の生活。

休みが少ないため、普段の休日も自宅で過ごすことが多く、ストレスのはけ口がない!

プライベートが充実しないと仕事に対する活力もイマイチ湧かない!

改めて、「最低でも4週8休以上の職場を選ぶべきだったな~。」と感じたエピソードでした。

また勤務する部署が、病棟なのか外来なのか、またシフト制の場合2交代なのか3交代なのかによっても、休み方が変わってきます。

病棟の場合

病棟看護師の場合の休みについて

夜勤のある病棟勤務の場合、その多くはシフト制です。

一般的な休日とされる、土日、祝日に休めるとは限りません。

またゴールデンウイークやお正月などの長期休暇も関係なし!

「皆が休みの時に、休んでみたいな~。」なんて思っている看護師も多いのではないでしょうか?

外来やクリニックの場合

基本的に日勤のみの業務で、病院やクリニックの外来休診日は休みとなります。

救急当番の日は別として、病棟に比べるとゴールデンウイークやお正月など長期の休暇も取りやすいでしょう。

2交代制の場合

2交代制の場合、基本的に夜勤明けの翌日が休日となります。

ですから印象としては2連休!

しかし15時間以上勤務しているわけですから、「2連休みたいなものだし、遊びに行こう!」と思っても、実質その日は眠気との格闘です。

ただゆっくり過ごしたいという人にとっては、休みにカウントされない『夜勤明けの日』は嬉しい時間になるかもしれませんね!

3交代制の場合

2交代制に比べ、「休みが少ないな~。」と感じる勤務形態でしょう。

例えば、深夜勤は23時頃から出勤しますが、その日が休みとしてカウントされてしまいます。

日中用事があって出かけていても、夜からは仕事ということです。

また準夜勤は夜中の1時頃まで仕事をしますが、その日が休みとしてカウントされます。

「次の日が休みだから夜更ししよう!」という、あのウキウキ感はありません。

『深夜・深夜・準夜・準夜』の1クールで、既に2日の休みが必然的に消費されるわけですから、4週8休だとすると、3クールで6日の休日となります。

そのため連休が取りづらく、ライフワークバランスが取りづらいと感じている看護師も多いでしょう。

派遣社員

派遣社員の場合、働く期間が決まっているだけで、休みの取り方は基本的に正社員と同様です。

採用時に、「週に○日、2交代制」など勤務形態が提示されるでしょう。

アルバイト

アルバイトは日勤のみのパートタイムや夜勤専従など、その種類によって休みの取り方が変わってきます。

日勤のみのパートタイム

日勤のみのパートタイム看護師の休みについて

「子供の保育園のお迎えがあるから、午前中までしか働けない。」「扶養内で働きたいから、パートがイイ!」など、家庭の事情によって働く時間を考えたい看護師にとっては人気の勤務形態です。

正社員や派遣社員に比べると、比較的休みの指定はしやすいと考えて良いでしょう。

また日勤のみのパートタイムの場合、基本的には土日・祝日は休みというケースが多いです。

夜勤専従の場合

夜勤専従のアルバイトということは、非常勤ということになります。

夜勤専従でも常勤と非常勤があり、常勤の場合労働基準法で1ヶ月144時間以上働いてはいけないという決まりがあります。

非常勤の場合でも、同じ病院では144時間以上働くことはできませんが、勤務する病院を変えれば話は別!

簡単にいってしまえば、「自分が働きたいぶんだけ働ける。」ということです。

逆に考えると、休みについては、「自分が休みたいだけ休める。」ということです。

しかし実際のところ、夜勤を連続ですることは体力的にも精神的にも続きません。

必然的に適度な休日を取りつつ働くという勤務になるでしょう。

有給や休みの取り方で気を付けること

有給休暇や休みをいかに希望通り取得できるかは、ある意味自分のプレゼン能力に左右されるといっても過言ではありません。

休みを取るということは、人手不足の看護業界では同僚の負担になる可能性が高いのが現実です。

しかしそれは「お互い様!」

最大のキーパーソンは勤務表を作る上司でしょう。

しかしシフト制で働く看護師には、『看護師ならではのメリット』もあるのでご紹介します!

有給や休みの取り方で気を付けること1:タイミング

ゴールデンウイークやお正月、連休など一般の社会人が休みの日は、旅行に行くにも旅費が高くついたり、混み合ったりするものですよね?

看護師は比較的旅費が安いシーズンを狙って旅行や休みを取ることができるため、そういった悩みから解放されるというメリットがあります。

休みをとるタイミングは、みんなが休む休日を避け、平日を選ぶと良いでしょう。

私の経験談!

私の場合、結婚を機に夜勤を辞め、病棟から外来へ勤務異動をしました。

土日、祝日が休みとなり、今までの生活習慣からガラッと変わった勤務体制となりました。

それまでシフト制で働いていたことで、お正月や祝日はもちろん仕事!

みんなと同じように休んでみたいな~と憧れていました。

最初のうちは、人混みさえも心ウキウキ!

生活スタイルも安定し、体調も良くなったことで、休みを楽しめるようになりました。

しかし夫が長期で休めるのは、ゴールデンウイークやお正月。

海外旅行に行くのは、そのタイミングしかありません。

どこへ行くにも旅費が高い!!

こうなって初めて、シフト制で働く看護師のメリットを実感したエピソードでした。

同じタイミングという意味では、上司への交渉のタイミングも重要です。

ポイントとしては、ある程度予定の立っている旅行や希望休みは、早い段階で報告しておくことです。

さりげなくアピールすることで、上司の頭の片隅には前情報として認識されるでしょう。

急に長い連休を取ったり、希望休みが多いと、上司も、「そんな急な休みはあげられない!」となってしまうかもしれませんね!

私の経験談!

私が以前働いていた病院では、結婚すると1週間の結婚休暇が貰えました。

私も結婚し、結婚休暇を申請することになりました。

行き先はハワイ!

主人の休暇が取れる時期と、割と安い時期が重なり、4月を狙って計画を立てていました。

しかし4月というと新卒者が入り、指導のために人手が必要な時期!

これは交渉が必要だと考えた私は、上司にどのタイミングで、そしてどんな言い方で伝えるか考えます。

私「師長ご相談があるんですが…。」

上司「どうしたの?」

私「結婚休暇の件なんですが、主人の休みが長期で取れるのが4月なんです…。でも4月って新人さんも入ってくるし、忙しいじゃないですか。だから申し訳なくて…。せめて早めにご相談したほうがイイかなって思ったんです。」

上司「そんなの何回もあることじゃないんだから、気にすることないよ。心配しないで行ってきなさい!忘れないようにカレンダーに書いとくわ!」

こうして私は希望通り、新婚旅行に行くことができました。

ちょっと策士か?

とも思いますが、いかにプレゼンを上手くするかも、休み希望を取るためには必要なスキルといえるかもしれませんね!

有給や休みの取り方で気を付けること2:日数

日数に関しては、『常識の範囲で』というのが基本でしょう。

「○月は海外旅行に行くから、長期休暇が欲しい!」となった場合は、その前後の月は休み希望を控えたり、月に何度も連休を取ることを避けたり、バランスが大切です。

あまり希望休みや有給休暇を取っていると、たとえ自分の主張してよい休み日数であっても、上司や同僚から、「あの人休んでばっかり!」と悪い印象を持たれてしまうでしょう。

私の経験談!

暗黙の了解で、毎月25日は休み希望を出すという同僚がいました。

その理由は…お給料日だから!

それでも特に苦情は出ませんでした。

しかし、その同僚が25日以外に長期の休み希望を出したとき、ベテラン世代の看護師が自分の休み希望と被ってしまいます。

上司に、「どちらかにしか休みはあげられないから相談して決めて。」と言われ、不満爆発!

「今まで目を瞑ってきたけど、毎月25日に休みを取るのもおかしいのに、その上長期で休むなんてどういうつもり!」

「みんな譲り合ってるんだから、あなたが譲るべき!」結局ベテラン世代の看護師に休みは譲られましたが、残ったのはギスギスした関係性だけ。

休みの取り方も考えものだな~と思ったエピソードでした。

有給や休みの取り方で気を付けること3:他の人のシフト

希望の休みが欲しいのは、みんな一緒!

毎日確実に確保しなければならない人数というのが決まっていますので、そこは譲り合い。

同僚と上手く相談して、休みを取ることが大切です。

私の経験談!

私が以前勤務していた病院では、病棟に『休み希望ノート』というのが置いてありました。

そこに自分の名前が書いてあって、休み希望を取れる日になると、日付の下に○と希望の理由を書くようになっていました。

ある意味「早いもの勝ち!」というシステムでしたが、理由も書いてあることから、どうしても外せない用事がある人は、直接同僚と交渉するというスタイルになります。

自然と、「この日は希望が多いから、違う日に休みを取ろう~。」と大きな揉め事はなく、連休や長期休暇も取れいていた記憶があります。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがだったでしょうか?

一括りに『看護師の休み』といっても、雇用形態や勤務体制によっても、その内容が変わってくることがわかりました。

有給休暇や希望休みを取るには、上司や同僚との関係性や交渉術も大切!

看護師だからこそのメリットもあるため、休み方によってはプライベートが充実することは間違いなしです!

これを機に、あなたも上手な休み方を習得して、有意義な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト


看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

就職率が高い看護師の専門学校10選

看護師の資格を取得し看護職員として就業している人の数は年々増加傾向にあります。平成28年度の看護職員総数は1,660,071人で、前年度比21%増という結果になっています(厚生労働省医政局看護課調べ)。看護師になるためには、看護師国家試験を受験して合格しなければいけません。看護師国家資格には受験資格があり、大学(看護系学科)、3年制短大(看護系学科)、3年制看護専門学校を卒業している必要があります。看護師国家試験に見事合格して資格を取得すると、看護職員として様々な場所で就業することができます。【看護師資格が活きる就職先】病院一般企業(医務室、CRC、CRA、クリニカルスペシャリストなど)高齢者

訪問看護師とはどんな仕事?仕事内容や看護においての役割、なり方など詳しく解説します!

看護師というと、病院やクリニックなど施設で働いているイメージが強いと思いますが、看護師の働く場所は病院ばかりではありません。それは、全ての患者さんが入院している訳ではないからです。病気や障害を抱えながら、自宅で生活している患者さんもたくさんいます。そんな地域にいる患者さんの元に出向いて看護をするのが訪問看護師です。ここでは、訪問看護師の仕事内容から必要な経験、なり方までまるっとご紹介いたします。訪問看護師とはどんな仕事?訪問看護とは地域で生活している、看護が必要な人のところに出向いて看護をするお仕事です。ここでいう地域とは、自宅やグループホームなど、病院などの施設以外を指します。現在、国の方針

小児科看護師の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

小児科には0歳~15歳の子ども達が受診する病院です。受診される患者さんは、産まれたばかりの赤ちゃん(乳児)、小さな子ども(幼児)、また小学生~高校生(青年期・思春期)の子ども達がメインとなります。子ども好きな人にとっては憧れる診療科のひとつでもありますよね。可愛い子ども達と関わることができる診療科という以外にも看護師としてさまざまな経験できる診療科でもあるのです。小児科外来の看護師として働いた経験を元に、仕事内容ややりがいについて今回お話をしていきたいと思います。小児科看護師の仕事は大きく4個の役割に分けられる小児科での看護師の役割りとはどんなことがあるのでしょうか。さまざまな役割がありますが

看護師のチームワークを強化するためにやるべき4つのこと

看護師として働いているとチームワークについて考える機会はとても多いです。患者さんの治療を行う上ではチーム医療というのはとても重要視されています。なぜそんなにチームワークが大切なのでしょうか?医療現場では様々な職種が連携し、業務を行っています。看護師だけでなく医師、看護師、薬剤師、栄養士、事務、作業療法士、理学療法、看護助手など多くの人が関わっています。このような環境で質の高い看護や治療を行うためにはチームワークは必須なのです。今回はチームワークの重要性とそこから得ることができるもの、またチームワークが不十分であるがために起こりやすいことについてもお話をしていきたいと思います。看護師の仕事ってど

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい