ここでは看護師が40代で転職する時に気をつけたい5つのことを解説します。

40代の看護師はほとんどがベテランの域に達する看護師です。

そのような人たちが転職することなどあるのでしょうか?

またもし転職するとしたらどのような理由があり、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

看護師で40代で転職する人は多い?

40代の看護師が、看護師の仕事とは全く違った職種に変わるということはほとんどありません。

しかし、看護師の資格はなにも病院だけで使える資格ではないので、病院以外のところで働くために職場を変える40代の看護師は多いです。

ではどんな職場に変えることが多いのでしょうか?

変わる場所としては以下のようなところが考えられます。

在宅看護センター

在宅看護センターというのは、地域に密着した看護を行えるように設立されたもので、対象は家に住んでいるけどもある程度の看護を必要としている高齢者や、生活のリハビリを行いたい人、精神疾患を抱えた人の看護などを担っています。

今日、病院には長く入院ができないことから在宅看護の需要がすごく高まっているので、40代からのキャリア組は即戦力としてかなり重宝されるでしょう!

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは在宅では看護が難しい高齢者などが家に帰れるように施設でリハビリなどをして暮らすところが主です。

なかには通所型のところもあり、どこも必ず看護師が必要になります。

ここでの看護師の役割は利用者の体調管理、変化の有無の確認、擦過傷や打撲など家での傷が新しくできていないか(本人の知らないところで傷ができてしまっている可能性があるため必ず確認)を確認しています。

また夜勤も行なうところやオンコールで呼ばれるところもあり、施設の形態によって様々です。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイケアセンター

デイケアセンターは主に日常生活の不安をなくすためにリハビリや清潔ケアなどを中心に行なう施設です。

ここで看護師は利用者の体調の変化をチェックしたり、リハビリの経過の記録や清潔ケアの実施を行います。

実際に病棟で行なっていた看護がかなり活用できる仕事です。

クリニック

クリニックはたくさん種類がありますが、必ず看護師がいることは皆さんご存知かと思います。

看護師の仕事の主は「診療の補助」と呼ばれるものです。

医師の診療の補助や、カルテの整理、小児科専門の看護師であれば小児を落ち着かせるというのも看護師に必要なスキルです。

いままで自分が培ってきた技術はクリニックでも活用できるので、40代からの転職でクリニックを選ぶ人は多いです。

休みも決まっていることが多いので、生活リズムは病棟よりかなりつけやすいでしょう。

保育士(看護師の資格+保育士の資格も必要)

小児科を経験している人の中には看護師と保育士の資格などを用いて保育園の管理者になろうと考えている人もいます。

そのためには働きながら資格をとらないといけないのですが、決して簡単ではないのでかなり向上心のある人には向いています。

大学や看護学校の教師

自分が看護の現場で培った技術と経験を用いて看護学生として頑張っている未来の看護師の卵に何か伝えたい、なにかを残したいと考えるまさに白衣の天使のような人もいます。

客員講師として働きながら他のクリニックや病院で働いている人もいるので、割と融通が利きやすい仕事なのかもしれませんね。

ただ、学生にもわかりやすい資料を作ったりする手間もかかるので、時間は結構取られやすかったりします。

外来看護師として働く

病棟の看護師でママさんナースなどが選択することが多いのがこの「外来看護師として働く」という選択です。

外来なら土日はほぼ休みになりますし(土曜日出勤の場合もあります)悩みの種になりやすい体力との兼ね合いも病棟よりは楽になるでしょう。

給料は病棟よりは減る可能性がたかいのですが、同じ病院内での転職ならある程度のコネや融通は利くでしょう。

またこれから紹介する気を付けることなども心配することがぐっと少なくなります!

治験の看護師

治験というのは山の中にある植物、それに付着している細菌、土の中や海の中の生物に付着している菌や物質などを動物実験や簡易実験を用いて病気に効果があるのか、本当に人に使用しても安全なのかどうかを最終段階として健康な人間で試して、作用や効果、副作用などを見る仕事のことを指します。

このような段階を繰り返すことで新しい薬が作られます。

看護師はその被験者の体調に変化がないか、薬の効用に対する記録をする役割を担っています。

看護師は病棟でも薬の効用を観察することもあるので、業務としてはあまり変わりません。

ただ観察対象が健康な人になるのでそこだけは気を付ける必要があります。

「看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

よくある転職理由

では実際にどのような理由で転職を行うのでしょうか?

長く働いていれば、ずっと居続けられるような職業なので、意外とこんな理由もあったのかという発見もあるかもしれませんね。

夜勤がきついため

20代30代前半であれば夜勤を月に5.6回行えるのですが、30代後半や40代になると夜勤をこなせる体力や集中力が続かないことが多くなります。

体力や集中力が続かないと結果的に患者の命へつながる問題になりかねないので、30代後半から病棟の勤務を辞めて転職する人は増えていきます。

給与が割に合わないため

40代の看護師の多くは責任のある役職につかされます。

早い人では看護部に召集される人や看護師長などの部署を任される人もいるくらいです。

そのような責任ある役職につくとと同時に問題になるのは給与面です。

やはり役職を与えられるなら、それなりに給与も上げてほしいと思うのは至極当然でしょう。

すべてがお金のためというわけではありませんが、モチベーションの維持のためにも給与はそれなりに上がらないとやっていけない部分もあるでしょう。

~自分だったら本当はいくら貰える?~

子どもとの時間を増やしたいから

看護師の子どもは小さいころから母親もしくは父親が土日休みではないことが多く、十分に子どもとの時間が過ごせないという悩みもあるようです。

また40代の看護師の子どもは人によっては中学受験、高校受験などの人生の岐路に立っていることもあります。

そのような時に親の支えは必ず必要になるので、せめて土日だけでも子どものために時間を使いたいという人もいます。

培ったキャリアを後輩の指導に役立てたいから

看護師の中でも教師を目指す人の理由です。

病棟でもきっと指導者などをしていた方などは転職後の進路として教師を選ぶ人は多いです。

最近まで看護師の仕事をしていた人の実際の声や経験を聞けるのはかなり貴重なことなので、看護学生からしてみるととても有意義な授業になるでしょう。

看護師が転職する理由を紹介しました。

40代ならではの理由もあり、違うキャリアを積むための理由など様々でしたね。

看護師が40代で転職する時に気をつけたい5つのこと

看護師が40代で転職する時に気を付けたいことは一体なにがあるのでしょうか?

20代30代の時の転職とはまた違う点もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1度病棟看護師を離れると年齢的に戻ってくるのは難しい

病棟看護師は外来やクリニックよりはるかにきつい部署です。

しかしその分給料も高いのですが、40代の看護師が20代と同じシフトで働けるかというと、なかなか難しい所があります。

いくら技術や経験が勝っていても体力的には負けてしまうことが多いです。

また病院側も病棟には若い看護師を送り経験を積ませたいと考えているところが多いので、1度病棟の看護師を離れるとどうしても戻りづらくなってしまうのが今の日本の病院の現状なのかもしれません。

ただ、1度病棟を離れてしまった看護師がまた病棟に戻りたいと思うかどうかはまた別の話です(笑)

給料が下がる転職先もある

働いていた職場にもよりますが、特に病棟で働いていた看護師が他の職場に移るときは給料が下がることを覚悟する必要があります。

もちろん転職サイトのリクルーター等を活用している人は、給与交渉などをしてくれるところもあるので、最初から諦めることはしないほうが良いですが、きっと転職先が前の職場よりも高い給料になることはほとんどないでしょう。

転職の募集先が少ない

40代の看護師と言えど転職活動のノウハウは他の企業の人と同じです。

そうなるとやはり40代の転職というのはなかなか募集先がないことは想像がつくかと思います…。

ただキャリアなどをしっかり積んでいる看護師であれば、正直言うとコネが使えるところもありますし、看護師としてこれからも働くのであればそこまで困ることはないでしょう。

新たに就職先を考える人にとっては少々難しいところかもしれませんね。

転職活動費がかかる

どの年代でも転職活動費はかかります。

もし家計を支えている立場の人や、家計を助けている人は新たに転職活動費(ほとんどが交通費)がかさむので、家族とよく話し合う必要があります。

「たかが交通費」なんて思わないほうが良いでしょう。

いくらっ看護師と言えども交通費は無駄にかかりますし、転職活動が長引けば長引くほど費用はかさみます。

しっかりとした計画のもとで行なってくださいね。

働きながら転職活動をすると労力が2倍

経済的な面がメインでしたが、転職する際の労力にも焦点を当てます。

経験がある人はわかっていただけるかと思いますが、転職活動はかなり労力を使います。

働きながらというのはなおさら疲れるので、自身の体調管理も余計に気を付けないといけません。

私は転職活動をしていたときはうまく有給を使用していました。

部署によっては使いづらいところもあるのですが、今後の自分のためです、なにを言われても申請はしておきましょう!

転職するにあたっての必要な心構え

転職をするにあたっての必要な心構えはなにかあるのでしょうか?そもそも心構えが必要なのでしょうか?と疑問に至ると思うのですが、転職活動が終わり、どこかの職場に採用されたらそこではいくらキャリアがあってもしばらくは新人としての扱いを受けます。

そのような点も含めて心構えを紹介しますね!

職場の中での新人はしばらくぬぐえない

40代の看護師となるとなかなか新人のような扱いを受けることはありません、というか無いでしょう(笑)

しかし、転職をしてしまえば、しばらくはあなたは新人として扱われます。

さすがに看護師の世界は経験年数がものをいうのでいずれはキャリアで見られることが多くなるのですが、今まで上の立場だった看護師が転職した途端にやりづらさを感じてしまうことはよくあることなのです。

最初の3ヶ月はあまり大きな顔はしないほうが良いでしょう。

急に訪れるキャリアの目

前述したとおり、時期がくるとだんだんとあなたのキャリアに目が向けられて色々な仕事を任されるようになります。

それはそれで良いことなのですが、いきなりの変化にびっくりしてついていけないと思ってしまう人も少なくないんです。

転職をした人は「いずれガラッと変化するときがくるんだろうな…」と頭の片隅に置いておくとびっくりしなくて済むでしょう。

今まで行なってきたやり方と違う場合もある

使っている器具や、使っている消耗品が違うと困惑してしまうのはどの看護師でも同じです。

転職をしても器具がまったく違うということはないのでしょうが、それぞれの場所で保管の仕方や保存の時期などが違ったり洗浄の仕方が違うなどがあるので、そういう場面は柔軟に対応していかないといけません。

どこに転職しても勉強は続く

転職しても看護師としての勉強は続きます。

いくらキャリア幅広く積んでいても、看護には学ぶことがたくさんあります。

その学びをいつまでも続けていられるようにしたいですね。

まとめ

以上が看護師が40代で転職する理由の紹介と、転職する時に気をつけたい5つのこと、転職するにあたって必要な心構えの解説でした。

看護師は職場を離れるときは必ずなにかしらの理由があるのですが、40代から転職を考えるということはかなり勇気と覚悟が必要でしょう。

今まで働いていたところでずっと働き続ければ、新たな労力や費用をついやす必要がないわけですから…。

ただそれでも転職をしようとする40代の看護師はとても素晴らしいことです。

転職をどんどん進めるわけではありませんが、勇気をもって自分の道を進むことは恥ずかしくないこと。

この記事で少しでも勇気をもっていただけたら幸いです。

~自分にはどの看護師の仕事が向いているか?~

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
登録者数11万人!全国に支店。12万件以上の事業所情報 公式サイト 公式サイト
関東・関西・東海専門!高時給求人・保育園等のレア求人が多数! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

皮膚科看護師求人でよくある募集内容や正社員・バイトなどでの違い、気になる疑問について解説します

今回は皮膚科での仕事内容や求人について視点をおいてみました!好条件な求人内容や就職活動で参考になるポイントについてもお話をしていきたいと思います。看護師としてのスキルや好感を持たれやすい人柄などについてもご紹介していきたいと思います。皮膚科看護師のおおまかな仕事内容皮膚科は総合病院などでも外来での診察や日帰り手術などが多いです。手術の必要な疾患であっても内科や耳鼻科や泌尿器科などと混合病棟であることが多いです。そのため、個人病院やクリニックの皮膚科外来で主に診療を行い、手術や精査が必要な患者さんが総合病院へ紹介され受診するという流れとなっています。皮膚科の看護師の主な仕事内容は外来での仕事です

精神科看護師の転職を成功させるために!狙い目な病院の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

精神科の病院と言うと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?看護師の皆さんなら、必ず一度は実習で行っているはずです。その実習で、精神科看護は「好き」と「嫌い」がはっきり分かれる分野ではないでしょうか。私は実習での経験から、「怖い」「大嫌い」というイメージを強くしたため、新卒で選んだ病院は精神科の(絶対)ない、急性期の総合病院でした。私と同じように、精神科は「怖い」「独特」などのイメージを持っている人も多いと思います。そんな私が、ひょんなきっかけから精神科単科の病院に転職した経験を基に、精神科の転職について書いてみたいと思います。精神科看護師の転職で注意したほうが良い3個のことこんなはずじゃ

泌尿器科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

みなさんは、「泌尿器科看護師」という言葉は、耳にしたことはありますでしょうか。知っているようで、意外と仕事内容については分からない方が多いと思います。今回は、そんな泌尿器科看護師に興味がある人、または目指している方のために泌尿器科看護師について解説していきたいと思います。泌尿器科看護師のおおまかな仕事内容手術後の状態観察・点滴・注射泌尿器は主に、外科治療です。手術前に患者さんをオペ室へ送り出し、手術後の治療観察をしていきます。「腎結石」「尿路結石」」「膀胱結石」「腎盂腎炎」「腎臓がん」「前立腺がん」「膀胱がん」とさまざまな疾患の方がいるので、一人一人にあった、オペ後ケアを行う必要があります。ま

手術室看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「手術室看護師」とか「オペ看」と聞いて、どのようなイメージが湧くでしょうか?手術の時にメスを渡す人、医者の汗を拭く人、またはドラマの世界で全く想像もつかないという方も多いのではないでしょうか。今回は、手術室看護師について興味がある方、もしくは将来手術室看護師を目指している方のために、手術室看護師の求人に関して詳しくご紹介します。手術室看護師求人のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容手術室看護師は日々の仕事で様々な業務を行っています。これから手術室看護師の業務内容について、手術中に患者さんに行うケアや手術器具の準備と片付け、手術前後の患者さんへの訪問など具体的に説明していきます。器械出し器械出し

眼科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

看護師にもいろいろな種類の仕事がありますが、看護師の中でも、今回は眼科看護師について解説します。眼科看護師の求人内容や、おすすめポイント、このお仕事への向き不向きなど幅広く紹介しますので、ぜひお読みください。眼科看護師はどんな仕事?目に関する相談から視力検査、目の病気の早期発見・治療など幅広い目のトラブルを扱う事が眼科分野を担当します。普通の看護師とは、大まかには一般的な看護師と変わりありません。しかし眼科は、特殊な分野であり、看護師業務内容も少し変わってきます。特殊な分野である眼科は、他の外来と変わらない診察介助はありますが、視能訓練士が居ない施設では、視能訓練士の役割も賄うこともあります。

看護師派遣に強いおすすめ派遣会社4選。選び方から注意点まで元看護師派遣のコーディネーターが解説!

「看護師の派遣の仕事を探したいけど、どうやって探せばいいんだろう?」そんな悩みを抱えている方に向けて、看護師派遣に強いおすすめ派遣会社やその選び方や、どこをポイントにどのように選択すればいいかなど、色々な点を分かりやすくご説明していきます。私は看護師派遣コーディネーターを5年間経験して来たので、その時の経験をもとに厳選しました。なぜ看護師の派遣は、看護師派遣に特化した会社を選ぶべきか?「看護師派遣」と言っても、様々な派遣会社があります。一般事務職が強い会社、製造派遣が強い会社、全業種に取引がある派遣会社など…。色々な業種と取引のある派遣会社の中には医療系の求人もありますので、もちろん登録してお

看護師派遣求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント。元派遣コーディネーターが解説!

現在高齢化が深刻な問題となっています。どの業界・業種でも起こっている問題が人手不足。もちろん医療業界にもその深刻な問題は広がっています。反対に小さな子供さんがいらっしゃるご家庭では、保育園・幼稚園が決まらないという理由で、復職が困難になっている現状もあります。物価は上がり、消費税まで上がるこの昨今、共働きをするご夫婦も大変多いのではないでしょうか?ご縁があり、すぐにお仕事が決まれば幸いですが、希望する条件が増えると、なかなか仕事は見つかり辛くなり、そして気持ちばかりが焦り、その焦りから冷静な判断ができず、少し条件を緩和して就業してみたものの、家庭に皺寄せが行き、結果、長くお勤めできない状態がグ

精神科看護師の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。精神科の看護師はどんな仕事?一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、

マイナビ看護師がおすすめな6個の理由。向いてる人や、扱い職種・就業までの流れまで丁寧に解説!

転職を考えている看護師の方は、どの転職エージェントに登録すれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。看護師専門の転職エージェントをインターネットで探すと、何ページにもわたり、数多くの会社が出てきますよね。しかし、すべての看護師専門の転職エージェントが同じように転職を有利に導いてくれる会社とは限りません。看護師専門の転職エージェントでの経験がある私がおすすめするのは、業界大手の1社「マイナビ看護師」です。今回は数ある看護師専門の転職エージェントの中でも、「マイナビ看護師がおすすめな理由」や、「マイナビ看護師を使うのに向いてる人の特徴」について解説します。さらにマイナビ看護師が扱っている

精神科看護師求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

多くの看護師にとって、精神科は「難しそう」「しんどそう」「身体が大変そう」「危険」といったイメージがあるかと思います。もちろんそういった部分はありますが、それが故に、精神科の求人では仕事を続けやすいように様々な方策をとられています。ここではそういった精神科看護師の求人の募集内容や、精神科の経験が無い方が気になるであろう疑問にお答えしていきます。精神科看護師のおおまかな仕事内容患者さんの状態を把握する患者さんの状態を把握するのは、看護師であれば必ずする仕事です。もちろん精神科も例外ではありません。バイタルサインはもちろん、精神的な症状も把握していきます。精神疾患の患者さんは、自分の状態を直接表現


看護師求人に関するコラム

看護師で稼ぎたい!稼ぐのにオススメな働き方や勤務場所などをご紹介

看護師として働いていて、こんなに働いているのに給料と労働力が見合っていないと感じることありますよね。国立病院などで働いていると給与は良いと思います。しかし、総合病院などは忙しいわりに給料が見合っていないと感じている看護師は少なくありません。では、どうやったら看護師の資格を活かして稼ぐことができるのでしょうか?今回は看護師の資格や経験を活かして稼ぐことができる方法についてお話していきたいと思います。どのような場所で働くと高収入を得ることができるのか?看護師として働きながら副業を行うにはどのようなことができるのか?このような内容についてお話していきたいと思います。看護師の仕事で稼ぐにはどうすればい

看護師が苦労する7つのこと。経験者が紹介します!

看護師とイメージすると色々なイメージがありますよね。優しい印象、やりがいがある印象、人のためになる仕事など好感を持つイメージも多いです。また、それとは反対に危険、大変、体力的にも辛いなどマイナスな印象もあります。私も実際に自分の職業を話す機会があると、「看護師さんなんだ!大変だね」とほぼ9割近くの人に言われます。一般的なイメージからも看護師と聞くと大変な仕事という印象があるようですね。今回は看護師ならではの苦労した話についてご紹介します。一言に大変な仕事と言ってもどんな苦労があるかはなかなか体験してみないと実感できませんよね。イメージできる具体的な場面やその苦労の乗り越え方について私なりに分か

看護師採用はどんな会社がしてる?3つの病院タイプや人手が足りない科・看護師が求められている役割とは

看護師といえば病院やクリニックで働いているイメージですよね。約9割の看護師は医療や介護の現場で働いています。しかし、看護師免許は医療現場以外でもその資格を活かすことが可能なのです。全体の1割の看護師はどんな職場で働いているのでしょうか?今回は医療現場以外で看護師採用をしている会社に視点をあてて説明を行っていきたいと思います。また、病院や企業など看護師として働く現場の特徴についてもご紹介していきたいと思います。看護師採用はどんな会社がしてる?看護師としての仕事内容は幅広く、医療や介護以外で活躍している看護師は多く存在しています。では、実際にどのようなところで働いているのでしょうか?医療や介護以外

看護師在宅ワークにおすすめな仕事とは?おすすめやメリットデメリットを経験者が教えます。

ここ最近、SNSの普及が充実しておりその中で様々な情報が飛び交うようになりました。その中でも現在注目されているのが「在宅ワーク」です。在宅ワークってどういったことをするのだろうとお思いになる方がほとんどかと思います。ここでは、看護師にオススメな在宅ワークをご紹介していきたいと思います。看護師の在宅ワークにおすすめな仕事とは?そもそも看護師に在宅ワークが必要なのでしょうか?看護師といえば、給料が高いというイメージが多いかと思います。実際私も看護師として働く傍ら、在宅ワークをしている身でもあります。私の場合、現役で働いている時はそこまで在宅ワークに時間をかけることができなかったのですが、妊娠をして

看護師が50代で転職する時に気をつけたい5つのこと。経験者が解説します!

看護師の転職なんていくらでもあります。現在看護師という職業は本当に人手不足で年代問わず優遇される事が多いのです。資格があった方が有利とは言われますが、看護師ほど有利な職業はないでしょうね。今回は50代の看護師が転職する際に注意して頂きたい事をお伝えしていきましょう。私も元医療事務でしたので、気が付いた事を全てお話致します。看護師が50代で転職する人は多い?看護師が50代で転職される方というのはそこそこかもしれませんね。病院勤めをされているか、クリニックで働いてきたかのどちらかになります。30代、40代で転職される方はおりますが、50代となると正直厳しいものがあると思って下さい。確かに看護師とい