最近では、色々な企業が「働き方改革」として、勤務時間の見直しや、仕事内容の見直しなどを行っています。

仕事だけでなく、家庭や個人の時間を大切に出来るような工夫がなされている企業も増えています。

そんな中、栄養士の仕事をしていると、ここがブラックな部分だな、と感じる場面に出くわす場面があります。

今回は、栄養士の仕事がブラックな仕事だなと感じる瞬間と、それでも楽しさや、やりがいを感じられることに注目して見て行きたいと思います。

経験者が紹介!栄養士がブラックだと感じた4つの瞬間とは?

栄養士の仕事内容や待遇は、現場により変わってきますが、主な仕事内容は献立作成や、調理業務、簡単な栄養指導です。

そんな中で、栄養士の仕事って何だかブラックな部分だなと感じたことを、包み隠さずお伝えします。

仕事量がとにかく多い!事務時間の確保が難しく、残業をすることも

栄養士の仕事は、病院や福祉施設、学校、幼稚園、保育園、社員食堂など、いずれも「大量調理」に携わっている場合が多くなります。

大量調理と言っても、ただ単に料理を作るだけではなく、細かい仕事が栄養士には沢山舞い込んで来ます。

よって、調理などの厨房業務をこなしながら、栄養士としての事務の仕事をすることは時間配分も難しく、残業をすることも現場によっては多くなり、ブラックな部分だなと感じる人も多いでしょう。

では、この事について、もう少し詳しく見て行きたいと思います。

1日に3食の食事を提供する場合は、調理師や、調理補助、栄養士が協力をして、調理、仕込み、盛り付け、洗浄などを分担し、業務に取り組みます。

そして、食事提供の時間は決まっているので、間に合うようにするためにも、栄養士は事務作業より、まずは厨房業務を優先せざるを得ません。

しかし、食事を提供するということは、まず、バランスの良い献立を立て、食材を注文しなくてはいけません。

また、厨房で必要となる資料は沢山あります。

掲示用の献立、棚卸表、清掃チェック表などもそれに当たります。

なるべく業務時間内に、栄養士の事務時間を確保したいのが本音ですが、その流れを作ることはとても難しく、厨房業務を段取り良く終え、やっとの思いで時間を捻出できたり、休憩時間を利用したりして作業をしていました。

しかし、勤務時間内に終わらないことも多く、残業が多い現場は、勤務する人によっては大変で、ブラックな部分だと言えるでしょう。

厨房内という狭いコミュニティーでの難しい立ち位置が大変

栄養士の転職理由を聞くと、人間関係で転職する人も少なくありません。

理由は、人によって違いますが、毎日限られたメンバーで仕事をするにあたり、人間関係が上手くいかないと、人によっては業務が多忙なことより、精神的苦痛により参ってしまいます。

栄養士は、上からは管理栄養士という現場を統括する立場の人から指示を受け、一緒に働く調理師や調理員も、勤続年数の長いベテランの人がいると苦情を言われ易く、板挟みの状況となり、立ち位置が難しい点がブラックな部分だと言えるでしょう。

病院などでも、働き方として直営業務なのか、委託業務なのかによって人員配置や仕事内容は変わってきます。

例として、委託業務の場合だと、栄養士という資格を持っていることにより、若くしてリーダーを任される栄養士も多くいます。

しかし、そこに実力や人間力が伴っていないと、今まで勤めていたベテラン層が黙っていません。

いかにコミュニケーションを大切にし、こちらも色々と学ばせて欲しいという姿勢でいかないと現場は上手く回らず、自分自身の仕事にも影響が出てくるでしょう。

ただ、委託会社としての利点もあるので一概には言えません。

栄養士の上に立つ、管理栄養士は、栄養士と違って国家試験を受けて取得できる国家資格ですので、より専門的な知識もあります。

入院患者様や、利用者様のためを思っての指示であることには間違いありませんが、単価の問題や、仕事量の問題、一緒に働く人員の問題などの内部の事情も考慮しながら、間を取り持つということは難しいと感じる場合も多くあるでしょう。

シフト制だと休みたいときに休めず、慣れるまでは大変!

365日、毎日3食の食事提供をする場合は、どうしても勤務はシフト制の場合が多くなります。

パートで働くなど、自分の希望を通しやすい雇用形態の場合は別ですが、正社員や契約社員として勤めている場合は、早番、遅番を組み合わせての勤務になることが一般的です。

労働基準法として決して問題がある訳ではないですが、慣れるまでは交代制の大変さや、土日、祝、年末年始など、多くの人が休める時に出勤するということを辛く感じることもあり、ブラックな部分だと感じる人も多いでしょう。

栄養士として勤める時は、ぜひ勤務形態も確認することをお勧めします。

引継ぎ業務の粗さ。栄養士のスキルアップと仕事内容の向上のためにもしっかりとするべき!

日々の仕事に追われることが多い栄養士業務。

大きな施設で働いている場合は別ですが、同じ栄養士という資格を持って働いている人は、現場内に決して多くはありません。

相手ありきの仕事なので、新しい職に就く場合は、しっかりと引継ぎ業務をして取り組みたいところですが、きちんと引継ぎ業務ができる環境にある現場はあまり聞いたことがなく、ブラックな部分だと挙げられるでしょう。

何しろ細かい仕事が多いので、栄養士経験のない人だと、1回教えても中々理解できなかったり、献立作成などもある程度はセンスなど感覚的な部分もあり、正解がない業務なので全てを伝えることは難しいです。

また、身体的、精神的に問題があり急に退職する場合は、ほぼ引継ぎなしで業務に取り組まなければならない場合もあります。

実際に、机の中の資料を整理しながら、業務を想像し、手探りで新しい職場で勤めた事もあります。

新しい職場へ行くときは、栄養士の配置人数、引継ぎ期間、引継ぎ資料があるかの確認を必ずし、ブラックな環境でないことを確認しましょう。

それでもこの仕事は楽しいと思う3つの理由

ブラックな部分だけだと、いくらお給料をもらっていても続けるのは困難です。

でも、安心してください。

これから、栄養士の楽しいところも、包み隠さずお伝えします。

人と関われることが楽しい!

病院や福祉施設などで、栄養指導をしたり、直接患者様や利用者様と関わる機会が多いのは、正直、栄養士より管理栄養士の方が多いでしょう。

しかし、配膳や下膳の時、又は手紙でお礼を伝えてくれる人など、食事を食べた人と接する機会は少なからずあります。

学校や、幼稚園、保育園でも同様で、食事の様子を見られたり、配膳時に会話をしたりする場合もあります。

自分の考えた献立の評価が返ってくることは、緊張しますが、美味しかったと笑顔を見れた時は、栄養士の仕事をとても楽しいと感じることができるでしょう。

献立を作成し、厨房内で協力して食事を作り上げることが楽しい!

「栄養士」を仕事として選ぶ場合、「食に興味があるから」「料理が好きだから」という理由をよく耳にします。

自分の興味のある分野で仕事をし、頭の中でわくわくするような献立の組み合わせを考え、家族以上に一緒に過ごすことの多いメンバーと一体となり、食事を作り、提供できる、という達成感が、嬉しくもあり、楽しさでもあります。

大げさに聞こえるかもしれませんが、1食1食を大切に作り上げ、時間通りに提供するということは、毎日のことでも新鮮で充実感を得られるでしょう。

たまには失敗することもありますが、それも成功へ導くためのプロセスとして大切なので、ぜひ前向きに捉えて頂きたいと思います。

新しい発見など学べたとき楽しさが増える

どの仕事でも同じだと思いますが、単調に目の前の仕事だけをこなして進歩がないと退屈に感じてしまうことも多いでしょう。

しかし、毎日違う献立を調理し、メニューを考えるという場面において、周りの人から学べるチャンスはとても多く、新しい知識を得られやすい仕事だと思います。

先輩の管理栄養士からの、より専門的なアドバイスだったり、調理のプロである調理師からの調理技術の話だったり、その内容は変わってきますが、スキルアップにつながる場面が沢山あるのです。

不思議なもので、同じ道具に、同じ材料で作った献立でも、作り手によって味や食感が大分変ってきます。

工夫次第でアイデアが無限に広がるという点が、食に対する楽しさだと思います。

ぜひ、大変な仕事によって目先のスキルアップできるチャンスを見失わず、楽しさを見つけながら栄養士の仕事をして頂けると嬉しいです。

また、栄養士の場合、実際に新たな資格を取得しスキルアップすることも出来るのでお勧めです。

実務経験を重ね、管理栄養士の資格を取ると、さらに仕事の幅は広がり、責任も増えますが、やりがいも増えることでしょう。

実務経験が必要な場合もありますので、受験する前によく確認して下さい。

他にも、フードコーディネーターや、食生活アドバイザー、食品保健指導士、サプリメントアドバザーなど色々あります。

自分の理想とする栄養士に必要な資格を取得し、さらに楽しく仕事が出来ると良いでしょう。

栄養士の仕事のやりがいは?

楽しさの先に、やりがいを感じることも多いので、内容が少し似ている部分もあるかとは思いますが、栄養士のやりがいを見て行きましょう。

食事の楽しさを伝えることができる!

口から入るものが、自分の体を作っていくって、何だか神秘的ですごいことだと思いませんか?

「食」とは、生きる上で切っても切り離すことのできない内容なので、少しでも今より「食」に興味を持ち、楽しんでもらえることが、栄養士のやりがいにもつながってきます。

自分の提案した献立で喜ばれた時、セミナーで参加者の不安を解消できた時、開発に携わった商品が世に出回り人々に必要とされた時、栄養相談を受けた人が理解し、食生活を見直してくれた時。

働く現場により内容は様々ですが、「食」を通して、楽しさや興味を持ってもらえるということが、栄養士をやっていて1番のやりがいだと言えるでしょう。

食事は毎日のことなので、あまり食に興味を持っていない人にとっては、口に入れば何でも一緒じゃないか?と言われることもあります。

でも、決してそんなことはなく、毎日のことだからこそきちんと「食」と向き合ってもらえるようなお手伝いをしたいところです。

バランスの摂れた献立を考え、健康状態の改善に努められたとき

バランスの摂れた献立と言っても、病状によりその内容は変わってきます。

病院に勤めていると、1つの献立から何十種類もの献立を展開する必要があり、制限によっては頭を毎度悩ませます。

最初のうちはとても難しい作業ですが、慣れていくとコツが分かるようになり、献立作成もスムーズにいくでしょう。

上手く献立を立てられた時も、やりがいを感じますが、やはりその先にある対象者の人に、健康状態の改善の手助けができた時はとても嬉しく思います。

病院では管理栄養士のように、直接患者様と接する機会はほぼありませんが、食事伝票や食事の形態の変化から読み取ることはできます。

また、福祉施設によっては管理栄養士不在で、栄養士が聞き取りや、簡単な栄養相談を受ける場合もあるので、利用者の健康状態の把握ができるでしょう。

健康になると自然と笑顔になり、生きる気力にもつながる大切なことなので、その手助けができるという栄養士の仕事はとてもやりがいを感じることが出来ます。

子供達が「食」に興味を持ってくれたとき

「食育」という言葉が出てきて、幼稚園や保育園でも「食」に対する指導に力をいれる現場も増えてきました。

栄養学というのは、とても幅広い分野で成り立っており、専門的な言葉も沢山出てきます。

しかし、専門的な名前を知っているのはその分野を極めたい栄養士が知っていればいい話で、いかにその対象者にあった話をして、理解してもらい、興味を引き出せるかが肝心です。

幼稚園や保育園では、紙芝居風に絵を使って食べ物の話をしたり、実際に食べ物を育てることにより、食に興味を持てるような工夫をしています。

健康な身体を作るためにも、幼い頃から自然と「食」に対して興味を持ってもらえる様、手伝いが出来たとき、やりがいを感じることができます。

まとめ

栄養士のブラックな部分についての本音の記事はいかがだったでしょうか?

もちろん、楽しいことと、やりがいの部分があるからこそ栄養士として活躍している人が多いのでぜひ栄養士という仕事を選び、「食」の楽しさをどんどん発信して頂ければと思います。


関連キーワード

栄養士求人

栄養士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病院栄養士求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

栄養士の働く施設の中で、福祉施設と病院は1日3食の食事提供であるため、利用者や患者の健康を担う重要な役割をしています。中でも、病院の食事においては、外科的治療で入院されている方などを対象にした”一般食”と内科的な治療(糖尿や脂質制限、塩分制限など)の方を対象にした治療食があります。治療食の分野は、病気の種類により数々の制限があるため献立作成が難しくなってきます。病態に関わり知識を広げていくことは、自分にとっては大きな飛躍になることと思います。治療食の業務に関わることで、管理栄養士国家試験の内容を仕事で経験していることも多くなっています。病院栄養士を経て、管理栄養士を取得することは受験にも有利に

栄養士の転職はどういう会社がおすすめ?成功させるために注意すべき3個のことと、上手な転職方法を解説します  

皆さんは、今どのような職場で働いていますか?現在の仕事に満足していますか?それとも不満がありますか?栄養士は続けたいけれど、今の状況を変えたい!そんな方必見です!今回は、栄養士の転職について詳しく説明したいと思います。そもそも栄養士ってどんな仕事をするの?栄養士の仕事は、かなり幅が広いです。業種や職場によって大きく違います。(食品開発から営業、献立作成、調理など)栄養士の業務を以下、詳しく説明します。献立作成・食材発注・事務作業等栄養士の仕事内容と言われると1番に思いつくのが献立作成であると思います。食単価を適正に保ちながら、自分の作成した献立を元に食材発注を行います。厨房での調理・管理上記で


栄養士求人に関するコラム

栄養士の悩みで多い5つのこととその解決法。

栄養士は仕事についての悩み以外にも、栄養士であるが故に悩むことが多いです。今回は栄養士の悩みで多いこととその解決法についてご紹介したいと思います!栄養士の悩みで多い5個のことでは栄養士の悩みで多いこととは何でしょうか?リストアップしてみたので見ていきましょう。料理上手だと思われているこれは栄養士の皆さんに確実に共感して頂けると と思います!栄養士の職種の中には献立作成が仕事内容に無かったり、調理に全く携わらなかったりする職種もあります。それなのに栄養士=料理上手だという世間のイメージが強いため栄養士は料理が上手くて当然だという認識から、どんな料理でも美味しく作れるでしょう?と言われることもあり

栄養士のデメリットってこんなところ!でもやりがいや嬉しいこともあるから頑張れるんです

仕事をしていると、どんな仕事でも良い面と悪い面がありますよね。皆さん、栄養士と聞くとどんなイメージを持っていますか?今回は栄養士として働くデメリットから、やりがいや嬉しいことまでを詳しくご紹介しようと思います!栄養士の大まかな仕事内容とはまずは栄養士の仕事内容を説明していきます。献立作成栄養士の仕事と言えば献立作成が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?献立内容は作成する栄養士によって全く異なります。献立に栄養士の想いを乗せて各人が創意工夫を施し自分なりに対象者に合った献立を作成します。栄養士の技量が問われる作業です。食材の発注・検品献立をもとに食材の発注を行います。場合によっては、納品され

栄養士におすすめの転職サイト8選。おすすめの理由も紹介します

栄養士として、どのような経歴で働いていらっしゃいますか?栄養士の仕事を続けて行く上では、何度か壁にぶつかりその度に、続けて行こうか・・・?、辞めようか・・・?と迷うことがあります。その理由には、結婚、出産などの生活の上での変化もあります。そうではない、仕事に対する不満や待遇面での不満、また理想とする仕事とのギャップに悩む場合はなかなか踏み切れないことも多いと思います。栄養士として、仕事をしていると必ず転職を考える時があります。単に辞めたいなぁ・・・と思うことも度々あります。辞めたい原因は何か?解決できないことなのか?キャリアアップがしたいのか?誰かに相談できるといいですね。そんな時に、転職サイ

栄養士は楽しいばかりじゃない。辞めたいと思う10個の理由とその乗り越え方とは?

栄養士として働いて、数十年。私の栄養士としての”ぜったいやりたいこと”は、献立作成でした。献立作成に関われたら、現場仕事も洗浄作業も乗り越えることができました。幸い希望通りの仕事が、新卒当時から出来ているので自分は恵まれているのかなぁ・・・と思います。それでも、辞めたいと思ったことは数えきれないほどあります。現に今も少しだけ、辞めたいと思っています。本当に辞めるかどうかは別として、1年で何回辞めたいと思うのかは、数えきれないでしょうね。理由はさまざまありますが、本当に辞めたのは一度だけです。辞めた時も一年前から、話してありましたし、職場と相談した結果退職をしたため円満退社でした。辞めた理由は、