「パティシエ」と一言で言っても、その働き口はとても沢山あります。

ケーキ店で働くパティシエ、独立を目指すパティシエ、カフェで働くパティシエ、レストランで働くパティシエ…という具合です。

中には海外留学を目標にしているパティシエもいますし、専門学校等で教壇に立つパティシエもいます。

今回は、その中でもホテルパティシエ求人に迫ってみましょう。

同じパティシエでも、仕事内容はホテルとその他では全く変わってきます。

「パティシエの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ホテルパティシエはどんな仕事?

まず、皆さんはホテルのティールームやパティスリーに行ったことがあるでしょうか。

ケーキ店のケーキよりも、よりきらびやかで装飾の細やかなケーキが販売されていたのではないかと思います。

ホテルのパティスリーは個人店やレストランよりも沢山のパティシエが在籍しており、作業は分担されていることがほとんどです。

数十人単位でケーキを作っているので、個人店では作るのが難しい細かな装飾も作ることができ、より凝ったものを食べることができます。

ホテルのパティシエの仕事は、パティスリーやティールームで販売するケーキを作るのはもちろん、中にはウェディング関係の仕事をこなすこともあります。

ウェディングケーキ作りや結婚披露宴で提供されるコース料理の最後を飾る「アシェット・デセール」を作ることもあるでしょう。

ホテルのレストランの中には、期間限定のイベントとして「スイーツ・ビュッフェ」を行うところも増えていますよね。

そのビュッフェ用のケーキを作るのも、ホテルで働くパティシエの大きな仕事となります。

ホテルパティシエのおおまかな仕事内容

続いて、ホテルパティシエのおおまかな仕事内容を見ていきましょう。

パティシエのメインの仕事はケーキやデザートを作ることです。

それは個人店でもホテルでも変わりはありません。

しかし、ホテルのパティシエはケーキを初めから全て一人で作るというよりも分業制のところがほとんどです。

仕上げをする人は責任を持って仕上げをしますし、計量を任されたら責任を持って計量の業務に当たります。

次のポジションに移れるまでは、基本的には同じ仕事の繰り返しになるでしょう。

最初は辛く感じるかもしれませんが、全てはパティシエとしての成長に繋がります。

ケーキを作ることに加えて衛生管理や品質管理、厨房の清掃等もパティシエの仕事内容です。

「パティシエの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ホテルパティシエでよくある募集内容とは?

次にホテルパティシエでよくある募集内容を見ていきましょう。

パート・アルバイトでの募集もされていますし、正社員の募集も見つけることができます。

時給相場

パート・アルバイトで働く場合、時給はおおよそ1,000円から1,300円の間といったところでしょう。

正社員の場合は、未経験者であれば月額15万円前後からのスタートとなる場合が多いです。

シフトの入れ具合

ホテルパティシエは個人店と違い沢山のパティシエが在籍していますので、シフトは比較的融通がききます。

しかし、パティシエとして働きたい場合は週休2日の一日8時間労働という条件のところが多く、フルタイムの正社員と労働時間はほぼ変わりません。

加えて残業になる場合もあるため、働ける時間に制限のある人は要相談となるでしょう。

シフトは基本的に2交代制が多いです。

早朝からの早番と、少し遅めの出勤の遅番になるでしょう。

週末等、結婚披露宴の予約がある場合は一日中の勤務になることもあります。

月の休日日数は8日〜9日といったところでしょう。

一日の労働時間

パティシエ業界は長時間労働が当たり前、という情報を見たことがあるのではないでしょうか。

実際、個人店の正社員は一日の労働時間が14時間近くに及ぶことも少なくありません。

朝の6時から夜の8時まで働き続けるという場合もあるでしょう。

しかし、ここが個人店とホテルの大きな差です。

ホテルでは基本的に8時間労働が守られている場合が多く、個人店に比べると労働条件も良いところが沢山あります。

パティシエとして働きたいけれど長時間労働はちょっと…という人や体力に自信のない人は、ホテルパティシエがおすすめです。

求められる人物像

ホテルは沢山のスタッフが分業してケーキを作り上げることが多いです。

個人の腕ももちろん大切ですが、周囲と調和が取れチームワークを大切にできる人が求められます。

必要なスキルや資格、経験

ホテルのパティシエは、経験者はもちろん未経験でも多くの求人が出されています。

ホテルは個人店のようにパティシエが店頭で接客販売をすることがありませんので、未経験の場合でも最初から厨房で業務を教えてもらえるでしょう。

パティシエには必ず必要な資格はなく、経験を重視しているホテルがほとんどです。

以前にもパティシエとして勤務していたという人は、その経験をしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

採用の確率がぐんと上がります。

ウェディング業界経験者歓迎

ホテルのパティスリーの募集では、「ウェディング業界経験者歓迎」というのをとてもよく見かけます。

結婚式場で働いていた経験のあるパティシエは、ホテル業界でも活躍することができるでしょう。

未経験から正社員を目指せる

パティシエ業界が未経験でも、正社員を目指せる制度が整っているホテルも多いです。

面接の際には「ここでしっかりと学んで正社員を目指したい」と伝えましょう。

ホテルパティシエのおすすめ求人6個の特徴とは?

次にホテルパティシエのおすすめ求人の特徴を見ていきましょう。

ホテルパティシエの求人はホテル業求人の専門サイトの他に、飲食業専門の求人サイト、飲食業専門の転職エージェント等で見つけることができます。

レストランの人気が高いホテル

せっかくパティシエとして働くのですから、できるだけレベルの高い環境で働くことをおすすめします。

ホテルの口コミ等を見て、レストランの人気が高いホテルで働くことをおすすめします。

ホテルのレストランの中にはパティシエが在籍しているものの、ケーキの一部は外注しているというところも少なくありません。

パティシエとして技術を学びたいと入社したのにも関わらず、ケーキをカットするだけ、仕上げるだけというところでは力が付かないのは明白です。

良いパティシエや良い調理師がいるホテルのレストランは人気があり、口コミ評価も高いものです。

結婚式場を併設しているホテル

パティシエとしてのステップアップを目指す人は、結婚式場を併設しているホテルを選ぶのもポイントです。

ウェディングケーキを作る技術は、普通の店舗ではなかなか学ぶことができません。

パティシエとしての成長を求めるなら、結婚披露宴も経験しておくことをおすすめします。

マジパン細工やアメ細工、チョコレート細工等の細やかな技術を身につけることのできる職場でもあります。

時間外・深夜手当支給とはっきり記載してある求人

求人を見ていると、「詳細は問い合わせにて」と書かれているだけの募集が目に留まるでしょう。

このような求人はあまりおすすめできません。

サービス残業が発生したり、深夜まで働かなければいけないにも関わらず手当が全く支給されないというところもあります。

求人に詳細が記載されている募集を選ぶか、転職エージェントの利用をおすすめします。

昇給・賞与について記載のある求人

上記と同じように、昇給・賞与についての記載もはっきりとされているところを選びましょう。

求人の中には賞与の金額、昇給のタイミング、更にはインセンティブのあるなしもきちんと記載されているものもあります。

このような詳しい記載のある求人はとてもおすすめです。

事業拡大に伴う募集・またはオープニングスタッフ

求人の中には「事業拡大に伴う追加人材の募集」であったり、「レストランのオープンに伴うパティシエ募集」と書かれているものもあります。

もしあなたにパティシエとしての経験が充分にあるなら、新しくオープンするレストランや新しく事業を広げようとしているホテルで働くのもとてもおすすめです。

パティシエとしての仕事は、ケーキを作ることももちろん楽しいのですが新しい商品を生み出すことにその醍醐味があります。

自分の考えた商品がショーケースに並ぶなんて、とてもステキだと思いませんか。

ニューオープンのお店やリニューアルされるお店は、新商品を考えやすい環境でもあります。

育児休暇・介護休暇等の制度が整っている求人

女性パティシエの場合、会社の制度がきちんと整っていないと結婚や出産、子育てに伴う生活の変化で退職を余儀なくされることもあります。

特にパティシエは体力の要る仕事ですし、労働時間も長時間になりがちです。

仕事をしながら子育てをすることに限界を感じて退職する女性パティシエはとても多いです。

せっかく洋菓子作りの仕事を生涯続けたいと思っていても、介護等の問題も出てくるかもしれません。

長期的なキャリアを積むためにも、会社の制度は必ず確認しておくようにしましょう。

ホテルパティシエはこんな人に向いている!

次にホテルパティシエに向いている人の特徴を見ていきましょう。

チームワークのある人

パティシエという職業は技術職ではありますが、チームで仕事をするという一面も持っています。

特にホテルのパティスリーやレストランで働く場合、全ての仕事を自分が中心になって行うというのは不可能です。

必ずチームとして働くことになります。

そんな環境ですから、他の人の動きを見ながら自分の仕事をこなせるチームワークのある人が求められています。

コミュニケーション能力のある人

結婚式場を併設しているホテルのパティシエとして働く場合、ブライダルフェアや試食会等も頻繁に開かれます。

一生に一度の特別なケーキを作るパティシエとしてお話をすることもありますし、希望によっては特別なデザインが施されたケーキを作ることもあります。

新郎新婦からケーキのデザイン画を渡されることも少なくありません。

そんな時、にこやかに話ができる等良い雰囲気で打ち合わせを進められるようなコミュニケーション能力は必要不可欠です。

細かな作業が好きな人

細かな作業が好きという特性は、ホテルのパティシエだけではなくパティシエ全体に求められるものです。

全体のバランスを見ながらケーキを仕上げることができたり細部にもしっかりこだわりを持って取り組むことのできる人は、パティシエとして活躍できるでしょう。

「パティシエの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ホテルパティシエに向いていないのはこんな人!

ホテルパティシエに向いていない人の特徴を見ていきましょう。

短期間で全部を学びたいと思っている人

ホテルのパティスリーは個人店とは違い、分業でケーキ作りを行っているところがほとんどです。

生地作り、焼き上げ、クリームやソース作り、デコレーション等の工程ごとに担当したり、チョコレート菓子を専門に担当するパティシエもいます。

新米の頃はひたすらフルーツのカットということもあるでしょう。

ホテルのケーキ作りを全て学ぶには、とても時間がかかります。

短期間で沢山のことを学びたい人や短期間での独立を目指す人には向いていません。

人と接するのが苦手な人

人と話をするのが苦手な人や「パティシエは技術職だからコミュニケーションはあまり必要ない」と考えている人もホテルのパティシエには向きません。

確かにホテルのパティシエの方が接客販売は少なくて済みますが、その代わり先述したようにお客様との関わり合いが深くなることもあります。

また、パティシエ同士のコミュニケーションも個人店よりは多くなるので、人との関わりは増えるでしょう。

ホテルパティシエのやりがいとは?

最後に、ホテルパティシエのやりがいを見ていきましょう。

お客様に喜んでもらえる

お客様に喜んでもらえ、更にそれを直接感じることができるのがホテルパティシエのやりがいです。

特にウェディングケーキ等を任されるようになると、直接「ありがとう」と言ってもらえたり、中には涙ぐみながらお礼を言ってくださる新郎新婦もいます。

食べる人の顔が見られるというのは、とても大きなやりがいに繋がりますよね。

技術が確実に身につく

ホテルのパティスリーは分業制ですので、ケーキを初めから全て一人で作れるようになるには時間がかかります。

しかし、確実に技術を身につけていくことができるので、成長を感じることができるでしょう。

まとめ

今回はホテルパティシエについてご紹介しました。

個人店や飲食店とは少し違う、ホテルパティシエの働き方を知っていただけたでしょうか。

ホテル業界も人手不足ですから、募集を多数見つけることができます。

転職を考えている人、パティシエになりたい!と思っている人は、ぜひホテルパティシエも視野に入れてみてくださいね。



関連キーワード

パティシエ求人

パティシエ求人についてもっと深堀りした情報を見る

パティシエアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった2個のことやそこで身に付く力とは?

美しい洋菓子を作る「パティシエ」と言う職業。飲食業界の中で、調理師とはまた違う技術を必要とするこの職種に憧れを持っている方も多いでしょう。パティシエは子供たちの将来なりたい職業にも常に上位にランクインする人気の仕事です。しかし実は離職率のとても高い、難しく厳しい業界であることももう周知の事実となっていますよね。パティシエに憧れはあるけれど、続けられるのか、生涯やっていける仕事なのかどうか不安に思う方は、まずアルバイトから始めてみませんか。パティシエにもアルバイト募集があり、短時間や週に2、3日でも良いと言うお店も少なくありません。まずはアルバイトから始めて、パティシエ業界を肌で感じることは職業

パティシエとして就職を成功させるには?面接の時に気を付けることもお話しします!

パティシエになりたい!という目標を早くから持って製菓の専門学校に通っている方や、やっぱりパティシエになりたいと進路を変えられる方、みなさんそれぞれ今までの道は違ってきているでしょう。しかし、パティシエになりたいと決めたならこの先進むべき道は同じ。就職活動です。パティシエは窓口をとても広く開いている職種です。専門学校に通っても、通っていなくても社会人になってからのスタートラインは同じです。もちろん、専門学校に通っている方は学校で学んだ知識や技術を大いに活かして活躍していけるでしょう。全くの未経験の方は人一倍の努力が必要になる厳しい世界です。今回は、パティシエとしての就職を成功させるためにやってお

レストランパティシエ求人の募集内容は?おすすめ求人のポイントや疑問にお答えします!

有名なレストラン、ウェディングも行うゲストハウス、ホテルのレストランなどには必ずその店のデザート類や店頭で販売されているケーキ、コース料理の最後に出てくるデザート、フランス語で言うデセールを担当するパティシエが在籍しています。やはり専属のパティシエが作るものはレベルが違い、調理師がケーキも作っているお店も少なくありませんが「料理は美味しいのにデザートがイマイチ・・・」というところもあります。ケーキ屋で働くのではなくレストランで働くパティシエたちの仕事内容はどんなものなのでしょうか?その労働環境や求人の募集内容は?詳しくご紹介していきましょう!レストランパティシエのおおまかな仕事内容レストランで

パティシエがブラックな仕事だな…と感じた9個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う4個の理由

長年子供のなりたい職業の上位に位置するにも関わらず、「ブラック」と揶揄されることの多いパティシエ業界。クリエイティブでやりがいのある仕事であることは間違いありませんが、他業種に比べて離職率も高く業界全体で人手不足に陥っています。働き方が重視され始めた近年、従来通りの縦社会や厳しい労働環境ではなり手が減ってしまい、将来的に業界全体の衰退に繋がってしまいます。今回はパティシエとして長年働いてきた私が、この業界がブラックと言われてしまう所以や実際に経験した事例、しかしながらやりがいを感じる瞬間などをご紹介していきます!経験者の私が思う、パティシエの仕事がブラックな理由とは?私は10年以上パティシエと

パティシエ辞めたい…と言う人の3個のよくある理由とそれの対策とは?

憧れて入ったパティシエの世界・・・ですが、実はパティシエの世界はとても離職率が高く続けられる人が少ない職種でもあります。仕事の環境や給与の問題、体力的な問題など理由は様々ですが、新卒でパティシエとして働き始めた人の内3割が一年以内に退職していると言うデータもあります。厳しく長い修行期間の代わりに一生失うことのない技術を身につけられるパティシエですが、目標をもっていたはずの人でも途中で挫折してしまうことが多いのです。パティシエを辞めたいと感じてしまう人は、一体何が原因なのでしょうか。今回はパティシエを目指す前に知っておいて欲しい現実や退職理由、その対処方法を見ていきましょう。パティシエの仕事環境

パティシエ給料の相場は?給料を上げるためにやるべき6個のことも紹介します

繊細で美しいケーキを作る職人「パティシエ」。子供のなりたい職業ランキングでも常に上位にランクインするとても人気の職業です。高校卒業後も製菓の専門学校へ入学したり、直接店舗で雇用され修行に入る方が多いパティシエ業界ですが「薄給」であるイメージは確かにありますよね。でもそれは本当なのでしょうか?今回はパティシエの給料について詳しくお話していきます。パティシエの給料の相場はどのくらい?パティシエの給与は本人の技術や経験によって大きく左右されます。パティシエの平均年収は200万から300万の間とされていますが、経験を積んだパティシエの中には月収40万円から50万円以上の方もいます。基本的には年功序列で

パティシエの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

手先が器用な人が集まるイメージのあるパティシエ業界。細かい作業が多く、なおかつデザインのセンスも問われるお菓子を作る仕事はなかなか難しい職業だと思っていませんか?確かに繊細で独特な作業が多く大変ですが、慣れてくるとこんなに面白い仕事は他にありません。今回はパティシエの仕事をしたいけれど向いているかどうか分からない方、その世界に進みたいけれど迷っている方に向けてパティシエに向いている人の特徴やキャリアについてお話します!パティシエはどんな仕事?パティシエの仕事の範囲はとても広く、たくさんのお店で活躍しています。ケーキ屋、ホテルのパティスリー、カフェ、レストランなど私達の身近にあるものからメーカー

パティシエの仕事内容は?スーシェフとは何?役割に分けて1日の業務をご説明します!

美しいケーキを作り出すのが仕事のパティシエと言う職業。昔は「ケーキ職人」と呼ばれていましたが、フランス語の「パティシエ」はすっかり定着しましたね。ケーキ工房の中やホテルのカフェなど活躍の場はたくさんあるパティシエですが、一体どのような仕事を毎日行っているのでしょうか。子供の頃はケーキを毎日食べたいからパティシエになりたいと思っていた方でも、「体力仕事」だと聞いて諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。今回はケーキ職人、「パティシエ」について、パティシエ歴10年以上の私が仕事内容ややりがい、求められる人物像などについてお話していきます!パティシエの仕事は大きく3個の役割に分けられる私が働いて

パティシエ女性の仕事内容や給料は?働きやすい職場やおすすめの求人の見つけ方を解説!

近年人気のある「パティシエ」と言う職業。実はこのパティシエと言う言葉は、フランス語で「男性の洋菓子職人」を意味します。女性の洋菓子職人は「パティシエール」と呼ばれもちろん言葉の発祥の地フランスにもたくさんいます。パティシエの世界は男性が多いと言われていますが実際はどうなのでしょうか?体力仕事である洋菓子業界にパティシエールはあまりいないのでしょうか?筆者の経験から言いますと、女性パティシエの数は年齢によって人数に大きな差があります。専門学校を卒業した20歳代の若い女性パティシエはたくさんいるのですが、経験を積んだ30代の女性パティシエ、独立した女性パティシエは少ないのが現状です。やはりまだまだ

パティシエになるには?社会人でも資格取得はできるの?就職先ついてもお答えします!

近年ドラマや漫画などで取り上げられるようになった「パティシエ」という職業。見た目もうっとりするようなきれいなケーキに囲まれたお仕事に憧れている方も多いと思います。なりたい職業の上位にランクインするほど人気の仕事となった「パティシエ」ですが、どのような道を選んでいけばパティシエとして活躍する事ができるのでしょうか?今回は、現役パティシエの筆者がパティシエになるにはどうしたらいいか、そしてパティシエの仕事を詳しく解説していきます!パティシエになった私の経験をご紹介しますまずは私自身の経験からお話させていただきたいと思います。私は小さい頃から家でお菓子を作るのがとても好きで、学校が休みの日やバレンタ

パティシエの転職先はどんなところがある?成功させるためにやるべき3個のことや上手な転職方法を解説します

今も昔も、子供のなりたい職業ランキングの上位に位置する「パティシエ」。フランス語でケーキ職人を意味するこの言葉は日本でもすっかりお馴染みの職業になりましたね。近年はテレビや雑誌などで取り上げられる回数も増え、パティシエと言う職業に憧れを持つ方も増加しています。果たしてケーキ職人のお仕事、現実はどのようなものなのでしょうか?今回はパティシエの転職についてご紹介して行きたいと思います。パティシエの仕事ってどんな仕事をするの?一口にパティシエと言っても、その仕事は多岐に渡ります。個人店の場合、お客様にご注文をお伺いして商品をお渡しする接客販売、材料や梱包材の発注業務、完成した商品の梱包や補充、新商品