栄養士の働く施設の中で、福祉施設と病院は1日3食の食事提供であるため、利用者や患者の健康を担う重要な役割をしています。

中でも、病院の食事においては、外科的治療で入院されている方などを対象にした”一般食”と内科的な治療(糖尿や脂質制限、塩分制限など)の方を対象にした治療食があります。

治療食の分野は、病気の種類により数々の制限があるため献立作成が難しくなってきます。

病態に関わり知識を広げていくことは、自分にとっては大きな飛躍になることと思います。

治療食の業務に関わることで、管理栄養士国家試験の内容を仕事で経験していることも多くなっています。

病院栄養士を経て、管理栄養士を取得することは受験にも有利になることは間違いありません。

病院栄養士求人の仕事内容とは?

委託会社か病院の直営かによって変わります。

委託会社の場合、調理が中心であり発注業務があるか時には献立作成する場合があります。

しかし、献立作成は直営の栄養士が立てる場合が多いです。

病院直営栄養士は、献立作成を中心に栄養相談にも関われる場合があります。

栄養指導は管理栄養士が行った場合でないと、保険点数が取れないので関わる程度になるでしょう。

今後、管理栄養士を目指していく場合には勉強になることと思います。

一般常食の献立作成

一般常食の献立作成は、全ての献立の基本となる献立になります。

年齢別、性別などから個別の給与目標量を計算します。

そこから、食料構成を作り献立を作成していきます。

一般常食は、病院の規模によりますが3種類くらいに分け、患者に見合った成分を当てはめていきます。

三大栄養素と塩分の数字を合わせるようになります。

治療食への献立展開

一般常食から、各治療食に展開していきます。

多いのは、糖尿食(エネルギー制限)、脂肪制限食、塩分制限食、潰瘍食などが挙げられます。

それぞれの制限に応じて、細かく数字を合わせていきます。

数字だけに囚われず、料理として成り立つように考えなければ、調理の段階で困ってしまいます。

厨房内の管理

病院の給食は、患者に合わせて計算された治療食となっています。

調理担当の中には、知識が不足しているため塩分や調理法をいい加減に行っている場合があります。

献立自体を変えてしまうということもあるため、常に献立と調理法に問題がないかを確認しておかなければなりません。

調理担当者への、治療食の知識も教えていくことも栄養士の役割になってきます。

ベテラン調理師に治療食の必要性をしっかり聞いてもらい、上手く連携が出来ることで治療食の献立が活かされてくるということです。

発注業務

職員食も病院で提供している場合、患者食と職員食の発注は分けるようになっていることがあります。

数量も多くなるため、間違いなど無いよう確認をしっかり行う必要があります。

最近はパソコンでの管理が多くみられますが、場合によっては献立上から食材を拾いながら発注を行う施設もまだあるようです。

その場合は、漏れがないように確認が重要になってきます。

当日になって、食材が無かったというようなことが起こらないように注意が必要です。

また、不足食材の買い出しや予定発注と実施人数の差が大きくある場合は、追加発注が必要になってきます。

治療食の調理の担当

栄養士は調理も担当しますが、治療食を担当することが多くなります。

塩分制限など重要なので、調理も全てにおいて計量が必要になるためです。

料理を作ることは出来ても、計量が出来る人は結構いないことが多いと聞きます。

食物アレルギーについても、栄養士が担当することが多くなります。

食物アレルギーの種類別や代わりの食材を考え献立作成することも、栄養士の仕事の一つになります。

病院栄養士求人でよくある募集内容とは? 

最近は人手不足もあり、栄養士の募集もたくさんあります。

よく見かけるのは、現場仕事少なめとかブランクがあってもOK、丁寧に指導します。などです。

給与相場

栄養士の給与は12万~25万というところのようです。

経験年数や働く施設によって変わってきているところでしょう。

女性と男性でも、年収の平均が100万ほど違っています。

ちなみに、男性の平均年収が394万に対し、女性の平均年収は282万となっています。

勤務時間や休日、残業

病院や福祉施設は、シフト制で朝4~5時からというところもあります。

終業は20時~21時くらいになっています。

休みも日曜、祭日も交替での勤務になります。

ゴールデンウイークや年末年始も交替なので、今年のような10連休をすることは不可能でしょう。

しかし、考えようによっては交替制なので、混雑している時期を働き、空いている平日に休みが取れるということです。

残業については、人員が配置されていれば残業は無いでしょうが、最近は人手不足が深刻なため残業はあると思った方がいいでしょう。

人手不足の場合、現場が仕事の優先となるため、栄養士の現場に出る比率が高くなります。

そうなると事務作業が出来なくなるため、必然的に事務仕事をするための残業が発生してしまうことになります。

福利厚生

社会保険や退職金、交通費、資格手当、住宅手当やボーナスの有無など会社によって違いがあります。

産休、育児休暇、介護休暇なども、キチンと取れる環境なのか確認しておきましょう。

普段の休暇も週何日くらい取れるのかの確認も必要です。

有給休暇も取れる環境があるかも聞いておきましょう。

求められる人物像

栄養士としてどのような仕事の経験があるのかを、募集施設は知りたいことだと思います。

前職があれば、どのような仕事でその施設にとって有益な仕事が出来たかをアピールポイントにするようにしましょう。

例えば、献立作成に関わっていたならば、対象者に喜ばれる献立作成をしていたこと、その献立で対象者の喜ぶ様子があったとか、残菜が減ったとか、健康的になったとか具体的な内容を説明できると良いと思います。

病院栄養士求人のおすすめ求人のポイントとは?

病院直営の栄養士は、比較的待遇が良い場合が多いです。

直営の場合、病態栄養に関われるため、その後管理栄養士にチャレンジしやすくなると思います。

病院直営の栄養士

病院直営の場合は、人員の配置に余裕を持たせてくれているように思います。

休みや福利厚生も充実しています。

有休休暇も取りやすいでしょう。

給与面でも、資格手当や住宅手当などしっかりしている場合が多いので働きやすいでしょう。

但し、欠員が出ている場合は代わりの人員がいないので、人員の確保が出来ないとハードになる面も考えられます。

クリニックの栄養士

クリニックでも厨房を構えています。

20床以下の小規模ですが、入院患者がいる場合は食事の提供があるのです。

食事の提供に関わる献立作成や発注業務と調理も関わる場合があるということです。

20床以下なので、人員の配置も少ない人数でのやりくりになると思います。

栄養士は、事務作業中心という場合もありそのような環境では、時間も9時~18時となり働きやすくなるでしょう。

歯科医院の栄養士

数は少ないですが、歯科医院での栄養士という募集があります。

仕事内容は、受付(電話対応や会計、予約など)と歯科助手(患者の後片付け、セッティングなど)をやりながら、栄養指導を行うという内容です。

歯科医院の場合、外来では栄養指導の診療報酬は得られないため栄養士でも可ということなのでしょう。

最近のトレンドとして、口腔ケアは重要になっています。

口から病気が発見出来たり、口から思わぬ病気の進行が起こることや、美味しく食べられる環境は、高齢者にとって健康を維持出来るかの重要な課題になっています。

生涯口から食事が摂れることで、認知症の予防や健康に生きるための筋肉の強化に繋がると考えられています。

嚥下の問題や、歯槽膿漏の予防など幅広く知識が求められる分野になっています。

今後も益々、需要が期待できると思います。

訪問栄養士

高齢者や障がいのある方の家に訪問し、食事の内容や嚥下、健康管理を総合的に考える仕事です。

地方自治体や病院と連携して行われていることが多いです。

嚥下の場合は、個人個人違いがあり柔らかさにも違いがあります。

個人に対し、内容が合っていない場合食事が食べられず、体調不良を引き起こしてしまいます。

嚥下の分野も「摂食嚥下リハビリテーション」という栄養専門管理士の資格も出てきています。

受験には、まず管理栄養士の資格を取得しなければなりませんが、栄養専門管理士の補佐という意味合いでは栄養士でも十分です。

また、各家庭での調理の実演などもありますので、その場合は栄養士の方が有利なのでしょう。

産婦人科の栄養士

産婦人科の食事は、自費会計のため最近はとても豪華な食事となっています。

妊娠中毒症などの合併症がある患者には、病状に合わせた治療食の提供になります。

出産後の食事においては、ステーキなどが出されたりするという話しもあります。

また、授乳におけるミルクの調合なども管理する場合があります。

産婦人科というデリケートな環境のため、女性栄養士限定のことが多いようです。

病院栄養士の働く場所によっての違い

病院の種類によって、作る食事も違ってきます。

急性期の病院の場合は?

急性期の病院の場合、食事の種類は複数あり複雑になってきます。

献立作成もたくさんの展開があり、時間に追われることが多いです。

ただし、長期入院の患者はいないためサイクルメニューは短期間のサイクルで十分になります。

また、食事ではないが濃厚流動や経管栄養の種類が複雑化する場合があります。

介護療養病床Ⅰの場合は?

特定の疾患で医療が長期的に必要な患者が入所しています。

急性期の病院で治療は行ったが、その後は経過観察又は長期療養などの患者を扱っています。

透析の患者や寝たきりで継続的な治療が必要な場合の患者の入院がほとんどです。

介護療養病床Ⅰの場合は、診療報酬が多く出ているため基準も厳しいくなっています。

献立作成においても、厳しく制限があり栄養士泣かせのところもあります。

また、入院期間も長くなるためサイクルメニューも期間も長く取らないと、患者からもクレームが来るようになります。

介護療養病床Ⅱの場合は?

介護療養病床Ⅱの場合、介護療養病床Ⅰよりも基準が低くなりまた診療報酬も低くなります。

最近は、厨房の人員不足が深刻であり、給食の簡素化が進んでいます。

人員が確保できないことで、日曜日は院外弁当の提供になったり、クックチルやニュークックチルを導入し人員を機械で補う方向に進んでいます。

院外調理になったりすると、介護療養病床Ⅰの基準から外れてしまうことも多いようです。

働く側からすると、こちらの方が休みが取りやすくなるということです。

外科病棟の場合は?

整形外科や肛門外科のような、短期入院の患者が対象になります。

退院も早いのですが、食事の提供は必要です。

サイクルも早いので、メニューも幅広く無くても済むようです。

比較的働きやすい職場だと思います。

心療内科病棟の場合は?

心療内科系も社会的な問題で、患者数も増えています。

摂食障害などは、栄養士も関わる分野となります。

入院中の患者の食事提供を行うのは、他の病院と変わりありませんが、心の病なので気分的なものが重要になってきます。

退院後も、食事の管理が出来るよう工夫が必要です。

患者本人はもちろん、家族との連携も必要になってきます。

個別の対策を考えていくことが栄養士の仕事になってくるでしょう。

まとめ

病院栄養士の仕事内容は、治療の一環としての食事提供であるため、専門の知識が必要になってきます。

それだけ栄養士という職業が必要とされ、栄養士の資格を生かせる場所ということになります。

働く上では、病院の規模や診療の内容により休みや給料に差が出てきます。

ほとんどが、患者に合った内容の調理と献立作成になり、厨房業務は必須になってきます。

病院の献立作成を経験することで、他施設への転職時は献立作成が楽になるという話しを聞きます。

それだけ、病院の献立作成は制限が厳しく、その中でいかに美味しい給食を提供することが出来るかが鍵になってくるため、献立作成の力も鍛えられてくるのだと思います。

栄養士から管理栄養士へと飛躍を考えている方なら、是非病院栄養士として働いてみてください。

きっと、やりがいを見つけられることと思います。


関連キーワード

栄養士求人