就職や転職、アルバイトなどを考えると求人情報誌や求人サイトを最初に見ると思いますが、その中で「調理師」や「料理人」といったキーワードに興味をもったそこのあなた!

実際にまだ飲食業界で働いたこともなく、調理師という仕事がどんなものか想像つきにくいという気持ちがありますよね。

そこでここではそんな疑問を持つあなたのために「調理師」の世界というのをリアルにご紹介していきたいと思います。

筆者は自身でも多数の飲食店勤務経験をもち、その後飲食業界で独立起業した飲食歴15年のプロフェッショナル。

細かな疑問や不安などを解消するべく、現場の生の実態を具体的な例と体験をもとに解説していきますのでご安心下さい。

飲食店選びで重要なポイントなども色々なシチュエーション別に見ていくので、調理師に興味をもったり目指している人は必見です。

それではさっそく調理師求人について見ていきましょう。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師求人のおおまかな仕事内容

調理師とはレストランや料亭、町の定食屋さんなどさまざまなところにいますが、料理を作り提供するのが仕事としての役割です。

その勤務内容には食材の管理や原価の計算、新商品の開発など色々な業務があります。

調理師とは

調理師とは国が認可している「調理師免許」を持っている人のことをいいます。

この免許がないと必ずしも料理を作ってはいけないかといいますとそうではありませんが、調理師免許をちゃんと持ってい料理人というのは信用度がありますね。

調理師免許の取得には実務経験や食材への知識、その保存方法や食品衛生についての基礎を身につける必要があります。

不特定多数の人たちに食事を作るわけですから、そういった面でも調理師は責任と「食への安全」の意識を持っていなければなりません。

おおまかな仕事内容

前述したとおりですが、仕事の流れを1日単位で見てみると「仕込み」~「営業時の調理」~「片付け」というのが基本です。

営業終了後に比較的時間の掛かるメニューの仕込を行うことももちろんあります。

また食材の仕入れを自分で市場などに行っておこなうこともあります。

やはり料理は食材の鮮度が命ですので、生鮮を扱うのであれば最初は実際に仕入れからおこなうことが勉強にもなります。

調理師は現場でどういう役割を求められる?

まず第一に調理師の仕事というのは、来てくれたお客さんに対して食べたあと満足して帰ってもらえる料理を出すのが大前提です。

その為に食材の知識を増やし、料理の技術や盛り付けの美しさを学びます。

また、町の定食屋さんや洋食屋さんなどでアルバイトがいなくなって一人で営業することになったとしたら、大変ではありますがコックさんが自分で料理を作ってお客さんまで自分で配膳することが出来ますよね?

ですが、これがレストランなどでどんなに素晴らしいソムリエ、素晴らしいギャルソンやホールスタッフがいても調理師がいなくては料理が提供できません。

つまり基本的には飲食店というのは調理師・料理人を核として運営されているのです。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師の求人で働く場所はどんなところがあるの?

飲食業界において核となる存在の調理師ですが、実際どんなところで働いたり活躍しているのでしょうか?

そんな疑問にお答えするべく細かなパターン別に調理師が働ける職場とその内容について見ていきましょう。

飲食店

ミシュランガイドブックで星を獲得するような人気レストランから、町で長年愛されているお食事処まで幅広く調理師の活躍の場はあります。

最近では飲食業界での店舗というのはお客さんの細かなニーズに対応するため、お店自体が細分化されてきて専門性を求められるようになってきています。

一昔前までは「イタリアン」や「フレンチ」「和食」などの括りでお店を選んでいましたが、今では「ピザ専門店」や「ホルモン焼き専門店」など料理ごとに特化した飲食店が大半を占めてきました。

そういったニーズに対して、自分の得意な料理やジャンルを活かした職場で調理師の人々は日々働いています。

ホテル・旅館・式場

有名レストランや行きつけの定食屋さんでも、日ごろの自宅での食事とは違った美味しさや感動を味わうことが出来ますが、更に非日常的な空間で食事を楽しむことが出来るのがホテルや旅館・式場といったところですね。

こうした非日常の楽しみを与える要素の中にも料理というのは深く関わっています。

その中で調理師は切磋琢磨し最先端の料理や、地元の特産物を使ってお客さんを喜ばせる努力を惜しまずに頑張っています。

旅館などは住み込みで働けるのもメリットがあり、人気の職場ともいえるでしょう。

給食センター・病院・福祉施設

小中学生がお昼に楽しみにしている給食や、病院・福祉施設などで健康を支えるための食事を作るのも調理師の大事な仕事であり、現在人手不足で困っている職場でもあります。

基本的に成長期の子供や、体調を崩したりしているためへの「健康」を意識した料理作りがメインとなるため基礎的な栄養学や薬膳についての勉強にもなるのがこちらの職場となります。

企業の飲食事業開発部門

チェーン展開する大手飲食企業や飲料食料の販売会社での商品開発に携わるのも調理師の職場のひとつです。

これは長年の調理経験や味覚のセンスなどが求められ、広く一般的に受け入れられる料理などを試作開発していく仕事です。

突出した料理センスと一般的な味覚に合わせるバランス感覚が必要となります。

調理師でよくある募集内容とは?

求人情報誌やネットでの求人サイトを見ているとよく目に付くのが「キッチン募集」といったフレーズですが、これは当たり前ですが調理師を募集しているわけで基本的には長期間の勤務を採用の条件として幅広く募集しています。

さて、ここではそんな調理師の気になる勤務体制や給料などの面に踏み込んでいきたいと思います。

筆者が実際に働いたことがあるおススメの飲食店の特徴なども交えて解説していきますので、なるべく好条件で働きたい方には必見です!

給与相場と勤務時間

まずは一番気になる給料の部分ですが、「時給なら1,000円~1,500円」「月給なら18万円から25万円」といったところです。

これだけだと安くもなく高くもないといった印象かもしれません。

むしろ「調理師って勤務時間も長そうなのに最低だと18万円か…」という意見も聞こえてきそうですね。

しかし、料理を覚えたいと思って普通に料理教室などに通えばお金が掛かりますよね?

将来への独立意識も高く、やる気に満ち溢れいてる場合に高校を卒業したあとに専門学校に通えばこれももちろんお金が掛かります。

しかし、料理の勉強が「お金を貰いながら」出来て、さらには賄いという食事まで付く飲食店という職場は実はものすごく優良な職場なのです。

計算してもらうと分かりやすいのですが、1日フルタイムで働くとだいたいの飲食店では2回賄いが出ます。(最低でも1回は出ます、出ないところは完全にブラック飲食店なのですぐに辞めましょう)

1回の食事500円と計算すると2回で1,000円、月に23日勤務(月8日休みの場合)したとしたら23,000円食費が掛かっているところを飲食店で働いていたらタダです。

つまり月の給料に実はこれだけ加算されているというのが分かりましたでしょうか?

月給がなかなか低めの18万円だったとしても、これを足すと20万円を越しますので、実際飲食店で調理師として働くというのは給料の面で悪くはないのです。

さらにアルバイトという働き方からしてもメリットが多いところをご紹介しましょう。

基本的に現在の東京都の相場であれば飲食未経験であったとしても時給1,000円からスタートするのが大半のところです。(研修期間として最初の50時間は時給950円などと書かれているところもありますね)

時給1,000円というともっと高時給なところを探したくなるかもしれませんが、調理師というのはフルタイムで働こうとすれば必然的に1日の労働時間が長くなります。

法定規則で1日8時間以上の勤務にはその後の労働に対して25%の給与アップが義務付けられていますので、10時間働いたとしたら2時間は時給1,250円で働いていることになります。

さらに夜10時以降の労働に対しても給与25%アップというのは義務付けられています。

飲食店のほとんどが夜10時以降まで営業してますよね?

そうすると実際に働いていると1日の終わりの方の時給は「50%アップ」していることになるのです。

ほぼ最低時給の1,000円でも1,500円になりますし、これが1,200くらいの時給であれば1,800円から2,000円弱の時給となります。

「勤務時間が長くて給料が安い!」「飲食バイトはだいたいブラックだ」というイメージは昔の話です。

そんな一部の悪質な企業の管理体制がニュースになり、マイナスイメージが付いてしまった飲食業界は慢性的な人手不足であり優良な飲食店でも数多くの調理師採用を望んでいるのが現状です。

むしろ今は働き手が職場を選べるチャンスでもあるので、さきほどご説明したメリットを踏まえて飲食店の求人情報を見て考えて貰えればと思います。

ちなみに具体的な例をひとつ上げますと、筆者が20代前半のときに働いていたところは国内大手飲料メーカーが出資・運営していた会社のレストランでした。

勤続3年目で時給1,250円まで昇給し、月給に計算すると30万円弱だったので年齢から計算すると非常にありがたい給料を頂いていたと思います。

独立をすぐに考えていた為、正社員にはなりませんでしたので賞与はありませんでしたが、毎日美味しい賄いは2食頂けていたので収入の面ではなにひとつ不満がありませんでした。

そういったところも現実的にありますので、ぜひ求人情報をよくチェックしてみて下さいね。

調理師正社員の年収は、こちらの記事を参考に!

休日や残業

調理師として正社員で働いている場合であれば「月6日休み」が相場だと思います。

正直「週休2日」などを謳い文句にしている飲食店の求人を見ることがありますが、筆者は実際にそういった職場を飲食業界の現場では見たことがありません。

もちろんそういったところが嘘をついているわけではないと思いますが、まず月に8日間休みを取れることが1年を通して続くことはないでしょう。

ほとんどのところが隔週で2連休が取れるところか、もしくは厨房スタッフ内で相談して希望する日に休みが取れれば3連休が可能になるといった感じです。

それらを合わせた休みがおよそ月6日休みの基準といえるでしょう。

アルバイトであれば基本的には好きな曜日を固定して休みにする人がほとんどで、そうすると正社員のスタッフの休みとも連携が取れてスムーズにシフト管理がおこなえます。

Wワークの場合なども、調理師としての休みを固定の曜日にすることでもうひとつの職場に安心して働きにいけるのでこの方法を採用している飲食店が大半だと思います。

福利厚生

企業が運営している飲食店で正社員の採用とされた場合は間違いなく福利厚生はついてきますのでご安心下さい。

逆にいえばつかないところ危ないので止めておいた方が無難かもしれません。

しかし、街の人気レストランや老舗の料理屋さんの場合は株式会社や法人化していないところもあります。

そういったところは福利厚生をあまり求めないほうがいいかもしれません。

そういった保障よりも確かな経験と技術、実績を積めるということが調理師としての将来への福利厚生のようなものですから。

健康保険や年金などは自分で払ってでも勉強したい、ここの料理を学びたいという気概のもとで応募しましょう。

ちなみに源泉徴収などの処理はどこでもしてくれますので安心してください。

勤務場所

働く場所ですが、これは応募したいところの飲食店が勤務場所ですので特に変動はありませんがチェーン展開している企業の飲食店で正社員となると異動はマストで付いてきます。

ある程度の店舗数をもっている飲食会社ですと異動は免れませんので、その点は頭に入れて就職活動をおこなってください。

ただし、アルバイトであればそういったことはありません。

採用された店舗で基本的には勤務をするのみですが、稀に系列店舗の人手が足りないときに数日間だけ呼ばれるケースもあります。

調理師の活躍する現場は多数あります。

街を歩いていてさまざまな飲食店を見かけますが、それら全てが候補といっていいでしょう。

どんなに長く働いていも永続的に働ける人はいませんから、いつかは求人を出します。

もしくは求人が出されていなくても、この店で働きたいという意欲を持てるところに巡りあえたとしたら積極的に聞いてみてもいいでしょう。

そのときは人が足りていてすぐには働くことが出来ないかもしれませんが、そういった意欲がある人材は飲食店にとって非常に貴重ですのでのちのち現在いる調理師が辞めたあとに連絡がくるかもしれません。

ちなみに筆者が一番最初に働いた飲食店では当初人材の募集はされていませんでした。

しかしどうしてもそこで勉強したい、働きたいという意欲を伝えたところ3ヶ月後に正式に採用して貰えることとなりました。

そのときの経験や人脈などは後にも活きてきましたし、なにより働きたいお店での勤務というのはモチベーションを高く保つことが出来ます。

もしあなたが今気になる飲食店があったら、まずは話をしに行ってもいいかもしれません。

基本的に飲食店を営んでいる人たちはどこかに情熱的なものを持っていますのであなたの意欲を買ってくれるところもあると思いますよ。

求められる人物像

調理師に求められる人間の特徴というのは「真面目さ」「料理に対する好奇心」「食べる人のことを考えられる」この3つが基本となります。

まずどんな仕事でも当てはまりますが真面目にやれること。

調理師は誰かに料理を食べてもらうことで初めてその仕事の価値が認められます。

ですので、相手の立場に立って真面目に料理と向き合い作れる人が調理師の現場では求められています。

逆にいえばそういったメンタルの部分だけあればどんな人にでも働くチャンスはあるということです。

必要なスキルや資格、経験

特にかならず必要な資格やスキルは必要ありませんが、英語やフランス語が得意だと調理師になるにあたってスムーズに仕事を始められるかもしれませんね。

というのも、料理の工程における作業などで調理用語として英語やフランス語が使われることが多く、食材や料理名も英語やフランス語を使っていることがありますので。

しかし、実務経験と共に覚えていくものなのでそこまで最初に気にしなくても大丈夫です。

最初は誰でも未経験から始まるものですから、アドバイスや先輩からの教えを素直に聞ける姿勢だけあれば問題ないといえるでしょう。

「調理師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

調理師のおすすめポイント

数多くある職業の中から「調理師」を選ぶということに対するメリットや、どういったところに重きを置くのかを見ていきます。

それではおススメのポイントやアドバイスも交えてご説明していきましょう。

経験を積んで独立やスキルアップできる

まずは調理師を志す目的としては独立開業を目指す人が多いかと思います。

小さな店舗でも独立すれば収入アップが見込めますし、実際に5~6坪でお客さんが10人入れば満席というお店でも月商300万円以上を稼ぐ店舗もあります。

そういった繁盛店を経営している料理人は必ずどこかでしっかりとした経験を積んでいますし、色々な飲食店を見てきています。

そういったところを目標にするにしても調理師は魅力的な職業だといえるでしょう。

また、スキルアップしていく実感や昇給に対する体感もほかの業種より大きいと思います。

練習したらその分だけ料理は上手くなりますし、お客さんからの反応もダイレクトに味わえます。

また、調理師としての経験を活かして様々な転職先もありますので手に職を持ちたい方にはぜひおススメです。

副業や家事育児の空いた時間に働ける

アルバイトや副業としても人気の高い職場が調理師の現場です。

大手チェーン店など夜からの営業がメインのお店では、昼間にその日使う分の料理の仕込みをおこなうわけですが、そういった昼間の時間だけ働く主婦の方も数多くいます。

子供が学校に行っている間だけという方や、夜間学校に通いながら昼間は飲食店でアルバイトというのも賢い選択肢のひとつだと思います。

実際に筆者も和食系のカフェバーで勤務しているとき、昼間のスタッフはほとんどが主婦の方たちでした。

一応わたくしが店長代理という立場ではありましたが、人生の先輩たちである主婦の方たちから学ぶことも多く、また主婦の方たちも時間の有効活用が出来ていたので楽しそうに働いていたのが印象的でよく覚えています。

日ごろ家事で食事を作っている経験などが活きるいいバイト先だと思いますね。

あとは、アパレル関係などで古着屋を開業した方が週末だけアルバイトをしているという勤務先もありました。

開業して間もなくで、まだ収入が不安定ということで副業として飲食店のアルバイトをしていたようですが、そこで培われた人脈などが広がっていき本業の古着屋さんにも飲食店で知り合ったスタッフやお客さんが服を買いに来てくれたりして助かったという実際の声もあります。

こうした副業としてのチョイスも飲食店は向いているといえるでしょう。

自分にあった調理師の求人の選び方や注意点

調理師を目指すといっても一概に大手チェーン系企業が良いとか、人気のレストランが良いということは言えません。

自分に合った職場で働くことが目標への近道ですので、そういったところをパターン別にご紹介していきましょう。

【選び方①】雇用形態から探す

まず仕事選びの際に優先順位を「正社員」というものにこだわる人には調理師は向いているかもしれません。

なぜなら現在数多くの飲食関係企業は調理師という人材を欲しているからです。

前述したように一昔前の事例によって飲食業界や料理人という仕事には「長時間労働・低賃金」というネガティブなイメージがついてしまった時期がありますので、調理師を目指す人が少なくなってしまい慢性的な人手不足になっているのです。

そのため正社員登用も他の業界よりも積極的に行い、特に学歴や経験を不問とするところが多いので「正社員」としての窓口が広いといえるでしょう。

実際の例を挙げてみますと、大手牛丼チェーンでは大学生や海外からの留学生に対する奨学金を掲げてその後の奨学金返済を自社で賄うという形を取っています。

これは大卒の有望な人材を早くから抱え込み、ゆくゆくは管理職へ回していこうとする狙いがあり、そうしないと就職先として選んでもらえないという現実でもあります。

こうしたことから、調理師が活躍する現場では正社員を多く求めていますのでそういった安定志向からの目標としても飲食業界はおススメといえるでしょう。

【選び方②】会社・お店・施設の業態から考える

飲食店で働きたいという調理師が大半を占めますが、施設や会社といった企業に勤める調理師としての仕事もあります。

これは飲食店という常にリアルタイムで毎日が違った作業の連続をしなくてはいけない職場環境と違って、安定した勤務時間や雇用体制を求める場合に当てはまるケースです。

たとえば給食センターなどはあらかじめ管理栄養士が決めた子供用の献立があり、それに対して毎日決まった分量を作るという作業が主な仕事内容です。

基本的にイレギュラーが存在しませんので精神的には楽かと思います。

もちろん大量の給食を作るわけですからそれなりの体力や気力は必要となりますが、飲食店のようにひとつの料理を作っている最中に違うオーダーが飛んでくることがありませんのでそういった部分では穏やかな職場環境といえるでしょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

正社員としての実績が欲しいのであれば前述したように正社員雇用を掲げている企業に就職する事をおススメしますが、やりがいやそれに対する給与をメインと考えたときにフリーターという道を選んで活躍している調理師が多数いるのも現実です。

わたくしは社員として飲食店に勤務していた経験もありますが、主にフリーターとして非正規雇用の立場をとってきました。

それは何故かというと短期的に見るとフリーターの方が年収が高かったからです。

20代半ばで年収350万円ほどになっていましたが、正社員で雇われていた場合およそ勤務初年度でその数字にはなりませんでしたので、あえてフリーターとして勤務していたというのが理由です。

こうしたように、長期的に見るか短期的に見るかによって、あなたが望む雇用形態は変わってくると思いますのでよろしければ参考にしてみて下さい。

【選び方④】勤務地から考える

とにかく自宅から近いほうがいいという理由も仕事選びの上では重要なポイントです。

通勤に往復2時間掛かるのと徒歩5分のところでは、はっきりいって後者のほうが1日のうちの2時間を他のことに使えるというメリットがありますよね。

そうした観点からも近場での勤務というのは魅力的です。

注意点

「正社員登用あり」や「学歴不問未経験可」というのが飲食業界のいいところでもありますが、大きな落とし穴のケースもあります。

それは「正社員として採用します」、となってもいつから正社員なのか明確でない企業が存在するからです。

試用期間の間は非正規雇用となりますから、企業側は年金などの負担をしなくて済みます。

そうなるとなるべく試用期間を長くして、人件費に当てる割り合いを少なくしようという考えのところもありますので採用面接のときにはしっかりとそういった疑問を解決してから契約書などにサインをするよにしてください。

また、似たようなケースですが「異動なし」という前提だったはずなのに勤務1年後に別店舗に移るようにと辞令が出されるケースもあります。

複数の店舗がある企業であればそういったところも注意したほうがいいといえますね。

調理師の求人についてよくある疑問

調理師に興味が出てきたけど実際未経験だし、面接でちゃんと受け答えが出来るかな?と不安な方もいると思いますので、ここではそんな疑問にQ&A方式でお答えしていきたいと思います。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

調理師でまず聞かれるのは経験の有無。

しかし、未経験でも全然大丈夫です。

採用する側が知りたいのは経験の程度で、この先どれくらいの期間でその人が戦力として働けるかを把握したいのです。

ですから未経験でも問題はなく、「早く慣れてくれればいいな」と思われるくらいなので臆することはありません。

そして一番大事なのは面接合格の秘訣ですが、飲食店に限っていえば「週末は必ず出勤できます」といえばオーケーです。

やはり飲食店で一番忙しいのは週末ですから、そこに出勤できないとなると厳しくなってしまいます。

しかし、ご安心ください。

週末は無理でも確実に平日の昼間はシフトに入れますなどの条件を提示すれば全然チャンスがあります。

覚えておいて貰いたいのは、イレギュラーなシフト構成をしたくないので曜日を固定できる人材が欲しいというのが素直な採用側の意見ですから、そこにさえ対応できれば合格の可能性はアップします。

未経験でも応募できる?

もちろん大丈夫です!経験があるにこしたことはありませんが、未経験の方が一から教えやすいので逆に楽という面もあります。

職場の雰囲気は?

飲食店で働いている人たちは何かしらの目標を持っている人たちが多いので、多ジャンルの目標だとしても刺激になっていいと思いますよ。

残業って多いの?

残業は職場によりますが、基本的には営業時間内に終わらせられるように片付けなどをおこないます。

最初は慣れない職場でスムーズにいかないかもしれませんが、慣れるとほとんど残業などはありません。

シフトの自由度ってどうなの?

ある意味シフトの自由な環境だといえます。

人間関係に慣れてきたり、仕事が出来るようになれば毎回ではありませんが自分の好きな日に休むことも可能です。

まとめ

調理師の求人における疑問やチェックしておきたいポイントを実際の例を挙げながら解説していきましたが、参考になりましたでしょうか?

基本的には正社員になりやすく、アルバイトからの社員登用もあるのが飲食業界の魅力的なところだと分かってもらえたかと思います。

パートタイマーや主婦の方、学生も多い現場なので未経験でも安心して応募できるのも重要なポイントです。

調理師というと飲食店で働いているイメージがまず浮かぶと思いますが、それだけではなく病院や給食センターなどでも活躍しているのを知っていただけたと思います。

ご紹介した勤務先以外にも調理師の経験が活かせる場所はたくさんあると思いますので転職にも有利なのも嬉しいところです。

基本的には清潔感があり、真面目な態度で臨めば採用面接などは合格すると思います。

たとえ1度落ちたとしても落ち込むことはありません。

あなたに合った調理師としての職場はかならずあります。

粘り強いという性格も調理師には向いているタイプですので、ぜひここまでを参考に調理師としての一歩を踏み出してみて下さい。


調理師求人についてもっと深堀りした情報を見る

調理師正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

プロの料理人になりたいと思ったことはありませんか?白いコックコートに長いサロン、コック帽をかぶったプロの料理人はその立ち姿や料理をしている姿などとてもかっこいい職業です。自分の腕や知識で世界中で働くことのできる料理人に憧れている人も多いでしょう。しかし、料理人の世界はとても厳しいと言われたり、労働時間が長い、修行の期間は薄給であることなどから転職をためらっている人が多いのも事実です。料理の世界はお客さんとして来店するだけでは見えにくく、本当はどのような仕事内容なのか分からないまま転職してしまうのは不安ですよね。そこで今回は、プロの調理師で飲食業界で働くこと15年の筆者が、調理師の仕事内容や年収

調理師の転職を成功させるために!狙い目なお店の特徴と上手に転職するための3個の注意点

転職活動というのは人生の大きな転機のひとつですよね。その中で現在市場規模が海外まで数限りなく広がっている飲食業界、その最前線の現場で働く調理師の転職活動に対しての、メリットやデメリットなどをいくつかの項目に分けてご説明していきたいと思います。注意した方がいい点や、転職を成功させるための秘訣、「本当に転職をした方がいいのかな?」という疑問にもお答えしていきたいと考えておりますので参考にして頂ければ幸いです。筆者は自身でも多数の飲食店で修行したのち都内で飲食店を独立開業、その後飲食に携わる様々な分野で活動を行う会社を設立いたしました。そのため、飲食業界のすみずみまで把握していますので現場の生の情報

調理師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術・成長術を教えます

仕事を決める上で重要なのはやはり収入面ですよね。さて、そんな中でレストランなどで活躍するシェフやコックさんといった調理師の世界での年収相場はどうなっているかご存知でしょうか?現在では飲食店がどんどんと増えていき、世の中にはた数多くの調理師が勤めています。飲食業界への就職や転職を考えていて、その年収とはどれくらいなのか気になる人もいるかもしれません。ここではそんな気になる調理師の年収をご説明していきます。筆者は飲食業界にて15年の経験を持ち、自身でも多数の飲食店で修業したのち都内にて独立、飲食に関する総合的な仕事を取り扱う会社を起業し運営しております。長年の経験で培われた知識と、一昔前から現在に

調理師の仕事はどんな人に向いている?向いている人の7個の特徴やキャリアについて解説します

世の中にある仕事のほとんどには色々な人間的な適正があると思いますが、ここでは「調理師」の仕事の適正について説明していこうかと思います。どんな人が向いているのか、逆にどんな人が向いていないのか?など素朴な疑問に寄り添ってお答えしていきますので、仕事選びの参考にしてみて下さい!筆者は一応飲食歴としては15年と長年飲食業界に携わってきました。自身としても色々な飲食店で修行し、その後独立し飲食に関係する小さな会社を起業した経験がありますので多くの調理師の方と働き、雇用もしてきました。ですので現場のリアルな声をお届けできるかと思いますのでぜひ見ていってくださいね。調理師はどんな仕事?調理師とはレストラン


調理師求人に関するコラム

調理師アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイトを始めようと考えた時、皆さんは何を重視して選びますか。長く働けるアルバイトを選ぶコツはやはり「楽しめるかどうか」が重要になってきます。人と話すことが好きな方は接客業を、パソコンが好きな方はパソコンを使った業務のあるアルバイトを選ぶことでストレスなくアルバイトに打ち込めます。料理が好きな方は調理補助としてアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。「調理師」と名乗ることができるのは調理師免許を持っている人だけですが、調理補助としてなら短時間のアルバイトでも求人を見つけることができます。今回は飲食店でアルバイトとして調理をする「調理補助」に注目してお話をしていきましょう!新しいアルバイトを

調理師の仕事が辛い…と感じる5個の瞬間とその乗り越え方

料理が好きな人、食べることが好きな人の中には「調理師になって、美味しい料理をつくりたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。プロの調理師に憧れて、調理の専門学校に通う方もいるでしょう。でも、知っていますか。調理師の仕事は離職率がとても高く、専門学校から斡旋された新入社員でも、一年経たずに調理師業界を去ってしまうことが本当によくあります。調理師の仕事は厳しく辛く、そして長い修行期間に耐えられるかどうかがまず最初の壁になります。仕事を続け、活躍をする人がいる一方、調理を一生の仕事にしたいと入社してきた新人でも、半年後には現実と理想のギャップに苦しんで退職を選んでしまうことは珍しくありません。調理

調理師を辞めると決めた6個の理由。経験者が解説します!

「料理が好きだから」「人に喜んでもらうのが好きだから」と言う理由で足を踏み入れた飲食業界でも、日々の仕事に追われ疲れて退職してしまう人は後を絶ちません。離職率がとても高いと言われる飲食業界は今人手不足に陥っています。労働条件、人間関係、給与など理由は様々ですがたくさんの有能なシェフたちが飲食業界を後にするのを目にし、若い頃は「どうして?」と思っていましたが、経験を重ねるに連れてその理由が私にも分かってきました。そこで今回は、調理師を辞めたいと思った瞬間についてお話します。経験者が紹介!調理師を辞めたいと思った6個の理由とは?15年以上調理師として働いている私も調理師を辞めようと思ったことが何度

調理師のメリットややりがい。これから就職や転職を考えたい人に向けて!

今現在、日本で一番求人数が多いのが「飲食業」です。飲食業と一言でいってもたくさんのお店があり、その中でもホール担当や調理担当に分かれます。調理師の仕事はとてもやりがいのある楽しい仕事ですが、その労働環境や条件などが悪い意味で注目を集めてしまい人手不足に陥っています。しかし、きちんとした待遇で働けるお店もたくさんあります!「条件が良くないと聞くから」「きつい仕事だと聞くから」と言う理由で調理師への道を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。今回は料理を作るプロ、「調理師」に注目してその仕事内容や調理師として働くメリット、やりがいや進んだ先にある将来などについてお話をして行きましょう。今現在調

調理師の仕事は女性でも出来る?女性経験者の私が、できること・大変だったことを解説します

現代は、昔に比べると外で働く女性が多くなりましたね。結婚してからも正社員で仕事を続ける人は増えていますし、子供を育てながらでもバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンはたくさんいます。一昔前は男性の仕事とされていた業界にも女性の進出が目立つようになりましたが、調理師の世界はまだまだこれから。女性調理師の数はあまり多くありません。今回は、今から女性の進出が期待される料理業界・調理師業界の仕事で、女性だからできることや大変だったことなどをお話していきましょう!私も女性ですが調理師でもあります。女性ならではの大変なことも経験してきましたが、女性は調理師に向いていると言う考えを持っています。女性だからこそ