飲食店で働いてみたいと思っても、初めてだと不安もありますよね。

この記事では、飲食求人でよくある募集内容や飲食店のタイプ、そして向き不向きなども紹介したいと思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食求人でよくある募集内容

最近の飲食店の傾向としては、キッチンスタッフや調理責任者の募集の方が、ホール担当の募集よりも多い傾向にあります。

また、店長や店長候補、マネージャーなどの責任者の募集が多いのも特徴です。

飲食販売業務は店舗での販売員の募集や工場での箱詰め作業の募集が多いのが特徴です。

接客や配膳を行うホールスタッフ

飲食店での接客や配膳を行うホールスタッフの仕事は、直接お客様と接するお仕事です。

お店の雰囲気やお客様に合わせた言葉遣いや接客をしなくてはいけませんし、お客様からのご意見などを伺うことが多いので、人間力が鍛えらるお仕事です。

提供しているメニューに関する質問への受け答えをしなくてはいけないので、メニューに関する知識や自分なりのおすすめメニューの知識が必要です。

お客様へ商品を提供する際の最終チェックポイントがホールスタッフなので、責任のあるお仕事です。

また、自分の担当だけでなく、ホール全体の流れや状況を把握して瞬時に判断を求められ、ホールスタッフ同士、キッチンスタッフとの連携も求められます。

調理や仕込みを行うキッチンスタッフ

味、盛り付け、食器の汚れや欠けがないか、提供時間・・・調理の手順やオーダーの調理の順番など、手と頭をとても使うお仕事です。

仕込みや片付けなど営業時間外の仕事もとても多く、立ちっぱなしのお仕事なので、体力も必要です。

また、食材を扱いますので、キッチンスタッフ自身はもちろん、器具や作業台などの消毒や清掃に関しては厳しい管理が必要です。

けれど、飲食店にとって、やはり、メインは「調理」です。

おいしいと喜んでもらえるものを作る喜びは飲食業界に携わる人にとっては一番の喜びであり、やりがいのあるお仕事です。

食材や調理の知識も深まりますし、原価と売価のバランスなども身に付きます。

注文受付・会計・梱包を行うカウンタースタッフ

飲食店では注文受付や会計はホールスタッフが兼任しますが、ホテル内でのレストランや食材や商品を販売している店舗では注文受付・会計・梱包を行うのはカウンタースタッフのお仕事です。

ケーキ店、パン屋、総菜店などでは、陳列してある商品の会計や梱包を行います。

商品を見ただけで、商品名と値段を正確に会計し、お客様がお持ち帰りしやすいように梱包をしなくてはいけません。

お客様に商品について尋ねられることも多いので、商品の味や使われている材料などの商品知識も必要です。

配達を行う配達スタッフ

カレーやピザなどの宅配デリバリーサービスがある店舗では、バイクや車で商品をお届けするお仕事を配達スタッフが行います。

忙しい時間帯は専属ですが、キッチンやホールやカウンターなどのほかのスタッフの仕事の補助を行うことが多いので、バランス良くお店の仕事を覚える必要があります。

安全にバイクや車を運転出来ることはもちろん、住所から地図を見て、お届先への経路を覚える能力が大切になります。

バイクでの配達は夏は暑く、冬は寒く、雨の日や雪の日など天候によって大変なこともありますが、配達中は運転にだけ集中出来ますし、デリバリースタッフは時給が高めなところが多いです。

盛り付け・箱詰めなどを行う調理補助・製造スタッフ

盛り付け、箱詰めなどの調理補助や製造スタッフは、単純な作業の繰り返しのお仕事ですが、自分の担当でミスをしてしまうと、作業の流れ全体を止めることになったり、欠陥商品となってしまったりして、会社やお店に大きな損失を与えてしまうことになるので、慎重さと丁寧さと正確さが求められるお仕事です。

夜から朝にかけての勤務体制を設けているところも多いので、掛け持ちで仕事をしたり、朝型の生活が苦手な人には向いていると思います。

また、自分自身の与えられた作業をする仕事ですので、淡々とコツコツと仕事をする人に向いていると思います。

皿洗いスタッフ

皿洗いスタッフを専属で雇い入れているようなところでは、食洗機が設置されていますが、食洗機だけでは汚れが落ちないことが多いので、一度、洗剤を入れたぬるま湯につけて、スポンジである程度手洗いをしてから食洗機にかけます。

従って、ただ、食器を機械に入れて押せば良いという仕事ではありません。

食洗機への食器の入れ方によっても汚れの取れ方が変わってきますし、食器が欠ける原因にもなります。

また、忙しいときには不足している食器から優先的に食洗機にかけなければいけません。

立ちっぱなしで、腰をかがめての作業になるので、体力が必要です。

業務用の洗剤は強いものも多いですし、欠けた食器で手を切ったりすることもあるので、手のお手入れが必要です。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店のタイプって?

ファミレス・レストラン

ファミレスやレストランは営業時間が長くモーニング・ランチ・ディナーまでの飲食提供となるところが多いです。

そのため、働く時間が選びやすく、主婦(主夫)や学生さんも働きやすいと思います。

また、キッチンスタッフ、ホールスタッフなど得意な方を選ぶことが出来ますし、同じ時間帯にいろんな年代の人やいろんな立場の人と一緒に仕事することになるので、勉強になることも多いです。

ファストフード店

募集も多く、1番就職しやすいのはファストフード店だと思います。

調理にしても接客にしてもマニュアルがありますから、仕事も覚えやすいと思います。

ファストフード店も営業時間が長いので、勤務時間を選びやすいです。

高校生、大学生、主婦(主夫)などそれぞれの生活スタイルによって勤めることが出来ますし、全国どこに行っても勤めることが出来るので、1度経験しておくと、復帰しやすいお仕事だと思います。

飲食店の中でも、特に多種多様なお客様がいらっしゃるところですし、店内での飲食、テイクアウト、ドライブスルーと様々な形態で、お客様に商品を提供することになりますので、頭の切り替えが早い人に向いているお仕事だと思います。

居酒屋

勤務時間が意外と短いのに、夜のお仕事な分、時給が高いです。

その分、営業時間内に集中してお客様がいらっしゃるので、忙しいのも特徴です。

アルコールや食事のメニューが多いので、覚えるのが大変です。

チェーン店の場合はマニュアルがありますので、比較的仕事は覚えやすいです。

チェーン店ではないところはアットホームな感じの職場が多いです。

身体を動かすのが好きだったり、声をだすのが得意な人には向いてる飲食店だと思います。

カフェ・喫茶店

カフェや喫茶店は個人経営のところとチェーン店とで大きく雰囲気が異なると思います。

個人経営のところは、スタッフの人数が少ないので、店長やスタッフと気が合うと長く仕事を続けることが出来ます。

極端に忙しくなることもありませんが、人数が少ないので意外と仕事は多いです。

また、時給も低めのところが多いです。

チェーン店ではマニュアルがありますので、仕事は覚えやすく、同じ時間帯に複数のスタッフでお仕事をします。

忙しいときとそうでないときの波があります。

チェーン店にそれぞれ特徴がありますので、働く際には時給だけではなく、制服やメニュー、募集のシフト、店の雰囲気などを比較した方が良いと思います。

カフェや喫茶店では、常連のお客様とのコミュニケーションも楽しいです。

宅配・デリバリー

宅配・デリバリー業務は比較的時給が高いので、運転免許があって、運転に自信があって、きちんと交通ルールを守ることが出来る人には良いかと思います。

天候の悪い日(雨、雪、寒い夜、暑い日中など)の方が、注文が多いので、そこが一番大変だと思います。

また、住所から地図を見て、ルートを覚えて届けなくてはいけないですし、忙しいときは数件をまとめて配達したりするので、方向音痴な人には向かないと思います。

お届先で階段を4階まで登らなくてはいけなかったり、あまり、忙しくないときにはメニューチラシをポスティングしたりといった仕事もありますので、体力に自信の無い人には向いていないと思います。

比較的、男子学生に人気のお仕事だと思います。

ケーキ・スイーツ

ケーキやスイーツのお店では、ケーキやスイーツを作るお仕事、材料をカットしたり、飾り付けなどの製造を補助するお仕事、接客・梱包をするお仕事に分かれてくると思います。

実際にケーキ屋スイーツを作るお仕事は技術が必要になってきます。

補助のお仕事は将来的に自分がパティシエになりたい人や、趣味でお菓子作りをしている人には勉強になってよいと思います。

接客、梱包の場合は、商品名と商品の味、材料などの特徴、値段を覚えておかなければいけないですし、自宅用だけではなく、お土産やプレゼント用にご購入されるお客様も多いので、ラッピングや箱詰めなどが得意で手先が器用な人に向いていると思います。

また、店内での飲食が出来るタイプのお店もあります。

その場合は、販売だけではなく、お飲み物をお出ししたりするホールの仕事も行います。

比較的、若い女性に人気のお仕事だと思います。

蕎麦・ラーメン・寿司・ピザなど専門店

専門店の場合は、キッチンとホールのお仕事が完全に分かれているところが多いです。

お客様の回転が速いので、ランチタイムやディナータイムなどの食事の時間帯はとても忙しいです。

専門店などで、居酒屋やレストランほどメニューが多くないのも特徴です。

キッチンの仕事はいずれ専門店を自分で開きたいと思っている人には良い修業の場になると思います。

お弁当屋

高校生から年配の方まで、幅広い年齢層が働くことが出来るお店です。

また、最近では海外留学生の人も多く働いてるいます。

チェーン店ですと調理もマニュアル通りですので、メニューが多くても比較的仕事は覚えやすいと思います。

注文が入ってから、お客様に商品をお渡しするまでの時間を出来るだけ早く行わなければいけないので、作業を正確に素早く出来る人に向いているお仕事だと思います。

仕事が終わるとキッチンだけでなく、注文受付の仕事でも全身に油の匂いが染みつくので、仕事上がりにそのままお出かけというのは難しい感じです。

バー

バーは個人経営のところが多く、経営者の人も、スタッフも男性が多いのが特徴です。

たくさんのアルコールの種類とカクテルの種類や特徴、作り方、アルコールにあったグラスなどを覚えなくてはいけません。

飲食関連のお店の中では特に、お客様の顔や名前、会話の内容、好みなどを覚えて接客に活かすことが必要なお仕事ですので、記憶力の良い人の方が向いていると思います。

また、動作や言葉遣いにも洗礼さが必要になります。

店内で流す音楽や照明などお店の雰囲気を保つことも大切です。

夕方から明け方にかけてのお仕事になりますので、夜型の人向きだと思います。

沖縄料理

沖縄料理屋さんは日本の地方料理屋の中ではやはりちょっと特殊。

食材や取り扱っているメニューの表記も独特ですから、まずは沖縄の言葉から勉強することになります。

もちろん勉強といっても難しいことはなく、実際の商品を見ながらひとつずつ特徴を覚えていくだけです。

文化的でもありとても楽しい仕事環境ですから、人気の高いタイプの飲食店といえるでしょう。

また、他の飲食店と違う部分はお酒。

沖縄で造られる泡盛という焼酎が各種取り揃えられているところがポイントですね。

泡盛は地域によっても色々な種類があり、その味わいも様々です。

料理では亜熱帯地方で栽培される野菜や、沖縄原産のアグー豚などを使ったものが多く見られます。

また、調理方法もどこか東南アジア料理に似ているところもありますね。

基本的には火を使ったものが多く、あまり生ものは見かけられません。

暑い地域であることから食中毒予防のためにこうした料理文化が発展したとされています。

また、魚を使った料理もありますが全体的な割合から見ると少ない印象を受けます。

そのため、もともと魚を取り扱っていた料理人などからすると少しもの足りなく感じるかもしれません。

ただ、珍しい魚を扱ったりしますのでその点では勉強になるといえますね。

スペイン料理

2000年代から日本でも多く見られるようになったのがスペイン料理のお店です。

スパニッシュレストランといった形で最初はよく出店されていましたが、現在は主に「バルスタイル」のところが多い印象です。

バルとは「バー」と同じカテゴリーに位置しますが、海外のバルは日本におけるバーとは少し意味合いが変わっていて居酒屋さんのような形です。

小分けに提供される「タパス料理」といったのがいわゆる一品ものメニュー、つまみのような役割を果たしていてワインのお供とされています。

スペインワインを多く取り扱いますので、スペイン語を大学などで学んでいた人からすると面白いと感じるのではないでしょうか。

また、比較的お客さんの単価が安いお店も多いので気軽に働けそうというイメージもあります。

さらに店内の雰囲気は大西洋側を意識した西欧スタイルです。

オシャレな感じが働く人間にも人気な飲食店のひとつ。

スペイン料理というと代表的なものはパエリヤですが、料理人として働くなら一度はちゃんと勉強してみたいところ。

実際に私もスペインで修行していたというシェフのもとで働いたことがありますが、非常にその作り方が興味深かったのを覚えています。

日本だとあまり生米から調理するということがありませんので、お米料理のひとつとして料理のレパートリーが増えるかと思います。

また、サフランやターメリックといった香辛料を使うのも特徴です。

ホールスタッフもパエリヤをお客さんの前で取り分けたりライブクッキングの一員として働きますので非常にやりがいを感じられるはずです。

人前で何かをするのが苦手、という方でもここで働いて自信をつけてみてもいいのではないでしょうか。

イタリアンレストラン

レストランとしては日本で古くから馴染みがあるのがイタリアンのお店。

戦後からほどなくしてイタリア料理というのは日本に上陸してきましたね。

イタリアンレストランには高級なお店から庶民派のお店まで色々なタイプのお店があります。

庶民派のレストランではそこまで堅苦しいテーブルマナーやサービス技術を求められませんので、飲食店で働くのが初めてといった方に向いています。

比較的イタリア料理の種類というのも日本人からすると聞いたことがあるものばかりです。

カルパッチョやパスタ・ピザといった有名料理発祥の地ですから、覚えるのも早いかと思います。

ただし、最近ではピッツェリアなどピザを専門的に扱うお店も増えてきました。

そういったところでは専門的な用語や知識が必要となってきますので、ワンランク上のイタリアンを経験したい方にはオススメとなっています。

また、高級イタリアンになるとしっかりとしたサービスマナーを勉強することができます。

ホテルの高層階にあるようなレストランでは著名人なども訪れ、社交場での立ち振る舞いも学ばなくてはなりません。

日本においては有名なイタリアンのシェフも数多く存在しますので、料理の勉強をしたいのであればやはりそういったところで勉強するのがいいかと思います。

しかし、街場の庶民派レストランでもイタリアで修行したことがあるという料理人は多く、そういった現地の味を体験している方のもとであれば高級店でなくても素晴らしい技術が学べます。

実際に私もイタリアで働いていたという方が同僚でいましたが、料理だけでなく文化も勉強できて楽しかった思い出があります。

どの料理もそうですが、イタリアンも非常に奥が深い料理です。

きっとその魅力に惹きこまれると思いますので、オススメの業態のひとつとして挙げておきます。

フレンチレストラン・ビストロ

日本では「なんとなく値段が高そう」と思われているのがフレンチレストランですね。

また、調理技術のベースにもフレンチの手法はよく使われていますので料理人からすると勉強しておきたいジャンルのひとつだと思います。

実際にフレンチベースで料理を作っている飲食店が現在のところ大半ではないでしょうか。

世界三大料理にも数えられるフランス料理ですが、実は飲食店の種類でいうとピンきりです。

ビストロと呼ばれる大衆居酒屋に近いお店もあれば、高級フレンチレストランというものまであります。

ビストロではフランスの田舎料理などがよく提供されていますが、地域ごとの特徴があって非常に興味深いものとなっています。

東西南北で風土が違いますので、使われる食材も変わってきます。

特に多いのは南フランス・南仏といった表記があるお店ですね。

そういった郷土料理なども含めてフレンチの質を極限まで高めているのが高級店と呼ばれるお店です。

またテーブルマナーの元祖ですから、そのサービス力も世界で一番とされています。

ホールスタッフであればテーブルサービスの基準を学べますので、飲食業界においてのキャリアアップを考えるなら一度は働いておいたほうがいいお店です。

やはりフレンチを経験しているホールスタッフはどこの飲食店にいっても重宝されます。

それはサービス技術が他の業態と段違いだからです。

フレンチに対抗できるサービス技術とマナーを持っているのはおよそ世界の中でも和食・割烹といった日本食レストラン・料亭くらいだと思います。

しかし欧米文化の中ではやはりフレンチレストランの料理・サービスの技術はトップクラス。

そうした本物の技術を学ぶことで、飲食人としての経験値を高められますのでオススメの働き先といえますね。

中華料理

日本人からすると馴染みが一番強いのが中華料理だと思います。

大きく括ればラーメン屋さんも中華料理のひとつのジャンルですからね。

中華料理にも大衆的なものから高級なものまで幅広く店舗が存在します。

大衆的なものでいえば街場にあるような中華料理屋さんですが、中にはものすごい技術を持った中華の料理人が存在していますので勉強にはなります。

また、高級店になればなるほど使う食材の値段が跳ね上がります。

いわゆる干しアワビやツバメの巣といった高級食材ですね。

また、中国は国土が広いですからフレンチ以上に郷土料理の幅が広がっています。

そのため一言で中華料理といっても広東なのか北京なのか、はたまた四川なのかといったところでもそのベースが変わってきますので学びたい中華料理を決めてから応募するのがいいと思います。

正直北京料理と四川料理ではほぼ国が違うといっても過言ではないほど料理の種類が違います。

もちろんどちらが上などはありませんが、料理人として経験を積みたいのであればどういったものを勉強したいかをまずはよく考えた方が将来のためになりますね。

ホールスタッフからの視点でいいますと、高級店以外ではそこまでかしこまったテーブルサービスの技術を求められませんので、比較的働きやすい環境かと思います。

また、中華料理で働く楽しみは賄いですね。

普段は食べたことがないような中華料理が味わえますのでオススメです。

美味しいかどうかは別にして、私は中華系のレストランで働いていたときに蛙が賄いに出てきてびっくりしました。

日本人には馴染みがない食材ですが、そういったものを実際に食べることによって飲食人として働く上でいい経験値を得られたと思っています。

アジア・エスニック料理

タイ料理、ベトナム料理、ネパール料理、シンガポール料理、インドネシア料理・・・。日本には現在様々なアジア系エスニック料理が進出してきていますよね。

タイ料理などはかなり市民権を得ていると思います。

そういったところで働くにはやはり興味が必要です。

大学などでアジア圏の文化について勉強していたような人にはオススメですね。

比較的フレンチやイタリアンなどよりホール技術が求められているわけではないので、初心者でも働きやすいかと思います。

また料理人として働く際にはかなりの経験値が得られるはずです。

見たことも聞いたこともない食材や料理方法を勉強できます。

そういった意味では調理経験がなくても勉強を始めやすい環境ともいえますね。

中には高級なお店もありますが、そういったところで働くのもオススメです。

大衆的なアジア料理を芸術の域にまで高めるシェフの技術を学べますので、料理人としてステップアップを考えているのであればこうしたエスニックの飲食店で働くことも重要です。

香辛料の数も他の料理ジャンルより豊富ですので、学ぶことは多いですね。

だいたいエスニック系のお店だと地元の人間が切り盛りしていることが多いので、本場の味を体験できるというのも魅力のひとつ。

また、フレンドリーな雰囲気が特徴でもあります。

従業員同士でワイワイガヤガヤ働きたい、という人にもオススメの飲食店となっています。

会席料理

会席料理というとかなり堅苦しく感じてしまうかもしれませんが、要は和食です。

ただし、和食におけるコース料理メインのお店ですから料理・文化の両面を学ぶ必要があります。

また、ホールスタッフであれば配膳する際には着物を着用するところも多く着付けの勉強にもなりますね。

そのためもともと和装に興味がある人などは会席料理のホールスタッフに向いているといえます。

料理人として働く上では、ある程度長期間働くことが求められています。

最低でも3年間は働かないと意味がないと言えるでしょう。

和食は四季折々の食材を使用して、その季節を表現する芸術でもあります。

そのため、1年くらいではその料理を学ぶことも出来ません。

実際、業界的にも履歴書に「会席料理1年」と書かれていてもなんの意味もないことは周知の事実となっています。

逆に1年で辞めているなら根性がないんだな、と捉えられてしまいますので働く際にはある程度覚悟を持って面接に臨みましょう。

その上で3年以上続けられるようでしたら、そうとうな包丁技術などが身に付きます。

和食に関していえば基本技術の全てを体験・経験できますから、かなりオススメの労働環境といえるでしょう。

その後のキャリアアップにも大きく役立ちますので、料理人なら一度は働いておいた方がいいジャンルといえますね。

海鮮料理

魚介類を主に取り扱うのが海鮮料理屋さんの特徴ですが、専門的な商品に特化しているため非常にやりがいを感じられると思います。

特にこれまでに魚を捌いたことがある料理人にとっては色々な魚などを扱いますので、その技術を活かしながらさらにスキルアップができることでしょう。

海鮮料理屋さんだとホールスタッフにも食材の目利きが求められるところがあります。

そのため魚介類についての専門的な知識が身に付きますので大変勉強になる労働環境だと思います。

ホールスタッフにしても魚が触れない、などといった人には確実に向きませんので注意してくださいね。

また、季節ごとの旬の魚介類を知ることでプライベートで役立つことも多々あります。

そこまで厳しいサービス技術は求められていませんから、初心者でも働きやすいタイプの飲食店といえますね。

鉄板焼き

鉄板焼き屋さんは一見シンプルそうに見えて、非常に奥が深い調理方法を使っている飲食店です。

ほぼメインの料理は鉄板ひとつで調理しますので、火力の加減や火の通り方など専門的な技術を学ぶ場所でもあります。

お店によっては最高級品質の牛肉を鉄板でじっくりと焼き上げるなどのメニューもありますから、食材の目利きも勉強できますね。

また、一般的に多いのはお好み焼きなどを取り扱うところ。

将来的にそういった商品を提供するお店を開きたいのであれば確実に一度は働いておいた方がいいお店となっています。

ちなみに一言でお好み焼きといっても種類がかなりあります。

お好み焼きのジャンルに含まれる料理は全国的にも色々あるので、働いてみると面白い発見があると思いますよ。

大阪なのか、広島なのか、はたまた九州の各県でもその形と具材のバリエーションが異なりますから。

基本的に鉄板焼き屋さんではオープンキッチンのところが多いので、料理人として働きたい人にはスキル向上の役割も果たしてくれます。

人に見られながら料理をするというのはなかなかありませんから、度胸も付いて一石二鳥ですね。

鉄板焼き屋さんで料理人としてしっかりとした働きができる人は、ホールスタッフとしての技術も兼ね備えられますのでどちらを選んだらいいかわからないという人は思い切ってこちらのタイプを選んでみても良いかもしれません。

串焼き・やきとり屋

串を使ったタイプのお店は日本独自のスタイルといってもいいでしょう。

一応マレーシアにも「サテ」という料理がありますが、こちらは諸説ありますが日本の焼き鳥をルーツに持っているといわれています。

焼き鳥屋さんや串焼き屋さんというのは仕込みが命です。

そのため、営業時間のかなり前から出勤して食材をカットしたり串を打ったりしています。

なるべく新鮮なものを提供するため、その日に出す分はその日に仕込むわけです。

もちろん料理人が仕込みますが、ホールスタッフであっても仕込みを手伝うことはあります。

そのため食材についての知識が自然と付きますから、ホールで接客をしていてもちゃんと説明ができるようになるというのが嬉しいポイントですね。

また、自分が一生懸命に串を打った商品が売れるとやりがいにも繋がります。

基本的には活気があって大衆的なお店が多いですが、最近では静かな雰囲気で串焼きを楽しむお店も増えてきました。

スタイリッシュに働きたいと考えている人はそういったタイプの串焼き屋さんを選ぶといいでしょう。

ちなみに大衆的な串焼き・焼き鳥屋さんで働く際にはもれなく煙くさくなるので覚えておきましょう。

私も若いころに串焼き屋さんでアルバイトをしていたときに、帰り際の自分の身体がものすごく燻された匂いをしていたのを覚えています。

おでん専門店

おでん専門店というのはちょっと特殊な飲食店のタイプのひとつです。

もちろん一品料理など他の料理も提供しますが、ほぼおでんしかないというところも多いですね。

そのため、仕事の大半はおでんの仕込みです。

昼から夕方までずっとおでんの仕込みをして、開店したらそれを提供していくという流れとなっています。

おでんも全国各地で特色がありますので、非常に面白いかと思います。

特に有名になってきたのは静岡おでんですね。

魚粉などをかけて食べる方法や黒はんぺんといった変わった食材など、勉強になることはたくさんあります。

おでん専門店だとホールとキッチンが一体型の働き方のところが多く見られます。

そのため両方の職種をやりたい、という方にはオススメですね。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶ屋さんでは主にホールスタッフとしての仕事が多く求人にはあがっています。

もちろんキッチンもありますが、主に活躍が求められているのはホール担当ですね。

しゃぶしゃぶ屋さんだと鍋のセットや追加オーダーをなるべく多く取ってくるなど、スピード感のある仕事が重要です。

また、肉の状態を熟知していないとオススメすることもできませんから肉の知識も必要になります。

さらには〆料理などをホールスタッフが自らお客さんの前で作るところもありますので、ある程度の飲食経験があると働くうえでは助かると思います。

焼肉屋

焼き肉屋さんは大きくわけて2つのタイプに分かれます。

オープンキッチンでカウンター越しに接客しながら料理を提供するお店と、キッチンは奥まったところにあり通常の居酒屋さんのような形をしているお店です。

後者は居酒屋さんで働くのと大差はありませんので、ちょっとした経験があればすぐに馴染めるかと思います。

ただ、前者の場合はお客さんとの会話が求められるパターンもあり、接客・調理ともにスキルアップが望めます。

また、同僚スタッフとの連携も必要になりますのでコミュニケーション能力の高さも必要ですね。

活気があるお店では自らオススメの肉をお客さんにアナウンスすることになりますので、ガツガツとした販売意欲の高い人に向いているといえます。

なぜかと言いますと焼き肉屋さんは鮮度が命ですから、その日に販売したいものや仕入れたものは必ず売り切らなければなりません。

商品ロスが一番高いとされているのが焼き肉屋さんなので、暗黙の了解でノルマが設定されていると思ってください。

ただもちろん売れなかったからといって買い取りなどはないのでご安心を。

その分目標をクリアしたときの達成感はありますから、やりがいのある飲食店のタイプだと思いますよ。

とんかつ屋

とんかつ屋さんで働く場合はキッチンかホールの2択になるわけですが、比較的ホールは機械的な作業になることが多いですね。

やはりランチタイムなどが一番の稼ぎ時ですからとにかく回転を重視しています。

そのため、オーダー・提供・片付けの流れをとにかく早く済ませる能力が求められます。

ディナータイムですとある程度ゆっくりとしたサービスができますが、それでもやはりスピード感のある現場といえるでしょう。

そもそもとんかつ自体が揚げるまでに時間がかかりますから、最初のオーダー時点でまごまごしているとそれだけでお客さんを待たせてしまうことになります。

そうなると満足度が下がってお店としてはマイナス評価になりますから、とにかくパパッとした動きが必要です。

キッチンに関して言えば、揚げ物の技術が飛躍的にレベルアップできる労働環境です。

名人と呼ばれるような人の下で働くことができればそれだけで料理人としての財産になりますから、どんな料理ジャンルにでも応用ができます。

イタリアンでいうフリット、フレンチでいうところのコートレットなどが西洋料理の中では揚げ物の代表ですが、そういったものに対しての新しいアプローチにもなります。

現在西洋料理をベースに働いている料理人の方には、一度ぜひ和食の揚げ物代表であるとんかつを勉強してみてもらいところです。

ハンバーガーショップ・レストラン

ハンバーガーチェーンにおいては海外から日本へ進出してきているお店が主な働き場所として挙げられます。

原宿や表参道といったオシャレな街に多く存在するイメージですが、いわゆる街の人気ハンバーガーショップというのもありますね。

もちろん日本では古くからマクドナルドやロッテリアなどのファストフード店が人気ですが、そういったものとは一線を画した新しいハンバーガーの価値を提供してくれているお店がたくさん増えてきています。

ハンバーガーショップではホールスタッフ、調理スタッフに分けられますがどちらもマニュアルが完備していますので飲食店未経験者でも比較的働きやすい環境となっています。

特に海外から進出してきたようなところでは、現地のブランド力を下げないために徹底した育成管理を行っていますから安心できますね。

飲食店で長年働いているという人でもなかなかハンバーガーを一から作ったことがあるという人は少ないでしょうから、貴重な経験が積める場所だと思います。

働き手の大半が20代から30代といった若い世代が多いのも特徴のひとつ。

そのためスタッフ同士の仲が良いのも魅力となっています。

お好み焼き屋・もんじゃ焼き屋

お好み焼き屋さんやもんじゃ焼き屋さんではホールスタッフがお客さんの目の前で調理するところが多いので、人と話をしたりすることが好きな方にはとても向いている飲食店だと思います。

特にお好み焼きは作るのに専門的な知識と手順が必要です。

素人が作るのとはまた違った味を提供することでお店の価値が高まりますので、様々なお店におけるお好み焼きのレシピが知れてとても勉強になります。

お好み焼きですと自宅でも簡単に再現できますから、プライベートにおいても使える技術のひとつとなるでしょう。

キッチンスタッフは具材を盛り付けたり、一品料理を作ったりするのが主な仕事です。

また鉄板型のカウンターがあるお店では接客のスキルも求められます。

そういったところはいわゆるライブクッキング型の飲食店になりますので、非常にスキルアップが望める環境といえるでしょう。

たこ焼き屋

近年、粉もの系をメインとするお店が増えてきましたが、たこ焼き屋さんもそのひとつですね。

有名なのは「銀だこ酒場」などの居酒屋との合体店舗。

もちろんたこ焼きのみを販売しているところもありますが、主に求人情報が載っているのはこういった「たこ焼きメインの居酒屋」となります。

ホールスタッフにおいては通常の居酒屋と業務内容は変わりませんが、キッチンスタッフにはたこ焼きを作る技術が求められます。

ただ、非常に簡単に習得できますので難易度は低めといっていいでしょう。

また生地を作り、トッピングの具材を仕込むのが大半の仕事といえます。

営業時間中は1日熱気のあたる鉄板の前での作業となりますので、体力がある人にオススメの現場です。

正直夏場などはかなり過酷ですので、承知のうえで応募しましょう。

てんぷら屋

日本の伝統的な料理であるてんぷら屋さんは格式の高いところも多く、ホール・キッチンともに高い能力が求められます。

そのため一から勉強したいという人にも向いていますね。

しっかりとしたサービスと料理の技術が身に付けられますので、キャリアアップの場として捉えるのもいいかもしれません。

一言でてんぷら屋さんといってもお店によって料理の仕方が千差万別ですので、自分の中で気に入ったお店の技術を学ぶことをオススメします。

パン屋

パン屋さんは非常に朝が早いという点でちょっとほかの飲食店とは違った特徴があります。

パンは酵母の働きが命ですので、早朝の空気や湿度などの変化といったかなり細かいところにまで気を配ります。

そのため出勤時間が早いので、朝型の働き方をしたい人にオススメです。

また、パン職人の技術はお菓子作りにも応用できます。

そのため趣味でお菓子作りをする人なども向いていると思います。

学生食堂・社員食堂

大学や会社の食堂で働く方の中にはパートの方が多く見られますね。

だいたい朝8時頃から出勤して仕込みを始めます。

提供するのは主に昼から夕方までですので、通常の飲食店よりかはどちらかというと一般企業勤めの時間帯によることになります。

そのため、主婦の方などが活躍する現場でもありますから雰囲気は落ち着いているところが多いですね。

空いている時間に働きたいという方にオススメです。

食べ放題のお店

食べ放題のお店はサービス力というよりかは料理の提供力が求められます。

常に料理を一定数以上提供していなければ食べ放題としてのお店の価値がありませんから、1日中ずっと料理を作ることになります

そのためかなり体力仕事になりますのでご注意ください。

ブッフェレストラン

ホテルなどにあるブッフェ形式のレストランではホールスタッフはお皿を下げたり、提供されている料理を説明したりというのが主な仕事。

キッチンスタッフは食べ放題のお店同様ずっと料理を作り続けます。

ただし、食べ放題のお店よりかは営業時間が定まっている(ランチ・ディナー)ところが多いので休憩などは取りやすいですね。

さらには経営母体がしっかりしているところが多いので、安定した就労環境ともいえるでしょう。

お総菜・デパ地下

お惣菜やデパ地下での販売のお仕事は、メニューの名前と味、材料などの特徴や値段を覚え無くてはいけません。

計り売りのものも多いので、メニューごとの100gのおおよその量を覚えておくと、販売がスムーズになります。

また、デパ地下の場合は自分の店舗のことだけではなく、デパート全体のことも把握しておかなくてはいけません。

店休日、営業時間、ほかの売場のフロアや同じフロアのほかの店舗の場所、インフォメーションの場所やトイレの場所など、お客様に聞かれたことにスムーズに答えられるようにしておいた方が接客しやすくなります。

また、商品券や友の会カードの取り扱いなど、レジも特殊ですので、慣れるまでは少し大変です。

時間帯によっては1人で任されることもありますので、度胸も必要です。

イベント会場などの配膳

配膳の仕事はホテルや結婚式場やレストランウエディングを催しているレストランなどで、テーブルセッティングを行ったり、グラスに乾杯用ドリンクを注いだり、空いたお皿やグラスを下げて、コース料理を手順良く、配って回るお仕事です。

そういったところでの配膳は言葉遣いや身だしなみやテーブルマナー接客マナーなどを研修で教えてもらえるので、しっかり身に付きます。

土日祝日の勤務が中心ですので、一度経験しておくと、空いた時間で勤めることが出来ます。

また、未婚の方ですと、いろんな方の披露宴などを見ることが出来て、参考になります。

ブライダル関連以外では、ホテルやレストランなどで行われる、会社の忘年会や新年会、クリスマスパーティー、同窓会、謝恩会などのイベントでの配膳業務もあります。

こちらは休み前の夜の時間帯に行われることもあります。

配膳の時給は比較的高いので短時間で稼ぐことが出来ます。

飲食店のお仕事に向いている人

飲食店のお仕事は「人が好きな人」「サービス精神のある人」「体力に自信のある人」に向いているお仕事です。

一度経験しておくと生活スタイルに合わせた働き方が出来ます。

ホール・カウンターでの接客が向いている人

明るく笑顔で元気な人はホールやカウンターでの仕事に向いていると思います。

そして、身だしなみや言葉遣いなどに気を遣うことができる人は飲食業界の中でも、勤めるお店や業態などを幅広く選べると思います。

接客が好きな人

「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで、お客様がご来店されてから、お客様の対応をするのがホール・カウンターのお仕事。

人とお話ししたり、人に喜んでもらえるのを嬉しいと感じることが出来る人にはピッタリのお仕事です。

接客が好きでこの仕事に就いた人の接客はお客様にも伝わりますので、店や商品へのイメージアップにもつながっていきます。

また、自分自身も接客を通して、「人としての魅力」を磨くことができます。

臨機応変に対応できるひと

自分自身のミスはもちろんありますが、店や提供した商品に不備があったり、時にはマニュアルにはない様な、いろいろなトラブルが起こります。

その時に最初にお客様の対応をする窓口はやっぱり「接客担当者」。

どんなトラブルが起きても、状況をしっかり把握して、冷静に判断して、ミスやトラブルも最終的にお客様に納得していただけるような臨機応変な対応能力が必要です。

例えばクレームであっても、接客担当者の対応によっては、逆にお客様に信頼を頂けることもあります。

ポジティブな思考の人

いろんなタイプのお客様に接することになりますので、いつもと同じように接客をしていても、お客様からお叱りを受けたり、トラブルになったりすることもあります。

反省すべきところは反省しなくてはいけませんが、いつまでもそのことを引きずって、ほかのお客様に笑顔で接することが出来なかったりするとお店全体の雰囲気が沈んでくすんでしまいます。

どんな出来事もポジティブに捉えて、しっかり気持ちを切り替えて、お客様に接することが出来る思考の切り替えが大切です。

ドリンクや食べ物に興味のある人

接客をしていると、味や材料や作り方など、メニューや商品について、お客様に尋ねられることは多いです。

そのときにやはりお答えできるとお客様との会話が弾みますし、接客する人がそういう知識や興味を自店のメニューや商品に持っているとお客様は安心ですし、お店や接客担当者に対して信頼を持つことが出来ます。

やはり、興味がある人の話す言葉には説得力や愛情があるので、お客様の心に響くからです。

自分自身がお酒や食べ物に興味や関心がある人に、飲食業界で働いてほしいと思います。

同時にいくつもの事ができる人

飲食店であれば、お客様のご案内から、お冷やメニューをお出しして、オーダーを受け、ご注文のメニューによってカトラリーのセッティング、料理やドリンクを出して、お冷サーブをして、空いたお皿を下げて、会計をして、次のお客様のためにテーブルバッシングをして、更に忙しいときには、キッチンのヘルプをして・・・。

お客様は一組ではないので、これを複数のお客様に同時進行で行わなくてはいけません。

販売の場合でも、ご注文を受けて、商品を梱包して、会計して・・・と一人で対応しなくてはいけません。

お客様を出来るだけお待たせすることなく、お客様に気持ちよく、時間を過ごしていただいたり、ご購入いただけるように優先順位を考えて、同時にいくつものことをしなくてはいけません。

けれど、接客向きの人は同時にいくつものことをして、それがきれいにはまって、回った時の面白さや喜びを感じることが出来ます。

キッチンスタッフに向いている人

丁寧に素早く作業が出来る人や、味覚センス、色や盛り付け方などの美的センスがある人はキッチンスタッフに向いていると思います。

そして、消毒や清掃など清潔にすることに関しての意識の高い人はどこの調理場でも重宝されます。

ドリンクや料理に興味のある人

やはり、自分自身が調理に少しでも携わるのであれば、お酒や料理や食材に興味があって、かつ、研究熱心な人が向いているともいます。

同じメニューを出しているほかの店の味を研究したり、同じメニューをつくるにしても材料の種類や産地によっての違いを研究したり。

自分のお店のメニューには無いものであっても、食べたり、飲んだりして、味や盛り付けを研究したり、自店のメニューにどういった形で活かすことが出来るかを研究出来る人。

ドリンクや料理に興味があって、好きで研究熱心な人が作った料理はやはりお客様に伝わりますし、キッチンスタッフとして勤めている本人にとっても、やりがいがあるお仕事になると思います。

短い時間で正確に動ける人

調理するものはメニューによって手順の複雑さや提供までの時間にばらつきがあります。

また、一人のお客様に一つの料理とは限りません。

また、お客様の食べるスピードによっても提供の時間をコントロールしなくてはいけないこともあります。

また、同じ料理を注文しているのに、量や盛り付けに差があってはいけません。

また、お腹を空かせていらっしゃるお客様にとっては、待ち時間はとても長く感じられるものです。

出来るだけお客様をお待たせすることのないように、短時間で素早く、丁寧に料理を作り、同じ料理は同じように提供することが必要です。

あわてんぼうで動きが雑な人にはキッチンのお仕事は向かないと思います。

同時にいくつもの事ができる人

複数の注文と複数の手順の違う料理を手際よく作らなくてはいけません。

料理や飲み物によって使うお皿やグラスが変わってきます。

また、新しい注文が入るたびに、手順や作業の流れを組み換えなくてはいけないこともあります。

同時に違うことを考えて、手を動かすことが、忙しいキッチンを回すにはとても大切なので、臨機応変に対応できる人がキッチンスタッフには向いていると思います。

機転が利く人

忙しいといろいろなトラブルやミスが発生します。

材料が足りなくなったり、お皿が足りなくなったり、コンロが足りなくなったり・・・。

その時にいつもの手順と違っても優先順位を考えて、手順を変更したり、応用したりして、機転を利かせてキッチンを回していける人がキッチンスタッフだとお店がよりスムーズに回ります。

機転を利かせるためには、どんなに忙しくても冷静に判断できる能力と常にプラスアルファを考えることが出来る応用力が必要です。

配達スタッフに向いている人

地図を見て、道順をきちんと頭の中で具現化できる人は配達スタッフに向いていると思います。

また、雨の日や雪の日、風の強い日、暑い日、寒い日など天候の悪い中での配達もありますので、体力に自信がある人が良いと思います。

運転するのが好きな人・上手い人

バイクや車での配達になるので、やはり運転が好きな人には向いていると思います。

また、運転が上手い人というのは、テクニック的なものだけでなく、きちんと交通ルールが守れる人です。

出来るだけ早くお客様に商品をお届けすることは大切ですが、事故を起こしたり、周りの人に迷惑をかけるような運転ではいけません。

バイクも車もお店のもので、お店の看板が街中を走っているのと同じであることをしっかり認識している「運転の上手い人」は配達スタッフに最適です。

元気のいい人

配達スタッフは接客スタッフでもあります。

お届先でお客様に元気に挨拶出来る人でないと、注文するお客様も安心して注文をすることができません。

そして、配達スタッフの対応が、店の印象を良くして、次回の注文につながります。

店内のお客様であれば、ほかのスタッフのフォローもありますが、配達先ではお客様の対応は自分ひとりです。

インターフォンの前で笑顔を作って、明るい声で応対することが出来る社交的な人が配達スタッフには向いています。

調理補助・製造スタッフ

調理補助や製造のお仕事は、立ちっぱなしで単調の仕事のことが多いです。

それをいかに効率よく丁寧に作業していくことが出来るかが大切です。

裏方のお仕事ですが、そこにやりがいや喜びを感じることが出来る人に向いている思います。

正確に細かい作業ができる人

指示の合った通りに正確に丁寧に作業できることが大切です。

また、1つの工程で短い時間で細かい作業をすることが多いですし、仕上げの良し悪しに関わる作業も多いので、手先が器用で細かいことに目を配ることが出来る人が適任です。

集中力のある人

細かい作業を正確に丁寧に行う必要があるので、単調になりがちな仕事でも集中力が欠かせません。

また、工程で1か所でも不備があると、全体の流れが止まってしまったり、やり直しをしなくてはならなくなったり、商品としてお客様に提供出来なくなることもあるので、しっかり自分の作業に集中することが出来る人が望ましいと思います。

皿洗いスタッフ

ひたすら食器やグラスをきれいにするお仕事なので、淡々と作業を進めることが出来る人に向いていると思います。

同じ姿勢でずっと作業することがありますし、洗いあがった食器などを一度に運んだりしますので、体力のある人向きのお仕事です。

接客が嫌いな人

洗い場は調理場の奥の方やお客様から見えにくいところにあることが多いですし、仕事中にホールに出ることがないので、お客様と接することはありません。

また、食洗機を作動させていると音がとてもうるさいので他のスタッフと仕事中に会話をすることもほとんどありません。

なので、あまり人付き合いが得意でない人でも、会話をするのが苦手な人でも、きちんとお仕事をしていれば評価してもらえます。

短期で働きたい人

ホテルやレストランなどでは、週に1回だけや繁忙期だけなど短期間での募集も多いので、短期間や手の空いた時だけといった働き方も出来ます。

資格なども必要なく、高校生でも雇用してもらえることが多いので、春休みや夏休みなどの長期休暇のときだけといった働き方もできます。

黙々と作業ができる人

手を動かしながら、汚れはきちんと取れているか、欠けたり、割れたり、ひびが入っているものはないかなどチェックするべきところもありますが、慣れてしまえば、頭の中でほかの考えたりして、とことん自分の世界の没頭して仕事が出来るので、一人で黙々と作業するのが好きな人には向いていると思います。

「飲食の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

飲食店のお仕事に向いていない人

プロの調理人になる人には資格や経験が必要となってくる場合もありますが、募集も多く、資格や経験がなくても勤めることが出来ますし、高校生や年配の方まで、学生、フリーター、主婦(主夫)、Wワークをしたい人、留学生など、幅広く勤めることが出来るのが飲食店のお仕事ですが、やはり、向き不向きはあります。

自分が飲食店のお仕事に向いているかどうか、しっかりチェックしてみましょう。

衛生管理が雑な人

どこのお店でも「衛生管理」は厳しいです。

衛生管理がきちんとしていないと、食中毒などの事故につながりますし、それが、「食品衛生法」による「行政処分」につながり、一定期間の営業停止や営業許可の取り消しとなる可能性もあります。

もし、一時的な営業停止で済んだとしても、「食中毒による営業停止」のうわさが広がれば、当然多くのお客様を失うことになります。

そこまで、大きなことにならなくても、お店や働いているスタッフが衛生的でないお店は、お客様からの信用や信頼を受けることが出来ないので、営業自体を続けることが難しいと言えます。

そのため、特に飲食店では衛生管理が雑な人は向かないお仕事だと言えます。

立ち仕事が嫌な人

飲食店の勤務はどのポジションで働くにしても、仕事中は立ちっぱなしの仕事です。

デスクワークが得意で、立ち仕事が苦手な人や嫌いな人にはもっとも向かないお仕事だと言えます。

  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  飲食の仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
飲食店に特化した転職支援サービスです。外食特化の転職エージェントでは業界トップクラス! 公式サイト 公式サイト
自分らしい働き方で仕事を探せる!他とは違う「自分らしい」「やりがいがある」仕事を見つけたいなら。 公式サイト 公式サイト

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合

牛丼屋求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

街によくある牛丼屋。あれだけの速さでご飯が出てくるのは、牛丼屋ならではと思います。そんな牛丼屋で働くにはどうしたらよいのでしょうか?アルバイト、正社員含めて牛丼屋求人について解説をしていきます。牛丼屋の仕事ってどんな仕事?牛丼屋はファーストフードに分類される飯屋です。24時間365日休まないお店です。その中では、牛丼や定食類を作ったり、仕込みをする「キッチン」、お客様に提供し、食器類を片付け、テイクアウト用の品を揃える「ホール」大まかにはこの二つの役割から仕事が成立します。キッチンは、牛丼のお肉の煮込み、ご飯炊き、サラダや、定食、トッピングなどの仕込みや、配送された食材を冷蔵庫にしまう作業も行


飲食求人に関するコラム

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは、素敵でしたか?イマイチと思う部分がありましたか?お店の食事がとっても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気無くされると、同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ

飲食店の仕事はつらいと感じる人の7個の理由と事前につらい職場を見抜く方法とは?

現在、飲食店で働いていて毎日つらいなぁと嘆いている多くの方々。その気持ち、分からないでもないですよ。筆者も元々飲食店で雇われながら生活をしてきましたので、充分理解出来ます。そんな飲食店で働いていて「つらい」と感じる理由を解説していきながら、今後飲食店で働こうと考えている人へ失敗しない飲食店選びに関するアドバイスを送っていきたいと思っています。飲食店がつらいと感じる原因や根本は基本的にどこも同じです。そういったことに対してどう対処していけばいいのか、必見の内容となっております。飲食店のおおまかな仕事内容飲食店では基本的にホールとキッチンの2つに仕事が分けられます。そうした中で悩みというのはほとん

▼記事をスキップして見たい人向け▼
飲食の仕事を見るにはこちら >