アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。

でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。

できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。

一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。

今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。

和食配膳はどんな仕事?

和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをする仕事です。

和食配膳の仕事内容

来店前

まずはお客様が来店される前に、テーブルや椅子を並べたり、清掃したり、ナフキンや爪楊枝などを揃えておきます。

来店時

お客様が来店されたら、お席にご案内し、おしぼりやお水やお茶をお出しします。

タイミングを見計らって注文を取り、キッチンに内容を伝えます。

お店によっては本日のおすすめを伝えたり、メニューの中身を説明したりもします。

配膳

料理が出来上がったらお客様のテーブルへ料理を順番に運び、セットしていきます。

料理によっては、使用している食材や食べ方などの説明を求められることもあります。

食事が始まったらお茶のおかわりをお持ちしたり、空いた食器を片付けたりします。

退店後

お客様の退店後は食器を片付け、清掃をして次のお客様を待ちます。

この一連の流れを営業時間内に繰り返し行います。

和食配膳はどんなところで仕事をするの?

和食配膳は、主に和食料理屋さんでの仕事が多いですが、宴会会場やホテルでの仕事の募集もあります。

チェーン店の和食料理屋さんでも、着物を着て仕事をするところもあります。

またホテルや宴会での仕事になると、マナーや立ち振る舞いも見られるためハードルが上がりますが、基本的に仕事内容は同様です。

仕事上の役割とは?

お客様が気持ちよく食事ができるようにすることです。

和食配膳の仕事は接客業ですが、やるべきことをきちんとやっていればOKのシンプルな仕事です。

お客様にお水をかけてしまったり、料理をこぼしてしまったりなどのトラブルがなければクレームにはなりにくいので、初心者でも始めやすい仕事です。

清掃はしっかり行い、配膳が終わったらお茶のおかわりやお皿が邪魔になっていないかをしっかり確認しておきましょう。

また来店中は、お客様が声をかけやすいように、フロアで仕事をすると良いでしょう。

和食配膳の仕事はどんな人に向いている?

誰でもできそうな和食配膳の仕事ですが、向いている人はどんな人なのでしょうか。

いくつか挙げていきましょう。

気配りができる人

前述しましたが、お茶のおかわりやお皿を下げる仕事は、気配りができる人でないと難しいかもしれません。

お客様は用があれば声をかけるかチャイムで知らせてくれますが、お水やお茶のおかわりをお持ちしたり空いた食器を下げる場合は、自然とお声をかけることができるとお客様からの好感度もアップします。

接客マナーが身についている人

未経験OKの仕事なので仕事のことをわかっていなくても大丈夫ですが、ある程度のマナーは必要です。

例えばお皿を片付けるときにガチャガチャと音を鳴らさない、お客様の会話中に急に話しかけない、お客様の視界外から料理をお出しする際は、「後ろから失礼いたします」などお声がけをする、等です。

基本的なマナーやルールについてはわかっていて当然と思われ、教えられないこともあるので、普段からの意識が必要です。

笑顔が素敵な人

接客業に共通して言えることですが、一番大切なのは笑顔です。

「いらっしゃいませ」とお出迎えをする表情が暗ければ、そのお店の印象は悪くなります。

悲しいことに、初めの印象が悪いと料理の印象まで悪くなってしまうので、親しみやすい笑顔で仕事をすることを心がけましょう。

和食配膳の仕事をするために必要なスキルは?

和食配膳の仕事をするために、特にスキルは必要ありません。

未経験であっても仕事の流れを教えてもらうことで、一通りの業務はできるようになります。

あった方が良いスキルや経歴としては、経験者が優遇されることと、体力があることです。

未経験OKであっても、経験者であればやはり即戦力になるので優遇されます。

職場が違っても、お出迎え→ご案内→注文→配膳→片付けという流れは変わりません。

また、配膳の仕事は勤務中は立ちっぱなしで何品もの料理をお盆に乗せて運ぶ必要があるので、体力が必要です。

洋食店やファーストフードとの違いは?

飲食店でのバイトは様々で、仕事内容はそれほど変わりありませんが、客層や雰囲気に大きく違いが出ます。

ここでは洋食店とファーストフード店、和食料理店の3つでどんな違いがあるのか見ていきましょう。

洋食店との違い

和食店とは反対の料理を提供する、洋食店の仕事。

洋食店で提供されているのは、ハンバーグやステーキ、ビーフシチューなど熱々のメニューが思い浮かびます。

和食料理店に比べると客層が多少若くなったり、雰囲気がカジュアルになることが挙げられます。

和食料理店であれば礼儀やマナーが重視され、着物を着て接客するお店が多かったり座敷に入るときのマナーをはじめに学んだりと、覚えることが洋食店に比べ多くなります。

また、個室が用意されていることが多い和食料理店では、接待や顔合わせなど重要な話し合いに使われる機会もあり、それなりに気を遣って接客しなければならないこともあります。

洋食店の場合はそのあたりはカジュアルで、動きやすい服装で接客にあたり、お客様に活気があり元気な印象を与えることが重要視されます。

ファーストフードとの違い

ファーストフード店の場合は、とにかくスピード勝負です。

混雑時はレジに列ができたり、ドライブスルーのあるお店では道路にまで列が伸びていたりすることが多々ありますので、いかに正確にお客様のオーダーをさばくかが肝になってきます。

メニューの内容は、忙しいときに説明で接客が長くならないように、シンプルに設定されているところが多いです。

時間がなく、早く食べて早く店を出たいお客様が多く来店されるファーストフード店と異なり、和食料理店ではゆっくり食事をしたいお客様が多いです。

そのため、提供が遅いなどとクレームになることはあまりなく、ゆっくり丁寧な仕事ができます。

またファーストフード店では、片付けはセルフサービスとなっているお店が多いですが、和食料理店ではそういったことはほとんどないので、しっかり清掃してナフキンなどの備品を準備してから次のお客様を迎え入れることになります。

和食配膳で働くメリットとは?

自分の都合に合わせて働ける

配膳の仕事はシフト制であることが多く、自分の都合に応じて働くことができます。

学生であればテスト期間は仕事を休ませてもらったり、主婦は子供の夏休みなどの長期休暇は休ませてもらったりといったことが可能です。

年末年始やお盆などは、家庭を持っている人は休みたい、一方学生は時給が上がるから働きたいと希望がそれぞれなので、バランスが取れます。

まかないがある

飲食店であればまかないが出ることや、社員価格で店舗のメニューを食べることができます。

ひとり暮らしの人や、家でご飯を用意するのが手間な人にとっては、とても嬉しいサービスです。

特に和食料理店では、ヘルシーなメニューもあるので食生活に気を遣っている人にも利用しやすいでしょう。

旬の食材や調理法を学べる

和食料理店ならではですが、旬の食材を使った料理をおすすめメニューに設定して、お客様に提案することがよくあります。

毎年似たようなメニューではありますが、繰り返していくうちにその時期の旬の食材や、おいしく食べるための調理法が理解できるようになります。

これは将来家庭を持った場合や、主婦の場合は毎日の食事作りに非常に役立ちます。

作れる料理の幅が増えるのもメリットのひとつですね。

和食のマナーが学べる

和食のマナーが学べるのは、和食料理店ならではのメリットです。

例えば襖の開け方や閉め方、座敷への上がり方などは教えてもらう機会もあまりないので、知らない人も多いかと思います。

和食料理店では座敷のあるお店が多いので、マナーについては初めに教えてもらうことが多いです。

着付けや和装での身のこなしが学べることも

ホールスタッフの場合、着物を着て仕事をするお店も多くあります。

その場合は着付けはもちろん自分で行うので、必然的に着付けができるようになります。

普通に着付けを学ぼうとすると着付け教室に通わなければならないので、仕事の一環で着付けが覚えられるのはメリットのひとつです。

経験者が語る!私はこんなところで和食配膳の仕事をしていました

私が働いていた和食料理店は、全国的にチェーン展開しているお店でした。

ホールスタッフは着物を着て接客を行うので、着付けは素早く上手にできるようになり、今では自分の着付けのみならず、子どもの浴衣を着せたり七五三の着物を着せたりするときにも役立っています。

お店はテーブル席、個室、座敷があり、宴会もよく行われていました。

当日のホールスタッフはそれぞれの担当席が決められており、宴会で忙しくなる時は勤務時間中ずっと宴会客への配膳や片付けに追われ、あっという間に時間が流れていました。

和食料理店では一品料理の種類が多かったり、お酒の種類が多かったりするので、メニューを覚えるのには苦労しましたが、続けるうちに慣れてしまいます。

注文を入力する「ハンディ」と呼ばれる機械の操作も、初めは時間がかかりますがすぐにできるようになりますし、あとはオーダーを正確に通すこと、出来上がった料理はすぐに配膳すること、お客様の席から戻る場合は手ぶらで戻らずに、空いた食器やゴミがあれば一緒に持ち帰ること、を意識して仕事をしていれば問題ありません。

宴会は季節を問わずよく行われていましたが、居酒屋のように悪酔いしたり絡んでくるようなお客様はいなかったですし、席を汚して帰るようなお客様もいらっしゃらなかったので、ただいつも通りの仕事をしていればOKという環境でした。

比較的ゆったり料理を楽しんでいかれるお客様が多いお店だったので、こちらもゆとりを持って働くことができていました。

経験者が語る!和食配膳の適性がないと思う人の特徴

未経験者でも働くことができる和食配膳の仕事ですが、適性がない人とはどんな人でしょうか。

いくつか挙げていきます。

臨機応変に対応できない人

和食配膳の仕事はいたってシンプルですが、忙しいときは動き方を変える必要があります。

忙しい時ほどスタッフ同士の連携が必要になりますが、イライラしてしまいがちな人やオロオロしてしまう人は適性がないと言えるでしょう。

笑顔が少ない人

どんな仕事でもそうですが、やはり基本は笑顔です。

入店の「いらっしゃいませ」から退店の「ありがとうございました」まで、常に笑顔でお客様と接することで、お客様においしく食事をしてもらえます。

スタッフがブスッとした顔をしていると、せっかくのおいしい料理もおいしく感じられなくなってしまいます。

和食料理店では、優しい笑顔を心がけましょう。

まとめ

今回は、和食配膳の仕事についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

飲食店でのバイトはスキルや資格、知識などはあまり必要がなく、未経験でもできるシンプルな仕事なので、学生の初めてのアルバイトや子供の手が離れてお小遣い稼ぎをしたい場合に最適です。

また、自分の都合に合わせてシフトを調整できるところも、飲食店で働く上でのメリットです。

例えば学生であればテスト期間のバイトは免除してもらったり、主婦であれば年末年始やお盆は免除してもらったり。

念のため、そういった融通が利くかどうかは、あらかじめ確認しておきましょう。

飲食店といっても幅が広いので、スピード重視のファーストフード店と和食料理店では求められることが違いますし、客層や雰囲気も大きく違います。

和食料理店でもわりとカジュアルな雰囲気のお店から、敷居の高いお店まで様々ですので、一度バイトに応募する前に、お店にお客様として伺ってみることをおススメします。

メニューがわかりにくくないか、店員の説明は自分でもできそうか、人員はしっかり確保できていそうかなど、自分が実際に働いた場合に働きやすい環境であるかどうかを事前に見極めておくといいですね。

良い職場に巡り合えるように、バイト探しの研究をしっかりしてみてください。

実際に和食配膳の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

飲食求人

飲食求人についてもっと深堀りした情報を見る

名古屋の飲食店求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気なお店・エリア・年収相場を解説します

日本を代表する大都市の一つ、名古屋にはあまり知られていませんが、東海地方の名物が集結するグルメの街としての顔もあります。日本でグルメというと大阪、福岡、北海道などの名前が上がりますが、実は名古屋もグルメの豊富な都市です。グルメが豊富ということはそれだけ飲食店が豊富ということです。飲食店が豊富だと当然ですが、求人も豊富にあります。名古屋は、愛知県の玄関口である名古屋駅があり、在来線や新幹線が停車するため、地方や都市部から人が多く行き交います。また、名古屋独自で発展した繁華街も多くあるため、昼夜賑わいのある飲食エリアも存在しています。今回は、名古屋の飲食店求人にスポットをあてて名古屋の飲食店求人に

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

うどん屋の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

うどん屋さんはお子様からお年寄りまで幅広い世代に人気で、1人でも家族でも入りやすい親しみのある飲食店です。うどん屋の仕事をしてみたいなと思っても、どんな仕事をしているのかや、どんな人がうどん屋に向いているのかなど、気になる点も多いかと思います。そんなうどん屋の仕事や求人情報について、仕事の選び方や選ぶ際の注意点をご紹介していきたいと思います。うどん屋ではどんな仕事をするの?うどん屋の仕事は調理スタッフとホールスタッフがあり、それぞれ役割が違います。調理スタッフはうどんを茹でたり、出汁やトッピングを準備します。トッピングには揚げ物が多く、天ぷらやかき揚げなどを揚げていきます。お客さんが食べ終わっ

居酒屋の就職を成功させるには?やっておくべきこと、面接対策など、経験者が解説します!

「居酒屋で働いてる人ってみんな楽しそう! 私もバイトしてみようかな~」「でも忙しそうだし、私にできるかな?」居酒屋といえば定番のアルバイトですよね。また、正社員でも「未経験可」「やる気のある方大歓迎」などの門戸の広い求人が多く、気になる人も多いのではないでしょうか?そんな皆さんに向けて今回の記事では、居酒屋の仕事内容を中心に、居酒屋で就職するにはどうすればよいのか?などを居酒屋で3年間働いてきた筆者が徹底的に解説していきます。居酒屋の仕事はどんな仕事?「お客様に料理やドリンクを運んだりするんでしょ?」実は、お客様には見えないところで大変な仕事がたくさんあります。居酒屋では、おおまかに「キッチン

飲食コンサルタントの年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

これから飲食コンサルタントの仕事を目指している方、転職をお考えの方、年収について非常に興味が有るかと思います。ここでは、飲食コンサルタントの年収についてご紹介させて頂きます。飲食コンサルタントの年収の相場はどのくらい?飲食店コンサルタントの年収は、個人のスキルは勿論の事、努める会社によっても様々ですし、個人で起業した場合は、仕事した分全てが収入に成りますので、相場は有って無い様なものです。どの様な形で飲食店のコンサルタントの仕事をしたとしても、その人のスキルにより大幅に年収が変わると言うのが、現状です。それだけに、毎日休まず10年働いたからと言って収入が上がる分けでなく、逆に勤務年数が短くても

和食求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

未経験OKの飲食店の仕事は、求人がたくさんあり応募しやすい仕事ですが、その種類は多岐にわたります。今回は、飲食店の中で和食料理店の仕事について紹介します。和食のお仕事にはどんなものがあるの?飲食店で勤務する場合、主にホールで働くかキッチンで働くかのどちらかの選択になります。ホールスタッフの場合は、和食料理店に限らず洋食店であってもイタリアンレストランであっても、基本的に仕事内容は同じです。朝出勤したら店舗の清掃をし、テーブルやイスのセットをしたりナフキンや爪楊枝を揃えて、お客様をお迎えする準備をします。そしてお客様が来店されたら元気に「いらっしゃいませ」とお声がけをし、お席に案内します。お水や

ピザデリバリーバイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

「友人を集めてホームパーティー」「悪天候で買い物に行くのが億劫」そんな時にみなさんも一度はピザデリバリーを注文した経験があるのではないでしょうか。比較的時給が高く、効率良く稼げるピザデリバリーバイトについてここでは解説していきます。ピザデリバリーバイトの大まかな仕事内容誰しもが街で一度は見かけた事のある、屋根付きの三輪原付きバイクが、ピザデリバリー用のバイクです。基本的にはこのバイクを運転して、注文を受けた商品をお客様の元に届けるのが主な仕事内容となります。そこまで注文の数が多くない通常時の仕事内容を一例として、実際の業務の流れは下記のようになります。1.主にインストアスタッフが電話やネットで

ピザ屋バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

ピザは、日本の食卓シーンでもおなじみの料理となっており、人気の高い料理です。マルゲリータやシーフード、チキンなど、様々な種類があるのも魅力の一つです。ピザが好きな人は、あの良い匂いの中で働いてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。そんな魅力溢れるピザ屋のバイト求人でよくある募集内容や、おすすめの求人内容などについて紹介をしていきます。ピザ屋バイトってどんな仕事?ピザ屋バイトの仕事は大きく分けて、店内でピザを作るインストア業務と、ピザをバイクで配達するデリバリー業務に分けられます。インストアとデリバリーで、給料は変わります。デリバリーの場合は、空き時間にチラシ配りを行うことがあり

ファミレスのキッチンバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の3個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

ファミリーレストランは気軽に行くことができる身近な飲食店ですよね。特に近年ではドリンクバーは当たり前、値段もお手頃で美味しい料理が食べられるというイメージです。そこで働いている人は、学生などの若いアルバイトの人や、長年いるベテランまで様々です。今回はそんな身近にあるファミリーレストランのキッチンでのバイトについてご紹介いたします!ファミレスのキッチンバイトの大まかな仕事内容ファミリーレストランのキッチンでは、お客様から注文をいただいた品物を作るお仕事です。食事の部門からデザート部門まで幅広く調理担当します。近年様々な大手チェーン店が増えてきましたが、殆どの調理場が半調理品の仕上げ作業という場合


飲食求人に関するコラム

ホールスタッフの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

レストランや喫茶店などの飲食店で働くホールスタッフは、どのような仕事をしているか知っていますか?注文を取って出来上がった商品をお客様に渡す、レジで会計するという流れが、お客の立場からでも垣間見れる仕事ですね。ホールスタッフが行っている裏方の仕事はなかなか目に見えないものです。そこで、ホールスタッフの仕事内容について掘り下げ、詳しく紹介していきます。ホールスタッフの大まかな仕事内容は?お客様と一番接する機会が多いのがホールスタッフです。お店の印象は料理の美味しさもありますが、スタッフの印象も随分多くあります。来店から帰るまで、お客様に心地良いひと時を過ごしてもらうために、十分な気配りをしながら業

回転寿司の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

今ではお手頃に食べれるようになった回転寿司屋さん。皆さんもよく行かれると思います。100円均一からお皿の色でお値段が変わる本格的なにぎりたてのお寿司を提供する回転寿司屋さんもあります。今回はそんな回転寿司屋さんでは、実際どのようなお仕事をされてるのか、仕事内容をいくつかをピックアップして、わかりやすくお話したいと思います。回転寿司の仕事の大まかな内容は?やはり、回転寿司と言えど、お寿司を提供する場ですので、お寿司を作るスタッフ、仕込みをするスタッフ、サイドメニューを用意するスタッフなどキッチンの中やホールと言われるお客様がお座りになっているお席の周りで、遅れてるお寿司やレーンに流せない商品、ド

飲食店のホールの仕事のコツとは?失敗談も交えて、3年働いた私が解説します!

外食をしたことはきっと誰にでもあると思います。その時、接客していた店員さんは素敵でしたか?イマイチと思う部分はありましたか?お店の食事がとても美味しくても、店員の動作が乱暴だったり素っ気なくされると同じお店にまた行きたいとは思えなくなってしまいます。そんな「接客業と言えば」の代表のような飲食店のホールの仕事やコツについて解説します。飲食店のホールの仕事内容まず、レストランに入るところから想像してみましょう。「いらっしゃいませ、何名様でいらっしゃいますか?」「お席にご案内いたします」「メニューがお決まりの頃、お伺いします」など、お客様が店に入って食事をして外へ出るまでの全てを案内するのが、飲食店

飲食業界の転職エージェントでおすすめな会社7選とその理由・エージェントを使うメリットとは?

飲食業界で転職を考えているあなた、どのような方法で転職活動を始めていますか?求人サイトやハローワーク、転職エージェントなどを使う人が多いですよね。でも、飲食業界で転職をするなら転職エージェントを利用するのが一番です。飲食業界は労働時間が不規則だったり、休日があまりとれなかったり、離職率が高い職場だったり、あまりよくない労働環境の会社もありますよね。それを求人や面接で判断するのはとても難しいです。転職エージェントなら、業界独自の情報やその会社の情報が詳しくありますので、入社してから「こんなはずじゃなかった!」という失敗を防ぐことができます。今回は飲食業界で転職するにあたってのおすすめの転職エージ

飲食店の仕事はつらいと感じる人の7個の理由と事前につらい職場を見抜く方法とは?

現在、飲食店で働いていて毎日つらいなぁと嘆いている多くの方々。その気持ち、分からないでもないですよ。筆者も元々飲食店で雇われながら生活をしてきましたので、充分理解出来ます。そんな飲食店で働いていて「つらい」と感じる理由を解説していきながら、今後飲食店で働こうと考えている人へ失敗しない飲食店選びに関するアドバイスを送っていきたいと思っています。飲食店がつらいと感じる原因や根本は基本的にどこも同じです。そういったことに対してどう対処していけばいいのか、必見の内容となっております。飲食店のおおまかな仕事内容飲食店では基本的にホールとキッチンの2つに仕事が分けられます。そうした中で悩みというのはほとん