アルバイトを始める場合、一番やりやすそうで募集が多いアルバイトといえば、飲食店ではないでしょうか。

でも飲食店とひとくくりに言っても、様々な場所での仕事があります。

できた料理を配膳する仕事であれば、ファミリーレストランやファーストフード店もあれば、居酒屋やホテルなどもよく似た仕事です。

一度働いた経験があれば、次の職場でも経験を活かすことのできる仕事ですが、職場が変わると仕事の仕方も全く変わってきます。

今回は、和食料理屋さんで配膳の仕事をするスタッフにスポットを当てて、紹介していきます。

和食配膳はどんな仕事?

和食配膳の仕事は、和食料理屋さんでお客様が気持ちよく料理を満喫できるように、おもてなしをする仕事です。

和食配膳の仕事内容

来店前

まずはお客様が来店される前に、テーブルや椅子を並べたり、清掃したり、ナフキンや爪楊枝などを揃えておきます。

来店時

お客様が来店されたら、お席にご案内し、おしぼりやお水やお茶をお出しします。

タイミングを見計らって注文を取り、キッチンに内容を伝えます。

お店によっては本日のおすすめを伝えたり、メニューの中身を説明したりもします。

配膳

料理が出来上がったらお客様のテーブルへ料理を順番に運び、セットしていきます。

料理によっては、使用している食材や食べ方などの説明を求められることもあります。

食事が始まったらお茶のおかわりをお持ちしたり、空いた食器を片付けたりします。

退店後

お客様の退店後は食器を片付け、清掃をして次のお客様を待ちます。

この一連の流れを営業時間内に繰り返し行います。

和食配膳はどんなところで仕事をするの?

和食配膳は、主に和食料理屋さんでの仕事が多いですが、宴会会場やホテルでの仕事の募集もあります。

チェーン店の和食料理屋さんでも、着物を着て仕事をするところもあります。

またホテルや宴会での仕事になると、マナーや立ち振る舞いも見られるためハードルが上がりますが、基本的に仕事内容は同様です。

仕事上の役割とは?

お客様が気持ちよく食事ができるようにすることです。

和食配膳の仕事は接客業ですが、やるべきことをきちんとやっていればOKのシンプルな仕事です。

お客様にお水をかけてしまったり、料理をこぼしてしまったりなどのトラブルがなければクレームにはなりにくいので、初心者でも始めやすい仕事です。

清掃はしっかり行い、配膳が終わったらお茶のおかわりやお皿が邪魔になっていないかをしっかり確認しておきましょう。

また来店中は、お客様が声をかけやすいように、フロアで仕事をすると良いでしょう。

和食配膳の仕事はどんな人に向いている?

誰でもできそうな和食配膳の仕事ですが、向いている人はどんな人なのでしょうか。

いくつか挙げていきましょう。

気配りができる人

前述しましたが、お茶のおかわりやお皿を下げる仕事は、気配りができる人でないと難しいかもしれません。

お客様は用があれば声をかけるかチャイムで知らせてくれますが、お水やお茶のおかわりをお持ちしたり空いた食器を下げる場合は、自然とお声をかけることができるとお客様からの好感度もアップします。

接客マナーが身についている人

未経験OKの仕事なので仕事のことをわかっていなくても大丈夫ですが、ある程度のマナーは必要です。

例えばお皿を片付けるときにガチャガチャと音を鳴らさない、お客様の会話中に急に話しかけない、お客様の視界外から料理をお出しする際は、「後ろから失礼いたします」などお声がけをする、等です。

基本的なマナーやルールについてはわかっていて当然と思われ、教えられないこともあるので、普段からの意識が必要です。

笑顔が素敵な人

接客業に共通して言えることですが、一番大切なのは笑顔です。

「いらっしゃいませ」とお出迎えをする表情が暗ければ、そのお店の印象は悪くなります。

悲しいことに、初めの印象が悪いと料理の印象まで悪くなってしまうので、親しみやすい笑顔で仕事をすることを心がけましょう。

和食配膳の仕事をするために必要なスキルは?

和食配膳の仕事をするために、特にスキルは必要ありません。

未経験であっても仕事の流れを教えてもらうことで、一通りの業務はできるようになります。

あった方が良いスキルや経歴としては、経験者が優遇されることと、体力があることです。

未経験OKであっても、経験者であればやはり即戦力になるので優遇されます。

職場が違っても、お出迎え→ご案内→注文→配膳→片付けという流れは変わりません。

また、配膳の仕事は勤務中は立ちっぱなしで何品もの料理をお盆に乗せて運ぶ必要があるので、体力が必要です。

洋食店やファーストフードとの違いは?

飲食店でのバイトは様々で、仕事内容はそれほど変わりありませんが、客層や雰囲気に大きく違いが出ます。

ここでは洋食店とファーストフード店、和食料理店の3つでどんな違いがあるのか見ていきましょう。

洋食店との違い

和食店とは反対の料理を提供する、洋食店の仕事。

洋食店で提供されているのは、ハンバーグやステーキ、ビーフシチューなど熱々のメニューが思い浮かびます。

和食料理店に比べると客層が多少若くなったり、雰囲気がカジュアルになることが挙げられます。

和食料理店であれば礼儀やマナーが重視され、着物を着て接客するお店が多かったり座敷に入るときのマナーをはじめに学んだりと、覚えることが洋食店に比べ多くなります。

また、個室が用意されていることが多い和食料理店では、接待や顔合わせなど重要な話し合いに使われる機会もあり、それなりに気を遣って接客しなければならないこともあります。

洋食店の場合はそのあたりはカジュアルで、動きやすい服装で接客にあたり、お客様に活気があり元気な印象を与えることが重要視されます。

ファーストフードとの違い

ファーストフード店の場合は、とにかくスピード勝負です。

混雑時はレジに列ができたり、ドライブスルーのあるお店では道路にまで列が伸びていたりすることが多々ありますので、いかに正確にお客様のオーダーをさばくかが肝になってきます。

メニューの内容は、忙しいときに説明で接客が長くならないように、シンプルに設定されているところが多いです。

時間がなく、早く食べて早く店を出たいお客様が多く来店されるファーストフード店と異なり、和食料理店ではゆっくり食事をしたいお客様が多いです。

そのため、提供が遅いなどとクレームになることはあまりなく、ゆっくり丁寧な仕事ができます。

またファーストフード店では、片付けはセルフサービスとなっているお店が多いですが、和食料理店ではそういったことはほとんどないので、しっかり清掃してナフキンなどの備品を準備してから次のお客様を迎え入れることになります。

和食配膳で働くメリットとは?

自分の都合に合わせて働ける

配膳の仕事はシフト制であることが多く、自分の都合に応じて働くことができます。

学生であればテスト期間は仕事を休ませてもらったり、主婦は子供の夏休みなどの長期休暇は休ませてもらったりといったことが可能です。

年末年始やお盆などは、家庭を持っている人は休みたい、一方学生は時給が上がるから働きたいと希望がそれぞれなので、バランスが取れます。

まかないがある

飲食店であればまかないが出ることや、社員価格で店舗のメニューを食べることができます。

ひとり暮らしの人や、家でご飯を用意するのが手間な人にとっては、とても嬉しいサービスです。

特に和食料理店では、ヘルシーなメニューもあるので食生活に気を遣っている人にも利用しやすいでしょう。

旬の食材や調理法を学べる

和食料理店ならではですが、旬の食材を使った料理をおすすめメニューに設定して、お客様に提案することがよくあります。

毎年似たようなメニューではありますが、繰り返していくうちにその時期の旬の食材や、おいしく食べるための調理法が理解できるようになります。

これは将来家庭を持った場合や、主婦の場合は毎日の食事作りに非常に役立ちます。

作れる料理の幅が増えるのもメリットのひとつですね。

和食のマナーが学べる

和食のマナーが学べるのは、和食料理店ならではのメリットです。

例えば襖の開け方や閉め方、座敷への上がり方などは教えてもらう機会もあまりないので、知らない人も多いかと思います。

和食料理店では座敷のあるお店が多いので、マナーについては初めに教えてもらうことが多いです。

着付けや和装での身のこなしが学べることも

ホールスタッフの場合、着物を着て仕事をするお店も多くあります。

その場合は着付けはもちろん自分で行うので、必然的に着付けができるようになります。

普通に着付けを学ぼうとすると着付け教室に通わなければならないので、仕事の一環で着付けが覚えられるのはメリットのひとつです。

経験者が語る!私はこんなところで和食配膳の仕事をしていました

私が働いていた和食料理店は、全国的にチェーン展開しているお店でした。

ホールスタッフは着物を着て接客を行うので、着付けは素早く上手にできるようになり、今では自分の着付けのみならず、子どもの浴衣を着せたり七五三の着物を着せたりするときにも役立っています。

お店はテーブル席、個室、座敷があり、宴会もよく行われていました。

当日のホールスタッフはそれぞれの担当席が決められており、宴会で忙しくなる時は勤務時間中ずっと宴会客への配膳や片付けに追われ、あっという間に時間が流れていました。

和食料理店では一品料理の種類が多かったり、お酒の種類が多かったりするので、メニューを覚えるのには苦労しましたが、続けるうちに慣れてしまいます。

注文を入力する「ハンディ」と呼ばれる機械の操作も、初めは時間がかかりますがすぐにできるようになりますし、あとはオーダーを正確に通すこと、出来上がった料理はすぐに配膳すること、お客様の席から戻る場合は手ぶらで戻らずに、空いた食器やゴミがあれば一緒に持ち帰ること、を意識して仕事をしていれば問題ありません。

宴会は季節を問わずよく行われていましたが、居酒屋のように悪酔いしたり絡んでくるようなお客様はいなかったですし、席を汚して帰るようなお客様もいらっしゃらなかったので、ただいつも通りの仕事をしていればOKという環境でした。

比較的ゆったり料理を楽しんでいかれるお客様が多いお店だったので、こちらもゆとりを持って働くことができていました。

経験者が語る!和食配膳の適性がないと思う人の特徴

未経験者でも働くことができる和食配膳の仕事ですが、適性がない人とはどんな人でしょうか。

いくつか挙げていきます。

臨機応変に対応できない人

和食配膳の仕事はいたってシンプルですが、忙しいときは動き方を変える必要があります。

忙しい時ほどスタッフ同士の連携が必要になりますが、イライラしてしまいがちな人やオロオロしてしまう人は適性がないと言えるでしょう。

笑顔が少ない人

どんな仕事でもそうですが、やはり基本は笑顔です。

入店の「いらっしゃいませ」から退店の「ありがとうございました」まで、常に笑顔でお客様と接することで、お客様においしく食事をしてもらえます。

スタッフがブスッとした顔をしていると、せっかくのおいしい料理もおいしく感じられなくなってしまいます。

和食料理店では、優しい笑顔を心がけましょう。

まとめ

今回は、和食配膳の仕事についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

飲食店でのバイトはスキルや資格、知識などはあまり必要がなく、未経験でもできるシンプルな仕事なので、学生の初めてのアルバイトや子供の手が離れてお小遣い稼ぎをしたい場合に最適です。

また、自分の都合に合わせてシフトを調整できるところも、飲食店で働く上でのメリットです。

例えば学生であればテスト期間のバイトは免除してもらったり、主婦であれば年末年始やお盆は免除してもらったり。

念のため、そういった融通が利くかどうかは、あらかじめ確認しておきましょう。

飲食店といっても幅が広いので、スピード重視のファーストフード店と和食料理店では求められることが違いますし、客層や雰囲気も大きく違います。

和食料理店でもわりとカジュアルな雰囲気のお店から、敷居の高いお店まで様々ですので、一度バイトに応募する前に、お店にお客様として伺ってみることをおススメします。

メニューがわかりにくくないか、店員の説明は自分でもできそうか、人員はしっかり確保できていそうかなど、自分が実際に働いた場合に働きやすい環境であるかどうかを事前に見極めておくといいですね。

良い職場に巡り合えるように、バイト探しの研究をしっかりしてみてください。

実際に和食配膳の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

和食求人