たこ焼き屋の仕事って聞くと熱い鉄板に生地を注いでタコなどの具材を入れてくるくるとたこ焼きを作るイメージが強いと思います。

実際にメインの仕事はもちろんたこ焼きを焼く事なのでイメージにあっています。

しかし、たこ焼きを焼くという簡単に見える作業もやはりプロとなると思っている以上に奥が深いです。

ふんわりとしてけど食べるとパリッとした表面と中はとろとろの仕上がりは簡単には表現できません。

しかも、たこ焼き屋は重労働なイメージであったり、初心者でも始めれるのかどうかも気になるところです。

今回は、たこ焼き屋求人についてどういう仕事内容からアルバイトの募集内容などについて紹介します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「たこ焼き屋」の仕事例をチェック

たこ焼き屋求人のおおまかな仕事内容

たこ焼き屋の仕事ってたこ焼きを焼く以外にないように思われていますが、実はたこ焼きを焼く以外には焼いている人の補助があります。

たこ焼きを焼くにしても焼いた後、ソースなどの味付けをしないといけません。

個人店だと一人でやらないといけませんがある程度の売上規模があるお店になるとなかなか一人では手が回りません。

そのため、役割を分担してたこ焼きを焼く人、味付けをする人、接客をする人に分けられる事が多いです。

たこ焼き屋求人の働き先にはどんな種類があるの?

求人の働き先として多いのは、個人経営店、路面店、ショッピングモールのフードコート、駅前の商店街などが多いです。

町のたこ焼き屋さんのイメージが強いので商店街だけかと思われがちですが最近は色々なところに出店しています。

もう少し詳しく紹介していきます。

個人経営店

個人経営店の場合は店長がオーナーであったりするので経営者との距離が近く、こだわったたこ焼きを作っているので実際の職人さんから直に技を学ぶ機会が得られます。

しっかりとたこ焼きを深く学びたい人にはおすすめです。

路面店

路面店は、幹線道路沿いや縁日などの露店です。

昔は個人店が多かったですが最近はチェーン店も見かけます。

たこ焼き屋単独での出店になるので来店するお客様はたこ焼き目当てのお客様でしかないです。

ショッピンモールのフードコート

たこ焼き屋でよくある出店パターンの一つですが、大手ショッピングモール、例えばイオンモールやアウトレットのフードコートに出店するケースです。

路面店や商店街にある店舗との違いは、ショッピングモールの定休日に応じてお店が休みになったり、土日祝は確実に忙しく集客が見込めたりするので商店街や路面店とはちょっと違ったところです。

駅前の商店街店

駅前の商店街入り口や商店街の中にお店を構えているパターンも少なくありません。

この場合は、個人経営店であったり、チェーン店であったり様々です。

個人経営店の場合は、地域密着型なので近隣の店舗との交流があったり、常連客が多かったりします。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

たこ焼き屋求人でよくある募集内容とは?

たこ焼き屋で働いてみたいけどどんな求人形態があるか気になるところです。

たこ焼き屋の求人は大きく分けて正社員かアルバイトの2種類です。

ただ、将来的に独立したい人を支援するフランチャイズプログラムを持つたこ焼き屋の場合は、将来独立候補の正社員かオーナー見習いアルバイトとして募集するケースもあります。

給与相場

たこ焼き屋の給与相場は、正社員で月給平均約20万円、アルバイトで時給平均約900円ほどです。

もちろん地域によってはばらつきがあります。

正社員でも東京だと月給20万円を超えるお店もありますし、大阪では20万円いかないところもあります。

アルバイトの時給も同様に東京は時給1,000円超えるお店もありますし、大阪は時給900円くらいで収まっていたりします。

また、アルバイトであっても大学生と高校生では時給50-80円くらい差があります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間や休日は基本的にシフト制です。

勤務時間は朝と夜の2部制、休日は平日であることが多いです。

お店の運営形態によってはシフトが朝・昼・夜の3部制になることもあります。

同じく休日もお店によっては定休日を設けてたりすると定休日が休みだったりします。

ただ、定休日にローテーションでお店の大掃除をしたりするお店もありますので定休日が必ず休みというわけではありません。

残業は、お店の状況に応じてになります。

シフトを上手くローテーションできるお店は残業なしですし、人手が足りなかったり想定外に忙しかったりすると1-2時間の残業をお願いされるケースもあります。

例えば、正社員でショッピングモールの店舗に勤務の場合、朝のシフトは、9時に店舗へ出勤し、開店準備→営業開始→18時にシフト上がりになり、夜のシフトは12時から店舗へ出勤し、営業中の作業→朝のシフトの人が上がる前に引き継ぎや連絡事項を確認→店舗営業終了後清掃し、明日の朝シフトの人へ連絡事項を記入し21時シフト上がりといった具合です。

福利厚生

正社員やレギュラーで長時間労働するアルバイトで保険加入義務がある場合、保険関連(健康保険や年金など)と勤務者(正社員・アルバイト関わらず)交通全額もしくは一部支給、制服貸与、商品割引もしくはまかない付き、正社員は賞与、昇給などがあります。

求められる人物像

たこ焼き屋で働くにあたり求められる人材は、元気な人、明るい人、一生懸命作業できる人、人と接することが好きな人、人を喜ばせることが好きな人など人と何かしら接点を持っても苦に感じず楽しく感じる人は向いています。

ただ、上記に当てはまらなくても、努力しようとする人や頑張れる人は歓迎される傾向あります。

熱い鉄板に向かって作業することが多い仕事なので熱い人が好まれます。

たこ焼き屋求人のおすすめ求人のポイント

たこ焼き屋の求人を見ると時給も同じ、仕事内容も差がなく、どれを選んでいいかなかなか迷ってしまいます。

気になるところを片っ端から受けていくこともいいですが、労力と時間がかかるためなるべくならどういったポイントがあればいいかおすすめのポイントを知っておきたいところです。

ここでは、たこ焼き屋の求人でおすすめのポイントを紹介します。

もちろん他にもおすすめポイントはありますが特におすすめなのを紹介しますので参考にして下さい。

まかない付き

アルバイトの人、特に学生やフリーターのアルバイトの人にはまかないがついていると食費が節約できるし、お店の味をしっかりと覚えれるのでおすすめです。

お店によってはたこ焼き以外のものも取り扱っているのでローテーションでお店の味を楽しむことができるのはお得感があります。

交通費全額支給

交通費についてはお店によって一部支給とか全額支給、当社規定によるなどとの記載をよく求人で見かけます。

交通費なので仕事に行くのに必要な経費であるため、やはり全額支給と記載されているところがおすすめです。

一部支給だったり当社規定によるなどの場合、時給がいくら良くてもこちらが支出が出てしまうのでできれば交通費全額支給のところがおすすめです。

店舗の立地

店舗の立地については個人の好みになりますが、定期的に休みが欲しいとかシフトに融通を効かせたい場合は、ショッピングモールなどに店舗を構えているお店がおすすめです。

勤務中は忙しいですが、比較的人材も安定して確保できていて、ショッピングモールの定休日に合わせてお店が定期的に休みなりますので安定したシフトを組むことができます。

逆にがっつりとたこ焼き屋として働きたい場合は、個人経営店や路面店がおすすめです。

働くというよりは修行に近いかもしれませんが、たこ焼きのイロハやお店の運営状況などを学ぶことができます。

たこ焼き屋求人についてよくある疑問

たこ焼き屋で働いてみたいけど、働く前に気になることがあったり、働いてみたいけど、実際に働いている人の噂を聞いたけど本当なのか疑問に思うことは少なくないと思います。

疑問に思っていることをクリアにしてから働いてみようかなと思っている人にたこ焼き屋求人でよくある疑問についてまとめてみました。

参考にして下さい。

室内は暑い?

たこ焼き屋で働くにあたり最も多い質問の一つが室内が暑いかどうかです。

お店にもよりますが、基本的に焼いている人は常時鉄板の前に陣取っていますので暑さは倍以上です。

夏場になると体感では50℃くらいに感じます。

その一方で店内はクーラーをかけているため、お客様は快適に過ごせます。

ただ、店舗によってはたこ焼きで使う鉄板の煙や油が蓄積してクーラーが故障しているケースも少なくありません。

たこ焼きって初心者でも焼けるの?

たこ焼き屋で働くならたこ焼きを実際に作ってみたいと思うのは当然です。

たこ焼きを初心者が焼けるかどうか疑問に思うかもしれません。

もちろん、最初は難しいですが練習を重ねたら初心者からスタートしても問題はないです。

誰でも最初は初心者なので焼けないことはありません。

たこ焼き屋の制服は?

たこ焼き屋の制服について疑問に思う人もいるかもしれません。

これはお店によります。

お店によっては独自のTシャツや制服を用意していますが、お店によっては作業できる服装で来るように指示し、その上にエプロンをつけて作業をする形態もあります。

将来的に独立は可能?

たこ焼き屋で働く人は、将来的に独立して店舗を持ちたいと思う人が少なくありません。

たこ焼き屋によっては個人であれチェーン店であれ暖簾分けやフランチャイズを支援してくれるところがあり、将来的に独立は可能です。

また、現在存在している個人経営店は全てが全てたこ焼き屋で修行を積んだとかどこかでたこ焼き屋を学んだ人ばかりではないので将来的な独立はやる気次第といったところです。

たこ焼き屋の仕事は重労働ですか?

たこ焼き屋の仕事はきついかどうか、重労働かどうか疑問に思う人も少なくありません。

人によるかもしれませんが、熱い鉄板を前にして色々と作業をこなしていくので夏場や暑い日はかなり体力を消耗しますし、重労働といえます。

ただ、意外かもしれませんが、特に路面店や商店街の店舗では、足まで冷えるような寒い冬場は、いつも熱いと感じる鉄板が暖房がわりになり、暖かくて快適だったりします。

そのため人によっては重労働に感じない場合もあります。

多くの人がたこ焼き屋が重労働であると感じるのは夏の暑い日だと言えます。

まかない付きですか?

たこ焼き屋だけでなく飲食店で働くならまかないがついているかどうか気になるところです。

これは店舗によります。

まかないをつけているところもありますし、つけていないところもあります。

まかないがない分商品の割引を代わりに提供しているお店もあります。

また、まかないがついていたとしても食べ放題でなく上限が決められているケースもあるのでまかない付きであっても色々です。

店長とかに昇進できますか?

正社員や将来正社員を考えていて店長や独立をしたい人には、第一ステップとして一国一城の主として店長になりたいと思う人もいるかと思います。

チャンスはもちろんあります。

個人経営のお店であってもオーナーと店長を分けて役割分担しているお店も少なくありませんし、チェーン店ならなおさらチャンスはあります。

また、オーナーが兼任していたとしてもオーナーに店舗拡大の戦略がある場合は、将来的に店長としてお店を任せてくれる可能性もあります。

そのため、ほとんどの店舗で店長になるチャンスはあります。

まとめ

たこ焼き屋の求人ってこうやって見ると今まで気にしてなかったけど意外と色々条件や待遇、福利厚生などがあります。

やる気があれば将来的に一国一城の主として店舗を任せてもらえる店長になったり、独立して自分の店舗を構えたりすることも可能です。

もちろん、正社員だけでなくアルバイトとしても将来的なステップアップのチャンスがあるので意外と奥が深いです。

この記事を読んでたこ焼き屋の仕事に興味をもってもらえたら嬉しいです。

たこ焼き屋の仕事は楽ではないですし、大変な仕事だと思います。

店舗の広さやキャパシティーが決まっているので一度に入れる人数も限られます。

そのため、一人でこなす仕事は少なくはありません。

それを重労働と感じてしまうかもしれませんが、それ以上にやりがいや楽しい仕事でもあります。

ぜひ興味をもったらチャレンジしてみて下さい。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

飲食求人