大量の求人媒体の中でも1.2を争うのが飲食店でのアルバイト。

未経験歓迎のところが多いため、若い人が入りやすいのが特徴です。

私はいくつかの飲食店でアルバイトをしましたが、まかないが美味しくて働く楽しみがあったのは中華料理店でのアルバイトでした。

時給や立地、まかないの有無など、求めるものは人それぞれだと思います。

私は美味しいご飯が無料で食べられるのに魅力を感じて応募しました。

今回は中華料理店求人のアルバイト募集でよくある募集内容や仕事内容に関することをまとめてみましたよ!

飲食店で働いてみたいという人は要チェックです!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「中華料理」の仕事例をチェック

中華料理店のおおまかな仕事内容

中華料理店での仕事は大きく分けるとキッチンとホールの二つになります。

それぞれの仕事内容を紹介していきましょう。

キッチン

仕込み、調理、まかない作りなどを担当します。

中華料理店のキッチンは飲食業の中でもかなりハードといえるでしょう。

メニューも豊富なので仕込みの量もかなりあります。

最初は簡単な調理からはじまり、徐々に任されることも多くなってまかないなども担当するようになっていくのです。

高級食材を使うメニューなどはベテランの仕事。

その店の味を受け継ぎ、一人前になるには数年の努力が必要です。

キッチンは基本的に男性スタッフが回していることが多いため、女性スタッフは少ないかもしれません。

ホール

店内の清掃、料理の提供、レジ業務などを担当します。

基本的には他の飲食店と変わりありません。

中華は大皿料理が多いので、他の飲食店に比べると力仕事が多いかもしれませんね。

注文を取り終わってホールが落ち着いた場合はキッチン入って調理のサポートや洗い物を手伝うこともあります。

中華料理店求人でよくある募集内容とは?

中華料理店の求人でよく見かける募集内容について解説していきます!

給与相場

立地にもよりますが、大体時給は900〜1100円だと思います。

研修期間を設けているところは、研修期間中は−50〜100円になることもあります。

チェーン店で夜遅くまで営業しているところは22時以降時給アップになるところが多いでしょう。

勤務時間や休日、残業

昼と夜で営業が分かれている場合は昼のシフトと夜のシフトから選ぶことになります。

通しで営業している場合も同じく決められたシフトの中から都合に合わせて選ぶことができます。

アルバイトの場合は基本的に曜日固定、もしくはシフト制で希望の日に休みが取れるはずです。

忙しい場合は多少の残業もあるでしょう。

求められる人物像

ホールなら愛想が良く、積極性のある人が求められるでしょう。

ホールの接客態度でお店の印象が決まりますから、対人の良さは絶対に重要視されます。

また、清潔感があることも大切です。

髪が長い場合は結んだりお団子にしたり、衛生面を気をつけられる人が求められます。

キッチンはテキパキと作業をこなすことができ、調理経験がある人が優先されるでしょう。

調理初心者の場合は後で困らないためにも、その旨をしっかりと伝えておきましょう。

いずれにしてもチームワークがきちんとできて、仕事に熱心に取り組めるという姿勢をアピールしましょう。

必要なスキルや資格、経験

キッチンの場合は即戦力になる人を求めている場合が多いので、他の飲食店でキッチン経験がある人が優遇されるでしょう。

衛生管理の資格などを持っていると有利な場合もあります。

ホールなら採用したいと思ってもらえるように、コミュニケーション能力をしっかりとアピールしましょう。

他店での経験もきちんと伝えると好印象です。

自分の長所や過去の経験などは、きちんと説明できるようにあらかじめ話す内容を整理しておきましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

中華料理店のおすすめ求人のポイント

中華料理店でのアルバイトを探す場合のおすすめチェックポイントをお教えします!

まかない付き

飲食店で働くメリットと言えばやはりまかないではないでしょうか?

まかないが付いていると食費が浮くだけでなく、栄養のバランスもしっかり取れて一石二鳥です!

制服支給

中華料理は油を多く使うため、洋服に匂いがしみ付いてしまいます。

アルバイトの後にデートや友達とでかける予定があると気になってしまいますよね。

片付け中に油汚れなどの落ちにくいシミが付いてしまうことも…。

なので、制服支給があるところをおすすめします。

制服なら汚れも匂いも気にせず働くことができますよね!

中華料理店の仕事についてよくある疑問

中華料理店で働くのはこんなところが不安、ここのところどうなっているの?なんて疑問にお答えします!

国籍の違う人と働くのは大変?

中華料理店では多くの中国人の方が働いています。

日本語がカタコトだったり、中国語で会話していたりと最初はどうコミュニケーションを取ったらいいのか悩むかもしれません。

日本語が話せないと向こうから話しかけてくることはなかなかないと思うので、勇気を出してこちらから話しかけてみましょう。

話してみると意外とすぐに仲良くなれるものです。

日本語と中国語を教えあったりしているうちに会話も増えてきますから、心配ありませんよ!

ケガや火傷は多い?

中華の料理人は火傷などのケガが多いイメージがありますよね。

確かに火力が強く油も多く使うため、危険を伴う職場なことは確かです。

しかし先輩たちの指示に従って最新の注意を払えば簡単にケガをするようなことはありません。

床が滑るので滑り止めの付いている靴を履いたりするなど、自分でも工夫してみましょう。

将来独立できる?

しっかりと技術を身につければもちろん可能です。

どこかのタイミングで将来独立を目指していることを伝えましょう。

それによって任せてもらう仕事も変わってくるはずです。

しっかりとこのお店で修行したいという旨を話して、将来に繋がる勉強ができる環境を自ら作っていくのです。

まかないやメニューの試作なども積極的に取り組みましょう。

まとめ

中華料理店に少しは興味を持っていただけたでしょうか?

飲食店アルバイトの最大の魅力であるまかないも中華なら飽きがこなくておすすめです!

将来飲食関係で働きたい人は一度経験してみると良いと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

飲食求人