ケーキ屋は、甘い香りと色鮮やかなケーキに囲まれて仕事ができるため、女性に人気の求人です。

イメージだけではわからない仕事内容や求人の募集内容など、ケーキ屋で働きたい人に必要な情報をご紹介します。

また、ケーキ屋で働く上での疑問についても触れていくので、応募する際の参考にしてみてください。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「ケーキ屋」の仕事例をチェック

ケーキ屋のおおまかな仕事内容とは?

ケーキ屋では販売と製造の2つの仕事がありますが、ここでは販売についての仕事内容をまとめました。

華やかな印象があるケーキ屋の販売は、どんな仕事をしているのか大きく3つに分けて説明していきます。

ケーキ屋のおおまかな仕事内容1:ケーキの注文を受けるなどの接客

お客様からの注文を受けて、ショーケース内のケーキを箱に取りそろえます。

箱を開けたときに感動してもらえるように、ケーキを丁寧にきれに箱に入れていくことが大切です。

また、カットケーキ以外にもホールケーキの取り扱いをしているため、誕生日などの予約を受ける場合もあります。

お客様から注文があれば、簡単なラッピングやチョコプレートにメッセージを書くなどの対応もおこないます。

さらに、おすすめ商品や季節限定商品などケーキの説明をすることもあるため、商品知識も必要です。

ケーキ屋のおおまかな仕事内容2:ケーキの陳列、ショーケース内や店内のレイアウト

お客様の来店がない時や、ケーキの数が少なってきた時にショーケース内のケーキを整えておくことも仕事です。

お客様がいつ来店されても、ケーキが美しく並んでいる状態にしておきます。

さらに、季節やイベントに合わせた店内のレイアウトやポップの作成などのお店作りも仕事のひとつです。

お店の雰囲気や印象を決める重要な役割であるため、毎年違ったレイアウトを考えるなど工夫とアイデアが必要です。

スタッフと話し合いながら、素敵なお店を作り上げていく楽しさがあります。

ケーキ屋のおおまかな仕事内容3:レジ

お客様が購入された商品のお会計をします。

ポイントカードの有無を聞いたり、商品を渡す際に賞味期限や持ち歩きの時間などをお客様に伝えたりします。

ケーキ屋のイメージを損なわない、丁寧な対応でお客様に最後まで満足してもらえる接客を心がけることが重要です。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケーキ屋求人でよくある募集内容とは?

ケーキ屋で働く場合、募集内容や応募の条件はどのようなものが多いのかまとめてみました。

給与や勤務時間、必要な資格やスキルなど、応募するときに注目しておくべき項目をご紹介します。

地域やお店によっても内容が異なる場合があるため、その点も注意して比較しながら見ていきましょう。

給与相場

アルバイト・パート枠での求人が多く、時給800円~1,000円程度で掲載されています。

地方では800円~900円、都市部は1000円以上での募集をよく見かけるため、働く地域によっても違うようです。

また、土日祝で時給がアップするお店もあります。

一方、正社員では月給17万~20万円程度での求人募集が多く、高い給与というわけではないようです。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は9:00~21:30の間が多く、シフト制です。

百貨店や有名店などのケーキ屋の場合は、営業時間が長いお店があるため、勤務終了時間が少し遅めのところもあります。

休日は平日に2日が基本ですが、土日祝でも可能です。

ただし、繁忙期に休むことは避けておくことや他のスタッフとのシフトの調整をして休みを取得する必要があります。

そして、残業はあまりありませんが、繁忙期のクリスマスには発生します。

募集職種

販売スタッフと製造スタッフ2種類ありますが、主に販売スタッフの求人が多く掲載されています。

必要なスキルや資格、経験

高校生歓迎や高卒以上が条件などお店によって様々ですが、未経験可での募集がほとんどです。

販売スタッフの場合は、資格やスキルは特に必要ありませんが、販売や接客経験があれば優遇される場合もあります。

基本的に初めて働く人でも挑戦しやすい仕事です。

また、製造スタッフでの応募は、個人経営のケーキ屋では専門資格が必要な場合があります。

しかし、工場のライン作業でケーキを作っているところでは未経験でも応募可能なところが多いです。

勤務地

主に駅の中や百貨店や複合商業施設など、公共交通機関を使ってアクセスしやすい場所となります。

地方でのケーキ屋の場合は、駅から少し外れた場所が勤務地となることもあります。

応募するときは、通勤しやすい場所であるか確認が必要です。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント

ここからはケーキ屋の求人募集の内容の中で、魅力的なポイントをご紹介します。

ケーキ屋に応募する際に、注目しておくポイントとして役立ててください。

しっかりチェックをして、自分が働きたい条件に合ったケーキ屋を見つけましょう。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント1:未経験でも応募しやすい

ケーキ屋の求人募集ではほとんど未経験でも応募が可能です。

先輩から教えてもらいながら仕事を覚えていく形のため、働くことが初めてだったり、販売や接客が初めての人でも安心して働ける環境が整っています。

学生やフリーター、主婦層など幅広い年齢層の人が働いているため、雰囲気も馴染みやすいことも魅力的なポイントです。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント2:年齢不問で誰でも応募できる

ケーキ屋で働いているのは若い女性のイメージですが、実際は高校生から主婦まで、様々な年齢層の人が応募できます。

年齢よりも、清潔感や話し方などがケーキ屋で働く上では大切です。

応募条件にも年齢の上限をしている求人はほとんど見かけません。

また、女性の職場という印象が強いですが、お店によっては販売スタッフとして男性を採用しているところもあります。

どんな人でも応募できるところがケーキ屋の求人の良いところです。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント3:制服を支給してもらえる

ケーキ屋では制服を支給してもらえます。

そのため、働く時の服装をあらかじめ用意する必要がありません。

帽子やエプロン、ブラウスなど指定の制服を着て働きます。

また、可愛らしい制服のケーキ屋が多いところも嬉しいポイントです。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント4:シフト制のため融通が利きやすい

繁忙期を除いてですが、勤務時間や曜日を自分のスケジュールに合わせることができます。

人数が少ない店舗の場合は、他のスタッフと相談して休みや時間を変更することも可能です。

テストがある学生や子供の学校行事がある主婦などに働きやすい環境と言えます。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント5:社員登用があるため、キャリアアップ可能

アルバイト・パートであっても、そのケーキ屋の正社員へとキャリアアップができます。

ケーキ屋の求人は社員登用ありのお店が多く、その働きが認められると正社員として雇用される可能性があります。

実際に働いてみて、もっと上を目指してみたい人にはチャンスがあるところもポイントです。

ケーキ屋のおすすめ求人のポイント6:試用期間を設けているところが多いため、適正が分かる

ケーキ屋のアルバイトやパートの場合、試用期間を設けてるところがあります。

これは、お店側が採用した人がこの仕事に適しているかをチェックするための期間です。

そのため、働く側も本当にこの仕事が自分に合っているのかを実際に仕事をして実感することができます。

試用期間中は時給が下がりますが、お店側も働く側もお互いにミスマッチがなく、快適に働くための仕組みです。

ケーキ屋で働きたいけど自分に合っているか不安な人は、この項目を確認してくことをおすすめします。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケーキ屋求人の雇用形態による違い

正社員やアルバイト・パートでの雇用形態がケーキ屋にはありますが、仕事内容では特に違いはありません。

大きく違う点は、給与面では正社員に賞与があることや、正社員は販売スタッフから店長に昇格する可能性が高いことです。

ケーキについて詳しい知識を得て販売や接客のプロになりたいと思っている人は、正社員を目指すことをおすすめします。

ケーキ屋求人についてよくある疑問

ケーキ屋で働きたいと考えている人が疑問に思うことをいくつかまとめました。

実際にケーキ屋で働いてみた人の体験をもとに解説していきます。

働いてみてからイメージと違ったということがないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

ケーキ屋で働くときの髪型や服装は?

食品を扱うため、ピアスや指輪などの装飾品を付けることは基本的に禁止となっています。

ケーキ屋の店員は帽子をかぶっていることが多く、髪の毛はまとめて帽子にきちんと入れておくことが必須です。

髪色は黒髪厳守のお店もあれば、染めていてもOKのお店もあります。

ただし、接客にふさわしくない明るすぎる髪色は控えておきましょう。

さらに、女性の場合は化粧にも注意が必要です。

お客様と接する仕事のため、どんな人にも好印象がもてるナチュラル系のメイクを心がけでください。

どんな人(年齢やタイプ)が働いていますか?お店で働いている人数は?

年齢は若い方は高校生、年配の方は40代くらいまで幅広い年齢の方が働いています。

学生、フリーター、主婦など様々です。

お店にもよりますが、だいたい少人数で働いていることが多いです。

販売スタッフだけで4~5名程度で、時間をずらして交代制で休憩をとっています。

来店数が多いお店や都市部のケーキ屋の場合は、働いている人数がもっと多い場合もあります。

短時間勤務は可能ですか?

コンビニなどのような2~3時間での短時間勤務はケーキ屋ではあまり見かけないようです。

基本的にはフルタイムで働いている方を求めているケーキ屋が多く見られます。

実際に働いていたケーキ屋では、短くて6時間勤務となっていて、高卒以上でないと応募できないお店でした。

クリスマスは忙しいですか?

12月23日~25日までの期間は、普段の仕事では考えられないほど忙しいです。

通常はゆったりと仕事ができますが、クリスマス期間になるとその雰囲気は一変します。

最初はそのギャップで辛いと感じることもありますが、毎年のことなので経験を重ねると慣れて余裕も出でくるため、心配しなくても大丈夫です。

一緒に働いているスタッフと協力して繁忙期を乗り越えるため、達成感も味わえます。

クリスマス以外に忙しい時期はありますか?

バレンタインやホワイトデー、ハロウィン、などのイベント時は忙しくなります。

さらに、ケーキ屋はケーキ以外にも焼き菓子を販売していることが多く、お盆やお彼岸、年末年始なども繁忙期に当たります。

忙しい土日に休みを取ることはできますか?

繁忙期を除いた普通の土日であれば取得できます。

しかし、必ず他のスタッフと相談をして決定することが必要です。

特に少人数で経営しているケーキ屋の場合は注意をしてください。

例えば、冠婚葬祭で休みを取りたい場合は、シフトが出る前に店長やスタッフに相談をしておくと休みが取りやすいです。

少人数で働く職場のため、周りとの調和を大切にしましょう。

ケーキの種類を知っておくことや専門知識など必要ですか?

働きながら覚えていくため、必要ありません。

ケーキ屋の店員はお客様からよくケーキの中身や素材などを聞かれます。

最初は分からないことが多いかもしれませんが、経験を積んでいけば自然とケーキの説明ができるようになります。

先輩スタッフに教えてもらいながら覚えていきましょう。

シーズンやイベントによっても商品が変わるため、ケーキの知識が増えると接客も楽しくなります。

販売スタッフはケーキ作りの補助をしますか?

ケーキ屋は販売と製造にスタッフが分けられているお店が多いため、販売スタッフがケーキ作りの補助をすることは少ないです。

しかし、ホールのバースデーケーキにのせるチョコプレートのメッセージは、販売スタッフが書くお店もあります。

基本的に販売スタッフは、接客やケーキの取り揃え、お会計という仕事内容です。

求人募集には載っていませんが、お店のケーキをもらったり、食べたりすることはありますか?

社割でケーキを購入できたり、新作のケーキを試食したりということはあります。

特に新作の試食は、お客様に味を的確に伝えておすすめができるための勉強の一環としておこなっています。

新作や季節商品が出るたびに、早くその味を楽しめるということが、ケーキ屋店員の特権です。

まとめ

ケーキ屋の求人の募集内容やその募集のおすすめのポイント、気になる疑問などをあらゆる内容をご紹介しました。

ケーキ屋の求人はアルバイト・パートの販売スタッフの募集が多く、未経験でも応募しやすいことが特徴です。

学生から主婦が働ける条件が整っている職場でもあります。

応募する前に自分が働きたい条件に当てはまっているかを確認して、失敗が少ない求人選びをしてください。

ケーキ屋のアルバイト求人を探す時は、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

飲食求人

ケーキ屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

ケーキ屋になるには?持っておくべきスキルや勉強しておくべきこと、なり方を解説します!

「パティシエ」と言うフランス語の名前で呼ばれ、メディアのイメージも伴ってとてもおしゃれで人気の高い職業であるケーキ店での製造販売の仕事。子どもたちのなりたい職業ランキングでも常に上位に位置する人気の職業ですが、閉じた世界でもあるため普段どのように仕事をしているのか?また、どうやったらパティシエになれるのか?必要なスキルはあるのか?などたくさんの疑問があるかと思います。仕事内容やその仕事に就くまでのルートも気になりますが、なんとなく男社会である印象もありその道へ進もうかどうしようかと不安を抱えている方もいるでしょう。今回はパティシエと言う職業に就くため、更にはその道で将来は独立を考えている人が持

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の給料の決まり方や年収は?雇用形態による仕事内容の違いもお話しします!

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と

ケーキ屋アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ケーキ屋アルバイトって甘いもの好きにはたまらない職場ですし、「ケーキ屋さんの店員」って女性なら一度は憧れますよね。ケーキ屋はアルバイトで働く人が多く、とても人気があります。働いてみたいという方の中には応募する前にケーキ屋バイトの実態についてある程度知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。そんなあなたのために、ケーキ屋バイトのコツ業務内容を簡単にご紹介いたします。ケーキ屋バイトは大変かどうかをこの記事で見極めてみてください。ケーキ屋の種類とは?「ケーキ屋」と一口に言っても、店舗形態はさまざまです。路面店いわゆる「街のケーキ屋さん」です。路面店は、地域密着型でアットホームな雰囲気のケーキ

ケーキ屋の仕事内容8個の業務、向いている人・向いていない人の特徴

ケーキ屋の仕事は、華やかなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。素敵なケーキに囲まれて仕事ができる憧れの場所でもあります。しかし、具体的な仕事内容はどんなものなのか、イメージ通りの仕事なのかと不安に思っている人も少なくないはずです。そこで今回は、詳しい仕事内容や、やりがいなど実際にケーキ屋で仕事をした経験をもとにご紹介します。ケーキ屋の仕事は大きく3個の役割に分けられるケーキ屋の仕事の役割1:店長店舗の責任者である店長は、お店全体の経営を任されている重要な役割があります。店長になるのは正社員が多く、若い女性店員やキャリアのある男性店員など様々なタイプの人が店長として働いています。ア