ケーキ屋の仕事は、華やかなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

素敵なケーキに囲まれて仕事ができる憧れの場所でもあります。

しかし、具体的な仕事内容はどんなものなのか、イメージ通りの仕事なのかと不安に思っている人も少なくないはずです。

そこで今回は、詳しい仕事内容や、やりがいなど実際にケーキ屋で仕事をした経験をもとにご紹介します。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケーキ屋の仕事は大きく3個の役割に分けられる

ケーキ屋の仕事の役割1:店長

店舗の責任者である店長は、お店全体の経営を任されている重要な役割があります。

店長になるのは正社員が多く、若い女性店員やキャリアのある男性店員など様々なタイプの人が店長として働いています。

アルバイト・パートの人と普段から同じ仕事内容で働いていることもあり、販売スタッフとしても仕事をおこなって、円滑にお店が回るようにしています。

ケーキ屋の仕事の役割2:販売スタッフ

ケーキの販売とお客様の接客をおこないます。

アルバイト・パートの雇用形態が多く、学生から主婦などあらゆる年齢層の人が働いています。

販売スタッフは、お店のイメージを決める重要なポジションです。

お客様にお店のケーキの魅力を伝えて、また来店したいと思ってもらえる接客をすることが求められます。

ケーキ屋の仕事の役割3:製造スタッフ

美味しいケーキを生み出す重要な役割を担っています。

生地作りからトッピング仕上げまですべての作業をおこない、お店の商品を日々作り出しています。

個人経営やチェーン店などお店によって仕事内容は異なりますが、お客様に喜んでもらえるケーキ作りに精進します。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケーキ屋店長の3個の業務

ケーキ屋店長の業務1:販売スタッフとして接客をする

店長というとお店のバックヤードで事務作業をしているイメージがありますが、ケーキ屋では一販売スタッフとして店頭に立って接客を行います。

少人数でお店を回しているということも関係していますが、店長も他のスタッフと一緒に仕事をする機会が多いです。

食品を扱っているため、何かトラブルがあったときなども店長がいることですぐに対応できるメリットもあります。

ケーキ屋店長の業務2:シフト作成や調整

お店で働いているスタッフの勤務表を作成します。

ケーキ屋の勤務はシフト制のため、曜日や時間など細かい調整が必要です。

スタッフの希望になるべく配慮して、シフトを完成させていきます。

ケーキ屋店長の業務3:スタッフの教育

新人スタッフを育てる仕事も店長の業務です。

接客の基礎や商品知識を教えて、一人前の販売スタッフとして教育します。

未経験の人でも仕事がしやすい環境づくりや、新人スタッフそれぞれに合った教え方をしなければいけません。

スタッフの教育は、お店の接客の質を上げて売り上げにつなげることができるため、店長として一番重要視する仕事です。

販売スタッフの3個の業務

販売スタッフの業務1:接客

来店されたお客様の注文を受けて、箱にケーキをきれいに詰めていきます。

販売スタッフはお客様からケーキについての質問をよくされるため、すぐに答えられるように商品知識を頭に入れておくことが必要です。

季節やイベントごとにケーキの種類が変わるため、毎回暗記をしてお客様に間違った情報を伝えないように努力をしなければいけません。

また、誕生日ケーキやクリスマスケーキなどの予約をスムーズに対応したり、箱を開けたときにケーキがきれいに並んでいるように工夫して詰めたりと、お客様への細かい気配りも重要です。

販売スタッフの業務2:ケーキの陳列やショーケース内のレイアウト

お客様がいつ来店されても、お店のショーケースは常に美しくケーキが並んでいる状態にしておきます。

ケーキの色合いや売れ行きによって、ショーケースのケーキの配置を考えて陳列することも販売スタッフの仕事です。

お客様に美味しそう、きれいと感じてもらいながらケーキが選べるように工夫をします。

販売スタッフの業務3:イベントや季節に合わせた店内ディスプレイ

クリスマスやバレンタイン、ホワイトデー、ハロウィンなど1年を通して様々なイベントがあります。

来店されたお客様に季節感やイベントを感じてもらえる店内を演出します。

飾りやポップなどのディスプレイの配置を販売スタッフ全員で考えて、お店の雰囲気作りをすることも業務の一環です。

今年はどんなディスプレイにしようかと楽しみながらできます。

製造スタッフの2個の業務

製造スタッフの業務1:生地作り、ナッペ、トッピングなどケーキ作り

お店で販売するケーキを作ることが製造スタッフの主な仕事です。

生地作りからトッピングまであらゆる工程があります。

チェーン店のケーキ屋では、ケーキを作る工程が分担されていたり、ライン作業でおこなったりという場合がほとんどです。

個人経営であればすべての工程をひとりでおこない、ケーキを作り上げていきます。

製造スタッフの業務2:清掃、衛生管理

食品を扱うため、衛生面を徹底しておかなければいけません。

工場では、異物混入を防ぐために、帽子や手袋、足首や手首がゴムでしまった作業着などで対策をしています。

製造スタッフは、手洗いうがい、エアシャワーなど普段から徹底しておくことも仕事のひとつです。

また、隅々まで作業場を清掃したり、使っている道具を清潔にしておくことも心がける必要もあります。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ケーキ屋の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

ケーキ屋での仕事は、お客様の特別な日のお手伝いができる素敵な仕事です。

誕生日などの特別な日に、美味しいケーキを提供して喜んでもらえることがやりがいです。

リピーターになってくださるお客様もいらっしゃるため、接客の良さやケーキの味を褒めて頂くと、嬉しい気持ちになれます。

おすすめポイント

ケーキ屋で働くと、スイーツの知識が自然に身に付きます。

そのケーキの名前の由来や意味を学ぶことができます。

さらに、試作から新作までいろんな種類のケーキを味わうことができたり、ケーキ作りを間近で見れたりと、スイーツについて学びたい人には最適な環境が整っています。

また、甘いものが好きな人にもぴったりの仕事です。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ケーキ屋の仕事は大きく分けて販売と製造があり、仕事内容をチェックして自分にぴったりの職種を選んでください。

どちらの職種も未経験からでも始めることができます。

クリスマスなどのイベント時はかなり忙しく大変ですが、その分やりがいも強く感じられる素敵な仕事です。

今回ご紹介した内容を踏まえて、ケーキ屋で働くことを前向きに検討してみてください。

「ケーキ屋の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

ケーキ屋仕事

ケーキ屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

ケーキ屋の転職を成功させるために!狙い目な職場の3つの特徴と上手に転職するための注意点

ケーキ店で働いているけれど最近なんだかマンネリ気味という方、ここ数年ステップアップのことを考えているという方、そろそろ転職の時期かもしれませんね。私は20年近くケーキ店でパティシエとして働いて来ましたが、パティシエという職業は何度か転職をして色んなお店を見てこそ力が付くと言う一面が大いにあると感じています。一般のオフィス勤めであれば転職回数はとても重要視されますが、パティシエは極端に短い期間の転職をのぞけば回数はマイナスポイントにはなりません。今回は、ケーキ店で働くパティシエたちの転職事情をいろんな角度からご紹介して行きましょう。本当に転職して良い?パティシエが転職を考えるタイミングとはパティ

ケーキ屋の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

特別な技術を必要とするパティシエという仕事。子どもたちの将来なりたい職業ランキングでも常に上位に入っている、華やかで明るい印象の世界です。パティシエたちは日々切磋琢磨しながら新しいケーキを生み出し、私達の生活を彩るケーキを製造しています。とても明るく素敵な世界に見えますが、実は忍耐とたゆまぬ努力が必要な世界。オフィス勤務に比べると体力も必要ですし、労働時間もとても長く覚悟がないと働き続けられない厳しい世界です。そんな修行を乗り越えて活躍するパティシエたちの懐事情は一体どうなっているのか、気になるところですよね。今現在は会社員として働いている人の中にも、やっぱりパティシエへの道を諦めきれない!と