アルバイトで一番需要が高く、近年時給争い担っているのが「飲食店」。

その中でも人気なバイトが居酒屋ですが、夜には働きたくないなぁという学生さんに一定数需要があるのが、レストランや定食屋などの日中に動く飲食店かと思います。

私も夜遅く働きたくない、でも土日は暇だからその時間に働きたい、と思い昼間忙しい飲食店のバイトに応募しました。

そんな私が選んだのが「うどん屋」。

地場チェーンである程度お店は繁盛し、土日のアルバイターを求めていたので応募に至りました。

ただ日中の飲食店の時給はさほど高くないのが前提!

でもかなり楽しく働けますよ!

私の経験を元にうどん屋求人のお仕事についてお伝えします!

うどん屋のおおまかな仕事内容

一般的に飲食店の業務は「キッチンスタッフ」と「ホールスタッフ」に分類されます。

それぞれの仕事内容を見ていきましょう。

キッチンスタッフの仕事内容

文字通りキッチンスタッフは調理が主な仕事内容となります。

調理は大体「うどん担当」と「サイドメニュー担当」とで分かれているようです。

私の働いていた店舗は店長や社員さんがうどん麺の仕込みから調理を行い、パートの年数の長い方がサイドメニューのご飯メニューやサラダなどの調理を担当していました。

うどん調理スタッフ

店長や正社員が受け持つことが多く、製麺から調理までを行います。

調理スタッフの指揮官的なポジションです。

うどんの提供時間に合わせてサイドメニューが仕上がるようにしっかり連携を取っていくのも大切です。

サイドメニュー調理スタッフ

うどん以外のメニューの仕込みから行います。

サイドメニューやトッピングの天ぷらやお肉の下準備、定食の付け合わせの仕込みを大体オープン前に行います。

オーダー後は入った定食のご飯物などを随時調理していきます。

ホールスタッフの仕事内容

仕事の受け持つ範囲はホールスタッフが多いお店が多いでしょう。

お店の調理場内のことをキッチンスタッフが行い、その他の接客と雑務をホールスタッフが行います。

店内、敷地の清掃

お店の立地にもよりますが、開店前と閉店後のキッチン以外の清掃はホールのお仕事です。

駐車場などがあるお店の場合は敷地の清掃も行うお店はあるようです。

店内のモップがけ、窓掃除、テーブル拭き、メニューの準備、のれん出しなどお店によって異なりますが、キッチン担当は基本的に仕込みが主なため、ホールがこの仕事を行います。

接客業務

ホールの主な業務といったらコレですね。

オーダーを取り、配膳、レジ業務、その後の後片付けを行います。

キッチンとの連携が必須です。

お客様に対してのマニュアルは店舗によって異なりなますが、統一して元気がいい接客をおこなっているのがうどん屋の特徴です。

調味料や箸類の補充

どこのお店にもある各テーブルに配置された橋や爪楊枝、調味料。

この補充もお仕事の一つ。

一般的にはランチタイムが終わった後に行います。

そのほか、トッピングの補充やサラダの仕込みなどをホールが受け持つお店もあります。

皿洗い

お店によってはキッチン担当が行う場合もありますが、私が働いていたお店は人員が少なめだったので、ホールが皿洗いをすることもありました。

といってもほぼ全自動の機会があるので時間がかかるものではありませんが、洗い終わったものの片付けはホールのお仕事でした。

土日ランチ後の食器の山はどの飲食店も大変な量だと思います。

うどん屋にはどんな種類があるの?

さてうどん屋さんの主な業務をご紹介いたしましたが、実はお店の立地や業態によって仕事内容が異なってきます。

うどん屋さんってどんな種類があるのでしょうか?

うどん屋の募集でよくある施設や事業形態のパターン

路面店

まずは立地。

路面店といううどん屋さん一軒でお店を構えている店舗だと外装清掃が加わったり、レジ業務で両替が発生する場合は近くの銀行で釣り金を作っておくなどのちょっとたけ面倒な業務が加わります。

利点としてはお店の決まりだけで運営ができるので比較的経営に自由度があること、 敷地が広い店舗が多く、座敷を完備しやすいこと、駐車場が付いていればお店にすぐに入れることが利点。

テナント店舗

一方、商業施設の中に入っているお店をテナント店舗といいます。

フードコートやレストラン街に見かけられるのはこの店舗形態です。

いろんな飲食店と比較しやすいこと、買い物の延長線上で食事ができる手軽さが魅力です。

ただお店側としてはディベロッパー(管理会社)とのやりとりが発生するため、レジの処理や看板にある程度の規制があることがデメリット。

お客側としては席数が少なかったり、座敷が少ないなどのデメリットがあります。

セルフ方式

うどん屋チェーン最大手の「丸亀製麺」によく見受けられます。

オーダーから受け取りまでを一括してカウンターで完結させ、その後席に移動し食事をするスタイルです。

路面店には少ないですが、商業施設のフードコートなどはこの方式がほとんどです。

お店としても少ない人員で回せますし、お客側も待ち時間が少ないのはありがたいですよね。

うどん屋の募集でよくある職種 

店長候補

現在飲食業界は慢性な人手不足です。

そのためなかなか店長になれる人材が少ないのも事実です。

いきなり店長としての募集は少ないですが、正社員として「店長候補」を募集するお店は多いです。

社会保険も手厚く、固定収入のためシフトに左右されないのは嬉しいポイントです。

正社員

店長候補の正社員の他、月に一定数以上入ってくれる正社員も募集しているお店が多いです。

正社員だと仕入れの管理や売上の管理、キッチン業務のリーダーだったりとそれなりに責任感のある仕事も求められるため、やりがいはあると言えるでしょう。

キッチン担当スタッフ

募集が多いのがキッチンスタッフです。

こちらは調理を担当するため、飲食店経験者が優遇されます。

給与もホールと比べ若干高いお店が多いでしょう。

ホール担当スタッフ

こちらも募集が多い職種です。

キッチン担当と違い、経験は考慮されず、誰でも応募OKなので学生や主婦層などのパート・アルバイトにぴったり。

給与はその土地の最低賃金より少し上くらいが相場でしょう。

どういう事業形態や職種が良いか決まっていますか?

これまで事業形態と職種についてお伝えいたしましたが、それぞれのメリットデメリットを考慮した上で、どれが一番良いのでしょうか。

比較してみましょう。

路面店とテナント店舗

こちらだと比較的アルバイトしやすいのは路面店。

というのもホール業務があるからです。

キッチン経験者だとテナント店舗の方が接客が少ない、お客様の数が路面店ほど集中しないのでいいかもしれませんが、学生さんなどアルバイターにとっては路面店の方ができることは多いでしょう。

チェーン店と個人店

チェーン店のメリットは福利厚生の充実。

休みがしっかりしていたり、店舗マニュアルが決まっているので教育しやすい、食事が付いていたり割引が使えます。

個人店によっては食事が出ないところもあるようですが、私が働いていた地場チェーンはしっかり食事が出ました。

ただメニューの制限がありましたが。

うどん屋の求人でよくある募集内容とは?

ではうどん屋さんの求人情報について紹介していきましょう。

現在、飲食業界は慢性的な人手不足状態。

求人もある程度は出ているでしょう。

給与相場

正直そこまで高くはありません。

アルバイト・パートに関しては地域差もありますがだいたお850〜950円くらいが最低賃金。

これ以上だと都会のチェーン店か深夜業態のお店でしょう。

社員の月給も普通のサラリーマンよりは少なくなるでしょう。

だいたい目安とし月給は最高でも20万円程度。

個人店だと利益を出すのが最初の難関です。

大手チェーン「丸亀製麺」の社員給与は店長候補の全国転勤ありで20万円程度。

管理職候補になるキャリア採用だと30万円程度になるようです。

店舗従事者はまだまだ一般企業サラリーマンより低いのが現状ですね。

勤務時間や休日、残業

正社員だと週1〜2日休みで8時間勤務が基本。

ただ、個人店になると休みがなく、オープンからクローズまで働く人もかなり多いようです。

アルバイト・パートなどは契約状況によります。

募集で多いのは4時間〜8時間勤務。

ランチタイムのみの採用も多く見受けられます。

また残業をお願いされる場合は、人員が欠けてしまっている時とピークタイムが長引いた時などです。

急に団体さんが入ってきたりすると残業をお願いされることもしばしば。

ただ働き方改革もあり、サービス残業は個人店含め徐々に減ってきているようです。

福利厚生

一般的な福利厚生としては食事が無料もしくは割引格安で食べられる点。

学生にとっては食事が付いてるアルバイトってありがたいですよね。

私が働いていたお店では交通費の支給に合わせて食事の補助付き。

ちなみに高価なトッピング以外は全て無料でいただけました。

大手「丸亀製麺」でも一食90円で食べれるようなのでとてもありがたいですね。

ただ、お店によっては食べられないことや交通費も自己負担のお店もあるので、きちんと募集要項は読んでおきましょう。

求められる人物像

特にこれといった基準はありませんが、対人のお仕事になるので、コミュニケーションが取れる人、元気が良い人が求められる人物像になるようです。

キッチンスタッフだと調理場での経験が必須になってくるお店もありますが、ホールだと対人能力がいかに長けているのかを見られています。

活かせるスキルや資格、経験

店長候補や正社員であれば飲食店での経験者はかなり優遇されるでしょう。

他にも人を育てるマネジメント能力、お店の売り上げを管理する経験などはとてもメリットがあります。

キッチン担当は飲食店での調理場経験。

アルバイト・パートスタッフは接客経験があるとなお良いでしょう。

うどん屋のおすすめ求人のポイント 

うどん屋さんで給仕の、要チェックなおすすめポイントをご紹介いたします!

賃金は高くないですが、私が今まで働いたバイト先の中でもとてもいい環境でした。

美味しい賄いが付いてくる求人

飲食店に努めるメリットはなんといってもコレ!

うどん大好き人間にとっては嬉しい賄い!

だいたい昼ランチの勤務で忙しくなる前に賄いをいただけます。

夜勤務の場合は夜のピークが来る前に腹ごしらえさせてもらえました。

そばでもうどんでもOKだったのでその位の気分で選べるのも嬉しいポイントでした。

アクセスの良い求人

通勤しやすいであるかどうかは、長期的に見てとても重要なポイントです。

家から近い店舗や、最寄り駅や通学先の駅直結にある店舗など、自分にとってアクセスの良い店舗を選ぶことで、心理的にも体力的にも負担が軽くなるということを覚えておきましょう。

オープニングスタッフの募集

商業施設が増えていく中で、オープニングスタッフの募集もかなりあるのがうどん屋求人です。

オープニングメンバーであることで、団結感が生まれたり、一斉に業務を覚えるため、研修をしっかりとしてもらえることが多いです。

希望のエリア内にてオープニングがあるかどうか、ぜひチェックしてくださいね!

うどん屋求人についてよくある疑問

面接時に聞かれる項目としてはかなりシンプルです。

なぜこのお店を選んだのか

大きな夢を語る必要はありませんが、簡単にこの店を選んだ志望動機を聞かれます。

この仕事でなんのスキルを得たいのかが話せるとベストですが、実際は募集要項が自分に合っていたからなどが多いようです。

勤務時間の希望

シフト制の勤務になるため、希望の勤務時間は聞かれます。

曜日と何時間勤務が希望かは自分のスケジュール込みで考えておきましょう。

交通手段

交通費の手当てにも影響して来る交通手段。

駐車場にも影響してきますので、面接段階できちんと決めておきましょう。

できれば公共交通利用がお店的にはありがたいのですが、立地によっては難しいこともあるかと思います。

その場合は私用車を使うことになるかと思うので、保険がどうなるか、通勤経路はどうなのかを伝えておきましょう。

まとめ

うどん屋さんで働くメリットは環境も良く楽しく働けることだと思います。

お店によっては大きく業務内容が変わることもあります。

きちんと募集要項を読んで応募するようにしましょう。

大手チェーンだとアルバイトからステップアップで正社員になることも可能です。

求められるスキルは高いわけではないので、安定した給与が欲しい方や休みがきちんと欲しい方にはとても働きやすい環境ではないでしょうか。


関連キーワード

飲食求人