誰しも仕事を始めるときは何かしらの目的をもっていることと思います。

始める動機は人それぞれかと思いますが、やっぱり働いていくうちに業務で手一杯で本来の目的がわからなくなる人も少なくありません。

そんな人は実際、働いても長続きをしていないのが事実。

やるからにはやりがいを常に持っておくこと、そしてやめるタイミングが来た時に「やっててよかった!」と思えるような仕事になっているとベストですね。

今回は、私が学生時代にアルバイトをしていた飲食店のなかでもうどん屋さんのホール業務を通してやりがいや身についたことについてお伝えしましょう!

大学生に人気のアルバイトといえば居酒屋ですが、日中に働きたかった私の目的とマッチしていたし、4年間の勤務を通して、実際にやり通して良かったなと思うことの方が多かったので私としてもとてもいい職場だったように思います。

それでは項目に分けてお話ししていきます!

私はこんなところでうどん屋のアルバイトをやりました !!

市街地から離れた場所にある路面店の地場チェーン

私が働いていたうどん屋さんは,、最も人の行き来が多い中心の駅から車で30分程度のところにありました。

ただ、中心市街地に続いてる国道に面したお店だったので、比較的お客様の出入りは多かったように思います。

しかしそのお店から車で10分しないところにかの有名な全国チェーンのうどん屋があったため、決して行列ができるほどの人気店ではありませんでした。

常連のお客様が一定数いるようなゆったりした地場チェーンのお店です。

ただ土日などは近くの小さな商業施設が賑わうことから、お買い物帰りの人たちがどっとくるピークタイムがありました。

客層も若い人は少なく、近くに学校などもなかったので学生はほとんどおらず、近所の家族やご老人、近くのお店などで従事している人たちがお客様として多かったようなところです。

うどん屋アルバイトの仕事内容

私の働いていたうどん屋さんの仕事としてアルバイトは主にホール、パートの主婦さんや社員さんが主にキッチンを担当していました。

ここではアルバイト募集のあったホール業務に絞ってお伝えします!

掃除

開店前に簡単にフロアとテーブルの掃除を行い、店舗内を準備します。

キッチンは仕込みに入るのでホール全般の掃除はアルバイトが受け持ちます。

暖簾をかけたり、道路沿いに旗を出したり、一通り駐車場の掃除も簡単に行い、店舗回りの環境を整えます。

メニューの準備

平日であれば日替わりの定食があるので、そのメニューと入り口の日替わり定食のボード設置を行います。

季節限定メニューなどがあれば、メニューの差し替えなども随時行っていくのがホールのお仕事でした。

テーブルの調味料、箸類の準備

メニュの準備と並行して、テーブルに設置されている箸や爪楊枝の補充、一味などの調味料の補充を行います。

ランチ後にはがっつり減ることもあるので、オープン前にしっかり補充しておきます。

お客様の席への案内と水の配膳

開店後、お客様来店されたら席の案内を簡単に行い、着席に合わせて水の配膳を行います。

同時に、オーダーを取ることもあれば、後ほどお伺いする旨を伝えます。

注文を取る

お客様から呼ばれたらオーダーを取りに向かいます。

私が勤めていた店舗では紙伝票を使っていたので手書きで記入を行いました。

いまでは飲食業界のIT化も進んでいるので、電子端末でオーダーを取るところが増えて来ていますね。

お客様からとったオーダーをキッチンへ伝達し、ホール担当はお盆やサイドメニュー(おにぎり、いなりなど)のセットまでを行います。

配膳

うどんやオーダー後に調理を行うものが完成したら、素早くお客様に配膳を行います。

うどんやそばなどは案外冷めやすいので、どんなに混雑していてもまずは配膳を行うことが大切でしょう。

レジ会計

レジ会計はバーコードなどはなかったので全て番号で手打ち入力します。

計算ミスをしないようにしっかり声に出しながら行います。

私が勤めていた店舗では、お子様セットにおもちゃの引き換えくじが付いていたので、該当するお子様にプレゼントを選んでもらうタイミングもお会計時に行っていました。

後片付け

お客様の退店後にテーブルの後片付けを行います。

お盆を下げ、次のお客様のためにテーブルを拭いておきます。

お子様が座っていた椅子の片付けとメニュー表の整頓まで行います。

お客様の待ちがある場合はテキパキとスピーディーに行います。

うどん屋アルバイトの時給は?

ここで気になる給料ですが、正直飲食業界はかなりお安いです。

深夜の居酒屋が高いくらいではないでしょうか。

額面的に高いと感じても、業務と給与が見合っていないような気もします。

それを覚悟の上、だと思いますが、働き出すととても楽しいのが飲食の魅力です。

私が働いていた店舗は当時の最低賃金より若干高い程度で時給750円。

地方の郊外だったのでこれくらいが妥当かと思います。

ただ全国チェーンや商業施設に入っているうどん屋はある程度給与はしっかりしているようです。

都心部などでは1000円程度のところもいくつかあるようです。

また、ニューオープンのオープニングスタッフも給与が高めに設定されているので狙い目です。

居酒屋業態に近い、深夜営業をしているうどん屋さんになると深夜手当がつくことがあるので、稼ぎたい方であれば勤務時間に注目して見るのが良いでしょう。

うどん屋アルバイトをやってて良かったこと3個

私がうどん屋でアルバイトをしていたのは4年間です。

今でもアルバイトしてよかったなと思う職場ではあります。

私が感じた、うどん屋でのアルバイトをしてよかったと感じることをご紹介します。

まかないが付いている

なんといってもまかないがあるのが飲食店のいいところです。

シフトの時間にもよりますが、必ずまかないがたべられます。

うどん、そばはもちろん、サイドメニューのサラダ、かしわご飯、お漬物、いなりも食べれました。

ただ丼物と高めのトッピングはダメでしたが。

大学生の私にとては一食分の食費が浮くのはとてもありがたかったです。

ただ、結構お腹いっぱいになるので始業前の賄いはちょっと苦しいこともありました。

基本的な社会マナーが学べた

私にとってのはじめてのバイトだったため、社会人マナーを身につけたのはこのうどん屋でのお仕事でした。

基本的な敬語、お客様からお金をもらうことの重要さを教えてもらったのはこのお仕事を通してでした。

また、自ら率先して仕事をしにいく姿勢も当時の先輩から教わったのもこの時期でした。

受け身だった学生の私でしたが、突っ立っているだけではダメだということを教えてもらえました。

悩みを相談できる人生の先輩に出会える

学校とは違い、年齢も様々な方がいます。

かなり年上の方もいらっしゃるので、子供のように可愛がってくれます。

一番仲の良い先輩は一回り以上年上の方でしたが、学校のことも恋愛のことも、くだらないことも相談ができました。

今でも連絡を取ったり、お店に行ったりするほど仲の良い人に出会えたことはとても良かったなと思う店です。

うどん屋アルバイトで身についたこんなスキル

私が4年間、うどん屋のホールで働いていた中で身についたスキルをご紹介します。

決して就活に大きく役立つスキルがつく訳ではありませんが、社会に出る上では多くのことを学べたと思います。

接客・対人力

日々多くの方が来店されるので、自然と対人能力が身につきます。

また基本的な敬語もここで習得ができたように思います。

笑顔や歩き方一つがお店の印象に直結するのでだらだら仕事をしてはいけないこと、お客様には笑顔で言葉ははっきりと発言しないといけないことなどのかなり基本的な部分を学ぶことは十分可能な現場だと思います。

マルチタスクをこなす力

まずホール業務といえど覚える業務内容は様々です。

前述したように守備範囲が広いため、接客以外のことも覚えていかなければならず、また次から次にすべきことが変わるので、複数の業務を瞬時に優先順位をつけて進行していくことで、お客様にとって良いお店ができます。

チームワーク

お店全体で一つのうどんをお客様のもとに提供するまでに様々なチームワークが必要となります。

お客様のご案内、オーダーをとった後にキッチンに通すこと、キッチンのスピードを見ながらお盆やサイドメニューの準備を行い、冷めないうちにお客様へうどんを提供、レジを誰が行い、次のお客様を通すための準備を別のスタッフが行なったり。

こまかな連携プレーでスムーズにお客様がお食事を楽しめるようにお店全体が一体となって行なっています。

誰かがぼんやりしてしまうと混雑時にはお客様をスムーズに案内できなかったり、注文ミスにつながってしまうので一人一人が意識を持って働ける現場だと思います。

うどん屋アルバイトのデメリット

これまではうどん屋でのアルバイトに対してのメリットを主に紹介致しました。

だた良いことばかりでもないのがお仕事ですよね。

もちろんこの仕事にもデメリットがあるのでそちらもご紹介します。

どの仕事も必ずデメリットはつきもの。

特に飲食店はサービス業であるため、シフト制になるのは否めないかと思います。

そのほかにもいくつかデメリットがあるので、これを踏まえて決めて見るのもいいかもしれませんね。

給料が安い

飲食店の中でも定食屋など昼間のお仕事は居酒屋に比べると給料が低いのがデメリットでしょう。

居酒屋だと深夜手当だったり、そもそもアルコールて今日や頼む量、1組辺りの人数が定食屋などとは違うため、仕事量が異なるため給料は高めに設定されているところが多いでしょう。

昼間のはたらきやすいじかんに働けるものの、給料が低いのは稼ぎたい方にとってはデメリットかと思います。

シフトの変更がたまにある

どうしてもシフト制で組まれるため、自分が出勤ではない日に急にお願いが来たり、忙しさによっては残業をお願いされることもしばしば。

特に年末の年越しシーズンになると忙しくなるのがうどん屋さんの特徴なので、早めの出勤で残業をお願いされるのは覚悟の上でいたほうがいいかもしれませんね。

うどん屋アルバイトはこんな人におすすめです!

私が4年間アルバイトをして来た中で、メリットデメリット含めて考えてこのような方であればオススメできると思った人を挙げていきます。

働く店舗にもよりますが、基本的には温厚な人が多いような気がするので大体の方は馴染めるのではないでしょうか。

未経験でアルバイトに挑戦したい人

業務内容としては比較的簡単で楽なものが多いため、アルバイトが初めての学生さんも始めやすいでしょう。

店舗にはよりますが、先輩が業務を教えてくださるところがほとんどだと思います。

居酒屋さんほど提供するメニューも多くないので、業務量としては飲食店の中でも馴染みやすいのではないでしょうか。

元気がある人

これは基本中の基本ですが、笑顔ができてはっきりと物事を伝えれる元気な方は楽しんで仕事ができるでしょう。

飲食店での基本は接客態度。

これが悪いと美味しいはずのうどんもすっかりまずくなってしまいます。

笑顔で「いらっしゃいませ!」、元気に「ありがとうございます!」が言える方だとお客様からもスタッフからも愛される人になれるでしょう。

人に感謝ができる人

来てくださったお客様はもちろんですが、一緒に働いている仲間にも感謝ができる人はとても重宝されます。

自分のミスをカバーしてくれたり、わからないことを教えてくれたり。

仲間がいるからお店が成り立っており、自分が働けている環境にしっかりと感謝ができることが大切です。

まとめ

4年間うどん屋さんに勤めた私の視点で、うどん屋さんで働いてよかったことについてご紹介致しました。

働きがい、メリット、デメリットや時給などは店舗によって異なりますが、大体のお店はホール業務としての内容は同じところが多いかと思いますので、アルバイト初心者の方にとってはとても働きやすい環境だと思います。

私自身、このうどん屋さんでの経験があったからこそ別のアルバイトも同時に楽しむことができ、接客に興味を持てたのもこの仕事のおかげだと思っています。

元気の良さ、笑顔なども存分に活かせる仕事なので、気になっている方は求人情報をチェックしてみてくださいね!!


関連キーワード

うどん屋求人